「財務省」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2014年7月1日財務省フィードバック数:0社会/政治

東海地域の経済構造

東海地域の経済構造について紹介しております。 PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。 ダウンロードした後インストールしてください。 財務省 東海財務局 [所在地・交通アクセス]〒460-8521 名古屋市中区三の丸三丁目3番1号電話 052-951-1772(代表)東海財務局ホームページに関するご意見・ご要望は「ご意見・ご要望の受付」から

2014年7月1日財務省フィードバック数:0社会/政治

新潟県内金融機関の預貸金動向(平成26年4月)

新潟県内金融機関の預貸金動向(平成29年3月末現在) 平成29年3月末現在における、新潟県内に店舗のある金融機関(銀行15行、信用金庫9庫、信用組合12組合)の預金等残高は11兆4755億円であり、前年同月比2.1%増加した。業態別にみると、地方銀行(第二地方銀行を含む。以下同じ)は同2.7%、信用金庫は同0.5%、信用組合は同1.4%それぞれ増加し、都市銀行(信託銀行を含む。以下同じ)は同0.8%減少した。また、科目別でみると、流動性預金は同6.2%増加し、定期性預金は同2.4%減少している。

2014年6月11日財務省フィードバック数:0社会/政治

法人企業景気予測調査(平成26年4-6月期)

調査の結果(目次)結果関連情報終了した調査(過去情報)本サイトに掲載の論文などの内容はすべて執筆者個人の見解であり、財務省や財務総合政策研究所の公式的な見解を示すものではありません。Ministry of Finance, Policy Recearch Institute.

2014年5月9日財務省フィードバック数:0社会/政治

外貨準備等の状況(平成26年4月末現在)

外貨準備等の状況(平成26年4月末現在)平成26年4月末における我が国の外貨準備高は、1,282,822百万ドルとなり、平成26年3月末と比べ、3,476百万ドル増加した。 外貨準備等の状況は以下の通りである。 (百万ドル単位) (参考)B.その他外貨資産のうち、国際協力銀行に対する貸付(額面)は46,788百万ドルである。 2.対円での外貨の為替先渡及び為替先物のポジションの合計 (a) 1年以内に満期の到来する債務に対する保証 (a) 外国中央銀行、BIS、IMF及びその他国際金

2014年4月21日財務省フィードバック数:0社会/政治

平成25年度 平成26年2月分 国庫歳入歳出状況

平成25年度 平成26年2月分 国庫歳入歳出状況 財務省において各省各庁からの報告をとりまとめた平成25年度の平成26年2月末における国庫歳入歳出状況は、次のとおりである。歳入予算額と収納 済歳入額との差 (△は減) 〒100-8940 東京都千代田区霞が関3-1-1Copyright(C) 財務省 (法人番号 8000012050001)

2014年4月17日財務省フィードバック数:0社会/政治

財政金融統計月報第739号

第1部 国際収支統計第2部 地域別国際収支統計第3部 対外の貸借第4部 その他第5部 主要国の国際収支統計表中に使用した符号:0=単位未満 −=皆無又は該当数字なし …=未詳 △(−)=減 P=暫定数字本特集号における計数は,特に説明のない限り,原則として四捨五入による。本サイトに掲載の論文などの内容はすべて執筆者の個人的な見解であり、財務省や財務総合政策研究所の公式的な見解を示すものではありません。

2014年4月2日財務省フィードバック数:0社会/政治

平成25年度 26年2月末租税及び印紙収入、収入額調

平成25年度 26年2月末租税及び印紙収入、収入額調連絡・問合せ先財務省主税局総務課歳入総括係電話03-3581-4111(内線2421) 〒100-8940 東京都千代田区霞が関3-1-1Copyright(C) 財務省 (法人番号 8000012050001)

2014年2月6日財務省フィードバック数:0社会/政治

租税特別措置の適用実態調査の結果に関する報告書

租税特別措置の適用実態調査の結果に関する報告書(平成26年2月国会提出)適用実態調査の結果の概要及び適用実態調査の結果に関する報告 適用実態調査の結果の概要並びに法人税関係特別措置の概要及び適用件数・適用法人数・適用総額(総括表)(PDF[1,051KB]) PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方、正しく表示されない方は最新版をダウンロードしてからご覧下さい。 〒100-8940 東京都千代田区霞が関3-1

2014年1月8日財務省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

地域比較になっています。

国内主要地区の製造業の概況について

国内主要地区の製造業の概況について

2013年11月26日財務省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

近畿地区の鉱工業生産指数と個別業種との相関関係について

近畿地区の鉱工業生産指数と個別業種との相関関係について

2013年9月30日財務省フィードバック数:0社会/政治

対外及び対内証券売買契約等の状況(週次・指定報告機関ベース)

対外及び対内証券売買契約等の状況(週次・指定報告機関ベース)

2013年8月23日財務省フィードバック数:0社会/政治

対外及び対内証券売買契約等の状況(週次・指定報告機関ベース)

対外及び対内証券売買契約等の状況(週次・指定報告機関ベース)

2013年7月12日財務省フィードバック数:119社会/政治

対外及び対内証券売買契約等の状況(週次・指定報告機関ベース)

対外及び対内証券売買契約等の状況(週次・指定報告機関ベース)

2013年7月9日財務省フィードバック数:55社会/政治

対外及び対内証券売買契約等の状況(月次・指定報告機関ベース)

対外及び対内証券売買契約等の状況(月次・指定報告機関ベース)

2013年7月9日財務省フィードバック数:35社会/政治

平成25年5月中 国際収支状況(速報)の概要

報道発表平成25年7月8日財務省平成25年5月中 国際収支状況(速報)の概要「貿易・サービス収支」が赤字幅を縮小し(+800億円)、「所得収支」が黒字幅を拡大した(+1,201億円)ことから、経常収支は黒字幅を拡大した。1.貿易・サービス収支▲8,626億円の赤字(前年同月比+800億円 赤字幅縮小)「貿易収支」は赤字幅を拡大したものの、「サービス収支」が黒字転化したことから、「貿易・サービス収支」は赤字幅を縮小した。「貿易・サービス収支」の赤字は、14か月連続となった(季節調整値ベースでは平成

2013年7月8日財務省フィードバック数:14社会/政治

外貨準備等の状況(平成25年6月末現在)

外貨準備等の状況(平成25年6月末現在)平成25年6月末における我が国の外貨準備高は、1,238,713百万ドルとなり、平成25年5月末と比べ、11,530百万ドル減少した。 外貨準備等の状況は以下の通りである。 (百万ドル単位) (参考)B.その他外貨資産のうち、国際協力銀行に対する貸付(額面)は42,849百万ドルである。 2.対円での外貨の為替先渡及び為替先物のポジションの合計 (a) 1年以内に満期の到来する債務に対する保証 (a) 外国中央銀行、BIS、IMF及びその他国際

2013年7月5日財務省フィードバック数:118社会/政治

対外及び対内証券売買契約等の状況(週次・指定報告機関ベース)

対外及び対内証券売買契約等の状況(週次・指定報告機関ベース)

2013年7月4日財務省フィードバック数:4社会/政治

平成25年度 5月末租税及び印紙収入、収入額調

平成25年度 5月末租税及び印紙収入、収入額調連絡・問合せ先財務省主税局総務課歳入総括係電話03-3581-4111(内線2421) 〒100-8940 東京都千代田区霞が関3-1-1Copyright(C) 財務省 (法人番号 8000012050001)

2013年7月2日財務省フィードバック数:13社会/政治

財政資金対民間収支(2013年6月中実績・7月中見込)

統計表一覧 この度、平成30年度以前の財政資金対民間収支の実績について、精査が必要となりました。つきましては、精査により数値が変わる可能性がありますので、精査前の数値の取扱いにはご留意くださいますよう、お願いします。令和元年度平成30年度平成29年度平成28年度平成26年度平成25年度平成24年度 平成23年度平成22年度平成21年度平成20年度平成19年度平成18年度平成17年度平成16年度平成15年度 〒100-8940 東京都千代田区霞が関3-1-1Copyright(C) 財務省 (

2013年6月21日財務省フィードバック数:117社会/政治

対外及び対内証券売買契約等の状況(週次・指定報告機関ベース)

対外及び対内証券売買契約等の状況(週次・指定報告機関ベース)

2013年6月12日財務省フィードバック数:24社会/政治

法人企業景気予測調査結果(平成25年4-6月期)

報道発表第37回法人企業景気予測調査(平成25年4〜6月期調査)◆ 調査の概要平成25年4〜6月期及び6月末見込み、平成25年7〜9月期及び9月末見通し、平成25年10〜12月期及び12月末見通し。平成25年度上期実績見込み、平成25年度下期見通し。 設備投資の平成25年度上期は4〜6月期実績見込みと7〜9月期計画を合計したもの。平成25年度下期は計画。◆ 調査対象企業の範囲資本金、出資金又は基金(以下「資本金」という。)1千万円以上の法人(電気・ガス・水道業及び金融業、保険業は資本金1億円以上

2013年6月11日財務省フィードバック数:54社会/政治

対外及び対内証券売買契約等の状況(月次・指定報告機関ベース)

対外及び対内証券売買契約等の状況(月次・指定報告機関ベース)

2013年6月11日財務省フィードバック数:24社会/政治

平成25年4月中 国際収支状況(速報)の概要

報道発表平成25年6月10日財務省平成25年4月中 国際収支状況(速報)の概要「貿易・サービス収支」が赤字幅を拡大した(▲3,379億円)ものの、「所得収支」が黒字幅を拡大した(+7,216億円)ことから、経常収支は黒字幅を拡大した。1.貿易・サービス収支▲1兆2,593億円の赤字(前年同月比▲3,379億円 赤字幅拡大)「サービス収支」は赤字幅を縮小したものの、「貿易収支」が赤字幅を拡大したことから、「貿易・サービス収支」は赤字幅を拡大し、13か月連続の赤字となった(季節調整値ベースでは平成2

2013年6月10日財務省フィードバック数:18社会/政治

外貨準備等の状況(平成25年5月末現在)

外貨準備等の状況(平成25年5月末現在)平成25年5月末における我が国の外貨準備高は、1,250,243百万ドルとなり、平成25年4月末と比べ、7,721百万ドル減少した。 外貨準備等の状況は以下の通りである。 (百万ドル単位) (参考)B.その他外貨資産のうち、国際協力銀行に対する貸付(額面)は41,811百万ドルである。 2.対円での外貨の為替先渡及び為替先物のポジションの合計 (a) 1年以内に満期の到来する債務に対する保証 (a) 外国中央銀行、BIS、IMF及びその他国際金

2013年6月4日財務省フィードバック数:21社会/政治

平成24年度 25年4月末租税及び印紙収入、収入額調

平成24年度 25年4月末租税及び印紙収入、収入額調連絡・問合せ先財務省主税局総務課歳入総括係電話03-3581-4111(内線2421) 〒100-8940 東京都千代田区霞が関3-1-1Copyright(C) 財務省 (法人番号 8000012050001)

2013年6月4日財務省フィードバック数:13社会/政治

財政資金対民間収支(2013年5月中実績・6月中見込)

統計表一覧 この度、平成30年度以前の財政資金対民間収支の実績について、精査が必要となりました。つきましては、精査により数値が変わる可能性がありますので、精査前の数値の取扱いにはご留意くださいますよう、お願いします。令和元年度平成30年度平成29年度平成28年度平成26年度平成25年度平成24年度 平成23年度平成22年度平成21年度平成20年度平成19年度平成18年度平成17年度平成16年度平成15年度 〒100-8940 東京都千代田区霞が関3-1-1Copyright(C) 財務省 (

2013年6月4日財務省フィードバック数:18社会/政治

法人企業統計調査(平成25年1-3月期)

調査の結果(目次)結果(年次)結果(四半期)関連情報本サイトに掲載の論文などの内容はすべて執筆者個人の見解であり、財務省や財務総合政策研究所の公式的な見解を示すものではありません。Ministry of Finance, Policy Recearch Institute.

2013年5月29日財務省フィードバック数:20社会/政治

平成24年末本邦対外資産負債残高の概要

報道発表平成25年5月28日財務省平成24年末本邦対外資産負債残高の概要財務省は、本日、平成24年末現在の対外の貸借に関する報告書(本邦対外資産負債残高)を取りまとめましたので、公表いたします。 本邦対外資産負債残高の概要は以下のとおりです。 1.対外資産残高:661兆9,020億円(対前年末比+80兆3,930億円、+13.8%)居住者が保有する対外資産の評価替え等による減少 (▲0.9兆円) があったものの、外貨建て資産の為替相場変動に伴う円評価額の増加(+49.9兆円)や居住者による対外資

2013年5月17日財務省フィードバック数:117社会/政治

対外及び対内証券売買契約等の状況(週次・指定報告機関ベース)

対外及び対内証券売買契約等の状況(週次・指定報告機関ベース)

2013年5月15日財務省フィードバック数:117社会/政治

対外及び対内証券売買契約等の状況(週次・指定報告機関ベース)

対外及び対内証券売買契約等の状況(週次・指定報告機関ベース)

2013年5月15日財務省フィードバック数:54社会/政治

対外及び対内証券売買契約等の状況(月次・指定報告機関ベース)

対外及び対内証券売買契約等の状況(月次・指定報告機関ベース)

2013年5月15日財務省フィードバック数:14社会/政治

平成25年3月中 国際収支状況(速報)の概要

報道発表平成25年5月10日財務省平成25年3月中 国際収支状況(速報)の概要「所得収支」が前年同月比で黒字幅を拡大したものの、「貿易・サービス収支」が赤字に転じたことから、経常収支は黒字幅を縮小した。1.貿易・サービス収支▲2,194億円の赤字(前年同月比▲2,965億円 赤字転化)「貿易収支」が赤字幅を拡大し、「サービス収支」が黒字幅を縮小したことから、「貿易・サービス収支」は赤字に転じ、12か月連続の赤字となった(季節調整値ベースでは平成23年3月から25か月連続の赤字)。(1) 貿易収支

2013年5月15日財務省フィードバック数:31社会/政治

平成24年度中 国際収支状況(速報)の概要

報道発表平成25年5月10日財務省平成24年度中 国際収支状況(速報)の概要「所得収支」の黒字幅は前年度比で拡大し、経常移転収支が赤字幅を縮小したものの、「貿易・サービス収支」が赤字幅を拡大したことから、経常収支の黒字幅は2年連続で縮小した(統計として連続性のある昭和60年度以降では、最少の経常黒字。なお、第2位は平成2年度の5兆5,778億円の黒字)。1.貿易・サービス収支▲9兆4,759億円の赤字(前年度比▲4兆1,795億円 赤字幅拡大)「貿易収支」及び「サービス収支」がともに赤字幅を拡大

2013年4月9日財務省フィードバック数:48社会/政治

平成25年2月中 国際収支状況(速報)の概要

報道発表平成25年4月8日財務省平成25年2月中 国際収支状況(速報)の概要「所得収支」が前年同月比で黒字幅を拡大したものの、「貿易・サービス収支」の赤字幅が拡大したことなどから、経常収支は黒字幅を縮小した(なお、季節調整済の経常収支は▲1億円の赤字となった。これは、統計として連続性のある平成8年以降では、平成24年9月に続き2回目の赤字。)。1.貿易・サービス収支▲7,306億円の赤字(前年同月比▲7,264億円 赤字幅拡大)「サービス収支」が赤字幅を縮小したものの、「貿易収支」が赤字転化した

2013年4月9日財務省フィードバック数:54社会/政治

対外及び対内証券売買契約等の状況(月次・指定報告機関ベース)

対外及び対内証券売買契約等の状況(月次・指定報告機関ベース)

2013年4月8日財務省フィードバック数:31社会/政治

外貨準備等の状況(平成25年3月末現在)

外貨準備等の状況(平成25年3月末現在)平成25年3月末における我が国の外貨準備高は、1,254,356百万ドルとなり、平成25年2月末と比べ、4,453百万ドル減少した。 外貨準備等の状況は以下の通りである。 (百万ドル単位) (参考)B.その他外貨資産のうち、国際協力銀行に対する貸付(額面)は39,803百万ドルである。 2.対円での外貨の為替先渡及び為替先物のポジションの合計 (a) 1年以内に満期の到来する債務に対する保証 (a) 外国中央銀行、BIS、IMF及びその他国際金

2013年3月11日財務省フィードバック数:23社会/政治

平成25年1月中 国際収支状況(速報)の概要

報道発表平成25年3月8日財務省平成25年1月中 国際収支状況(速報)の概要「貿易・サービス収支」の赤字幅が前年同月比で拡大したものの、「所得収支」が黒字幅を拡大し、「経常移転収支」が黒字に転じたことから、経常収支は赤字幅を縮小した(経常収支は、3か月連続の赤字。なお、季節調整済の経常収支は3,646億円の黒字。)。1.貿易・サービス収支▲1兆6,595億円の赤字(前年同月比▲1,488億円 赤字幅拡大)「貿易収支」及び「サービス収支」がともに赤字幅を拡大し、「貿易・サービス収支」は10か月連続

2013年3月11日財務省フィードバック数:55社会/政治

対外及び対内証券売買契約等の状況(月次・指定報告機関ベース)

対外及び対内証券売買契約等の状況(月次・指定報告機関ベース)

2013年3月9日財務省フィードバック数:117社会/政治

対外及び対内証券売買契約等の状況(週次・指定報告機関ベース)

対外及び対内証券売買契約等の状況(週次・指定報告機関ベース)

2013年3月4日財務省フィードバック数:18社会/政治

法人企業統計調査(平成24年10-12月期)

調査の結果(目次)結果(年次)結果(四半期)関連情報本サイトに掲載の論文などの内容はすべて執筆者個人の見解であり、財務省や財務総合政策研究所の公式的な見解を示すものではありません。Ministry of Finance, Policy Recearch Institute.

2013年2月12日財務省フィードバック数:39社会/政治

平成24年中 国際収支状況(速報)の概要

報道発表平成25年2月8日財務省平成24年中 国際収支状況(速報)の概要「所得収支」の黒字幅は拡大したものの、「貿易・サービス収支」の赤字幅が拡大したことから、経常収支の黒字幅は2年連続で縮小した(統計として連続性のある昭和60年以降では、既往最少の経常黒字。)。1.貿易・サービス収支:▲8兆4,139億円の赤字(前年比▲5兆358億円 赤字幅拡大)「貿易収支」及び「サービス収支」がともに赤字幅を拡大し、「貿易・サービス収支」は2年連続の赤字となった(昭和60年以降では、既往最大の赤字額。2番目

2013年2月12日財務省フィードバック数:8社会/政治

平成24年12月中 国際収支状況(速報)の概要

報道発表平成25年2月8日財務省平成24年12月中 国際収支状況(速報)の概要「所得収支」の黒字幅が前年同月比でほぼ横ばいとなった一方、「貿易・サービス収支」の赤字幅が拡大したことから、経常収支は赤字に転じた(統計として連続性のある昭和60年1月以降では、経常収支は、初の2か月連続の赤字であり、12月としても初の赤字。なお、季節調整済の経常収支は981億円の黒字。)。1.貿易・サービス収支:▲8,477億円の赤字(前年同月比▲5,028億円 赤字幅拡大) 「貿易収支」及び「サービス収支」がともに

2013年2月12日財務省フィードバック数:54社会/政治

対外及び対内証券売買契約等の状況(月次・指定報告機関ベース)

対外及び対内証券売買契約等の状況(月次・指定報告機関ベース)

2013年2月10日財務省フィードバック数:5社会/政治

外国為替平衡操作の実施状況(平成24年10月~平成24年12月)

報道発表平成25年2月7日財務省外国為替平衡操作の実施状況(平成24年10月〜平成24年12月)○平成24年10〜12月期における外国為替平衡操作額0 円 〒100-8940 東京都千代田区霞が関3-1-1Copyright(C) 財務省 (法人番号 8000012050001)

2013年2月10日財務省フィードバック数:20社会/政治

外貨準備等の状況(平成25年1月末現在)

外貨準備等の状況(平成25年1月末現在)平成25年1月末における我が国の外貨準備高は、1,267,299百万ドルとなり、平成24年12月末と比べ、826百万ドル減少した。 外貨準備等の状況は以下の通りである。 (百万ドル単位) (参考)B.その他外貨資産のうち、国際協力銀行に対する貸付(額面)は36,000百万ドルである。 2.対円での外貨の為替先渡及び為替先物のポジションの合計 (a) 1年以内に満期の到来する債務に対する保証 (a) 外国中央銀行、BIS、IMF及びその他国際金融

2013年2月9日財務省フィードバック数:0社会/政治

法人企業統計調査及び法人企業景気予測調査

法人企業統計調査及び法人企業景気予測調査

2013年1月11日財務省フィードバック数:27社会/政治

外貨準備等の状況(平成24年12月末現在)

外貨準備等の状況(平成24年12月末現在)平成24年12月末における我が国の外貨準備高は、1,268,125百万ドルとなり、平成24年11月末と比べ、2,723百万ドル減少した。 外貨準備等の状況は以下の通りである。 (百万ドル単位) (参考)B.その他外貨資産のうち、国際協力銀行に対する貸付(額面)は35,926百万ドルである。 2.対円での外貨の為替先渡及び為替先物のポジションの合計 (a) 1年以内に満期の到来する債務に対する保証 (a) 外国中央銀行、BIS、IMF及びその他

2012年12月4日財務省フィードバック数:16社会/政治

平成24年度 10月末租税及び印紙収入、収入額調

平成24年度 10月末租税及び印紙収入、収入額調連絡・問合せ先財務省主税局総務課歳入総括係電話03-3581-4111(内線2421) 〒100-8940 東京都千代田区霞が関3-1-1Copyright(C) 財務省 (法人番号 8000012050001)

2012年12月4日財務省フィードバック数:13社会/政治

財政資金対民間収支(11月中実績・12月中見込)

統計表一覧 この度、平成30年度以前の財政資金対民間収支の実績について、精査が必要となりました。つきましては、精査により数値が変わる可能性がありますので、精査前の数値の取扱いにはご留意くださいますよう、お願いします。令和元年度平成30年度平成29年度平成28年度平成26年度平成25年度平成24年度 平成23年度平成22年度平成21年度平成20年度平成19年度平成18年度平成17年度平成16年度平成15年度 〒100-8940 東京都千代田区霞が関3-1-1Copyright(C) 財務省 (

2012年12月4日財務省フィードバック数:19社会/政治

法人企業統計調査(平成24年7-9月期)

調査の結果(目次)結果(年次)結果(四半期)関連情報本サイトに掲載の論文などの内容はすべて執筆者個人の見解であり、財務省や財務総合政策研究所の公式的な見解を示すものではありません。Ministry of Finance, Policy Recearch Institute.

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

お知らせ