調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 野村総合研究所

「野村総合研究所」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2022年2月2日野村総合研究所★★フィードバック数:0マーケティング

Z世代の“SNS疲れ”から生まれる一人行動ニーズ

Z世代の“SNS疲れ”から生まれる一人行動ニーズ Z世代の“SNS疲れ”から生まれる一人行動ニーズ~SNSは若年層における情報収集のメインツールにもなっている~ 概要野村総合研究所(NRI)では、消費者の価値観・行動変化を定期的に捕捉するため、毎年12月に全国約3,000人を対象にしたインターネット調査「生活者年末ネット調査」を実施している。 今回テーマの一つとした「インターネットによる情報収集」では、GoogleやYahoo!等の検索エンジンを使用した従来からの情報収集から、SNSを利用し

2021年12月27日野村総合研究所★★フィードバック数:0ビジネス

野村総合研究所、アフターコロナの行動回帰に関する意識調査を実施

野村総合研究所、アフターコロナの行動回帰に関する意識調査を実施 野村総合研究所、アフターコロナの行動回帰に関する意識調査を実施〜社会経済活動正常化にはワクチン接種とともに治療方法確立と医療体制整備が不可欠〜 株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:此本 臣吾、以下「NRI」)は、2021年11月26日から11月27日にかけて、全国20~79歳の男女合計5,156人を対象に、コロナ禍における生活やビジネスへの意識動向に関するインターネットアンケート調査(以下、「本調査

2021年11月19日野村総合研究所★★フィードバック数:0ライフスタイル

野村総合研究所、9回目の「生活者1万人アンケート調査」を実施

野村総合研究所、9回目の「生活者1万人アンケート調査」を実施 野村総合研究所、9回目の「生活者1万人アンケート調査」を実施〜コロナ禍で、日本の生活者はどう変化したか〜 株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:此本 臣吾、以下「NRI」)は、2021年8月、全国15歳~79歳の男女計1万人を対象に、訪問留置法で生活像や生活価値観、消費実態を尋ねる「生活者1万人アンケート調査」を実施しました。1997年以降、3年に1回このアンケート調査を実施しており、今回が9回目です。

2021年10月19日野村総合研究所★★フィードバック数:0ビジネス

コロナ禍収束にともなう「リベンジ消費」は限定的

コロナ禍収束にともなう「リベンジ消費」は限定的 コロナ禍収束にともなう「リベンジ消費」は限定的~75%がコロナ禍以前の生活には戻らないと考えている~ 概要野村総合研究所(NRI)では、コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動を把握するため、2021年7月に全国18,800人を対象とした大規模インターネット調査を実施した。 ワクチンの接種状況と新型コロナウイルスに対する不安感について分析すると、両者の間には強い相関がある。新型コロナウイルスに対する不安がない人(9%)ほどワクチン接

2021年3月1日野村総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

パート・アルバイトの中で「実質的失業者」は、女性で103万人、男性で43万人と推計

野村総合研究所、パート・アルバイトの中で「実質的失業者」は、女性で103万人、男性で43万人と推計 野村総合研究所、パート・アルバイトの中で「実質的失業者」は、女性で103万人、男性で43万人と推計〜引き続きの支援策の認知・利用促進による経済支援に加え、労働移動支援が課題〜 株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:此本 臣吾、以下「NRI」)は、昨年12月に続き1、本年2月8日から2月12日の間に、全国20~59歳のパート・アルバイト就業者(以下「パート・アルバイト

2021年1月8日野村総合研究所★★フィードバック数:0マーケティング

野村総合研究所、2026年度までのICT・メディア市場の規模とトレンドを展望

野村総合研究所、2026年度までのICT・メディア市場の規模とトレンドを展望 野村総合研究所、2026年度までのICT・メディア市場の規模とトレンドを展望~コロナショックでデジタル化が加速~ 株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:此本 臣吾、以下「NRI」)は、2026年度までのICT(情報通信技術)とメディアに関連する主要5市場(デバイス/ネットワーク/コンテンツ配信/xTech(B2C)/xTech(B2B))を取り上げ、国内市場および一部の国際市場における動

2021年1月8日野村総合研究所フィードバック数:0社会/政治

野村総合研究所、日本の富裕層は133万世帯、純金融資産総額は333兆円と推計

野村総合研究所、日本の富裕層は133万世帯、純金融資産総額は333兆円と推計 野村総合研究所、日本の富裕層は133万世帯、純金融資産総額は333兆円と推計〜いずれも前回推計(2017年)より増加、コロナ禍で富裕層の健康意識や家族とのコミュニケーションが強まる〜 株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:此本臣吾、以下「NRI」)は、2019年の日本における純金融資産保有額別の世帯数と資産規模を、各種統計などから推計しました。また、2020年10月~11月に、全国の企業

2020年12月22日野村総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

障がい者雇用に関する6回目の実態調査を実施

野村総合研究所グループ、障がい者雇用に関する6回目の実態調査を実施 野村総合研究所グループ、障がい者雇用に関する6回目の実態調査を実施〜コロナ禍による障がい者雇用のマネジメントへの影響と対応の方向性~ 株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:此本臣吾、以下「NRI」)と、NRIみらい株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:長崎浩一、以下「NRIみらい」)は、2020年8月から9月にかけて、上場企業と特例子会社1を対象に「障害者雇用に関する実態調査」と「障害者

2020年12月8日野村総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

コロナにより休業中の正社員は、半数近くが休業手当よりも就業再開を希望

コロナにより休業中の正社員は、半数近くが休業手当よりも就業再開を希望コロナにより休業中の正社員は、半数近くが休業手当よりも就業再開を希望〜休業中のパート・アルバイト女性の7割が休業手当の受け取りなし〜 株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:此本 臣吾、以下「NRI」)は、新型コロナウイルス感染拡大による雇用調整1のために休業中の労働者(以下「休業者」)2,163人を対象に、インターネットアンケート調査(以下「本調査」)を実施し、休業の実態や今後の意向などを把握しま

2020年7月24日野村総合研究所★★フィードバック数:0キャリアとスキル

有職者6.8万人にリモートワーク調査を実施

野村総合研究所、有職者6.8万人にリモートワーク調査を実施 野村総合研究所、有職者6.8万人にリモートワーク調査を実施~リモートワークの更なる拡大には公務員・事務職の「情報システム」の改善がポイントとなる~ 株式会社野村総合研究所(以下「NRI」)は、2020年5月18日から25日にかけ、全国の生活者(10万人強。うち有職者6.8万人)を対象に、緊急事態宣言下の5月11日(月)~5月17日(日)におけるリモートワークの実施状況や課題などに関するインターネットアンケートを実施しました。本調査で明

2020年3月6日野村総合研究所フィードバック数:0企業情報システム

野村総合研究所、「ITロードマップ2020年版」をとりまとめ~将来的に大きな進展が見込まれる「ブレインテック」~

野村総合研究所、「ITロードマップ2020年版」をとりまとめ 野村総合研究所、「ITロードマップ2020年版」をとりまとめ~将来的に大きな進展が見込まれる「ブレインテック」~ 株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:此本 臣吾、以下「NRI」)は、これからのビジネスや社会に広く普及し、さまざまな影響を及ぼすと考えられる情報通信関連の重要技術が、2020年以降どのように進展し実用化されるかを予測した「IT(情報技術)ロードマップ12020年度版」を、このほどとりまと

2019年11月28日野村総合研究所フィードバック数:0ビジネス

野村総合研究所、2025年度までのICT・メディア市場の規模とトレンドを展望

野村総合研究所、2025年度までのICT・メディア市場の規模とトレンドを展望 野村総合研究所、2025年度までのICT・メディア市場の規模とトレンドを展望~「5G」サービスが本格スタートし、リアルとデジタルの融合でスポーツ、ヘルスケアなどの市場が拡大 ~ 株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:此本臣吾、以下「NRI」)は、2025年度までのICT(情報通信技術)とメディアに関連する主要5市場(デバイス/ネットワーク/コンテンツ配信/xTech1/IoT)を取り上げ

2019年9月27日野村総合研究所★フィードバック数:0ライフスタイル

ポイント・マイレージの年間発行額が1兆円を突破

ポイント・マイレージの年間発行額が1兆円を突破 ポイント・マイレージの年間発行額が1兆円を突破~国内11業界の年間最少発行額について、2018年度までの推計と2023年度までの予測を実施~ 株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:此本 臣吾、以下「NRI」)は、家電量販店やクレジットカード、携帯電話など、国内11業界の主要企業※1が1年間に発行するポイント・マイレージの発行量を現金換算した「年間最少発行額※2」について、2018年度までの実績推計および2023年度ま

2019年8月29日野村総合研究所★★フィードバック数:0社会/政治

シニア世代の就業や生活行動は65歳を境に大きく転換

シニア世代の就業や生活行動は65歳を境に大きく転換 シニア世代の就業や生活行動は65歳を境に大きく転換~就業中のシニア世代は、70歳までの就業が当面の目標~ 株式会社野村総合研究所 NRI社会情報システム株式会社 株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:此本 臣吾)のグループ会社であるNRI社会情報システム株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:小松 隆)は、全国の55~79歳の2,000人を対象としたインターネット・アンケート調査を行い、シニア世代の就業意

2018年12月18日野村総合研究所★★フィードバック数:0社会/政治

野村総合研究所、日本の富裕層は127万世帯、純金融資産総額は299兆円と推計

野村総合研究所、日本の富裕層は127万世帯、純金融資産総額は299兆円と推計 野村総合研究所、日本の富裕層は127万世帯、純金融資産総額は299兆円と推計~ いずれも前回推計(2015年)から増加、今後、富裕層の次世代である「親リッチ」獲得競争が活発化 ~ 株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:此本臣吾、以下「NRI」)は、2017年の日本における純金融資産保有額別の世帯数と資産規模を、各種統計などから推計しました。また、2018年2月~3月に、富裕層・超富裕層の子ども

2018年12月6日野村総合研究所★★フィードバック数:0マーケティング

野村総合研究所、2024年度までのICT・メディア市場の規模とトレンドを展望

野村総合研究所、2024年度までのICT・メディア市場の規模とトレンドを展望 野村総合研究所、2024年度までのICT・メディア市場の規模とトレンドを展望~「5G」によって加速するデジタル変革のなか、何を守り、何を捨てるのか?~ 株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:此本 臣吾、以下「NRI」) は、2024年度までのICT(情報通信技術)とメディアに関連する主要5市場(デバイス/ ネットワーク/コンテンツ配信/プラットフォーム/xTech※1)を取り上げ、国内市場 お

2018年11月6日野村総合研究所★★フィードバック数:0ライフスタイル

8回目の「生活者1万人アンケート調査」を実施

8回目の「生活者1万人アンケート調査」を実施 8回目の「生活者1万人アンケート調査」を実施~ 情報端末利用の個人化が進み、「背中合わせの家族」が増加 ~ 株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:此本 臣吾、以下「NRI」)は、2018年7~8月、全国15歳~79歳の男女計1万人を対象に、訪問留置法で生活像や生活価値観、消費実態を尋ねる「生活者1万人アンケート調査」を実施しました。1997年以降、3年に1回このアンケートを実施しており、今回が8回目です。主な調査結果は、以下

2018年10月31日野村総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

保育士としての就労状況や就労意向に関するアンケート調査

潜在保育士の6割が保育士として就労を希望 潜在保育士の6割が保育士として就労を希望~「勤務時間や勤務日など希望に合った働き方」を最も重視~ 株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:此本 臣吾、以下「NRI」)は、全国の保育士資格を持つ女性7,210人に対して、保育士としての就労状況や就労意向に関するアンケート調査を実施しました。調査の結果、保育士資格を保有しているが現在保育士として働いていない人(以下、「潜在保育士」)の過半数が、職種を問わず調査時点では働いておらず(以下

2018年10月30日野村総合研究所★★フィードバック数:0モバイル

携帯電話料金に関して、スマートフォンユーザーの6割が高いと感じ、3割が納得してない

携帯電話料金に関して、スマートフォンユーザーの6割が高いと感じ、3割が納得してない携帯電話料金に関して、スマートフォンユーザーの6割が高いと感じ、3割が納得してない~シンプルかつ透明な料金プラン・アンマッチの解消・販売手法の適正化が必要~ 株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:此本 臣吾、以下「NRI」)は、本年7月、日本全国でスマートフォンのユーザーを対象に、携帯電話料金に対する意識調査を実施しました。7月上旬と下旬の2回にわたってアンケートを実施し、1回目では携帯電

2018年3月8日野村総合研究所★★フィードバック数:0企業情報システム

「ITロードマップ2018年版」をとりまとめ

「ITロードマップ2018年版」をとりまとめ~ AI進化の切り札として注目を集める「量子コンピュータ」 ~ 株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:此本 臣吾、以下「NRI」)は、これからのビジネスや社会に広く普及し、さまざまな影響を及ぼすと考えられる情報通信関連の重要技術が2018年以降、どのように進展し実用化されるかを予測した「ITロードマップ」※1をとりまとめました。 今回取り上げたのは、「人工知能(AI)」、「AIアシスタントデバイス」※2、「エンタープライズ・

2017年11月29日野村総合研究所★★フィードバック数:0マーケティング

2023年度までのICT・メディア市場の規模とトレンドを展望

2023年度までのICT・メディア市場の規模とトレンドを展望 2023年度までのICT・メディア市場の規模とトレンドを展望~ 「ソフトウェアがすべてを飲み込む」デジタル変革時代の企業と社会の構造変化 ~ 株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:此本 臣吾、以下「NRI」)は、このほど2023年度までのICT(情報通信技術)・メディア関連の主要5市場(デバイス/ネットワーク/コンテンツ/プラットフォーム/xTech※1)について、国内および一部に関しては世界における動向分析

2017年7月14日野村総合研究所★★フィードバック数:0社会/政治

成長可能性都市ランキング

国内100都市を対象に成長可能性をランキング 国内100都市を対象に成長可能性をランキング~ 産業創発力が総合的に高いのは東京23区、福岡市、京都市 今後の伸びしろが大きいのは福岡市、鹿児島市、つくば市 ~ 株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:此本 臣吾、以下「NRI」)は、都市圏の人口規模等を考慮して選定した国内100都市を対象に、今後の成長性を左右する「産業創発力」の現状、および将来のポテンシャルを分析した「成長可能性都市ランキング」を作成しました。この調査では、

2017年3月15日野村総合研究所フィードバック数:0企業情報システム

2021年までのITロードマップ チャットボット

2021年までのITロードマップ チャットボット

2016年12月9日野村総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

2015年の日本における純金融資産保有額別の世帯数と資産規模

2015年の日本における純金融資産保有額別の世帯数と資産規模

2016年11月29日野村総合研究所★★フィードバック数:0マーケティング

2022年度までのICT・メディア市場の規模とトレンドを展望

2022年度までのICT・メディア市場の規模とトレンドを展望

2016年6月8日野村総合研究所★★フィードバック数:0社会/政治

2018~2033年までの空き家数・空き家率(総住宅数に占める空き家の割合)、および2015~2030年までの既存住宅(新築以外の住宅)流通量を予測

2018~2033年までの空き家数・空き家率(総住宅数に占める空き家の割合)、および2015~2030年までの既存住宅(新築以外の住宅)流通量を予測

2016年4月22日野村総合研究所★★フィードバック数:0マーケティング

による資格についての調査結果です。

ネットショッピングの定着と消費者向けビジネスの構造変化 ~インターネット利用者調査に見る買い物行動と意識~

ネットショッピングの定着と消費者向けビジネスの構造変化 ~インターネット利用者調査に見る買い物行動と意識~

2016年3月22日野村総合研究所★★フィードバック数:0ビジネス

2020年までのITロードマップ

2020年までのITロードマップ

2015年12月9日野村総合研究所★★フィードバック数:0キャリアとスキル

日本の労働人口の49%が人工知能やロボット等で代替可能に

日本の労働人口の49%が人工知能やロボット等で代替可能に

2015年11月26日野村総合研究所★★フィードバック数:0マーケティング

生活者1万人アンケートにみる日本人の価値観・消費行動の変化-第7回目の時系列調査結果のポイント-

野村総合研究所(NRI)では、報道関係者の方々への最新情報の提供と意見交換を目的とした「NRIメディアフォーラム」を開催しています2021年第322回 2021年11月19日株式会社野村総合研究所 コンサルティング事業本部マーケティングサイエンスコンサルティング部上級コンサルタント 松下 東子主任コンサルタント 林 裕之第321回 2021年10月14日株式会社野村総合研究所 コンサルティング事業本部ICTメディアコンサルティング部 上級コンサルタント 光谷 好貴経営DXコンサルティング部 コン

2015年11月26日野村総合研究所★フィードバック数:0マーケティング

2021年度までのICT・メディア市場の規模とトレンドを展望

2021年度までのICT・メディア市場の規模とトレンドを展望

2015年11月24日野村総合研究所★★フィードバック数:0マーケティング

生活者1万人アンケート調査

生活者1万人アンケート調査

2015年9月10日野村総合研究所★★フィードバック数:0ビジネス

ポイント・マイレージの年間発行額は2020年度に1兆円突破へ

ポイント・マイレージの年間発行額は2020年度に1兆円突破へ

2015年6月22日野村総合研究所★フィードバック数:0大型消費/投資

NRIの推計です。

2018年、2023年、2028年および2033年における日本の総住宅数・空き家数・空き家率(総住宅数に占める空き家の割合)を予測

2018年、2023年、2028年および2033年における日本の総住宅数・空き家数・空き家率(総住宅数に占める空き家の割合)を予測

2015年6月15日野村総合研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

市場データです。

2015~2030年度までの新設住宅着工戸数およびリフォーム市場規模を予測

2015~2030年度までの新設住宅着工戸数およびリフォーム市場規模を予測

2015年6月7日野村総合研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2030年の推計です。

国内の乗用車保有台数 2030年までの将来推計

国内の乗用車保有台数 2030年までの将来推計

2015年5月8日野村総合研究所フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

CSIRTと多層防御で企業を守る─「企業における情報セキュリティ実態調査」の結果から─

CSIRTと多層防御で企業を守る─「企業における情報セキュリティ実態調査」の結果から─

2015年4月21日野村総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

観光を成長産業とするために今、必要なこと

観光を成長産業とするために今、必要なこと

2015年4月21日野村総合研究所★★フィードバック数:0キャリアとスキル

NRIのレポートです。

人口減少下における人手不足問題の見通し

人口減少下における人手不足問題の見通し

2015年2月3日野村総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

ミャンマーにおけるインフラ開発の現状と今後の課題

ミャンマーにおけるインフラ開発の現状と今後の課題

2015年2月3日野村総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

インドネシア経済の動向と日本の製造業が果たす役割

インドネシア経済の動向と日本の製造業が果たす役割

2015年2月3日野村総合研究所フィードバック数:0ビジネス

ASEANの長期展望と日本企業が取り組むべき課題

ASEANの長期展望と日本企業が取り組むべき課題

2014年12月16日野村総合研究所フィードバック数:0社会/政治

NRIパブリックマネジメントレビュー 2014年12月号

事業・サービスTOP »「コンサルティング」「金融ITソリューション」「産業ITソリューション」「IT基盤サービス」の4つの事業を通して、社会の仕組みづくり、お客様のビジネス、人々の快適な暮らしを支えています。 NRIオピニオンTOP »NRIの調査・研究成果を集めたナレッジデータベースをご覧いただけます。 ニュースNRIが発信する最新のニュースリリースやお知らせ情報などをご覧いただけます。 サステナビリティTOP »NRIグループは、「攻めのCSR」「守りのCSR」「NR

2014年12月5日野村総合研究所★フィードバック数:0マーケティング

「未来年表」です。

NRI未来年表2015-2065

NRI未来年表 2021-2100NRIが書籍やセミナーなどで発表している様々な予測を「NRI予測」として掲載している年表です NRI未来年表は、今後予定されている出来事を「政治・社会」「経済・産業」「国際」の軸で整理し、さらに、NRIが書籍やセミナーなどで発表している様々な予測を「NRI予測」として掲載している年表です。将来の社会の大きな動きが一覧できます。年表には、2021年~2100年までの未来予測を盛り込んでいます。 また、「交通・運輸」「働き方」「デジタル経済」「バイオ・医療」の

2014年12月4日野村総合研究所★フィードバック数:0マーケティング

ICTの各分野ごとの状況です。

2020年度までのIT主要市場の規模とトレンドを展望

2020年度までのIT主要市場の規模とトレンドを展望

2014年11月29日野村総合研究所フィードバック数:0ビジネス海外

台湾投資通信 231号

台湾投資通信 231号

2014年11月18日野村総合研究所★フィードバック数:0大型消費/投資

富裕層の分布です。

日本における2013年の純金融資産保有額別の世帯数と資産規模

日本における2013年の純金融資産保有額別の世帯数と資産規模

2014年11月3日野村総合研究所フィードバック数:0ビジネス海外

台湾投資通信 230号

台湾投資通信 230号

2014年9月30日野村総合研究所フィードバック数:0ビジネス海外

台湾投資通信 229号

台湾投資通信 229号

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お知らせ