調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 電通パブリックリレーションズ

「電通パブリックリレーションズ」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

2019年度 ESG/SDGsに関する意識調査

TOP企業広報戦略研究所TOP各種調査・研究TOP 全国生活者1万500人を対象とした 『2019年度 ESG/SDGsに関する意識調査』 企業広報戦略研究所(所長:三浦健太郎、所在地:東京都港区、株式会社電通PRコンサルティング内)は、本年6月末、全国1万500人を対象とした『ESG※1 /SDGs※2に関する意識調査』を実施しました。2019年は「SDGs経営ガイド(経済産業省)」が取りまとめられるなど、企業のESGやSDGsに対する取り組みへの注目が高まっています。そのような中、生活者の意

第4回魅力度ブランディング調査

TOPNews&Topics TOPニュース 電通PRの企業広報戦略研究所が、生活者1万人を対象とした『第4回魅力度ブランディング調査』結果を発表 企業広報戦略研究所(所長:三浦健太郎、所在地:東京都港区、株式会社電通パブリックリレーションズ内)は、生活者が企業のどのような活動や事実(ファクト)に魅力を感じ、その魅力がどのように伝わっているのかを解析することを目的に、本年6月末から全国1万人を対象とした『第4回魅力度ブランディング調査』を実施しました。「魅力度ブランディングモデル」とは、コーポレ

第3回魅力度ブランディング調査

TOPNews&Topics TOPニュース 電通PRの企業広報戦略研究所が、全国の生活者1万人を対象とした「第3回魅力度ブランディング調査」結果を発表 全国の生活者1万人を対象とした「第3回魅力度ブランディング調査」企業広報戦略研究所(所長:三浦健太郎、所在地:東京都港区、株式会社電通パブリックリレーションズ内)は、生活者が企業のどのような活動(ファクト)に魅力を感じ、その魅力がどのように伝わっているのかを解析することを目的に、本年7月、全国1万人を対象とした『第3回魅力度ブランディング調査』

電通PRの企業広報戦略研究所が、「採用版・魅力度ブランディングモデル」をもとにした就職活動調査を実施

TOPNews&Topics TOPニュース 電通PRの企業広報戦略研究所が、「採用版・魅力度ブランディングモデル」をもとにした就職活動調査を実施 内々定・内定を1件以上獲得した就活生1000人を対象に「採用版・魅力度ブランディングモデル」をもとにした就職活動調査を実施 企業広報戦略研究所(所長:三浦健太郎、所在地:東京都港区、株式会社電通パブリックリレーションズ内)は、本年7月、2019年3月に卒業予定の内々定・内定を1件以上獲得した大学生/大学院生1000人を対象に就職活動調査を実施しました

「第2回企業魅力度調査」結果(第3報)

TOPNews&Topics TOPニュース 電通PRの企業広報戦略研究所による 「第2回企業魅力度調査」結果(第3報)① 魅力を感じる企業に対して、4人に3人が行動「実際に購買した」4割超/「企業ウェブサイト閲覧」約3割② 男性はメディア系、女性はリアル系で情報接触し、企業の魅力を感じる企業広報戦略研究所(所長:三浦健太郎、所在地:東京都中央区、株式会社電通パブリックリレーションズ内)は、生活者が企業のどのような活動(ファクト)に魅力を感じ、その魅力がどのように伝わっているのかを分析することを

「第2回企業魅力度調査」続報

TOPNews&Topics TOPニュース 電通PRの企業広報戦略研究所による「第2回企業魅力度調査」続報① 今、生活者の期待に応えきれていない企業活動は1位「リスク&ガバナンス対応」、2位「コストパフォーマンス」、3位「市場対話・適時開示力」② 企業に積極的に取り組んでほしい社会課題企業広報戦略研究所(所長:三浦健太郎、所在地:東京都中央区、株式会社電通パブリックリレーションズ内)は、生活者が企業のどのような活動(ファクト)に魅力を感じ、その魅力がどのように伝わっているのかを分析することを目

第2回企業魅力度調査

TOPNews&Topics TOPニュース 電通PRの企業広報戦略研究所が、全国1万人を対象とした 「第2回企業魅力度調査」結果を発表① 業界別ランキングは、1位「食品」、2位「医薬品・生活用品」、3位「自動車」。② 生活者は企業の「人的魅力」をさらに重視する傾向に。前年比 約106%。 企業広報戦略研究所(所長:三浦健太郎、所在地:東京都中央区、株式会社電通パブリックリレーションズ内)は、生活者が企業のどのような活動(ファクト)に魅力を感じ、その魅力がどのように伝わっているのかを分析すること

魅力あるウェブサイトは「ストーリーと客観性」がカギ

プレスリリース/ニュースリリース配信の共同通信PRWire 魅力あるウェブサイトは「ストーリーと客観性」がカギ電通PR内の研究組織である企業広報戦略研究所が今年2月から4月に行った調査によると、生活者は企業のウェブサイトで「ストーリー性」「客観的な情報」を期待していることがわかった。 電通PR企業広報戦略研究所調査より魅力あるウェブサイトは「ストーリーと客観性」がカギ 株式会社電通パブリックリレーションズ(電通PR)内の研究組織である企業広報戦略研究所(所長:三浦健太郎、所在地:東京都中央区、

第2回 企業広報力調査

TOPNews&Topics TOPニュース 電通PRの企業広報戦略研究所が 『第2回 企業広報力調査』結果を発表 広報力業種別トップ3は、1位「電力・ガス」 2位「運輸・倉庫」 3位「食料品」「金融・証券・保険」 ワースト3は 「不動産」 「鉄鋼・非鉄金属」 「建設」 株式会社電通パブリックリレーションズ内の研究組織である企業広報戦略研究所(所長:三浦健太郎、所在地:東京都中央区)は、日本における企業の広報活動の実態や課題を探ることを目的に、本年2月から4月、上場企業3,664社の広報担当責任

電通PRの調査です。

企業の「危機管理力」を大規模調査

TOPNews&Topics TOPニュース 企業広報戦略研究所と東京大学総合防災情報研究センターが企業の「危機管理力」を大規模調査  株式会社 電通パブリックリレーションズ(代表取締役社長執行役員:近見竹彦、本社:東京都中央区、以下電通PR)内の企業広報戦略研究所(所長:三浦健太郎、所在地:東京都中央区、以下C.S.I.)は、東京大学大学院情報学環総合防災情報研究センター(CIDIR:センター長 田中淳、以下CIDIR)と、2月4日から3月13日の期間、企業の「危機管理力」調査を実施しました。

電通PRの調査です。

上場企業の広報力調査

INDUSTRIES & SECTORS [業界]当社のサービスを業界別にご紹介します。EXPERTISE [専門領域]当社のサービスを専門領域別にご紹介します。デジタル当社が提供するデジタル領域のソリューションについてご紹介します。ヘルスケア・メディカル当社が提供するヘルスケア・メディカル領域のソリューションについてご紹介します。マーケティングコミュニケーションズ当社のマーケティングコミュニケーションズ領域のソリューションについてご紹介します。コーポレートコミュニケーションズ当社のコーポレート

情報の拡散についての調査です。

情報流通構造調査

TOPNews&Topics TOPニュース インターネット上の「情報流通構造調査」の結果を発表 情報拡散経験者の4人に1人が「まとめサイト」の情報を拡散 株式会社電通パブリックリレーションズ(代表取締役社長執行役員:近見竹彦、本社: 東京都中央区、以下電通PR)は、本年3月に、インターネットの情報流通構造を把握するため、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、京都府、兵庫県、奈良県の15歳以上69歳以下の男女600人で、インターネット上で情報拡散をしたことがある人を対象に、インターネット上の

ネットの影響を見ています。

参議院選挙におけるネット選挙解禁が有権者に与える影響について

TOPNews&Topics TOPニュース 電通PRと東大橋元研究室がネット選挙に関する共同調査実施 政党・候補者のネット情報を見た人の58%が評価し、35%が拡散 株式会社電通パブリックリレーションズ(代表取締取役社長執行役員:近見竹彦、本社:東京都中央区、以下 電通PR)と東京大学大学院情報学環の橋元良明教授は、参議院選挙におけるネット選挙解禁が有権者に与える影響について共同調査を実施しました。今回の調査結果では、選挙期間中にインターネット上で政党・候補者の発信した情報を見た人の57.9%

回答者の13%は就職活動にLINEも利用しているそうです。

第2回「電通PRソー活調査」

TOPNews&Topics TOPニュース 第2回「電通PRソー活調査」今年も約半数(45.3%)の学生が就職活動にSNSを利用「コミュ軽(こみゅかる)」で定着する「ソー活」 株式会社電通パブリックリレーションズ(代表取締役社長執行役員:近見竹彦、本社:東京都中央区、以下電通PR)の社内横断組織「ソーシャルメディア実験室『アンテナ』」(※1)は、就職活動中の大学3年生を対象に、「ソーシャルリクルーティング」に関する調査を実施しました。同調査はインターネットを使ったアンケート形式で、実施時期は2

個別のサービスごとの認知・利用を聞いています。

2012年 年末SNS調査

TOPNews&Topics TOPニュース 「2012年年末SNS調査」で6割超が今後もSNSに期待 ~2013年のキーワードは“アンチユビキタス(オンリーユー型の情報作り)”~ 株式会社電通パブリックリレーションズ(代表取締役社長執行役員:近見竹彦、本社:東京都中央区、以下電通PR)の社内横断組織「ソーシャルメディア実験室『アンテナ』」(※1)は、日本在住の男女を対象に、「2012年 年末SNS調査」を実施。性年代別におけるソーシャルネットワーキングサービス(以下、SNS)の広がりを分析する

電通PRと東大橋元研、関西大小笠原研が衆院選の共同調査実施 若年層は政党・候補者が発信したネット上の選挙情報を重視

TOPNews&Topics TOPニュース 電通PRと東大橋元研、関西大小笠原研が衆院選の共同調査実施若年層は政党・候補者が発信したネット上の選挙情報を重視 株式会社電通パブリックリレーションズ東京大学大学院情報学環 橋元研究室関西大学社会学部 小笠原研究室株式会社電通パブリックリレーションズ(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:畔柳 一典、以下電通PR)と東京大学大学院情報学環橋元研究室、関西大学社会学部小笠原研究室は、10月22日に投開票が行われた衆議院選挙において、有権者のメディア

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お知らせ