「CBRE」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2020年9月1日CBRE★フィードバック数:0ビジネス

CBREが「COVID-19:リテールマーケットへの影響とアウトルック」を発表

国内主要都市の路面店舗市場の動向を、四半期ごとに発信しています。マーケットを取り巻く経済動向から、賃貸市場、売買市場動向、さらには日系企業の海外進出動向まで網羅的に掲載しています。 ジャパンリテールマーケットビュー 2022年第1四半期 ジャパンレポート - 7つのデータでみる、コロナ禍のリテールマーケット 2022年4月 ジャパンビューポイント - 回復の兆しがみえるリテールマーケット ジャパンビューポイント - 日本のリテール&ホテルマーケット回復

2017年11月21日CBREフィードバック数:0大型消費/投資

CBREが3大都市の路面店舗の市場動向レポート(2017年第3四半期)を発表銀座の高級路面店舗(ハイストリート)の空室率の公表を開始 - 今期の空室率は0.8%(対前期比-0.2ポイント)

CBREが3大都市の路面店舗の市場動向レポート(2017年第3四半期)を発表銀座の高級路面店舗(ハイストリート)の空室率の公表を開始 - 今期の空室率は0.8%(対前期比-0.2ポイント) 2017年第3四半期のプライム賃料(想定成約賃料、共益費込)は、9期連続横ばいの坪40万円 CBRE(日本本社:東京都千代田区丸の内)は本日、2017年第3四半期(Q3)の路面店舗の市場動向を発表しました。 【注目動向】◆2017年9月の訪日外国人数は、前年同月比18.9%増の228万人で、9月として過去最

2017年11月14日CBREフィードバック数:0大型消費/投資

ジャパンオフィスマーケットビュー 2017年第3四半期

CBREが全国13都市のオフィスビル市場動向(2017年第3四半期)を発表 東京のグレードAの空室率は2期連続の低下 地方では賃料上昇が加速 CBRE(日本本社:東京都千代田区丸の内)は本日、2017年第3四半期(Q3)の全国13都市オフィスビル市場動向を発表しました。【東名大の注目動向】 東京グレードA空室率は対前期比-1.2ポイントの2.5%と、2期連続の低下 大阪グレードAの空室率は対前期比-0.2ポイントの0.3%、2005年の調査開始以来の最低値 名古屋グレードAの空室率は対前期

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

新着データ

お知らせ