「GV」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2020年9月8日GVフィードバック数:0大型消費/投資

キャッシュレス時代、それでもクレジットカードを持たない理由とは?

キャッシュレス時代、それでもクレジットカードを持たない理由とは?経済産業省が策定する「キャッシュレス・ビジョン」では、2025年に向けてキャッシュレス決済比率目標を40%と掲げ急成長を見せていますが、未だ約20%台にとどまる背景には、現金への高い信頼やキャッシュレスに対するセキュリティ面の不安等、様々な要因があります。一方、キャッシュレス決済の中ではクレジットカードが大半を占めており発行枚数と利用金額ともに増加傾向にあります。まねーぶ調べでは、クレジットカード非保有者643人に意識調査を行い、ク

2020年7月20日GVフィードバック数:0大型消費/投資

500世帯に聞いた、夏レジャーに掛ける費用は昨対比76.1%減

【2020年 夏支出調査】500世帯に聞いた、夏レジャーに掛ける費用は昨対比76.1%減新型コロナウイルス感染症拡大による小中学校の長期休校の影響で、全国各地で夏休みの短縮化が決定されています。未だ感染症への不安が消えない中、レジャー施設の休業や夏の定番イベントなども中止や延期が相次ぎ、今年は活気のない夏になることが想定されます。しかし、感染症収束後には国土交通省・観光庁主導のもと、地域の再活性化を目的とした「Go Toキャンペーン事業」が実施(予定)されるなど、レジャー消費の需要喚起もされてい

2020年7月1日GVフィードバック数:0ライフスタイル

消費活性化策「マイナポイント事業」の期待度は50.2%、申込方法に懸念

【消費者意識調査】消費活性化策「マイナポイント事業」の期待度は50.2%、申込方法に懸念今年9月から、消費活性化とマイナンバーカードの普及、キャッシュレス決済基盤の構築を目的とした「マイナポイント事業」が開始されます。(総務省マイナポイント事業より)同事業を利用するにあたってマイナンバーカードを使った事前予約と申込が必要ですが、マイナンバーカードの交付率は全国で16.8%という状況です。(令和2年6月1日現在)株式会社エムズコミュニケイト代表取締役社長 岡田祐子氏監修のもと、全国消費者1,000

2020年6月26日GVフィードバック数:0ライフスタイル

【家計調査】赤字世帯は6.2%増加~新型コロナウイルスがもたらした家計への影響~

【家計調査】赤字世帯は6.2%増加~新型コロナウイルスがもたらした家計への影響~新型コロナウイルスの恐ろしさは感染リスクだけではありません。感染症対策として国や自治体から要請された休業・自粛要請により倒産や従業員の解雇が相次ぎ、 “コロナショック”として経済に悪影響を及ぼし、私たちの家計までも脅かしています。FP For Youの稲村 優貴子氏監修のもと、全国500世帯を対象にコロナ禍中の3月度から5月度の3か月間における家計調査を行い、収支変化と生活費の補填状況を明らかにするとともに経済活動再

2020年5月25日GVフィードバック数:0ライフスタイル

みんなのおうち時間の過ごし方 ~#STAYHOMEの節約アイデア~

【macaroni監修】みんなのおうち時間の過ごし方 ~#STAYHOMEの節約アイデア~新型コロナウイルス感染拡大防止として、政府や自治体から外出自粛が呼びかけられています。不安や混乱が続く中、自分自身そして大切な人を守るためにもストレスなく楽しめる「おうち時間」の重要性は高まっています。食と暮らしのメディアmacaroniの編集部を監修に迎え、全国20代~60代男女1,000人を対象におうち時間の過ごし方を調査し、お金をかけずに充実した時間にするための節約アイデアを厳選し素敵なおうち時間作り

2020年5月7日GVフィードバック数:0ビジネス

【働き方改革 意識調査】オフィスワークとリモートワーク、仕事効率が良いのは?

【働き方改革 意識調査】オフィスワークとリモートワーク、仕事効率が良いのは?働き方改革の推進、そして新型コロナウイルス感染拡大の予防対策として多くの企業が「在宅勤務(リモートワーク)」を導入しています。働き方の多様化、ワーク・ライフ・バランスの実現として普及するリモートワークですが、労働時間の管理や社内コミュニケーション不足など多くの課題もあります。株式会社ビズヒッツ代表取締役 伊藤陽介氏監修のもと、全国のリモートワーカー500人を対象に働き方に関する調査を実施し、リモートワークの仕事効率や社内

2020年2月25日GV★フィードバック数:0大型消費/投資

【貯金実態調査】貯金1,000万円以上保有者に聞いた、貯まる人の体質とは

【貯金実態調査】貯金1,000万円以上保有者に聞いた、貯まる人の体質とは増税に伴う景気後退のリスクや年金不足問題による老後資金の確保など、万が一の時や将来への備えのために貯金は必要です。しかし、なかなか貯められない人が多く“貯蓄ゼロ”の人がいることも事実です。FP恩田雅之氏監修のもと貯金1,000万円以上保有者500人を対象に貯金調査を実施し、貯金成功者の体質を明らかにするとともに、「貯まる人」と「貯められない人」の違いや資産管理について解説いただきました。全国20~40代貯金1,000万円以上

2019年12月25日GVフィードバック数:0キャリアとスキル

2019年度の冬ボーナス調査

【2019年 冬ボーナス調査】平均支給額43万円、使い道の1位は貯金 8割以上がボーナス支給額を貯金に充てると回答 株式会社GV(本社:東京都港区/代表取締役社長:肥田木和弘)が運営する、お金の情報サイト「まねーぶ」は、マネーラボ関西代表 福一由紀氏監修のもと、全国の正社員800人を対象に2019年度の冬ボーナス調査を実施しました。 ◆調査背景 2019年度の東証第一部上場企業冬ボーナス平均支給額が発表され、対前年同期比で0.1%減という結果でした(労務行政研究所)。お金の情報サイト「まねーぶ」

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
 

お知らせ