「IDC」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年7月13日IDCフィードバック数:0企業情報システム

IT投資動向に関する国内CIO調査

2017年度の国内企業のIT支出は、大企業で「増加」が「減少」「変わらない」を上回る 引き続き「セキュリティ」が最優先のIT投資領域だが、2017年度計画ではAIにも注目 大企業を中心に、社内ITインフラ/システムの運用や開発の内製化が進行 大企業/中堅企業を中心に、ユーザー部門独自のAIやIoTに対する投資が活発化 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)

2017年7月12日IDC★フィードバック数:0デジタル家電

ウェアラブルデバイスの世界/国内出荷台数予測

ウェアラブルデバイスの世界/国内出荷台数予測を発表 2021年の世界ウェアラブルデバイス出荷台数は2017年の2倍近くの2億4,010万台 腕時計タイプは安定的な成長を維持するものの、リストバンドタイプは失速と予測 日本国内の2021年合計出荷台数は135万台、腕時計タイプ主導で安定的成長を期待 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、ウェアラブル

2017年7月10日IDC★★フィードバック数:0マーケティング

国内デジタルマーケティング関連サービス市場予測

国内デジタルマーケティング関連サービス市場予測を発表 2016年の国内デジタルマーケティング関連サービスの市場規模は、前年比成長率6.1%、 3,288億円 2016年~2021年の年間平均成長率は7.0%、2021年の市場規模は4,605億円と予測 変化の速い市場環境への対応、先端テクノロジーの積極的活用、ビジネスサービスとITサービスを一括したトータルサービスの提供能力が成長のキーポイント IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区

2017年7月9日IDC★フィードバック数:0キャリアとスキル

国内企業のIT人材に関する分析結果

~IT部門以外のIT人材育成の必要性認識が高まる~国内企業のIT人材に関する分析結果を発表 国内企業においては、IT部門、業務部門(非IT部門)ともに、デジタルトランスフォーメーション(DX)の本格化にあたって、業務部門のデジタル技術教育の必要性を認識 一方、IT部門では、既存のシステム担当者とDX担当者との間でモチベーションの二極化も見られる ITベンダー、システムインテグレーターは、顧客企業のIT部門、業務部門双方に対してIT教育のサービスを実施し、企業のDX化を人材育成の側面から支援

2017年7月7日IDCフィードバック数:0デジタル家電

AR/VRヘッドセットの世界/国内出荷台数予測

AR/VRヘッドセットの世界/国内出荷台数予測を発表 2021年の世界AR/VRヘッドセット出荷台数は合計6,711万台と予測 2016年~2021年の世界ヘッドセット出荷台数の年間平均成長率、ARは172.9%、VRは48.7%の高成長と予測 日本国内の2021年合計出荷台数は105万台、いずれも高成長を見込む IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760

2017年7月5日IDCフィードバック数:0ビジネス

国内ソフトウェア市場 2016年の実績と最新予測

国内ソフトウェア市場 2016年の実績と最新予測を発表 2016年の国内ソフトウェア市場は前年比成長率2.2%、ビッグデータの本格化や働き方改革に関連する市場が高い成長 2017年は前年比成長率3.9%、2016年~2021年の年間平均成長率は4.3%と予測 IoTやコグニティブ/AIシステムの活用拡大などデジタルトランスフォーメーションにおける取り組みがソフトウェア市場に新たな市場機会をもたらす ソフトウェアベンダーは従来型のソフトウェアビジネスから脱却し、クラウドネイティブに適したビジ

2017年7月3日IDCフィードバック数:0ビジネス

2017年第1四半期 国内MFP/プリンター市場概況

2017年第1四半期 国内MFP/プリンター市場概況を発表 レーザー全体の2017年第1四半期の総出荷台数は、44万台。前年同期とほぼ同数 インクジェット全体の総出荷台数は、84万台。前年同期とほぼ同数 市場全体が成熟する中、付加価値の高いドキュメントソリューションで新たな需要喚起がカギとなる IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内MFP(M

2017年6月28日IDCフィードバック数:0デジタル家電

2017年第1四半期 AR/VRヘッドセットの世界/国内市場規模

2017年第1四半期 AR/VRヘッドセットの世界/国内市場規模を発表 2017年第1四半期 全世界のAR/VRヘッドセット出荷台数は228万台 ARの対前年同期成長率は77.4%、VRは69.7%と高成長が続く 国内の合計出荷台数は5.3万台、うちPlayStation VRは4.2万台 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、Augmented

2017年6月27日IDC★フィードバック数:0大型消費/投資

国内ブロックチェーン関連市場予測

国内ブロックチェーン関連ソリューション市場の2016年~2021年の年間平均成長率は 133.0%、2021年市場規模は298億円と予測 当初は、金融分野への投資が多いが、中長期的には非金融分野への投資が金融分野を上回る 処理速度やスケーラビリティ不足などの課題克服が成長のキーポイント IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内ブロックチェーン関連ソ

2017年6月26日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内マネージドプリントサービス(MPS)市場予測

国内マネージドプリントサービス(MPS)市場予測を発表 2016年 国内マネージドプリントサービス(MPS)売上額規模は、前年比9.9%増の604億4,000万円 2016年~2021年の年間平均成長率は11.3%、2021年市場規模は1,033億円と予測 2016年、MPS市場の成長が鈍化、デジタルトランスフォメーション(DX)を前提とした高度なソリューションを付加できるかが再成長のカギとなる IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田

2017年6月21日IDCフィードバック数:0マーケティング

国内ビッグデータ/アナリティクスソフトウェア市場予測

国内ビッグデータ/アナリティクスソフトウェア市場予測を発表 2016年国内ビッグデータ/アナリティクスソフトウェア市場規模は2,282億6,000万円、前年比成長率8.0%の高成長 クラウドデータウェアハウス(DWH)の成長が継続したことに加え、大手企業におけるオンプレミスのDWHの大規模投資も重なった データの利用価値は企業内部での活用にとどまらず、外部との交換可能な資産としてより高まる。市場規模は年間平均成長率8.4%で成長し、2021年に3,419億800万円に達すると予測

2017年6月20日IDC★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国内第3のプラットフォーム市場 産業分野 企業規模別予測

国内第3のプラットフォーム市場 産業分野 企業規模別予測を発表 2017年の国内第3のプラットフォーム市場は、13兆2,126億円、前年比成長率は6.1%を予測 消費者市場の成長は鈍化し、企業分野と公的分野の第3のプラットフォーム支出が拡大する 金融、製造、小売、運輸/運輸サービス、公共/公益分野、官公庁において堅調に拡大 金融の「Fin Tech」のサービス化や製造業のIoT実装の本格化、小売や運輸業における人手不足を補うための第3のプラットフォーム活用が同市場を牽引する SMB(Sma

2017年6月18日IDC★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内企業向けネットワーク機器市場動向

国内企業向けネットワーク機器市場動向を発表 2016年の国内企業向けネットワーク機器市場は4.6%減。市場規模は2,053億円。 シスコシステムズが3つの製品分野すべてで2016年も首位。市場全体の2位、3位はアライドテレシス、ヤマハで、前年の混戦状態から一歩抜け出す。 企業向けネットワーク機器市場の2016年~2021年の年間平均成長率は、マイナス0.2%と予測。大きな成長は見込めないが安定した市場。 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京

2017年6月16日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内セキュリティ市場規模予測

2016年のセキュリティ製品市場規模は前年比5.1%増の2,839億円。2016年~2021年のCAGR(年間平均成長率)は4.1%で、2021年には3,477億円と予測 2016年のセキュリティサービス市場規模は7,190億円、前年比成長率5.1%。2016年~2021年のCAGRは5.6%で、2021年には9,434億円と予測 脅威インテリジェンスのデータフィードサービスや脅威インテリジェンス共有基盤の製品、サービスの提供を推進することが必要 IT専門調査会社 ID

2017年6月14日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内産業分野別 企業規模別 IT支出動向および予測

国内産業分野別 企業規模別 IT支出動向および予測を発表 2017年の国内IT市場は、スマートフォンなどにおいて需要拡大が見込まれることから、支出規模は14兆9,891億円で、前年比成長率2.0%とプラス成長を予測。2019年まで堅調な推移を見込む。 2017年はほとんどの産業分野でプラス成長を予測。小売、情報サービス、運輸/運輸サービスでは、2%台後半の比較的高い成長率を見込む。 中長期的に国内IT市場を拡大させるためには、ユーザー企業の経営課題解決を支援するソリューションを積極的に提案

2017年6月13日IDCフィードバック数:0モバイル

2017年第1四半期 国内携帯電話・スマートフォン市場実績値

2017年第1四半期 国内携帯電話・スマートフォン市場実績値を発表 2017年第1四半期 国内携帯電話出荷台数 前年同期比9.0%増、879万台 国内スマートフォン出荷台数 同比30.1%増、851万台 iPhone出荷台数が同比6.3%増で426万台、SIMフリー端末は依然少数 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4762)は、国内携帯電話、およびスマー

2017年6月12日IDCフィードバック数:0デジタル家電

2017年第1四半期 国内タブレット端末市場実績値

2017年第1四半期 国内タブレット端末市場実績値を発表 2017年第1四半期 国内タブレット市場出荷台数は前年同期比3.0%増の222万台 家庭市場向け出荷台数は前年同期比9.7%増、ビジネス市場向けは15.2%減 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内タブレット市場における2017年第1四半期(1~3月)の出荷台数実績値を発表しました。201

2017年6月6日IDC★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション(UC&C)市場予測

国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション(UC&C)市場予測を発表 2016年 国内UC&C市場規模は、前年比成長率2.9%増、2,502億円9,400万円。企業音声インフラのリプレイス需要は一巡、コラボレーションのクラウド移行が活発 2017年以降はクラウド型コラボレーション/Web会議サービスなどの成長により、2016年~2021年の年間平均成長率は2.4%、2021年市場規模は 2,818億1,500万円と予測 ITサプライヤーは、UC&C機能のクラウド提供を一層推進し、

2017年6月1日IDCフィードバック数:0ビジネス

国内EA(Enterprise Applications)ソフトウェア市場予測

国内EA(Enterprise Applications)ソフトウェア市場予測を発表 2016年 国内EAソフトウェア市場規模は、前年比成長率2.3%、4,916億円7,200万円 2016年~2021年の年間平均成長率は4.0%、2021年の市場規模は5,993億8100万円と予測 今後はインテリジェントERPが、働き方改革の中心施策として、継続的に市場を牽引する IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締

2017年5月30日IDCフィードバック数:0マーケティング

国内コンサルティングサービス市場予測

~「デジタル」が全てのビジネス領域に浸透~ 国内コンサルティングサービス市場予測を発表 国内コンサルティングサービス市場は2016年~2021年の年間平均成長率 3.9%で成長し、2016年の6,792億円から、2021年には8,238億円に 国内ビジネスコンサルティング市場は2016年に前年比7.0%増の3,625億円に拡大 企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)支援がビジネス課題の全領域に浸透。「デジタル関連」コンサルティング市場は2016年に前年比40.3%増の1,200億

2017年5月17日IDC★★フィードバック数:0マーケティング

国内ビッグデータインフラストラクチャ技術動向分析

~ 新たなテクノロジーの理解がデジタルトランスフォーメーション実現への近道 ~国内ビッグデータインフラストラクチャ技術動向分析結果を発表 ユーザー企業は、ビッグデータインフラストラクチャ選定においてリスク回避を優先してきた 一方、特定用途に最適化したビッグデータインフラストラクチャのテクノロジーは増加傾向 ユーザー企業にとって、ビッグデータインフラストラクチャにおける新たなテクノロジーの理解は、DXエコノミーのリーダーになるかフォロワーになるかの分水嶺になる IT

2017年5月16日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内データセンター建設投資予測

2017年 国内事業者データセンターの新設/増設投資は799億円、前年比47.3%減の見込み。投資増減サイクルの減少期にあたるため 2018年は、東京都内や大阪府内を中心に大規模センターが新設されることから増加に転じる。新設/増設投資は1,288億円に 建設価格は緩やかに低下。データセンター建設投資に追い風となる IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内

2017年5月15日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内エンタープライズインフラ市場 ユーザー動向調査

~ ITのケイパビリティに対する認識ギャップがDXを阻害 ~国内エンタープライズインフラ市場 ユーザー動向調査結果を発表 成熟市場である国内においてデジタルトランスフォーメーション(DX)による変革を目指す必要があるとの認識が広まっている 経営課題の解決手段として、経営層と情報システム部門の間にITのケイパビリティに対する認識ギャップが存在 延命してきた基幹業務システムを、業務プロセスやビジネスロジックを見直した上で、 ITインフラの更新時、抜本的に見直したいとの意向が強い

2017年5月5日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2017年 国内企業の情報セキュリティ対策実態調査

2017年 国内企業の情報セキュリティ対策実態調査結果を発表  2017年度の情報セキュリティ投資は2016年度に続き増加傾向。投資を増やす企業では、アイデンティティ/アクセス管理を投資重点項目に上げる企業が多い  外部脅威対策の導入は進んでいるが内部脅威対策の導入は遅れている。一方、クラウド環境では内部脅威対策であるアイデンティティ/アクセス管理の導入が進んでいる  重大なセキュリティ被害に遭った企業が増加し、さらに復旧や賠償金などにかかった費用も増えた。また、ランサムウェア被害に遭った

2017年4月23日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内IT市場 LOB支出の産業分野別 企業規模別動向分析

国内IT市場 LOB支出の産業分野別 企業規模別動向分析結果を発表 2017年の国内IT市場におけるLOB(事業部門:Line of Business)によるIT支出は3兆7,697億円で、2015年~2020年の年間平均成長率は3.1%と予測 国内IT市場全体に占めるLOB支出は3割強で推移、IT部門支出の成長率を上回ると予測 LOB支出の割合が高い産業は製造、小売、情報サービス、建設/土木 国内企業では、マーケティングなど、LOBのIT支出が進む業務領域がある一方で、IT部門が標準化を

2017年4月20日IDCフィードバック数:0ビジネス

国内BPOサービス市場予測

2016年の国内BPOサービス市場規模は前年比4.9%増の7,017億円 2016年~2021年の年間平均成長率は3.7%、2021年市場規模は8,427億円と予測 デジタルトランスフォーメーションによる業務内容の変化への対応、潜在的人材の発掘、テクノロジーによる武装が重要 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内ビジネスプロセスアウトソーシング(BPO

2017年4月19日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内EAソリューション市場 ユーザーニーズ動向調査

~ 基幹系システムデータのビジネス活用、PaaSニーズが拡大 ~国内EAソリューション市場 ユーザーニーズ動向調査結果を発表 「企業のグローバル展開」「データの活用」がEAソリューション市場の重要な成長要因 2017年以降の製品導入ではIaaS/SaaS に加え、システム連携とデータ活用でPaaS需要が上昇 製造業のデジタル化は、生産情報やルールのデジタル化から、IoTなど多様なIT活用で設計と製造のコラボレーションへと今後数年かけて高度化を図る IT専門調査会社

2017年4月12日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内IoT市場 テクノロジー別予測

国内IoT市場の、ソフトウェア/サービス向け支出の割合は2021年に62%に達する 国内企業の多くがデジタルビジネス売上を成長させるべく、IoTに関連するクラウドプラットフォーム、アナリティクス、導入/運用サービスなどに対する支出を拡大しつつある IoTに関わるROIの算定やセキュリティ対策を事前に予測することは困難。企業の経営者は本番環境でIoT運用する中でそれらを徐々に見極めていく「アジャイル的」な思想が必須に IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地

2017年4月12日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内デジタルトランスフォーメーション(DX)成熟度に関するユーザー調査

国内デジタルトランスフォーメーション(DX)成熟度に関するユーザー調査結果を発表  国内ユーザー企業のDXに向けた取り組みは、前年調査に比べて成熟度が向上  しかしながら、多くの企業では、短期的かつ従来のビジネスの効率化が中心  革新的な製品やサービスの創出に向けた顧客エクスペリエンスの強化とエコシステムへの拡大が不可欠 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-47

2017年4月12日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

国内IoT向けITサービス市場予測

国内IoT向けITサービス市場支出額は2016年に急拡大。前年比96.9%増、548億円 同市場は2016年~2021年の年間平均成長率64.8%で成長、2021年には6,670億円に IoT向けサービス事業者は、IoTの価値を最大化するための部門/企業/産業間を横断したデータ活用において、その連携を支援し「バリューチェーンをつなぐ」役割が重要になる IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役:竹内正人、Tel代

2017年4月11日IDCフィードバック数:0企業情報システム

SDNおよびNFVに関する国内市場予測

いずれの領域でも顕著な進展を見せた2016年の国内SDN市場は、355億円規模に成長 ベストプラクティスを得つつあるデータセンターSDN市場は、2021年にかけて年間平均成長率30.2%で成長し、2021年には777億円に 運用管理体制の整備や処理能力の不足といったNFV導入の課題克服には、通信事業者とベンダー双方の積極的な働きかけが必須 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3

2017年4月10日IDCフィードバック数:0ビジネス

世界プリンター/複合機市場 2016年第4四半期および2016年通年実績

世界プリンター/複合機市場 2016年第4四半期および2016年通年実績を発表 2016年第4四半期の総出荷台数は前年同期比0.6%増、2,776万台 同四半期は、インクジェット市場、レーザー市場共に堅調 2016年通年の総出荷台数は、前年比4.1%減、9,903万台 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2016年第4四半期(10月~12月)および

2017年4月10日IDCフィードバック数:0ビジネス

世界大判プリンター市場 2016年の実績

2016年の世界LFP市場は、出荷台数、出荷額ともに前年比4%増 UV硬化型インクジェットプリンターの出荷台数は、前年比15%増 出荷台数シェア第1位はHP Inc.。Canon Group、Seiko Epson、Roland DG、Mimaki Engineeringが続く IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2016年の世界LFP(Large Fo

2017年4月9日IDCフィードバック数:0ビジネス

2016年 国内レーザーMFP/プリンター市場動向

2016年 国内レーザーMFP/プリンター市場動向を発表 レーザー全体の2016年の総出荷台数は、143万8,000台。前年比6.5%減 レーザーMFPの出荷台数は、72万2,000台。前年比2.1%減 レーザープリンターの出荷台数は、71万6,000台。前年比10.4%減 ベンダー別シェアでは第1位キヤノン、第2位リコー、第3位富士ゼロックス IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役:竹内正人、Tel代

2017年4月9日IDCフィードバック数:0ビジネス

2016年 国内インクジェットプリンター/MFP市場動向

2016年 国内インクジェットプリンター/MFP市場動向を発表 2016年のインクジェット製品の総出荷台数は前年比10.0%減の443万台 コンシューマー向け製品の不振が大きく影響 ベンダー別シェア第1位はセイコーエプソン。第2位はキヤノン、第3位にブラザー工業が続く IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内インクジェットプリンターおよびMFP市場

2017年4月7日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2016年 国内サーバー市場動向

2016年の国内サーバー市場規模は、前年比12.8%減の4,421億円 メインフレームとその他のサーバーの出荷額が2桁のマイナス成長、前年の大型案件の反動と更新需要の一巡が背景 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2016年通年の国内サーバー市場動向を発表しました。2016年の国内サーバー市場規模は4,421億円で、前年から12.8%減少しました(図1)

2017年3月27日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内ファイル/オブジェクトストレージ市場予測

国内ファイル/オブジェクトストレージ市場予測を発表 2020年の国内ファイル/オブジェクトストレージ市場は1,422億9,600万円、2015年~2020年の年間平均成長率は10.7%と予測 2016年の国内ファイル/オブジェクトストレージ市場の前年比成長率は2.6%、スケールアウトソリューションへのシフトが進む データの急速な増加とデータ活用の重要性の高まりを背景に、拡張性や運用管理の効率性への評価が高まる。データ活用基盤としての将来像を提示した展開が重要となる

2017年3月24日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内外付型エンタープライズストレージ市場 2016年第4四半期および2016年通年実績

国内外付型エンタープライズストレージ市場 2016年第4四半期および2016年通年実績を発表 2016年の国内外付型エンタープライズストレージシステム支出額は1,830億5,000万円で前年比8.9%減 オールフラッシュアレイは168億5,900万円で同84.3%増 テクノロジーの変化をビジネス機会に生かす能力がシェアに影響する IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-355

2017年3月23日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内データセンター延床面積予測

国内事業者データセンター延床面積は2016年末時点で203万3,540平方メートル。2021年末には220万319平方メートルに達する見込み クラウドサービス向け大規模データセンターの増設が成長要因 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内事業者データセンター(DC)の延床面積を発表しました。これは、ITベンダー、ITサービス事業者、通信事業者、クラウド

2017年3月22日IDCフィードバック数:0デジタル家電

2016年第4四半期および2016年 世界ウェアラブルデバイス市場規模

2016年第4四半期および2016年 世界ウェアラブルデバイス市場規模を発表 2016年第4四半期のウェアラブルデバイス出荷台数は前年同期比16.9%増の3,390万台 2016年通年の出荷台数は前年比25%増の1億240万台 フィットネス・ヘルスケア分野にフォーカスすることで、プロダクトの再定義が進む IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2016

2017年3月14日IDC★フィードバック数:0デジタル家電

2016年第4四半期および2016年 国内タブレット市場実績値

2016年第4四半期および2016年 国内タブレット市場実績値を発表 2016年第4四半期の国内タブレット市場出荷台数は前年同期比10.1%減の199万台 2016年のデタッチャブルタブレット出荷台数は、前年比24.3%増の160万台 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2016年第4四半期(10月~12月)および2016年通年の国内タブレット市場

2017年3月14日IDC★★フィードバック数:0デジタル家電

世界AR/VR関連市場予測

世界AR/VR関連市場は、2020年には2016年の20倍以上に拡大 多くの利用分野で年間平均成長率が100%を大きく超えると予測 コンシューマー向け市場が全体をけん引するが、小売業や製造業での利用も期待される IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、世界のAR(Augmented Reality:拡張現実)/VR(Virtual Reality:仮想現実)

2017年3月11日IDC★フィードバック数:0ビジネス

国内企業PCのWindows 10への切り替え計画分析

~ 2020年のWindows 7の延長サポート終了に警鐘を鳴らす ~国内企業PCのWindows 10への切り替え計画分析結果を発表 Windows XP延長サポート終了1年前のWindows XP搭載PCの残存率は、全企業PCのうち29.3%であった Windows 7延長サポート終了1年前の2019年におけるWindows 7 PCの残存率は34.6%と推計 Windows 10への移行を早めに推進することで、Windows 7サポート終了直前のPC需要の急増を軽減し、需要の平準化を

2017年2月28日IDCフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2016年 国内トラディショナルPC市場実績値

2016年 国内トラディショナルPC市場実績値を発表 2016年 国内PC出荷台数は、前年比0.1%増、1,056万台 ビジネス市場は前年比5.6%増、637万台。家庭市場は前年比7.3%減、418万台 2016年第4四半期のPC出荷台数は、前年同期比5.7%増、259万台 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内における2016年第4四半期(10

2017年2月27日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内Software-Defined Storage市場予測

2020年の国内Software-Defined Storage市場は758億円、2015年~2020年の年間平均成長率は31.1%と予測 2016年の国内Software-Defined Storage市場は前年比成長率39.8%と高成長 ストレージの調達コストや運用管理コストの削減ニーズに応えるソリューションとして国内市場に普及 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556

2017年2月24日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内IoT市場 ユースケース(用途)別/産業分野別予測

国内IoT市場 ユースケース(用途)別/産業分野別予測を発表 国内IoT市場は2021年まで年間平均成長率17.0%で成長、市場規模は11兆円に達する 高い成長性が期待されるユースケースは、農業フィールド監視、小売店舗内個別リコメンデーション、院内クリニカルケア、スマートグリッド、テレマティクス保険、ホームオートメーション、スマートアプライアンス 2020年以降もベンダーがIoTビジネスを継続的に成長させるためには、新たなユースケースの立ち上げに向けて、産業分野の開拓や新興企業との提携を進

2017年2月19日IDCフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

世界ロボティクス関連市場 2017年以降の10大予測

世界ロボティクス関連市場 2017年以降の10大予測を発表 ロボティクス導入サポート市場へ多くの企業が新規参入する インテリジェントRoboNetによりロボット運用効率が飛躍的に向上する eコマース企業のロボット活用が本格化する IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、世界ロボティクス関連市場の2017年~2020年の進展を特徴付ける要素や企業の動きな

2017年2月15日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内産業用ネットワーク機器市場動向に関する分析結果

国内産業用ネットワーク機器市場動向に関する分析結果を発表 産業用IoT(Internet of Things)への注目と共に、基盤である産業用ネットワーク機器に対する需要も増加 産業用ネットワーク機器は、1.5倍から2倍でビジネスが拡大している成長領域 すでに実績のあるITネットワークの技術を活用して、産業用ネットワークの高度化、効率化を進めるべき IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Te

2017年2月13日IDC★★フィードバック数:0大型消費/投資

国内金融IT市場予測 ~ FinTech活用に向けたIT支出が急拡大 ~

~ FinTech活用に向けたIT支出が急拡大 ~国内金融IT市場予測を発表 2017年の国内金融IT市場(銀行、保険、証券/その他金融の国内IT支出)は2兆517億円、前年比成長率は1.1%とプラス成長を予測。特にメガバンク、カードなどで堅調 国内金融機関の「FinTech」関連IT支出は、2017年の110億円から2020年には338億円に拡大 2017年以降、国内金融機関での「FinTech」活用が本格化。ITベンダーによるスタートアップ企業と金融機関との連携支援が更に重要になる

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
 

お知らせ