「LABOT」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年9月28日LABOTフィードバック数:0キャリアとスキル

【コロナ禍の学生生活に関するアンケート】約6割の学生が学びの習熟度に満足していない状況下、学生の2人に1人以上が、休学を考えた経験あり!

【コロナ禍の学生生活に関するアンケート】約6割の学生が学びの習熟度に満足していない状況下、学生の2人に1人以上が、休学を考えた経験あり! 7割以上の学生が経済的な打撃を受けているなか、98%と全員に近い学生が、学外でスキルを身につける必要性を感じていた。 プログラミング学習サービス「CODEGYM」を運営する株式会社LABOT(東京都渋谷区、代表取締役 鶴田 浩之)は、コロナ禍の学生生活に関するアンケートを実施いたしました。【調査人数】200人【調査期間】2021年9月8日(水)〜2021年9月

2021年5月6日LABOTフィードバック数:0ライフスタイル

コロナ禍の大学生238人に調査。オンライン授業について「不満」57.6%、「学費が高い」73.3%、「孤独を感じた」76.7%と回答

コロナ禍の大学生238人に調査。オンライン授業について「不満」57.6%、「学費が高い」73.3%、「孤独を感じた」76.7%と回答。また経済的な影響があった学生が 83.5%、10人に1人は「困窮」 一度でも休学を考えた事がある学生は、全体の 60.3% に コロナ禍による、オンライン授業・留学のキャンセル、経済的事情による中途退学を余儀なくされた方への支援活動として、学びや進路に影響を及ぼされている大学生・高校生に対し、無償のプログラミング講座を提供する「CODEGYM Academy」(主

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お知らせ