「PayPal」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年12月9日PayPalフィードバック数:0ビジネス

「ペイパル 中小企業によるEコマース活用実態調査」を発表

「ペイパル 中小企業によるEコマース活用実態調査」を発表~日本におけるECの現状と未来~ 消費者による行動の変化や、越境ECへの意欲が明らかに グローバルなオンライン決済サービスのプラットフォームおよびテクノロジーリーダーであるペイパル(PayPal Pte. Ltd. 本社:シンガポール、東京支店 日本事業統括責任者:ピーター・ケネバン、以下「ペイパル」)は、「ペイパル 中小企業によるEコマース活用実態調査」の結果を発表しました。本調査では、新型コロナウイルス感染症の世界的な感染拡大(パンデミ

2021年6月28日PayPal★フィードバック数:0ビジネス

「2021年ペイパル海外通販レポート」を発表

2020年は、コロナ禍により世界中でEコマースの売上高が急増 日本でもオンラインショッピングの利用者やデジタルウォレットの利用が増加 グローバルなオンライン決済サービスのプラットフォームおよびテクノロジーリーダーであるペイパル(PayPal Pte. Ltd. 本社:シンガポール、東京支店 日本事業統括責任者:ピーター・ケネバン、以下「ペイパル」)は、世界の13の市場(日本、中国、香港、シンガポール、インド、オーストラリア、米国、英国、フランス、ドイツ、ロシア、メキシコ、ブラジル)で実施したグロ

2017年3月29日PayPal★フィードバック数:0マーケティング

越境ECグローバル調査 2016

ペイパルによる越境 EC グローバル調査 2016 主要32ヶ国のEC市場は約160兆円、日本はアメリカ、中国に次いで3位 PayPal Pte. Ltd.(本社:シンガポール、東京支店カントリーマネージャー:曽根 崇、以下「ペイパル」)は、ペイパルと調査会社イプソスによる越境 EC グローバル調査のレポートを公開しました。この調査は、オンラインショッピングおよび越境 EC に関する消費者の行動と意識について、日本を含む世界 32か国の 約28,000 人の消費者を対象に実施されました。EC市場

2015年12月2日PayPal★フィードバック数:0マーケティング

越境ECグローバル調査2015

を素敵に演出ペイパルでプレゼントをおトクに購入し、 大切な人を笑顔にしましょう。今すぐショッピングできるを、もっと。オンラインでのお買い物も、友達とのお金のやりとりも、ビジネス上の決済も、これからはスマホひとつでいつでもできる。 さあ、あなたもペイパルを手に入れよう。お金の可能性は、ここから広がる。いろいろな“できる”を、ペイパルならスマホひとつで。オンラインショッピングで ペイパルをご利用の方ビジネスでクレジットカードや 銀行決済を受け付けたい方PayPal Pte. Ltd. はシンガポール

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お知らせ