「WACUL」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2020年8月13日WACUL★フィードバック数:0大型消費/投資

「AIアナリスト」で見る「GoToTravelキャンペーンの影響」

「AIアナリスト」で見る「GoToTravelキャンペーンの影響」。追い風は観光業を昨年水準まで戻すことができたのか?【WACUL調査】 デジタルマーケティングのPDCAツール「AIアナリスト」を中心としたDX(デジタルトランスフォーメーション)プラットフォームを提供する株式会社WACUL(読み:ワカル、代表取締役CEO:大淵 亮平、以下当社)の社内研究所であるWACULテクノロジー&マーケティングが、GoToキャンペーンがデジタルマーケティングの観点でどこまで影響を与えたのかをまとめたレポー

2020年8月11日WACUL★★フィードバック数:0マーケティング

B2Bサービスサイト・ECにおけるユーザー行動調査

Webサイトは流し読みされる。B2Bサービスサイト・ECにおけるユーザー行動調査調査に至った背景丹精込めて作ったWebサイトは本当に見られているのか?自社のWebサイトとなるとテキストやデザインの細部にまでこだわって作り込んでしまいがちだが、はたして丹精込めて作ったWebサイトは訪問者にどれほど見られているのだろうか。肝心なCV獲得に寄与しているのだろうか。今回は、株式会社WACULの提供するアクセス解析ツール「AIアナリスト」に蓄積されたGoogleアナリティクスのデータを用いて、CV獲得を目

2020年5月21日WACULフィードバック数:0社会/政治

「AIアナリスト」のデータから見る「コロナショックの影響」第1弾

「AIアナリスト」のデータから見る「コロナショックの影響」第1弾 追い風をうけた業界・向かい風の中の業界、100サイト緊急調査!訪問数が前年比10倍も1. 緊急事態宣言は1ヶ月程度延長。コロナショックの風は業界別に二極化安倍晋三首相は4月7日、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく初の「緊急事態宣言」を発令した。その最初の期限は5月6日までの1ヶ月間というものであった。しかし、新型コロナウイルス(以下、コロナ)の新規の感染者数は減少の傾向にあるものの、累積の感染者数は依然増え続けており、

2020年5月14日WACULフィードバック数:0マーケティング

ECのCVR改善に寄与する特集ページのベストプラクティス研究

ECのCVR改善に寄与する特集ページのベストプラクティス研究調査に至った背景効果検証されてこなかった特集ページのノウハウを明らかに右肩上がりに成長を続ける日本国内のEC市場。先日公開した研究レポート「ECの競争激化とSEO依存の限界への提言」では、アパレル業界を例に特集ページがECのCVR改善に有効であることを提言した。しかしながら特集ページは「季節ごとのルーティン」「売れ残った商品の在庫処分の手段」として取り組まれることが多く、どのようなコンテンツがよりCVR改善に寄与するのか、十分な効果検証

2020年4月9日WACUL★フィードバック数:0ライフスタイル

地銀64行のカードローンLPの評価

地銀64行のカードローンLPの評価を行い、ランキングを発表。最も高い点数をつけたのは百五銀行。その後は、秋田銀行、八十二銀行と続く2020-04-09 デジタルマーケティングのPDCAツール「AIアナリスト」を中心としたDX(デジタルトランスフォーメーション)プラットフォームを提供する株式会社WACUL(読み:ワカル、代表取締役CEO:大淵 亮平、以下当社)は、地銀64行のカードローンLPの評価を行い、ランキングを発表いたしました。銀行カードローンのランディングページ(LP)の勝ちパターンから各

2019年4月1日WACUL★★フィードバック数:0マーケティング

SaaSを扱うB2Bサイトにおける事例紹介ページの改善策の提言

SaaSを扱うB2Bサイトにおける事例紹介ページの改善策の提言B2B SaaSサービスを提供する企業における事例紹介ページのCVRを最大化する手法に関する調査—調査に至る前提B2B企業におけるウェブサイト設計は見込み客獲得のために重要性が高いウェブサイト設計はB2Bサイトであっても重要である。なぜならば、ウェブサイトにおける資料請求や問い合わせデータを通じて、自社サービスに対して関心の高い潜在顧客からのリードを獲得でき、結果的に営業工数の削減や、コスト削減につながるからである。特に、営業人員が多

2017年10月18日WACUL★フィードバック数:0マーケティング

Webサイトのレスポンシブ対応比率は50%

Webサイト制作・運営の現場調査「第3回レスポンシブ対応」を実施株式会社WACULは、「AIアナリスト」利用企業さまへの独自アンケートと登録データの抽出を行い「Webサイト制作・運営の現場調査」を実施、Webサイトにまつわる様々なデータを定点報告しています。第3回は、Webサイトのレスポンシブ比率の調査を行いました。Webサイトのレスポンシブ対応比率は50%本調査では、「AIアナリスト」に登録されているWebサイトの運営担当者にランダムにアンケートを実施。サイトの仕様をレスポンシブにしているかの

2017年10月15日WACUL★フィードバック数:0マーケティング

Webサイト制作・運営の現場調査「第2回Googleアナリティクスの目標設定」

Webサイト制作・運営の現場調査「第2回Googleアナリティクスの目標設定」を実施株式会社WACULは、「AIアナリスト」利用企業さまへの独自アンケートと登録データの抽出を行い「Webサイト制作・運営の現場調査」を実施、Webサイトにまつわる様々なデータを定点報告しています。第2回は、アクセス解析ツールGoogleアナリティクス上での目標設定の有無について調査を行いました。約4割がGoogleアナリティクスで目標未設定との結果に本調査では1万サイトを越えるWebサイトを対象に、Googleアナ

2017年10月3日WACUL★フィードバック数:0マーケティング

Webサイト制作・運営の現場調査「第1回Webサイト制作」

Webサイト制作・運営の現場調査「第1回Webサイト制作」を実施株式会社WACULは、「AIアナリスト」利用企業さまへの独自アンケートと登録データの抽出を行い「Webサイト制作・運営の現場調査」を実施、Webサイトにまつわる様々なデータを定点報告していきます。第1回は、自社のWebサイトの制作の内製・外注比率調査を行いました。内製・外注の比率は同程度本調査では、「AIアナリスト」に登録されているWebサイトの運営担当者にランダムにアンケートを実施。サイトの制作を内製、外注、一部外注にしている企業

2017年1月19日WACUL★フィードバック数:0マーケティング

企業がデジタルマーケティングで注力しているデバイスを調査

人材関連企業は6割がスマホに注力、ECではPCとスマホが拮抗2017-01-13 企業がデジタルマーケティングで注力しているデバイスを調査スマートフォンからのインターネット利用が進む中、「AIアナリスト」を利用する企業がデジタルマーケティングにおいて、PC・スマホサイトのどちらに注力しているか(※)を業界ごとに調査しましたので、その一部をご報告します。8業界に分けて調査を実施 本調査では、「AIアナリスト」で登録されているWebサイトを、BtoB/金融/情報エンタメ/人材/教育/レジャー/生活サ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

お知らせ