調査のチカラ TOP > 特集一覧 > あれから1年:東日本大震災の調査特集

あれから1年:東日本大震災の調査特集

東日本大震災によって、人々の生活や意識は大きく変わりました。たとえば調査会社にお勤めの方も、自分に何ができるのか、今なにを調査すべきなのか、思い悩まれたのではないかと思います。そうした方々の出されたアウトプットが、これからの社会を良くしていくために活用されれば「調査のチカラ」としても幸いです。

【X、Y、Z世代別】生命保険に関する意識調査

...医療保険でも不妊治療の適用を望む人は約8割!~ 【1/31生命保険の日】コロナ禍の生命保険の実態とは?生命保険に関する意識調査 【東日本大震災から10年】防災対策に関する実態調査 新型コロナウイルスの影響で防災意識に変化があった人は約4割 ~被災経験者の5人に1人が保険への加入を重要視~ 【ニューノーマル時代の家計調査を実施】コロナ禍での世帯収入増加の理由1位は「転職」、世帯収入減少の理由1位「給料減額」2位「ボーナスカット」 ■当サイトの掲載情報と掲載商品・サービスについて株式会社エイチームフィナジーは「世の...

2022年3月4日NEXERフィードバック数:0ライフスタイル

【犬猫のマイクロチップ義務化】55.9%の飼い主が「装着させたくない」

...の機器をかざして番号を読み取ると飼い主の氏名や連絡先などの情報を閲覧することができます。これによって、迷子になってしまった際や震災で離れてしまった際に飼い主を判別しやすくなります。また、安易な遺棄の防止にも繋がると期待されています。義務付けられるのはブリーダーやペットショップの犬猫で、すでに飼っている犬・猫へのマイクロチップ装着については努力義務とのことですが、皆さんはどのように考えているのでしょうか?今回は、全国の男女計2,000名を対象に「犬猫のマイクロチップ装着義務化に関するアンケート」についてアンケートを実施しました。「犬猫のマイクロチップ装着義務化に関するアンケート」調査...

2022年1月28日ピースマインドフィードバック数:0キャリアとスキル

日本ではたらく外国人社員の従業員支援プログラム相談傾向分析調査2021

...的な情勢においては、刻一刻と情報が変わり、かつ、滞在国の対応と異なる場合が生じます。言語コミュニケーションの観点からは、このような情勢の把握の難しさも加わり、本国と滞在国の情報や対策の相違等が生じやすい環境になります。例えば、東日本大震災時においては、滞在国である日本と異なる情報のもと、各国から退避勧告が示され、本国へ退避を求める在日外国人が成田空港に殺到し、空港が一時パニックに陥る事態になりました。こうしたことから、外国人社員にとって、非常時下では適切な情報的サポートが必要不可欠でしょう。さらに、不測...

2021年9月8日ポケットマルシェフィードバック数:0社会/政治

【産直アプリを通じた関係人口創出に関する調査】5,600名への調査、生産者と仲の良いユーザの約7割が地域を訪れたいと回答

...人口の考案者である当社代表 高橋博之のコメント】都会から遠く離れた地域にも関わりを持ち続けようと主体的・能動的に動く都市住民たちは、常に自分にできる役割を探している。つまり、観客席からお節介にも“関わりしろ”のある地方のグラウンドに降りようとしているのだ。東日本大震災の被災地に駆けつけたボランティアがまさにそうだった。このような人たちを、私は「関係人口」と名付け、社会に提唱してきた。この「関係人口」を第二住民としていかに地方のまちづくりに参加させていくことができるか。たとえ人口が量的に減っても、各年...

2021年9月1日日本テトラパックフィードバック数:0ライフスタイル

500人の働くママに聞いた 【日常の食材購入と収納】に関する意識調査

...もをもつ働く母親を対象として、日常の食材購入と収納に関する意識調査を実施しました。日本は、地震や台風など自然災害が多い国の一つです。今年の3月には、東日本を襲った東日本大震災から10年の節目を迎えました。「防災の日」は日ごろからの備えを見直す良いきっかけになっているのではないでしょうか。本調査では、自宅での防災対策として飲み物や食べ物を準備しているか伺ったところ、日ごろから飲食料品を備えているママたちは2人に1人という結果がわかりました。また、日ご...

2021年9月1日ユニクロフィードバック数:0ライフスタイル

災害時の避難のため「服の備え」を行っている人はわずか14.7%

...ングラデシュで発生したサイクロンの被災地への緊急支援2008年5月四川大地震への緊急支援2008年5月ミャンマーサイクロン「ナルギス」への緊急支援2009年9月スマトラ沖地震・フィリピン台風・西サモア地震被災地への緊急支援2010年1月ハイチ大地震への緊急支援2011年~2014年 東日本大震災復興支援活動2011年3月東日本大震災への緊急支援2011年9月ソマリア飢餓への支援2011年11月タイで発生した洪水被害への緊急支援2012年8月フィリピン大雨被害への緊急支援2012年12月米国東部ハリケーン「サンディ」被害への緊急支援2013年4月中...

2021年4月2日日経リサーチ★★フィードバック数:0マーケティング

10年間のブランド成長力をランキング 新開発「BG指数」で作成

...ソンやアイリスオーヤマといった生活者視点で商品開発を続ける企業が目に付く結果となりました。2011年は東日本大震災という未曽有の大災害が発生、2020年は新型コロナ禍で生活様式や消費行動が大きく様変わりしました。この間、通信手段の主流となったスマホを中心に、各種メディアのデジタル化やキャッシュレス化、EC市場の拡大などが進み、企業のコミュニケーション手段も変化しました。また、生活者の間では「安心・安全」「健康」「清潔」を志向する意識がかつてない高まりを見せました。BG指数を使うことで、どんなブランドが時代の変化をとらえて成長してきたか把握でき、ブランド力を高めるヒントがつかめます。ブラ...

災害発生時に求められる”住民の共助力”に関する実態調査

...地域の助け合う力の実態を調査(1都4県) 災害時、近所の知人を「助けに行く」と回答した人約25% 共助力のある街TOP3は「西登戸」「大磯」「駒沢大学」「三崎口」 東日本大震災から10年 住宅性能は進化、防災グッズも充実…しかし、地域コミュニティの課題が浮き彫りに 株式会社リクルート住まいカンパニー(本社:東京都港区 代表取締役社長:淺野 健)は、株式会社百年防災社監修のもと災害発生時に求められる”住民の共助力”に関する実態調査を実施しました。本リリースでは、1都4県(東京都、神奈川県、埼玉...

2021年3月10日auじぶん銀行フィードバック数:0ライフスタイル

東日本大震災から10年、災害の備えに関する調査

...東日本大震災から10年、災害の備えに関する調査 6割以上が災害時の備えをあまりしていない 有事の際、持ち出す貴重品1位「携帯電話(スマートフォン)」 ~最も不安な災害1位「地震」。防災グッズの意外な活用法や、ここ1年で危機意識が変化したエピソードも~auじぶん銀行株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:臼井 朋貴、以下 auじぶん銀行)は、全国のビジネスパーソン男女500名を対象に「有事(災害時)の備え」に関するウェブアンケートを実施しました。その調査結果を発表します。 ■調査概要・調査...

東日本大震災から10年目を迎える2021年ー岩手・宮城・福島の被災経験者1,000人に防災グッズに関する意識調査を実施

...東日本大震災から10年目を迎える2021年ー岩手・宮城・福島の被災経験者1,000人に防災グッズに関する意識調査を実施 明日、災害が起きたら?3.11から10年が経った今、災害への備えを見直そう 新型コロナウイルス感染症が世界中で流行している中、人々は新しい生活様式を求められ、目に見えないウイルスを前に、日ごろの衛生管理に追われる生活を送っているのではないでしょうか。そんな中迎える、2021年3月11日は、東日本大震災からちょうど10年となります。マウスウォッシュの「リステリン®」や、絆創...

2021年2月24日ポケットマルシェフィードバック数:0社会/政治

震災から10年、生産者の災害対策に関する調査

...NEWS 【震災から10年、生産者の災害対策に関する調査】 生産者の9割が災害対策として「消費者との関係性構築」を重視、 5割が災害時に消費者に助けられたと回答、生産者同士の共助も4割〜平時からの消費者との関係性が、現地ボランティアや応援消費などレジリエンス強化に繋がる〜 生産者と消費者をつなぐ国内最大級の産直アプリ「ポケットマルシェ」を運営する株式会社ポケットマルシェ(本社:岩手県花巻市、代表取締役:高橋 博之、以下「当社」)は、東日本大震災の発生からまもなく10年を迎えるにあたり、全国...

2021年2月17日トラストバンクフィードバック数:0社会/政治

「ふるさと納税の災害支援に関する意識調査」結果を発表

...トラストバンク、「ふるさと納税の災害支援に関する意識調査」結果を発表◇約6割が「知っている」、うち5人に1人が「寄付したことがある」 ~ 広がる災害支援、2011年東日本大震災で初めて寄付した人が最多の2割 ~ ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」を運営する株式会社トラストバンク(本社:東京都渋谷区、代表取締役:川村憲一)は2月5日、全国20代以上の1,153人から回答を得た「ふるさと納税の災害支援に関する意識調査」の結果を発表しました。 ふる...

2021年1月7日カジナビフィードバック数:0ライフスタイル

2020年ふるさと納税アンケート。ふるさと納税をしない人は「やり方が分からない」58%

...地元のお米をふるさと納税の返礼品に選んでます。出身地に貢献出来て得した気分になります。 今年は年末に帰省できないから地元に寄付するって人も多いかもね。 東日本大震災で被災した東北の沿岸部を中心に毎年寄附しています。東北は返礼品も地元の魅力的な特産品で、好感が持てます。 母親の実家がある九州地域が豪雨の被害を受けたので、今年初めてふるさと納税をしました。 ボランティアや募金はなかなかできないって人も、こんな形の支援ならアリかも! 全国の男女1173人にふるさと納税についてのアンケートを実施した結果、次のことが分かりました。ふる...

2020年9月28日ランク王フィードバック数:0社会/政治

総勢1,000人に大調査!あなたの震災に対する意識と防災グッズの備えはみんなと同じ?

...総勢1,000人に大調査!あなたの震災に対する意識と防災グッズの備えはみんなと同じ? 地震大国日本に住む私たちは常に「万が一」のことを考えて行動しなくてはいけません。今回編集部ではインターネットを通して総勢1,000人の方に「震災に対する意識と防災グッズの備え」を大調査。その結果、防災グッズを備えている人は8割以上もいることが判明!この記事では人々の声とともに今買うべきおすすめ防災グッズをご紹介します。 2021/10/21 更新 今回ランク王編集部では男女問わず、10代から60代まで総勢1...

2020年9月15日エヌ・シー・エヌフィードバック数:0ライフスタイル

注目集まる在宅避難、「必要性を感じる」約65%も「自宅で安全・安心に過ごす自信がある」人は約30%止まり

...県ランキングは昨年20位の愛知がトップ、昨年44位の長崎は最下位に昨年度に引き続き、神奈川・宮城・千葉などが上位ランクイン昨年に引き続き、全国の2,444名に対して「住宅の耐震意識」と「地震への備え」に関する調査を実施。その都道府県別回答をスコア化し、各設問分を合計した値をもとに「耐震県」ランキングを作成いたしました。すると上位は1位「愛知」(昨年度20位)、2位「神奈川」(昨年度1位)、3位「三重」(昨年度12位)、4位「宮城」(昨年度4位)、5位「千葉」(昨年度8位)という結果になりました。東日本大震災...

2020年9月9日アイスタイル★★フィードバック数:0大型消費/投資

新型コロナの影響で化粧品業界にも広がる応援・支援型消費、50.8%が経験

...(キールズ) 「キールズ ハーバル トナー CL アルコールフリー」へのクチコミよりさらに上記ワードの出現率を2010~2020年の10年間で見てみると、東日本大震災の起こった2011年より上記ワードは増加傾向にあったものの、2013年をピークに落ち着きを見せ、また今年の4月に上昇を始めていることから、経済的打撃、あるいは多くの人が同じ危機的な状況を共有している状況で、このような応援・支援型消費のニーズが高まることもみてとれます。<グラフ4>4.「未婚・有職者」の応援・支援...

2020年9月2日ウンログフィードバック数:0社会/政治

防災と災害時の排泄に関する意識調

...排便回数が減少する。環境が変化するとうんちの状態が変わるかどうか聞いたところ、「変わる」と答えた人が86.1%となりました。どのような変化かは、1位が「うんちの回数が減る」、2位が「コロコロやカチカチなどうんちが硬くなる」となりました。東日本大震災の発生時には、避難所でのトイレの利用しづらさからトイレを我慢したり、水分摂取を控えてしまうことによる「震災便秘」も発生しました。平時の環境の変化でも86.1%の人がうんちに変化があることから考えると、たとえ自宅での避難生活でもうんちに与える影響は大きいと考えます。②うん...

2020年9月2日auコマース&ライフフィードバック数:0社会/政治

災害への備えに関する最新意識調査

...の防災対策については、約8割もの人が防災対策をできていないと認識していることが分かった。5.避難警報の遵守意向では、「警戒レベル4が出たら避難する」と回答した人が最も多く、次に多かったのは「隣近所が避難し始めたら自分も避難する」で、年代別では20代の40.0%がこの回答を選択。6.被災地への支援については、2人に1人が被災地への寄附・募金を行ったことあると回答。寄附を始めたきっかけとなった出来事は「東日本大震災」が最多。【詳細】1.自然災害による被災経験をしたことがあると回答した人は全体の約3割。被災...

2020年9月2日FLIEフィードバック数:0社会/政治

「9月1日防災の日」 をきっかけとした意識調査

...とは思っているが、まだ対策ができていない」と回答された理由最近、震災や災害が増えているので対策は必要だと思うが、何をどうしたらいいかわからない(30代女性)防災グッズを買うのに、どれを買えばいいかわからないから(25~29歳女性)防災にかかる費用が高いため必要だと思ってはいるが未だ対策が出来ずにいる(25~29歳男性)対岸の火事のようで、実際に自分に何かないと行動が億劫になっている(25~29歳女性)古い家なので費用がかさみそうなので、躊躇しています(40代女性)「必要ないと思っている」方の多くは、現在...

2020年7月29日ドゥ・ハウスフィードバック数:0ライフスタイル

チラシから読み解く新型コロナウイルスの影響(4月)

...シはどのような影響を受けているのでしょうか。調査サマリチラシの発行は、毎週5%ほど減っている。緊急事態宣言直後には、10%近く減少4月最終週のチラシ発行枚数は、前年と比べて84%減。減少率は東日本大震災時に迫る自宅で過ごす時間が増えた影響で、メニュー提案は「総菜」が中心に。自宅で過ごす時間に合わせて、メニュー提案にも変化がチラシの発行は、毎週5%ほど減っている。緊急事態宣言直後には、10%近く減少2020年4月と、2019年のチラシの発行状況を比較したところ、毎週5%程度の割合で減っていました。(発行枚数が少ない酒飯店を除く)緊急...

2020年6月17日au損害保険フィードバック数:0ライフスタイル

新しい生活様式「自転車通勤」新型コロナ前はどうだった?

...途中に立ち寄れる場所が増えるから」3.8%(13人)となりました。「会社が推奨しているから」は1.5%(5人)となり、用意した選択肢の中では最も低い結果となりました。国土交通省は自転車通勤を推進する企業・団体を認証する制度を始め、企業に従業員への自転車通勤を促していますが、会社の推奨によって自転車通勤をする人は少なく、個人的な理由によって選択する人が大半なようです。 また中には「震災を経験し、電車が止まっても帰れるメリットを考えて」、「緊急事態の時に素早く移動できる」等の理由もありました。 ●自転...

緊急事態宣言解除後のテレワークの実態について調査結果を発表

...りも負担感が増している(図表12)。図表12.働きながら子どもの世話をしなければならないことが負担である割合 分析コメント~テレワークは定着させるべき。出社率のリバウンドやテレワーク長期化による課題に対応必要~パーソル総合研究所 上席主任研究員 小林祐児  テレワーク実施率の全国平均は3月から4月にかけて2倍以上増えていたが、今回調査(緊急事態宣言の解除後)では早くも減少傾向が明らかとなった。今後も新型コロナの感染者数の抑制が続きさえすれば、全体のテレワーク実施率は減っていくだろう。新型インフルエンザ流行や東日本大震災...

2020年5月25日TOPWELLフィードバック数:0ビジネス

浮彫りになった海外とのIT格差 7割の企業が経験と勘による製品開発を実施

...市淀川区西中島3丁目9番13号 NLC新大阪8号館6F事業内容:ITコンサルティング/システムインテグレーションTOPWELLは、リーマンショックによる打撃から国内製造業がまだ立ち直れないでいた2009年春に創業しました。当時は、世界中の需要が落ち込み、日本の製造業の競争力はさらに後退してしまいました。そのような状況であるにも関わらず、有効な手を打てない日本の製造業にもどかしさを覚え、起業を決意いたしました。創業当初は売上もなかなか立たず、月の売上が10万円ということもありました。また、東日本大震災...

【調査報告書】新型コロナウイルスが中小企業に与える経営への影響について

...他の業種においても例外なく影響を受けております。 この事実を政府や地方公共団体にも示すべく、ここに報告書を掲載いたします。当会パッションリーダーズでは、2011年の東日本大震災直後の設立以来、会員同士の交流やセミナーを通じた次代の日本を担う経営者の成長及び事業の発展による、積極的な社会貢献を目指してまいりました。 調査結果を基に、引き続き日本経済の主役である中小企業・小規模事業者を支援し、経済の持続的な成長につなげることを目的としたセミナーのネット配信やビデオ付きWEB会議システムによる活動を継続してまいります。 一般...

2020年4月17日NEXERフィードバック数:0ライフスタイル

【2020】マイボトルの満足度リサーチ結果

...ス製のため壊れやすいという特徴がありましたが、タイガー(当時は虎印)の魔法瓶は、関東大震災の際にも壊れなかったという伝説があります。タイガーは現在、ステンレスボトル(魔法瓶)の他にも、炊飯器等の調理電気製品、自動車や住宅、医療用などの産業部品及び製品の製造販売をおこなっています。さらには、真空断熱技術を活用し、宇宙実験サンプル格納用の真空二重断熱容器の製造など、製品は多岐に渡ります。タイガーの評価理由スリムで持ち運びやすく、価格とのバランスも良いと感じるため(40代・女性)評価:10点デザインがよく値段も安いのでコスパがいい(30代・男性...

2020年4月9日Purilフィードバック数:0社会/政治

美容口コミサイト「Puril」、 新型コロナウイルスが美容店舗に及ぼす影響を調査

...生命経済研究所のレポートによれば、新型コロナウイルスの日本経済への影響は、自粛や風評被害が深刻化した東日本大震災後と同程度の影響を前提とすれば、名目GDPが東日本大震災後の2.5兆円を上回る2.9兆円程度の損害にまでなったといわれています。この状況が、美容業界にどのような影響を与えているのか以下にまとめました。■Purilユーザーが語る!美容店舗に通うのに抵抗がある理由美容店舗に通う人が激減している一番の理由としては、店員との濃厚接触が原因になっているようです。『他のお客が使ったベットを使うのに抵抗がある』や『店員...

2020年3月16日フローレンス★フィードバック数:0社会/政治

一斉休校に関する緊急全国アンケート

...-6年生以上やひとり親(親と子どものみで生活)の層ではその割合が5割弱となっています。学童などの預かり施設や家庭外サービス利用の割合よりも、自宅内、家族内での対応の割合が高くなりました。休校によって中止となった給食・授業のしわ寄せが家庭内に集中していることがわかります。利用しているサービスとしては、「本や学習教材」「オンライン学習コンテンツ」「学童保育などの一時預かり施設」が多く、世帯年収が低いほど、外部サービスの利用率が低い傾向にあります。自治体・民間企業に本アンケート結果を提供します。9年前の東日本大震災...

2020年3月16日帝国データバンク★フィードバック数:0社会/政治

「業界天気図」動向調査(2020年度見通し)

...業況インデックス(DI)は、2020年度予想は48.7と予想、2019年8月時点(48.1)から0.6ポイント上昇する。ただ、製造業のDIは40.3となる見通しで、全業界を8.4ポイント下回るほか、2019年(49.2)から大幅に悪化。東日本大震災発生直後の2011年度(51.2)をも下回るほか、リーマン・ショック級の業況悪化も予想される。 ※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。 このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。 メデ...

2020年3月10日ぴあフィードバック数:0エンタテインメント

ぴあ映画初日満足度ランキング発表!第1位は『ジュディ 虹の彼方に』

...ぴあ映画初日満足度ランキング発表!第1位は『ジュディ 虹の彼方に』 「ぴあ」スマートフォンアプリ(ぴあ株式会社:東京都渋谷区)は、2020年3月6日公開作品の“ぴあ映画初日満足度ランキング”を発表しました。 第1位は、映画『オズの魔法使』で知られるミュージカル女優、ジュディ・ガーランドに焦点を当てた人間ドラマ『ジュディ 虹の彼方に』。東日本大震災時の福島第一原発事故を題材にした人間ドラマ『Fukushima 50(フクシマフィフティ)』が第2位に、知念...

「え!?知らなかった!防災DIYの新常識」についての調査

...「え!?知らなかった!防災DIYの新常識」についての調査 東日本大震災を経験した東北地方でも十分に準備できているのはわずか7% 最新ノウハウについては半数以上が知らないと回答 防災知識は時代やライフスタイル、災害事情の変化によって更新され、新しいグッズもどんどん生まれています。また、本来防災は家族や住まいの事情によって違うものですが、多くの家庭では同じようなものしか用意していないのが実情です。そこで、DCMホールディングス株式会社(以下DCM)は、「え!?知らなかった!防災DIYの新...

2020年2月28日NEXER★フィードバック数:0社会/政治

【新型コロナ】ウイルス対策の基本方針、8割が「内容が不十分」と回答

...のウイルスによって混乱が生じる様子は、9年前の東日本大震災を思い出さずにはいられません。当時と同じように経済活動に影響が出たり、デマが発生したり、少しずつ混乱が広がっています。適切な情報を入手して「正しく怖がる」ということを忘れずに生活を続けていきたいところです。...

2020年2月21日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

上場企業「新型コロナウイルス影響」調査(2月21日現在)

...の稼働休止など何らかの影響が判明した上場企業は27社(当初31社だったが、その後4社が情報開示した)。合計318社の上場企業が新型コロナウイルスの影響を受け、対応に追われている。なお、東日本大震災では、2011年3月末時点で1,908社が影響等について開示した。これと比較すると、新型コロナウイルスの発覚からほぼ同期間で情報開示した上場企業は6分の1にとどまる。感染拡大の影響が、いまだに見通せないことが要因にあると思われる。業績へのマイナス影響56社、テレワーク実施など表明が10社情報開示した291社のうち、決算...

高齢者雇用に関する調査2020

...新規就職者の意識調査 [2012年1月11日掲載]東日本大震災・被災3県(岩手県、宮城県、福島県)の意識調査 [2011年11月7日掲載]ワーキングプア(年収200万円以下)層の生活・意識調査 [2011年7月22日掲載]男女平等月間実態調査 [2011年5月31日掲載]理想の日本像に関する意識調査 [2011年1月11日掲載]...

四国エリアの中小企業が抱える経営課題の実態調査 「人手不足」が深刻な問題

...引継ぎ、その他経営面での助言、情報提供、及び震災復興支援や共済制度、ファンドを通じた資金提供など多様な支援を実施しています。 ※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。 このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。 メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。 ※内容はプレスリリースにより異なります。 プレスリリース >中小機構 >四国...

2020年1月7日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

自然災害に対する企業の対応状況調査

...』が50.0%と最も高く、次いで、『農・林・水産』(35.8%)、『小売』(30.3%)が3割台で続いた 同様に都道府県別にみると、「高知」(44.2%)が最も高く、4割を超えた。以下、「和歌山」(38.6%)、「宮城」(36.8%)、「奈良」(36.5%)、「千葉」(33.1%)が上位にあがった。近年、震災により大きな被害を受けた地域や水害などが発生した地域、今後大地震が想定される地域で自然災害に対するリスク対応が進められている傾向がみられた 詳細はPDFをご...

2020年1月6日ゼネラルリサーチ★★フィードバック数:0社会/政治

「現代から未来の日本に思うこと」に関する意識調査

...ーツ・文化」(8.3%)と続きます。多くの方は今年起きた出来事を受けて「課題が残った」と感じており、発展してほしいこととしては「災害対策や復興・インフラの整備」が4割近くの票を集めました。2011年には「東日本大震災」が、2016年には「熊本地震」が、2018年には「西日本豪雨」、そして2019年となり元号が令和となってからは「令和元年台風第15号」による千葉県の被災をはじめ、台風19号においても各地に甚大な被害を与えました。 ここ10年間の日本の歴史は、自然...

2019年12月23日ソニー生命保険フィードバック数:0ライフスタイル

47都道府県別 生活意識調査2019

...「沖縄県」(19.0%)、3位「長崎県」(18.0%)となり、上位には関東以西の都府県が多い傾向がみられました。(図10)(図8)(図9)(図10)他県に誇れる郷土出身の芸能人 鳥取県1位「イモトアヤコさん」、大分県1位「指原莉乃さん」各都道府県の在住者(各都道府県100名)に、他県に誇れる郷土出身の芸能人(引退した人を含む)を聞きました。各都道府県の1位になった芸能人をみると、青森県の1位は、全編津軽弁によるラップ曲をリリースした「吉幾三さん」、宮城県の1位は、現在も東日本大震災...

2019年11月26日矢野経済研究所フィードバック数:0ビジネス

国内有力企業(異業種参入企業)の農業ビジネスに関する調査を実施(2019年)

...放棄地増加の問題がかねてから指摘されている。また、世界的な食料危機や気候変動下における生産作物への影響、貿易自由化促進などが国内農業に及ぼす影響も懸念されている。​こうしたなか、消費者の食に対する安全意識や健康志向の高まり、また農業の6次産業化による成長戦略の推進、さらには震災復興や農業そのものへの注目度の高まりもあり、植物工場や施設園芸などの農業ビジネスに対する企業の関心は高まっている。2.注目トピック増え続ける異業種企業の農業参入2009年12月15日に改正農地法が施行され、農業生産法人以外の一般法人についても、賃借(リース)であ...

消費動向に関する定点調査(2019年10月度)

...11月までは3ヵ月ごとに実施(※)、2012年からは、年2回、4月または5月と10月に実施しております。※ただし、2011年4月に東日本大震災後の生活者の動向変化を観測するために緊急調査を行っております。本調査においては、全国1,200人の生活実態や消費動向の推移に加えて、今後の景気の見通しについてどのように考えているのかといった景況感や、オンラインショッピングに関する利用実態や意識についても調査しました。会員ログインしていただくと無料でダウンロードできます。 登録は無料。メー...

第14回「地域ブランド調査2019」

...結果の特徴は以下の通りとなります。調査結果速報(PDFファイル)はこちらからダウンロードできます。 第14回地域ブランド調査2019ニュースリリース(PDF500KB 2019年10月21日改訂) 1000市区町村の魅力度平均点が2019年は9.0点と、調査対象に町村区を加えた2007年以降過去最高点となっている。東日本大震災のあった2011年(7.6点)から2014年(6.5点)にかけて平均点は下降傾向だったが、地方創生への取り組みが本格化し始めた2015年以降、魅力度の平均点は徐々に上昇。特に2018年以...

2019年6月25日博報堂★★フィードバック数:0ライフスタイル

博報堂生活総合研究所 「消費1万人調査」調査結果を発表

...いても幅広い性年代で10位以内となりました。■年代別の特徴 “スマホ”の影響が大きい若年層、“社会・経済”の影響が大きい中高年層・30代以下では「SNS」「フリマアプリ」が上位にランクイン。10代(15~19歳)では「無料で利用できる音楽・動画・写真などのアプリ・サービス」「インフルエンサー」も10位以内と、スマートフォンの影響の大きさがうかがえます。 ・40代以上では「消費税増税」「消費税導入」「阪神淡路大震災・東日本大震災」が上位となり、若い世代に比べて社会・経済からの影響を大きく受けているようです。■男女...

2019年6月18日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

「飲食店」の倒産、休廃業・解散動向調査(2018年度)

...出して企業活動を終えるケースを含む)。調査時点では当該企業の企業活動が停止していることを確認できているが、将来的な企業活動再開を否定するものではない ■「解散」とは、主に商業登記等で解散を確認した場合を指す調査結果 2018年度(2018年4月〜2019年3月)の倒産、休廃業・解散の合計は1180件(前年度比7.1%増)となり、東日本大震災が発生後の2011年度(1134件)、リーマン・ショックが発生した2008年度(1113件)を上回り、2000年度以降で最多を更新した 2018年度の飲食店の倒産は657件(前年度比6.3%減...

2019年4月18日電通★★フィードバック数:0マーケティング

ジャパンブランド調査2019

...で訪日客対応を進める企業などに活用いただいています。 今回調査では、インバウンドで注目が高まる「トルコ」を新たに調査対象国として選定し、全体としては前回と同様の20カ国・地域でありながら、新しい発見のある調査となりました。①20カ国・地域全体で、日本は「行きたい旅行先」でNo.1。訪日意向は欧州エリアの国々の伸びが顕著に。 ②2025年大阪・関西万博は、既に認知が約5割、「見に行く予定・見に行きたい」人は約4割。 ③訪日の阻害要因は、20カ国・地域の全体では「費用」「言葉」「距離」がトップ3。東アジアでは「震災の影響(放射能など)が心配」「地震...

2019年4月17日インテージフィードバック数:0大型消費/投資

「北海道ふっこう割」は終わっても、引き続き必要な「旅して応援」札幌のイベントの魅力を探る

...後宿泊キャンセルも相次ぎ、9月15日の段階で影響額は292億円という推計が北海道庁から出されるなど、観光業への打撃は大きなものとなりました。この震災後ほどなくして、「北海道ふっこう割」という制度がスタートしました。 北海道観光への風評被害を払しょくし、観光需要を早期に回復するために、国や北海道、民間事業者が連携して北海道内の旅行商品や宿泊料金を割引する制度です。対象となる旅行商品を予約する、もしくは対象となる宿泊施設を予約することで割引を受けられるようになっており、その数には上限がありますが、30年10月から31年3月に...

2019年3月26日NCNフィードバック数:0社会/政治

耐震・地震に関する全国意識調査

...の耐震意識と地震への備えに関する回答の合計を数値化した都道府県別総合ランキングは、1位「神奈川」、2位「岩手」、3位「兵庫」となりました。 耐震県ランキング 1位「神奈川」、2位「岩手」、3位「兵庫」全国の2,889名に対して、「住宅の耐震意識」と「地震への備え」に関する調査を実施。その都道府県別の回答率をスコア化し、各設問のスコアを合計した値をもとに「耐震県」ランキングを作成しました。その結果、1位「神奈川」、2位「岩手」、3位「兵庫」、4位「宮城」、5位「青森」と、東日本大震災や阪神淡路大震災で被災した地域が多くランクインする中、関東の神奈川が耐震の認知・理解...

2019年3月26日矢野経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

ミネラルウォーター市場に関する調査を実施(2019年)

...カー出荷金額ベースで前年度比98.7%の2,950億円と2010年度以来の縮小に転じた。2017年度は一時的に市場が縮小したものの、飲料市場のなかでもコーヒー飲料、日本茶飲料、炭酸飲料に次ぐ規模に達しており、確固たる地位を築いている。​2017年度の宅配水の市場規模は、末端金額(エンドユーザー販売金額)ベースで前年度比105.6%の1,330億円と引き続き拡大が続いている。東日本大震災の発生による水需要の高まりにより、参入企業が増加したことで市場が拡大し、2017年度は2011年度比で59.3%増と...

2019年3月15日アデコフィードバック数:0社会/政治

平成時代に関する調査

...平成元年新卒入社の社会人1,000人を対象にした調査 ― 職場における印象的な変化はインターネットの普及と禁煙化 もっとも印象に残っている出来事は東日本大震災 人財サービスのグローバルリーダーであるアデコグループの日本法人で、総合人事・人財サービスを展開するアデコ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:川崎健一郎、以下「アデコ」)は、平成元年に新卒で入社した社会人1,000名(男性:524名、女性:476名)を対象に、平成時代に関する調査を行いました。【調査結果まとめ】平成...

2019年3月14日ビースタイルフィードバック数:0キャリアとスキル

主婦の就職活動と“災害”に関する調査

...東日本大震災から8年・・・<主婦の就職活動と“災害”に関する調査>災害考慮する 56.7% 仕事選びで気になるポイント「家と職場の距離の短さ」:79.4%~しゅふJOB総研調査~ 主婦に特化した人材サービス『しゅふJOB』(事業運営者:株式会社ビースタイル/本社:東京都新宿区、代表取締役:三原邦彦)の調査機関しゅふJOB総研は『災害と就職活動』をテーマに働く主婦層にアンケート調査を行いましたので以下にご報告します。(有効回答数713件) ■調査結果概要1.就職活動の際、災害...

防災の備えに関する意識調査

...グッズの見直しを「年に1回以上行っている」が%、「数年に1回程度行っている」が%となり、8割以上の方がある程度の期間で防災グッズの見直し実施。2011年3月11日の東日本大震災の発生から、まもなく丸8年が経過しようとしています。フィールド・クラウドソーシング事業を展開する株式会社mitoriz(本社:東京都港区、代表取締役社長:木名瀬博)は、「マルチプルID-POS購買理由データPoint of BuyⓇ」(以下POB)アンケートモニター(n=4,259名 男女20代~60代)を対象に、「防災...

2019年3月11日新日本カレンダーフィードバック数:0社会/政治

ペットとの災害避難について

...検索ペットの防災準備をしている人は「6割」超、被災時に避難所でペットと過ごした人は、わずか「3%」!犬・猫の飼い主約1,000名におこなったアンケート結果を一挙公開 東日本大震災、熊本地震、北海道胆振東部地震など、大規模な震災の発生が増加しています。ペットを飼っている人にとっては、自分自身もさることながらペットの防災も重大な関心事です。今回の調査では、6割以上の飼い主が迷子札やマイクロチップの装着をメインに防災準備をしていること、そして大多数の飼い主が自宅で過ごすことを望んでおり、被災...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

新着データ

お知らせ