調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:クラウドコンピューティング特集

データがいっぱい:クラウドコンピューティング特集

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。ITの世界でここしばらく話題の中心となることが多いクラウドコンピューティングについてデータを集めてみました。

2019年9月17日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

製造業向けプラントO&Mサービス市場に関する調査を実施(2019年)

...については導入実績が増えており、点検業務の省人化やリアルタイムでの設備の状態監視、データ蓄積によるトラブルの原因究明などに活用できる技術として、保全業務のスマート(IoT)化を検討する企業が増加している。更に、自社でIoT用デバイスを開発するエンジニアリング会社が出てきている。その他、ドローンはオープンなスペースでの点検など、導入ハードルが低い場面で活用が始まっている。クラウドは、遠隔でのデータ蓄積・解析による状態監視や設備診断などに用いられており、レーザースキャンを用いてプラントの3Dデー...

2019年9月11日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内ネットワーク機器市場シェアを発表

... Aironet/Catalystシリーズと、クラウド管理型無線LANシステムのCisco Merakiで構成されていますが、いずれの製品ラインナップも、高成長に寄与したとIDCではみています。国内通信事業者向けネットワーク機器市場は、企業向け市場とは対照的に低迷を続けています。国内移動体通信事業者の大規模なLTEサービス向け投資が終息した2015年以降、4年間に渡って低調な状況が続きました。低迷を脱する次の大きなビジネス機会として、通信事業者向けネットワーク機器ベンダーが期待を寄せる、5Gサー...

2019年9月11日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内サーバーオペレーティングシステム市場予測を発表

...来の基幹業務系システムから最新のデジタルサービス向けシステムまで幅広い領域で採用されており、持続的な成長が続いています。さらにクラウドサービスのIaaS(Infrastructure as a Service)上でLinuxシステムの構築案件が増加しており、それに伴いIaaS向けのLinuxディストリビューション売上が増加していることも高成長の要因になっています。この傾向は今後も続き、2019年の前年比成長率も二桁成長となる10.2%、2018年~2023年のCAGRを9.0%とIDCでは予測しています。一方、UNIXとメインフレームはハードウェアの出荷が減少傾向にあるため、サー...

2019年9月11日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2018年 国内ERM市場シェアを発表

...変革の圧力が高まっていますが、2018年時点ではレポートの直接的な影響は見られず、2018年の国内ERM市場は前年比3.0%増、市場規模(売上額)は2,140億9,700万円となりました。同市場は2019年10月の消費税増税と、インバウンドで活況を呈する流通/小売業界の需要増に加えて、パブリッククラウド製品の成長率が前年比32.0%増となり市場の成長に影響したとIDCでは分析しています。従業員規模別に見ると、従業員1,000人以上の大企業での成長率が1.7%増、同100人~999人の中堅企業が同3...

2019年9月11日IDCフィードバック数:0ビジネス

国内ページボリュームの動向を発表

...ザー機は、主にオフィスでのプリント業務に使用されています。オフィスにおいては、モバイル/クラウドの普及、各種文書の電子化、業務フローの電子化/自動化など、ページボリュームにマイナスの影響を与える複合要因が存在しています。また、働き方改革に伴う在宅勤務の普及や外出先/出張先でのモバイルワークの増大も、ページボリュームにマイナス影響を与えるとIDCでは考えています。一方で国内のオフィス環境において、紙を全く使用しないような働き方が広く普及しているわけではありません。こうしたことを総合し、IDCでは...

2019年9月11日IDCフィードバック数:0企業情報システム

5Gの産業応用市場の調査結果を発表

...端末接続などの実現が期待されています。中でも、4G(LTE)からの最も大きな進化の一つがアップリンク(上り)の高速化であり、これを最も生かすことができる産業分野の用途として、高精細カメラやイメージセンサーで取得した画像/映像データのアップロードが挙げられます。5Gによってこのような大容量データのクラウド送信のハードルが下がることで、データ分析/活用のさらなる高度化が期待されます。より具体的には、(1)4K/8K高精細映像コンテンツのリアルタイム配信、(2)機械学習による画像認識、(3)3Dモデ...

2019年9月6日パーソルキャリアフィードバック数:0社会/政治

「幼児教育・保育無償化制度」についての調査

...ュニティスペース「TECH PLAY」、オープンイノベーションプラットフォーム「eiicon」、クラウド型モバイルPOSシステム「POS+ (ポスタス)」などのサービスも展開しています。...

2019年9月6日パーソルキャリアフィードバック数:0キャリアとスキル

2019年7月 アルバイト平均時給 全国平均1,045円 アルバイト求人情報サービス「an」調べ

...トソーシングや設計開発など、人と組織にかかわる多様なサービスを展開しています。また、人材サービスとテクノロジーの融合による、次世代のイノベーション開発にも取り組んでおり、市場価値を見いだす転職サービス「ミイダス」、ITイベント情報サイトおよびイベント&コミュニティスペース「TECH PLAY」、オープンイノベーションプラットフォーム「eiicon」、クラウド型モバイルPOSシステム「POS+ (ポスタス)」などのサービスも展開しています。...

2019年9月6日パーソルキャリアフィードバック数:0キャリアとスキル

転職サービス「doda」転職成功者の年齢調査(2019年上半期) 転職成功者の平均年齢は31.7歳、20代以下の転職者が増加

...サービス「doda」やアルバイト求人情報サービス「an」、ITアウトソーシングや設計開発など、人と組織にかかわる多様なサービスを展開しています。また、人材サービスとテクノロジーの融合による、次世代のイノベーション開発にも取り組んでおり、市場価値を見いだす転職サービス「ミイダス」、ITイベント情報サイトおよびイベント&コミュニティスペース「TECH PLAY」、オープンイノベーションプラットフォーム「eiicon」、クラウド型モバイルPOSシステム「POS+ (ポスタス)」などのサービスも展開しています。...

2019年9月3日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

BEMS・BAS市場に関する調査を実施(2019年)

...の大都市を中心とした都市再開発に伴う新築ビル建設や、東京オリンピックに向けた新築施設建設の需要増により、販売システム数が増加してきているとともに、クラウド型のサービス売上高も上昇傾向にある。今後のBEMS・BAS市場は、システムのオープン化により価格競争が進んでいるものの、新築の建物規模が大型化していることから、1物件当たりの価格は上昇する傾向にあり、2019年度の同市場規模を1,400億円(前年度比1.0%増)、2020年度は1,420億円(同1.4%増)と増加していくと予測する。2.注目トピックオープン化と大手計装システムメーカー この10年間...

パーソル総合研究所、日本の「はたらく意識」の特徴を国際比較調査で明らかに

...サービス「doda」やアルバイト求人情報サービス「an」、ITアウトソーシングや設計開発など、人と組織にかかわる多様なサービスを展開しています。また、人材サービスとテクノロジーの融合による、次世代のイノベーション開発にも取り組んでおり、市場価値を見いだす転職サービス「ミイダス」、ITイベント情報サイトおよびイベント&コミュニティスペース「TECH PLAY」、オープンイノベーションプラットフォーム「eiicon」、クラウド型モバイルPOSシステム「POS+ (ポスタス)」などのサービスも展開しています。問い...

2019年8月28日avanadeフィードバック数:0企業情報システム

エマージング・テクノロジーの導入をめぐる理想と現実には大きなギャップ:アバナード最新調査

...ュリティやプライバシー技術を自社に導入したいと考える経営幹部は8割以上であるものの、今後3年以内の実現を見込んでいるのは半数にとどまっています。アバナードはITおよびビジネスの意志決定者1,200人を対象に「今話題のテクノロジー」の導入について、どのようなビジネスチャンスと課題を想定しているか調査しました。ブロックチェーン、対話型AI、IoTのようなテクノロジーを有効と評価する一方で、クラウド、ソーシャル、モバイルといった数年前のテクノロジーと比べると、現在のエマージング・テクノロジーは相互依存性が高く、難易度が高いと考えていることがわかりました。最大...

2019年8月28日avanade★★フィードバック数:0社会/政治

人工知能やロボティクス、その関連技術の倫理問題について、自社組織の対応力に不安を抱くビジネス・リーダーが大多数:アバナード最新調査

...ノロジーによってビジネス価値を最大化する方法をアドバイスしています。今後も継続的に、アバナードはこれらのトレンドについての知見を発表する予定です。アバナードについて アバナードは、マイクロソフトのエコシステムにおいて、革新的なデジタルサービスおよびクラウドサービス、ビジネスソリューション、デザイン主体のエクスペリエンスを届けるトッププロバイダーです。当社の擁するプロフェッショナルなスタッフは、テクノロジー、ビジネス、業界の専門知識を組み合わせた大胆かつ新鮮な思考を武器に、顧客とエンドユーザー、さらには従業員との改革と成長を推進しています。アク...

2019年8月23日トレンドマイクロ★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

https://www.trendmicro.com/ja_jp/about/press-release/2019/pr-20190822-01.html

DevOpsに関する実態調査 2019

...性のあるアプリケーションや不正プログラムなどの脅威に加えて、クラウドサービスのアクセスキーなど機微な情報の管理不備により情報窃取や不正な操作などの被害にあう可能性もあります。DevOpsを実施する際にはこのようなリスクがあることを考慮し、セキュリティ設計を行うことが大切です。開発時、運用時のそれぞれで発生するリスクを洗い出し、どのようなセキュリティ対策を講じるべきか定めることが重要です。図3:DevOpsにおいてセキュリティの関与が少ないことで組織がリスクに晒されると思いますか?(N=日本:100名、全体:1,310名) 本調査により、DevOpsを実...

7.2兆円産業に成長のドラッグストア、40万枚のレシートから分析

...るマツモトキヨシHD、スギHDの争奪戦は、マツモトキヨシHDに軍配が上がり、統合となれば売上高1兆円の「メガドラッグ」が誕生する。両者以外にも生き残りをかけたM&A(合併・買収)や経営統合の動きが広がりそうなドラッグストアチェーン。18年の総売り上げは7.2兆円でコンビニエンスストア(10.7兆円)を追う市場規模にまで成長しています。(出典:日本チェーンドラッグ協会)フィールド・クラウドソーシング事業を展開するソフトブレーン・フィールド株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:木名瀬博)は、「マル...

2019年8月19日オロ★フィードバック数:0マーケティング

音声検索の検索順位に影響する要素とは ―SEMrush 2019年版調査結果ー

... (SEMrush グローバル・マーケティング部 責任者) クラウド ERP「ZAC」「ZAC Enterprise」( https://www.oro.com/zac/ ) の開発・提供クラウド PSA「Reforma PSA」( https://www.oro.com/reforma-psa/ )の開発・提供デジタルトランスフォーメーション事業企業のデジタルマーケティング支援( https://www.oro.com/cd/ )企業のグローバルコミュニケーション支援( https://www.oro.com...

2019年8月19日Baidu★★フィードバック数:0社会/政治

Simejiランキング 「流行りの若者言葉・略語TOP10」

...ミュニケーションが豊かになる絵文字や顔文字を多数、App内に搭載しています。更にクラウド超変換を使用する事で、端末メモリ使用量をおさえたまま豊富な顔文字変換を表示する事や、入力した瞬間におもしろ変換を表示する事が可能です。またキーボードのデザインを自由に変更できる洗練されたデザインのきせかえ機能により、カスタマイズすることができ、スマホやタブレット端末を使う楽しみがいっそう高まります。2015年3月には初の有料アプリとなる「Simeji Pro」もiOS向けに提供開始しました。また、おかげさまで2018年、Simejiは誕生から10周年...

2019年8月5日リスクモンスターフィードバック数:0ビジネス

第7回「金持ち企業ランキング」調査

...第7回「金持ち企業ランキング」調査 話題のあの企業が初のラン... 第7回「金持ち企業ランキング」調査話題のあの企業が初のランキングトップに?! 与信管理ASPクラウドサービスを提供するリスクモンスター株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:藤本 太一、以下 リスモン)は、第7回「金持ち企業ランキング」調査結果を発表いたしました。[調査結果]依然として製造業はお金持ち! 決算書の記載に基づき算出したNetCash(※)を比較した「金持ち企業ランキング」のランキング1位は「東芝...

2019年8月2日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内データセンター管理者調査結果を発表

...投資やその運用課題などについて調査しました。このうち金融機関や製造業などの一般企業が所有する企業内データセンター(DC)の管理者は244名、ITサービス事業者や通信サービス事業者などが所有する事業者データセンター(DC)の管理者は56名でした。これによると、事業者DCでは、24%の管理者がデータセンターやサーバールームの新設予定があると回答したのに対し、企業内DCの管理者のうちデータセンターやサーバールームの新設予定があると回答したのは9%にとどまりました。既存のIT資産を事業者DCやクラウド...

2019年8月1日ヴァリューズフィードバック数:0大型消費/投資

2019夏の旅行調査

...ケティングにおいて、ユーザーとのコミュニケーション施策を決めるために必要なのがカスタマージャーニー。カスタマーの心情理解のための調査としてはアンケートを用いることが多いですが、インターネット上の検討行動は分かりません。これを明らかにするのがWeb行動ログデータです。犬を飼育し始めた人の、飼育前と飼育後のカスタマージャーニーを例にセミナーが行われました。 SaaSというサービスが一般的になっています。クラウドサービスを提供する上で、提供方法に変化が見られるのです。ただ、名前が広まっているとは言え、実際...

2019年7月29日プルークス★フィードバック数:0キャリアとスキル

就活生のスマートフォン利用動向と採用動画に関する調査

...イアントの課題解決を目的として上流工程(設計・動画企画)から下流(動画制作・広告配信)までを1社で完結する点が大きな特徴といえます。これまで500社3,000本以上の動画制作実績を重ねており、2018年には株式会社ジュピターテレコム(J:COM)のグループ会社となりました。オンライン動画だけでなく、テレビとデジタルメディアとを組み合わせた新商品の開発や、動画配信先の拡充を行っています。また、2019年中にはクラウド型動画制作ツール「TechVideo」をリリース予定です。<会社概要>社名:株式会社プルークス(https://proox...

2019年7月26日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2019年6月度) ファッションの情報源として、「インスタ」が「Google」を抜く

...ファッションの情報源として、「インスタ」が「Google」を抜く モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査 (2019年6月度)ファッションの情報源として、「インスタ」が「Google」を抜くクラウドゲームを10代の半数以上が認知調査結果サマリーファッションの情報源として、「インスタ」が「Google」を抜く スマートフォン利用者に、「流行のファッション情報」を調べる際に使うサービスを聞いたところ「Instagram」が29.4%と最も多く、「Google」の28.3%を上回りました。2016...

2019年7月24日adjust★★フィードバック数:0マーケティング

AdjustとLiftoffがショッピングアプリに関する共同調査を発表

...イル計測およびアドフラウド防止の業界リーダーです。Adjust SDK搭載のアプリのアクティブユーザーは世界で13億を超えており、グローバルで最も使用されています。また、クラウドサービスを使用せず、自社のサーバーからサービスを提供する、業界でも特別な存在となっています。透明性の高いオープンソースのSDKや、長期間のデータの保存が可能なこと、取得できるデータの多様性と正確性、さらにアドフラウドをリアルタイムで除外する機能などがAdjustの強みとなっています。Adjustは、Facebook、Twitter、Google、LINE、Snap、Tencent...

2019年7月23日矢野経済研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

企業向け研修サービス市場に関する調査を実施(2019年)

...プログラムやeラーニングなどの利用を中心としているが、自社の実情に合わせたカスタマイズ型研修を実施するケースを増やす動きも散見されている。研修サービス事業者各社の業績をみると、ここ数年においては大半の研修事業者が業績を伸ばす状況にあったが、2018年度においては事業者間で好不調がみられており、競合状況の激化が進行する環境にある。2.注目トピックeラーニングの利用は引き続き活発化、「マイクロラーニング」の導入も進むeラーニングは、スマートフォン、タブレット端末の一般化による学習ツールの多様化、クラウド...

2019年7月19日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内ストレージシステム市場システムタイプ別予測を発表

...でマイナス3.0%です。SoE/SoIについては比較的高い成長を続け、市場全体を下支えすると予測しています。SoRは主にビジネストランザクションの記録に関わるシステム、SoEは顧客エンゲージメントを強化するためのシステム、SoIはデータの分析を通してインサイトを得るためのシステムです。国内エンタープライズストレージシステム市場では、SoRに比べて、SoE/SoIのクラウド化(パブリッククラウド、プライベートクラウド)が進む見込みです。これは、SoE/SoIでは、クラウドが持つ俊敏性、柔軟性、拡張...

2019年7月19日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内ビッグデータ/アナリティクスソフトウェア市場予測を発表

...リティクスアプリケーション市場の3中分類市場と中分類市場に含まれる16の機能別市場に分けて市場規模予測を行いました。これによると、2018年の国内ビッグデータ/アナリティクスソフトウェア市場は、前年比9.6%増の高い成長率を記録し、市場規模は2,778億7,500万円となりました。2018年の国内ビッグデータ/アナリティクスソフトウェア市場は企業のモバイルデバイスによる顧客接点の改善やAI活用の取り組みが進む中でパブリッククラウド上のデータマネジメントサービスやCRMアナリティクス分野への投資が急速に成長しており、市場...

2019年7月19日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2019年 国内クライアント仮想化市場 ユーザー動向分析調査結果を発表

... as a Service「Windows Virtual Desktop」、「クラウドページング技術」、「次世代仮想化基盤 Azure Stack HCI」など、クラウド関連技術に対する利用要望も高まっています。今回の調査では、デジタルワークスペースがユーザー企業の経営課題/ビジネス課題に対する貢献度について、調査分析しています。「ガバナンス統治とセキュリティポリシー策定」「動的なIT資産と人材の活用」などの経営課題/ビジネス課題へ貢献できたと回答しているIT管理者は6割を超え、2018年と...

2019年7月17日ガートナーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

日本におけるセキュリティ (インフラストラクチャ、 リスク・マネジメント) のハイプ・サイクル:2019年

...なデリバリ形態 (クラウドやモバイル) や、さらには新たにフォーカスすべき対象 (モノのインターネット [IoT] やオペレーショナル・テクノロジ [OT]) に対するセキュリティの需要を増加させる要因となっています。高度な標的型攻撃などの脅威への対応について、多くの企業はその必要性を認識しているものの、脅威の多様化や、対策の優先順位付けの難しさなどを背景に、対策に課題を抱えたままとなっています。ITインフラストラクチャとリスクの変化に継続的に適応するには、最新...

2019年7月10日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内ハイパーコンバージドシステム市場予測を発表

... Rate)を18.1%と予測しています。ハイパーコンバージドシステムは、短期的には仮想化環境の課題を解決するインフラストラクチャとして普及が進むとIDCはみています。中長期的には、デジタルトランスフォーメーション(DX)によって創出される次世代ワークロードへの対応や、DXに対応するITインフラとして、俊敏性や柔軟性を向上し、マルチクラウド環境でのITインフラ管理を統合するハイブリッドクラウドを実現するソリューションとしても普及が拡大する見込みです。IDC Japan エン...

サブスクリプションサービスの利用に関するアンケート

....ポイント還元率のUPや値引き」が20.6%で最多となり、 費者に提供する商品やサービスの数ではなく、利用期間に対して定額料金で製品やサービスを貸し出す「サブスクリプションサービス(定額制と同じ意味で用いられるケースが多い)」が急速に広がり、年には億市場に発展する見込みであると言われています(矢野経済研究所発表)。フィールド・クラウドソーシング事業を展開するソフトブレーン・フィールド株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:木名瀬博)は、「マルチプル購買理由データⓇ」(以下)アンケートモニター(名...

2019年6月21日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内クライアント仮想化関連市場予測

... Automation)などのAI(Artificial Intelligence:人工知能 )技術、チャット/メッセンジャー、次世代セキュリティやクラウドサービスなどの実装/連携が進み、インテリジェントワークスペースへ進化するとIDCではみています。VDI環境における生体認証、電子サイン、音声/動画も実用段階に入り、多くのユーザー企業で活用されています。本格的に実用化されるSD-WANや2019年にパイロットサービスが予定されている5Gなどのネットワーク環境の進化も、特にDesktop as a Service...

2019年6月21日キャップジェミニフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

エネルギー&ユーティリティにおけるインテリジェントオートメーション

...=disruptdigital_automation_usecase『World Energy Markets Observatory 2018(世界のエネルギー市場観測:2018年)』https://www.capgemini.com/research/world-energy-markets-observatory-2018/ キャップジェミニについてキャップジェミニは、コンサルティング、テクノロジーサービス、デジタルトランスフォーメーションのグローバルリーダーとして、イノベーションの最前線に立ち、進化を続けるクラウド、デジ...

2019年6月20日Linked in★フィードバック数:0キャリアとスキル

リンクトイン調査 「Future of Skills 2019」今、社会人が最も取得したいスキルとは?

...と比較して日本の従業員が不満を抱いていることが分かりました。「社内教育が時代の変化に対応しているか」との問いに対して、「対応している」と回答した従業員は57%と、4カ国中最も少ない結果に終わりました。最も高かったインドでは86%が「変化に対応している」と回答しています。同様に、「社内教育の機会に恵まれているか」との問いには、日本は71%が「そう感じている」と回答したものの、4カ国で最下位でした。この結果を受け、リンクトイン日本代表の村上臣は次のように述べています。「AIやビッグデータ、クラウドコンピューティングの隆盛により、働き方が劇的に変化しています。その...

2019年6月20日KADOKAWAフィードバック数:0デジタル家電

『ファミ通ゲーム白書2019』発刊

...国内クラウドゲーム市場は2022年に100億円突破!/2018年世界ゲームコンテンツ市場は前年比約2割増の13兆1774億円に。~『ファミ通ゲーム白書2019』発刊~ 株式会社Gzブレイン(KADOKAWAグループ) ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、『ファミ通ゲーム白書2019』を6月27日に発刊いたします。本書は、国内をはじめ、北米・欧州・アジア・中東・南米を含む海外主要地域別のゲーム市場や、ユーザー・マーケティング調査など、豊富な最新データや大規模アンケート結果をもとに、国内...

2019年6月17日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

2018年度の自治体向けソリューション市場規模は前年度比0.5%減の6,385億円

...2018年度の自治体向けソリューション市場規模は前年度比0.5%減の6,385億円、今後は横這い・微減推移の見通し~国の方針もあり、自治体クラウド関連ビジネスは好調推移の見込~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内の自治体向けソリューション市場を調査し、市場概況や市場規模推移、将来展望、自治体クラウドビジネスや主要ベンダーの動向などを明らかにした。 自治体向けソリューション市場規模推移・予測1.市場概況2018年度の国内自治体向けソリューション市場規模(事業...

カスタマーサクセスに関する実態調査 第二弾

...ヒト×テクノロジーでカスタマーサクセスを実現 ホーム > ニュース > > 【カスタマーサクセスに関する実態調査】「人材・組織体制に不安」、「何から手をつけたらいいのか」2019年6月13日カスタマーサクセス取り組みこれから「人材・組織体制に不安」、「何から手をつけたらいいのか」必要な概念と理解しつつも進めていくにあたっての不安が推進の障壁に~バーチャレクスとアイティクラウドによる実態調査、第二弾結果~バーチャレクスは、先だってカスタマーサクセス領域における協業推進で合意したクラウド...

2019年6月14日パーソルキャリアフィードバック数:0キャリアとスキル

転職サービス「doda」、「転職人気企業ランキング2019」を発表

...「ZOZO」(同123位)でした。ネットショッピングや音楽・映像の配信、クラウドサービスをはじめ、多角的な事業展開を進める「アマゾンジャパン」は前年から9位順位を上げています。その理由には、「成長性があるから」「革新的なサービスが多くあるから」「時代を作る力を持っているから」といった声が多く挙がりました。7位には営業力と報酬額の高さに定評のある「キーエンス」が、前年から23位順位を上げてランクインしました。回答者が挙げた理由の中では、「給与・待遇がよさそう」(86%)、「優秀な社員が多そう」(61...

2019年6月13日キャップジェミニフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

業界は5G革命に期待するが障壁はいまだ存在する

...模インダストリアル企業のほぼ半数(47%)が、ライセンスの申請を考えています。この最新調査レポート、『5G in Industrial Operations: How Telcos and Industrial companies stand to benefit(インダストリアルオペレーションにおける5G:通信およびインダストリアル企業はどうすれば利益を得る側に立てるか)』によると、5Gは、クラウドコンピューティングに次ぐデジタルトランスフォーメーションの最重要イネーブラと見なされており、製造業企業は5Gによ...

2019年6月12日あしたのチームフィードバック数:0ビジネス

2019年4月 中小企業の働き方改革実態に関する調査

...>> ~2019年4月 中小企業の働き方改革実態に関する調査~ 労働生産性向上のために重要だと思うことは「人材育成」、「社員のエンゲージメントの向上」、「労働生産性が評価される制度」人事評価クラウドで中小企業の働き方改革をおせっかいする株式会社あしたのチーム(本社:東京都中央区、代表取締役会長:髙橋恭介、以下「あしたのチーム」)は、中小企業の経営者と管理職を対象に働き方改革と人事評価に関するインターネット調査を実施いたしました。その結果、働き方改革関連法が施行された4月時点で、労働...

働く主婦、SDGs「知っている」上向き19.3% 4人に1人が生涯働きたい

...なときにそう感じるかを尋ねると、「会話(コミュニケーション・交流)をしているとき」が%で最多となり、「家庭以外の自分の居場所・価値を見つけられたとき」が%、「感謝されたとき」が%と続いた。・働きたいと考える年齢は、「生涯働いていたい」と考える方が、%となり、4人に1人の方が、いくつになっても働けるうちは『働きたい』と考えている。 人手不足と生産性向上の必要性から、国を挙げて「働き方改革」が進む中、年月からは有給休暇の義務化など、「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」が順次施行されています。フィールド・クラウド...

2019年6月4日デルフィードバック数:0企業情報システム

【最新調査レポート】 企業の97%が、基幹業務アプリケーションにマルチクラウド戦略を採用

...【最新調査レポート】 企業の97%が、基幹業務アプリケーションにマルチクラウド戦略を採用 当資料は、2019年4月29日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳版です。2019年5月23日デル株式会社EMCジャパン株式会社【最新調査レポート】企業の97%が、基幹業務アプリケーションにマルチクラウド戦略を採用2019年4月29日、米バージニア州マクリーン発:エンタープライズ クラスのクラウド ソリューション ベンダーでデル テクノロジーズ傘下のVirtustreamは本日、2019年4月の...

2019年6月3日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内サーバー市場 システムタイプ別予測を発表

...モデル別に同市場を見ると、システムタイプに関わらず、Traditional(Non Cloud)からPublic CloudやPrivate Cloudへのシフトが進行しています。SoE/SoI向けでは、ハードウェアからミドルウェア、アプリケーション、さらにはクラウドサービスなどを総合的に提供することが訴求ポイントになる顧客層と、エコシステムを通してサーバーを提供する方が適している顧客層とに分かれるとIDCでは分析しています。総合ITベンダーを標榜してきたベンダーが、成熟...

2019年6月3日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2018年 国内エンタープライズインフラ市場 ベンダーシェアを発表

... Intelligence:人工知能)やML(Machine Learning)/DL(Deep Learning)関連での需要が寄与したとIDCではみています。システムタイプ別に国内エンタープライズインフラ市場を見ると、成長余力があるのはSoE/SoI向けエンタープライズインフラ市場です。また、配備モデル別に同市場を見ると、システムタイプに関わらず、トラディショナル(非クラウド)からクラウドへのシフトが進行しています。これらの状況を踏まえると、ハードウェアからミドルウェア、アプリケーション、さらにはクラウド...

2019年6月3日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内産業分野別/企業規模別 IT支出動向および予測を発表

...「ITサプライヤーは、今後全産業分野/企業規模で始まるクラウドシフトに合わせて、従来のオンプレミス向けのITソリューションを提供するビジネスモデルをベースにした、拡販から保守までの既存の体制を見直す時期にきている」と述べています。今回の発表はIDCが発行した国内 IT 市場 産業分野別/企業規模別予測、 2019 年~ 2023 年 にその詳細が報告されています。本レポートでは、国内IT市場 産業分野別/企業規模別予測、2019年~2023年の予測を製品別、従業員規模別、産業...

2019年6月3日Zendesk★★フィードバック数:0マーケティング

Zendeskカスタマーエクスペリエンス傾向分析レポート2019年版

...タマーサポートの基盤として顧客とのやり取りを一元管理し担当者の業務効率を大幅に向上する「Zendesk Support」を中心に、ナレッジベースとセルフサービスを拡充してサポートの質を向上する「Zendesk Guide」、ライブチャットとメッセージング機能で顧客がより気軽にリアルタイムで問い合わせできるようにする「Zendesk Chat」、カスタマーサポートに不可欠なコールセンターを効率化するクラウド型コールセンターソフトウエアの「Zendesk Talk」などを、組み合わせて使うことができます。また、これらのすべてのツールをひとつのパッケージにした「Zendesk Suite」を導...

2019年4月のGlobal Threat Indexを発表 

...ゆる組織に対応するサイバー・セキュリティ・ソリューションを提供する大手プロバイダーです。業界随一の検出率を誇る先進のソリューションにより、お客様のネットワークを、マルウェアやランサムウェアなどの多岐にわたる第5世代のサイバー攻撃から保護します。企業のクラウドやネットワークのほかモバイル・デバイスに保存されている情報を、今日の第5世代のサイバー攻撃を含めてあらゆる脅威から保護するため、第5世代の脅威に対応するマルチレベルのセキュリティ・アーキテクチャを備え、直感...

2019年5月28日Cylanceフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

セキュリティ担当者8割強が、AIセキュリティに効果があると回答

...ピューター上で不正行為が行われる可能性も急上昇していることから、高度な防御戦略のニーズが浮き彫りになった形です。セキュリティチームが予測による優位性を得るには、特に、マルウェアに対する保護や、これまで捕捉できなかったマルウェア以外の脅威の検知と対処を実現するには、AIの採用が欠かせません。BlackBerry Cylanceでは、モバイル、オンプレミス、クラウドベースと、あらゆるセキュリティ環境にAIが非常に優れた効果をもたらすことをすでに実証済みです。」 調査の結果、多くのセキュリティ担当者が、高度な脅威検知やマルウェア防御から、意思...

2019年5月28日Marketing-Robotics★★フィードバック数:0マーケティング

【調査】インサイドセールス導入13.2%、マーケティングオートメーション導入では、わずか4.9%の結果に

...【調査】インサイドセールス導入13.2%、マーケティングオートメーション導入では、わずか4.9%の結果に 〜米47.2%、欧41.6%がインサイドセールスに従事の中、日本は出遅れの現実、「デジタル営業」に関するアンケート調査を実施〜AI搭載のクラウド営業ロボット「マーケロボ」を開発・運営するMarketing-Robotics株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:田中 亮大)は、全国の企業経営者を対象にセルフ型ネットリサーチサービス「Fastask」を使用し、「デジタル営業」に関...

「Tech Trends 2019日本版」発表

...イトがグローバルで毎年まとめているレポートに日本独自の動向と見解を加えて解説した「Tech Trends 2019日本版」を5月24日に発行しました。 グローバルでは10回目、日本版では5回目となる今年の「Tech Trends」では、これまでの個別テクノロジーフォーカスではなく、より大きな視点から、かつ個別テクノロジーについてはより具体的な視点で、企業の真のデジタルトランスフォーメーション実現に向けた最新トレンドの活用方法を解説しています。登場するテクノロジーの例として、これまでも破壊的な技術革新の象徴とされてきたクラウド、アナリティクスおよびデジタルエクスペリエンスや、新た...

2019年5月24日Adjust★フィードバック数:0マーケティング

Adjust Global App Trends 2019レポート

... Global App Trendsレポートはこちらからダウンロードしてご確認ください。 https://www.adjust.com/ja/resources/ebooks/adjust-global-app-trends-report-2019/adjust株式会社 会社概要Adjustは、モバイル計測およびアドフラウド防止の業界リーダーです。Adjust SDK搭載のアプリのアクティブユーザーは世界で13億を超えており、グローバルで最も使用されています。また、クラウドサービスを使用せず、自社...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
 

お知らせ