調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:中国特集

データがいっぱい:中国特集

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。世界の工場、大きな新市場、領土問題など、さまざまな視点で中国への注目の高まりと共に調査データも多くなってきています。

2019年9月18日矢野経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

健康食品受託製造市場に関する調査を実施(2019年)

...2018年度の健康食品受託製造市場規模は前年度比6.9%増の1,601億円(見込) ~インバウンド、輸出などの海外需要が市場を押し上げ~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内の健康食品受託製造市場を調査し、市場概況や参入企業の動向、将来展望などを明らかにした。1.市場概況健康食品受託製造市場規模は、2017年度は前年度比1.0%増の1,497億円、2018年度は同6.9%増の1,601億円(見込)と拡大基調である。拡大の要因として、インバウンド(訪日外国人客)需要及び中国...

2019年9月17日矢野経済研究所フィードバック数:0デジタル家電

プリンタ世界市場に関する調査を実施(2019年)

...れもメーカー出荷ベース)と順調な推移となった。中型インクジェットプリンタは、プレゼン資料などカラーでの大量出力や、DM/名刺/ハガキなどの軽印刷といった用途に加え、オフィスの中核出力機器としての活用も見込まれており、メーカー各社の製品モデルによってターゲット層も若干異なっている。中型インクジェットプリンタは今後もさまざまな使われ方で広範に普及していくとみられ、出荷台数・出荷金額ともに堅調に推移すると予測する。3.将来展望米中貿易摩擦の激化や中国での金融政策の引き締めなどを要因として、2019年度...

2019年9月10日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

顧客エクスペリエンステクノロジーへのIT支出額は2022年に6,410億ドルに達する見通し

...額が最も大きい地域市場は米国であり、組立製造業および小売業が牽引役になると予測されます。2番目に大きい地域は西ヨーロッパであり、銀行および小売業が最大の業種と予測されます。3番目に大きい市場は中国であり、ヘルスケアおよび小売業のCX支出額が最も大きいと見込まれています。中国は最も高いCX支出成長率が見込まれる市場でもあり、5年間のCAGRは13.6%と予測されています。Worldwide Semiannual Customer Experience Spending Guide は、CXユースケース別のIT支出額について、市場...

2019年9月10日FUN! JAPAN★フィードバック数:0エンタテインメント

日本のどんなコンテンツが視聴されている?FUN! JAPANオンライン調査結果を発表

...とんどなくなりました。一方、違法ダウンロードや違法ストリーミングのサイトも存在します。「ドラマ字幕組」「アニメ字幕組」など、一般の方が自発的に組織を作り、制作したものをダウンロードして閲覧することができます。制作されたデータファイルはネット掲示板、会員用コミュニティ、SNS(WEIBO)での配布が一般的です。また「Bilibili」という中国バージョンのニコニコ動画は、バラエティ、情報番組、アニメなど、字幕なし、および字幕ありでストリーミングを展開しています。「Miomio.tv」も、中国...

2019年9月9日Gushcloud Japan★★フィードバック数:0マーケティング

国内企業・自治体による「インバウンド・デジタル広告市場規模 2018」を推計

...フルエンサーマーケティング市場規模」と定義し、2018年の推計および2020年までの予測を行いました。・2018年のインバウンド・デジタル広告市場規模は298億円、2020年は506億円に2018年のインバウンド・デジタル広告市場規模は、298億円と推計。広告費に占めるデジタル広告の比率は、中国・韓国・東南アジアを中心に高い水準を占めています。2019年のインバウンド・デジタル広告市場規模は369億円、前年比123.8%と国内市場の成長率よりも高い水準となることを予測します。2020年には、2018年比約169.8%の506億円...

2019年9月5日App Annie★★フィードバック数:0モバイル

<App Annie調べ>2019年上半期 国内アプリTOP10ランキング発表

...の人気を誇っていることが分かります。現在、収益額のトップ10は、日本のアプリパブリッシャーが8割を占めていますが、ここで注目すべきは、「荒野行動」と「Pokemon GO」の2つの海外ゲームアプリがランクインしている点です。このランキングの結果から、今後、中国やアメリカのゲームアプリが日本での収益を見込み、日本のゲームアプリ市場への参入が増加していく可能性があります。非ゲームカテゴリー収益ランキングは、マンガ・マッチング・動画アプリの人気が顕著ゲームを除くカテゴリーにおいての、収益ランキングは、漫画、マッチング、動画...

2019年9月3日Gushcloud Japan★フィードバック数:0マーケティング

国内企業・自治体による「インバウンド・デジタル広告市場規模 2018」を推計

...フルエンサーマーケティング市場規模」と定義し、2018年の推計および2020年までの予測を行いました。・2018年のインバウンド・デジタル広告市場規模は298億円、2020年は506億円に2018年のインバウンド・デジタル広告市場規模は、298億円と推計。広告費に占めるデジタル広告の比率は、中国・韓国・東南アジアを中心に高い水準を占めています。2019年のインバウンド・デジタル広告市場規模は369億円、前年比123.8%と国内市場の成長率よりも高い水準となることを予測します。2020年には、2018年比約169.8%の506億円...

2019年9月2日矢野経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

トイレタリー市場に関する調査を実施(2018年)

...,300万円となった。市場は2017年度も成長を続けているが、その要因としては以下のようなことが挙げられる。訪日外国人客によるインバウンド需要は中国人観光客を中心に堅調である。一方、国内消費は最大ボリュームゾーンの中高年層および高齢者層を中心とした消費が堅調に推移、男女共通の悩みである生理現象に対応したサニタリー製品(経度失禁用品など)需要の拡大、また、老若男女に幅広く口腔ケアの概念が浸透し、口腔ケアカテゴリーが好調である。制汗...

『デジタルコンテンツ白書2019』9月1日発刊

...シャルメディア/モバイルサービス/放送/新聞/出版などのメディア分野別動向、またアメリカ/中国/韓国といった海外の状況を、国内外の専門家の執筆により明らかにしております。また、今回は「動画の時代へ~伸張するネットワークメディアで流通するコンテンツの全体像~」を特集テーマとして取り上げるなど、コンテンツビジネスの“いま”を知る必携の書となっております。日本のコンテンツ市場は約12兆円とほぼ横ばいに推移するなか、コンテンツを消費するメディアはパッケージからネットワークへの置き換えが進み、2018年には「ネッ...

2019年8月29日レノボ・ジャパンフィードバック数:0社会/政治

テクノロジーを使いこなす人は「11歳若い気分」 レノボ、世代ギャップや子育て世代への影響を調査

...答・67%が、スマートデバイスが健康のために役立っていると回答 なおこの調査は、世界10か国(日本、米国、メキシコ、ブラジル、中国、インド、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア)でのべ15,226人を対象に、2019年3月から4月にかけて実施しました。 新興国ほど、年配層もスマートテクノロジーを使いこなし若者世代と交流 テクノロジーのおかげで若返った気分になれるとした回答者の比率が最も高かったのは中国で、70%に達しました。情報弱者という言葉に表されたように、テク...

2019年8月29日野村総合研究所★★フィードバック数:0社会/政治

シニア世代の就業や生活行動は65歳を境に大きく転換

...点で評価した点数の平均値を算出したもの※図表の出所は全て、「変わるシニア世代の就業意識・行動」(2019年 NRI社会情報システム㈱)調査概要目的シニア世代の就業状況や働く意識、さらにはライフスタイル、価値観など行動実態を把握し、今後のシニア就業機会拡大に向けた考察、提言を行う 調査方法野村総合研究所が提供するインターネット調査「TrueNavi」によるアンケート 調査時期2019年3月 回答者 北海道:100、東北:83、北関東:87、東京:313、南関東:540、甲信越:50、北陸:23、東海:202、近畿:354、中国:74...

パーソル総合研究所、日本の「はたらく意識」の特徴を国際比較調査で明らかに

...における主要都市ではたらく人を調査対象としています。1.中国(北京、上海、広州)、2.韓国(ソウル)、3.台湾(台北)、4.香港、5.タイ(バンコク)、6.フィリピン(メトロマニラ)、7.インドネシア(ジャカルタ)、8.マレーシア(クアラルンプール)、9.シンガポール、10.ベトナム(ハノイ、ホーチミンシティ)、11.インド(デリー、ムンバイ)、12.オーストラリア(シドニー、メルボルン)、13.ニュージーランド、14.日本(東京・大阪・愛知)「APACの就業実態・成長意識調査」の要旨(1)上昇志向に関する日本の特徴管理職志向・出世...

2019年8月26日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

アクセンチュア最新調査――製造業における先進企業は、PoCの半数以上を本格化し、20%超の投資収益率を達成

...役職層や中間管理職、さらには外部組織との間で、連携を促したり、説明責任の基準をより明確に策定したりすることが、有効な取り組みとなります。優秀企業以外の企業は、こうした優秀企業の行動を参考にすることで、RODIを大幅に向上させることが可能になります。」 調査方法 アクセンチュアは、産業分野の企業が実証段階の取り組みを本格化することで、どのようにデジタル変革を推進しているかを調べるため、日本、オーストラリア、ブラジル、カナダ、中国、フィンランド、フランス、ドイツ、インド、イタリア、ノルウェー、スペイン、スウェーデン、スイ...

7.2兆円産業に成長のドラッグストア、40万枚のレシートから分析

...エルシアG(東京都)」、「2位ツルハG(北海道)」、「3位マツモトキヨシG(千葉県)」、「4位サンドラッグ(東京都)」、「5位スギG(愛知県)」と続く。1位から10位までの10社で7割を占める。エリア別では、「ウエルシアG」は傘下に入ったチェーンにより甲信越で、18年下期9.9%から、19年上期27.8%(17.9ポイントアップ)で大幅にシェアを伸ばす。また、「ツルハG」は北海道・東北、「コスモス薬品(福岡県)」は九州沖縄といった、地場の特定地域に大量出店をするドミナント戦略で、シェアを獲得。中国...

2019年8月19日Baidu★★フィードバック数:0社会/政治

Simejiランキング 「流行りの若者言葉・略語TOP10」

...に、2014年9月にはiOS版を提供開始、2019年8月時点で約1,740万ダウンロードを達成、両OS併せて3,700万ダウンロードを達成しました。また、App Store「Best of 2016 今年のベスト」ランキング:無料カテゴリにもランクインしました。フリック入力や顔文字入力、アスキーアート入力のようなユニークな入力キーボードに加え、中国百度のAI技術を活用した音声入力にも対応し、ユニークできめ細やかな文字入力体験を提供しています。またメールやSNSのコ...

2019年8月19日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2019年7月の全国企業倒産802件

...ぶりに前年同月を下回った。 地区別 9地区のうち北海道を除く8地区で前年同月を上回る 2019年7月の地区別件数は、9地区のうち、北海道を除く8地区で前年同月を上回った。増加が減少を上回るのは3カ月連続で、8地区の増加は今年最多。四国は16件(前年同月比6.6%増)で、5カ月連続の増加。北陸23件(同21.0%増)は4カ月連続、東北49件(同63.3%増)、中国33件(同13.7%増)、九州69件(同15.0%増)は3カ月連続、関東300件(同12.3%増)は2カ月連続、中部115件(同21.0%増)は9カ月ぶり、近畿182...

2019年8月16日レノボ・ジャパンフィードバック数:0デジタル家電

75%の保護者が「子供がネットで調べるようになったから宿題の手伝いをしなくて済むようになった」と回答

...シコ、ブラジル、中国、インド、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア)のべ15,226人を対象にした国際調査を2019年3月から4月にかけて実施し、本日、教育分野における調査結果を発表しました。 その結果75%の保護者が、子供たちは学校の宿題を保護者に手伝ってもらわずネットで調べていると答えたことが明らかになりました。この傾向が最も顕著に見られたのはインド(89%)と中国(85%)で、いずれの国でも近年子供の学習を支援するためにテクノロジーを利用する保護者が増加しています。一方、最も...

2019年8月15日エイチームフィードバック数:0社会/政治

「お盆」に関する調査 お盆に“おはぎ”を食べる人は約7割!

...墓の形は昔ながらの和型墓石が人気お墓を建てる場所は「景色の良い場所」が一番人気【調査概要:お盆・お墓に関する意識調査】調査方法:インターネット調査 調査対象:20代~70代 男女調査期間:2019年8月1日~8月7日 調査エリア:全国 サンプル総数:404-「お盆」とは?-お盆とは、夏の季節に祖先や死者の霊を祀る一連の行事のことです。現代の日本では、8月13日(迎え盆)から15日(送り盆)とされていますが、お盆の時期は今でも地域によって異なります。中国で作られた『盂蘭盆経(うらぼんきょう)』というお経が原点であり、もともとは夏の仏教行事である「盂蘭...

2019年7月31日矢野経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

国内アイウエア小売市場に関する調査を実施(2018年)

...で着地した。近年のアイウエア小売市場を取り巻く環境は、人口減少やライセンスビジネスの低迷、生産の中国シフトや海外からの低価格品の流入などにより厳しさを増している。また、今後の円安によるコスト増加、消費税率引き上げなどの影響による消費マインドの弱まりや物価動向を踏まえると、その先行きは予断を許さない状況が続いている。市場規模の拡大という意味ではこれまで苦戦を強いられてきたが、その一方で、商品開発など熾烈な企業間の競争が行われることで、参入企業の目まぐるしい攻守の入れ替えが起こるなど、市場...

2019年7月30日アスマークフィードバック数:0大型消費/投資

【中国】訪日観光に関するアンケート調査<第二弾>

...【中国】訪日観光に関するアンケート調査<第二弾>< TOPICS >訪日経験のある中国人女性は、人生の楽しみを最適化するオプティマイザー日本製の化粧品は期待値より体験効果が日本製家電への期待値は他の製品を圧倒して高いQ.あなたの価値観についておうかがいします。以下のそれぞれについてあてはまるものをお答えください。(複数選択可)訪日経験者は、経済的に余裕があり、「人生を楽しむ為に時間やお金を使う」人が多い。その中でも、男性より女性の方がその傾向は強い。訪日経験のある中国の女性は、人生...

2019年7月30日ユニクロ★フィードバック数:0ライフスタイル

日本の夏に関する実態調査

...出ると非常に暑く感じる。」(中国/30歳女性)・「エアコンなしで夜寝ることはできないが、寝ている間中エアコンの冷気にあたるのは嫌だ。」(オーストラリア/40歳女性)4割以上の外国人が、日本に来てから夏の服装が変わった!より涼しさ&通気性の良さを重視 多くの外国人が、日本の夏の暑さが原因で、困ったというエピソードを持っていましたが、その中でも多く挙がったのが“衣服の悩み”。調査で「日本に来てから、夏に着用する服装は変わりましたか?」と聞いてみると、41.9%の外国人が服装が変わったと回答!ユニクロのエアリズムなど、機能...

2019年7月23日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

バーチャルキー世界市場に関する調査を実施(2019年)

...」の運用を開始している。3.将来展望バーチャルキー世界市場では、先行した米国市場に続くのはEUを中心とした欧州市場となる見通しである。EUでも緊急通報システム「e-call」の搭載が義務化されており、また、同分野で出遅れている世界最大の自動車メーカーであるドイツのVOLKSWAGENは2019年秋に発表予定の主力モデルの新型車以降、「次世代」インフォテイメントシステムの搭載及びバーチャルキーへの対応を発表しており、同分野への取り組みを強化する見通しである。また、世界最大の自動車市場である中国...

2019年7月19日IDCフィードバック数:0企業情報システム

スマートシティ・イニシアティブは2023年の支出が1895億ドルに拡大すると予測

...の予測期間で見ると、支出が急激に伸びるユースケースはV2X(Vehicle-to-Everything)接続、デジタルツイン、および警察官用ウェアラブルです。シンガポールはVirtual Singaporeプロジェクトに牽引され、スマートシティ・イニシアティブ最大の投資を行います。総支出額で2番目に大きいのはニューヨークシティであり、東京とロンドンが続きます。北京と上海は基本的に第5位を分け合っており、両都市の支出額は2020年に10億ドルを超える見込みです。地域別に見ると、米国、西欧、中国が予測期間にわたって、スマ...

2019年7月19日ドクターシーラボフィードバック数:0大型消費/投資

海水浴好きNo.1は●●地方、嫌いNo.1は●●地方!

...・関西・中国・四国・九州・沖縄)18歳~59歳 男女1,067名関東・中国地方「海水浴が好き!」。中部地方の約7割以上「嫌い」海水浴が好きかについての調査では、1位が同率「関東(50.0%)」「中国(50.0%)」、3位「北海道(48.3%)」という結果に。関東の7県のうち3県が海に面していない内陸県ですが、海水浴好きが多いようです。また、“海=沖縄”をイメージしがちですが沖縄は6位(45.3%)、そして最も海水浴が嫌いな地方は「中部(28.0%)」とな...

2019年7月16日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2019年上半期(1-6月)の全国企業倒産3991件

...、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、山梨)中部(長野、岐阜、静岡、愛知、三重)北陸(富山、石川、福井)近畿(滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山)中国(広島、岡山、山口、鳥取、島根)四国(香川、徳島、愛媛、高知)九州(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)MT映像ディスプレイ(株)/大阪府/ブラウン管製造、補修サービス/1,033億2,600万円/特別清算(株)エメラルドグリーンクラブ/東京都/ホテル経営ほか/450億円/民事再生法サンユウ産業(株)/東京都/ゴルフ場経営/232億円...

2019年7月16日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2019年6月の全国企業倒産734件

...地区のうち、7地区で前年同月を上回った。四国は20件(前年同月比42.8%増)で、4カ月連続の増加。北陸22件(同46.6%増)は3カ月連続、東北33件(同6.4%増)、中国34件(同70.0%増)、九州59件(同11.3%増)は2カ月連続、北海道25件(同31.5%増)は10カ月ぶり、関東278件(同11.6%増)は2カ月ぶりに前年同月を上回った。四国は飲食料品製造業などの製造業(1→5件)や飲食業などのサービス業他(3→7件)などで増加。東北は建設業(5→12件)、中国...

自治体コミュニケーションの未来を展望する調査 2019

...ライアントへのサービス提供を行いません。詳細は www.deloitte.com/jp/about をご覧ください。デロイト アジア パシフィック リミテッドはDTTLのメンバーファームであり、保証有限責任会社です。デロイト アジア パシフィック リミテッドのメンバーおよびそれらの関係法人は、オーストラリア、ブルネイ、カンボジア、東ティモール、ミクロネシア連邦、グアム、インドネシア、日本、ラオス、マレーシア、モンゴル、ミャンマー、ニュージーランド、パラオ、パプアニューギニア、シンガポール、タイ、マーシャル諸島、北マリアナ諸島、中国(香港...

2019年7月11日矢野経済研究所★★フィードバック数:0マーケティング

国内キャッシュレス決済市場に関する調査を実施(2019年)

....注目トピックQRコード決済の普及拡大新たな決済サービスとして、QRコード決済の導入事業者、及び利用者が急速に拡大している。国内QRコード決済市場規模は、今後は2兆円を突破する水準まで拡大するとみる。QRコード決済は、中国で普及しているAlipayやWeChatPayの利用者を取り込むことを目的として、日本の加盟店での導入が進んできた。2018年に入り、日本国内でQRコード決済サービスを提供する事業者が急速に増加し、導入コストの低さや手数料率の低さを訴求し、導入企業の拡大に取組んでいる。また、QR...

2019年7月4日ソフトバンクフィードバック数:0モバイル

全国1,200人に聞く、スマートフォンの通信利用に関する実態調査

...、中国 n=70、四国 n=27、九州・沖縄 n=98 / 四国はnが30以下のため参考値)図表3 自宅にインターネット環境がない人の割合:地域別(SA、北海道 n=49、東北 n=89、北関東 n=118、南関東 n=157、東京 n=186、北陸信越 n=49、東海 n=138、大阪 n=112、近畿(大阪府を除く) n=107、中国 n=70、四国 n=27、九州・沖縄 n=98 / 四国はnが30以下のため参考値)■(2)ほぼ毎月「ギガ死」になる人の傾向は、「20代の男性」「15~19歳の...

日本のスポーツ観戦は「試合中」に期待が偏重 「スポーツ観戦体験グローバル調査レポート~サッカー編」

...ライアントへのサービス提供を行いません。詳細は www.deloitte.com/jp/about をご覧ください。デロイト アジア パシフィック リミテッドはDTTLのメンバーファームであり、保証有限責任会社です。デロイト アジア パシフィック リミテッドのメンバーおよびそれらの関係法人は、オーストラリア、ブルネイ、カンボジア、東ティモール、ミクロネシア連邦、グアム、インドネシア、日本、ラオス、マレーシア、モンゴル、ミャンマー、ニュージーランド、パラオ、パプアニューギニア、シンガポール、タイ、マーシャル諸島、北マリアナ諸島、中国(香港...

2019年7月1日エアトリフィードバック数:0キャリアとスキル

「外国人労働者」に関するアンケート

...に外国籍の人がいる方が多数派であることが分かりました。 また、外国籍の人がいる割合が最も高い業種は「メーカー」(79.7%)、次点は「IT・通信・インターネット」(78.9%)となりました。調査2:(職場に外国籍の人がいる(いた)人)職場の外国籍の人はどの国の方でしたか? 6割以上が「中国」と回答 ―「中国」が62.0%で最多となりました。次に「韓国」(34.1%)、「ベトナム」(25.7%)と続きました。調査3:職場の外国籍の人がきっかけでその国に興味を持ったことがありますか? 約6割が興味を持ったこと「あり」 ―過半数が、職場...

グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック2019‐2023

...4,000万世帯と、年平均38.1%で増加する見込みです。PwC中国法人、グローバルテクノロジー・メディア・テレコムインダストリーのリードパートナーであるウィルソン・チョウ(Wilson Chow)は、次のように述べています。「5Gは今後10年間、テクノロジー、メディア、通信業界のバリューチェーン全体に影響を及ぼし続けます。携帯電話やその他のモバイルデバイスを通じて、より多くのメディアにより便利で安価にアクセスできるようになり、パーソナライゼーションへと向かう動きをさらに加速させるでしょう。5G...

2019年6月20日Linked in★フィードバック数:0キャリアとスキル

リンクトイン調査 「Future of Skills 2019」今、社会人が最も取得したいスキルとは?

...良い経済的チャンスを作り出すことです。リンクトインは6億3000万人以上の会員を持ち、中国を含む全世界でサービスを展開しています。報道機関の問合せ先リンクトイン・ジャパン株式会社 広報代理(エデルマン・ジャパン株式会社)担当:良知、秋澤 TEL: 03-4360-9000...

2019年6月20日KADOKAWAフィードバック数:0デジタル家電

『ファミ通ゲーム白書2019』発刊

...ターテイメント業界の現状と展望を考察した1冊となっています。<注釈>※市場規模の数値は、億円以下を四捨五入した値※1:「モバイルゲーム」は、スマートフォン、タブレット向けのゲーム収益合計※2:「アジア」は、日本、中国、韓国の集計を合算※3:「北米」は、米国、カナダの集計を合算※4:「欧州」は、西・中央・東ヨーロッパ諸国全域の集計で、家庭用パッケージのみ、英国、ドイツ、フランス、スペイン、イタリア、スカンジナビア、ベネルクス地域の集計を合算※5:「オンラインプラットフォーム」は、ゲームアプリ※5、フィ...

2019年6月19日エアトリ★フィードバック数:0大型消費/投資

夏休み人気急上昇渡航先ランキング

...でに出発する海外航空券の予約数を昨年の同時期を比較したところ、最も予約数が伸長したのは中国の「北京」(前年比:191.3%)でした。世界最大のハブ空港建設中の北京 1位は中国の首都「北京」となりました。国際線と国内線を合わせた航空旅客数が世界で2位の中国は、2020年代半ばにはアメリカを抜き1位になる事が予想されるほど、旅客数が増加しています。 北京では2019年9月開港に向けて、日本の代表的な競技場建設時に話題となった世界的建築家の設計によるターミナルを採用する「北京大興国際空港」が建設中です。開港時は滑走路4本で運用を開始し、将来的には滑走路を7本に...

2019年6月17日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2018年の国内PLM市場規模は2,675億円で前年比6.0%増

...における課題になると考える。3.将来展望2019年に入り、米国と中国の貿易摩擦により中国経済の失速が見込まれる。日本においては、電機・電子部品メーカーがその影響を受ける見通しである。また、日本国内では、2019年10月に消費税率が8%から10%に上がることが予定されている。これらを背景として、経済には先行き不透明な要因が多く、これまで旺盛だった製造業の設備投資意欲が減退する可能性もある。こうしたことから、日本のPLM市場は若干減速し、2019年の国内PLM市場規模(システムメーカー出荷金額ベース)は前年比3.9%増の2...

2019年6月12日アスマーク★フィードバック数:0大型消費/投資

【中国】訪日観光に関するアンケート調査

...【中国】訪日観光に関するアンケート調査訪日経験率は30代が最も高く、ショッピングの情報収集は「ネット検索」が圧倒的中国の20代~60代男女、直近1年以内の訪日経験者または予定者 ・基本属性(性別、年齢、婚姻状況、月収)・訪日経験・訪日時同行者・日本への期待度・日本でしたこと・日本の満足度・ショッピングの情報収集・購入商品の事前決定・購入商品変更理由・訪日予定時期(訪日予定者)・日本でしたいこと(訪日予定者)・日本製品のイメージ…日用品/生活雑貨、家電、ファッション、化粧品、食品)・日本...

驚異的成長のAmazonがトップに躍進 世界で最も価値のある日本ブランドはTOYOTA 、 急成長の日本ブランドは資生堂

...わたるテクノロジーブランドの支配に終止符を打ったことになります。エコシステムモデルが急成長のカギとなり、消費者を獲得図表1のTop10ブランドを見ると、Facebook(フェイスブック)が6位にとどまった一方で、Alibaba(アリババ)が初めてTencent(テンセント)を抜いて最も価値のある中国ブランドとなり、2ランクアップの7位となりました。Tencentは3ランクダウンの8位に後退しています。その原因は、市場がより不安定になり、各ブランドが消費者の期待感やニーズの進化に絶えず応えていかなければならなくなったことにあると考えられます。その...

2019年6月11日マイナビフィードバック数:0キャリアとスキル

2020年卒 マイナビ大学生Uターン・地元就職に関する調査

...%→2020年卒51.0%)をはじめ、「四国」の19.7pt減少(2012年卒63.6%→2020年卒43.9%)、「中国」の18.9pt減少(2012年卒72.0%→2020年卒53.1%)となった。また、地元大学に進学した学生(地元進学者)の地元就職希望率69.4%(前年比2.3pt減)に対し、地元外の大学に進学した学生(地元外進学者)は33.4%(前年比0.4pt減)で、いずれも、この9年で減少している。地方における人材確保は喫緊の課題だが、学生の関心が低くなっていることがうかがえる。■ 地元...

2019年6月6日NTTデータ★★フィードバック数:0マーケティング

ソーシャルビッグデータを活用した全国インバウンド観光調査

...ートとしてまとめました。本調査は全国47都道府県を対象とした調査となっており、他エリアの調査結果を参考にすることが可能です。また、実際の訪日観光客の生の声を分析に使うことによって、訪日観光客にとって魅力ある穴場スポットやどのような施設に魅力を感じているか、日本国内の主要観光スポットの相関など、よりリアルなニーズを明らかにしています。 2. 調査概要Twitter全量データ、Weiboデータ、観光レビューサイトデータ 英語のTwitterの投稿 1,484,339件(英語・中国語・韓国語)、Weiboの投稿 216,659...

2019年6月5日アクセンチュア★★フィードバック数:0マーケティング

アクセンチュア最新調査――先進的なCMOは、顧客体験を起点に組織間コラボレーションを促すことで、ビジネス価値向上に寄与していることが判明

...ト効率の高い技術を使って拡張可能かつパーソナライズできるマーケティング・プログラムを実行することです。」本調査レポートの詳細については、www.accenture.com/jp-ja/insights/consulting/cmoをご参照ください。 調査方法アクセンチュアは、企業が成長していく上でCMOが果たすべき役割を探るため、世界12カ国(日本、オーストラリア、ブラジル、カナダ、中国、フランス、ドイツ、イタリア、シンガポール、スペイン、英国、米国)の17の業界のCMOとCEOを対象にアンケート調査を実施しました。年商5億ドル以上の企業が対象で、回答...

世界の「投信マネー」(2019年4月) 全体では流出超に転換したが債券ファンドへの流入続く

...リスクの高い資産へと投信マネーがシフトする可能性もあると考えられ、今後の世界景気の動向が注目されます。(注1)EPFRグローバル:米国に本社を置く金融商品の調査会社。2019年3月末現在34.2兆ドル規模の世界のファンドの資金フローデータを持つ。(注2)データは2017年12月~2019年4月。週次ベース。2017年12月からの累計。(注3)「アジア」は日本、豪州、ニュージーランド、香港、シンガポール。(注4)「GEM」はGlobal Emerging Markets(世界の新興国市場全体に投資するファンドの総称)。(注5)「EMアジア(新興アジア)」は中国...

「Tech Trends 2019日本版」発表

...覧ください。デロイト アジア パシフィック リミテッドはDTTLのメンバーファームであり、保証有限責任会社です。デロイト アジア パシフィック リミテッドのメンバーおよびそれらの提携法人は、オーストラリア、ブルネイ、カンボジア、東ティモール、ミクロネシア連邦、グアム、インドネシア、日本、ラオス、マレーシア、モンゴル、ミャンマー、ニュージーランド、パラオ、パブアニューギニア、シンガポール、タイ、マーシャル諸島、北マリアナ諸島、中国(香港およびマカオを含む)、フィリピンおよびベトナムでサービスを提供しており、これ...

2019年5月20日経済産業省★★フィードバック数:0マーケティング

電子商取引に関する市場調査

...巨大市場が形成されたことになります。フリマアプリの推定市場規模(単位:億円)(3)日本・米国・中国の3か国間における越境電子商取引の市場規模平成30年において、日本・米国・中国の3か国間における越境ECの市場規模は、いずれの国の間でも増加しました。特に、中国消費者による日本事業者からの越境EC購入額は1兆5,345億円(前年比18.2%増)、米国事業者からの越境EC購入額は1兆7,278億円(前年比18.5%増)であり、中国消費者による越境EC購入額の拡大が目立っています。2.電子商取引に関する市場調査について本調査は、電子...

2019年5月20日ベリタスフィードバック数:0企業情報システム

ベリタス、データ管理の効率性が収益にもたらす影響についてグローバルの調査結果を発表

...、2018年10 月から 11 月にかけて実施し、米国、イギリス、フランス、ドイツ、スイス、UAE、カナダ、メキシコ、ブラジル、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、中国、日本、韓国の15カ国、合計 1,500 名の IT 部門の意思決定者およびデータ管理者に対してインタビューを行いました。Vanson Bourne 社についてhttps://www.vansonbourne.com/Vanson Bourne 社は、テクノロジー分野の市場調査を専門とする独立系企業です。妥協...

2019年5月16日Splunk★フィードバック数:0企業情報システム

ダークデータに関する調査 - 多くの企業が業績向上やキャリアアップに対する安定志向が強いことが明らかに

...タはデバイス、システム、人を結び付け、人々がかつてないほどの成長スピードでデータを介してつながりつつある時代において、企業ではデータ活用が最優先事項として挙げられているものの、実際の取り組みはまったく進んでいない現状が浮き彫りになりました。米国、英国、フランス、ドイツ、中国、日本、オーストラリア各国の回答者の 76% が、「最も多くのデータを活用する企業が成功する」という考えに同意しています。60% の回答者が、社内データの半分以上がダークデータであると答え、3 分の 1 の回答者が、社内データの 75% 以上...

2019年5月15日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

ビッグデータ/ビジネスアナリティクスソリューションの支出額は今年1,891億ドルに達し、2022年まで年間2桁の成長率が続く見通し

...業界は強力な成長率を背景に、2022年には連邦/中央政府を追い抜いて5番目に大きい業界になると予測されています。地域別に見ると、最大の国別市場は米国です。今年は1,000億ドル近いBDAの支出額が見込まれ、他の地域に大差を付けています。日本と英国は、今年の支出額がそれぞれ96億ドル、92億ドルと予測され、次いで中国(86億ドル)、ドイツ(79億ドル)の順となっています。最も高い成長率が見込まれるBDA市場は、アルゼンチンとベトナムであり、5年間のCAGRがそれぞれ23.1%、19.4%と予測されています。第3位は中国で、19.2...

2019年5月13日アリババ★フィードバック数:0マーケティング

GW期間における、中国人観光客のアリペイ消費統計データを発表

...2019.05.09ニュースリリース アリペイGW期間における、中国人観光客のアリペイ消費統計データを発表 アリペイ、日本は取引件数ランキングで世界位に。一人あたりの平均消費額は前年比%増。アント フィナンシャル サービスグループは年月日、中国のゴールデンウィーク期間(年月日~日)における、中国人観光客(台湾、香港、マカオからの観光客を除く)のアリペイ消費統計データを発表しました。■取引件数:日本は世界4位中国のゴールデンウィーク期間中、中国人観光客のアリペイを通じた取引件数において、日本...

2019年5月10日Zuora★★フィードバック数:0ビジネス

世界の「サブスクリプション」における実態調査 日本人の7割以上が「所有」より「利用」を選択

...査期間:2018年10月26日~11月4日 ※このオンライン調査は確率標本に基づくものではないため、理論的サンプリングの誤差を試算することはできません。◆日本人の75%は「持っているモノを減らしたい」と思っている今回の調査で、日本人の75%が「持っているモノを減らしたい」と思っていることがわかりました。これはほかの国(アメリカ、イギリス、オーストラリア、中国、フランス、ドイツ、イタリア、オランダ、ニュージーランド、スペイン)よりもかなり高い割合です。◆日本人の72%は、人のステータスを「持っているモノ」では...

TMT Predictions 2019 日本版

...のメディア業界に変化を与えうる要素として、スポーツベッティングとeスポーツ、ラジオを取り上げ、市場展開や取り組みの可能性について述べています。さらに、テクノロジー発展の恩恵を享受して拡大している中国のインパクトにも注目し、特に通信環境と半導体市場について現状を紹介するとともに、日本企業にとってどのような打ち手があるかを検討しています。このほか日本オリジナルのコンテンツとして、APIエコノミー、IoTの活用/セキュリティリスク、ロボティクスについて、独自の視点で取りまとめました。本レ...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
 

お知らせ