調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:中国特集

データがいっぱい:中国特集

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。世界の工場、大きな新市場、領土問題など、さまざまな視点で中国への注目の高まりと共に調査データも多くなってきています。

2019年7月16日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2019年上半期(1-6月)の全国企業倒産3991件

...、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、新潟、山梨)中部(長野、岐阜、静岡、愛知、三重)北陸(富山、石川、福井)近畿(滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山)中国(広島、岡山、山口、鳥取、島根)四国(香川、徳島、愛媛、高知)九州(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄)MT映像ディスプレイ(株)/大阪府/ブラウン管製造、補修サービス/1,033億2,600万円/特別清算(株)エメラルドグリーンクラブ/東京都/ホテル経営ほか/450億円/民事再生法サンユウ産業(株)/東京都/ゴルフ場経営/232億円...

2019年7月16日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2019年6月の全国企業倒産734件

...地区のうち、7地区で前年同月を上回った。四国は20件(前年同月比42.8%増)で、4カ月連続の増加。北陸22件(同46.6%増)は3カ月連続、東北33件(同6.4%増)、中国34件(同70.0%増)、九州59件(同11.3%増)は2カ月連続、北海道25件(同31.5%増)は10カ月ぶり、関東278件(同11.6%増)は2カ月ぶりに前年同月を上回った。四国は飲食料品製造業などの製造業(1→5件)や飲食業などのサービス業他(3→7件)などで増加。東北は建設業(5→12件)、中国...

自治体コミュニケーションの未来を展望する調査 2019

...ライアントへのサービス提供を行いません。詳細は www.deloitte.com/jp/about をご覧ください。デロイト アジア パシフィック リミテッドはDTTLのメンバーファームであり、保証有限責任会社です。デロイト アジア パシフィック リミテッドのメンバーおよびそれらの関係法人は、オーストラリア、ブルネイ、カンボジア、東ティモール、ミクロネシア連邦、グアム、インドネシア、日本、ラオス、マレーシア、モンゴル、ミャンマー、ニュージーランド、パラオ、パプアニューギニア、シンガポール、タイ、マーシャル諸島、北マリアナ諸島、中国(香港...

2019年7月11日矢野経済研究所★★フィードバック数:0マーケティング

国内キャッシュレス決済市場に関する調査を実施(2019年)

....注目トピックQRコード決済の普及拡大新たな決済サービスとして、QRコード決済の導入事業者、及び利用者が急速に拡大している。国内QRコード決済市場規模は、今後は2兆円を突破する水準まで拡大するとみる。QRコード決済は、中国で普及しているAlipayやWeChatPayの利用者を取り込むことを目的として、日本の加盟店での導入が進んできた。2018年に入り、日本国内でQRコード決済サービスを提供する事業者が急速に増加し、導入コストの低さや手数料率の低さを訴求し、導入企業の拡大に取組んでいる。また、QR...

2019年7月4日ソフトバンクフィードバック数:0モバイル

全国1,200人に聞く、スマートフォンの通信利用に関する実態調査

...、中国 n=70、四国 n=27、九州・沖縄 n=98 / 四国はnが30以下のため参考値)図表3 自宅にインターネット環境がない人の割合:地域別(SA、北海道 n=49、東北 n=89、北関東 n=118、南関東 n=157、東京 n=186、北陸信越 n=49、東海 n=138、大阪 n=112、近畿(大阪府を除く) n=107、中国 n=70、四国 n=27、九州・沖縄 n=98 / 四国はnが30以下のため参考値)■(2)ほぼ毎月「ギガ死」になる人の傾向は、「20代の男性」「15~19歳の...

日本のスポーツ観戦は「試合中」に期待が偏重 「スポーツ観戦体験グローバル調査レポート~サッカー編」

...ライアントへのサービス提供を行いません。詳細は www.deloitte.com/jp/about をご覧ください。デロイト アジア パシフィック リミテッドはDTTLのメンバーファームであり、保証有限責任会社です。デロイト アジア パシフィック リミテッドのメンバーおよびそれらの関係法人は、オーストラリア、ブルネイ、カンボジア、東ティモール、ミクロネシア連邦、グアム、インドネシア、日本、ラオス、マレーシア、モンゴル、ミャンマー、ニュージーランド、パラオ、パプアニューギニア、シンガポール、タイ、マーシャル諸島、北マリアナ諸島、中国(香港...

2019年7月1日エアトリフィードバック数:0キャリアとスキル

「外国人労働者」に関するアンケート

...に外国籍の人がいる方が多数派であることが分かりました。 また、外国籍の人がいる割合が最も高い業種は「メーカー」(79.7%)、次点は「IT・通信・インターネット」(78.9%)となりました。調査2:(職場に外国籍の人がいる(いた)人)職場の外国籍の人はどの国の方でしたか? 6割以上が「中国」と回答 ―「中国」が62.0%で最多となりました。次に「韓国」(34.1%)、「ベトナム」(25.7%)と続きました。調査3:職場の外国籍の人がきっかけでその国に興味を持ったことがありますか? 約6割が興味を持ったこと「あり」 ―過半数が、職場...

グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック2019‐2023

...4,000万世帯と、年平均38.1%で増加する見込みです。PwC中国法人、グローバルテクノロジー・メディア・テレコムインダストリーのリードパートナーであるウィルソン・チョウ(Wilson Chow)は、次のように述べています。「5Gは今後10年間、テクノロジー、メディア、通信業界のバリューチェーン全体に影響を及ぼし続けます。携帯電話やその他のモバイルデバイスを通じて、より多くのメディアにより便利で安価にアクセスできるようになり、パーソナライゼーションへと向かう動きをさらに加速させるでしょう。5G...

2019年6月20日Linked in★フィードバック数:0キャリアとスキル

リンクトイン調査 「Future of Skills 2019」今、社会人が最も取得したいスキルとは?

...良い経済的チャンスを作り出すことです。リンクトインは6億3000万人以上の会員を持ち、中国を含む全世界でサービスを展開しています。報道機関の問合せ先リンクトイン・ジャパン株式会社 広報代理(エデルマン・ジャパン株式会社)担当:良知、秋澤 TEL: 03-4360-9000...

2019年6月20日KADOKAWAフィードバック数:0デジタル家電

『ファミ通ゲーム白書2019』発刊

...ターテイメント業界の現状と展望を考察した1冊となっています。<注釈>※市場規模の数値は、億円以下を四捨五入した値※1:「モバイルゲーム」は、スマートフォン、タブレット向けのゲーム収益合計※2:「アジア」は、日本、中国、韓国の集計を合算※3:「北米」は、米国、カナダの集計を合算※4:「欧州」は、西・中央・東ヨーロッパ諸国全域の集計で、家庭用パッケージのみ、英国、ドイツ、フランス、スペイン、イタリア、スカンジナビア、ベネルクス地域の集計を合算※5:「オンラインプラットフォーム」は、ゲームアプリ※5、フィ...

2019年6月19日エアトリ★フィードバック数:0大型消費/投資

夏休み人気急上昇渡航先ランキング

...でに出発する海外航空券の予約数を昨年の同時期を比較したところ、最も予約数が伸長したのは中国の「北京」(前年比:191.3%)でした。世界最大のハブ空港建設中の北京 1位は中国の首都「北京」となりました。国際線と国内線を合わせた航空旅客数が世界で2位の中国は、2020年代半ばにはアメリカを抜き1位になる事が予想されるほど、旅客数が増加しています。 北京では2019年9月開港に向けて、日本の代表的な競技場建設時に話題となった世界的建築家の設計によるターミナルを採用する「北京大興国際空港」が建設中です。開港時は滑走路4本で運用を開始し、将来的には滑走路を7本に...

2019年6月17日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2018年の国内PLM市場規模は2,675億円で前年比6.0%増

...における課題になると考える。3.将来展望2019年に入り、米国と中国の貿易摩擦により中国経済の失速が見込まれる。日本においては、電機・電子部品メーカーがその影響を受ける見通しである。また、日本国内では、2019年10月に消費税率が8%から10%に上がることが予定されている。これらを背景として、経済には先行き不透明な要因が多く、これまで旺盛だった製造業の設備投資意欲が減退する可能性もある。こうしたことから、日本のPLM市場は若干減速し、2019年の国内PLM市場規模(システムメーカー出荷金額ベース)は前年比3.9%増の2...

2019年6月12日アスマーク★フィードバック数:0大型消費/投資

【中国】訪日観光に関するアンケート調査

...【中国】訪日観光に関するアンケート調査訪日経験率は30代が最も高く、ショッピングの情報収集は「ネット検索」が圧倒的中国の20代~60代男女、直近1年以内の訪日経験者または予定者 ・基本属性(性別、年齢、婚姻状況、月収)・訪日経験・訪日時同行者・日本への期待度・日本でしたこと・日本の満足度・ショッピングの情報収集・購入商品の事前決定・購入商品変更理由・訪日予定時期(訪日予定者)・日本でしたいこと(訪日予定者)・日本製品のイメージ…日用品/生活雑貨、家電、ファッション、化粧品、食品)・日本...

驚異的成長のAmazonがトップに躍進 世界で最も価値のある日本ブランドはTOYOTA 、 急成長の日本ブランドは資生堂

...わたるテクノロジーブランドの支配に終止符を打ったことになります。エコシステムモデルが急成長のカギとなり、消費者を獲得図表1のTop10ブランドを見ると、Facebook(フェイスブック)が6位にとどまった一方で、Alibaba(アリババ)が初めてTencent(テンセント)を抜いて最も価値のある中国ブランドとなり、2ランクアップの7位となりました。Tencentは3ランクダウンの8位に後退しています。その原因は、市場がより不安定になり、各ブランドが消費者の期待感やニーズの進化に絶えず応えていかなければならなくなったことにあると考えられます。その...

2019年6月11日マイナビフィードバック数:0キャリアとスキル

2020年卒 マイナビ大学生Uターン・地元就職に関する調査

...%→2020年卒51.0%)をはじめ、「四国」の19.7pt減少(2012年卒63.6%→2020年卒43.9%)、「中国」の18.9pt減少(2012年卒72.0%→2020年卒53.1%)となった。また、地元大学に進学した学生(地元進学者)の地元就職希望率69.4%(前年比2.3pt減)に対し、地元外の大学に進学した学生(地元外進学者)は33.4%(前年比0.4pt減)で、いずれも、この9年で減少している。地方における人材確保は喫緊の課題だが、学生の関心が低くなっていることがうかがえる。■ 地元...

2019年6月6日NTTデータ★★フィードバック数:0マーケティング

ソーシャルビッグデータを活用した全国インバウンド観光調査

...ートとしてまとめました。本調査は全国47都道府県を対象とした調査となっており、他エリアの調査結果を参考にすることが可能です。また、実際の訪日観光客の生の声を分析に使うことによって、訪日観光客にとって魅力ある穴場スポットやどのような施設に魅力を感じているか、日本国内の主要観光スポットの相関など、よりリアルなニーズを明らかにしています。 2. 調査概要Twitter全量データ、Weiboデータ、観光レビューサイトデータ 英語のTwitterの投稿 1,484,339件(英語・中国語・韓国語)、Weiboの投稿 216,659...

2019年6月5日アクセンチュア★★フィードバック数:0マーケティング

アクセンチュア最新調査――先進的なCMOは、顧客体験を起点に組織間コラボレーションを促すことで、ビジネス価値向上に寄与していることが判明

...ト効率の高い技術を使って拡張可能かつパーソナライズできるマーケティング・プログラムを実行することです。」本調査レポートの詳細については、www.accenture.com/jp-ja/insights/consulting/cmoをご参照ください。 調査方法アクセンチュアは、企業が成長していく上でCMOが果たすべき役割を探るため、世界12カ国(日本、オーストラリア、ブラジル、カナダ、中国、フランス、ドイツ、イタリア、シンガポール、スペイン、英国、米国)の17の業界のCMOとCEOを対象にアンケート調査を実施しました。年商5億ドル以上の企業が対象で、回答...

世界の「投信マネー」(2019年4月) 全体では流出超に転換したが債券ファンドへの流入続く

...リスクの高い資産へと投信マネーがシフトする可能性もあると考えられ、今後の世界景気の動向が注目されます。(注1)EPFRグローバル:米国に本社を置く金融商品の調査会社。2019年3月末現在34.2兆ドル規模の世界のファンドの資金フローデータを持つ。(注2)データは2017年12月~2019年4月。週次ベース。2017年12月からの累計。(注3)「アジア」は日本、豪州、ニュージーランド、香港、シンガポール。(注4)「GEM」はGlobal Emerging Markets(世界の新興国市場全体に投資するファンドの総称)。(注5)「EMアジア(新興アジア)」は中国...

「Tech Trends 2019日本版」発表

...覧ください。デロイト アジア パシフィック リミテッドはDTTLのメンバーファームであり、保証有限責任会社です。デロイト アジア パシフィック リミテッドのメンバーおよびそれらの提携法人は、オーストラリア、ブルネイ、カンボジア、東ティモール、ミクロネシア連邦、グアム、インドネシア、日本、ラオス、マレーシア、モンゴル、ミャンマー、ニュージーランド、パラオ、パブアニューギニア、シンガポール、タイ、マーシャル諸島、北マリアナ諸島、中国(香港およびマカオを含む)、フィリピンおよびベトナムでサービスを提供しており、これ...

2019年5月20日経済産業省★★フィードバック数:0マーケティング

電子商取引に関する市場調査

...巨大市場が形成されたことになります。フリマアプリの推定市場規模(単位:億円)(3)日本・米国・中国の3か国間における越境電子商取引の市場規模平成30年において、日本・米国・中国の3か国間における越境ECの市場規模は、いずれの国の間でも増加しました。特に、中国消費者による日本事業者からの越境EC購入額は1兆5,345億円(前年比18.2%増)、米国事業者からの越境EC購入額は1兆7,278億円(前年比18.5%増)であり、中国消費者による越境EC購入額の拡大が目立っています。2.電子商取引に関する市場調査について本調査は、電子...

2019年5月20日ベリタスフィードバック数:0企業情報システム

ベリタス、データ管理の効率性が収益にもたらす影響についてグローバルの調査結果を発表

...、2018年10 月から 11 月にかけて実施し、米国、イギリス、フランス、ドイツ、スイス、UAE、カナダ、メキシコ、ブラジル、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、中国、日本、韓国の15カ国、合計 1,500 名の IT 部門の意思決定者およびデータ管理者に対してインタビューを行いました。Vanson Bourne 社についてhttps://www.vansonbourne.com/Vanson Bourne 社は、テクノロジー分野の市場調査を専門とする独立系企業です。妥協...

2019年5月16日Splunk★フィードバック数:0企業情報システム

ダークデータに関する調査 - 多くの企業が業績向上やキャリアアップに対する安定志向が強いことが明らかに

...タはデバイス、システム、人を結び付け、人々がかつてないほどの成長スピードでデータを介してつながりつつある時代において、企業ではデータ活用が最優先事項として挙げられているものの、実際の取り組みはまったく進んでいない現状が浮き彫りになりました。米国、英国、フランス、ドイツ、中国、日本、オーストラリア各国の回答者の 76% が、「最も多くのデータを活用する企業が成功する」という考えに同意しています。60% の回答者が、社内データの半分以上がダークデータであると答え、3 分の 1 の回答者が、社内データの 75% 以上...

2019年5月15日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

ビッグデータ/ビジネスアナリティクスソリューションの支出額は今年1,891億ドルに達し、2022年まで年間2桁の成長率が続く見通し

...業界は強力な成長率を背景に、2022年には連邦/中央政府を追い抜いて5番目に大きい業界になると予測されています。地域別に見ると、最大の国別市場は米国です。今年は1,000億ドル近いBDAの支出額が見込まれ、他の地域に大差を付けています。日本と英国は、今年の支出額がそれぞれ96億ドル、92億ドルと予測され、次いで中国(86億ドル)、ドイツ(79億ドル)の順となっています。最も高い成長率が見込まれるBDA市場は、アルゼンチンとベトナムであり、5年間のCAGRがそれぞれ23.1%、19.4%と予測されています。第3位は中国で、19.2...

2019年5月13日アリババ★フィードバック数:0マーケティング

GW期間における、中国人観光客のアリペイ消費統計データを発表

...2019.05.09ニュースリリース アリペイGW期間における、中国人観光客のアリペイ消費統計データを発表 アリペイ、日本は取引件数ランキングで世界位に。一人あたりの平均消費額は前年比%増。アント フィナンシャル サービスグループは年月日、中国のゴールデンウィーク期間(年月日~日)における、中国人観光客(台湾、香港、マカオからの観光客を除く)のアリペイ消費統計データを発表しました。■取引件数:日本は世界4位中国のゴールデンウィーク期間中、中国人観光客のアリペイを通じた取引件数において、日本...

2019年5月10日Zuora★★フィードバック数:0ビジネス

世界の「サブスクリプション」における実態調査 日本人の7割以上が「所有」より「利用」を選択

...査期間:2018年10月26日~11月4日 ※このオンライン調査は確率標本に基づくものではないため、理論的サンプリングの誤差を試算することはできません。◆日本人の75%は「持っているモノを減らしたい」と思っている今回の調査で、日本人の75%が「持っているモノを減らしたい」と思っていることがわかりました。これはほかの国(アメリカ、イギリス、オーストラリア、中国、フランス、ドイツ、イタリア、オランダ、ニュージーランド、スペイン)よりもかなり高い割合です。◆日本人の72%は、人のステータスを「持っているモノ」では...

TMT Predictions 2019 日本版

...のメディア業界に変化を与えうる要素として、スポーツベッティングとeスポーツ、ラジオを取り上げ、市場展開や取り組みの可能性について述べています。さらに、テクノロジー発展の恩恵を享受して拡大している中国のインパクトにも注目し、特に通信環境と半導体市場について現状を紹介するとともに、日本企業にとってどのような打ち手があるかを検討しています。このほか日本オリジナルのコンテンツとして、APIエコノミー、IoTの活用/セキュリティリスク、ロボティクスについて、独自の視点で取りまとめました。本レ...

2019年4月23日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

セキュリティソリューションに対する世界の支出額は2019年には1,031億ドルに到達する

...の攻撃に備えるために必要な予測型脅威インテリジェンスの他、検知と解析に関する高度な専門性を備えています」と、米国IDC Infrastructure Services シニアリサーチアナリストのマーサ・バスケスは述べています。地域別に見ると、セキュリティソリューションの最大の市場は米国であり、2019年の支出額は447億ドルに達すると予測されます。組み立て製造業と連邦政府の2つが、米国における総支出額の20%近くを占める見通しです。2番目に大きい市場は、中国と予測されています。省/地方政府、通信、中央政府の3つが、中国における総支出額の45%を占...

2019年4月18日電通★★フィードバック数:0マーケティング

ジャパンブランド調査2019

...い者にとってそうだと思っている国はトルコ、タイ、インドネシア。※20カ国・地域=中国(グループA=北京、上海、広州、グループB=深圳、天津、重慶、蘇州、武漢、成都、杭州、大連、西安、青島)、香港、台湾、韓国、インド、シンガポール、タイ、インドネシア、マレーシア、ベトナム、フィリピン、オーストラリア、アメリカ(北東部・中西部・南部・西部)、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、ロシア、トルコ<ジャパンブランド調査2019の概要> ・目的:食や観光、日本産品など「ジャパンブランド」全般に関する海外消費者の意識と実態を把握する ・対象...

2019年4月18日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

テクノロジービジョン2019

...タマイズされたサービスをリアルタイムで提供することが、競争優位性を確保する上で次の大きな波になる」と回答しています。本レポートによると、デジタル変革の過程にある企業は、革新的なサービス、効率化、高度なパーソナライゼーションといった強みを今まさに追い求めている段階にあります。一方で、ポストデジタル時代の企業はそのはるか上を目指しており、市場そのものの仕組みを変えることで、他社を凌駕しようとしています。1つの市場から多数のカスタム市場に移行し、あらゆる瞬間にオンデマンドで対応しています。例えば、近年急速な成長を遂げている中国のECサイト「JD.com...

2019年4月12日矢野経済研究所★フィードバック数:0モバイル

スマホゲーム市場に関する調査を実施(2018年)

...現実)機能と位置情報を組み合わせた斬新なゲームシステムで、老若男女問わずこれまであまりスマホゲームに馴染みのなかった層を中心に社会現象となるほどの人気を獲得した。一方、中国メーカーが2017年に国内へ投入したバトルロイヤルゲーム「荒野行動」では、数十人から100人程度でゲームフィールドをリアルタイムで共有し、時には1人で、時にはチームを組んで相手を倒しながら最後の1人まで生き残りを賭けた戦いを行うというゲームシステムで、仲間...

2019年4月9日オーエスフィードバック数:0マーケティング

47都道府県Weibo運用実態調査

...株式会社オーエス、第2回「47都道府県Weibo運用実態調査プロジェクト」を発表 ~自治体向けに「Weiboアカウント無料相談」を実施中~インバウンド事業を展開し、平成30年度長崎県のWeibo公式アカウントの運用をサポートしていた株式会社オーエス(本社:東京都豊島区、代表取締役:織田 光一)はこのほど、第2回「47都道府県Weibo運用実態調査プロジェクト」をまとめました。 全国47都道府県Weibo運用実態調査プロジェクトとは、中国...

2019年4月8日KIRINZフィードバック数:0キャリアとスキル

「アルバイト・収入」に関するアンケート調査

...として社会活動に足を踏み入れるタイミングで自分用の口座を持ち、自分用 にお金を貯め始める人が非常に多いことがわかりました。2 位には「友達がいるから・友達に誘われて」がランクイン。 3 位の「大学の紹介」は学業との両立や健康管理、事故防止の観点から大学が公式に紹介するアルバイト先を選んでいる女子大生が 1 割弱。その他、“接客の基本を学びたいと思った”、“弁護士になりたいから”、“大学で学んでいる中国語を生かしたかった” などの意見もあり、自分の就職に直結する職場や、コミュニケーションなどの経...

2019年4月4日インテージフィードバック数:0ライフスタイル

平成振り返り企画第2弾 売り上げデータから分析売り上げ逆転劇 カレー、魚缶詰、一般用医薬品、紙おむつ、洗濯洗剤

...れ対策用などの機能性の高い商品も開発されて売り上げを伸ばしています。品質の良さから大人であっても着け心地が良く違和感や抵抗がなく使用できることも増えた要因のようです。ちなみに26、27年は中国などからの訪日外国人の爆買いによるインバウンド需要で一時的に子供用が上回りましたが、その後沈静化して以後は大人用が大きく上回っています。【洗濯洗剤】8倍差を14年間で逆転。液体が粉末超え、さらに差を広げる(平成22年)洗濯洗剤と言えば粉末というのが平成に入っても一般的でしたが、中期に入るとその流れは一変。水に混ざり洗濯物全体に均一に広がって溶け残ることなく、万遍...

JIPDECとITRが「企業IT利活用動向調査2019」の速報結果を発表

...めました。しかし、一方で、「知っているが何も対応していない」(13.5%)、「GDPRを気にすることなく個人情報の移転を行っている」(19.8%)と、現在も未対応の企業が3割超を占めました(図4)。GDPRを巡っては、本調査実施中の2019年1月末に、個人情報保護法にGDPR補完ルールを追加することで十分性認定の合意が成立したことから、国内企業における対応のハードルは下がりました。しかしその一方で、日本と、たとえば中国などアジア諸国との取引に対してEU域外との取引の制限を受けることになるため、依然...

2019年4月4日IDCフィードバック数:0企業情報システム

ブロックチェーンに対する世界の支出額は2019年には29億ドルに到達する

...ックチェーンソフトウェアです。その5年間のCAGRは81.2%と、ITサービスの82.8%に次いで2番目に高い成長を遂げると見込まれます。地域別に見ると、2019年に最大のブロックチェーン支出が見込まれるのは米国で(11億ドル)、これに西ヨーロッパ(6億7,400万ドル)、中国(3億1,900万ドル)が続きます。Spending Guideで取り上げている9つの全地域で、2018年~2022年の予測期間に、支出額の大幅な増加が見込まれ、5年間のCAGRは日本とカナダが突出しており、それぞれ110%と90%です。「ブロ...

2019年4月2日IDCフィードバック数:0企業情報システム

人工知能システムに対する世界の支出額は2019年に約358億ドルに拡大

...の純利益の大幅な向上に役立つと考えています」と述べています。地域別でみると、米国が、主に小売と銀行の産業分野で、2019年のAIシステムに対する全支出の約3分の2を占めると予測されています。2019年、2番目に支出額が大きい地域は西ヨーロッパで、主な産業分野は銀行、小売、組立製造です。5年間の予測で最も好調な支出拡大が見込まれるのは日本(58.9%のCAGR)とアジア太平洋(日本と中国を除く、51.4%のCAGR)です。中国(49.6%のCAGR)もこの予測期間において好調な支出拡大が予測されます。「AIはヨ...

2019年3月29日キャリコネフィードバック数:0キャリアとスキル

働きやすい都道府県ランキング

...の多様な特色や資源を生かした地域経済の活性化が大きな課題となっています。地方創生は現政権の目玉となる政策のひとつですが、最低賃金ひとつとっても都道府県によって差があるように、労働を取り巻く環境は地域によって大きく異なります。そこで、「キャリコネ」のユーザーによる「労働時間」「やりがい」「ストレス」「休日」「給与」「ホワイト度」の6項目の評価の平均点(総合評価・5点満点)を都道府県別に抽出。ランキングを作成しました。早速、ランキングの結果を見ていきましょう。【働きやすい都道府県ランキング】 三大都市圏とその周辺のエリアを抑え、1位となったのは沖縄県でした。中国...

2019年3月27日ネイチャーラボフィードバック数:0ライフスタイル

睡眠と脳に関する調査

...店舗を超える(2019年2月現在)アクティブな流通網を持ちドラッグストア、バラエティストア、ホームセンターなどの業態やカテゴリーにあわせた販売戦略をベースとする商品開発を行っています。中国・台湾・香港や、シンガポールをはじめとするASEAN主要国、さらに販売エリアは北米にも流通展開し、さらなる流通網の拡大を予定しております。 このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。 メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者...

桜の季節(4月)の訪日トレンドについて調査

...ごとに適したマーケティングを行うことが必要です。アウンコンサルティングは弊社現地拠点リソースや蓄積ノウハウを活用し、対象国にあわせて最適な施策を組み合わせ、認知・販促効果の最大化を支援致します。 アウンコンサルティングでは、SEO(検索エンジン最適化)、PPC(検索連動型広告)、ソーシャルメディア、スマートフォン広告などのグローバルマーケティングサービスを、日本語だけではなく、外国語も対象に行っています。現在48の国と地域にサービス実績があり、英語、中国語(簡体字、繁体字)、タイ語やその他の外国語にも幅広く対応しています。また、台湾、香港、フィ...

2019年3月25日マネックス証券フィードバック数:0大型消費/投資

MONEX個人投資家サーベイ2019年3月調査

...刺激策として検討されているキャッシュレス決済によるポイント還元については半数以上の投資家が「利用したい」と回答しました。一方で3割近くが「まだ分からない」と回答しています(グラフ1-4)。ポイント還元の制度に対する理解が進んでいない現状があるのかもしれません。定例調査 個人投資家の相場観について今後3ヶ月程度の各国(日本、米国、中国)の株式市場に対する個人投資家の見通しは、 前回調査より日本株DI(※)が2ポイント低下、米国株DIが11ポイント低下した一方で、中国株DIは6ポイント上昇とまちまちの結果となりました(グラフ2-1)。年明け以降株価は戻り基調にありますが、米中...

2019年3月25日笹川スポーツ財団フィードバック数:0エンタテインメント

12~21歳のスポーツライフに関する調査2017分析レポート

...の観戦希望率が高い)、学校期(中学生が高く、勤労者が低い)、運動・スポーツ実施頻度(実施頻度が高いほど観戦希望率が高い)、パラリンピック教育(教育を受けていると観戦希望率が高い)で有意な差がみられた。【青少年のオリンピック・パラリンピック観戦における推進策】 (1)関東以外の地域に居住する青少年に対するオリンピック教育・パラリンピック教育のさらなる拡充と地理的・心理的な障壁の除外有意な差はみられなかったが、関東在住の青少年の観戦希望率が高く、それ以外の地域は相対的に低い。特に、中国・四国...

2019年3月19日エアトリフィードバック数:0大型消費/投資

「お花見」に関する調査

...見に行ったことがある国内・海外の旅行先を教えてください。 国内の1位は「東京」(180票)でした。調査3「今まで行った中で一番良かったお花見スポット」にも4スポットがランクインしています。2位「京都」(156票)は、歴史的な建造物と共に桜を楽しむことができるお花見スポットが豊富にあり、人気を集める結果となりました。また、街中と周囲の山々の開花時期に時間差があり、長い期間お花見が楽しめることも人気の要因です。 海外は1位「韓国」(26票)、2位「中国」(12票)、3位「台湾」(10票)と、近隣アジア各国が上位を占めました。4...

2019年3月15日トランスコスモス★★フィードバック数:0マーケティング

アジア10都市オンラインショッピング利用動向調査2019

...ア 9都市ではその割合がが多く 77%しめました。一方で、東京では 32%となりました(図表 5)。図表 5 ショールーミングとウェブルーミングの併用状況 (クロス集計)図表 6 都市別オムニチャネル消費動向■「アジア10都市オンラインショッピング利用者動向調査2019」について調査方法:インターネットによるパネル調査調査対象都市:日本(東京)、中国(上海)、台湾(台北)、インドネシア(ジャカルタ)、シンガポール(シンガポール)、タイ(バンコク)、マレーシア(クアラルンプール)、ベトナム(ハノ...

2019年3月14日MMDLabo★★フィードバック数:0マーケティング

中高生のフェイクニュースに関する意識調査

...近所で体調不良で人が倒れてしまった事故を、殺人事件としてLINEを使い広まった(13歳・男子中学生)」 「中国とアメリカが戦争を始めたという偽の情報が出回っていた(14歳・男子中学生)」 「英国の連合離脱についてお金の金額(15歳・男子中学生)」 「キリンが道路に出てる合成写真(14歳・男子中学生)」「スマイリーキクチさんがフェイクニュースによって殺人事件の実行犯とされ誹謗中傷されたもの(15歳・女子中学生)」 「地震の影響で京セラドームの屋根が壊れてしまった(14歳・女子中学生)」 「嵐の活動休止の記者会見が8時から生中継されるとSNS...

2018年訪日外国人の年間動向と2019年の予測 vol.2

...島旅行」や四国・九州地方の離島は、検索数が上昇傾向にあり、リピーターの増加による観光ニーズの分散や中国・四国・九州地方へのアクセスの良さが要因として考えられます。また、沖縄のように観光地として知名度が確立している地名は、さらに細かい観光名所を指名で検索するユーザーが増えていくためこのような現象になっていると推測します。その他、「猫島」として知られる「藍島」、「ウザギ島」として知られる「大久野島」の検索数も増加傾向にありました 。観光地には「異世界感」を求める台湾人にとって、この...

2019年3月13日VOYAGE GROUPフィードバック数:0キャリアとスキル

就職活動に関する実態

...全国約40,000人の学生が登録し、年間6,000万円以上の交通費を学生に支給し、地方学生にも多く活用されています。就活実態調査2019概要 ・調査方法:「サポーターズ」( https://supporterz.jp/ )登録学生にアンケートを配信・調査対象: 「サポーターズ」に登録する2019年卒業見込みの日本全国の大学生560名・学生内訳:北海道地方4.3%/東北地方6.1%/関東地方38.8%/中部地方10%/近畿地方27.7%/中国地方3%/四国地方2.5%/九州地方7.3%/海外0.4%・調査...

2019年3月12日GfKフィードバック数:0モバイル

2018年グローバルのスマートフォン販売動向

...替えサイクルの長期化や平均価格の低下の一因になったとみられる。 ・APACの販売動向 グローバルのスマートフォン市場規模の半分程度を占めるAPACの市場動向をみると、2018年の販売台数は前年比3%減の7億3,200万台超、金額は前年比5%増の2,540億ドル超となった。 大手スマートフォンメーカーを擁する中国は、グローバルにおけるスマートフォン販売金額の3割、APACでは6割を占める最大市場となっている。ただし、市場の成熟とともに需要は減少傾向にあり、販売台数は前年比12%減、金額は前年比1%減と、グローバル全体の販売に大きく影響した。国内...

2019年3月8日ガートナー★フィードバック数:0企業情報システム

ガートナー、デジタル・ツインの採用が主流になりつつあるとの調査結果を発表

... Analysis: Digital Twins Are Poised for Proliferation」で詳細をご覧いただけます。デジタル・ビジネスのテクノロジにおけるトップ・トレンドについては、Gartner Trends & Prediction Insight Hubで解説しています。(*) 注記ここに記載している結果は、IoTの実装に関してガートナーが2018年7~8月に実施した調査に基づいています。本調査は、6カ国 (中国、ドイツ、インド、日本、英国、米国) にわたる599の回...

2019年3月7日App Annie★★フィードバック数:0モバイル

アップアニー、2018年世界アプリパブリッシャーランキング トップ52 社を発表

...本国内のダウンロード数、収益、月間アクティブユーザー数ランキングと注目カテゴリのランキングも発表します。また、トップ52にランクインする日本企業の、今後のモバイル展望についてのインタビューも掲載しています。 2018年のトップ52に新しくランクインしたパブリッシャーは、Epic Games(米国)、Alibaba(中国)、Roblox(米国)、Zilong(中国)、Pearl Abyss(韓国)、DoubleU(韓国)、OneSmile(中国)です。ここ数年と同じく、アジ...

2019年3月6日FUN!JAPANフィードバック数:0社会/政治

台湾・香港・マレーシア・タイ・インドネシア・ベトナムのアジア6カ国のショッピング事情について調査

...の商品を購入する際、どのECサイトをよく使用するか?日本の商品を購入する際、どのECサイトをよく利用しているかという質問に対して、タイ、マレーシア、ベトナムで共通するのが東南アジア最大級のECサイトLazadaです。一方、インドネシアで一番多かったのがShopee。インドネシアの他、ベトナム、台湾でも3位にランクインしており、急成長を遂げている今注目のECサイトです。Shopeeがローンチされたのは2015年と、他ECサイトと比較して後発であるものの、現在も急速に成長を続けており、あの中国No.1メッ...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ