調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:ネットショッピング特集

データがいっぱい:ネットショッピング特集

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。インターネットの黎明期には懐疑的な目で見られることもあったネットショッピングですが、今や大きな市場になっています。

2019年9月6日パーソルキャリアフィードバック数:0キャリアとスキル

2019年7月 アルバイト平均時給 全国平均1,045円 アルバイト求人情報サービス「an」調べ

...レクターとしてウェブビジネスに携わる。1998年にはウェブコンサルティング会社を設立し、九州地方でインターネットを活用した地域活性化プロジェクトに携わり、有田焼のECサイトの立ち上げなどをリードする。その後、2008年に楽天へ入社し楽天証券へ出向。スマートフォン向けのサービス企画部門を立ち上げ、証券業界で最も利用されるアプリの1つにまで成長させる。2017年パーソルキャリアに入社し、現職であるアルバイト求人情報サービス「an」のプロダクトマーケティング部門統括部長として従事。■「an」について< https://weban.jp...

2019年9月2日矢野経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

和菓子・洋菓子・デザート類に関する消費者アンケート調査を実施(2018年)

...(男性442名、女性452名)にアンケート調査を実施し、用途別、品目別、インターネット通販やコンビニエンスストアの利用状況などについての消費動向や購入実態について分析した。ここでは直近1年間に洋菓子を購入した消費者のギフト・贈答用途についての分析結果を公表する。なお、和菓子・洋菓子・デザート類・コンビニスイーツの各対象品目は以下参照。​①和菓子ようかん、水ようかん・大福・もなか・まんじゅう・団子、餅菓子・どらやき、カステラ②洋菓子生ケーキ・フルーツタルト・チーズケーキ、チーズタルト・シュ...

2019年9月2日矢野経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

国内デビットカード市場に関する調査を実施(2018年)

...年度には約3兆4,540億円まで拡大すると予測する。その要因として、ブランドデビットの急速な拡大があげられる。特にJCBブランドを採用する地方銀行の参入や参入を検討している銀行が数十行に上っていることから、今後も堅調に拡大すると予測する。また、若年層やシニア層、主婦層などを中心に幅広いユーザーへの普及が進んでおり、インターネット通販やコンビニエンスストアなどを中心に利用が増えてきているなど、さらなる市場拡大が見込まれる。さらに、政府主導によるキャッシュレス化の推進とともに、2020年の...

2019年8月27日まーけっちフィードバック数:0マーケティング

1371記事 徹底分析「マーケティング」トレンドの変化を読み取る 3年前との「失敗」キーワード比較

....2 今年減少したキーワード3.3 広報・宣伝 (ターゲティング広告、販売促進、営業力強化)3.3.1 今年増加したキーワード営業活動、営業力が増加しておりました。営業力強化に関する記事が多く配信されているのが伺えます。そのほかにSNSからはInstagramが増加していました。Instagramで営業活動する企業さんが増えてきたのではないでしょうか。次に配信というキーワードも増えていました。動画配信による営業活動が増えてきたのが伺えます。3.3.2 今年減少したキーワードEC、ホームページ、ネットショップ...

ECサイトにおける決済手段の利用実態調査

...のユーザーが 購入せず!ECサイトにおける決済手段の利用実態調査結果を公開 ~自社ECサイトの購入率向上には必要な決済手段の見極めが重要~ソフトバンク株式会社の子会社であるSBペイメントサービス株式会社は、ECサイト(物販、デジタルコンテンツ)における決済手段の利用実態に関するアンケート調査を実施しました。実施した調査結果の一部を抜粋してお知らせします。※ 物販サイト:洋服、靴などの身に付けるアクセサリー、化粧品、本、食料品、医薬品などを販売するECサイトデジタルコンテンツサイト:電子書籍、動画...

2019年7月31日電通★★フィードバック数:0マーケティング

電通グループ3社、日本初「物販系ECプラットフォーム広告費」を推計

...経済産業省の報告書※2によると、2018年の国内のB to C-EC(消費者向け電子商取引)の市場規模は約18.0兆円(前年比109.0%)、うち物販系分野は約9.3兆円(同108.1%)、サービス系分野は約6.6兆円(同111.6%)、デジタル系分野は約2.0兆円(同104.6%)でした。 今回の調査では、B to C-EC市場において最も規模が大きい物販系分野のECプラットフォーム広告費に特化し、そのプラットフォーム上で取引される広告の年間取引額を推計しました。特化の理由としては、物販...

2019年7月30日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2019年6月度)スマホ決済の利用率1位は「LINE Pay」、2位は「PayPay」

...スマホ決済の利用率1位は「LINE Pay」、2位は「PayPay」 Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2019年6月度)スマホ決済の利用率1位は「LINE Pay」、2位は「PayPay」EC利用者の4割以上が、「商品を探し疲れて、購入を諦めた」調査結果サマリースマホ決済の利用率1位は「LINE Pay」、2位は「PayPay」 スマートフォンを活用した決済サービスや電子マネーの利用者に、利用しているサービスを聞いたところ、「LINE Pay」が最も多く(41.2%)、次い...

機能性表示食品市場(総括編)について調査結果を発表

...健康、尿酸値の改善 TPC市場調査レポート 「2019年 機能性表示食品の市場分析調査(総括編)」 ―全19ヘルスクレームの商品数、市場規模、今後の方向性を分析― 詳細はこちら>>資料体裁:PDFデータ 発刊日:2019年7月10日 頒価:50,000円(税抜)【会社概要】 会社名:TPCマーケティングリサーチ株式会社 所在地:大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル 事業内容:マーケティングリサーチおよび調査レポートの出版 コーポレートサイト: オンラインショップ「TPCビブ...

2019年7月24日adjust★★フィードバック数:0マーケティング

AdjustとLiftoffがショッピングアプリに関する共同調査を発表

...、急成長中のモバイルコマースに関するレポートを共同発表しました。今回の調査結果から、この一年間でモバイルコマース(M-commerce)における消費がこれまでにないほど普及し、ユーザーの購買意欲も非常に高いことがわかりました。また、国や地域ごとのモバイルでの購買行動も検証しており、日本を含めるAPAC(アジア太平洋)や北米では、ショッピングアプリ内で商品をブラウジングする”モバイルウィンドーショッピング”が増加していることが判明しました。従来型の”年末商戦による売上向上”は、モバイルコマース...

2019年7月23日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

バーチャルキー世界市場に関する調査を実施(2019年)

...通報サービスや車輛の故障診断及びカーディーラーの入庫予約、コンシェルジュサービス、(駐車場等での)カーファインダーサービス、オンラインショッピング等、通信を利用したサービス。※3.本調査に関連する資料国内MaaS市場に関する調査を実施(2018年)2019年2月22日発表https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2092​国内コネクテッドカー関連市場に関する調査を実施(2017年)2018年1月9日発表https://www.yano.co.jp/press-release/show...

2019年7月19日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

最新の国内CRMアプリケーション市場予測を発表

...同市場は低調であり、FAQ生成の自動化などではAIを利用したシステムへの更改傾向がありますが、チャットボットに市場が移行しています。デジタルコマースアプリケーション市場は、2019年より新設した市場ですが、2018年は前年比成長率6.9%、118億4,900万円となりました。デジタルコマースは、近年の消費者におけるeコマース利用の増加や、スマートフォンなどの携帯機器からのショッピング増加によって需要が増加しています。マーケティングキャンペーン管理アプリケーション市場は、前年比成長率16.5%、市場規模は230億6...

2019年7月12日楽天フィードバック数:0ライフスタイル

フリマアプリ「ラクマ」、「参考にするファッション」に関するアンケート調査の結果を発表

...アメリカ、シニアはフランス・イタリアを支持10代女性の韓国人気が3年連続上昇中。70%以上が、韓国ファッションを参考に各国に注目する理由、韓国は「安さ」、欧米は「自分らしさの表現」や「ブランド」各国ファッションの情報源、韓国は「Instagram」、欧米は「雑誌」から得るが多数「ラクマ」での取引数トップブランド、韓国は「DHOLIC」など通販サイトブランドが人気 <アンケート調査概要>​調査期間:2019年6月12日~2019年6月13日調査対象:フリマアプリ「ラクマ」ユーザー 3,845名●10~20代は...

2019年7月10日ジャストシステムフィードバック数:0ライフスタイル

Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2019年5月度) 

...セルフレジを利用しない理由は、「まごまごしたくないから」 Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2019年5月度)セルフレジを利用しない理由は、「まごまごしたくないから」6割に、「セルフレジ」の利用経験調査結果サマリー6割に、「セルフレジ」の利用経験 商品のバーコードスキャンから代金の精算までを、客自身が行う「セルフレジ」について、「利用したことがある」人は58.1%、「見たことはあるが、利用したことがない」人は15.6%、「知っているが、見たことはない」人は12.3%、「知らない」と答...

2019年7月8日楽天インサイトフィードバック数:0社会/政治

キャッシュレス決済に関する調査

...)の中から、全国の20代から60代の男女1,000人を対象に行いました。(注)キャッシュレスとは、クレジットカードや電子マネー、口座振替を利用して、紙幣・硬貨といった現金を使わずに支払い・受け取りを行う決済方法のこと。 男性20代・30代の約5割が「スマートフォンを利用した決済サービス」を利用オンラインショッピングを除いた、日常の買い物や飲食などで利用する決済手段と、その中で最も利用する決済手段を聞いたところ、利用している手段(複数選択)では「現金」と回答した人が91.7%で最も高く、次いで「クレ...

グローバル エンタテイメント&メディア アウトルック2019‐2023

...受けするコンテンツは存在しない:企業は、個人市場と、地域別の市場の両方を攻略するにあたり、さまざまな選択肢を提示することが合理的であると認識しています。一部の地域では無制限利用の「視聴し放題」サービスが有効ですが、新興国市場においては、サービスを何段階かに分けて安価なものから高価なものまで提供すること、値頃感のある価格において競争することが鍵となります。一方、本調査によると、先進国および途上国を含めた全ての市場において、セグメント別の成長率には大きな差があることが判明しています。消費者との接点は増大している:メディアやEコマース...

2019年6月25日博報堂★★フィードバック数:0ライフスタイル

博報堂生活総合研究所 「消費1万人調査」調査結果を発表

...NEWS博報堂生活総合研究所、「消費1万人調査」調査結果を発表 第一弾「平成の消費観・消費行動に影響を与えたもの」編 2019年06月25日1位「携帯電話・スマートフォン」 2位「インターネット通販」 3位「パソコン」 “スマホ”の影響が大きい若年層、“社会・経済”の影響が大きい中高年層 博報堂生活総合研究所はこのたび、「消費1万人調査」を行いました。この調査では、全国の15~69歳の男女1万人に、買い物・消費に関する価値観や行動について聴取しています。個人間取引や中古品売買の増加、所有...

2019年6月20日KADOKAWAフィードバック数:0デジタル家電

『ファミ通ゲーム白書2019』発刊

...:補完データ(2018年ゲームソフト推定販売本数TOP1000)巻末特典:2018年度ゲーム市場最新レポート【2018年4月~2019年3月】☆ 刊行記念キャンペーン ☆期間限定で、PDF版(CD-ROM)と書籍版のセットを、通常価格70,000円より、ほぼ半額の特別価格36,000円+税にてご提供いたします。 https://ebten.jp/p/7015019062754※受付期間:2019月7月31日(水)お申し込み分まで・『ファミ通ゲーム白書2019』は、オンラインショッピングサイト...

2019年6月20日アマゾンジャパン★★フィードバック数:0ビジネス

Amazon、日本版「2019年 中小企業インパクトレポート」を発表

...事業者様に心より感謝申し上げるとともに、販売事業者の皆様がビジネスを拡大できるよう、支援を継続し、サービスの向上に努めて参ります。」Amazonは、これからも引き続き、オンラインストアでの商品販売や物流事業などを通して、中小企業の皆様のビジネスの成長を支援してまいります。日本版「2019年 中小企業インパクトレポート」:日本における中小企業の販売事業者様の成長Amazon.co.jpに出品されている日本の中小企業の販売事業者様は、15万社以上。Amazon.co.jpに出品されている日本の中小企業の販売事業者様は、2018年に1分あ...

2019年6月14日パーソルキャリアフィードバック数:0キャリアとスキル

転職サービス「doda」、「転職人気企業ランキング2019」を発表

...「ZOZO」(同123位)でした。ネットショッピングや音楽・映像の配信、クラウドサービスをはじめ、多角的な事業展開を進める「アマゾンジャパン」は前年から9位順位を上げています。その理由には、「成長性があるから」「革新的なサービスが多くあるから」「時代を作る力を持っているから」といった声が多く挙がりました。7位には営業力と報酬額の高さに定評のある「キーエンス」が、前年から23位順位を上げてランクインしました。回答者が挙げた理由の中では、「給与・待遇がよさそう」(86%)、「優秀な社員が多そう」(61...

2019年6月6日JOYLABフィードバック数:0社会/政治

「お中元」に関する意識調査

...も多く半数近くを占め、次いで「自分・パートナーの上司」、「友人」、「取引先」と続きます。「お中元の予算を教えてください」と質問したところ、「3,000円~4,000円未満」が最も多く、次いで「4,000円~5,000円未満」、「2,000円~3,000円未満」、「5,000円~10,000円未満」、「10,000円以上」と続きます。また、「購入先を教えてください」という質問に対しては、「デパート」が最も多く、次いで「インターネット通販」、「スーパー」、「専門店」と続きます。インターネットが普及し、ネットショッピング...

2019年5月24日Adjust★フィードバック数:0マーケティング

Adjust Global App Trends 2019レポート

...Adjustがモバイルアプリ市場の動向を調査・分析したAdjust Global App Trends 2019レポートを発表 日本ではミッドコア及びカジュアルゲームに続きEコマースアプリが人気の高いカテゴリー上位にランクイン アプリはインストール後、最初の1週間で79%のユーザーを失うことが明らかに アドフラウドの被害はEコマースやマッチング、モバイルバンキングアプリにおいて大きいことも判明 インドネシア、ブラジル、韓国...

電通ダイレクトマーケティング、「健康食品・スキンケア化粧品の定期購入者実態調査」を実施

...齢ほど年間購入金額が大きい。 ■定期購入の継続・解約理由健康食品では「メーカーが信頼できる」「効果がある」「安心・安全」がトップ3。スキンケア化粧品では「使用感が良かった」がトップでこれに「効果がある」「安心・安全」が続く。逆に定期購入をやめた理由は「効果がなかった」「価格が高かった」が高い。 ■ロイヤル顧客獲得におけるメディア貢献認知から購入までのファネルにおけるメディア接触から推計した各メディアの売上貢献金額は、テレビ広告はweb広告の貢献金額の約2倍であった。 ※ECサイトを通じの定期購入者を分析【通販 健康食品・スキ...

2019年5月20日経済産業省★★フィードバック数:0マーケティング

電子商取引に関する市場調査

...電子商取引に関する市場調査の結果を取りまとめました国内BtoC-EC市場が18.0兆円に成長。国内CtoC-EC市場も引き続き拡大 経済産業省は、「平成30年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」を実施し、日本の電子商取引市場の実態及び日米中3か国間の越境電子商取引の市場動向について調査し取りまとめました。 1.調査結果概要(1)国内電子商取引市場規模(BtoC及びBtoB)平成30年の日本国内のBtoC-EC(消費者向け電子商取引)市場規模は、18...

2019年5月17日BASE★フィードバック数:0マーケティング

「BASE」が初のオーナーズ調査を実施 ? 個人・法人を問わずブランドを立ち上げる時代の流れが顕著に-

...ョップを突破しています。【「BASE」について 】「BASE」は、ものづくりをする個人・法人、地域活性を支援する自治体等の行政をはじめ、70万ショップにご利用いただいているネットショップ作成サービスと、そこで開設されたショップの商品が購入できるショッピングアプリを提供するEコマースプラットフォームです。○ ネットショップ作成サービス「BASE」 https://thebase.in/「お母さんも使える」がコンセプトのネットショップ作成サービスです。導入が簡単な決済機能、おしゃれなデザインテンプレート、トランザクション解析ツールなどネットショップ...

2019年5月10日KIRINZフィードバック数:0ライフスタイル

現役女子大生の「お金と購買行動」に関する調査

...施いたしました。 【調査トピックス】・女子大生がお金を使う事第1位は「服・美容」・女子大生の約3割がYouTubeを参考に物を購入した経験あり・貯金額450万円の女子大生も存在していた!・女子大生ネットショッピング利用者の内9割がzozotownを利用・”仮想通貨”など投資経験がある女子大生は7%現役女子大生のお金の使い道は「容姿重視」!Z 世代におけるお金の使い方とは? 1位には「服・美容」がランクイン。各ファッション誌やSNSなどで”プチプラ”が流行る中、約4割近くの女子大生が容姿(服・美容含む)に関...

2019年5月8日三陽商会★フィードバック数:0社会/政治

母の日に関するアンケート調査を実施 母の日に欲しいもの、1位は「時間」

...くはキッズライン公式サイトをご確認ください対象ブランド例SNSキャンペーンも実施また、SNSのフォローとコメント投稿(下記に詳細)により抽選で5名様に当社直営オンラインストア「SANYO iStore」で利用できるSANYO MEMBERSHIPポイント20,000円分と「キッズライン」3,000円分クーポンをプレゼントするキャンペーンも4月22日(月)〜5月12日(日)の期間に併せて実施いたします。・SANYO Style MAGAZINEのインスタグラム公式アカウントhttps://www.instagram.com...

2019年5月7日ebay★フィードバック数:0ビジネス

越境ECに関する実態調査

...のさらなる販売強化を見据えての課題にシフトしたことがうかがえます。 越境ECサイトへ出店するようになったきっかけは、「日本よりも高い価格で販売できるから」「日本では売れない商品が海外では売れるから」、「購入者が日本よりも多い」販売カテゴリーは、「おもちゃ・ホビー・ゲーム」23.42%、「ファッション」19.82%、「カメラ関連」が15.32%トップ3で全体の半数以上を占める。越境ECサイトへ出店するようになったきっかけは、「日本よりも高い価格で販売できる」63.06%、「日本では売れない商品が、海外では売れる」50.45%、「購入者が日本よりも多い」36.04...

2019年4月25日メルカリ★★フィードバック数:0モバイル

2019年度「フリマアプリ利用者と非利用者の消費行動」に関する意識調査

...我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」によると、2017年のフリマアプリ推定市場規模は4,835億円、前年比58.4%と急激な成長を遂げています。市場の成長に伴い生まれる、モノの「売買」や「リユース」の意識は、消費者の意識・行動にも変化を及ぼしており、メルカリにて実施した昨年調査では、モノに対する意識は所有から利用へと変化し、商品購入時の選択基準として、価格・品質に加え「再販売価格」が重視されているなど新たな傾向が明らかになりました。この度の調査では、昨年の調査から1年を経て、消費...

2019年4月19日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

「メルカリ」の利用率が、「ヤフオク!」超え

...「メルカリ」の利用率が、「ヤフオク!」超え Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2019年2月度)「メルカリ」の利用率が、「ヤフオク!」超え4割強が、「ECの試着サービスに、興味あり」調査結果サマリー「メルカリ」の利用率が、「ヤフオク!」超え 個人間商取引(CtoCサービス)を利用した経験がある人のうち、現在利用中のサービスとして「メルカリ」を挙げた人は47.1%で、「ヤフオク!」の46.2%を上回りました。「メルカリ」の利用率を年代別に見てみると、10代(70.0%)、20代(62.3...

2019年4月19日carrierSeedフィードバック数:0社会/政治

「ママの疲れ」に関するアンケート調査

...【体力よりも気力の勝負!?】育児の疲れは身体より精神に来る方が圧倒的多数という結果に!あなたは子育てのストレスを解消できていますか・・・? 【頑張るママを応援!!】こてつ堂 オンラインショップ× ​株式会社carrierSeed 何かとストレスの多い現代において、「育児」は最もストレスが溜まるものの内の一つでしょう。今回は、育児にストレスを感じているママを対象に、「ママの疲れ」に関するアンケート調査を行いました。 少子化が止まらない現代の日本において、少子...

2019年4月18日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

テクノロジービジョン2019

...タマイズされたサービスをリアルタイムで提供することが、競争優位性を確保する上で次の大きな波になる」と回答しています。本レポートによると、デジタル変革の過程にある企業は、革新的なサービス、効率化、高度なパーソナライゼーションといった強みを今まさに追い求めている段階にあります。一方で、ポストデジタル時代の企業はそのはるか上を目指しており、市場そのものの仕組みを変えることで、他社を凌駕しようとしています。1つの市場から多数のカスタム市場に移行し、あらゆる瞬間にオンデマンドで対応しています。例えば、近年急速な成長を遂げている中国のECサイト「JD.com...

2019年4月9日矢野経済研究所★★フィードバック数:0企業情報システム

2018年度のサブスクリプション(定額)サービス国内市場規模は5,627億3,600万円

...ンドユーザー(消費者)支払額ベースで、5,627億3,600万円であった。サブスクリプション(subscription)は元来、新聞などの定期購読を意味する英語であるが、サブスクリプションサービスとは会員制・定額制サービスにおける「定期的に利用料等を徴収する販売方式」を意味する。サブスクリプションサービス普及の背景には、ECサイトが流通チャネルの一つとして成長するなか、顧客(ユーザー)の購入履歴が利活用されるようになったことがある。ECサイト利用時のレコメンド(推奨)機能など、顧客情報や閲覧・購入...

2019年3月26日楽天インサイトフィードバック数:0ライフスタイル

ファッションに関する調査

...倍以上、靴は全体の約1.5倍の金額だった。◇購入平均予算(ファッションアイテム別)(自分でファッションアイテムを購入すると回答した人)単一選択 単位:% ファッションアイテムは「ショッピングモール」と「インターネット通販」が主な購入場所に自分でファッションアイテムを購入する人に購入場所を聞いたところ、いずれのアイテムにおいても全体では「ショッピングモール」(トップス:49.0%、ボトムス:48.7%、インナー:51.3%、靴:46.3%)と回答した人が最も多く、次いで「インターネット通販サイト...

2019年3月26日エイチームフィードバック数:0社会/政治

「お墓購入」の実態調査

...://www.lifedot.jp/■会社概要会社名 :株式会社エイチーム(Ateam Inc.)所在地 :愛知県名古屋市中村区名駅三丁目28番12号 大名古屋ビルヂング32F代表者 :代表取締役社長 林高生設 立 :2000年2月29日資本金 :835百万円(2019年1月末時点)事業内容:人生のイベントや日常生活に密着した様々なウェブサービスを提供する「ライフスタイルサポート事業」、スマートデバイス向けゲーム・ツールアプリを提供する「エンターテインメント事業」、自転車専門通販サイトを運営する「EC事業」の3つの...

2019年3月25日AppsFlyer★フィードバック数:0マーケティング

AppsFlyerが新たに2019年のパフォーマンスインデックスを発表

...のメディアネットワークを活用して、200億のアプリインストール、11,500のアプリ、および390億のアプリ起動を調査しています。 全体的なランキングは、FacebookとGoogleが引き続きリードしているものの、特に活気に満ちたゲーム市場で他にも力のあるプレーヤーが出現しています。ショッピングやEコマースなどのカテゴリでは、Apple Search AdsとSnapがランキングではまだFacebookとGoogleを下回るものの、成長を続けています。さらに、比較...

2019年3月15日楽天インサイト★フィードバック数:0ライフスタイル

ファッションに関する調査

...倍以上、靴は全体の約1.5倍の金額だった。◇購入平均予算(ファッションアイテム別)(自分でファッションアイテムを購入すると回答した人)単一選択 単位:% ファッションアイテムは「ショッピングモール」と「インターネット通販」が主な購入場所に自分でファッションアイテムを購入する人に購入場所を聞いたところ、いずれのアイテムにおいても全体では「ショッピングモール」(トップス:49.0%、ボトムス:48.7%、インナー:51.3%、靴:46.3%)と回答した人が最も多く、次いで「インターネット通販サイト...

2019年3月15日トランスコスモス★★フィードバック数:0マーケティング

アジア10都市オンラインショッピング利用動向調査2019

...人を対象とし、都市の特徴やアジアに共通する傾向を明らかにしています。当ブログでは、アジア各都市のオンラインショッピング利用者が、実店舗で商品を確認してオンラインで購入する「ショールーミング」と、オンラインショップで商品を確認して実店舗で購入する「ウェブルーミング」について紹介したいと思います。ショールーミングの経験割合は東京が 62%に対して、ほかのアジア都市はいずれも 80%以上を占めました。ウェブルーミングの経験割合も東京の 54%に対して、北京、台北は 70%台、他の都市は80%以上...

2019年3月15日ジャストシステム★フィードバック数:0企業情報システム

AIツールとマーケティング業務に関する実態調査

...約半数が「SNOW」を利用。「Instagram」利用率を抜く ... 調査結果サマリー 10代が洋服を買うECサイトは「Amazon」、20代は「ZOZOTOWN」 ... 調査結果サマリー 商品受取専用ロッカーを過半数が認知するも、利用者の増加率は5.3%にとどまる &nbs... 調査結果サマリー 30代の3割以上がポケモンGOの利用でテレビの視聴時間が減った 「ポケモンGOで、テ... 【記事要約】 日本と海外ではSNSの使われ方も違うみたいですね。特にTwitterって...

2019年3月13日アドビ システムズ★★フィードバック数:0エンタテインメント

アドビ、日本人のデジタルコンテンツ消費に関する5つのトレンドを発

...アドビ、日本人のデジタルコンテンツ消費に関する5つのトレンドを発表 商品購入にあたり、オンラインショッピングサイトが、実店舗やブランド企業のwebサイトのより多く利用されていることが明らかにアドビは、消費者のコンテンツに関する意識調査「2019 Adobe Consumer Content Survey」の結果をもとに、日本人のデジタルコンテンツ消費に関する5つのトレンドを発表しました。この調査は、米国、オーストラリア、インド、日本の4カ国のデジタルデバイス(スマートフォン、タブ...

2019年3月13日ネットエイジアフィードバック数:0マーケティング

日本人のポイント活用に関する調査2019

...もネットエイジアでは、世の中の関心が高いテーマの調査、今後のトレンドを占える調査など、マーケティングシーンで役立つさまざまな情報をモバイルリサーチによりタイムリーに提供してまいります。 [調査結果]《人気のポイントサービス》 ◆利用しているポイントサービス 1位「Tポイント」2位「楽天スーパーポイント」3位「Pontaポイント」◆若年女性に人気のポイントサービスは? 20代女性の3割が「LINEポイント(LINE Pay)」を利用20歳~49歳の男女2,000名(全回答者)を対象に、ポイントサービス(小売店、インターネットショッピング...

2019年3月11日フジ医療器フィードバック数:0ライフスタイル

第6回睡眠に関する調査

...プの片寄りを少なくする5部屋構造になっています。横向き寝にもしっかり対応するゆったりサイズ(ワイドサイズ約40×65cm)で、肩口のフィット性を高めるためにカーブ設計にしています。さらに、加齢臭対策加工、洗濯可能で菌の繁殖を防げるなど衛生面にも配慮し、質の高い睡眠をサポートいたします。<製品仕様>●商品名: ウェルナイトピロープレミアム●品番: WN-P1●メーカー希望小売価格: 19,800円(税抜)●サイズ: 約40×65cm(ワイドサイズ)●フジ医療器オンラインショップ( https...

2019年3月8日ネットエイジアフィードバック数:0マーケティング

日本人のポイント活用に関する調査2019

...位「ワリカンして自分の分はポイント支払い」デート中、好感度アップを招くポイント活用術 1位「ポイントでおごり」2位「プチ贅沢」3位「プチギフト」人気のポイントサービス利用しているポイントサービス 1位「Tポイント」2位「楽天スーパーポイント」3位「Pontaポイント」若年女性に人気のポイントサービスは? 20代女性の3割が「LINEポイント(LINE Pay)」を利用20歳〜49歳の男女2,000名(全回答者)を対象に、ポイントサービス(小売店、インターネットショッピング...

2019年3月7日ジャストシステムフィードバック数:0社会/政治

2018年、「ふるさと納税」をした人は2割弱

...Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2019年1月度)2018年、「ふるさと納税」をした人は2割弱「ふるさと納税」利用者の約半数が「ワンストップ特例制度」を活用調査結果サマリー2018年、「ふるさと納税」をした人は2割弱。前年より増加 2018年にふるさと納税をした人は16.1%で、2017年12月度調査(13.4%)より2.7ポイント増加しました。年代別で見ると10代(12.0%)、20代(21.0%)、30代(18.0%)、40代(13.5%)、50代(18.5%)、60代(11.5...

2019年3月6日FUN!JAPANフィードバック数:0社会/政治

台湾・香港・マレーシア・タイ・インドネシア・ベトナムのアジア6カ国のショッピング事情について調査

...ECサイトで日本の商品が人気!アジア6カ国のショッピング調査・結果発表 アジア地域No.1規模の“日本好き”コミュニティサイト『FUN! JAPAN』を運営する株式会社Fun Japan Communications(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤井 大輔、以下 Fun Japan Communications)は、台湾・香港・マレーシア・タイ・インドネシア・ベトナムのアジア6カ国のショッピング事情について調査しました。日本への関心が高い数十万人の会員の“イマ”をご...

2019年3月4日GMOメディアフィードバック数:0大型消費/投資

決済手段とキャッシュレス事情に関する調査

...ャッシュレス決済サービスの認知度[N=573 複数回答]実店舗では大多数が「現金払い」、オンラインショップでは「コンビニ払い」電子マネーやプリペイドカードなどのキャッシュレス決済サービスはある程度浸透続いて、10代女子の日頃から利用している決済手段を探るべく、「実店舗」と「オンラインショップ」のそれぞれで、利用経験のある決済手段を尋ねました。まずは、「実店舗で利用したことのある決済手段」を尋ねると、「現金払い(97.7%)」以外では約半数の子が「プリペイドカード(49.9%)」と回答しました。また、先の質問で10代女...

2019年3月1日True Data★フィードバック数:0ビジネス

ドラッグストア2019年1月のインバウンド消費調査

...〈ドラッグストア2019年1月のインバウンド消費調査〉中国電... 〈ドラッグストア2019年1月のインバウンド消費調査〉 中国電子商取引法が施行!購買件数は前年比23%減少~ビーチリゾートブームの影響か!?早くもUVケア商品が上位ランクイン~データマーケティングの株式会社True Data (トゥルーデータ/本社:東京都港区、代表取締役社長:米倉 裕之)は、全国ドラッグストアのPOSデータによる2019年1月のインバウンド消費動向調査を発表します。当月...

2019年2月27日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

スマホ利用時の検索手法

...結果サマリー 家庭用ソーシャルロボットを持つ目的は、「癒やし」と「リア充」 今後、ソーシャルロボット... 調査結果サマリー 「交通系カード」は7割、「汎用的なリアル店舗系カード」は6割が利用 プリペイドカードに... 調査結果サマリー スマートフォン利用者の約半数が、スマホショッピングの経験あり。 セルフ型ネットリサーチ... 調査結果サマリー ネット通販における「送料の有無」はどこまで購買行動に影響を与えるのか? 購買の後押しに... 調査結果サマリー もはや生活習慣となった「食べながら」などの“なが...

2019年2月26日ビデオリサーチフィードバック数:0社会/政治

シニアのネットショッピング拡大、キャッシュレス化が進む

...ニュース シニアのネットショッピング拡大、キャッシュレス化が進む~Senior+/exサマリーレポート・オプションレポート発刊~シニアのネットショッピング拡大、キャッシュレス化が進む~Senior+/exサマリーレポート・オプションレポート発刊~株式会社ビデオリサーチ(本社:東京都千代田区、社長:加藤讓)は、今回4回目となる「Senior+/ex(シニアプラスエクス)サマリーレポート」の最新データ版と、オプションレポート「シニアの"買い物"に関する変化 ~買い方、買い場、情報~」を発...

2019年2月26日フィードフォース★フィードバック数:0マーケティング

フィードフォース、ソーシャルログイン利用状況調査2019を発表

...他事業Webサイト:https://www.feedforce.jp/<本件に関するお問い合わせ先>株式会社フィードフォース担当:深谷、金井TEL:03-5846-7016(受付時間:10:00~17:00/土日祝日除く)FAX:03-3834-7666E-mail:pr@feedforce.jp 最新ニュース広告自動運用ツール「EC Booster」、車海老の通販「車えび本舗 拓水」を運営する株式会社拓水様の導入事例インタビューを公開!~繁忙期に集客の自動化で売上拡大を実現!車海老養殖会社が通販サイト...

2019年2月26日JCBフィードバック数:0大型消費/投資

クレジットカードに関する総合調査

...ターネットにより行っているものです。 <2018年度版調査結果トピックス>1. 「飲食店」「コンビニエンスストア」など日常的な利用が増加クレジットカードで支払いを行っている業種は、「オンラインショッピング(35%)(※)」、「携帯電話(32%)」、「スーパーマーケット(29%)」が多い。 また、「飲食店」「コンビニエンスストア」などの日常的なカード利用が増加した。※フリマサイト以外のインターネットショッピング。2. 生活費に占めるクレジットカードの利用割合が増加クレジットカード保有者の世帯あたりの月平均生活費は19.4万円。そのうち、世帯...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
 

お知らせ