調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:シニア特集

データがいっぱい:シニア特集

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。少子高齢化に伴い、マーケットとしてもシニアが注目されています。

2019年9月18日矢野経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

ユニフォーム市場に関する調査を実施(2019年)

...方法: 当社専門研究員による直接面談、電話・e-mail等によるヒアリング調査および文献調査併用 <ユニフォーム市場とは>本調査におけるユニフォーム市場とは、ワーキングユニフォーム(食品以外の製造工場、建築業向け等の現場作業着)やスクールユニフォーム(学校制服、体操着含)、サービスユニフォーム(飲食等の接客業、病院・介護施設の白衣等、清掃業、食品工場向け白衣なども含む)、オフィスユニフォーム(事務服等)の4分野を対象とし、メーカー出荷金額ベースで算出した。<市場に含まれる商品・サービス>ユニフォーム:ワー...

2019年9月18日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

定置用蓄電池(ESS)世界市場に関する調査を実施(2019年)

...可能エネルギー電源併設)向け、マイクログリッドシステム向け、企業・業務用はBCP対策(医療・福祉・介護施設等設置)、大口需要家向け(工場、ビル等)、携帯電話基地局用の定置用蓄電地を対象とした。但し、定置用蓄電池(ESS)世界市場規模には携帯電話基地局用ESSを含まない。<市場に含まれる商品・サービス>ESS、定置用リチウムイオン電池、定置用鉛蓄電池、定置用ニッケル水素電池、レドックスフロー電池、ナトリウム二次電池 ©2019 Yano Research Institute Ltd. All Rights...

2019年9月18日矢野経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

業務用食品市場に関する調査を実施(2019年)

...低迷の時期があったものの、昨今は回復基調が継続している。惣菜・中食市場は、女性の社会進出に伴う共働き世帯の増加や、高齢者世帯の増加を背景とした需要が拡大していることから、堅調に推移している。特にコンビニエンスストア(CVS)においては店舗数増加に加え、揚げ物などのカウンター商品のアイテム充実、さらにCVSのほか、食品スーパーでもイートイン(店内飲食スペース)を設置するケースが増え、ますます惣菜・中食の購入機会が増えている。そのため、弁当やおにぎり、サンドイッチ、揚げ物などのCVSカウンター商品、スー...

2019年9月18日矢野経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

リネンサプライ市場に関する調査を実施(2019年)

...リネン(病院・診療所・介護施設の寝具等)、③フードリネン(レストラン・飲食店のリネン類とユニフォーム等)、④サービスリネン(サウナ・エステティック、リフレクソロジー等のタオル類やユニフォーム等)、⑤産業リネン(工場・事業所ユニフォーム等)、⑥交通リネン(主に新幹線や特急列車の座席カバー、および寝台車・船舶・航空機におけるシーツ類、ピローケース、カーテン類を含む)、⑦ダイアパー(子供用、大人用を含む布おむつ)、⑧貸おしぼり(飲食店やスポーツ施設[ゴルフ練習場、ゴルフ場等]、アミューズメント施設[カラ...

2019年9月18日矢野経済研究所フィードバック数:0社会/政治

メディカル給食・在宅配食サービス市場に関する調査を実施(2019年)

...その予備軍)に対して、定期的に食事の宅配を行うサービスをさし、地方自治体が独自予算で実施し利用者個人が一部負担する公的補助サービス(「横出しサービス」ともいう)と、利用者個人が全額を負担する民間サービスのいずれも対象とする。<市場に含まれる商品・サービス>病院給食(病院、診療所)、高齢者施設給食(特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、有料老人ホーム)、在宅配食サービス ©2019 Yano Research Institute Ltd. All Rights Reserved.本資...

2019年9月13日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

2019年7月度の派遣平均時給は1,575円。『エン派遣』三大都市圏の募集時平均時給レポート

...+8円・0.5%増、同+27円・1.9%増)、「クリエイティブ系」職種が1,883円(同+17円・0.9%増、同+87円・4.9%増)、「IT系」職種が2,239円(同-31円・1.4%減、同+53円・2.4%増)、「技術系」職種が1,854円(同-42円・2.2%減、同+59円・3.3%増)、「医療・介護系」職種が1,314円(同+1円・0.1%増、同+61円・4.9%増)でした。7月度のエリア別平均時給は、三大都市圏すべてで前年同月比プラス。エリア別平均時給は、11ヶ月...

2019年9月13日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

「副業」実態調査

...以外に収入を得る手段・仕事のすべて」を指す。副業は「働き方改革」の一環で、企業側の容認を政府が推進している。少子高齢化に伴う労働力不足の補完と、働き手の収入増やスキルアップによる生産性向上が目的とされている。調査結果 概要★ 41%が副業を希望。仕事満足度が高い方ほど、副業希望率も高い傾向。勤務先の副業容認度は23%に留まる。★ 副業の希望理由、「収入を増やしたい」が最多。仕事満足度が高い方は「キャリアを広げたい」、仕事満足度が低い方は「スキルアップを図りたい」「趣味・生きがいを見つけたい」と回答する傾向。★ 副業...

2019年9月13日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

「仕事とライフイベントの両立」実態調査

...「人」、そして「企業」の縁を考える。人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン エン・ジャパン株式会社TOPニュースリリース「仕事とライフイベントの両立」実態調査仕事との両立が難しいライフイベント、第1位は「介護」。 両立のためには「上司の理解・協力が不可欠」という声が多数。―『エンウィメンズワーク』ユーザーアンケート― 「仕事とライフイベントの両立」実態調査―『エンウィメンズワーク』ユーザーアンケート― 仕事との両立が難しいライフイベント、第1位は「介護」。両立のためには「上司の理解・協力...

2019年9月11日IDCフィードバック数:0企業情報システム

IT投資動向に関する国内CIO調査結果を発表

...も拡大していることを背景に、同様の課題が業務部門でも発生している可能性があると考えられます。「国内サービスベンダーには、企業のIT部門と業務部門の双方をテクノロジーによってサポートし、その負担を軽減させつつ、企業のDXジャーニーを包括的に支援する役割が求められる」と、IDC Japan ITサービスのシニアマーケットアナリストである吉井 誠一郎 は述べています。今回の発表はIDCが発行した2019 年 国内 CIO 調査: IT サービス/アウトソーシング利用実態 にその詳細が報告されています。本レポートでは、国内...

2019年9月11日IDCフィードバック数:0モバイル

2019年第2四半期 国内携帯電話・スマートフォン市場実績値を発表

...出荷の富士通(同8.6%)、5位は56.9万台出荷の京セラ(同8.0%)となりました。スマートフォンについては、2019年第2四半期の出荷台数は693.3万台(前年同期比1.8%減)となりました。「4Gスマートフォンは成熟の段階にあり、特にAndroid系はハイエンドとミドルレンジに市場が分化する動きがここ数年続いているが、2019年に入ってからは『分離プラン』導入の影響を見定めようという動きが市場全体で強く、ハイエンドの出荷は伸び悩んでいる」とIDC Japan PC, 携帯端末&クライアントソリューションのシニア...

2019年9月9日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

「テレワーク」について調査を実施

...方の多様化を支持する意見も散見され、自分のライフスタイルに合った働き方を望む声が見られました。仕事をしながら家族との時間を作れるようになったり、育児や介護の必要があっても仕事に就けたりと柔軟な働き方が容認されることによって働き手の幅も広がると考えられます。一方、「思わない」、「どちらかといえば思わない」と回答した109人にその理由を聞いたところ、仕事と生活の境界線が曖昧になるのではないかと懸念しているようすがうかがえました。また、テレワークという働き方自体を知らないといった声も多数見られ、テレ...

2019年9月9日アイブリッジフィードバック数:0ライフスタイル

自転車についての調査

... 調査期間:2019年6月18日〜2019年6月19日 アイブリッジ株式会社が展開するインターネットリサーチサービスで、モニター会員を活用し、20~60代以上の既婚男女、合計1,000名を対象に、夏休みの家族旅行に関する調査を実施いたしました。調査期間:2018年8月6日~2018年8月10日 アイブリッジ株式会社が展開するインターネットリサーチサービスで、モニター会員を活用し、20~50代(子供あり)男女、合計800名を対象に、敬老の日に関する調査を実施いたしました。調査対象:20~50代(子供...

2019年9月6日アイデムフィードバック数:0キャリアとスキル

求人サイト『イーアイデム』などの掲載情報をもとに15都府県を調査 2019年8月 パート・アルバイトの募集時平均時給

...ア(弊社『しごと情報アイデム』紙面の配布エリア内における都府県)東日本エリア :東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、群馬県、栃木県、静岡県の合計関東4都県 :東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の全体計と各都県別 ※東京都区の集計も添付西日本エリア :大阪府、兵庫県、京都府、奈良県、和歌山県、滋賀県、福岡県の全体計関西3府県 :大阪府、兵庫県、京都府の全体計と各県別 ※大阪市の集計も添付●職種職種大分類:職種小分類専門・技術職:看護師、准看護師、薬剤師、施設介護(有資格)、施設介護(無資格)、訪問...

2019年9月5日ソニー生命保険★フィードバック数:0ライフスタイル

シニアの生活意識調査2019

...車」を挙げており、自動車運転がライフワークとなっている方も多いと言えます。とはいえ、高齢者の自動車運転による大事故が問題化している昨今の世相を反映してか、50代の6割弱、60代の6割超が80歳になるよりも前に自動車運転を止めるとの意向を示すなど、「運転卒業」を意識するシニアもまた、かなり多い様子が明らかになりました。もっとも、「自身が自動車運転するのは何歳まで」との調査に対し、70代の3人に1人は「80代以上」と答えています。いざその年齢になってみると、最も...

2019年9月4日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

2000社に聞いた「外国人採用」に関する実態調査

...)○外国人採用を行う前に、女性活躍の場を広げる、高齢者の活用方法を再考するなどで、対処したいと考えています。(メーカー)○特に外国人だからというこだわりはないが、採用のノウハウがない。(コンサルティング)○以前採用したことがありますが、スタッフ間のコミュニケーション等業務以外のトラブルが多く、なかなか大変でした。(流通・小売)○業務指導の他、生活面のサポート(住まい、習慣)までやらなければならないと考えると、負担が大きい。(不動産・建設・設備)○履歴書などのデータでは、日本...

2019年9月4日マイナビフィードバック数:0キャリアとスキル

ミドルシニア/シニア層の非正規就労者実態調査

...ご覧になりたい「カテゴリー」と「年別ニュース」を選択すると、ソート表示することができます。カテゴリを選択年度を選択 「ミドルシニアシニア層の非正規就労者実態調査」を発表~正規雇用を希望する割合は15.5%で、現職場の勤務継続意向が高い結果に~株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、現在非正規雇用(パート・アルバイト/派遣社員/契約社員)の就労者を対象とした、「ミドルシニアシニア層の非正規就労者実態調査」を発表しました。調査結果の概要(一部抜粋)は以...

2019年9月3日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

自動車アフターマーケット市場に関する調査を実施(2019年)

...動車を中心に引き続き需要が好調に推移した※1。ハイブリッド車(HEV)を主力とする車両や、衝突被害軽減ブレーキに代表される技術を基軸とした新技術車両のラインナップが拡充していることも代替需要を喚起し、2018年の新車販売台数は527万台※1に上った。(※1.データ出所:一般社団法人日本自動車販売協会連合会、一般社団法人全国軽自動車協会連合会)新車販売が好調、且つ車両の長期使用傾向が続くことで、2018年の四輪車保有台数は過去最高の7,827万台※2となった。しかし、車両購入の主役である中高年世代の高齢化と、次を...

2019年9月2日矢野経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

トイレタリー市場に関する調査を実施(2018年)

...剤など従来女性向けであった商材全般の男性専用カテゴリー形成が進んでいる他、安全・防衛意識の高まりを背景として、ウイルス・細菌感染防止・食中毒予防、害虫対策等の除菌・殺菌、防虫剤等の需要も安定している。2.注目トピック人口動態の変化:人口ボリュームに支えられた需要拡大トイレタリー市場の成長因子として、中高年層および高齢者層を中心とした需要拡大という観点から、現在は以下の4つの事象が注目される。一つ目は高齢者人口増加と在宅介護進行による大人用紙おむつ需要の拡大、次に中高年層、アクティブシニアを主な対象とした男女軽度失禁用品販売の拡大、三つ目は中高年層から高齢者...

2019年9月2日矢野経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

国内デビットカード市場に関する調査を実施(2018年)

...要因として、ブランドデビットの拡大があげられる。ブランドデビットは、国際ブランドや発行元(イシュア)によるテレビCMなど販促施策が功を奏したことに加え、新規参入事業者による取扱いの増加などを背景に、若年層やシニア層、主婦層などを中心に幅広いユーザーへの普及が進み、堅調に拡大している。一方、J-Debitは、事業者間(BtoB)取引や小売店、特に家電量販店での大型家電の購入が減少した影響を受け、取扱高が減少している。また、銀行Payについては、取引金額は僅かであるものの、加盟店開拓を進めており、徐々...

2019年8月29日レノボ・ジャパンフィードバック数:0社会/政治

テクノロジーを使いこなす人は「11歳若い気分」 レノボ、世代ギャップや子育て世代への影響を調査

...的な切除手術を受けた方に科学やテクノロジーが恩恵をもたらし、認知的な障がいを持つ方と世界中の人々とのコミュニケーションを可能にしたことを挙げ、「医療面での数々の革新は、テクノロジーが私たちの生活をよりよくする何よりの証拠です」と述べています。医療面ではさらに、36%がスマートデバイスによって医療機関へのアクセスや受診がスムーズになったという結果や、60歳未満の回答者の39%から、高齢者が自ら救急サービスに連絡できるようになったという結果が得られています。あるインド人の女性(23歳)は、テクノロジーが病気の予防と治療に貢献している点を挙げ、「伝染...

2019年8月29日野村総合研究所★★フィードバック数:0社会/政治

シニア世代の就業や生活行動は65歳を境に大きく転換

...シニア世代の就業や生活行動は65歳を境に大きく転換 ニュースリリースシニア世代の就業や生活行動は65歳を境に大きく転換~就業中のシニア世代は、70歳までの就業が当面の目標~ 株式会社野村総合研究所 NRI社会情報システム株式会社 株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:此本 臣吾)のグループ会社であるNRI社会情報システム株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:小松 隆)は、全国の55~79歳の2,000人を対象としたインターネット・アン...

パーソル総合研究所、日本の「はたらく意識」の特徴を国際比較調査で明らかに

...の人間関係・休みやすさ重視の日本 仕事選びで重要視する点について、日本は、1位=希望する年収が得られること、2位=職場の人間関係が良いこと、3位=休みやすいこと。「年収」は他国も1位ないし上位だが、「職場の人間関係」や「休みやすさ」は日本のみベスト3に入っており、独自の傾向が見られる。(2)ダイバーシティに関する日本の特徴日本は、ダイバーシティ受容度が非常に低いことが明らかとなった。シニア雇用については、日本ではシニア本人は長く就業したい気持ちがある。① ダイバーシティ受容度が低い日本 日本は「女性...

2019年8月28日アスマークフィードバック数:0ライフスタイル

電子たばこに関するアンケート調査

...、60代は4割弱で、若い程使用意向は高くなる傾向にあり、中高年には、まだ受け入れられない層が一定いるもののと考えられる。電子たばこユーザーの9割強が継続意向あり現ユーザーは継続意向が高いものの、非ユーザーでは使いたい方が上回り4割強となる。 Q3.あなたは今後、「電子たばこ/加熱式たばこ」を使用してみたい(または使い続けたい)と思いますか。(1つ選択) 電子たばこ使用意向の理由使用意向者では、「部屋が汚れない」「副流煙が出ない」「紙巻きたばこよりも使用シーンが制限されない」等の...

2019年8月28日アスマークフィードバック数:0ライフスタイル

食品・美容成分に関するアンケート調査

...が上がる程高くなる傾向にあり、意識と行動がリンクしている。 Q3.以下の成分をどのくらいの頻度で摂取していますか。(それぞれ1つずつ選択) 成分の効果の実感有無「整腸効果」の期待できる成分は実感しやすい多くの人に意識して摂られている成分の中でも、「食物繊維」と「乳酸菌」の効果を感じたことがあると回答した人が多かった。整腸効果を期待して購入され、その効果を実感している人が多いことがうかがえる。便秘などの腸周りの悩みを抱えている人が多いことの現れとも考えられる。年代別では、ほぼすべての成分で若年より中高年...

2019年8月28日avanade★★フィードバック数:0社会/政治

人工知能やロボティクス、その関連技術の倫理問題について、自社組織の対応力に不安を抱くビジネス・リーダーが大多数:アバナード最新調査

...答しました。アバナードのエマージング・テクノロジー担当シニア・ディレクターで、本レポートの一執筆者であるAaron Reich(アーロン・ライヒ)は次のように述べています。「最近では、取締役会の議題として、セキュリティよりも、デジタル倫理が頻繁に取り上げられるようになっています。顧客や従業員、その他のステークホルダーと長期にわたる信頼関係を構築するために、デジタル倫理の強力なフレームワークで、中心的な役割を強化したいという、ビジネス・クリティカルな議論を持ちかけてくるクライアントが増えてきています。」今日...

2019年8月27日日本ワークスフィードバック数:0大型消費/投資

月の損益に関する調査

...いったライフイベントだけではなく、老後の資金もしっかりと貯めておくことが大切です。しかし、自分なりに貯蓄をしているつもりでも、金融庁が「95歳まで生きるためには、夫婦で約2,000万円の金融資産の取り崩しが必要になる」といった試算を示したり、少子高齢化などの問題から年金受給年齢が引き上げになったりと、老後の生活に不安を抱いている方は多いのではないでしょうか。安心して老後を迎えるためにはどのようなプランを描き、どのようなことに取り組むべきなのか、気になりますよね。そこで今回、不動...

2019年 親の財産管理と金融リテラシーに関するシニア世代の意識と実態

...2019年 親の財産管理と金融リテラシーに関するシニア世代の意識と実態 株式会社明治安田総合研究所(社長 永田 康弘)は、2019年3月に現在配偶者がいる全国の男女5,225人を対象として、「財産管理に関する実態調査」を実施しました。令和の時代、高齢社会の最前線を走る日本において、加齢による認知・判断能力の低下、心身の機能の衰えに伴って、高齢の親自身が財産管理を十分に行なえなくなった場合の対応が課題提起されています。本リリースでは、シニア世代...

2019年8月26日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

アクセンチュア最新調査――製造業における先進企業は、PoCの半数以上を本格化し、20%超の投資収益率を達成

...組織的課題を克服する手法が、デジタルイノベーションを拡大する手法と、密接に関連していることが分かりました。また、課題対応力とRODIの相関関係を実証する計量経済学モデルを用いることで、これら6つの課題を克服した際のRODIの増加率を計測しました。アクセンチュアで素材・エネルギー業界の成長戦略業務を統括するシニア・マネジング・ディレクターのデイブ・アブード(Dave Abood)は次のように述べています。「今回の調査により、組織のマネジメント方法によってイノベーション拡大の成否が分かれることが明らかになりました。例えば、上級...

社会人の恋人についての調査

...社会人の66%は恋人がいない!?社会人には出会いがないのか!?未婚率が上がり続けて少子高齢化が進む原因になる… ベースメントアップス株式会社が、「社会人の恋人についての調査」を実施しました。 【調査概要:仕事に関する意識調査】■調査日:2019年7月30日 〜2019年8月6日■調査方法 :インターネット調査■調査人数 : 116名■調査対象 :社会人 ベースメントアップス株式会社が運営する、より良い条件で退職するためのノウハウや情報がまとめられたサイト『退職の前に読むサイト』https...

2019年8月22日グローバルウェイフィードバック数:0キャリアとスキル

自動車・輸送用機器業界の「ストレス度の低い企業ランキング」発表! 1位はトヨタ自動車

...続で「健康経営優良法人(ホワイト500)」に認定されました。生産性を向上させながら育児・介護と両立しやすい環境をつくるべく、「働き方変革」にも注力。それまでの在宅勤務制度を拡充した「FTL(Free Time& Location)制度」の導入、事業所内託児所の拡充や通園バスを使った送迎保育の開始など、手厚い支援を行っています。2016年には「あいち女性輝きカンパニー」の優良企業にも選出されました。ーーーーーーーーーーーーーーーー <調査概要> 「自動車・輸送用機器業界の"ストレス度の低い企業"ラン...

2019年8月22日グローバルウェイフィードバック数:0キャリアとスキル

化学業界の「給与の満足度が高い企業ランキング」発表! 1位は旭化成

...領域を中心に事業を展開しています。同社は人材育成に力を入れており、年次や業種・職種に合わせた各種研修や資格取得の支援等を充実させています。また、育児・介護支援制度や短時間勤務制度などを導入するだけでなく、男性社員や非正規社員も含め、実際に制度を利用しやすい体制を整えてきました。そういった姿勢が評価され、2008年には公益財団法人日本生産性本部が主催する「第2回ワーク・ライフ・バランス大賞」で優秀賞を受賞。2016年には、子育て支援に積極的な企業なうち、特に取り組みが優秀な企業を厚生労働省が認定する「プラチナくるみん」を取...

2019年8月22日グローバルウェイフィードバック数:0キャリアとスキル

銀行業界の「休日の満足度が高い企業ランキング」発表! 1位はゆうちょ銀行

...の家庭と仕事との両立支援に関しては、ダイバーシティ推進部の設置やイクボス宣言をするなど、社内の意識改革や法定基準以上の制度整備に注力しています。育児や介護を理由に退職してしまった社員に対する再採用制度も。これらの支援体制が評価され、「子育てサポート企業」として「くるみん認定」を取得。また、2016年度には「仕事と介護を両立できる職場環境」の整備促進に取り組む企業として「トモニン」も取得しました。定時退社日の推進や一週間連続休暇の取得促進などによって残業時間も年々減少しており、2017年度の平均時間外労働時間数は11.2時間。休暇...

2019年8月21日グローバルウェイフィードバック数:0キャリアとスキル

建設業界の「給与の満足度が高い企業ランキング」発表! 1位は竹中工務店

...・ダイバーシティ企業100選」(2015年度)に選定されているほか、建設業界で初めて「均等・両立推進企業表彰(2017年度)」の厚生労働大臣優良賞も受賞しています。また、社長自ら「ワーク・ライフ・バランス向上委員会」の委員長を務め、作業所での時差出勤、時間単位有給休暇制度の導入など、労働時間の減少に注力。育児・介護と仕事との両立を支援するため、テレワーク制度を一部で試行スタートさせているほか、企業主導型保育所とも提携するなど、新しい制度を次々と取り入れています。ーー...

2019年8月21日グローバルウェイフィードバック数:0キャリアとスキル

小売業界の「労働時間の満足度が高い企業ランキング」発表! 1位は高島屋

...者分娩休暇、介護休暇、ボランティア休暇、スクールイベント休暇、ワークライフバランス休暇など、さまざまな休暇制度を導入。また、育児勤務制度は子どもが小学4年生まで利用可能で、希望に応じて勤務パターンを選ぶことができます。これらの取り組みが、「プラチナくるみん」「えるぼし」の認定、「女性が輝く先進企業2017」の「内閣総理大臣表彰」受賞などにつながりました。小売業界は忙しいというイメージもありますが、年間労働時間の削減にも注力しています。2017年度の月平均所定外労働時間は4.5時間、有給休暇の平均取得日数は10...

2019年8月21日グローバルウェイフィードバック数:0キャリアとスキル

化学業界の「ホワイト度が高い企業ランキング」発表! 1位は旭化成

...に合わせた各種研修や資格取得の支援等を充実させています。また、育児・介護支援制度や短時間勤務制度などを導入するだけでなく、男性社員や非正規社員も含め、実際に制度を利用しやすい体制を整えてきました。そういった姿勢が評価され、2008年には公益財団法人日本生産性本部が主催する「第2回ワーク・ライフ・バランス大賞」で優秀賞を受賞。2016年には、子育て支援に積極的な企業なうち、特に取り組みが優秀な企業を厚生労働省が認定する「プラチナくるみん」を取得しています。なお、2017年度の実績では月間平均残業時間は18.3時間、有給休暇の平均取得日数は16.6日。有給...

2019年8月19日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2019年7月の全国企業倒産802件

...同月42件)。このうち、「従業員退職」型が5件形態別:破産が694件で、構成比は86.5%都道府県別件数:前年同月を上回ったのが31都府県、減少12道県、同数4県負債別:負債1億円未満の構成比が77.9%、100億円以上の大型倒産が2カ月連続で発生なし従業員数別:5人未満の構成比が77.0%。10人未満の構成比は3カ月連続で前年同月を下回る業種別:飲食業(64→73件)、飲食料品小売業(29→38件)、飲食料品卸売業(20→23件)、広告関連業(6→13件)、老人福祉・介護事業(10→12件)など...

2019年8月19日OKANフィードバック数:0キャリアとスキル

全国離職原因調査

...求人倍率はリーマンショック以降上昇を続け、人材不足は身近な問題になりました。人材不足国家日本ですが、子どもの出産育児のために辞めざるをえない、不健康になってしまい働き続けられない、介護のために実家にもどらなければならない、いろいろな「生活=ライフスタイル」に関する理由で「働きたいけど働けない人」を目にします。止むを得ない理由で離職をする人は後を絶ちません。これが人材不足の1つの原因となっています。働き方改革はこの人材不足解消の打ち手として進められていますが、働き方改革を機に人材不足が進んでしまっている企業が3割以...

2019年8月13日UZUZフィードバック数:0キャリアとスキル

売り手市場だと、企業は若手の「定着」に悩む? 20代の「第二新卒」に聞いた転職活動事情

...名調査実施期間:2019年2月1日~2019年6月30日Q1.前職の業種は何ですか?(在職中の方は現職の業種をお答えください。)Q2.前職の職種は何ですか?(在職中の方は現職の職種をお答えください。)第二新卒で転職活動を希望している642名のうち、前職もしくは現職が「情報通信・インターネット業界(11.8%)」と回答した人が一番多い結果となりました。次いで「建設・不動産業界(10.6%)」「医療・介護・美容業界(9.5%)」の順番で多い結果となりました。その他の回答としては、アミ...

2019年8月9日楽天★フィードバック数:0モバイル

フリマアプリ「ラクマ」、シニア女性誌「ハルメク」とシニア世代の“片付け“と“フリマアプリ“に関する意識を共同調査

...フリマアプリ「ラクマ」、シニア女性誌「ハルメク」とシニア世代の“片付け“と“フリマアプリ“に関する意識を共同調査 フリマアプリ利用者 シニア女性は、毎月約6千円をお小遣い稼ぎしながらお片付け楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)が運営するフリマアプリ「ラクマ」は、シニア女性誌部数 No.1(※)の「ハルメク」と共同で、「シニア世代の片付けとフリマアプリに関する意識調査」を行いました。(※)一般社団法人 日本 ABC 協会・ABC レポート 21...

2019年8月7日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2019年3月期決算上場企業2,316社「女性役員比率」調査

...に女性役員が誕生した上場企業は207社(同8.9%)で、女性の役員登用は少しずつ進んでいる。産業別の女性役員比率は、全10産業で前年同期を上回った。最高は金融・保険業の7.4%(役員総数2,105人、うち女性役員156人)。以下、電気・ガス業7.2%(同319人、同23人)、水産・農林・鉱業6.4%(同125人、同8人)と続く。最低は建設業の3.3%(同1,543人、同51人)で、最高の金融・保険業とは4.1ポイントの差があった。女性役員比率50.0%以上の上場企業は、老人介護ホームの光ハイツ・ヴェラス(役員総数7人、うち...

2019年8月7日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

10年間で売上高最大も利益面のピークアウト鮮明 2019年3月期決算上場ゼネコン57社 業績動向調査

...面は高水準を維持したものの、いずれの利益段階でも過去10年間で最高だった前年同期を下回った。57社全体の業績は増収減益で、特に利益のピークアウトが鮮明となった。建設業界は建設技能者の高齢化、若年者の減少などで、人手不足が深刻化している。高止まりする資材価格の高騰や労務費の上昇もネックとなり、その余波が上場クラスの大手ゼネコンにも波及している。建設需要は2020年の東京五輪、パラリンピック以降が焦点とされてきたが、2025年の開催が決定した大阪万博、リニア関連工事の本格化などの期待材料も控えている。ただ、建設...

2019年8月6日ソニー生命保険★フィードバック数:0キャリアとスキル

中高生が思い描く将来についての意識調査2019

...ノミストのコメント(ソニーフィナンシャルホールディングス株式会社 金融市場調査部 シニアエコノミスト 渡辺 浩志)今回は全国の中高生に対して、将来の夢や希望を調査しています。ただ、一括りに中高生と言っても、中学生と高校生ではだいぶ考え方が異なるようです。気になったのは、自分の将来(10年後)を明るいと答えた中学生が57.0%であったのに対して高校生は45.1%にとどまったことです(図1)。また、いまの「大人」は楽しくなさそうと答えたのは中学生で57.5%でしたが、高校生では68.5%にも上りました(図5、図6)。高校...

2019年8月2日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内IoT市場 データエコシステム事業者調査結果を発表

...ンドセットを切り替えることが、データエコシステム市場のさらなる成長に向け必須になると見込まれます。IDC Japan コミュニケーションズ シニアマーケットアナリストである鳥巣 悠太 は「ベンダーは用途/シナリオ特化型IoTソリューションの提供や、企業との共創活動を、データエコシステム形成を前提として進めるべき」としており、また「ベンダーはIoTに取り組む企業の経営層のビジョンやマインドセットを見極め、啓蒙活動やコンサルティングを通じ、データエコシステムの世界に引き上げる努力を進めるべきである」と述べています。今回...

2019年7月31日矢野経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

国内アイウエア小売市場に関する調査を実施(2018年)

...自体は常に活発なマーケットである。直近ではアイウエアを必要とする45歳以上のミドルシニア世代の増加を背景として、ブルーライトやUVカット、花粉対策などの機能性アイウエアや、日本の素材や技術にこだわったメイドインジャパン製品、キャラクターブランドやアパレルブランド、デザイナーとのコラボ商品、眼鏡型ウェアラブル端末、グローバル市場への展開、オムニチャネル展開などで、新しいビジネスとしての広がりがみられる。2.注目トピック機能性アイウエアの開発競争が激化 ブルーライトカットをはじめ、UV、花粉...

最新の消費者調査の結果により、消費者の3分の2はより優れたサービスを提供するブランドに移行する可能性が常にあることが判明

...のビジネスや顧客ロイヤルティの展望に厳しい現実を示しています」とベリントのグローバルマーケティング担当シニアバイスプレジデント兼ベリントカスタマーエクスペリエンスプログラムの管理主催者であるRyan Hollenbeckは述べています。調査によれば、消費者の44%だけが3年以上同じサービスプロバイダーと提携していると回答しています(2015年から39%減)。これは顧客ロイヤルティと顧客維持率が世界的に低下し続けていることを意味します。新鮮ではない基準に見えるかもしれませんが、この調査によりブランドに対するロイヤルティを促進するための1つの...

機能性表示食品市場(総括編)について調査結果を発表

...と最も大きくなっている。次いで、『脂肪・糖の吸収抑制』が322億円、『歩行機能の改善』が319億円、『整腸作用』が291億円、『目の健康維持』が125.5億円と続いている。『体脂肪の低減』は、雪印メグミルクの「恵 megumi」が好調に推移していることから、市場が大きく拡大している。◆また、2016年度比で伸長率が最も高かったのは『記憶力の維持』で約4.6倍であった。同ヘルスクレームでは、サントリーウエルネスの「オメガエイド」などの中高年をターゲットにした商品の増収により、売上が大きく伸長した。◆2018年度は、2017...

2019年7月23日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

バーチャルキー世界市場に関する調査を実施(2019年)

...った理由でインフォテイメントシステムによるコネクテッドサービスへの需要が低い市場と言える。但し、車輌盗難、煽り運転、高齢者による自動車事故等、自動車に起因する社会問題も多く、解決手段の一つとして「コネクテッド化」が進む可能性が高い。その一環として、バーチャルキーの普及が進むものと予測する。 こちらのプレスリリースは1,000円で更に詳しいデータをご利用いただけます。 以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください調査要綱 1.調査期間: 2019年2月~6月2.調査対象: 自動車メーカー、バーチャルキー・スマートロック・スマートスピーカー関連企業等3.調査方法: 当社...

2019年7月19日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内ビッグデータ/アナリティクスソフトウェア市場予測を発表

...では予測しています。「AIを活用したアプリケーション開発による顧客の業務プロセスの自動化への貢献はもちろん、BDAのプロセスにおける自動化テクノロジーの積極的な活用を行うことが生産性への貢献をより大きくするために重要になる」とIDC Japanソフトウェア&セキュリティ シニアマーケットアナリストである草地 慎太郎 は分析しています。今回の発表は市場規模および予測については国内 BDA ソフトウェア市場予測、 2019 年~ 2023 年 にその詳細が報告されています。<参考資料>国内BDAソフ...

2019年7月19日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2019年 国内クライアント仮想化市場 ユーザー動向分析調査結果を発表

...比較して増加しています。また、その効果を「わからない」と回答したIT管理者は、2018年と比べて、大きく減少、20%台になっています。デジタルワークスペースの「ビジネス課題に対する効果的な使い方」が浸透してきたとIDCではみています。「ITサプライヤーとユーザー企業が、先進関連テクノロジーをベースに、デジタルワークスペースを構想し十分に使いこなすことによって、投資対効果、ビジネス課題への適用、事業へのIT活用が向上している。それが満足度向上につながる」とIDC Japan PC,携帯端末&クライアントソリューション シニア...

2019年7月18日ガートナー★フィードバック数:0ビジネス

ガートナー、CDOサーベイの結果を発表

...熟度に関する自己評価が相対的に低い結果になりました。一方、DAチームに対するビジネス上の期待事項について、3つまでの複数回答で尋ねたところ、「データの品質、信頼性、アクセス性の改善」が55%で最多となり、「分析に基づく意思決定の促進」、「ビジネス変革または製品変革の推進」がこれに続く結果となりました。 図1. データとアナリティクスのチームに対するビジネス上の期待事項 (1~3位を集計して抜粋) ガートナーのアナリストでシニア プリンシパルの一志 達也は次のように述べています。「日本においても、企業情報管理やBI/アナリティクスと比べて、MDMの成...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
 

お知らせ