調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:消費税増税

データがいっぱい:消費税増税

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。2014年4月からの消費税増税については経済、消費、さまざまな観点から調査が実施されています。

2020年9月8日カシオ計算機フィードバック数:0ライフスタイル

1年以内に楽器を始めた人へ意識調査を実施 約5割の人がネット・テレビの見過ぎを楽器演奏で解消できたと回答

...演奏した頻度の多い楽器についてお選びください。n=1030 約25%は2020年3月~4月の外出自粛期に楽器を開始・再開新型コロナウイルス感染拡大で外出自粛要請などの措置が取られた今年3月、4月にかけて楽器を始める人が増加しました。3月・4月は、消費税率引き上げ前の駆け込み需要が発生した2019年9月の5.7%や、クリスマスや年末にかけて商戦期の2019年12月の7%よりも高いという結果になりました。(2020年3月=11.7%、2020年4月=13.3% n=1030) 楽器を始めた理由は「自分一人で楽しめそうだから」楽器...

2020年7月28日インフキュリオンフィードバック数:0マーケティング要登録

QRコード決済の利用率は48%。外出自粛期間の影響で、約30%が消費行動に変化

...デジタルチャネルの利用が増加しました。(※)2019年10月1日の消費税率引き上げに伴い、需要平準化対策として、キャッシュレス対応による生産性向上や消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引上げ後の9カ月間に限り、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援する事業です。(キャッシュレス・消費者還元事業のWebページより)<調査結果> ・QRコード決済の利用率は48%。各カテゴリーのうちいずれかのサービスを「利用している」と回答した割合(n=20,000;複数回答)・全キャッシュレス決済サービスのうち、最も...

2020年7月1日GVフィードバック数:0ライフスタイル

消費活性化策「マイナポイント事業」の期待度は50.2%、申込方法に懸念

...,000人に「マイナポイント事業」について利用意識や期待度を調査し、昨年10月の消費税率引上げに伴う需要平準化対策として実施された「キャッシュレス・ポイント還元事業」との比較と共に、浮き彫りになった課題について解説していただきました。 性別:男性35.8%/女性64.2% 年代:20代16.1%/30代36.5%/40代31.6%/50代13.0%/60代2.8% 婚姻:未婚48.1%/既婚51.9% 職業:正社員34.0%/契約社員・嘱託社員2.5%/派遣社員4.9%/パート・アルバイト15.1...

2020年5月12日Works Human Intelligenceフィードバック数:0社会/政治

【ワークスHI調査レポート】<続報> 大手法人の新型コロナウイルス対策状況の調査報告

...の調査実績・「新型コロナウイルス」対応状況調査(2020年)・同一労働同一賃金への対応実態調査(2019年)・「働き方改革関連法」対応実態調査(2019年)・【通勤手当】消費税率引き上げへの対応状況について(2019年)・年末調整の電子申告に関する調査(2018年)* 会社名、製品名等はそれぞれ各社の商標または登録商標です。* 本リリースに掲載された内容は発表日現在のものであり、予告なく変更または撤回される場合があります。また、本リリースに掲載された予測や将来の見通し等に関する情報は不確実なものであり、実際...

2020年4月3日博報堂フィードバック数:0デジタル家電

博報堂生活総研[来月の消費予報・4月](消費意欲指数)

...ティブな意見のほうが圧倒的に多いものの、指数の低下が大きい女性と30代でも、2019年10月の消費税増税(8%→10%)時ほどには低下していません。 背景として、「服を買いたい」(19年4月61件→20年4月61件)という意見は前年から減っていない、「特に買いたいもの・利用したいサービス」でも前年並みかプラスとなっているものも多いなど、消費したいという気持ちは必ずしもなくなっていないものの、 現実として消費や外出ができる状況にないと捉えている人が多いことが考えられます。 背景として、「服を買いたい」(19年4月61件→20年4月61件...

20代・30代・40代の金銭感覚についての意識調査2020

...や後輩におごっている40代は15% 40代がおごっている金額の平均は7,680円/月 ≫ 無理せず買える範囲で良いものを選ぶ人は年代が上がるほど高い傾向≫ キャッシュレス派が増加 増加は20代で目立つも積極利用は30代・40代≫ 「消費税増税後に、キャッシュレス決済をする機会が増えた」20代54% 30代56% 40代54%≫ QRコード決済アプリの利用者急増、30代・40代の使用率は30ポイント前後上昇≫ 消費の矛先で世代差 “友人とのつながり”や“SNS映え”にお金をかけたい人は若い年代ほど高い傾向≫ 20代の...

2020年3月17日サントリーフィードバック数:0ライフスタイル

RTDに関する消費者飲用実態調査 サントリーRTDレポート2020

...RTD市場について (1)RTD市場は対前年112%、2年連続2桁成長 (2)レモンRTD市場は対前年134%、10年で過去最高の伸長率で市場牽引 II.消費者飲用実態調査 (1)自宅で飲むお酒で最も増えたのは、全体でRTDが1位 (2)家飲みでRTDが増加した背景には消費税増税の影響 (3)飽きのこない、スッキリした飲みやすい味が支持されるレモンRTD、外飲みユーザーは「お店品質」「ちゃんとお酒の味がする」ことも重視 (4)食事中だけでなく、様々なシーンで飲用が増加する高アルコールRTD (5...

2020年3月11日電通★★フィードバック数:0マーケティング

「2019年 日本の広告費」

...の広告費の概況> ◆2019年の総広告費は、通年で6兆9,381億円となった。不透明な世界経済や相次ぐ自然災害、消費税率変更に伴う個人消費の減退や弱含みのインバウンド消費など厳しい風向きの中、成長を続けるインターネット広告領域やイベント関連が総広告費全体を押し上げる結果となった。 ◆また、インターネット広告費は、テレビメディア広告費を超え、初めて2兆円超えとなった。デジタルトランスフォーメーションがさらに進み、デジタルを起点にした既存メディアとの統合ソリューションも進化、広告業界の転換点となった。 ◆新設...

高齢者雇用に関する調査2020

...時間に関する調査[2015年1月16日掲載]ブラック企業に関する調査[2014年11月28日掲載]学校教育における「労働教育」に関する調査[2014年11月20日掲載]2014年連合パート・派遣等労働者生活アンケート「中間報告」概要について[2014年10月17日掲載]ディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)に関する調査 [2014年9月26日掲載]消費税増税に関する調査 [2014年6月24日掲載]就職活動に関する調査 [2014年6月12日掲載]第2回マタニティハラスメント(マタハラ)に関...

2020年2月4日三井住友VISAカード★フィードバック数:0ライフスタイル

【ヒトトキ調査】くらべてみました!キャッシュレス派VS現金派では家計管理に差がある?!

...【ヒトトキ調査】くらべてみました!キャッシュレス派VS現金派では家計管理に差がある?! 2020.01.23 2019年には消費税の増税もあり、キャッシュレス決済への関心がずいぶん高まりました。各種割引やポイント還元制度など、利用する決済手段の多様化に伴いお得な情報もあふれています。そこでヒトトキでは、20代から60代までの男女500人に、決済方法に関する調査を実施。すると家計からお小遣い制でお金をもらっている人のうち60%が現金派であるなど、さまざまな実態が明らかになりました。今回...

2020年1月28日博報堂フィードバック数:0ライフスタイル

博報堂生活総研[来月の消費予報・2月](消費意欲指数)

...連休だったこともあり、引き締め意識が強まったようです。一方、「消費税増税のため消費を控えたい」という意見は、増税前のレベルにまで戻っています(2019年9月34件→2019年10月530件→2020年2月23件)。増税が今後の消費意欲にどう影響を及ぼすか、引き続き注目したいところです。Point 2:気持ち次第で抑えられる消費を控える意識が強い特に買いたいモノ・利用したいサービスがある人の割合は20.5%と、2月としては過去最低値となりました。その内訳をみると、「化粧品」「スマートフォン・携帯...

2020年1月23日MMDLaboフィードバック数:0ライフスタイル

【第1弾】 2020年キャッシュレス・消費者還元事業における利用者実態調査

...消費者還元事業後でキャッシュレス決済の利用が多くなった場所を複数回答形式で聞いたところ、「コンビニエンスストア(41.5%)」が最も高く、次いで「スーパーマーケット(33.1%)」、「ドラッグストア(26.5%)」となった。消費税増税に伴うキャッシュレス・ポイント還元事業の追い風も受けて日用品を買う大手チェーンストアでの利用が促進され、日常的にキャッシュレス決済を利用する人が増えている傾向にある。■ キャッシュレス決済から想起すること、普及体感、期待は? ⇒ キャッシュレス決済のイメージは「クレジットカード」、普及の体感は48.9%、期待は54.9%20歳~69歳の男女50,000人に...

2020年1月22日東北新社★フィードバック数:0ライフスタイル

20~40代男女に聞いた「令和元年のパパに関する意識調査」令和時代の家事・育児は「自分らしく」「自ら進んで楽しむ」

...を積極的に行うことは当然ではないという考え方がはびこっていると6割が回答。周囲の理解が追い付いていない現実が浮き彫りに。-平成や昭和の考え方が根付いていて、家事・育児を男性が積極的に行うことを当然だと考えている人は未だに少ないかと聞いたところ、「とても少ない」(17.7%)と「少ない」(44.2%)を合わせると6割(61.9%)に。◆令和元年(2019年)のパパにまつわるキーワード1位「家事シェア※1」、令和時代の理想のパパ像 1位「つるの剛士さん」、記憶に残るニュース1位は、消費税増税-令和元年のパパにまつわるキーワードを聞いたところ、1位は「家事...

2020年1月21日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内地域別 IT支出動向および予測を発表

...ったん減速を予測しています。しかし、多くの企業で既存システムの刷新、または「働き方改革」を契機に業務効率化を目的とした新規システム開発は堅調とみています。2021年以降は、IaaS(Infrastructure as a Service)を始めとするインフラストラクチャ、ソフトウェア、ビジネスサービスの堅調な伸びと、本格化する5G関連の投資によって国内IT市場全体では緩やかに回復するとみています。地域別に見た場合、2019年までのPC更新需要、「消費税増税」への対応を目的にした関連システム改修対応の反動によって、2020年の...

若い世代で預貯金の目的「老後の生活資金」が増加

...ベロプメント若い世代で預貯金の目的「老後の生活資金」が増加毎年10月に実施している自主調査「生活者総合ライフスタイル調査CORE」のデータ販売を開始いたしました。今回は、その中から消費税増税と暮らし向き、預貯金の主な目的に関する意識を分析しました。調査結果「消費税を上げることは必要」は昨年より5.7ポイント増加(図1)消費税増税直後の2019年10月の調査では、「国の財政不足を補うために、消費税を上げることは必要だと思う」は、前の年より5.7ポイント増加して40.0%となっています。一方、「国全体の景気は今後1年間...

2020年1月13日マクロミルフィードバック数:0ライフスタイル

2020年 新成人に関する調査

...らかといえば、明るいと思う(29%)」を合計し31%で、昨年よりも6ポイント減となりました。明るいと思う人の割合を過去の調査データで振り返ると、2014年に大きな上昇の山、そして2019年に小さな上昇の山が見られます。2つの年の共通点として、“消費税率の引き上げ”が挙げられます。2014年は4月に実施された8%増税前の調査で、前年よりも22ポイントと大きく上昇し翌年に下降、2019年は10月に実施された10%増税前の調査で、徐々に復調していたスコアが今年下降しました。2. 明るいと思う理由は、「オリ...

消費税増税による家計の見直し・節約に関する調査2019

...ライフネット生命調べ 実践して切なくなった節約術の1位に「食費の見直し」、3位に「光熱費削減」 切なくなった節約術では「昼食抜き」「水シャワー」「割引シール待ち」といった回答が 消費税増税による家計の見直し・節約に関する調査2019ライフネット生命保険株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:森亮介)は2019年10月16日~17日の2日間、全国の20歳~59歳の男女を対象に、「消費税増税による家計の見直し・節約に関する調査2019」をインターネットリサーチで実施、1,000名の...

第38回 Ponta消費意識調査

...)に実施いたしましたので、ご報告いたします。本調査はファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢氏監修のもと、実施いたしました。 消費者の節約志向-「節約したい」派は60.5%となり、前回調査より3.7ポイント増加 消費税増税に関する実感-消費税増税を“実感している”、前回増税時よりも17.1ポイント低くく67.6%消費税増税による暮らし向きの変化- 消費税増税による暮らし向き、節約したい派は“やや苦しくなった”、“苦しくなった”が約4割消費税増税前の駆け込み購入- 消費税増税前の“駆け...

令和の消費に関するアンケート調査

...支出が多かったという感覚の人が7割いたことに比べて、収入となるボーナスがそこまで寄与していない実態であることが分かりました。年代別ではボーナスが上がった人は10~20代では27.7%、30~40代では17.4%、50~60代では8.3%との結果となりました。 また、消費税増税前と比べて、クレジットカードや電子マネー、スマホ決済などのキャッシュレスでの支払いが増えたかどうかを聞いたところ、「増えた」「やや増えた」と回答をした人が56.1%となり、ポイント還元キャンペーンも影響してか、キャ...

2019年12月25日JTB★フィードバック数:0大型消費/投資

2020年の旅行動向見通し

...を後押しすることが期待されます。2019年は、天皇陛下の即位と改元で日本の新しい時代の幕開けとなりました。10月22日(火)に行われた即位の礼には各国の国家元首、王族、閣僚らが参列し、世界に向けて即位が披露されました。また、9月20日~11月2日まで開催されたアジア初の「ラグビーワールドカップ2019™(以下RWC2019)日本大会」の成功は世界のラグビーファンに日本各地でのおもてなしを伝える機会となりました。一方、10月1日からは消費税増税が始まるとともに、増税...

2019年12月25日GVフィードバック数:0キャリアとスキル

2019年度の冬ボーナス調査

...ーぶ」では、同年10月の消費税増税による消費低迷をはじめとする景気後退から企業業績への影響を読み取るため、2019年の冬ボーナス支給調査を実施しました。平均支給額と昨年との比較、そしてボーナスの使い道から今後の経済への活性化を検証し、仕事・給与ガイドであるマネーラボ関西代表の福一由紀氏に考察していただきました。◆調査回答者の属性(n=800)性別:男性55.0%(440人)/女性45.0%(360人)年代:20代27.0%(216人)/30代43.5%(348人)/40代25.5%(204人)/50代4...

2019年12月25日ONE COMPATHフィードバック数:0ライフスタイル

電子チラシサービス「Shufoo!」、主婦の年末年始意識調査

...電子チラシサービス「Shufoo!」、主婦の年末年始意識調査 消費税増税でもお年玉は減らせない 夫の実家へ帰省6割超がストレス 凸版印刷株式会社のグループ会社である株式会社ONE COMPATH(ワン・コンパス、本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:早川 礼 ※1)が運営する国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」(※2)は、「Shufoo!」を利用する全国の既婚女性8,759名を対象に、年末年始に関する意識調査を実施しました。令和初・消費税増税...

2019年12月23日ソニー生命保険フィードバック数:0ライフスタイル

47都道府県別 生活意識調査2019

...答した割合から、都道府県ランキングを作成しました。消費税増税に際しては、酒類を除く食料品が8%の軽減税率の対象となりますが、外食(飲食店での店内飲食)の場合は、軽減税率の対象になりません。【外食(飲食店での店内飲食)する回数】について、「減った」割合を都道府県別にみると、1位「滋賀県」(40.0%)、2位「福島県」(38.0%)、3位「鹿児島県」(36.0%)となりました。1位の滋賀県では、4割の人が外食回数を減らしていることがわかりました。また、対象店舗でキャッシュレス決済で支払いをすると、ポイ...

2019年12月19日帝国データバンク★★フィードバック数:0社会/政治

2020年の景気見通しに対する企業の意識調査

...2019/12/122020年の景気見通しに対する企業の意識調査2020年の景気、「悪化」と見込む企業は37.2%〜 景気回復に必要な政策、「人手不足の解消」が2年連続でトップ 〜はじめに2019年12月9日に発表された7-9月期の実質GDP成長率2次速報は、前期(4〜6月期)比0.4%増(年率換算で1.8%増)となり、4四半期連続でプラスの成長となった。省力化投資などの設備投資や公共工事、五輪関連の建設需要などに加え、消費税率引き上げ前の駆け込み需要も好影響を与えた。一方、相次...

2019年12月18日Emotion Techフィードバック数:0ビジネス

Emotion Tech×GMOリサーチによる共同調査 主要コード決済サービスのカスタマー・エクスペリエンスを比較

...【内訳】PayPay:442名、LINE Pay:456名、楽天ペイ:444名、メルペイ:426名、d払い:441名、au PAY:418名 【内訳】20代:630名(24%)、30代:543名(21%)、40代:509名(19%)、50代:492名(19%)、60代以上:453名(17%) 【調査背景】2019年10月1日の消費税率引き上げに伴い、政府主導のもと「キャッシュレス・ポイント還元事業」が開始されて2か月が経過し、キャッシュレス決済を導入している本事業の登録加盟店は86万店...

2019年12月18日BookLiveフィードバック数:0ライフスタイル

“令和初の年末年始休暇の過ごし方“に関する意識調査

...する総合電子書籍ストア「BookLive!」の会員を対象に「“年末年始休暇の過ごし方 “に関する意識調査」を実施しました。 【調査サマリー】【1】消費税増税の影響⁉既婚・未婚ともに「年末年始を過ごす場所」1位は「自宅」で全体の6割!【2】定番行事「初詣」は男女ともにまさかの半数程度に⁉ 普段イッキ見ができないテレビ、マンガなどが上位に!【3】ゴロゴロする際の「コタツのお供」No.1は「みかん」、女性1位は「アイス」に!冬アイス人気の影響か⁉【4】「家族間で話題になったマンガ」1位は『ONE PIECE』!「家族...

2019年12月9日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国平均借入金利動向調査(2018年度)

...業者など資金需要は見込めるものの、リスケジュール対応を受けながらも再建が進まない企業も多く見受けられる。消費税引き上げによる企業へのダメージを懸念する声も聞かれるなど、企業の金融環境への注目度は高い。帝国データバンクでは、企業財務データベース「COSMOS1」を用いて、国内企業の平均借入金利を算出し、集計・分析した。■「企業単独財務ファイルCOSMOS1」(86万社・640万期)収録のうち、非営利・特殊法人等を除く国内企業の2006〜2018年度の財務データを集計■借入金利は、有利子負債(銀行等、保険、ノンバンク、個人...

2019年12月3日マネーツリーフィードバック数:0大型消費/投資

キャッシュレス決済、“利得性”で利用開始、“利便性”で習慣化

...け行いました同調査の結果を受け、2019年2月にJCCAが取りまとめた「キャッシュレス社会の実現に向けた調査報告書*」を元に、11月30日「家計簿の日」に併せまして当社でまとめました結果をご報告します。日本の国民総支出に対するキャッシュレス決済の割合は約20%と言われ、政府は2025年までにこれを倍の40%まで引き上げる目標を掲げています。キャッシュレス元年とも言われる2019年は、数多くの事業者がペイメントを提供し、10月からは、消費税増税に伴いキャッシュレス還元が政府主導で行われるなど、各方面で様々な施策が開始されました。本調...

2019年11月29日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

CAD/CAM/CAEシステム市場に関する調査を実施(2019年)

...(Mobility as a Service)の普及促進が目指される。このような状況から、2020年度のCAD/CAM/CAEシステム市場は、土木・建築関連とMaaS関連が牽引することになると見込む。3.将来展望2019年度については、景気の先行きが不透明である。海外では、米国と中国の貿易摩擦および米国の利上げが世界経済に引き下げ要因として影響している。また、国内では2019年10月より消費税率が10%に上がったが、内需に与える影響は大きく、景気悪化要因になることが懸念される。そのようなことから、CAD/CAM...

「消費税増税後の生活」に関する調査

...増税後1ヶ月「特に生活に変化なし」は52.6% - 全国20~69歳1,077人に調査 - 株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント(所在地:東京都新宿区、代表取締役:松田 武久)は、全国在住の20~69歳を対象に「消費税増税後の生活」に関する調査を実施しました。先月の消費税増税では、前回2014年の増税後の消費の落ち込みを教訓に様々な政策が打ち出され、売り手側も準備を進めてきました。増税から1ヶ月、生活者は、今回の増税に対してどのように行動し、この1ヶ月...

2019年9月度 市販薬市場 薬効別ランキング

...2019年9月度 市販薬(OTC)市場 薬効別ランキング消費税増税前、駆け込み需要が貢献し前年比2割増 買いだめ対象は「高単価」 「大容量」 「定番ブランド」 「高齢者向き」当社は、全国一般用医薬品(OTC)販売動向調査のデータを基に、「2019年9月度 市販薬(※1)市場 薬効別ランキング」を発表しました。※1 市販薬:ドラッグストアや薬局で販売される一般用医薬品(OTC)のこと。当社データは指定医薬部外品を含みます。調査結果◆ 9月度の販売金額は、消費税増税前の駆け込み購買で1,059億円...

消費動向に関する定点調査(2019年10月度)

...年ぶりにマイナスに転化 今後1年間の景気の見通しについて、全体で50%が「変わらないと思う」と回答、「悪くなると思う」が45%で次ぎ、「良くなると思う」は5%となった。消費税増税前に実施した直近の調査(2019年5月時点)では、「悪くなると思う」が最多であったのに対し、今回調査で景気見通しは「変わらない」という傾向となり、増税前に感じられていた不安感が落ち着き、例年の景況感に回復しつつある様子が伺える。 生活時間については、【労働時間】が3年ぶりにマイナスの指標に転化。一方、【睡眠時間】【自宅...

2019年11月13日ガートナーフィードバック数:0企業情報システム

ガートナー、2023年まで日本のIT支出は年平均1.9%増で推移し 29兆円に達すると予測

...高輪) において、 ITとビジネスの課題の解決に向けた最新トレンドや展望を発表ガートナー ジャパン株式会社 (本社:東京都港区、以下ガートナー) は、日本における業種別IT支出を発表しました。日本のIT支出は、消費税増税対応やOSのサポート終了対応、働き方改革に伴う業務効率化対応などを背景に、2019年の前年比成長率が3.0%に達する見通しです。2020年には前年の反動から0.9%にとどまるものの、2023年まで年平均1.9%増で推移し、29兆円に達するものと予測しています。業種...

2019年11月8日インテージ★フィードバック数:0社会/政治

消費税増税前後の日用消費財購買状況調査 消費税増税後の駆け込み需要の反動、軽減税率でくっきり

...消費税増税後の駆け込み需要の反動、軽減税率でくっきり ~対象外品目(10%)は前回並み落ち込みも、対象品目(8%)は微減~ 株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:檜垣 歩、以下:インテージ)は、国内最大規模の消費者パネル、SCI®(全国消費者パネル調査)の購買データをもとに、2019年10月1日から実施された消費税増税前後の、日用消費財の購買状況を発表しました。日用消費財全体としては、食料品などで初めて導入された軽減税率などの影響もあり、2014年の増税時※ほど...

2019年11月6日Smart Sound Labフィードバック数:0大型消費/投資

10%増税でのキャッシュレス決済促進に関するアンケート調査

...ていた」と回答しました。ポイント還元制度の知名度は非常に高いことがわかります。しかし、「あなたは今回の《キャッシュバック・ポイント還元》 がいつまで続く措置か、知っていますか?」の問いに対して、知らないと回答した人が68.3%と約7割に及ぶことがわかりました。「知っている」と回答したのは31.7%でした。この結果を受けてSSL所長の安田は「今回の消費税増税に関わるポイント還元期間は2019年10月1日から2020年6月30日までの期間限定措置ですが、人々の関心が『増税分相当を還元する』のみ...

2019年11月6日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

TDB景気動向調査(全国)2019年10月調査

...2019/11/6TDB景気動向調査 −2019年10月調査結果−2019年11月6日、帝国データバンクでは「TDB景気動向調査」のプレスリリースを行いました。消費税率の引き上げで、小売業が大幅悪化 〜 台風も国内景気を下押し 〜詳細はPDFをご確認ください※次回発表予定「TDB景気動向調査2019年11月調査結果」の発表は、2019年12月4日を予定しています。 お問い合わせ先株式会社帝国データバンク データソリューション企画部 産業データ分析課TEL: 03-5775-3163E-mail...

「今を読む ~“時代感覚”アップデート」第3回「現在の生活不安の実状」

...国がはっきりと人口減少局面に突入した中で「人口減少/過疎化」も過半数の52.9%を示し、現代社会の不安要素の一つを形成している様子がうかがえます。●「不安スコア」(全体「不安」+「やや不安」)1. 高齢者ドライバーによる交通事故 71.5%2. 自然災害/異常気象70.1%3. 年金問題65.3%4. 自身の健康/体力64.1%5. 凶悪事件63.5%6. 介護62.5%7. 個人情報の漏洩60.8%8. 消費税の増税60.4%9. 自身の所得60.3%10. 原発問題53.3%11. 人口減少/過疎化52.9%12. 核開発52.7...

2019年11月5日楽天★フィードバック数:0マーケティング

楽天 ヒット番付 2019

...年のトレンドを象徴するキーワードを番付形式で発表するものです。今年は、東西の横綱、大関、関脇、小結の計8つのキーワードに加え、来年のヒット「期待株」として2つのキーワードを発表しました。「楽天 ヒット番付 2019」の詳細は、以下のとおりです。▼「楽天 ヒット番付 2019」トピックス・祝賀ムードの中で幕が開けた、「令和」元年を象徴する「元年消費」・消費税増税にともない、高額消費やキャッシュレスに人々の関心が集まった「増税前駆け込み需要」・年代ごとの消費傾向が顕著に表れた「20代の“投資”消費」と「60代の“アクティブ”消費」・2020年の...

2019年10月28日インサイトテックフィードバック数:0社会/政治

消費税増税に関する不満調査

...消費税増税に関する不満調査 〜47%が「嫌気や怒りを感じている」と回答。〜 このブログについて メディアで話題の不満収集プラットフォーム「不満買取センター」を運営する AIベンチャーInsight Tech(インサイトテック)が送るメディア 「Insight Tech Lab (インサイトテックラボ)」データとAIが教えてくれる毎日のヒントを不定期に発信しています。 執筆者情報独自の自然言語処理技術とマーケティング知見を用いて、不満買取センターに集まった様々な声を解析し、世の...

2019年10月9日出前総研★フィードバック数:0社会/政治

消費増税に関する調査 外食・中食での軽減税率適用による食生活の変化

...ント以上高い結果となりました。 2018年11月に飲食店のリサーチサービス「飲食店リサーチ」を運営するシンクロ・フードが行った調査によると、2019年の消費税引き上げの際、約60%の飲食店が値上げを予定していると回答しており、消費増税を期に外食の回数を減らして、自炊や出前、テイクアウトの利用に傾く消費者が増えることが予想されます。 実際に消費増税後の外食やイートインを利用する回数の変化について聞いたところ、全体の28.0%が外食やイートインを利用する回数が「減る(減る・やや減る)」と回答しました。特に、標準税率10%と軽減税率8...

2019年10月9日ビッグローブフィードバック数:0大型消費/投資

「お金に関する意識調査」第1弾

...プレスルームお金に不安を「感じる」9割弱、理由は「収入」「貯蓄」「年金」 BIGLOBEが「お金に関する意識調査」第1弾を発表~消費税増税に「反対」7割超も、購買行動は「変わらない」5割~ビッグローブ株式会社BIGLOBEは、「お金に関する意識調査」を実施しました。本日、調査結果の第1弾を発表します。本調査は、インターネットを利用する方のうち、スマホを所有する全国の20代~60代の男女1,000人を対象にアンケート形式で実施しました。なお、それぞれの年代カテゴリは200人ずつ、性別...

2019年10月8日YOLO JAPAN★フィードバック数:0社会/政治

在留外国人アンケート調査、8割以上の人は消費税率10%への引き上げを認知

...YOLO JAPAN在留外国人アンケート調査、8割以上の人は消費税率10%への引き上げを認知 ~日本の未来に期待し3割は増税について肯定的。税金について学ぶ機会を求める声も~ 2019年10月1日に施行される消費税増税に伴い、在留外国人を対象に、225ヵ国12万人以上の在留外国人が登録する日本最大級のメディアを運営する、株式会社YOLO JAPAN(代表取締役:加地太祐、東京本社:東京都港区、以下「YOLO JAPAN」)は、「日本の税金」に関するアンケート調査を実施しました。※アン...

2019年10月4日Finatext★フィードバック数:0社会/政治

増税の“前”と“後”で物価・消費は、どう動いたか?~物価・消費への影響を把握する最新データ公開(日経CPINowの推移)~

...増税の“前”と“後”で物価・消費は、どう動いたか?~物価・消費への影響を把握する最新データ公開(日経CPINowの推移)~ 株式会社 Finatextホールディングス(代表取締役:林 良太)の子会社で、ビッグデータの中でも、世界で注目が高まるオルタナティブデータの解析・分析に強みを持つ株式会社ナウキャスト(代表取締役CEO:辻中仁士、以下、「ナウキャスト」)は、金融機関や政府、ヘッジファンドなどに「経済の“今”を伝えるデータ」を提供し、資産運用や経済調査業務の支援を行っています。消費税率が8...

2019年10月1日ビッグローブフィードバック数:0大型消費/投資

「お金に関する意識調査」第1弾

...プレスルームお金に不安を「感じる」9割弱、理由は「収入」「貯蓄」「年金」 BIGLOBEが「お金に関する意識調査」第1弾を発表~消費税増税に「反対」7割超も、購買行動は「変わらない」5割~ビッグローブ株式会社BIGLOBEは、「お金に関する意識調査」を実施しました。本日、調査結果の第1弾を発表します。本調査は、インターネットを利用する方のうち、スマホを所有する全国の20代~60代の男女1,000人を対象にアンケート形式で実施しました。なお、それぞれの年代カテゴリは200人ずつ、性別...

2019年9月27日野村総合研究所★フィードバック数:0ライフスタイル

ポイント・マイレージの年間発行額が1兆円を突破

...までの実績推計および2023年度までの予測を行いました。なお、今回の予測には、2019年10月から消費税率の引き上げに伴って実施が予定されている、「キャッシュレス・消費者還元事業」によって発行されるポイント等の額は含まれていません。2018年度の最少発行額は1兆円超、2023年度には1兆1600億円を突破国内11業界の主要企業による2018年度のポイント・マイレージの最少発行額は、1兆21億円と推計され(図1)、その3分の2はクレジットカード会社、家電量販店、携帯電話事業者により発行されているとみられます(表1...

2019年9月26日じぶん銀行フィードバック数:0大型消費/投資

既婚者の貯蓄額は5割が500万円以上、独身者は7割が300万円未満 「家庭のお財布事情」に関するアンケート

...ローンを組んだため負担が増えた』と答えた方が46%と、約5割に達しました。(図3)さらに、住宅ローンを組んで家計への負担が増えた家庭は、旦那さまがお小遣い制の割合が42%と、住宅費の負担を感じていない家庭や賃貸の家庭に比べて多いことが判明しました。(図4) 一方で、「既婚」の154名に対し、“消費税増税後の10月以降は「住宅ローン控除の控除期間延長」や「すまい給付金の年収上限・給付額の引き上げ」があることを知っていますか?”と伺ったところ、内容をきちんと理解しているのがわずか1割。残り8割以上の方が「興味がない」「聞い...

2019年9月26日タイガー魔法瓶フィードバック数:0社会/政治

[増税と食事に関する意識調査]増税で見直したい支出 第1位は「食費」

...[増税と食事に関する意識調査] 増税で見直したい支出 第1位は「食費」 増税後に「外食の頻度を減らしたい」が約8割という結果に 2019年10月1日(火)から施行される消費税の増税以降、食品は軽減税率の適用により8%据え置きになる一方、外食の場合には10%の税率が掛かります。増税に伴う「食事」に対する意識がどう変化するのか、タイガー魔法瓶株式会社では「増税と食事に関する意識調査」を実施しました。その結果、増税で見直したい支出の第1位が「食費」(45.3%)となり、増税...

10月の消費税増税に向けて消費者意識調査 増税後は67%が家計を引き締めと回答

...で配布している詳細な調査結果資料(全28ページ)に掲載しております。ご希望の方は記載の連絡先までお問い合わせください。https://www.n-info.co.jp/inquiry/■調査結果1)消費増税後の家計の引き締め意識は?まず、今回の消費税増税を認知している人に、増税後に家計をどのくらい引き締めるつもりなのか聞いてみました。(以下図表1) 全体の67%が家計を引き締めると考えていることから、相変わらず家計の防衛意識は根強いようです。さらに、前回の消費税8%の増...

カタリナ マーケティング ジャパン、2019 年の消費税増税に向けた購買動向を分析

...買データを捕捉しています。この実購買データを分析することで生活者の購買動向を把握し、それに基づいた店頭販促プランの企画立案、実行、効果測定までを小売企業様、消費財メーカー様に対して包括的にご提供しています。このたび、2014年4月に行われた消費税増税前後での購買客の傾向をあらためて振り返るとともに、今年10月に実施予定である消費税8%から10%への増税に向けた考察を行いました。 <2014年増税時の購買動向調査結果> ■2014年4月1日の消費税増税前後で、小売店舗の売上はどのような変化を見せたか?・駆け込み需要は増税前3...

2019年9月18日矢野経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

健康食品受託製造市場に関する調査を実施(2019年)

...から直接、あるいは健康食品関連商社を経由した健康食品の受託生産が拡大しており、一部企業では特需が見られるなど、健康食品受託製造市場全体に好影響をもたらした。3.将来展望2019年度は、国内需要において機能性表示食品などが引き続き好調な一方、消費税率引き上げによる消費への影響など不透明要因が多く、健康食品全体としては、大きな成長は見込みにくい状況である。また、2018年度に好調であった海外需要は、引き続きアジアを中心とした需要が見込まれる一方、中国の越境ECに対する規制から、中国...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
 

お知らせ