調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:FinTech

データがいっぱい:FinTech

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。ITを活用した新たな金融サービスがわかりやすく「FinTech」と名付けられることでトレンドと化しています。

2020年3月27日カンム★フィードバック数:0ライフスタイル

巣ごもり消費に関する意識調査

...会社フリークアウト・ホールディングスとの包括的資本提携や国際ブランドVisaが提供する「Fintech ファストトラックプログラム」への参加などで事業拡大に努めており、デロイト トーマツ主催の企業成長率ランキング 「2019年 日本テクノロジー Fast 50」では1位を受賞しました。コーポレートサイトURL https://kanmu.co.jp/ プレス用画像URL ■ニュースリリースに関するお問い合せ先■株式会社カンム 広報担当: contact@kanmu.co.jp...

「JCB消費NOW」(2月16日~2月29日)

...キャストは日本のオルタナティブデータのリーディングカンパニーであり、ビッグデータ解析により、「消費者物価指数などの経済統計のリアルタイム化」、「企業の経営戦略の見える化」を行う東京大学発のFintechベンチャー企業です。東京大学経済学研究科渡辺努研究室における『東大日次物価指数(現:日経CPINow)』プロジェクトを前身として2015年2月に設立されました。現在POSデータ、クレジットカードデータなどのオルタナティブデータサービスを幅広く展開し、国内外250社以上の金融機関、シンクタンク、政府、政府系金融機関、海外ヘッジファンド等の資産運用、経済...

国内スタートアップ想定時価総額ランキング(2020年3月)

...の成長産業領域市場の発展に貢献しています。 https://startup-db.com/フォースタートアップス株式会社についてフォースタートアップス株式会社は、2016年9⽉、株式会社ネットジンザイバンクとして創業。「世界で勝負できる産業、企業、サービス、⼈を創出し、⽇本の成⻑を⽀えていくこと」をミッションとして掲げ、「for Startups」というビジョンのもと、インターネット/IoTセクターをはじめ、Fintech、リアルビジネス領域も含めた成長産業領域特化型の転職⽀援と起業⽀援を中⼼に事業を推進。近年では、国内有⼒ベン...

2020年3月6日野村総合研究所フィードバック数:0企業情報システム

野村総合研究所、「ITロードマップ2020年版」をとりまとめ~将来的に大きな進展が見込まれる「ブレインテック」~

...ほどとりまとめました。 今回、注目すべき技術として取り上げたテーマは、「Web3.0に向かうブロックチェーン」「5G(第5世代移動通信システム)」「フェデレーションラーニング」「シミュレーション2.0」「MLOps」「ブレインテック」「フリクションレス・リテール」「ピープル・アナリティクス」「情報銀行と信用スコア」の9つです。 さらに、DX(デジタルトランスフォーメーション)の進展によって今後さらに必要になるセキュリティ対策の変化に着目し、「デジタルビジネスのリスク管理」「デジ...

2020年3月5日デル★フィードバック数:0企業情報システム

デル テクノロジーズ、約1,300社の中堅企業を対象にした 「IT投資動向調査」の最新結果と新たに5つの支援施策を発表

...体的な取り組みに関する情報交換を推進します。毎回テーマを決め、AI・ディープラーニング・IoT・音声マイニング・ブロックチェーンなどの技術要素だけでなく、デジタル化の背景でアナログな実務への活用にも触れます。これにより各企業の人材交流を促進し、忌憚の無い意見を言い合うことで、DX実現の気づきを得られるプラットフォームの提供を目指します。オープンオフィス ソリューションデイ:ひとり情シスに代表されるIT人材不足やITの悩みを相談できる窓口がない実態に対して、クライアントPCやサーバーの実機の質感に触れ、製品専任担当から説明するコーナーやHCI...

「応援消費」に関する意識・実態を調査

...ッションとして掲げ、いつでもどこでも誰でも、安心してご利用いただけるよう、銀行初・日本初のサービスを数多く生み出してきました。「キャッシュレスサービス」を便利に活用いただくための取り組みを展開し、Visaデビットの提供をはじめ、「PayPay」、「LINE Pay」、「メルペイ」などの主要スマホ決済サービスとも連携。また、さまざまな企業とAPI連携を行い、お客さまが安全にストレスなくFinTechサービスを利用できる環境をご用意しています。ネットやスマホの普及により「応援消費」とい...

2020年2月13日Accenture★フィードバック数:0企業情報システム

アクセンチュア最新調査――多くのCEOは自社ITシステムに強い自信を持つ一方、イノベーションの創出に苦戦

...知能(AI)やブロックチェーン、拡張現実などの新興テクノロジーが調査対象となっています。アクセンチュアは、調査において「テクノロジーの導入状況」、「テクノロジーの活用度」、「組織文化への浸透度」の3点それぞれに関して企業のスコアを算出しました。その結果、テクノロジー投資と導入の意思決定を適切に行い、テクノロジーの潜在的価値を最大限に引き出している企業は、わずか10%であることが判明しました。本調査では、これら上位10%の企業を先行企業、下位25%を出遅れ企業と定義しました。先行企業は、新興...

2020年1月30日App Annieフィードバック数:0モバイル

モバイル市場年鑑2020

...」の利用者増加に伴い、フィンテックアプリが金融機関のアプリよりも速いペースでユーザー基盤を拡大・ファイナンスアプリについて、全世界における上位10位のフィンテックアプリ(金融機関以外の企業が管理しているアプリ)とバンキングアプリ(民間の金融機関や金融サービス会社が管理しているアプリ)をそれぞれ比較すると、平均月間アクティブユーザー数(Monthly Active Users:以下MAU)において、フィンテックアプリがバンキングアプリを大きく上回りました。・日本は、フィンテックアプリのMAU成長...

2020年1月29日アクセンチュアフィードバック数:0社会/政治

アクセンチュア最新調査――金融機関は破壊的技術のリスク評価に苦戦

...アクセンチュア最新調査――金融機関は破壊的技術のリスク評価に苦戦 リスク管理部門の管理職は、AIやブロックチェーン、RPAの導入で想定外のリスクを発生させる可能性があると回答。72%は自身のスキル向上よりも速いペースで複雑なリスクが発生していると認識 【ニューヨーク発:2019年12月3日】アクセンチュア(NYSE: ACN)の最新調査によると、金融機関のリスク管理部門を率いる管理職の大多数が、自身が破壊的技術のリスクを適切に評価できる能力があるとは考えておらず、新た...

2020年1月16日富士通★★フィードバック数:0マーケティング

大企業のデジタルマーケティング取り組み実態調査

...でにない組み合わせにより新しい製品、サービスを創出したりすることで、従来では想定されなかった新しいモノやコトが生まれ、変革の時代を先取りします。研究開発では、社会の課題や変化の予兆を捉え、新しい事業価値創造のため、最新のテクノロジー、法規制を見据え自ら事業を創造する研究開発に組織的に取り組みます。例えば、人工知能(AI)やブロックチェーンなどを活用し、今までには出来なかったようなビジネスプラットフォームを提供していきます。<知創の杜>富士通総研のエコノミストやコンサルタントによる、トレンド予測、提言、コン...

2020年1月9日ネオキャリア★フィードバック数:0キャリアとスキル

jinjer HR Tech総研、HRに関する2019年振り返り&2020年予測を発表

...から退職までのライフサイクルにおける様々なタッチポイントで従業員にパーソナライズされた体験を提供する事が重要です。従業員体験を良くすることで優秀な人材の惹きつけと定着に繋がると言われています。アメリカでは、従業員体験を向上させるために「給与連動ローンなどの金銭的利益を提供する企業」が存在します。日本においては、従業員体験向上の一つの解決策として人材の定着率アップを目的とした「給与前払いサービス」の導入が浸透し始めています。2020年は、福利厚生の充実を目的とした「HR × Fintech」や「HR × Insur Tech」のサービスが増えてくると推測されます■jinjer HR Tech総研...

2020年1月9日FRONTEO★★フィードバック数:0社会/政治

FRONTEO「リーガルテックAI白書」調査結果のお知らせ

...ガルテックにおけるAI活用とは」リーガルテック概論<コラム>米国におけるリーガルテック企業動向調査調査概要調査手法:インターネット調査調査対象:企業において法務業務に従事する者調査期間:2019/11/21-12/3サンプル数:505株式会社FRONTEO 代表取締役社長 守本 正宏のコメント「昨今、フィンテック(金融)やHRテック(人事)など、AIや先端技術を駆使して業務の効率化を実現する動きが加速していますが、法務の分野も例外ではなく、ITやAIを活用して法務業務の生産性向上を狙う『リーガルテック』への...

【ヘイズトレンド予測2020】2020年求人増加が見込まれるホットな職種トップ10

...年の日本のフィンテック市場を大きく変えることになるでしょう。政府が2025年までに「キャッシュレス決済率40%」という野心的な目標を掲げたことで、多くの企業が国内需要に応えるためのシステム開発を進めています。このため、この分野におけるWeb/モバイル開発が急増しているものの、多くは極めて国内向けの性質を持っています。したがって、こうした職種についてはバイリンガル・エンジニアである必要はなく、企業はネイティブもしくは流暢に日本語が話せる開発者を求めています。比較的新しい業界であることから、将来...

2019年12月25日博報堂★★フィードバック数:0ライフスタイル

消費増税にともなうキャッシュレス決済状況に関する生活者調査

... Fintex Base」(博報堂フィンテックスベース、以下HFB)と博報堂金融マーケティングプロジェクトは共同で、変化の激しいFintech領域において、市場環境や生活者の意識・行動にどのような変化が起きているかを把握することを目的に、生活者調査を実施しました。今回は、消費増税のタイミングで、生活者の中でも急速に存在感が高まっている「モバイル決済サービス(携帯電話を接触させたり、コードを表示したりして決済を行うサービス)」を含む「キャッシュレス決済」全般について、全国20~69歳の男女2万人...

2019年12月13日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

国内企業のIT投資に関する調査を実施(2019年)

...ケージのクラウド化が進んでいること、SAPのERP保守サポート期限が2025年に迫っていることなどがあると考える。3.将来展望近年は、製造業などの企業でグローバル競争力を強化する機運が高まっており、これをデジタルで支援するビジネス(DX:デジタルトランスフォーメーション)に対するIT投資案件等も増加基調にある。また、市場を牽引してきた金融業についても、基幹システム更新等の大型案件が落ち着いたことで大きな伸びは期待できないとも思われたが、参画するプレイヤーが多様化し、ITを活用したサービス(FinTech)を展...

セールスフォース・ドットコムが最新の国内消費者調査を発表

...シャル、IoT、人工知能、音声、ブロックチェーンなどの強力なテクノロジーを活用し、360度で顧客と繋がるためのツールを提供します。セールスフォース・ドットコム(NYSE:CRM)の詳細については、www.salesforce.comをご覧ください。 このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。 メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。 ※内容はプレスリリースにより異なります。 プレスリリース >株式...

2019年12月3日マネーツリーフィードバック数:0大型消費/投資

キャッシュレス決済、“利得性”で利用開始、“利便性”で習慣化

...創業者のマーク マクダッドがフィンテック協会の理事を務め、金融機関とFintech企業の間で進められているオープンバンキングのための金融API仕様策定に携わるなど、トラディショナルな金融市場と新しいFintech市場の架け橋となる活動を通し、市場の拡大に貢献してきました。キャッシュレス決済の促進においても、このような架け橋となる活動が重要と考え、当社は今後もその一助となり得るサービスの拡充に尽力してまいります。「キャッシュレス社会の実現に向けた調査報告書」について日本クレジットカード協会、アク...

2019年11月22日Adjustフィードバック数:0モバイル

「スーパーアプリ」の台頭がアジアのモバイルファイナンス成長を後押し

...「モバイルファイナンスレポート 2019」をリリース モバイルは、銀行と顧客の関係や、競合との戦い方を一変させています。金融市場のグローバル化が加速し、フィンテック企業は銀行口座がない数十億の人々を顧客に取り込んでいます。また、モバイルとアプリの技術的進化により、現金を使う必要がなくなってきました。モバイルで銀行取引をすることが増えれば増えるほど、物理的な意味における「お金」が生活から姿を消しつつあります。​アプリの市場データと分析ツールを提供するApp Annieとの...

2019年11月13日ガートナーフィードバック数:0企業情報システム

ガートナー、2023年まで日本のIT支出は年平均1.9%増で推移し 29兆円に達すると予測

...別で最も成長が見込まれるのは金融であり、同業種の年平均成長率は2.4%と予測されています。これに続くのが運輸業であり、年平均成長率は2.2%と見込まれています(表1参照)。ガートナーのアナリストでアソシエイト プリンシパルの成澤 理香は次のように述べています。「金融業界においては、マイナス金利による収益圧迫により業務コスト削減に向けた投資が急務となっているほか、関心の高まるFintechへの規制緩和による追い風もあり、サービスの高度化や顧客満足度向上など競争力強化のためのIT支出が増加しています。一方、運輸業界においては、取扱...

2019年11月13日ガートナー★★フィードバック数:0企業情報システム

日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2019年

...の本ハイプ・サイクルでは、2018年度版のキーワードを見直し、ITリーダーが今押さえておくべき代表的な40のキーワードを再選出しています。ガートナーのマネージング バイスプレジデントの長嶋 裕里香は次のように述べています。「2019年現在、例えば『モノのインターネット』『人工知能』『ブロックチェーン』は、幻滅期に位置付けられています。概念実証 (POC) などの取り組みを通し、単に期待を抱いていたところからリアリティに直面するようになった困難の表れと言えるでしょう。これは決して悪いことではなく、こう...

2019年10月21日アクセンチュアフィードバック数:0ライフスタイル

2019年上半期の世界のフィンテック投資は減少、中国における投資の落ち込みが欧米での拡大を相殺 ――アクセンチュア最新調査

...2019年上半期の世界のフィンテック投資は減少、中国における投資の落ち込みが欧米での拡大を相殺――アクセンチュア最新調査 2018年にAnt Financialが行った過去最高額の調達後、グローバルの投資総額は29%減となったものの、米国、英国では大幅に上昇し、ドイツ、スウェーデン、フランスでも投資活動が堅調に拡大アクセンチュア(NYSE: ACN)の最新調査によると、グローバルにおける2019年上半期のフィンテックベンチャー企業への投資額は大幅に減少しました。これは、前年...

2019年10月4日Finatext★フィードバック数:0社会/政治

増税の“前”と“後”で物価・消費は、どう動いたか?~物価・消費への影響を把握する最新データ公開(日経CPINowの推移)~

...商品の売上は比較時点の売上に含め、新規参入商品の売上は今日の売上に含めるという取り扱いをし、2 つの時点の両方で存在する店舗のみを計算の対象としている。■株式会社ナウキャストについてナウキャストは日本のオルタナティブデータのリーディングカンパニーであり、ビッグデータ解析により、「消費者物価指数などの経済統計のリアルタイム化」、「企業の経営戦略の見える化」を行う東京大学発のFintechベンチャー企業です。東京大学経済学研究科渡辺努研究室における『東大日次物価指数(現:日経CPINow)』プロジェクトを前身として2015年2月に...

2019年9月26日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

国内FinTech(フィンテック)市場に関する調査を実施(2019年)

...2018年度の国内FinTech市場規模は前年度比42.7%増の2,145億円、2022年度には1兆2,102億円にまで拡大すると予測 ~API連携による協業やブロックチェーンの商用利用、基盤を固めた暗号資産の広がりが市場拡大のカギ~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内FinTech市場を調査し、現況、領域別の動向、および将来展望を明らかにした。 FinTech系ベンチャー企業の国内市場規模推移予測1.市場概況2018年度の国内FinTechフィンテック)市場...

2019年8月28日avanadeフィードバック数:0企業情報システム

エマージング・テクノロジーの導入をめぐる理想と現実には大きなギャップ:アバナード最新調査

...エマージング・テクノロジーの導入をめぐる理想と現実には大きなギャップ:アバナード最新調査エマージング・テクノロジーの導入をめぐる理想と現実には大きなギャップ:アバナード最新調査人材不足とエマージング・テクノロジーの相互依存化による難易度の上昇が課題2019年6月7日 – シアトル発マイクロソフト・エコシステムで業界をリードするデジタル・イノベーターであるアバナードの調査によると、ブロックチェーン、量子コンピュータ、対話型AI、イマーシブ体験、IoT、セキ...

2019年8月8日東京商工リサーチフィードバック数:0社会/政治

2019年3月期決算 国内銀行81行「平均年間給与」調査

...、地方銀行(621万4,000円)は前年同期を下回った。平均給与のトップは、東京スター銀行(926万6,000円)で、2013年3月期以来、6年ぶりにトップに返り咲いた。2位は三井住友銀行(820万3,000円)、3位はあおぞら銀行(803万7,000円)。2015年3月期からトップ3の常連だったスルガ銀行(729万2,000円)は8位にダウンした。81行のうち、前年同期より平均給与が増加したのは46行(構成比56.7%)で、6割弱だった。銀行は低金利競争で収益環境が悪化し、また、フィンテック...

2019年7月26日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2019年6月度) ファッションの情報源として、「インスタ」が「Google」を抜く

...違いを紹介しながら、M... 【記事要約】 この記事では、最近広がりを見せている「Fintechフィンテック)」について、その内容や事例を紹介しながら... セルフ型アンケートサービス高品質なネットリサーチを圧倒的なスピードと次元の異なる低コストで。無料トライアル実施中。...

ITやテック業界の経済的機会のあるテクノロジーランキングベスト10

...ジメントソリューションズの創設者でコミュニティの指導的グループの一員であるJulia Moiseeva氏 は「ブロックチェーンは、テクノロジーの成熟サイクルが通常とは異なる形となりましたが、それにより成熟を迎えたとも言えます。一連の騒動が一段落して落ち着きを取り戻し、再びいい方向に進んでいくと思います。」と述べています。「今、私たちは、現実の業界の問題に対応するために、バーチャル世界のブロックチェーンベースソリューションの構築を観察しています。サービスとしてのブロックチェーン(BaaS)は一番注目すべきです。 BaaSは、業界を超え、特に独自のブロックチェーン...

2019年7月18日ガートナー★フィードバック数:0ビジネス

ガートナー、CDOサーベイの結果を発表

...的に活用中であるとした割合は53%に上りました。一方で、スマート・コントラクトとブロックチェーンについては、活用中/試験的に活用中であると回答したCDOは、共に20%未満でした。ローガンは次のように述べています。「データに関する取り組みの成功を支え、推進するために、CDOは先進テクノロジを取り入れています。自らの組織のパフォーマンスが競合他社よりも優れていると回答したCDOは、MLを活用することによって売り上げを拡大し、優秀な人材を獲得して定着させ、顧客...

2019年6月20日アクセンチュア★フィードバック数:0ビジネス

アクセンチュア、最新のコーポレート・シチズンシップ・レポートを発表

...ブ・ザ・チルドレン」と連携して、若者のキャリア構想を支援する「Better Careers Through Extended Reality(BecaXR、拡張現実を使ったキャリア・アップ)」という没入型のAR/VRツールを開発しました。このツールを使って、全方位型ビデオ映像で一般的な職場を仮想体験し、それぞれの地域で求められる職務の内容を理解することで、子供たちは仕事についてのイメージを膨らませることができます。喫緊の社会課題への取り組み:アクセンチュアは、人工知能(AI)やブロックチェーン、拡張...

2019年6月19日NEXERフィードバック数:0大型消費/投資

【今後の仮想通貨の保有、検討しているのは約1割!】仮想通貨に関するアンケート

...通貨で取引を始めるなら「arbitco(アビトコ)」で今回共同調査を行った合同会社スプラウトヘッドは仮想通貨を自動取引してくれるツール「arbitco(アビトコ)」を提供しています。仮想通貨【ビットコイン】を全自動でアービトラージ【裁定取引】してくれるツールなので、初めて投資を行うという方も、比較的リスクを抑えて投資を行うことができます。・アービトラージ【裁定取引】とは簡単にいうと商品を安い場所で買って高い場所で売ることにより利益を得る取引です。 つまりビットコインを安い取引所で購入し、高い...

2019年6月18日テスティーラボフィードバック数:0大型消費/投資

【2019年】暗号資産に関する調査

...株式会社TesTee(テスティー)が運営する若年層(10代、20代)を調査するアンケートメディア【2019年】暗号資産に関する調査 2019/06/08 2019/06/09Lab」にて、20代男女2,052名(20代男性1,001名、20代女性1,051名)を対象に暗号資産に関する調査を実施しました。暗号資産(*1)の認知度や保有率、普及に関する意識調査を行いました。ホワイトペーパー内では暗号資産の保有ウォレット種類や今後、ブロックチェーン技術で期待される分野などをご覧いただけます。2018...

2019年6月14日パーソルキャリア★フィードバック数:0キャリアとスキル

今どき1,000万円プレイヤーの「お金事情」を徹底調査

...は治安が良く、インフレ率の低さによる現金への信頼度など多数の要因が影響して、現金を使う人が多いのではないでしょうか。※経済産業省「キャッシュレス社会への取組み」(2018年10月):https://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/sankankyougikai/fintech/dai1/siryou2.pdf【調査結果詳細】① 1,000万円プレイヤーは、給料日に無関心!? 給料日を意識していない人がおよそ6割!1,000万円...

2019 アジア太平洋地域版 Identity and Fraud レポート

... is working in collaboration with third-party agencies on alternative data sources, and is open to work with fintech companies.ObservationsBFSI seeks to increase consumer trust by investing in data quality and data management issues, and in new technologies (e...

2019年4月のGlobal Threat Indexを発表 

...サムウェアを拡散するように進化を遂げているためです。Ryukは、データベースやバックアップ・サーバなどのシステムのデータを暗号化して、最高で100万ドルを超える身代金を要求します。これらのマルウェアは常に進化を遂げているため、高度な脅威対策ソリューションを導入して、感染被害を防ぐ強固な防御体制を構築することが重要となります」と述べています。2019年4月のマルウェア・ファミリー上位3種: 1. Cryptoloot: 被害者のCPUやGPUの処理能力に加え、既存のコンピュータ・リソースも活用して仮想通貨の採掘を行うマイニング・ツールです。ブロックチェーン...

2019年5月24日矢野経済研究所★★フィードバック数:0企業情報システム

2019年度の国内ブロックチェーン活用サービス市場規模は171億円の見込、2022年度には1,235億円に達すると予測

...のスタートアップ企業を中心に研究開発や具体的なソリューション開発などが進展している。レイヤー3ではブロックチェーンを活用した様々なアプリケーションが開発されており、いずれのレイヤーでも大手IT事業者や国内スタートアップ企業を中心に、ユーザー企業とともに実証実験を進めている。また、大手IT事業者を中心に、ブロックチェーン基盤からアプリケーションの構築まで支援するBaaS(Blockchain as a Service)ソリューションの提供が始まっており、ブロックチェーンの積極的な活用に向けた技術的な支援体制が整いつつある。※1. Colored Coinとは、ビットコイン...

「Tech Trends 2019日本版」発表

...イトがグローバルで毎年まとめているレポートに日本独自の動向と見解を加えて解説した「Tech Trends 2019日本版」を5月24日に発行しました。 グローバルでは10回目、日本版では5回目となる今年の「Tech Trends」では、これまでの個別テクノロジーフォーカスではなく、より大きな視点から、かつ個別テクノロジーについてはより具体的な視点で、企業の真のデジタルトランスフォーメーション実現に向けた最新トレンドの活用方法を解説しています。登場するテクノロジーの例として、これまでも破壊的な技術革新の象徴とされてきたクラウド、アナリティクスおよびデジタルエクスペリエンスや、新たな領域として台頭し威力を増しているブロックチェーン...

2019年5月7日三菱総合研究所フィードバック数:0社会/政治

デジタル地域通貨「地域コイン」の社会実験を実施

...デジタル地域通貨「地域コイン」の社会実験を実施 ~3地域で商品券事業への適用可能性とその効果を検証~三菱総合研究所2019.04.23ニュースリリース株式会社三菱総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:森崎孝)は、総務省からの請負事業「行政や公共性の高い分野におけるブロックチェーン技術の活用及び社会実装に向けた調査研究」の一環として、大阪市上本町、浜松市、福山市の3地域で同時に社会実験を行い、デジタル地域通貨(通称「地域コイン」)によ...

2019年4月4日IDCフィードバック数:0企業情報システム

ブロックチェーンに対する世界の支出額は2019年には29億ドルに到達する

...な電子署名または暗号署名を使用し、既存のトランザクションチェーンに新しいトランザクションを追加できます。ビットコインなど、ブロックチェーンと分散台帳技術を用いる、各種の暗号通貨に関連する支出は、Spending Guideには含まれません。IT業界の他の調査とは異なり、このSpending Guideは、IT意思決定者がブロックチェーン関連の支出について、現在および今後5年間にわたる、業界固有の分野や方向性を明確に把握できるように編集されています。IDC Spending GuideについてIDC Spending Guideは...

2019年4月4日オウケイウェイヴフィードバック数:0ビジネス

ビジネスマンが「調べもの」に費やす時間は毎日1.6時間

...も経済と社会の状況変化の分析を進め、企業の皆様により良い情報を提供してまいります。【調査概要】調査名:社内業務に関する調査性別:男女年齢:20-50代地域:全国属性:会社員(正社員)回答者数:1,000名【オウケイウェイヴ総研について】オウケイウェイヴ総研は、より多くの人々が活躍できる社会を目指した新たな経済圏『感謝経済』の考え方や、ブロックチェーン技術が今後の日本や世界に与える影響や社会変革につながる可能性の探索と考察、経済と社会の状況変化等の分析などを進めます。Q&Aサイト「OKWAVE」に集まったVOC(Voice...

2019年2月12日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

「YouTube」に動画投稿する人のうち、約3割が収入を得た経験あり

...(フィンテック)」について、その内容や事例を紹介しながら... 1、チラシアプリきっかけで自転車を買ったウチの嫁 私事で恐縮ですが先日ちょっとした“気づき”があったのでご報告します。... 【記事要約】 企業が商品をリリースする上でとても大事なのが「ブランドマーケティング」、ポジショニングマップ... 【記事要約】 2017年も気がつけばもうすぐ3月。春はすぐそこです。そして4月のマーケティングネタといえば... 【記事要約】 プロモーションでLINE広告(LINE Ads Platform...

2019年2月5日キャリコネフィードバック数:0キャリアとスキル

クリエイティブ系職種の残業が少ない企業ランキング

...的に家に帰らなければならなくなる。ただ売上目標などは変わらないので、時間が限られたなかでどう動くのか、といった対応は現場次第」(制作ディレクター/30代前半女性/年収690万円/2015年度)「定時で帰れるほどではないが、深夜まで残業ということはなく、ほどよい忙しさです。営業やセクションによっては遅くまで残業している人もいますが、残業代も出るのでそれなりの給料がもらえ、そんなに不満ではありません」(制作ディレクター/30代後半女性/年収650万円/2014年度)4位:楽天(残業55.7時間/月)――ECやFinTech、デジ...

2019年1月21日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内DevOpsに関するユーザー調査結果

...ビスプロバイダー業(通信、クラウドサービス、インターネットコンテンツプロバイダー、メディア)で32.2%となり、IT関連企業がDevOpsの実践を牽引しています。IT関連企業以外の中では金融業で実践率が最も高く28.3%となりました。金融ではFinTechビジネスの開発が加速しており、FinTech向けWeb/モバイルアプリケーションについてDevOpsに取り組む企業が増加しているとみられます。DevOpsにおけるクラウドサービス/コンテナ技術の採用DevOpsを実践している企業の51.1%はDevOps環境...

2019年1月21日キャリコネフィードバック数:0キャリアとスキル

クリエイティブ系職種の年収が高い企業ランキング

...個人の能力値とは違った部分で評価されることの多い環境だと感じます。(その状況に納得できる人であれば、おすすめといえます)」(グラフィックデザイナー/20代後半男性/年収450万円/2012年度)「報酬の査定方法は、妥当であると思う。それぞれが自身で目標を設定し、それに対する評価から決まる。また、もともと若い会社ということもあり、若い世代でも、成果しだいでは、だいぶ良い給料をもらえるよう」(制作ディレクター/20代前半男性/年収500万円/2011年度)4位:楽天(平均年収531万円)――国内最大級のECモール「楽天市場」運営のほか、FinTechなど...

2019年1月21日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

動画&動画広告月次定点調査(2018年11月度)

...要約】 この記事ではシニアマーケティングについて、その市場規模や事例をおさらいしながら、真の「UX(ユーザー体験)」... 1.Googleのモバイルフレンドリーアルゴリズムが強化されるって。 2015年4月に実施されたGoogleのモバイル... 【記事要約】 この記事では、最近広がりを見せている「Fintechフィンテック)」について、その内容や事例を紹介しながら... 目次: AIスマートスピーカーの登場で注目が集まるVUI VUI... 【記事要約】 この記事は、これから「マーケティング・リサ...

2019年1月17日ジャストシステムフィードバック数:0エンタテインメント

ゲームに関する利用実態調査

...ンドメディア」を持つ企業も、最近ではよく目にするようになった。企業の一方的な... 目次: そもそも「5G」とは? 5Gは超高速、映画を数秒でダウンロードできる! ... 【記事要約】 この記事では、最近広がりを見せている「Fintechフィンテック)」について、その内容や事例を紹介しながら... 2016年はモバイル・スマートフォンにとって激動の1年だったのではないでしょうか。「2年縛り」や「実質0円」、そしてキャリア... 【記事要約】 もはや定番のマーケティング施策となった「O2O」。MRCでも...

2019年1月7日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

指紋センサー世界市場に関する調査を実施(2018年)

...に成長すると予測する。指紋や顔、虹彩、音声等の生体認証技術を利用したユーザーインターフェイスはパスワード忘れや盗難、紛失リスクの心配もないことが最大のメリットであり、今後、スマートフォンなどの中小型モバイル端末向けでの搭載はよりいっそう広がっていく見通しである。しかし、生体情報を利用したユーザー認証機能は現段階では一定以上のセキュリティが確保されているものの、安全性が完全には担保されておらず、生体情報の偽造や流出の危険性は依然として存在する。特に、スマートフォンを利用したモバイル決済等、ICTと金融が融合したフィンテック...

2018年ブロックチェーン業界総括レポート

...DApps総研、「2018年ブロックチェーン業界総括レポート」発表|DApps(ブロックチェーンを活用したアプリケーション)のことなら DApps総研、「2018年ブロックチェーン業界総括レポート」発表 〜2018年大手銀行・大手IT企業も導入したブロックチェーン技術、2019年業界予測、ブロックチェーンスマートフォンや日本の法整備他〜1)2018年、世界に衝撃を与えた仮想通貨事件 2018年は衝撃的なニュースで幕を開けました。2018年1月26日(当時)、日本のみなし登録業者の一つ、コイ...

2018年のサイバー脅威の振り返りと2019年の予測

...ルや文章内で有効にするように促されても本当に必要か再考し、可能であれば送信者に確認をとるなどしてください。古い脆弱性を悪用した攻撃は続いています。パッチの適用により攻撃を未然に防ぐことができます。ゼロデイ脆弱性を悪用した攻撃も継続しています。侵害されても被害を最小限に抑える対策をすすめましょう。ランサムウェアから仮想通貨採掘への移行Unit 42で観測しているデータによると、ビットコインが最高値を出した2017年末から2018年にかけて、ランサムウェアと仮想通貨採掘マルウェアの検出数が逆転しています。図 2 ランサムウェア検出数推移図 3仮想...

2018年12月20日KPMGフィードバック数:0ビジネス海外

The Fintech100 ? announcing the world’s leading fintech innovators for 2018

... the world’s leading fintech innovators for 2018 The 2018 Fintech 100 winners announced today The 2018 Fintech100 was announced today, highlighting dynamic fintechs from around the world that are transforming the financial services industry, from digital...

2018年12月20日ウェブリオフィードバック数:0社会/政治

今年の英単語2018

...ストツアーの副題です。引退までの1年間を取材したドキュメンタリー番組「Documentary of Namie Amuro “Finally”」の最終回がHuluで配信された9月29日は、多くの人が「finally」の単語を検索していました。 「cryptocurrency」は仮想通貨(暗号通貨)を意味する単語です。 ビットコインが代表格。1月に仮想通貨のオンライン取引所が仮想通貨「NEM」580億円相当を不正に外部へ流出させたとして大きく報道されました。 仮想通貨が世の中に認知されはじめ、ここ...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
 

特集データ

特集INDEXへ

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ