調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:人工知能

データがいっぱい:人工知能

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。人工知能については、クラウド/IoTが発達したことで応用範囲が大きく広がり、改めてトレンド化しています。

2020年3月31日SELFフィードバック数:0社会/政治

【新型コロナ】7,160名に調査、「現金給付」「10万円」が多数という結果に

...【新型コロナ】7,160名に調査、「現金給付」「10万円」が多数という結果に SELF株式会社(東京都新宿区)は、同社提供スマートフォン向けアプリ『SELF』において、新型コロナウイルスに関する調査を行いましたので結果をレポートいたします。 この度、人工知能アプリ『SELF』では、「新型コロナウイルスへの経済対策」についてのアンケート調査を行いました。■調査について【内容】新型コロナウイルスへの経済対策に関する調査【期間】2020/03/27〜03/29【対象】スマ...

2020年3月19日電通アイソバーフィードバック数:0マーケティング

Augmented Humanity: 2020 Trends Report 拡張される人間性: 2020年トレンドレポート

...今後注目すべき新たなトレンドは次のとおりです。•エクスペリエンスの拡張テクノロジーがいかに現実世界を向上させ、予想外で楽しい体験を生み出しているか•データの人格化データやアルゴリズム、AI(人工知能)がいかに感情や個性を持った「人格化された」ものになっているか•ソーシャルのコマース化テクノロジーが商品を検索、購入、共有する際に人中心に考えているか•デジタルとの深いつながりテクノロジーがいかにすべての人にとって意味のあるコミュニティを作るのに役立っているか•目標達成後の活性テクノロジーがいかにブランドの影響力に対する目標を再発見・活性...

2020年3月16日Accenture★★フィードバック数:0社会/政治

アクセンチュア最新調査――市民は公共サービス向上のためであれば、個人情報共有に前向きであることが明らかに

...%(日本は55%)は、AI(人工知能)を搭載したサービスアシスタントやチャットボットなどの仮想エージェントを使った公共サービスの利点を理解しており、47%(日本は64%)は、仮想エージェントによる手続きの完了を望んでいます。さらに回答者の50%(日本は62%)が、仮想エージェントの活用で最も早く回答が得られると考えています。49%(日本は48%)の回答者は、公共サービスを24時間いつでも受けられるようになることを期待していました。また、41%(日本は47%)の回答者が、仮想...

2020年2月27日ロート製薬フィードバック数:0ライフスタイル

“花粉軽視社会”とは? <花粉症に関する意識調査>

...花粉症のストレスは「失恋」以上!! なのに辛さを理解してもらえなかった人63.8%!! “ストップ!花粉軽視社会!” 花粉で苦しむ人の声を世の中へリポートする花粉対策専用人工知能=“K.I.”始動! 花粉から逃亡するための海外旅行券、タワシなど花粉対策グッズが貰えるかも!? ロート製薬株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:杉本 雅史、以下「ロート製薬」)では、花粉対策ブランド「アルガード」シリーズのプロモーション企画として、2020年2月21日(金)~3月9日(月)までの間、「ロート アル...

ジェネシス、電話サポートの保留音に関する調査結果を発表

...な部署またはエージェントと繋がることや待ち時間を短縮する事に加え、電話で流す保留音の好感度も僅かながらカスタマーの満足へと繋がる一つの要素として考えられます。実際、BGMが消費者の行動に与える効果が国内外の心理学者からも指摘されています。「人工知能(AI)によって、カスタマーエクスペリエンスをカスタマイズする方法が著しく増えてきました。誰でも問い合わせる可能性があるカスタマーサポートにおいて、企業はその体験を可能な限り改善することが求められます。お客様に好きな保留音を選んでもらうことも、その一つの手法になりえます。」とジェネシス、プロ...

2020年2月19日Accenture★★フィードバック数:0企業情報システム

アクセンチュア、最新テクノロジートレンドの調査レポート「テクノロジービジョン2020」を発表

...向性を持った体験に変えることで、 “ひと”に積極性をもたらすことが可能になります。今回の調査では、企業経営層やIT担当幹部の85%が「次の10年間を乗り切っていくためには、顧客との関係をパートナー関係に昇華させる必要がある」と答えています。AIと私(AI and Me):企業は、人工知能(AI)を自動化のための手段ではなく、業務に付加価値をもたらすものとして活用することが不可欠です。AIが日々進化する中、企業は信頼性と透明性を担保しながら、業務にAIを組み込んでいくために、業務のあり方を再考する必要があります。今回の調査では、わず...

2020年2月13日Accenture★フィードバック数:0企業情報システム

アクセンチュア最新調査――多くのCEOは自社ITシステムに強い自信を持つ一方、イノベーションの創出に苦戦

...テムに対して強い自信を持つ一方で、成長に資するイノベーションの創出に苦戦していることが分かりました。本調査レポート「Your Legacy or Your Legend? A CEO’s Guide to Getting the Most Out of New Technologies」は、日本を含む20カ国における8,300社以上を対象にしたIT活用状況の結果をまとめたもので、調査対象者には885名のCEOが含まれます。本調査は、アクセンチュアがこれまで実施した中で最大規模であり、クラウドやアナリティクスなどのほか、人工知能...

2020年2月13日インサイトテックフィードバック数:0大型消費/投資

「バレンタイン」に関する実態調査

...買取センターに集まった様々な声を解析し、世の中の動向やトレンドに関する記事を発信して行きます。執筆コラム 企業概要 事業内容マーケティング調査やレポート作成自然言語処理・機械学習などの人工知能を利用したデータ解析受託企業プロモーションやブランディングサポート SNSインサイトテックに関する最新情報や、当社が運営する「不満買取センター」に 関する情報を発信しています。...

高齢者雇用に関する調査2020

...ワークルールに関する意識・認識調査 [2018年11月22日掲載]外国人労働者の受入れに関する意識調査 [2018年10月18日掲載]教員の勤務時間に関するアンケート [2018年10月18日掲載]有期契約労働者に関する調査2018 [2018年6月28日掲載]AI(人工知能)が職場にもたらす影響に関する調査 [2018年2月16日掲載]消費者行動に関する実態調査 [2017年12月21日掲載]診療明細書に関する患者調査2017 [2017年12月6日掲載]ハラスメントと暴力に関する実態調査 [2017年11月16日掲...

2020年1月31日Criteo★フィードバック数:0マーケティング

Criteo、年末年始のオンライン消費動向調査を発表

...、世界20,000社近くの広告主と数千のパブリッシャーと連携し、膨大なデータを学習・分析する人工知能、「Criteo AIエンジン」を構築しています。ユーザーのプライバシー保護に配慮し、クッキー以外の方法で広告の精度を高めるテクノロジーやアプリ向けソリューションなども進化させており、業界屈指の技術でパーソナライズされた広告配信を行っています。今後も、広告主の皆様にとって、より効果的なプロモーションに役立てていただけるよう、オンライン上の消費者行動分析を行い、報告してまいります。 当Webサイ...

2020年1月29日アクセンチュアフィードバック数:0社会/政治

アクセンチュア最新調査――金融機関は破壊的技術のリスク評価に苦戦

...な脅威により効果的に対処するために新しい戦略とツールの積極的な導入に意欲的であることが明らかになりました。アクセンチュアが行った最新調査「Accenture 2019 Global Risk Management Study(アクセンチュア 2019 グローバルリスク管理調査)」は、世界の銀行、保険、証券分野のリスク管理部門を率いる管理職約700人を対象とした調査に基づき作成されています。本調査によると、組織全体で人工知能(AI)を導入する際のリスクを適切に評価できると回答したリスク管理部門管理職はわずか11%であり、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)やブ...

2020年1月16日富士通★★フィードバック数:0マーケティング

大企業のデジタルマーケティング取り組み実態調査

...でにない組み合わせにより新しい製品、サービスを創出したりすることで、従来では想定されなかった新しいモノやコトが生まれ、変革の時代を先取りします。研究開発では、社会の課題や変化の予兆を捉え、新しい事業価値創造のため、最新のテクノロジー、法規制を見据え自ら事業を創造する研究開発に組織的に取り組みます。例えば、人工知能(AI)やブロックチェーンなどを活用し、今までには出来なかったようなビジネスプラットフォームを提供していきます。<知創の杜>富士通総研のエコノミストやコンサルタントによる、トレンド予測、提言、コン...

2020年1月9日FRONTEO★★フィードバック数:0社会/政治

FRONTEO「リーガルテックAI白書」調査結果のお知らせ

...「登記・申請業務」におけるリーガルテック活用期待が高い。また、「組織法務」「法令・凡例調査」並びに「社員教育・啓蒙」において、大企業の方が、中堅・中小企業よりニーズが有意に高い。リーガルテックが活用できそうな業務(知財)知財業務では、「係争対応」及び「社員教育・啓蒙」に対し、リーガルテック活用のニーズが高い。一方で、この分野におけるリーガルテックソリューションはまだ立ち上がっておらず、業務課題として潜在ニーズはあるもの、具体的な解決策に乏しい。株式会社FRONTEOは、独自開発の人工知能...

2019年12月30日アクセンチュア★★フィードバック数:0ビジネス

AI: Built to Scale(ビジネス全体でAIを活用する)

...アクセンチュア最新調査――77%の日本企業が、人工知能をビジネス全体で活用しなければ著しい業績低下の可能性があると認識 AIをビジネス全体に導入している企業はROIが高く、競争に打ち勝つ俊敏性も備えていることが明らかに【ニューヨーク発:2019年11月14日】アクセンチュア(NYSE: ACN)の最新調査によると、日本企業の経営幹部の77%(グローバル全体では75%)が、人工知能(AI)をビジネス全体に積極的に導入しなければ、2025年ま...

2019年12月23日Webrootフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ウェブルート「最も危険なマルウェア2019」を公表

...ウェブルート「最も危険なマルウェア2019」を公表最も悪質な脅威としてランサムウェアやフィッシング、ボットネットが浮上 10年以上にわたるAI(人工知能)/機械学習を用いたセキュリティサービスで、業界をリードするウェブルート株式会社 (本社:東京都港区、 代表取締役社長:伊藤 誉三、以下:ウェブルート)は 今年で3年目となる「最も危険なマルウェア2019」を公表、2019年最悪のサイバーセキュリティ脅威に光を当てています。最大...

2019年12月23日SELFフィードバック数:0大型消費/投資

クリスマスに予定があると嘘をついた人、約2割。男性の方が見栄っ張り!?

...クリスマスに予定があると嘘をついた人、約2割。男性の方が見栄っ張り!? SELF株式会社(東京都新宿区)は、同社提供スマートフォン向けアプリ『SELF』において、クリスマスについての意識調査を行いましたので結果をレポートいたします。 クリスマスももう目前です。街路樹は無数のイルミネーションで飾られ、ジングルベルのBGMが流れ、街中クリスマス一色です。でも実際、クリスマスをみんな楽しみにしているの?実は否定派も多いのでは?そんな疑問を解消すべく、人工知能アプリ「SELF」では...

2019年12月18日インサイトテックフィードバック数:0社会/政治

「ふるさと納税」に関する実態調査

...者情報独自の自然言語処理技術とマーケティング知見を用いて、不満買取センターに集まった様々な声を解析し、世の中の動向やトレンドに関する記事を発信して行きます。執筆コラム 企業概要 事業内容マーケティング調査やレポート作成自然言語処理・機械学習などの人工知能を利用したデータ解析受託企業プロモーションやブランディングサポート SNSインサイトテックに関する最新情報や、当社が運営する「不満買取センター」に 関する情報を発信しています。...

フォーティネット、高度なAIと脅威インテリジェンスへの対抗策が進化し、サイバー犯罪者の優位性に変化をもたらすと予測

...-landscape-predictions.htmlサイバー攻撃の軌道の変化近年、サイバー攻撃の手法は巧妙化しており、その効力とスピードが増しています。組織の多くがセキュリティ戦略に対する考え方を転換しない限り、このトレンドは今後も続くと予測されます。脅威環境の世界的な規模が拡大する中で、高速化や高度化が進む攻撃に対抗するには、マシン速度でのリアルタイムのレスポンスが必要です。脅威との戦いには、人工知能と脅威インテリジェンスの進化が極めて重要な役割を担うと期待されます。システムとしてのAIの進化これまで、セキュリティ重視の人工知能...

セールスフォース・ドットコムが最新の国内消費者調査を発表

...シャル、IoT、人工知能、音声、ブロックチェーンなどの強力なテクノロジーを活用し、360度で顧客と繋がるためのツールを提供します。セールスフォース・ドットコム(NYSE:CRM)の詳細については、www.salesforce.comをご覧ください。 このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。 メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。 ※内容はプレスリリースにより異なります。 プレスリリース >株式...

2019年12月5日アドビ システムズ★フィードバック数:0ビジネス

アドビ、サイバーマンデーのオンライン売上高が過去最高の92億ドルを記録したと発表

...ックフライデーは前年比19.6%増の74億ドルを記録し、買い物客は早めに始まったサイバーマンデーのお買い得セールを利用しました。調査方法人工知能(AI)および機械学習フレームワークであるAdobe Sensei(https://www.adobe.com/jp/sensei.html)を活用して、Adobe Experience Cloudの一部であるAdobe Analytics(https://www.adobe.com/jp/analytics/adobe-analytics.html)とAdobe...

2019年12月2日アイスタイル★フィードバック数:0ライフスタイル

「BeautyTech度調査2019」結果発表

...第二回目の調査となります。調査結果サマリー・2019年の調査結果では、2018年と比較しBT度が高い人が微増。 ・BT度が高い人はクチコミ重視で、知人・友人など周囲への影響力がある。 ・ビューティテック関連アプリがこの1年で大きく浸透し始めた。BT度調査とは?ビューティテックとは、テクノロジーが生み出す新たな美容製品・サービスのことで、たとえば、AR(仮想現実)技術を使いユーザーがファンデーションやリップを仮想で試したり、AI(人工知能)技術...

2019年11月28日Tableau Softwareフィードバック数:0企業情報システム要登録

データレディネス: デジタル時代におけるビジネスインパクト

...ホワイトペーパー デジタル時代におけるデータ活用のビジネスインパクト IDC Asia Pacific 社、分析、ビッグデータ、および人工知能担当アソシエイトバイスプレジデントIDC Asia Pacific 社、ビッグデータおよび分析プラクティス担当シニアリサーチマネージャー APACの700を超える組織のエグゼクティブを対象にした調査結果をまとめたIDC Executive Insightsレポート 「データレディネス: デジタル時代におけるビジネスインパクト」を読んで、各組...

2019年11月22日Capgeminiフィードバック数:0社会/政治

World Energy Markets Observatory(世界エネルギー市場展望2019)

...ブリッドな再生可能エネルギー会社も拡大するでしょう。キャップジェミニのエネルギー&ユーティリティ・シニア・アドバイザー、Colette Lewinerは、「大規模に、需要に応じて展開されたセンサーやコネクテッドオブジェクト、データ収集、人工知能、スマートグリッドなどのデジタル化の手段により、予測ならびにオペレーション効率が改善され、さまざまな再生可能エネルギーによる発電のシェアが増えるだろう」と述べています。また、キャップジェミニのエネルギー&ユーティリティ分野グローバルヘッド、Philippe Viéは、「デジ...

2019年11月13日ガートナー★★フィードバック数:0企業情報システム

日本におけるテクノロジのハイプ・サイクル:2019年

...の本ハイプ・サイクルでは、2018年度版のキーワードを見直し、ITリーダーが今押さえておくべき代表的な40のキーワードを再選出しています。ガートナーのマネージング バイスプレジデントの長嶋 裕里香は次のように述べています。「2019年現在、例えば『モノのインターネット』『人工知能』『ブロックチェーン』は、幻滅期に位置付けられています。概念実証 (POC) などの取り組みを通し、単に期待を抱いていたところからリアリティに直面するようになった困難の表れと言えるでしょう。これは決して悪いことではなく、こう...

2019年11月12日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内プライベートクラウド市場予測を発表

...:Compound Annual Growth Rate)は36.4%で推移し、2023 年の市場規模は2018 年比で4.7倍の2 兆7,194 億円になるとIDC は予測しています。現在、国内市場ではプライベートクラウドよりも、パブリッククラウドに対する注目度が高まっています。この背景には、ユーザー企業のパブリッククラウドに対するセキュリティの懸念が解消傾向にあると共に、既存アプリケーションソフトウェアのパブリッククラウドへの移行を促すベストプラクティスの整備や運用サービス(マネージドサービス)の拡充、人工知能...

2019年11月6日博報堂★★フィードバック数:0ライフスタイル

博報堂生活総合研究所、生活者が選ぶ “2020年 ヒット予想” &“2019年 ヒット商品”ランキングを発表

...増税に伴うキャッシュレス化の推進、5G・IoT(Internet of Things)・AI(人工知能)の実用化など、社会全体に大きな変化をもたらす事象や最新技術の実装が本番を迎える年です。生活者の注目は、いよいよ現実のものとなり始めた変化に向き合う商品・サービスに集まっています。期待と不安の両方が高まるなか、「まずは飛び込んでみよう」「まずは試してみよう」という気運が広がっていると思われます。なお、“2020年 ヒット予想”と合わせ、「2019年、ヒットした/話題になった」と思うものも調査しています。 「タピオカ(台湾...

2019年11月5日アドビ システムズ★★フィードバック数:0ライフスタイル

アドビ、今年のホリデーシーズンに米国オンライン売上高の総額が1430億ドルになると予測

...ートフォンを使用したソーシャルメディア経由の小売サイトへの訪問は、過去3年間で4%から11%とほぼ3倍になっています。しかし、ソーシャルプラットフォーム経由のコンバージョン率は、検索や電子メールといったチャネルほど高くありません。 予測方法アドビは、人工知能(AI)および機械学習のフレームワークであるAdobe Senseiを活用して、Adobe Experience Cloudの一部であるAdobe AnalyticsおよびMagento Commerce Cloudを経由する膨大なデータポイントから、小売に関するインサイトを収集しています。Adobe...

2019年10月28日インサイトテックフィードバック数:0社会/政治

消費税増税に関する不満調査

...中の動向やトレンドに関する記事を発信して行きます。執筆コラム 企業概要 事業内容マーケティング調査やレポート作成自然言語処理・機械学習などの人工知能を利用したデータ解析受託企業プロモーションやブランディングサポート SNSインサイトテックに関する最新情報や、当社が運営する「不満買取センター」に 関する情報を発信しています。...

第22回世界CEO意識調査 人材トレンド版 デジタル世界におけるスキル向上の必要性

...第22回世界CEO意識調査 人材トレンド版 デジタル世界におけるスキル向上の必要性 人工知能(AI)やロボティクス・プロセス・オートメーション(RPA)をはじめデジタル・ワークフォースの活用が広がるにつれて、組織を担う人材に求められるスキルは大きく変化しています。PwCの第22回世界CEO意識調査ではCEOの5人中4人が「自社で働く人々の業務上必須スキルの不足・欠如に不安がある」と回答し、経営者の悩みを浮き彫りにしました。また、同調査では、スキ...

2019年10月25日ガートナーフィードバック数:0企業情報システム

ガートナー、世界のCIO 1000人以上を対象にしたサーベイ結果を発表

...決定を行う優れた手腕を持っています。この適応能力が、本サーベイへの回答者を「適合した企業」と「不適合な企業」に分けた、3番目に大きな違いです。適合した企業は、競合する優先課題の間でトレードオフを行い、ビジネス成果に違いをもたらすITへの支出額を増やしています。対照的に、不適合な企業は業務運営の効率化にIT予算を注ぎ込んでいます。2020年におけるCIOの優先課題はサイバーセキュリティ、AI、RPAITを使って競争力を向上させている適合した企業では、サイバーセキュリティの能力、人工知能 (AI)、ロボティック・プロセス・オー...

2019年10月24日矢野経済研究所フィードバック数:0ビジネス

受託臨床検査市場に関する調査を実施(2019年)

...臨床検査事業者では人材採用なども課題となっており、業務効率化のための情報システム投資、企業ブランド力向上などが勝ち残りのポイントになると見る。病理診断支援分野等では、特にAI(人工知能)の活用が進展する見通しである。オリジナル情報が掲載された ショートレポート を1,000円でご利用いただけます!【ショートレポートに掲載されているオリジナル情報】セグメント別の動向受託臨床検査市場の過去10年間の推移注目トピックの追加情報一般診療所の新規開業に伴う検査需要が拡大将来展望の追加情報 以下の 利用方法を確認する ボタン↓から...

2019年10月16日矢野経済研究所★フィードバック数:0マーケティング

コールセンターサービス市場/コンタクトセンターソリューション市場の調査を実施(2019年)

...は拡大となった。内訳をみると、ハードウェアは微減傾向にあるが、ソフトウェアおよびSI・サービス・サポート、SaaS型サービスの需要は増加基調にある。また、ユーザ企業の情報システム部門の人手不足に伴うアウトソース化の進展などもあり、ソリューションベンダに対してはコンサルティング、システム運用、管理、メンテナンスまでを含めたトータルでのサービス提供を求められるケースが顕著になって来ている。2.注目トピックコールセンター・コンタクトセンターにおけるAI(人工知能)活用の現状コールセンター・コンタクトセンターにおけるAI...

2019年10月16日日本オラクル★★フィードバック数:0企業情報システム

「職場におけるAI」調査:回答者の64%はマネージャーよりもロボットを信頼

...ージャーよりもロボットのほうに信頼を置いています」 ― オラクルと、人材の発掘、開発、従業員エンゲージメントに生じる”ディスラプション”に備えてリーダーを支援する調査会社であるFuture Workplace社が共同で実施した、「職場におけるAI(人工知能)」に関する2回目の年次調査が公開されました。世界10カ国(米国、英国、フランス、中国、インド、オーストラリア/ニュージーランド、シンガポール、UAE、ブラジル、日本)の従業員、マネージャー、人事部門リーダー合計8,370名を対象とした調査により、AIは職場における人とテクノロジーの関係を変え、人材...

2019年10月2日アクセンチュアフィードバック数:0ビジネス

アクセンチュア最新調査――創造的破壊は短期間で収束せず、長期にわたって進行することが判明

...的技術の活用を進め、新しいアイデアを実証しながら、イノベーションの最先端に留まり続ける方法を探ることで、創造的破壊を乗り切っています。」創造的破壊を通じた変革本レポートでは、業界内で発生している大規模な創造的破壊の一方で、成功を手にしている先進企業の例を取り上げています。例えば、マイクロソフトでは、従来からの高収益事業であるWindowsビジネスをさらに強化しながら、イノベーションに多額の投資を行っています。人工知能やクラウド・コンピューティングへの投資に加え、ホロポーテーション(拡張...

2019年9月30日学情フィードバック数:0キャリアとスキル

2021年卒学生の81.9%が就職活動の準備を開始 2021年卒学生就職活動開始前意識調査レポート

...のアンケート●有効回答数:858件■あさがくナビ(朝日学情ナビ)とは朝日新聞社とともにコンテンツを提供する、学生会員数409,948名・掲載企業数2,549社(2018年8月時点)の新卒学生向け就職情報サイトです。 新卒採用ミスマッチが叫ばれて久しいですが、 あさがくナビは学生と企業のマッチングを促進するサイトとして構成。 AI(人工知能)を搭載した就活ロボが学生一人ひとりの行動記録からマッチした企業を個別に案内するといった、学生と企業のマッチングを促進する仕組みを導入しています。また、朝日...

2019年9月26日IDCフィードバック数:0企業情報システム

人工知能システムに対する世界の支出額は2023年に約980億ドルに拡大

...18 Sep 2019人工知能システムに対する世界の支出額は2023年に約980億ドルに拡大 Japan, 2019年9月18日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、世界の人工知能(AI:Artificial Intelligence)システムに対する支出額予測を発表しました。Worldwide Artificial Intelligence Systems...

2019年9月17日マイナビフィードバック数:0キャリアとスキル

2020年卒 マイナビ学生就職モニター調査 7月の活動状況

...】・動画エントリーシートの提出を求められたことがある学生は41.5%、実際に提出したことがあるのは25.6%【図4】・流行した『就活用語』第1位は「お祈り」、第2位「ガクチカ」、第3位「サイレント」【図5】・就職活動に影響したニュースワード第1位は「働き方改革(31.8%)」、第2位「人工知能・AI(21.2%)」、第3位「IoT(17.8%)」【図6】【参考グラフ】 【図1】入社予定企業を決めたあとに、「本当にこの会社でいいのか」と不安になったことがある学生の割合(n=1,646) 【図2】不安...

2019年9月10日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

顧客エクスペリエンステクノロジーへのIT支出額は2022年に6,410億ドルに達する見通し

...またはサービス固有の側面も含まれていません。「世界中のあらゆる企業にとって、顧客エクスペリエンスが重要な差別化要因になっています。差別化を促進し、顧客エクスペリエンスに関する企業の戦略的イニシアティブを成功に導くうえで、AI(人工知能)やデータアナリティクスなど、新しいイノベーションアクセラレーターテクノロジーは最前線にあります」と、米国IDC Customer Insights & Analysis リサーチマネージャーのクレグ・シンプソンは述べています。IDCが特定した16のユースケースに対して、CX支出...

2019年9月3日学情フィードバック数:0キャリアとスキル

2020年卒学生の内々定率「82.3%」

...(2018年8月時点)の新卒学生向け就職情報サイトです。 新卒採用ミスマッチが叫ばれて久しいですが、 あさがくナビは学生と企業のマッチングを促進するサイトとして構成。 AI(人工知能)を搭載した就活ロボが学生一人ひとりの行動記録からマッチした企業を個別に案内するといった、学生と企業のマッチングを促進する仕組みを導入しています。また、朝日新聞のその日の記事から社会や業界に関してのトピックスを就活目線でわかりやすく解説した「今日の朝刊」など、 単なる就活ノウハウの提供ではなく、 社会...

2019年8月28日avanade★★フィードバック数:0社会/政治

人工知能やロボティクス、その関連技術の倫理問題について、自社組織の対応力に不安を抱くビジネス・リーダーが大多数:アバナード最新調査

...人工知能やロボティクス、その関連技術の倫理問題について、自社組織の対応力に不安を抱くビジネス・リーダーが大多数:アバナード最新調査人工知能やロボティクス、その関連技術の倫理問題について、自社組織の対応力に不安を抱くビジネス・リーダーが大多数:アバナード最新調査2019年5月28日 - シアトル発マイクロソフト・エコシステムで業界をリードするデジタル・イノベーターであるアバナードは、最新Trendlines(トレンド予測)レポートの中で、倫理...

2019年8月22日グローバルウェイフィードバック数:0キャリアとスキル

自動車・輸送用機器業界の「ストレス度の低い企業ランキング」発表! 1位はトヨタ自動車

...明細情報はこちら> https://careerconnection.jp/review/4497/■自由度の高い在宅勤務制度を導入する「トヨタ自動車」トヨタ自動車は、自動車の世界販売台数がグループで年間1000万台を超える、日本を代表するグローバル企業です。近年は電気自動車やAI(人工知能)にも注力。「自動車メーカー」から、人々の移動を先端技術で支える「モビリティカンパニー」への変革を目指しています。「トヨタ自動車健康宣言」を発表して、社員の健康増進や疾病予防活動に取り組んでいます。その結果、2018年から2年連...

2019年8月6日SAS Institute★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

SAS、ACFE調査:不正検知におけるAIの利用が2021年までに3倍に

...施した多業種グローバル調査によると、不正検知と阻止に人工知能(AI)と機械学習を利用している組織が13%に過ぎない一方で、25%の組織が、1、2年中にこのようなテクノロジーを採用する予定であると回答しました。これは実に200%近くの増加を示しています。また同調査では、その他いくつかの不正対策テクノロジートレンドについても明らかにしています。今回の「Anti-Fraud Technology Benchmarking Report(不正対策テクノロジー・ベンチマーク・レポート)」では、企業...

2019年8月1日学情フィードバック数:0キャリアとスキル

2020年卒学生就職活動意識調査レポート

...(人工知能)を搭載した就活ロボが学生一人ひとりの行動記録からマッチした企業を個別に案内するといった、学生と企業のマッチングを促進する仕組みを導入しています。また、朝日新聞のその日の記事から社会や業界に関してのトピックスを就活目線でわかりやすく解説した「今日の朝刊」など、 単なる就活ノウハウの提供ではなく、 社会や世の中を知るためのコンテンツを提供しています。 https://service.gakujo.ne.jp/newgraduate/navi このプレスリリースには、メデ...

2019年7月30日ジャストシステムフィードバック数:0ライフスタイル

電動歯ブラシの利用に関する実態調査 最も使われている電動歯ブラシは、「ブラウン」

...め ... 【記事要約】 今回の記事では、「ブランドロイヤリティ」について、独自の調査を元に考察しています。日常生活で... 【記事要約】 今回の記事では、最近注目の「人工知能(AI)」について、消費者視点の独自調査結果から、市場の... FacebookやInstagramなど企業の動画広告活用がますます活発になっている。テキストから画像、画像から動画へとユー... 目次: 月額定額制、月500円でランチが食べられるって!? そも... 目次: AIは「仕事を奪われる存在」から「魔法の機械」に 日本...

最新の消費者調査の結果により、消費者の3分の2はより優れたサービスを提供するブランドに移行する可能性が常にあることが判明

...つでもあらゆるチャネルを介して企業に関わることを期待していることが明らかになっています。 これらの顧客の期待の高まりにより、企業はサービスに「常時対応」のアプローチを採用することを余儀なくされています。 この「常時対応」サービスの必須要件を満たすために、企業はチャットボットや人工知能など自動化されたソリューション(ハイブリッド型の従業員)に頼って、顧客エンゲージメントと運用効率を高めることが求められます。消費者がこれらのデジタルサービスチャネルを採用し続けているとしても、顧客エンゲージメントにおいて人間による対応は依然として極めて重要な要素であると認識されています。 消費...

2019年7月26日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2019年6月度) ファッションの情報源として、「インスタ」が「Google」を抜く

...チャをはじめとしたエフェメラル系SNS(消える系SNS)がマーケティング界隈で話題になりまし... 目次: 民泊新法で民泊市場に安心して参入可能に 民泊が注目される背景 民泊新... 【記事要約】 「動画コンテンツ」をSNSで見かけることは、もはや日常的になりました。私はもっぱら料理と猫で... 【記事要約】 この記事では「人工知能に奪われるかもしれない仕事」というテーマについて、そのテクノロジーや事例などを振り返り... 【記事要約】 この記事では、すっかり身近なものとなったSNSの中で、特に「若者のSNS事情」にフ...

マーケター500名に聞く!AI(人工知能)と仕事に関する調査

...マーケター500名に聞く!AI(人工知能)と仕事に関する調査2人に1人が2年以内にAI(人工知能)が仕事に不可欠なツールになる」と回答約半数がAI(人工知能)によって失職の危機感を抱いている!?株式会社アドフレックス・コミュニケーションズ(本社:東京都港区浜松町、代表取締役 桑畑治彦、以下アドフレックス)は「AI(人工知能)と仕事」について、全国の20~40代のマーケティング、広報・宣伝担当者503名を対象にアンケート調査を行いましたので、結果を発表いたします。【調査背景】AI(人工知能)の発...

2019年7月24日adjust★★フィードバック数:0マーケティング

AdjustとLiftoffがショッピングアプリに関する共同調査を発表

...1月には、サイバーセキュリティならび人工知能の開発を専門とした「Unbotify」を買収しました。続いて、2月にはアドウェイズ社と戦略的パートナーシップを締結しました。これらの活動は、広告主のマーケティング活動を一元化して最高級の製品を構築するという、 Adjust の企業目標への取り組みの一部として実現されました。2012年に独・ベルリンで設立されたAdjustは東京、ベルリン、サンフランシスコ、ニューヨーク、パリ、北京、上海、テルアビブ、ソウル、シンガポール、ムンバイ、サンパウロなど世界15...

2019年7月18日ガートナー★フィードバック数:0ビジネス

ガートナー、CDOサーベイの結果を発表

...熟度はまだ低い印象です。今回のサーベイでは、MDMの成熟度が高い組織は効率化やビジネス成果を実現しており、優れたパフォーマンスを発揮しているという結果も出ています。日本においても、MDMの成熟度が高まり、それに伴って成果が得られることが期待されます」DA戦略を成功させるには先進テクノロジの活用が重要サーベイに回答したCDOの多くが、機械学習 (ML) と人工知能 (AI) を重要と評価しました (MLは76%、AIは67%)。また、MLを活用中/試験的に活用中であるとした割合は65%、AIを活用中/試験...

2019年7月10日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

動画&動画広告 月次定点調査(2019年5月度) 休日、10~20代は「動画配信サービス」、50~60代は「テレビ」で過ごす

...... 調査結果サマリー もはや一般名詞!?若者の6割以上が「LINEで連絡ちょうだい」ではなく「LINEちょうだい」 ... 調査結果サマリー シェアリングエコノミー拡大のために期待することは、「信頼性・安全性を高める認証制度」 ... 調査結果サマリー 最も多くの人から興味を持たれているAIスピーカーは「Google Home」 &nbs... 調査結果サマリー 若者の約半数がSNSを介し“新しい価値観や場所、趣味や友人と出会えた” S... 【記事要約】 この記事では「人工知能...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ