調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:IoT(モノのインターネット)

データがいっぱい:IoT(モノのインターネット)

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。IoT(モノのインターネット)については、関連調査データもぐっと増えています。

2019年9月17日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

製造業向けプラントO&Mサービス市場に関する調査を実施(2019年)

...ントオーナーは自社内のベテラン社員の退職や人手不足を理由に、外部のエンジニアリング会社やプラントメンテナンス会社に委託する保全業務の対象範囲を広げている。その結果、エンジニアリング会社やプラントメンテナンス会社によっては、設備点検などの現場作業に止まらず、保全業務全般に係る計画の立案や管理・遂行までトータルでサポートを行う事例が増えてきている。2.注目トピック保全業務のスマート(IoT)化IoTに代表される新しい技術を活用して、人手に依存していたO&M業務の効率化や、作業品質の向上、効果的な技術・技能の継承などを図る企業の動きが活発化している。IoT技術...

2019年9月17日マイナビフィードバック数:0キャリアとスキル

2020年卒 マイナビ学生就職モニター調査 7月の活動状況

...】・動画エントリーシートの提出を求められたことがある学生は41.5%、実際に提出したことがあるのは25.6%【図4】・流行した『就活用語』第1位は「お祈り」、第2位「ガクチカ」、第3位「サイレント」【図5】・就職活動に影響したニュースワード第1位は「働き方改革(31.8%)」、第2位「人工知能・AI(21.2%)」、第3位「IoT(17.8%)」【図6】【参考グラフ】 【図1】入社予定企業を決めたあとに、「本当にこの会社でいいのか」と不安になったことがある学生の割合(n=1,646) 【図2】不安...

2019年9月13日エン・ジャパンフィードバック数:0キャリアとスキル

ミドル2000人に聞く「第4次産業革命」意識調査

...初頭からの電子工学や情報技術を用いた一層のオートメーション化である第3次産業革命に続く、IoT及びビッグデータ、AIのようないくつかのコアとなる技術革新を指す。(内閣府発表「日本経済2016-2017」より)調査結果 概要★ 8割が「第4次産業革命を知っている」と回答。★ 第4次産業革命による変化予想、トップ3は「働く時間と場所の柔軟化」「労働生産性の飛躍的な向上」「人材の流動化」。★ 4割が「第4次産業革命により職を失う不安がある」と回答。年収が低い程、不安が強まる傾向。★ 今後働き続けていくために必要なもの、トップ3は「対人関係力」「変化...

2019年9月11日IDCフィードバック数:0企業情報システム

5Gの産業応用市場の調査結果を発表

...Japan, 2019年8月28日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、5G(第5世代移動通信システム)の産業向け画像/映像IoTInternet of Things)市場に関する分析を発表しました。これによると、4K/8Kなどの高精細画像/映像の伝送が、産業分野における5Gの最大のユースケースの一つであることが分かりました。5Gでは、高速大容量、超高信頼低遅延、多数...

2019年9月3日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

Foldableスマートフォンカバー用透明PIフィルム世界市場に関する調査を実施(2019年)

...の改良開発にとどまらない新しいフィルムの開発が求められている。フィルムメーカーでは、これまでフィルムの限界により市場として意識してこなかった用途、分野へ向けた提案が増えており、今後、潜在的なフィルム市場に向けた深耕が進展する。オリジナル情報が掲載された ショートレポート を1,000円でご利用いただけます!【ショートレポートに掲載されているオリジナル情報】セグメント別情報(市場規模のセグメント別内訳と動向)Foldable端末カバー用フィルム:表面硬度、剛性、耐屈曲性などのスペック出揃うMLCCリリースフィルム: 5G、EV車、IoT家電などの普及・拡大...

2019年9月3日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

BEMS・BAS市場に関する調査を実施(2019年)

...ろ施工やメンテナンスを考慮してシングルベンダーでのシステム構築が見直されてきており、最近では再び大手計装システムメーカーがシェアを拡大するようになってきた。3.将来展望 国内のBEMS・BAS市場規模(事業者売上高ベース)は、2025年度が1,460億円、2030年度は1,500億円と堅調に拡大推移していくと予測する。今後、市場の主体は、新築ビルから既築ビルのリニューアル案件にシフトしていき、BEMS・BASにおけるクラウドソリューションやAI、IoT技術等による新機能・新サービスは、新築案件への適用だけでなく、リニューアル案件開拓の推進力になる見通しである。オリ...

2019年8月30日ディグラム・ラボ★フィードバック数:0社会/政治

人生100年時代、激動を生き抜く力「変進力」に関する調査

...の通りご報告いたします。 「 変進力 」とは?さらなる高速通信が可能になる5G技術、音声入力や機械翻訳の精度の飛躍的向上、IoT技術の発展・・・。時代の流れとともに、仕事や組織、人間関係、価値観、新しいサービスや技術など、あらゆるものが日々変化していく中で、その変化に適応し、そして進化できる力、それが「変進力」です。心理学と統計学を組み合わせた性格診断「ディグラム診断」を独自に考案したディグラム・ラボ株式会社が提唱する新しい言葉であり、人生100年時代と言われるこれからの時代においては、そんな変化に適応する力=変進...

2019年8月29日矢野経済研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

データ分析関連人材規模に関する調査を実施(2019年)

...ジェクトマネージャー)においては、AI やIoTなど分野を問わず、データ分析案件が増えており、いずれの職種も伸びていくと考える。現在、データモデルの構築などを含めて、データの分析自体に価値を見出す傾向にあるものの、徐々にデータの活用戦略の策定段階(フェーズ)に重要性が増すものと考えられることから、今後は分析コンサルタントの需要が高まっていくとみる。オリジナル情報が掲載された ショートレポート を1,000円でご利用いただけます!【ショートレポートに掲載されているオリジナル情報】注目トピックの追加情報2018年度...

2019年8月28日avanadeフィードバック数:0企業情報システム

エマージング・テクノロジーの導入をめぐる理想と現実には大きなギャップ:アバナード最新調査

...エマージング・テクノロジーの導入をめぐる理想と現実には大きなギャップ:アバナード最新調査エマージング・テクノロジーの導入をめぐる理想と現実には大きなギャップ:アバナード最新調査人材不足とエマージング・テクノロジーの相互依存化による難易度の上昇が課題2019年6月7日 – シアトル発マイクロソフト・エコシステムで業界をリードするデジタル・イノベーターであるアバナードの調査によると、ブロックチェーン、量子コンピュータ、対話型AI、イマーシブ体験、IoT、セキ...

2019年8月2日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内IoT市場 データエコシステム事業者調査結果を発表

...22 Jul 2019国内IoT市場 データエコシステム事業者調査結果を発表 Japan, 2019年7月22日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内でIoT事業を推進するベンダー/企業の「データエコシステム」に対する取り組み状況の調査結果を発表しました。IDCでは、企業がIoTプラットフォームを通じて収集するIoTデータや、基幹...

2019年7月31日矢野経済研究所★フィードバック数:0ビジネス

ラストワンマイル物流市場に関する調査を実施(2019年)

...配達代行サービスは本調査におけるラストワンマイル物流市場規模には含まれていない。3.将来展望2020年度のラストワンマイル物流市場規模は2兆300億円を予測する。ラストワンマイル物流市場は市場全体の半数を占める通信販売が拡大傾向と見られることから、これに牽引されるかたちで今後も堅調に推移すると予測する。その一方、通販市場の荷物量はいずれピークを迎える可能性があること、また配送を担う人員不足やドライバー不足に対する根本的な解決策がないことが課題である。今後はIoT・AI・ロボット(ドローン等)を活...

2019年7月26日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

動画&動画広告 月次定点調査(2019年6月度) 20代の約4割が、「Vlog(ブイログ)」を認知

...6割が「eスポーツ(エレクトロニック・スポーツ)」を認知 今夏のアジア競技大会で... 調査結果サマリー 「チャットボット」を活用した商品購入に、4割以上が肯定的 チャットボットを活用した対話... 1.“エフェメラル”って何? 検索エンジンで「SNS」とか入力するとふわっと「疲れ」なんてワードが飛び出す昨今。どうで... 【記事要約】 2016年、スナチャをはじめとしたエフェメラル系SNS(消える系SNS)がマーケティング界隈で話題になりまし... 【記事要約】 最近話題になってきた「IoT...

ITやテック業界の経済的機会のあるテクノロジーランキングベスト10

...(Internet of Thingsモノのインターネット 以下:IoT)は、新しいビジネスと収益を生み出す、最も直接的な機会を提供する新興テクノロジーの一つです。CompTIAのEmerging Technology Communityは、IT企業やその他のテクノロジービジネスに従事している企業に提供する、短期的なビジネスおよび経済的機会に応じてランク付けされた、新興テクノロジーTop 10リスト 2019年版を発表しました。 「テクノロジーの世界において、多くの消費者は、IoTとい...

2019年7月17日ガートナーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

日本におけるセキュリティ (インフラストラクチャ、 リスク・マネジメント) のハイプ・サイクル:2019年

...なデリバリ形態 (クラウドやモバイル) や、さらには新たにフォーカスすべき対象 (モノのインターネット [IoT] やオペレーショナル・テクノロジ [OT]) に対するセキュリティの需要を増加させる要因となっています。高度な標的型攻撃などの脅威への対応について、多くの企業はその必要性を認識しているものの、脅威の多様化や、対策の優先順位付けの難しさなどを背景に、対策に課題を抱えたままとなっています。ITインフラストラクチャとリスクの変化に継続的に適応するには、最新...

2019年7月12日オプト★★フィードバック数:0マーケティング

オプト、コネクトム、イグニション・ポイント、『消費者のデジタルシフト調査レポート 2019』を発表

...://www.connectom.co.jp/■イグニション・ポイント株式会社会社概要社名:イグニション・ポイント株式会社代表:代表取締役社長 青柳 和洋設立:2014年6月4日本社:東京都渋谷区東1-32-12 渋谷プロパティータワー8F事業内容:経営コンサルティング・ビジネスクリエーション支援(プランニング、クリエイティブ、インキュベーション)・ビジネストランスフォーメーション支援(戦略コンサルティング、業務・ITコンサルティング)・デジタライゼーション支援(デジタルエクスペリエンス、アナリティクス、IoT活用)URL...

2019年7月11日矢野経済研究所★★フィードバック数:0マーケティング

国内キャッシュレス決済市場に関する調査を実施(2019年)

...者向けに高付加価値決済サービスが創出される可能性のあることや、IoTの進展による新たな決済サービスの機会創出が期待されるほか、無人コンビニエンスストアの普及なども想定される。一方で、キャッシュレス決済関連の事業者においては新たな収益源として、データマーケティングの高度化への取組みが必須であると考える。今後はポイントプログラムやクーポン、さらにはMA(Marketing Automation)※やBI(Business Intelligence)などの周辺サービスと連携しながら、データを効果的に収集し、顧客...

2019年7月10日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

動画&動画広告 月次定点調査(2019年5月度) 休日、10~20代は「動画配信サービス」、50~60代は「テレビ」で過ごす

...、趣味や嗜好に合った広告から購入経験あり 直近3か月間で、自分の趣味や嗜好に合... 調査結果サマリー 6割以上が、過去記事の閲覧やストックができない点が「残念」 ニュースキュレーションアプ... 調査結果サマリー 4人に1人が、「IoT家電は、個人情報の提供が必要なら、使わない」 ... 調査結果サマリー 約6割が「eスポーツ(エレクトロニック・スポーツ)」を認知 今夏のアジア競技大会で... 調査結果サマリー 1日あたりのSNS利用時間が、10代は3年前比で1.3倍に ジャンルに分けた1日あ...

2019年6月24日MM総研フィードバック数:0モバイル

国内MVNO市場規模の推移(2019年3月末)

...のみならず店舗での獲得にも注力し、回線数を伸ばした。楽天市場や楽天カードなどの楽天経済圏の各サービスとの連携によるシナジーも獲得を後押しした。 UQコミュニケーションズは今回初めて2位となった。各事業者が獲得の勢いを落とすなか、端末ラインアップの拡充、TVCMの強化等により大きく伸ばした。2018年3月末時点からの純増数は全事業者のなかで最も多い。 インターネットイニシアティブは、法人向けのIoT回線を中心に堅調に獲得している。18年より提供するフルMVNOでは、SIMの開...

2019年6月17日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

2018年度の自治体向けソリューション市場規模は前年度比0.5%減の6,385億円

...以上の中核市以上の規模での自治体クラウドの導入は限定的である。また自治体クラウドの普及に合わせて、自治体向けBPOサービスが普及している。特に、印刷周辺業務を中心にクラウドサービスとBPOをセット導入するケースが一般的になっている。このように、行政機関においても深刻化する人手不足や改正労働契約法の施行などを背景に、BPOニーズが顕著になっている。3.将来展望今後、市場ではGISやドローン、IoT/センサーネットワークを活用した現場向け情報システムの普及、防災・災害対策関連システムでのICT活用が進む見通しであり、加えて東京オリンピック・パラ...

2019年6月17日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2018年の国内PLM市場規模は2,675億円で前年比6.0%増

...されたプラットフォームにより、同時並行的に実現しようとしている。また、IoTやVR、ARといった技術の普及により、製造業の設計手法そのものも変化している。しかし、PLM市場の実態をみると、その70%以上がCAD/CAM/CAEで占められるなど、大きな変化はない。つまり、コンピュータ上で3次元の形状を作るという従来のあり方からあまり変わっていない。今後、製造業の環境変化をビジネスチャンスとすることができるかどうかが、PLMの発展に大きく影響する。システム設計も含めて新技術をいかに取り込み展開していくかは、PLM市場...

驚異的成長のAmazonがトップに躍進 世界で最も価値のある日本ブランドはTOYOTA 、 急成長の日本ブランドは資生堂

...ンドの年間成長幅がランクインの重要な要素となっていることが分かります。 コンシューマーテクノロジーブランドの価値総額は1兆ドルを突破今年のTop100にランクインしたブランドの価値総額の大半は、ランクインしたコンシューマーテクノロジーブランドがもたらしたもので、その総額は1兆ドルを超える規模となっています。新興企業となる中国のスマートフォンメーカー Xiaomi(シャオミ)は、スマートデバイスの接続にモノのインターネットInternet of Things、以下IoT)を活用しており、ロシア、インド、マレーシアなどで需要が急増しています。同じ...

2019年6月7日博報堂★★フィードバック数:0マーケティング

第四回 ビッグデータで取り扱う生活者情報に関する意識調査

...グデータ利活用への親しみ度合いによる意識差などを調査した「第四回 ビッグデータで取り扱う生活者情報に関する意識調査」を協働で実施しました。本調査は、日立と博報堂が、両社におけるビッグデータ・IoT・AIの利活用事業推進の一環として、2013年度より継続的に実施しているもので、パーソナルデータ利活用に対する生活者の意識の変化や、新技術に対する関心などを定量的に把握することを目的としています。企業による生活者のパーソナルデータ利活用のあり方がますます多様化する中、プライバシーに配慮した適切なパーソナルデータの取り扱いは、企業...

「令和に見直したい生活時間」調査

...Q1.5月1日から新元号による新たな時代がスタートしました。それにあたって、あなたが、新たに見直したいと思う生活時間はどれですか?Q2.最も大切にしたいと思う生活時間は何ですか?Q3.令和の時代は5G(第5世代通信)によるIoTの進展や、ロボット、AI技術が大きく発達すると予想されます。将来、これらの技術の発達により以下の生活時間はどのように変化すると思いますか?20〜30年後を想定して、それぞれの生活時間について「増える」「減る」「変わらない」「なくなる」のいずれかを選んでください。Q4...

2019年6月3日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内サーバー市場 システムタイプ別予測を発表

...における生産年齢人口減少の影響をSoRほどは受けない見込みです。さまざまなデータを総合的に分析し、新たな洞察を得ようとすることで新たな需要が生じるからです。Otherは他のシステムタイプと同様に生産年齢人口の減少といった負の影響を受けますが、政府系研究機関や大学向けの科学技術計算用途での出荷や、IoTInternet of Things)の普及に伴うプラス要因によって底堅く推移するとみています。システムタイプ別に国内サーバー市場を見ると、成長余力があるのはSoE/SoI向けサーバー市場です。また、配備...

人材育成にも役立つ?!営業の現場力を革新するインサイドセールスとは Vol.1~新規見込み客の獲得に効く!インサイドセールスという新しい営業のかたち

...経済産業省の「2018年度版ものづくり白書」によると、社会的な人手不足の中、国内の製造業において約8割近くの企業が「人材育成」に何らかの問題があると答えました。なかでも課題として多くあげられたのが、若年層、さらには指導する側の人材不足、IT人材の育成です。人手不足が深刻化する現場では、デジタル技術革新に伴いAIやIoTなどのツールを利活用して業務効率を上げ、従業員の労働を高付加価値なものにしていく人材育成が重要だと考えられています。さらに、現場のデータを分析して問題や課題を発見、部署...

2019年5月28日Cylanceフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

セキュリティ担当者8割強が、AIセキュリティに効果があると回答

...タリオ州ウォータールー– 2019年3月27日 – BlackBerry Limited(NYSE:BB;TSX:BB)の事業部門であるBlackBerry Cylanceは、SANS Instituteに委託して行った世界規模の人工知能(AI)セキュリティ調査の結果を発表しました。調査対象のサイバーセキュリティ担当者の85%が「AIを活用したセキュリティは今まで以上に効果がある」と考えていることが明らかになりました。この結果は、IoTモノのインターネット)で大量のデータが収集・分析されていることを受けています。企業...

2019年5月24日矢野経済研究所★★フィードバック数:0企業情報システム

2019年度の国内ブロックチェーン活用サービス市場規模は171億円の見込、2022年度には1,235億円に達すると予測

....注目トピックBaaS(Blockchain as a Service)ソリューションの提供始まるブロックチェーンは主に3つのレイヤー(層)をなしている。レイヤー1であるブロックチェーン基盤は複数登場しており、概ねBtoB向けやBtoC向け、IoT向けなど、用途に応じて使い分けがされるような基盤も出てきている。その上にレイヤー2として、Colored Coin※1やLightning Network※2をはじめとしたブロックチェーンを補完する技術があり、国内...

2019年5月16日Splunk★フィードバック数:0企業情報システム

ダークデータに関する調査 - 多くの企業が業績向上やキャリアアップに対する安定志向が強いことが明らかに

...の能力を高めるのはデータであり(86%が同意)、AIの核心部分は常に人であり続けるだろうと考えている(83%が同意)。 Splunk Inc. についてSplunk Inc. (NASDAQ:SPLK) は、お客様の手元にあるマシンデータをもとに質問と回答を導き出し、実行に移して事業成果を達成する支援をします。お客様は、市場をリードする Splunk の機械学習ソリューションを利用して、ビジネス、IT、セキュリティ、IoT (モノのインターネット) のあ...

2019年4月24日NTTレゾナントフィードバック数:0社会/政治

小学生の子どもを持つ保護者1200人に聞いた「子どもの登下校」に関する調査

...生の子どもを持つ保護者のうち過半数以上が防犯上の不安を感じているが、子どもの帰宅するタイミングを把握できている人は3割を下回る結果となっています。ICタグやキッズケータイなど、防犯目的で子どもに持ち歩かせるツールはあるものの、防犯上の不安は未だ解消されていないことがわかりました。 NTTレゾナントが運営するIoTサービス「goo of things」では、株式会社ミツウロコヴェッセルが提供する安心見守りサービス「ミツ・メル」と連携したアプリ、ホームハブ、タグを提供しています。これにより「goo of things」のアプリで、子どもの登下校や帰宅、外出...

TMT Predictions 2019 日本版

...のメディア業界に変化を与えうる要素として、スポーツベッティングとeスポーツ、ラジオを取り上げ、市場展開や取り組みの可能性について述べています。さらに、テクノロジー発展の恩恵を享受して拡大している中国のインパクトにも注目し、特に通信環境と半導体市場について現状を紹介するとともに、日本企業にとってどのような打ち手があるかを検討しています。このほか日本オリジナルのコンテンツとして、APIエコノミー、IoTの活用/セキュリティリスク、ロボティクスについて、独自の視点で取りまとめました。本レ...

2019年4月23日ノーリツフィードバック数:0ライフスタイル

共働き世帯のおふろ掃除・調理などの「家事シェア」実態と意識調査

...共働き世帯のおふろ掃除・調理などの「家事シェア」実態と意識調査◎女性が誰かに任せたいトップ3は「おふろ掃除」「食後の洗いもの」「調理」 ◎25~34歳ミレニアル世代男性のおふろ掃除率は45~49歳より24.6ポイント高い ◎IoT家電を使いこなしてやりたいことは、男女ともに「自分の趣味」「子どもと遊ぶ」「睡眠を十分にとる」湯まわり設備メーカーの㈱ノーリツ(本社:神戸市、代表取締役社長:國井総一郎、資本金億円、東証一部上場)は、万世帯となった共働き世帯(年度)の、おふ...

2019年4月19日IDC★フィードバック数:0デジタル家電

スマートホームデバイス市場は2桁成長と予測

...ートアシスタントが家庭の全域に、どのように組み込まれるかということです」と、米国IDC Consumer IoT Program リサーチディレクターのレイモン・リャマスは述べています。「スマートアシスタントは、複数のスマートホームデバイスとの接点として連携/機能し、スマートホームエクスペリエンスの中心的役割を担います。そのことはすでに、スマートスピーカーで確認済みですが、これはやがて、アプライアンス、サーモスタット、およびあらゆる種類のビデオエンターテイメントなどへと向かいます」と述べています。また、国内においては、2019年...

2019年4月12日Zuora Japan★★フィードバック数:0ビジネス

サブスクリプション・エコノミー この7年で300%以上成長

...サブスクリプション・エコノミー この7年で300%以上成長 Zuora、サブスクリプション・エコノミー・インデックス最新版を発表 IoT分野でも高い成長を記録 サブスクリプション・ビジネスにおける収益化のためのプラットフォームを提供するZuora(本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、日本法人 Zuora Japan株式会社:東京都千代田区、代表取締役社長 桑野 順一郎、以下Zuora)は、隔年で調査をしているサブスクリプション・エコノミー・インデックス(以下SEI)の最...

住まい方の意識トレンド調査

...の住まいは「都市部」が59.0%、「地方」が41.0%。都市部が地方を上回る二地域居住については23.9%が「是非やりたい」 「可能ならやりたい」と回答「田園回帰」は「仕事や収入などの課題解決の施策が必要」と考える人が多数半数以上がリノベーション物件に前向き空き家問題に対して「賃貸や売却物件として活用してほしい」が52.9%で最多今後インスペクションを利用する可能性は「是非したい」10.3%にとどまったIoT住宅の本格普及の予想は「10年後」が34.3%で最多IoT住宅の「防犯...

2019年4月9日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

2018年のクラウド基盤サービス市場は、前年比133.3%の3,200億円

...ビス市場(事業者売上高ベース)は、2017年同様に既存システムのクラウドへの移行が市場を牽引する形で堅調に推移し、前年比133.3%の3,200億円と推計する。クラウド基盤サービスの利用は、年商数百億円以下の中堅・中小企業においてももはや一般的となり、ユーザー企業がパブリッククラウドやプライベートクラウド、オンプレミスなどのシステム環境を組み合わせて使い分けるハイブリッドクラウドの利用も増加基調にある。2.注目トピックDXの基盤としての活用は、2018年はPoCが中心IoTやAIなど...

2019年4月4日オウケイウェイヴフィードバック数:0ビジネス

ビジネスマンが「調べもの」に費やす時間は毎日1.6時間

...:あなたが、仕事中に調べものをする上で職場に望むこととして、 あてはまるものを以下の中よりすべてお答えください3.慶應義塾大学大学院経営管理研究科 特任教授 岩本 隆氏のコメント現在、世界中で第四次産業革命が進行しており、IoTInternet of Things)、ビッグデータ、AI(Artificial Intelligence:人工知能)、ロボットなどの新たなテクノロジーを活用した新たな産業・事業が多く生まれています。それにより、ヒトの働き方も大きく変化しています。「リア...

2019年4月1日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

UPS市場に関する調査を実施(2019年)

...市場規模は2021年度にはメーカー出荷金額ベースで、776億円と縮小傾向を予測する。100kVA以上帯の大容量機では、容量ベースで横ばいとなることから、金額ベースでの縮小は避けられるが、他の容量帯の縮小を補うほどの効果はなく、全体では縮小するものとみる。UPS国内市場は既存需要は更新需要も含めて安定しているが、長期的にみると、成長につながる新規用途が見通せないことが課題である。キャッシュレス化の推進やIoT普及の進むなか、今後の新規需要が期待される。 こちらのプレスリリースは1,000円で...

2019年3月28日VSNフィードバック数:0企業情報システム

IT技術動向に関する調査

...) 今後、現場におけるニーズが高まると思うIT技術は?【開発ツール・方式・言語】昨年と変わらず「Python」「Ansible」は引き続き、高い需要があることが分かります。また、「継続的インテグレーション」は順位を上げ、「IoT」については昨年を大きく下回る結果になるなど、【開発ツール・方式・言語】のニーズも1年で変化が見られる結果になりました。(図3) 調査概要調査方法インターネット調査 他 調査地域全国 調査対象当社クライアント 有効回答数合計276サンプル 調査結果の引用・転載、取材...

2019年3月14日Tealium Japan★フィードバック数:0企業情報システム

Tealiumの調査結果、顧客データ成熟度とビジネス成功に強い相関関係が見られるも、準備が整っている企業はわずか

...調査は2018年7月から2019年1月にかけて、北米、ヨーロッパ、日本各国の企業における330名のカスタマーインテリジェンス担当責任者を対象にオンラインにて実施されました。全ての調査結果内容はこちらからダウンロードできます。(備考)調査結果に関して、日本企業のデータをリクエストすることができます。詳細はお問い合わせ下さい。Tealiumについてウェブ、モバイル、オフライン、IoTで増え続ける顧客データフローを管理するためのユニバーサルなアプローチを提供することで、今日...

2019年3月8日ガートナー★フィードバック数:0企業情報システム

ガートナー、デジタル・ツインの採用が主流になりつつあるとの調査結果を発表

...年2月20日 - ガートナーは、モノのインターネット (IoT) の実装に関する最新の調査結果(*) を発表しました。それにより、IoTを実装している組織の13%が既にデジタル・ツインを使用しており、さらに62%がデジタル・ツインの使用を確立している最中か、予定していることが明らかになりました。ガートナーは、デジタル・ツインの定義を、「資産の状態に対する理解、変化への対応、ビジネス・オペレーションの改善、付加価値の提供を目的として、物理的な実体を表現するソフトウェア設計パターン」とし...

2019年3月5日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

国内工場・製造分野での次世代モニタリングシステム普及率を予測(2018年)

...概況次世代モニタリングシステムとは、IoT関連テクノロジーを活用した遠隔監視システムで、センサーネットワークやM2Mなどで収集した膨大なデータを、クラウドやビッグデータなどの技術で集積し、解析・アナリティクス・AIテクノロジーなどを用いて分析・判断・評価を行う仕組みである。2000年代以降徐々に遠隔監視システムは、データセンターやクラウドの普及、ネットワーク環境の深化を背景として、データ収集(見える化)からデータ活用へとステージが変化してきている。国内工場・製造分野における次世代モニタリングシステムの2017年度末時点の普及率を21...

2019年2月22日NTTデータフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

サイバーセキュリティに関するグローバル動向四半期レポート(2018年10月~12月)

...月のレポートを公開する予定です。 株式会社NTTデータセキュリティ技術部情報セキュリティ推進室NTTDATA-CERT担当大谷、小林、橋本、山下E-mail:nttdata-cert@kits.nttdata.co.jp 2018年12月12日 「サーキュラーエコノミー推進機構」に参画 ~AI/アナリティクス人財育成を支援~2019年2月13日 サイバーセキュリティに関するグローバル動向四半期レポート(2018年10月~12月)を公開2019年2月22日 Everest Groupの「IoT...

2019年2月8日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

10代が動画を視聴するプラットフォームとして、「Instagram」が約6割

...動画を視聴するプラットフォームとして、「Instagram」は昨年1年間で利用率を2倍以上伸ばし(2018年1月度:26.8%、2018年12月度:59.4%)、「Twitter」の利用率に迫る勢いでした(2018年1月度:52.4%、2018年12月度:66.7%)。一方、2018年は動画プラットフォームである「TikTok」は、10代における利用率が27.5%になるなど若年層からの支持を集め、利用率の拡大に期待が持てる結果となりました。 調査結果サマリー 4人に1人が、「IoT家電は、個人情報の提供が必要なら、使わない」 ... 調査...

2019年2月5日Mobilus Corporationフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

お客さま窓口の利用実態調査

...-6417-9523事 業 : 人工知能とモバイル技術を活用した、コミュニケーションとIoTソリューションの開発ウェブ : https://mobilus.co.jp/「mobiAgent」についてモビルスが提供している「mobiAgent」は、コンタクトセンター向けチャットソリューションです。ウェブサイト上のチャット小窓や、LINE・Facebook Messenger などのメッセージングアプリなど多様なインターフェースと連携できます。「mobiAgent」によって顧客は、使い...

第二回 民泊運営に関する意識調査

...査結果をもとに、今後も楽天グループの最先端技術を活用した「あんしんステイIoT」をはじめとする各種サービスを通じ、より安心、安全な民泊運営を支援してまいります。【調査概要】・実施時期:2018年12月下旬・調査方法:インターネット調査・調査対象:民泊オーナー325名「民泊運営の効率化をIoTで実現する」楽天コミュニケーションズの「あんしんステイIoT」のサービスイメージ【楽天コミュニケーションズ株式会社について】新ビジョン『The New Value Enabler towards our Digital...

2019年1月31日ドリームエリアフィードバック数:0社会/政治

「ITを利用した子どもの見守り」に関するアンケート調査

...けの見守りに限界を感じている方がいらっしゃることが見て取れます。2019年1月23日(水)開始の「第3回 Japan IT Wetek 関西」に、ドリームエリアが展開する児童見守りサービス「みもり」を協業出展2019年1月23日(水)からインテックス大阪で開催される「第3回 Japan IT Week 関西」のNTTコミュニケーションズ(株)出展ブースにて、NTTコムのIoTネットワークサービスを利用した事例のひとつとして、ドリームエリア運営の児童見守りサービス「みもり」を協業出展します。詳細は下記よりご覧くださいませ。 <開催概要> 総称: Japan...

2019年1月30日ニューロスペースフィードバック数:0ライフスタイル

2018年度「企業の睡眠負債」実態調査

...用した睡眠改善プログラムを通じて企業の働き方改革を支援して参ります。【SleepTechを活用した「働き方改革・健康経営推進」企業向け睡眠改善プログラムについて】本プログラムは、ニューロスペースがこれまで60社、のべ1万人以上の多様な産業現場での睡眠改善を通じて蓄積した睡眠課題ビッグデータ・改善ノウハウや、IoT型睡眠計測デバイスで計測した個人の睡眠データを元に、従業員の日中の眠気発生時間帯やその程度を予測し、一人ひとりに睡眠改善アドバイスを行う助言アプリを提供します。こちらにより、ニューロスペースは従業員の睡眠課題を起因としたパフォーマンス低下を解消し、企業の働き方改革・健康...

2019年1月28日IDCフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国内LPWAサプライヤー動向調査

...15 Jan 2019国内LPWAサプライヤー動向調査結果を発表 Japan, 2019年1月15日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、LPWA(Low Power Wide Area)市場におけるLPWAサプライヤーの取り組みに関する調査結果を発表しました。LPWAは低速、省電力、広域カバレッジという特徴から、IoTInternet of Things...

2019年1月28日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

パワー半導体の世界市場に関する調査を実施(2018年)

...年にかけては需給が逼迫する市場環境が続くために、前年比7-9%台の増加で伸長し、2020年のパワー半導体世界市場規模は225億3,000万ドルに達すると予測する。2021年以降については、2019年から2020年において各社が計画している設備投資の効果が順次出始め、供給数量も安定していくために、前年比5-6%台で推移する見通しである。この背景にはIoTの世界的な広がりによる大規模データセンターの増加、白物家電や産業機器、新エネルギー分野(主に太陽光発電・風力発電)向けの安定した成長、HVやEV...

2019年1月28日インテリジェンスフィードバック数:0キャリアとスキル

転職求人倍率レポート(2018年12月)

...で前月から上昇しました。前年同月比では「金融」で上昇しました。求人数は、8業種のうち前月比では「IT・通信」で、前年同月比では増加率の高い順に「金融」「メーカー」「IT・通信」「サービス」「商社・流通」の5業種で増加しました。前月比で求人数が増加した「IT・通信」(前月比106.2%)では、システムインテグレータやWebサービス・Webメディアでの採用が活発です。システムインテグレータでは、AIやIoT、RPA(Robotic Process Automation)といった技術を活用する企業が増えているため、それ...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
 

お知らせ