調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:デジタルトランスフォーメーション

データがいっぱい:デジタルトランスフォーメーション

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。「デジタルトランスフォーメーション」については、関連調査データもぐっと増えています。

世界の調達責任者を対象にした調達領域の課題と現状認識に関する調査結果

...ように複雑化する環境および課題に対して、解決策を探る最大の手段となるのがデジタルトランスフォーメーションであり、大半のCPOがその重要性の高まりを実感しています。ただし、多くの企業が様々な戦略でアプローチしている一方、テクノロジー導入に対する満足度は低く、有効な活用施策や社内外の変革といった課題に対し腐心しているのが現状です。デジタルテクノロジーを戦略実現に資する有効施策とするためには、明確なデジタル戦略を策定する必要があり、購買オペレーションの効率化・自動化から、コアとなる調達活動への有用情報抽出まで、幅広...

2020年3月11日電通★★フィードバック数:0マーケティング

「2019年 日本の広告費」

...の広告費の概況> ◆2019年の総広告費は、通年で6兆9,381億円となった。不透明な世界経済や相次ぐ自然災害、消費税率変更に伴う個人消費の減退や弱含みのインバウンド消費など厳しい風向きの中、成長を続けるインターネット広告領域やイベント関連が総広告費全体を押し上げる結果となった。 ◆また、インターネット広告費は、テレビメディア広告費を超え、初めて2兆円超えとなった。デジタルトランスフォーメーションがさらに進み、デジタルを起点にした既存メディアとの統合ソリューションも進化、広告業界の転換点となった。 ◆新設...

2020年3月6日野村総合研究所フィードバック数:0企業情報システム

野村総合研究所、「ITロードマップ2020年版」をとりまとめ~将来的に大きな進展が見込まれる「ブレインテック」~

...ほどとりまとめました。 今回、注目すべき技術として取り上げたテーマは、「Web3.0に向かうブロックチェーン」「5G(第5世代移動通信システム)」「フェデレーションラーニング」「シミュレーション2.0」「MLOps」「ブレインテック」「フリクションレス・リテール」「ピープル・アナリティクス」「情報銀行と信用スコア」の9つです。 さらに、DX(デジタルトランスフォーメーション)の進展によって今後さらに必要になるセキュリティ対策の変化に着目し、「デジタルビジネスのリスク管理」「デジ...

NTTコム オンライン、セキュリティソフト業界を対象にしたNPS?ベンチマーク調査2019の結果を発表

...ケティング・ソリューションについて>NTTコム オンラインは、企業のデジタルマーケティング、及びデジタルトランスフォーメーションを支援するソリューション・パートナーです。データ解析力とテクノロジー力を強みに、デジタルマーケティングの分野では、顧客データの統合・管理、マーケティングオートメーション、B2Bマーケティング、顧客ロイヤルティマネジメント、そしてメッセージングサービスなどを、その導入から運用伴走までトータルにご支援します。また、企業のデータ課題に応え、デジタルトランスフォーメーション...

2020年1月21日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内地域別 IT支出動向および予測を発表

...IT支出は多くの地域でマイナス成長を予測しています。ただし、東京都は、2020年に「東京オリンピック/パラリンピック」を控えていることに加えて、ITを活用した企業変革(デジタルトランスフォーメーション:DX)に着手した大企業も多数存在することから、2020年のIT支出もプラス成長を維持するとみています。2021年に東京都に加えて、大都市圏でIT支出はプラス成長に回復を見込んでいます。特に2025年の開催予定の大阪万国博覧会を控えた近畿地方で2022年以降のIT支出は堅調に拡大を予測しています。また...

2020年、広告予算を増加する予定する企業は43.6%。注力したいテーマは「顧客体験の充実」「デジタルトランスフォーメーション」「OMO」

...2020年、広告予算を増加する予定する企業は43.6%。注力したいテーマは「顧客体験の充実」「デジタルトランスフォーメーション」「OMO」 「アドテック東京」をはじめとした、国内主要マーケティングカンファレンス参加の広告主に聞いた「マーケターアンケート2020」集計結果を発表。今年実施のカンファレンスにここで得られた企業のニーズを反映。 マーケティングの国際カンファレンスを多数企画・実施しているコムエクスポジアム・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:古市優子)は、同社...

2020年1月15日Capgemini★★フィードバック数:0大型消費/投資

キャップジェミニ、今後3年以内にドライバーの95%が車内音声アシスタントを使用すると予測

...対象に調査を実施、また自動車企業のシニアエグゼクティブならびに音声サービスプロバイダーに掘り下げたインタビューを10回以上の実施しました。キャップジェミニについてキャップジェミニは、コンサルティング、テクノロジーサービス、デジタルトランスフォーメーションのグローバルリーダーとして、イノベーションの最前線に立ち、進化を続けるクラウド、デジタル及び各種プラットフォーム分野で、顧客のあらゆるビジネス機会に対応致します。キャップジェミニは、50年にわたり蓄積してきた優れた実績と業界固有の専門知識を基に、戦略...

カーシェアリング業界を対象にしたNPSベンチマーク調査2019

...ューションについてはこちらからご覧ください: https://www.nttcoms.com/service/nps/<NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションについて> NTTコム オンラインは、企業のデジタルマーケティング、及びデジタルトランスフォーメーションを支援するソリューション・パートナーです。データ解析力とテクノロジー力を強みに、デジタルマーケティングの分野では、顧客データの統合・管理、マーケティングオートメーション、B2Bマーケティング、顧客ロイヤルティマネジメント、そしてメッセージングサービスなどを、その...

MicroStrategy、グローバル エンタープライズ アナリティクス調査を世界5か国で実施

...公洋)は、「グローバルエンタープライズプライズアナリティクス調査2020」を発表しました。当調査では、94%の組織が、データおよびアナリティクスは、ビジネスの成長とデジタルトランスフォーメーションにとって重要であると回答しています。以下は、同調査で明らかになった、グローバルレベルで共通した動向です。• 80%の経営層、管理職層が、アナリティクスを利用できるが、現場の社員の利用50%に留まっている• 60%の社員が、意思決定に必要なデータの収集に数時間から時には数日の時間を費やしている• 79%の社...

フォーティネット、高度なAIと脅威インテリジェンスへの対抗策が進化し、サイバー犯罪者の優位性に変化をもたらすと予測

...を見つけやすくなったことを背景に、ゼロデイ攻撃で悪用できる脆弱性も増えつつあります。人工知能によるファジングとゼロデイマイニングによって、ゼロデイ攻撃が驚異的に増加する可能性があるため、組織はこのトレンドに対抗するセキュリティ対策を講じる必要があります。フォーティネットのグローバルセキュリティストラテジスト、Derek Manky(デレク・マンキー)は、次のように述べています。「サイバー攻撃の成功の背景には、拡大する攻撃対象領域と、デジタルトランスフォーメーションで生じたセキュリティギャップが存在します。最近では、前世代のAIやス...

2019年12月13日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

国内企業のIT投資に関する調査を実施(2019年)

...2019年度の国内民間企業のIT市場規模は前年度比3.4%増の12兆9,180億円と予測 ~製造業や金融業を中心に、デジタルトランスフォーメーション(DX)が増加基調へ~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、2019年度の国内民間企業のIT投資実態と今後の動向について調査を実施した。 今後3年間でIT投資が増加するソフトウェア1.市場概況国内民間企業のIT市場規模(ハード・ソフト・サービス含む)は、2018年度が前年度比2.8%増の12兆4,930億円と推計した。今後...

2019年12月13日電通デジタル★★フィードバック数:0マーケティング

電通デジタル、日本企業のデジタルトランスフォーメーション調査2019年版を発表

...「70%が着手」と本格化進む日本企業のDX 成果創出のカギは経営トップのコミットメント - 電通デジタル、日本企業のデジタルトランスフォーメーション調査2019年版を発表 -2019年12月13日株式会社電通デジタル 株式会社電通デジタル(本社:東京都港区、代表取締役社長:鈴木 禎久、以下、電通デジタル)は、株式会社日経BPコンサルティングに委託し、「日本における企業のデジタルトランスフォーメーション調査(2019年度)」を実施しました。同調査レポートより一部調査結果を発表します。<本調...

2019年11月28日野村総合研究所フィードバック数:0ビジネス

野村総合研究所、2025年度までのICT・メディア市場の規模とトレンドを展望

...競争が進むクルマの自動運転や遠隔地からの建機・ロボットの操作を可能にします。また、mMTCは、スマートファクトリー2やスマートシティ3などを実現するための実証実験や試行が始まっています。これらの特徴を持つ5Gは、必要不可欠なネットワークであるという認識が世界に広がっていることが、5Gへの期待を一層高めています。DX(デジタルトランスフォーメーション)、Industry 4.04、Society 5.05を実現するための“インフラ”としても期待が膨らむ5Gについて、その可能性と限界を確実に理解しておくことが必要です。NRIでは、2019年を...

CCI、デジタルサイネージ広告市場調査を実施

...:東京都中央区、代表取締役社長:新澤 明男、以下CCI) は、株式会社デジタルインファクト(東京都文京区、代表取締役社長:野下 智之)と共同で、デジタルサイネージ広告市場(※1)に関する調査を実施しました。その結果、2019年のデジタルサイネージ広告市場規模は749億円の見通し(前年比113%)となり、2023年予測は、2019年比1.7倍の1,248億円となりました。スマートフォンの普及による生活者の消費行動の変化や、企業サービスのデジタルトランスフォーメーションの進展とともに、公共...

2019年11月22日Capgeminiフィードバック数:0社会/政治

World Energy Markets Observatory(世界エネルギー市場展望2019)

...年から2019年初頭にかけてのデータを参照しています。規制ならびに顧客行動に関する特別な専門知識は、Pardieu Brocas MaffeiならびにVaasaETTから提供を受けました。詳細情報、レポート完全版ダウンロードをご希望の方は、www.capgemini.com/wemoにアクセスしてください。キャップジェミニについてキャップジェミニは、コンサルティング、テクノロジーサービス、デジタルトランスフォーメーションのグローバルリーダーとして、イノベーションの最前線に立ち、進化...

2019年11月19日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

セキュリティ製品およびサービスの堅調な成長を予測

...セーは述べています。また、「情報漏えい防止、コンプライアンスおよびリスクマネジメント、巧妙化するサイバースキーム、デジタルトランスフォーメーションの複雑性など、非常に多様な側面のあるセキュリティニーズを背景に、重要なセキュリティソリューションへの投資が着実に行われています」と述べています。技術カテゴリー別に見ると、2019年に最大の支出が見込まれるのは、マネージドセキュリティサービスです。24時間体制の監視とセキュリティオペレーションセンターの管理に、210億ドル以上が費やされる見通しです。2019年、2番目...

2019年11月12日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内プライベートクラウド市場予測を発表

...ブリッドクラウド環境における、統合運用管理の発展も進んでいます。これらのことは、企業のプライベートクラウドに対する関心を、ITの効率化から、デジタルトランスフォーメーション(DX)へと、拡大しています。パブリッククラウドとプライベートクラウドの技術基盤は、相互に強い影響を与えて発展しています。近い将来、パブリッククラウドの課題であった「過去資産の継承性」「柔軟な運用性」は、技術的な視点では解消傾向にあります。そのため、ユーザー企業のプライベートクラウドに対する期待では、「コストの優位性」「セキ...

2019年11月5日IDCフィードバック数:0企業情報システム

DXを推進する国内企業の2割で推進意欲が減退、阻害要因に関する調査結果を発表

...11 Oct 2019DXを推進する国内企業の2割で推進意欲が減退、阻害要因に関する調査結果を発表 Japan, 2019年10月11日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、デジタルトランスフォーメーション(以下、DX)に取り組む国内のITユーザー企業に関し、DX推進の阻害要因についての分析結果を発表しました。これによると、DXに取り組む企業の2割で...

NTTコム オンライン、動画配信サービス業界を対象にしたNPS?ベンチマーク調査2019の結果を発表

...の声をリアルタイムに可視化して改善アクションを導くクラウドサービス「NPX Pro」の提供や、業界内での自社のポジショニング把握に有効な「NPS®リサーチ」を取り揃えています。NPS®ソリューションについてはこちらからご覧ください: https://www.nttcoms.com/service/nps/<NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションについて> NTTコム オンラインは、企業のデジタルマーケティング、及びデジタルトランスフォーメーションを支援するソリューション・パートナーです。データ解析力とテクノロジー力を強みに、デジ...

2019年9月11日IDCフィードバック数:0企業情報システム

IT投資動向に関する国内CIO調査結果を発表

...、全体でも2位の回答率を示しています(図参照)。新規開発への取り組みが活発化し、セキュリティなどの領域で高度な専門家の需要も高まっているのに加えて、システム開発やITインフラ構築の内製化を強化する傾向も見られることから、慢性化している人材不足傾向がさらに深刻化していることが窺えます。拡大するIT投資意欲に反して深刻化が進むIT人材不足はIT部門の人員の負担を増大すると共に、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進に対する大きな阻害要因ともなり得ます。そして、業務部門による独自のIT投資...

2019年9月10日IDC★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

DX国内動向調査結果を発表

...Japan, 2019年8月29日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内企業を対象としたデジタルトランスフォーメーション(DX)の動向調査結果を発表しました。これによると、国内企業のDXへの取り組みは、より現実的な目標、業務上の課題解決に向けたものとなっている一方で、その効果を実感していない企業も多く、DXプロジェクト/シス...

2019年8月19日オロ★フィードバック数:0マーケティング

音声検索の検索順位に影響する要素とは ―SEMrush 2019年版調査結果ー

... (SEMrush グローバル・マーケティング部 責任者) クラウド ERP「ZAC」「ZAC Enterprise」( https://www.oro.com/zac/ ) の開発・提供クラウド PSA「Reforma PSA」( https://www.oro.com/reforma-psa/ )の開発・提供デジタルトランスフォーメーション事業企業のデジタルマーケティング支援( https://www.oro.com/cd/ )企業のグローバルコミュニケーション支援( https://www.oro.com...

2019年7月19日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内ビッグデータ/アナリティクスソフトウェア市場予測を発表

...の拡大に貢献しています。今回のレポートにおける2023年までの予測期間において企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)やそれに伴うアナリティクスおよびAI活用の取り組みは一層の広がりを見せ、本市場の拡大に貢献するとみています。企業はDXやAIによる業務改善における生産性を向上させ、競争力を高めるために、BDAソフトウェアを中核に据えた、DXのためのプラットフォームを整備していくとみています。予測期間における年間平均成長率 (CAGR:Compound Annual Growth Rate)は8.5%になるとIDC...

2019年7月19日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

最新の国内CRMアプリケーション市場予測を発表

...,700万円でした。同市場はマーケティングのデジタル化やオムニコマースの影響で、2017年から継続して高い成長率を維持しました。セールス生産性/管理アプリケーション市場は、前年比成長率5.8%、237億4,900万円でした。2018年は、大企業での利用者追加や、中堅中小企業への拡販が各ベンダーで行われ、堅調に成長しました。IDCでは、国内CRMアプリケーション市場は、顧客エクスペリエンス(CX)の浸透、消費者/ビジネスバイヤーのデジタルトランスフォーメーション(DX)の進行などにより、2018年...

2019年7月10日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内ハイパーコンバージドシステム市場予測を発表

... Rate)を18.1%と予測しています。ハイパーコンバージドシステムは、短期的には仮想化環境の課題を解決するインフラストラクチャとして普及が進むとIDCはみています。中長期的には、デジタルトランスフォーメーション(DX)によって創出される次世代ワークロードへの対応や、DXに対応するITインフラとして、俊敏性や柔軟性を向上し、マルチクラウド環境でのITインフラ管理を統合するハイブリッドクラウドを実現するソリューションとしても普及が拡大する見込みです。IDC Japan エン...

2019年6月21日キャップジェミニフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

エネルギー&ユーティリティにおけるインテリジェントオートメーション

...=disruptdigital_automation_usecase『World Energy Markets Observatory 2018(世界のエネルギー市場観測:2018年)』https://www.capgemini.com/research/world-energy-markets-observatory-2018/ キャップジェミニについてキャップジェミニは、コンサルティング、テクノロジーサービス、デジタルトランスフォーメーションのグローバルリーダーとして、イノベーションの最前線に立ち、進化を続けるクラウド、デジ...

2019年6月13日キャップジェミニフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

業界は5G革命に期待するが障壁はいまだ存在する

...業界は5G革命に期待するが障壁はいまだ存在する ほぼすべてのインダストリアル企業が5G実用開始後2年以内に実装を計画、その多くがプライベートライセンスへの投資に前向き【2019年6月6日:パリ発】インダストリアル企業は、5G接続をデジタルトランスフォーメーションの最も重要なイネーブラとして受け止め、2年以内にこの技術を実装する計画を立てています。キャップジェミニ・リサーチ・インスティテュートの最新調査レポートによると、この実装計画がプライベート(企業独自の)ライセンスへの関心を刺激し、大規...

「Tech Trends 2019日本版」発表

...「Tech Trends 2019日本版」発表個別テクノロジーの活用から複合的活用による真のデジタルトランスフォーメーション実現へ サイバーリスク、NoOps、次世代コネクティビティ、人とAIが協働する組織、進化するマーケティング:顧客体験の再考など8つの最新トレンドと企業のデジタル戦略の在り方を解説 デロイト トーマツ グループ(東京都千代田区、CEO:永田高士)は、企業のデジタルトランスフォーメーションの実現に向けて、デロ...

2019年5月16日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

最新の国内第3のプラットフォーム市場予測を発表

...ウドサービスの利用進行、デジタルトランスフォーメーション(DX)への投資など高い成長率で推移すると予測しており、9.5%のCAGRを予測します。非企業市場においては、堅調な成長を予測しますが、企業分野と比較するとDXの取り組みがやや遅れており、また個人情報保護などの影響によるモビリティ/クラウド活用の遅れによって、業務プロセスのデジタル変革や新しいテクノロジーの活用への積極性が弱いことから、7.0%のCAGRを予測しています。IDCでは、第3のプラットフォーム市場全体のCAGRは5.5%を予測しており、前回予測よりも0...

2019年5月15日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内ハイパーコンバージドインフラストラクチャ利用動向調査結果を発表

...やニッチなソリューションとは言えないところまで普及が進んでいる。HCIには、オンプレミスITインフラの刷新を進めると共に、複数のクラウドを連携し、統合的な運用管理を実現するハイブリッドクラウドを実現するソリューションへと進化することへの期待が高い。HCIは、デジタルトランスフォーメーション(DX)に対応したITインフラへの変革を進めるにあたって、有力な選択肢の一つとなるであろう」と分析しています。今回の発表はIDCが発行した2019 年 国内ハイパーコンバージドインフラストラクチャ利用動向調査 にその詳細が報告されています。本レポートでは、HCIの利...

2019年5月15日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

ビッグデータ/ビジネスアナリティクスソリューションの支出額は今年1,891億ドルに達し、2022年まで年間2桁の成長率が続く見通し

... Big Data and Analytics Spending Guide によると、BDAの支出額は2018年~2022年の5年間の年間平均成長率(CAGR: Compound Annual Growth Rate)は13.2%と予測されています。2022年には全世界のBDAの支出額は2,743億ドルになると、IDCは予測しています。「BDA支出額を増加させる最大の要因は、デジタルトランスフォーメーションです。経営レベルの取り組みは、現在のビジネス慣行の徹底的な見直しと、デー...

2019年5月15日IDCフィードバック数:0企業情報システム

ネットワーク仮想化/自動化に関する国内市場予測を発表

...や仮想化/自動化技術の中心ではなく、それに代わって「継続的/再帰的なネットワーク自動化」「ポリシー/インテントに基づいたネットワーキング」「ネットワーク可視化/アシュアランス」を備えた次世代企業ネットワーク仮想化/自動化ソリューションが市場を牽引しています。こうした背景には、ネットワーク接続端末の爆発的増加への備えと、デジタルトランスフォーメーション(DX)に適応した企業ネットワークの希求があるとIDCでは捉えています。このような成長エンジンを得た企業ネットワーク仮想化/自動化市場は、力強...

2019年5月15日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内ハイブリッドクラウドインフラストラクチャ利用動向調査結果を発表

...フラコストの最適化が重視されている結果となりました。次いで「ビジネスニーズへの迅速な対応」となっており、特に大企業(従業員規模1,000人以上)や中堅企業(同500~999人)で高い回答率となりました。デジタルトランスフォーメーション(DX)への対応などを背景に、ビジネス機会を拡大するためにITリソースを迅速に提供できることが重視されていると言えます。今後利用を増やすITインフラでは、「パブリッククラウドサービス」「プライベートクラウドサービス」「オンプレミスプライベートクラウド」が上位を占めており、パブ...

2019年4月25日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2019年 国内ユーザー企業調査 産業分野別/企業規模別 IT投資動向と課題の分析結果

... and Medium Business、中堅中小企業)での増加傾向が強く、ITベンダーは企業のITスタッフ不足やノウハウ不足を支援する提案が望まれていると分析しています。IDCでは、定期的に産業分野別および企業規模別のIT投資に関するユーザー調査を実施しており、2019年2月に実施した調査では、IT支出状況、第3のプラットフォームの活用状況とその目的を調査しました。また、ITが解決し得る経営課題や、経営層からIT部門に出される課題、企業のデジタルトランスフォーメーション...

2019年4月19日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内AIシステム、およびRPAの企業ユーザー調査結果を発表

...などの面から利用継続の判断がなされ、新たな検討/導入フェーズにシフトしていると考えられます。また、RPAを利用している企業にAI/機械学習の組み込みについて尋ねたところ、「対話型教育」や「対話型申請プロセス」の利用目的での回答者が多く、OCR(Optical Character Reader)による手書き文字や帳票の自動認識などで利用が進んでいると考えられます。「AIシステムやRPAの利用による企業の業務の自動化は着実に広がっている。しかし利用目的は企業の内部改革を優先し、顧客を指向した外部改革では適用が低い状況にある。デジタルトランスフォーメーション...

2019年4月18日電通デジタル★★フィードバック数:0社会/政治

シェアリングサービスに関する最新生活者調査を実施

...に関する問い合わせ先】株式会社電通デジタル コーポレートコミュニケーション部 広報グループ 島津・南口 :Email : press@dentsudigital.co.jp 【本調査データに関するお問合せ先】株式会社電通デジタル デジタルトランスフォーメーション部門 デジタルネイティブ専門チーム「YNGpot.™」 安田・青木 :...

2019年4月9日矢野経済研究所フィードバック数:0企業情報システム

2018年のクラウド基盤サービス市場は、前年比133.3%の3,200億円

...ビス市場(事業者売上高ベース)は、2017年同様に既存システムのクラウドへの移行が市場を牽引する形で堅調に推移し、前年比133.3%の3,200億円と推計する。クラウド基盤サービスの利用は、年商数百億円以下の中堅・中小企業においてももはや一般的となり、ユーザー企業がパブリッククラウドやプライベートクラウド、オンプレミスなどのシステム環境を組み合わせて使い分けるハイブリッドクラウドの利用も増加基調にある。2.注目トピックDXの基盤としての活用は、2018年はPoCが中心IoTやAIなどデジタルを活用して企業やビジネスに新しい価値を持たせるデジタルトランスフォーメーション...

2019年2月26日IDC★フィードバック数:0社会/政治

「貿易戦争」等による影響が及ぶものの、デジタルトランスフォーメーションによって世界全体のICT支出が成長

...22 Feb 2019「貿易戦争」等による影響が及ぶものの、デジタルトランスフォーメーションによって世界全体のICT支出が成長 Japan, 2019年2月22日 - IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、ICT市場の支出額の予測を発表しました。最新のWorldwide Semiannual ICT Spending Guide Industry...

2019年2月19日電通デジタルフィードバック数:0デジタル家電

電通デジタル、スマートスピーカーの国内利用実態調査を実施

...上で有料での利用意向も見られる結果となりました。なお、こちらの調査結果は一部となりますが、全ての調査結果を含む、詳細なレポートは下記のフォームから無料でダウンロードが可能です。 ダウンロードページURL: https://pages.dentsudigital.co.jp/DX2019_ss_LP.html電通デジタルは今後も、スマートスピーカーを中心とした音声UI/UX領域だけでなく、様々なテクノロジーを事業変革やマーケティング高度化にどう活用するかという視点から、コンサルティングから仕組み化までワンストップで行う強みを活かし、企業のデジタルトランスフォーメーション...

2019年2月1日デル★フィードバック数:0企業情報システム

デジタル変革の進捗状況に関するグローバル調査

...ての企業がデジタル企業になることが必要になると思いますが、今回の調査で、大多数の企業において取り組みが進んでいないことが明らかになりました。デジタル トランスフォーメーションがもたらす、かつてないチャンスをつかむためには、企業はテクノロジーをモダナイズ(最新鋭化)する必要があります。行動すべきときは、今です」。デジタル トランスフォーメーション推進における課題本調査ではビジネス リーダーの方々が、デジタルトランスフォーメーション推進における課題を抱えていることが明らかになっており、91%が未だ解決に至っていないと回答しています(日本は88%)。デジ...

2019年1月31日IDCフィードバック数:0マーケティング

国内デジタルコマースアプリケーション市場予測

...ビスを購買する際の大部分の手段として利用されていると考えており、デジタルコマースの手段を検討するユーザー企業にとっては、効率的なデジタル商取引向けソフトウェアというよりも、フロントエンドアプリケーションとバックエンドアプリケーションを適切に連携させるプラットフォームとして、デジタルによる顧客エクスペリエンス(CX)を提供する手段になりつつあるとみています。上記のような市場定義にて、2017年の国内デジタルコマースアプリケーション市場規模は97億6,600万円になりました。IDCでは、2018年以降の同市場は、デジタルトランスフォーメーション(DX)の浸透やAI...

2019年1月28日IDCフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

国内LPWAサプライヤー動向調査

...自体は薄利多売を志向することになります。安定した事業運営のためには、回線事業だけに過度に依存しないビジネスモデルの確立が求められます。3つ目として「高まらないユーザー企業のIoTイニシアティブ成熟度」が挙げられます。IDCの調査では、IoTに限らず、国内企業のデジタルトランスフォーメーション全般に関わる成熟度は海外に比べて総じて低く、ユーザーがIoTを実施する上でのハードルを下げる取り組みが求められます。LPWAサプライヤーの多くが、現段階のLPWA市場について、サプライヤー間の「競合」だけではなく、「協調」が必...

2019年1月21日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内デジタルコマースアプリケーション市場予測を発表

...ビスを購買する際の大部分の手段として利用されていると考えており、デジタルコマースの手段を検討するユーザー企業にとっては、効率的なデジタル商取引向けソフトウェアというよりも、フロントエンドアプリケーションとバックエンドアプリケーションを適切に連携させるプラットフォームとして、デジタルによる顧客エクスペリエンス(CX)を提供する手段になりつつあるとみています。上記のような市場定義にて、2017年の国内デジタルコマースアプリケーション市場規模は97億6,600万円になりました。IDCでは、2018年以降の同市場は、デジタルトランスフォーメーション(DX)の浸透やAI...

2018年12月25日フォーティネットフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ホリデーシーズンが近づくにつれてモバイルマルウェア攻撃が増加

...のセキュリティソリューションにとっての課題でもあります。一部のレガシーセキュリティソリューションでは、いまだに重要なファイアウォールおよびIPSに性能上の限界があり、組織の業務に必要なスピードで暗号化データを検査する能力が限られています。その結果、悪意のあるアクティビティの有無について分析されない暗号化トラフィックの割合がますます大きくなり、犯罪者がマルウェアを拡散したりデータを盗み出すための理想的なメカニズムとなっています。デジタルトランスフォーメーションにはセキュリティへの新たなアプローチが必要FortiGuard Labsのグ...

2018年12月18日矢野経済研究所★★フィードバック数:0企業情報システム

国内企業のIT投資に関する調査を実施(2018年)

...2018年度の国内民間企業のIT市場規模は前年度比2.9%増の12兆5,050億円と予測~企業収益力の高まりによりIT投資意欲は堅調推移、デジタルトランスフォーメーション(DX)への取組みが進展~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、2018年度の国内民間企業のIT投資実態と今後の動向について調査を実施した。1.市場概況国内民間企業のIT市場規模(ハード・ソフト・サービス含む)は、2017年度が前年度比2.3%増の12兆1,530億円と推計した。今後は、2018年度...

2018年12月17日CompTIAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2018年サイバーセキュリティの動向調査

...的なセキュリティチームを作るための新たな検討を進めるといったフェーズになっています。特に、ITが今や新たな考え方や行動を牽引する戦略的行動であると理解している企業や、デジタルトランスフォーメーションを進める企業では、この傾向はより一層強くなっています。私の今までの経験では、日本は2~3年遅れて米国のトレンドに理解を示す程のタイムラグがあると感じています。本調査の参加企業の多くは米国企業ですが、このレポートからも、サイバーセキュリティが単なる防御戦術ではなく、積極的にビジネスチャンスを狙う上での後押しとなりえることが理解いただけると思います。多くの日本企業が、「攻め」ながら「守る...

2018年12月14日電通デジタル★★フィードバック数:0企業情報システム

日本企業のデジタルトランスフォーメーション調査2018年版

...企業の63%がデジタル変革に着手するも、経営層と実務責任者の推進課題に大きなギャップ - 電通デジタル、日本企業のデジタルトランスフォーメーション調査2018年版を発表 -2018年12月14日株式会社電通デジタル 株式会社電通デジタル(本社:東京都港区、代表取締役CEO:山口 修治、以下電通デジタル)は、日経BP コンサルティングに委託し、「日本における企業のデジタルトランスフォーメーション&デジタルマーケティング 2018年度調査」を実施しました。同調...

2018年12月13日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2019年国内IT市場の主要10項目を発表

...っているという見方を示しました。第3のプラットフォームの「第1章」が各技術の試行であったとすると、「第2章」はこれらの技術を活用したビジネスの変革や新規ビジネスの創出、換言すればイノベーションの創出、デジタルトランスフォーメーション(DX)の実現を目指したものです。世界中の企業では競争力の強化、新たな成長機会の発見と参入のために、DXの実現を競っており、それは国内企業においても例外ではありません。企業のDXに向けた取り組みの強化/拡大は、クラウドやビッグデータ/アナリティクスといった第3のプラットフォームの技術、およびAI...

2018年12月6日野村総合研究所★★フィードバック数:0マーケティング

野村総合研究所、2024年度までのICT・メディア市場の規模とトレンドを展望

...の強みを先鋭化させることが必須と言えます。 主要5市場の特徴的な動向と予測結果は、以下のとおりです。各市場とそこで取り上げている具体的な分野については、【ご参考】の「各市場・分野の定義と説明」をご参照ください。 デバイス市場デジタル時代のデバイス市場は規模拡大の好循環に突入デジタル技術で企業経営やビジネスモデルの変革を図ろうとする「デジタルトランスフォーメーション(DX)」への注目が高まり、デバイス(端末機器)市場においても、今後更なる発展が期待される。コンピューティングパワーの拡大、大量のデジタルデータの創出、シェ...

2018年11月29日IDC★フィードバック数:0企業情報システム

デジタルトランスフォーメーション(DX)イニシアティブにおける世界の地域差に関する5つの考察

...デジタルトランスフォーメーション(DX)イニシアティブにおける世界の地域差に関する5つの考察を発表 世界のDXイニシアティブにおいて推進状況の地域格差が大きいことがわかった 統一的なDX戦略を持たないデジタルサイロ企業は北米以外では過半数を占める。北米では統一的な企業戦略に持つデジタルネイティブ企業の比率が52.5%を占める DXを成功させることにプレッシャーを感じている企業のCEOは北米で70.9%、欧州では61.8%を占めるが、日本、および日本を除くアジアのCEOでは48%台に...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ