調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:動画広告

データがいっぱい:動画広告

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。「動画広告」については、関連調査データもぐっと増えています。

2022年4月27日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

ニールセン・ビデオコンテンツ アンド アド レポート 2022(Nielsen Video Contents & Ads Report 2022)

...Home > ニュース > ニュースリリース > コネクテッドTVからの広告型インターネット動画視聴に着目した消費者とのコミュニケーション ~ニールセン、動画コンテンツと動画広告に関する視聴動向レポートを発表~2022/04/27 [データ] コネクテッドTVからの広告型インターネット動画視聴に着目した消費者とのコミュニケーション ~ニールセン、動画コンテンツと動画広告に関する視聴動向レポートを発表~視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(東京都港区、代表取締役社長 宮本...

2022年3月30日メディックス★★フィードバック数:0大型消費/投資

コロナ前後で、BtoB企業のWebマーケティングの割合は増加。ユーザの情報収集は、デジタルへシフト。 「2021年版アンケート調査」結果発表

...施状況・営業支援ツール(SFA)・顧客管理ツール(CRM)の利用状況・各種課題・マーケティングKPIなど、マーケティング業務従事者に、役立つ情報を深掘りした調査結果を紹介しています。そして、製品選定者(IT製品・製造製品)への調査資料では、・よく利用するビジネス系Webメディア(各フェーズごと)・社内稟議に必要となる情報、コンテンツ(各フェーズごと)・選定から落ちる理由(各フェーズごと)・企業向け(BtoB)動画広告について・企業向け(BtoB)動画広告に対するアクション・コロ...

2022年2月24日電通★★★フィードバック数:0マーケティング

2021年 日本の広告費

...い兆しをもたらした。◆インターネット広告費については、1996年からの実績について1997年に推定を開始して以来、継続的に高い成長率を維持し、2021年には2兆7,052億円、前年比121.4%となり、マスコミ四媒体広告費(2兆4,538億円、前年比108.9%)を初めて上回った。とりわけ映像系を中心に動画広告需要の高まりが顕著で、デジタルプロモーションの活用拡大も市場成長に寄与した。また、コロナ禍においては、その関連情報などをより幅広い層へ、より多くの方へ、過不足なく情報を伝える社会的需要が高まったことから、デジ...

2022年2月14日ICAフィードバック数:0マーケティング

【屋外ビジョンの印象って?】6割以上の方が“屋外ビジョンに流れる企業は信頼できる”と回答

...いった広告は見る気がなくても目に入りますよね。ニュースや風景映像の中に映り込むことも多く、巣ごもり生活を送る方でさえ間接的に目にする機会は多いでしょう。ああいった大がかりな屋外広告は、潤沢な広告費が使える大企業だけのものではありません。モニター式である大型屋外ビジョンであれば、印刷コストなどが発生しないため、はるかにフレキシブルな形での活用が可能です。広告といえば、最近はスマホなどのネット広告や動画広告が大きく伸長していますが、これらの広告については不快感を露にする方も徐々に増えてきているようです。また、緻密...

2022年1月27日電通グループ★★フィードバック数:0マーケティング

電通グループ、「世界の広告費成長率予測(2021?2024)」を発表

...4四半期は、主にFIFAワールドカップ・カタール大会などにより、同9.2%の成長を見込んでいます。媒体別に見ると、引き続き世界の広告費を牽引するデジタルは、動画広告、コネクテッドTV、プログラマティック、eコマースなどにより14.8%成長し、2022年の広告費全体に占めるデジタルの割合は、初めてテレビの割合(26.9%)の2倍以上となる、55.5%(4,080億米ドル)を見込んでいます。マス媒体では、テレビは3.8%の堅調な成長を見込む一方で、ラジオは成長率が鈍化して2.0%となり、新聞...

サイバーエージェント、2021年国内動画広告の市場調査を発表

...プレスリリース サイバーエージェント、2021年国内動画広告の市場調査を発表2021年の動画広告市場は4,195億円、昨年対比142%成長 2022年に5,457億円、2025年には1兆円規模に達すると予測 株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)は動画広告に特化した研究機関であるオンラインビデオ総研において株式会社デジタルインファクト(本社:東京都文京区、代表取締役社長:野下智之)と共同で、国内動画広告...

2021年12月10日VOYAGE GROUP★★フィードバック数:0マーケティング

PORTO、コネクテッドTVでのインストリーム動画配信において、ブランドリフト調査を実施

...PORTO、コネクテッドTVでのインストリーム動画配信において、ブランドリフト調査を実施~CTVで広告接触することがブランドイメージの向上に寄与、特に利用意向の醸成に効果あり~株式会社PORTO 株式会社CARTA HOLDINGSのグループ会社で、統合マーケティングプラットフォーム「PORTO(ポルト)」を運営する株式会社PORTO(東京都渋谷区、代表取締役:吉田 大樹)は、コネクテッドTVデバイス(以下「CTV」)へのインストリーム動画広告配信において、実ロ...

2021年12月8日Teads Japanフィードバック数:0マーケティング

アテンションエコノミー調査

...ロール速度が遅くなり、広告表示時間がインフィード型の広告と比較し高くなります(平均12.2秒)。下記、図1ではTeadsがソーシャルメディアの2倍のアテンションを集めているということを示しています。タイムインビューは、広告品質と視聴可能時間の双方に影響のある動画広告とディスプレイ広告の調査により検証されました。図1. 1000インプレッションあたりのアテンション獲得秒数・Social videoは、876アテンションsec(秒)獲得・inRead videoは1775アテンションsec(秒)を獲得 2. User...

2021年10月18日サイカ★★フィードバック数:0マーケティング

10月18日は「統計の日」。サイカが統計解析を 活用し、コロナ禍が広告に与えた影響を発表

...10月18日は「統計の日」。サイカが統計解析を活用し、コロナ... 10月18日は「統計の日」。サイカが統計解析を 活用し、コロナ禍が広告に与えた影響を発表~テレビCMや動画広告の費用対効果が向上~ 2021年10月18日は、統計の日です。この統計の日に合わせて、株式会社サイカ(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:平尾 喜昭、以下 サイカ)が提供する、統計解析を活用した広告ソリューション「ADVA(以下 アドバ)」により明らかになった「コロナ禍が広告に与えた影響」を発表します。新型...

2021年10月15日プルークスフィードバック数:0社会/政治

SDGs活動と発信実態に関する顧客調査

...を踏まえた新たな動画マーケティングサービスを模索し、支援を行ってまいります。その他、活用シーン別の動画事例についてはURLをご覧ください。調査概要:調査期間: 2021/7/1(木)~2021/8/15(火)調査方法: 企業のSDGs関連担当者によるアンケート調査分析調査対象: 従業員数100名以上の規模の企業担当者有効回答数: サンプル数83名株式会社プルークスについて:プルークスは、WebCM・PR動画・商品説明動画・採用動画・IR動画などさまざまな動画マーケティングを行う企業です。従来の広告代理店や制作会社と比較すると、オンライン動画広告...

2021年4月13日GLAPentertainmentフィードバック数:0エンタテインメント

一番勉強熱心だったのは20代女性?!YouTube利用実態、案件動画に対する考え方、縦長動画の視聴など、動画にまつわる最新ユーザーアンケートを実施!

...://glap-e.com/questionnairesurvey  YouTube視聴中の広告は「すぐさまスキップ派」が70%。ただ、「内容によっては見てしまうことがある」という回答も2~3割は見られる。「YouTube動画を閲覧中に出てくる動画広告についてどんな対応をしていますか?」という質問に対し、年齢差はありものの平均して7割が「すぐさまスキップする」と回答。最も低かったのは40代男性の61%であった。YouTubeで動画を見るシチュエーションとしては「動画に集中する」と「ながら見する」が最多。シー...

アライドアーキテクツ、「企業のTwitter活用実態調査 2021」を実施

...背景 新型コロナウイルス感染症の影響によって、日本の総広告費は前年比88.8%(※1)のマイナス成長に転じるなど企業の投資活動に大きな変化をもたらしました。しかし、インターネット広告は運用型広告のさらなる拡大や巣ごもり需要によるソーシャル広告や動画広告の増加により、前年比105.9%とプラス成長になりました。プラス成長の要因の1つとなったソーシャル広告媒体の中でもTwitterは、コロナ禍でさらに生活者の利用時間が増える(※2)など、以前にも増して社会的な影響力を持つプラットフォームとして、企業...

2021年3月24日Jストリームフィードバック数:0マーケティング

Jストリーム、コロナ環境下での動画の活用について企業担当者にアンケートを実施

...する独自のコンテンツ配信ネットワーク(CDN)を活用した動画配信に加え、これまで積み上げてきたノウハウを活かした動画の企画・制作・運用やWebサイト制作、システム開発、動画広告による収益化支援まで総合的なサービスとソリューションを提供することで、あらゆる企業活動における動画の活用を支援しています。 代表取締役社長 石松 俊雄(いしまつ としお) (1)ネットワークシステムにおける、動画データ及び各種情報の提供サービス業(2)ネットワークシステムを利用した会員情報管理、商取引、決済処理に関する受託業(3)デジタルコンテンツ、出版...

2021年3月15日電通★★フィードバック数:0マーケティング

2020年 日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析

...り、秋以降に回復の兆しが見られたものの前年を大きく下回る結果となりました。このような状況下で、「インターネット広告費」は新型コロナの影響を受けたものの成長を続け、「マスコミ四媒体広告費」に匹敵する2.2兆円規模、総広告費全体の36.2%の市場となりました。また、「インターネット広告費」から「インターネット広告制作費」および「物販系ECプラットフォーム広告費」を除いた「インターネット広告媒体費」は、運用型広告のさらなる拡大や巣ごもり需要によるソーシャル広告や動画広告の増加により広告費1 兆 7,567...

20歳~69歳の男女1000人に聞いた「動画広告の接し方に関する調査」

...弊社が独自で調査した市場調査レポートやリサーチに役立つホワイトペーパーを紹介いたします。 動画広告をきっかけに商品購入、2割弱! 企業・ブランドに好印象を抱く動画広告とは? 20歳~69歳の男女1000人に聞いた「動画広告の接し方に関する調査」 生活者起点のリサーチ&マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)では、世の中の動向をいち早く把握するために、独自で調査を行なっております。今回2020年12月23日(水)~2020年12月24日(木)の2日間、20歳...

2021年1月13日凸版印刷フィードバック数:0モバイル

電子チラシサービス「Shufoo!」、全国4.7万人に5Gと動画視聴の意識調査

...電子チラシサービス「Shufoo!」、全国4.7万人に5Gと動画視聴の意識調査 約4割がほぼ毎日動画を見る 動画広告を見て購入・検討したことがある人は約6割凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:麿 秀晴、以下 凸版印刷)と、凸版印刷のグループ会社である株式会社ONE COMPATH(ワン・コンパス、本社:東京都港区、代表取締役社長CEO:早川 礼、以下 ONE COMPATH)は、ONE COMPATHが運営する国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!(シュ...

忘年会事情を徹底調査

...ンは酒類メーカーの責任としてアルコールの有害摂取の根絶に向けて取り組んでおり、適切な飲み方として「スロードリンク®」を提唱しています。オンライン飲み会を適切に楽しむため、オリジナル啓発動画広告を制作し、オンライン飲み会あるある10選を紹介しながら、つい長くなりがちなオンライン飲み会での多量飲酒の危険性を訴え、適正な飲酒をより多くの方に普及し、実践していただくことを目的に展開します。オンラインでもお酒の時間をゆっくり楽しみ、誰かと語り合いながら、食事のおいしさを味わい、ほどよく飲んで、スマートに心地よく過ごす「スロードリンク®」。新しい生活様式に合わせたお酒の楽しみ方を、今後...

サイバーエージェント、2020年国内動画広告の市場調査を発表

...プレスリリース サイバーエージェント、2020年国内動画広告の市場調査を発表2020年の動画広告市場は2,954億円、昨年比114%の見通し 2021年に3,889億円、2024年には6,856億円に達すると予測 株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)は動画広告に特化した研究機関であるオンラインビデオ総研において株式会社デジタルインファクト(本社:東京都文京区、代表取締役社長:野下智之)と共同で、国内動画広告...

2020年11月27日サイカ★★フィードバック数:0マーケティング

Cookie等を用いたユーザー行動分析の 利用実態調査 2020年版

... MAGELLAN(アドバ マゼラン)に追加~テレビCMをはじめ中長期的なブランド価値向上効果を可視化~ 10月18日は「統計の日」。サイカが統計解析を 活用し、コロナ禍が広告に与えた影響を発表~テレビCMや動画広告の費用対効果が向上~ 10月18日は「統計の日」。サイカが統計解析を 活用し、コロナ禍が広告に与えた影響を発表~テレビCMや動画広告の費用対効果が向上~ サイカ、デジタル広告領域のパートナーとして フルスピードと業務提携ヘルスケア領域を中心に統合マーケティング支援を展開 サイカ、デジ...

2020年10月23日SMN★★フィードバック数:0マーケティング

SMN、国内コネクテッドテレビ広告市場調査を実施

...発生した新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛の影響を受けて、テレビ端末でのインターネット動画配信サービスの視聴需要は大幅に増加しました。これに伴いコネクテッドテレビ向けに配信される広告量も急増し、テレビ端末に配信されるデジタル広告の需要は高まりつつあります。■国内コネクテッドテレビ広告市場の今後2020年の国内コネクテッドテレビ広告市場は102億円、前年比1.6倍となることが見込まれます。動画広告におけるコネクテッドテレビ広告の比率は、今後も引き続き高い水準で増加することが予想されます。今後も、コネ...

2020年10月22日ジャストシステムフィードバック数:0ライフスタイル

CtoCサービス利用経験者のうち、「メルカリ」利用率が半数超え

...割が「見た目」を重視 セルフ型ネ... 調査結果サマリー 10代、20代の約4割が、「自分の部屋で、ビデオ通話」 普段、スマート... 調査結果サマリー 約7割の人は、消費増税後も、それほど支出控えをしない セルフ型ネットリサーチのFast... 調査結果サマリー 6割以上が「次の選挙に行こうと思う」 18、19歳のうち、今夏に予定されている参議院選... 調査結果サマリー 「カーシェアリング」が浸透中。自家用車を保有する世帯の6人に1人が会員 東京23区内在... 目次: 動画広告...

2020年10月21日ジャストシステムフィードバック数:0エンタテインメント

ゲーム実況動画の視聴後に、4人に1人は「そのゲームを購入した経験」

...ゲーム実況動画の視聴後に、4人に1人は「そのゲームを購入した経験」 動画&動画広告 月次定点調査(2020年8月度)~10代の「ゲーム実況動画」視聴経験者の半数が、「毎日、視聴」~株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『動画&動画広告 月次定点調査(2020年8月度)』の結果を発表します。本調査は、17歳~69歳の...

2020年10月21日P&Gフィードバック数:0キャリアとスキル

LGBTQ+の元就活生と考える、自分を偽らず、自分らしさを表現できる就活とは?

...クリエイティブは、ふたりのトランスジェンダーの元就活生の体験談をもとに制作しました。 新聞広告および新宿駅や渋谷駅にて展開する屋外広告、その後公開する動画広告、 LGBTQ+の元就活生の体験談を集めたWEBSITE等本日より、順次展開予定です。P&Gインターナショナル オペレーションズ シンガポール APAC ヘアケア フォーカス・マーケット シニア ブランド ディレクター 大倉 佳晃「画一的」「無個性」と表現されることの多い日本の就職活動。パンテーンは、これまで髪を通して、自分...

視聴環境が動画広告効果に及ぼす影響を脳波計測による感性評価技術で調査

...視聴環境が動画広告効果に及ぼす影響を脳波計測による感性評価技術で調査。美容室での動画広告視聴時の特徴は感性が豊かに反応を示す。 脳波計測による感性評価サービスを提供する株式会社 電通サイエンスジャム(東京都港区 代表取締役社長 神谷俊隆、以下DSJ)は、視聴環境の違いによるユーザーの動画広告への視聴態度の変化を脳波計測により検証し、その結果を公開しました。 ■動画広告市場の成長と視聴環境の多様化オンラインメディアの動画を使った情報発信や動画専用メディアの普及、イン...

2020年10月6日シネブリッジ★★フィードバック数:0マーケティング

シネアドCrossMedia調査レポート

...国内初のシネアド(映画館上映CM)を加えたクロスメディア調査において、シネアドは1回の接触でTVCMやデジタル動画広告を超えるブランドリフトがあることが立証されました。 1回の接触で「ミドルファネル」に大きな効果がある動画メディア=シネアド 株式会社シネブリッジ(代表取締役社長:長谷川学)と一般社団法人デジタルシネアド・コンソーシアム(代表理事:田中洋)は、合同会社カンター・ジャパン(CEO:ヴァルマ・シシール)が提供する調査手法 “CrossMedia Research ™ ※1” を用...

2020年9月8日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

動物動画は、4人に1人が「毎回、最後まで視聴」

...動物動画は、4人に1人が「毎回、最後まで視聴」 動画&動画広告 月次定点調査(2020年7月度)動物動画は、4人に1人が「毎回、最後まで視聴」視聴する動物動画は、圧倒的に「犬」と「猫」調査結果サマリー動物動画を視聴する人のうち、動物動画を「毎回、最後まで視聴する」人は22.9%でした。年代別で見てみると、10代(34.0%)、20代(37.6%)、30代(25.8%)、40代(16.0%)、50代(13.9%)、60代(10.8%)でした。10代では3割以上、20代では4割近くが、毎回、動物...

2020年7月28日レバレジーズフィードバック数:0キャリアとスキル要登録

就職活動におけるスマートフォンの活用と採用動画視聴に関するアンケート調査

就職活動におけるスマートフォンの活用と採用動画視聴に関するアンケート調査

...19日調査方法:インターネット調査回答者数:408人(男性157人、女性249人、その他1人)調査機関:レバレジーズ株式会社 キャリアチケットリサーチ株式会社プルークスプルークスリサーチ株式会社プルークスプルークスは、WebCM・PR動画・商品説明動画・採用動画・IR動画など様々な動画マーケティングを行う企業です。従来の広告代理店や制作会社と比較すると、オンライン動画広告に強みを持ち、クライアントの課題解決を目的として上流工程(設計・動画企画)から下流(動画制作・広告配信)までを1社で...

2020年6月30日ベーシック★フィードバック数:0マーケティング

新型コロナウイルスの感染拡大によるWebマーケティング活動の変化に関する調査

...ようなツールやサービスを取り入れたか、検討しているか」については、「Web接客ツール・チャットボット」(32.8%)「MAツール」(15.8%)「CRMツール」(12.8%)という回答になりました。 今後強化していきたい施策として「コンテンツマーケティング全般」(45.6%)「動画制作、動画広告配信」(40.0%)、「Webサイトコンテンツの拡充」(38.4%)の順の回答となりました。 ■分析コメント(株式会社ベーシック SaaS事業部 マーケティング部長 川鍋裕輔)今回全世界を襲った新型コロナウイルスの感染拡大によって、我々...

2020年6月25日サイカ★フィードバック数:0マーケティング

企業の広告宣伝担当者213人に聞いた Withコロナにおける広告戦略に関する調査

...投資を増やしたい広告媒体は「動画広告」、 マス広告全体への投資意欲が弱まる中、「テレビCM」のみ投資意欲が強まる 株式会社サイカ(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:平尾 喜昭、以下サイカ)は、独自の広告調査・研究レポートの第19弾として、「企業の広告宣伝担当者213人に聞いた Withコロナにおける広告戦略に関する調査」を実施いたしましたので結果を発表いたします。 昨今、新型コロナウイルスの感染拡大を契機として、外出機会の減少、コミュニケーション手段の変化、購買行動の変化など、消費...

2020年6月22日GumGum Japan★フィードバック数:0マーケティング

独自調査レポート: 脳科学が証明する、コンテキスト(文脈)と広告効果の因果関係

...フラウド)の除外、自由度の高いリッチなクリエイティブを提供しています。現在、北米・欧州・豪州をはじめ、世界各国で「Fortune 100」企業の広告活動を行っており、日本国内でも既に150社以上の企業の広告キャンペーンを実施しています。【Spark Neuroについて】SPARK Neuro(スパークニューロ)は脳科学と人工知能を融合し、動画広告やエンターテイメント領域におけるクリエイティブの効果を解析する、米国ニューヨーク発の脳科学マーケティング企業です。5年間の研究開発期間を経て、1秒間に6,000のデ...

2020年6月10日サイカ★フィードバック数:0マーケティング

企業の広告宣伝担当者207人に聞いた 動画広告の活用実態調査2020年版

...2年連続で7割以上が動画広告の投資対効果の高さを実感 投資強化意向は昨年より弱まるも、全体の拡大傾向は継続 株式会社サイカ(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:平尾 喜昭、以下サイカ)は、独自の広告調査・研究レポートの第18弾として、「企業の広告宣伝担当者207人に聞いた 動画広告の活用実態調査2020年版」を実施いたしましたので結果を発表いたします。これは、昨年実施した同調査の結果との比較により、企業における動画広告の活用実態の推移についてまとめたレポートです。 ●投資...

2020年6月4日GMOインターネット★★フィードバック数:0マーケティング

「マーケティング担当者に聞いた動画活用に関する意識調査」を実施

...ケティング担当者に聞いた動画活用に関する意識調査GMOリサーチが運営するアンケートサイト「infoQ byGMO」と、提携サイトのアンケート会員の合計5,638名にインターネットリサーチを実施<調査結果サマリー>■プロモーション活動におけるインターネット広告について、56.0%のマーケティング担当者が「重要性が増す」と回答。さらにその内の78.3%が、特に重要な広告の種別を「動画広告」とした。(表1)(※1)■動画広告の実施における課題や不安として、最も多いのが「視聴者が受けた印象について明確に知る術がない」(34.2%)であり、次に...

2020年5月29日ジャストシステムフィードバック数:0エンタテインメント

Twitterユーザーの半数以上に、「Twitter漫画」を読んだ経験

...のスマートフォンユーザー... 【記事要約】 この記事では、最近何かと話題な動画広告、中でもシェアが高いインストリーム広告、インフィード広告について「エン... 目次: 「働き方改革」が朝ドラにまで!? そもそも「働き方改革」とは? 現役世代に... 目次: 食×テクノロジー=フードテック フードテックが挑戦する4つのテーマ ... 目次: EXCELにAIが搭載される時代に AIとディープラーニ... 目次: ネットリサーチとは? ネットリサーチの活用方法 ネットリサーチ・サービス15選 まとめ ... 【記事...

2020年5月28日サイカ★★フィードバック数:0マーケティング

企業の広告宣伝担当者212名に聞いた 広告の効果測定方法に関するアンケート調査 2020年版

...ティング広告、動画広告、メール広告、SNS広告などが含まれます。*2: オフライン広告とは、インターネットを介さない広告のことで、テレビCM、ラジオ、新聞、雑誌、チラシなどが含まれます。 1. 広告効果測定に用いる分析手法 広告効果測定でデータ分析を実施している広告宣伝担当者に対し、広告効果測定に用いる分析手法について調査し、以下の結果を得ました。現在用いている分析手法としては、「過去の出稿額データに基づく前年度ベースでの判断(58.8%)」が最多となる一方で、今後用いたい分析手法としては統計モデル・AI・機械...

2020年5月14日Grill★フィードバック数:0マーケティング

企業のマーケティング・広告・広報担当者へ広告宣伝活動に関する緊急調査

...した方へ)5月以降の広告宣伝に関する方針を教えてください費用対効果の高い新しい動画広告サービス「グッテレ」本調査より、新型コロナウイルスの影響を受けて、多くの企業の広告担当者が費用対効果の高い、新しい広告手法の必要性を感じていることがわかりました。そこで、費用対効果が高い動画広告で、ニュース番組の観点で動画制作を行う新しい広告手法である、Grillの「グッテレ」をご紹介します。【特徴】 ① 完全リモートにも対応!ニュース番組のような取材動画を「グノシー」取材...

2020年4月28日AJA★★フィードバック数:0マーケティング

おうち時間の広がりで動画配信サービスの利用増加と視聴デバイスの多様化が加速、全国2万人にアンケート調査を実施

...おうち時間の広がりで動画配信サービスの利用増加と視聴デバイスの多様化が加速、全国2万人にアンケート調査を実施 テレビデバイスで動画を視聴するユーザーへ動画広告を配信する「INHOUSE VISION」を提供開始 株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)の連結子会社である株式会社AJA(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:野屋敷健太)は、新型...

2020年4月27日マイボイスコムフィードバック数:0ビジネス

インターネット広告に関するアンケート調査(第3回)

...インターネット広告に関するアンケート調査(第3回) ■直近1年間に表示されたインターネット広告は、「バナー広告」が8割強、「動画広告」が6割弱、「コンテンツや記事間の広告」「動画サイトの、スキップできる動画広告」が各4~5割。■直近1年間に広告表示された人のうち、内容を読む人は4割弱。■直近1年間にインターネット広告が表示された人のうち、「広告を閉じた」「広告を間違えてクリックした」「広告をクリックした(意図的に)」が3~4割。■インターネット広告について「気になるものや興味がある・面白...

2020年4月23日サイカ★★フィードバック数:0マーケティング

企業の広告宣伝担当者200人に聞いた テレワークによる広告出稿業務への影響実態調査

...分野において急成長を続けているITプロダクト開発企業です。創業当時より「分析のプロ」ではなく「現場のプロ」であるビジネスパーソンをユーザー対象としており、その独自戦略のもとに鍛え上げられた、プロダクトの操作性と直観性が高く評価されてきました。インターネット広告(リスティング広告、動画広告など)、テレビCM、交通広告など多種多様な広告の効果を統合的に分析し、広告予算の最適な配分案を算出することで、企業の全体最適なマーケティング活動を支援する広告効果分析ツール。国内No.1のMMMツールとしてテレビCMを出...

2020年4月21日ジャストシステムフィードバック数:0社会/政治

6割以上が、「リモートワーク導入を発表した企業に対して、印象が良くなった」

...ートフ... 調査結果サマリー 3人に1人が「情報銀行」を認知。利用率は7.1% 消費者が自身の行動履歴や... 調査結果サマリー スマートフォン利用後のテレビ視聴時間の減少を、10代では49.4%が認識 スマートフォ... 調査結果サマリー 約8割が「5G」を認知。この1年で、認知度が大幅向上 スマホユーザーのうち... 目次: 民泊新法で民泊市場に安心して参入可能に 民泊が注目される背景 民泊新... 【記事要約】 この記事では、最近何かと話題な動画広告、中でもシェアが高いインストリーム広告、イン...

2020年4月20日ジャストシステムフィードバック数:0社会/政治

リモートワークに関する実態調査

...ートフ... 調査結果サマリー 3人に1人が「情報銀行」を認知。利用率は7.1% 消費者が自身の行動履歴や... 調査結果サマリー スマートフォン利用後のテレビ視聴時間の減少を、10代では49.4%が認識 スマートフォ... 調査結果サマリー 約8割が「5G」を認知。この1年で、認知度が大幅向上 スマホユーザーのうち... 目次: 民泊新法で民泊市場に安心して参入可能に 民泊が注目される背景 民泊新... 【記事要約】 この記事では、最近何かと話題な動画広告、中でもシェアが高いインストリーム広告、イン...

2020年4月20日ジャストシステムフィードバック数:0ライフスタイル

動画&動画広告月次定点調査 2019年総集編

...動画配信サービス利用率首位は、「Amazonプライム・ビデオ」が2年連続 動画&動画広告月次定点調査 2019年総集編【トレンドトピック版】動画配信サービス利用率首位は、「Amazonプライム・ビデオ」が2年連続10代、20代の「Instagram」ユーザーの約6割に、「ストーリーズ」投稿経験調査結果サマリー 2019 年 11 月度調査において、月額制動画配信サービスを利用している人は 24.1 %でした。 現在、利用している月額制動画配信サービスを...

2020年3月31日ByteDanceフィードバック数:0マーケティング

<TikTok Ads初のクリエイティブリサーチ> TikTokで高い広告効果を生む、4つの法則を発見

...完了率のいずれも高くなることが確認されました。3秒再生率に至っては30%を超えています。これからもTikTok Adsは、さまざまな角度から調査、分析を行い、より効果的かつ効率的な広告メニューとクリエイティブの提供に取り組んでまいります。※1:「Top View+縦型全画面動画無償編集」パッケージプランTikTokアプリ起動画面をジャックする音声付き全画面動画広告「Top View」の広告枠に、縦型全画面動画への無償編集サービスをプラスしたパッケージプランです。(2020年6月末までの期間限定)<ブランドリフト調査(自社調査)概要>調査...

2020年3月11日電通★★フィードバック数:0マーケティング

「2019年 日本の広告費」

...に続きブランドセーフティを意識する広告主からのニーズが高かった。また、コンテンツ配信などソーシャルメディア事業社との協業もみられ、新しい試みが始まっている。新聞コンテンツのサブスクリプションモデル拡充など、デジタル事業の変革も進行中。 ・雑誌デジタル 405億円 (同120.2%) デジタル領域での事業拡大に伴い伸長。特に良質なコンテンツを背景に、タイアップ広告、動画広告などが大きく拡大。また出版社は、デジタル起点の新事業(インフルエンサーの育成、コンテンツスタジオ設立、スタートアップ企業との協業など)も積極的に進めている。 ・ラジオデジタル 10億円 (同...

2020年1月28日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

YouTube「バンパー広告」視聴経験者の25.2%に、その「商品の検索」経験

...YouTube「バンパー広告」視聴経験者の25.2%に、その「商品の検索」経験 動画&動画広告 月次定点調査(2019年12月度)YouTube「バンパー広告」視聴経験者の25.2%に、その「商品の検索」経験年末年始、動画視聴のデバイスとして「テレビ」「スマートフォン」がほぼ同率調査結果サマリー YouTube で、スキップできない、6 秒以下の短い動画広告(バンパー広告)を視聴したことがある人のうち、バンパー広告の視聴後、「その商品・サービスを検索したことがある」人は24.1 %、「広告...

2019年12月27日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

最も使われている月額制動画配信サービスは「Amazonプライム・ビデオ」

...最も使われている月額制動画配信サービスは「Amazonプライム・ビデオ」 『動画&動画広告 月次定点調査(2019年11月度)』 ~月額制動画配信サービス利用者の4割が、有料サービスを複数利用~株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『動画&動画広告 月次定点調査(2019年11月度)』の結果を発表します。本調...

2019年12月13日サイカ★フィードバック数:0マーケティング

テレビCMを出稿する企業の広告宣伝担当者100人に聞いた  テレビCMに対する価値評価 2019年版

...テレビCMを出稿する企業の広告宣伝担当者100人に聞いた テ... テレビCMを出稿する企業の広告宣伝担当者100人に聞いたテレビCMに対する価値評価 2019年版50%以上がテレビCM投資増、動画広告と比較し期待効果に乖離が生じる結果に株式会社サイカ(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:平尾 喜昭、以下 サイカ)は、独自の広告調査・研究レポートの第14弾として、「テレビCMを出稿する企業の広告宣伝担当者100人に聞いた テレビCMに対する価値評価 2019年版」を実...

2019年11月28日サイカ★★フィードバック数:0マーケティング

企業の広告宣伝担当者100人に聞いた Cookie等を用いたユーザー行動分析の利用実態調査 2019年版

...独自戦略のもとに鍛え上げられた、プロダクトの操作性と直観性が高く評価されてきました。インターネット広告(リスティング広告、動画広告など)、テレビCM、交通広告など多種多様な広告の効果を統合的に分析し、広告予算の最適な配分案を算出することで、企業の全体最適なマーケティング活動を支援します。2016年9月の提供開始以来、テレビCMを出稿する国内大手企業を中心に100社以上の企業に導入され、国内の広告宣伝費トップ100企業(*5)の10%の企業で広告分析にマゼランが利用されるなど、高い評価を得ています。1 インターネット広告とは、イン...

2019年11月22日Macbee Planet★★フィードバック数:0マーケティング

最も購入動機となるSNSは「YouTube」で3割 10~20代は「Instagram」が6割と最多

...商品自体が実際どんなものなのか」がわかるかどうかが考慮されていました。当社が以前実施したWeb広告への意識調査では、Web広告に対してネガティブな意識を持つ人は約9割に上り、その中でも動画広告に対して不快感を感じる人が大半を占めました。その一方で他の投稿と同じように表示されるSNSのインフィード広告へ不快感を表す人はその他選択肢4つのうち最も少ないという結果になりました。今回の調査結果と前回の調査結果を踏まえると、動画広告は煙たがられるものの、SNSの投稿は不快感を生みにくい上、自ら望んで見るSNSの投...

2019年11月5日アドビ システムズ★★フィードバック数:0ライフスタイル

アドビ、今年のホリデーシーズンに米国オンライン売上高の総額が1430億ドルになると予測

...月に表示された32億件を超えるデスクトップ向け動画広告のインプレッションをAdobe Advertising Cloudで分析し、広告に関するインサイトを生成しています。付属の調査は、2019年10月に1,000人を超える米国の消費者を対象にした調査に基づいています。関連リンクAdobe Analyticsの2019 Holiday Shopping Predictions full report(2019年ホリデーシーズンショッピング予測)全レポート(英語):https...

2019年10月16日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

自分に合う動画広告が配信されるのは、「Instagram」

...自分に合う動画広告が配信されるのは、「Instagram」 『動画&動画広告 月次定点調査(2019年9月度)』~動画広告の配信頻度が高いと感じるメディアは、「YouTube」~株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『動画&動画広告 月次定点調査(2019年9月度)』の結果を発表します。本調査は、17歳~69歳の...

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お知らせ