調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:サイバーセキュリティ

データがいっぱい:サイバーセキュリティ

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。「サイバーセキュリティ」については、関連調査データもぐっと増えています。

2020年8月25日エフセキュアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

エフセキュア、家庭用スマートデバイスの認識調査レポートを発表

...) エフセキュアほどサイバーセキュリティを熟知している企業は市場に存在しません。1988年の設立以来、エフセキュアは30年以上にわたりサイバーセキュリティの技術革新を牽引し、数千社の企業と数百万人のユーザーを守ってきました。エンドポイントの保護と脅威の検出・対応において他企業を圧倒する実績を持つエフセキュアは、巧妙なサイバー攻撃やデータ侵害からランサムウェアの感染の蔓延までを含む、あらゆる脅威から企業と個人ユーザーを保護します。エフセキュアの先進テクノロジーは、機械学習の力と世界的に有名なセキュリティ...

2020年7月29日シスコシステムズ★★フィードバック数:0社会/政治

シスコ、中小企業のデジタル化により、アジア太平洋地域は2024年までに景気回復と予測

...の継続性と回復力を確保するためにテクノロジーへの依存度が高まっています。中小企業は業務、運営、顧客対応を再考する際に、まずクラウドサービスやサイバーセキュリティーに注目し、さらに顧客体験、ビデオ会議、AI/アナリティクスソリューションに対する注力も強化しています。市場環境が急激に変化しテクノロジーが急速に進化する中、中小企業は技術投資を最大化しデジタル化を成功に導くため、適切な業界パートナーと連携する必要があります」今年の調査は、同地域の中小企業におけるデジタル技術の普及状況に関する2019年の「SMB Digital Maturity Index」に続...

2020年7月1日IDC★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2019年下半期 国内情報セキュリティ市場予測を発表

...アプライアンス市場」の「セキュリティ製品市場」と「セキュリティサービス市場」のセグメントに分類して調査/分析を行っています。2019年の国内情報セキュリティ製品市場はサイバーセキュリティ基本法やマイナンバー制度に伴うマイナンバー法、改正個人情報保護法といった法規制によって、企業における情報セキュリティ対策への責務が重くなっている中、身代金要求型のランサムウェア攻撃や、メモリー上で実行するファイルレスマルウェア攻撃、ウイルスへの感染を狙う攻撃メールといった高度なサイバー攻撃が増加していることから、セキュリティ...

2020年6月25日adjust★フィードバック数:0マーケティング

Adjust、2020年モバイルショッピングアプリレポート発表

...です。モバイルエコノミーの中心で創設され、テクノロジーへの情熱により大きな成長を遂げたAdjustは、全世界で16のオフィスを構えています。Adjustのプラットフォームは、モバイル計測、不正防止、サイバーセキュリティ、そしてマーケティングオートメーションソリューションを提供しています。マーケティング活動をよりシンプルでスマート、さらに安全なものにすることで、データ主導のマーケターが世界で最も成功した事業を推進できるよう支援します。AdjustはFacebook、Twitter、Google、LINE...

2020年6月13日IDCフィードバック数:0ビジネス

国内コンサルティングサービス市場予測を発表

...グニティブ/AIシステム、サイバーセキュリティなどの導入/活用に関わる「デジタル関連ビジネスコンサルティング」市場は、2019年に前年比36.3%増の967億円になったとIDCではみています。DXにおける変革範囲の拡大を通じ案件当たりの規模が拡大し、戦略や業務改善といったサービスラインを横断する形でデジタル関連ビジネスコンサルティングへの支出を拡大しました。COVID-19がもたらすさまざまな社会環境の変化への対応は、企業におけるDXおよびデータ駆動型ビジネスへの転換を促進する方向に作用するとIDCでは...

コロナ禍の影響下におけるM&Aに関するアンケート

...ープを構成する、HRプラットフォームやHR SaaS事業を運営する株式会社ビズリーチ、事業承継M&AやSales Tech、サイバーセキュリティ等の新規事業開発を担うビジョナル・インキュベーション株式会社、物流DXプラットフォームを運営するトラボックス株式会社などを通じて、日本の生産性向上を支える。参照URL:https://visional.inc...

CompTIA米国本部 テクノロジーとワークフォースに関する国際的な動向レポートを発表

...International Trends in Technology and Workforce(テクノロジーとワークフォースに関する国際的な動向)調査は、複数の国におけるテクノロジーの導入やワークフォースの動向に関する情報を収集し共有するために実施されました。この調査の主なトピックは、企業での優先順位、新興テクノロジーやサイバーセキュリティを含むテクノロジーの認識、アウトソーシング、ワークフォースとスキルギャップ、専門性開発に関する戦略、仕事の未来についてです。定量的調査は、2019年8月に...

2020年3月17日エフセキュアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2019年下半期の攻撃トラフィックレポート

...セキュアについてエフセキュアほど現実世界のサイバー脅威についての知見を持つ企業は市場に存在しません。数百名にのぼる業界で最も優れたセキュリティコンサルタント、何百万台ものデバイスに搭載された数多くの受賞歴を誇るソフトウェア、進化し続ける革新的なセキュリティ対策に関するAIテクノロジー、そして「検知と対応」。これらの橋渡しをするのがエフセキュアです。当社は、大手銀行機関、航空会社、そして世界中の多くのエンタープライズから、「世界で最も強力な脅威に打ち勝つ」という私たちのコミットメントに対する信頼を勝ち取っています。グローバルなトップクラスのチャネルパートナー、200社以上のサービスプロバイダーにより構成されるネットワークと共にエンタープライズクラスのサイバーセキュリ...

2020年3月5日デル★フィードバック数:0企業情報システム

デル テクノロジーズ、約1,300社の中堅企業を対象にした 「IT投資動向調査」の最新結果と新たに5つの支援施策を発表

...・ストレージソリューションを体感いただけるデモ・ハンズオンセッションに加え、ITコストのROI最適化、働き方改革、社内プロセスの標準化、サイバーセキュリティーの見直しなどの勉強会やセミナーを東京(三田)、名古屋、大阪、博多を中心に開催します。バーチャル オープンオフィス(オンラインコンテンツ):会社を離れることが難しいひとり情シスの方や広域に展開する企業のIT担当者の方々を対象にWebを通じた技術セッションやデモの動画配信、ホワ...

2020年1月30日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

CVE-2020-0601でわかるMSのTLS証明書検証プロセスについて

... Blogの抄訳です。原文:What CVE-2020-0601 Teaches Us About Microsoft’s TLS Certificate Verification Process 運営会社情報 マカフィーは世界最大規模の独立系サイバーセキュリティ企業です。業界、製品、組織、そして個人の垣根を超えて共に力を合わせることで実現する、より安全な世界を目指し、企業そして個人向けのセキュリティソリューションを提供しています。...

チェック・ポイント・リサーチ、TikTokに複数の脆弱性を発見

...チェック・ポイント・リサーチ、TikTokに複数の脆弱性を発見 住所やメールアドレスなどの個人情報漏えいリスク 包括的なサイバーセキュリティソリューションプロバイダーであるチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ(Check Point Software Technologies Ltd.、NASDAQ: CHKP、以下チェック・ポイント、https://www.checkpoint.co.jp/)の脅威インテリジェンス調査部門であるチェック・ポイント・リサーチ(Check Point...

【ヘイズトレンド予測2020】2020年求人増加が見込まれるホットな職種トップ10

...的に育成可能なジュニアレベルのエンジニアを採用しようとする企業も多く、キャッシュレス決済に不可欠なサイバーセキュリティの専門家も求められます。AI技術者の需要がさらに増加さまざまな業界でAI、ロボティクス、機械学習、自動化のスキルや知識を持ったIT人材を採用しようとしています。新たな技術を最大限に活用できるよう、企業が自らの組織変革に取り組む姿勢が、こうした傾向を大きく後押ししていると考えられます。エンジニアの増員に加えて、ビジネスアナリスト(BA)、プロジェクトマネージャー(PM)、さらにプロジェクト全体をまとめてIT環境...

2019年12月23日Webrootフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ウェブルート「最も危険なマルウェア2019」を公表

...ウェブルート「最も危険なマルウェア2019」を公表最も悪質な脅威としてランサムウェアやフィッシング、ボットネットが浮上 10年以上にわたるAI(人工知能)/機械学習を用いたセキュリティサービスで、業界をリードするウェブルート株式会社 (本社:東京都港区、 代表取締役社長:伊藤 誉三、以下:ウェブルート)は 今年で3年目となる「最も危険なマルウェア2019」を公表、2019年最悪のサイバーセキュリティ脅威に光を当てています。最大...

フォーティネット、高度なAIと脅威インテリジェンスへの対抗策が進化し、サイバー犯罪者の優位性に変化をもたらすと予測

...行機関との緊密な連携サイバー犯罪には国境がないとはいえ、サイバーセキュリティにはプライバシーやアクセスなどに関連した固有の要件があります。この要件に対応するために、法執行機関はグローバルな司令部の設置のみならず、民間企業との連携を始めることでサイバー犯罪のリアルタイムでの特定と対応へと一歩近付いています。さまざまな法規制や公共機関 / 民間企業の関係強化は、サイバー犯罪の特定と対応に役立ちます。国際的、そして地域の法執行機関、政府、企業、セキュリティエキスパートの間に存在するギャップの解消に向けた統合的なアプローチは、迅速で安全な情報交換を推進し、重要...

2019年12月4日NTTデータフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

サイバーセキュリティに関するグローバル動向四半期レポート(2019年7月~9月)を公開

...サイバーセキュリティに関するグローバル動向四半期レポート(2019年7月~9月)を公開 株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、2019年7月から9月のサイバーセキュリティに関するグローバル動向について調査を実施し、セキュリティ被害の抑止を目的に調査結果を公開します。 レポート概要NTTデータでは、お客さまやNTTデータグループ内でのセキュリティ被害抑止を目的に、ニュースリリースやWeb、新聞、雑誌等の公開情報を収集し、セキュリティに関するグローバル動向を調査しています。この...

2019年11月19日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

セキュリティ製品およびサービスの堅調な成長を予測

...、セキュリティ関連ハードウェア、ソフトウェア、サービスに対する全世界の支出額は、前年比10.7%増の1,066億ドルとなる見通しです。この支出額は2023年には1,512億ドルに達し、2019年から2023年までの年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は9.4%と予測されています。「サイバーセキュリティ製品市場は成長を続けています。信頼に対する経営幹部レベルの強い関心が、この成長をさらに加速させる要因となっています。今日の新たな信頼環境では、セキュリティ...

2019年10月25日ガートナーフィードバック数:0企業情報システム

ガートナー、世界のCIO 1000人以上を対象にしたサーベイ結果を発表

...決定を行う優れた手腕を持っています。この適応能力が、本サーベイへの回答者を「適合した企業」と「不適合な企業」に分けた、3番目に大きな違いです。適合した企業は、競合する優先課題の間でトレードオフを行い、ビジネス成果に違いをもたらすITへの支出額を増やしています。対照的に、不適合な企業は業務運営の効率化にIT予算を注ぎ込んでいます。2020年におけるCIOの優先課題はサイバーセキュリティ、AI、RPAITを使って競争力を向上させている適合した企業では、サイバーセキュリティの能力、人工知能 (AI)、ロボティック・プロセス・オー...

2019年10月18日Adjustフィードバック数:0モバイル

Adjustが「モバイル成長マップ」レポートを発表

...リマーケティング担当者がビジネスの範囲を広げ、成功への道を開く一助となるよう、グローバル市場の成長の可能性を提示しています。adjust株式会社 会社概要Adjustは、モバイル計測、不正防止、そしてサイバーセキュリティにおける業界リーダーです。モバイルエコノミーの中心で創設され、テクノロジーへの情熱により大きな成長を遂げたグローバル企業であるAdjustは、現在、全世界で15のオフィスを構えています。マーケティング活動をよりシンプルでスマート、さらに安全なものにすることで、デー...

2019年9月24日チェク・ジャパン★フィードバック数:0マーケティング

次世代アドテクノロジー企業CHEQ 2019年、日本におけるオンライン広告詐欺の被害総額は、少なくとも680億円に上ると予測

...次世代アドテクノロジー企業CHEQ 2019年、日本におけるオンライン広告詐欺の被害総額は、少なくとも680億円に上ると予測 ミリタリーレベルのサイバーセキュリティを提供する企業CHEQ AI Technologies Ltd(以下CHEQ)が実施した世界的な経済調査によると、マーケティング担当者たちは、日本においてオンライン広告詐欺における被害総額が680億円に上ると予測していることが分かりました。CHEQは、ボルチモア大学の教授であるエコノミスト、ロベルト・カバゾス氏に依頼し、最新...

2019年7月31日矢野経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

FX(外国為替証拠金取引)の動向調査を実施(2018年)

...感は拭えないが、一方で景気拡大の恩恵を受け、市場(預かり証拠金残高)は依然として堅調であった。(図2参照)業界各社は、決済リスク管理体制強化への対応に加え、マネーロンダリング対策やサイバーセキュリティ対策などの法整備、AIを活用した業務・サービス提供に注力し、収益安定化や財務基盤の強化に努めることが急務となる。(図1参照)3.将来展望FX業界各社では、顧客本位の業務運営を図りつつ、顧客基盤の拡大・強化、既存顧客の定着率や稼働率のアップ、情報系サービス・取引...

2019年7月24日adjust★★フィードバック数:0マーケティング

AdjustとLiftoffがショッピングアプリに関する共同調査を発表

...1月には、サイバーセキュリティならび人工知能の開発を専門とした「Unbotify」を買収しました。続いて、2月にはアドウェイズ社と戦略的パートナーシップを締結しました。これらの活動は、広告主のマーケティング活動を一元化して最高級の製品を構築するという、 Adjust の企業目標への取り組みの一部として実現されました。2012年に独・ベルリンで設立されたAdjustは東京、ベルリン、サンフランシスコ、ニューヨーク、パリ、北京、上海、テルアビブ、ソウル、シンガポール、ムンバイ、サンパウロなど世界15...

2019年7月22日チェク・ジャパン★★フィードバック数:0マーケティング

次世代サイバーセキュリティ企業CHEQ、3分の2に近い広告主が、「既存のブランドセーフティツールは適切に機能していない」と告白

...次世代サイバーセキュリティ企業CHEQ、3分の2に近い広告主が、「既存のブランドセーフティツールは適切に機能していない」と告白 ブランドマーケティング担当者たちは、十分なリーチに達しない場合、ソリューションの使用を控えると語っています。 ニューヨーク(2019/6/10)―――ミリタリーレベルのサイバーセキュリティを提供する企業CHEQ AI Technologies Ltd(以下CHEQ)とWebメディア出版社Digidayの調査により、ほぼ...

2019年5月28日Cylanceフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

セキュリティ担当者8割強が、AIセキュリティに効果があると回答

...タリオ州ウォータールー– 2019年3月27日 – BlackBerry Limited(NYSE:BB;TSX:BB)の事業部門であるBlackBerry Cylanceは、SANS Instituteに委託して行った世界規模の人工知能(AI)セキュリティ調査の結果を発表しました。調査対象のサイバーセキュリティ担当者の85%が「AIを活用したセキュリティは今まで以上に効果がある」と考えていることが明らかになりました。この結果は、IoT(モノのインターネット)で大量のデータが収集・分析されていることを受けています。企業および政府機関のセキュリティ...

2019年5月24日Adjust★フィードバック数:0マーケティング

Adjust Global App Trends 2019レポート

...社以上のトップパブリッシャーを始め、マイクロソフト、Zynga、Spotifyといったグローバルブランドを含む25,000以上のアプリで、パフォーマンス向上のためにAdjustのソリューションが導入されています。Adjustは、2018年12月に、マルチキャンペーン管理プラットフォーム「Acquired.io」、2019年1月には、サイバーセキュリティならび人工知能の開発を専門とした「Unbotify」を買収しました。続いて、2月にはアドウェイズ社と戦略的パートナーシップを締結しました。これ...

2019年5月20日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

アクセンチュア最新調査――拡張現実が急速に普及する中、没入型技術の責任あるデザインと展開が急務に

...したリスクは既存のテクノロジーによって経験してきたものよりはるかに大きなものになるであろうと指摘しています。新たなリスクには次のようなものがあります。個人情報の悪用:個人情報やソーシャルメディア上の行動履歴だけでなく、人の感情や行為、判断までもがサイバー犯罪によって盗まれたり、改ざんされたりするリスクをもたらす可能性があります。フェイク体験:没入型の体験を通じて得たニュースや情報は、事実とフィクションを切り離すことが困難になり、事実ではない体験が人の行動や意見、意思決定に大きな影響を与えやすくなります。サイバーセキュリティ:サイバー上の分身であるアバターを使ってIDに関...

2019年3月20日日本損害保険協会フィードバック数:0大型消費/投資

サイバー保険に関する調査2018

...「サイバー保険に関する調査2018」を発表=サイバー攻撃対象... 「サイバー保険に関する調査2018」を発表 =サイバー攻撃対象への危機意識、 大企業79%に対して中小企業25.1%と低調=一般社団法人 日本損害保険協会(会長:西澤 敬二)は、サイバーセキュリティやサイバー保険に関するアンケート調査を実施し、国内の企業1,113社からの回答結果「サイバー保険に関する調査2018」を発表します。当協会では、企業のサイバーセキュリティ...

2019年2月22日NTTデータフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

サイバーセキュリティに関するグローバル動向四半期レポート(2018年10月~12月)

...サイバーセキュリティに関するグローバル動向四半期レポート(2018年10月~12月)を公開 株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、2018年10月から12月のサイバーセキュリティに関するグローバル動向について調査を実施し、セキュリティ被害の抑止を目的に調査結果を公開します。 NTTデータでは、お客さまやNTTデータグループ内でのセキュリティ被害抑止を目的に、ニュースリリースやWeb、新聞、雑誌等の公開情報を収集し、セキュリティに関するグローバル動向を調査しています。この...

2019年1月22日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

数字で振り返る2018年のサイバー脅威

...にわたる調査や経験に基づいて作成するものです。GReATは、Kaspersky Labで研究開発に携わる中核部門として、脅威に関する情報収集、調査研究およびその成果発表などの活動を通じ、社内および業界をリードしています。※2 上記統計情報はすべて、Kaspersky Security Network(以下KSN)で取得されたものです。KSNは、世界各地の数百万人の任意のカスペルスキー製品ユーザーから取得したサイバーセキュリティ関連のデータを高度に処理する、クラウドベースの複合インフラストラクチャです。 KSNは取...

2019年1月11日CrowdStrikeJapanフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

CrowdStrikeサイバーセキュリティ侵害調査報告書2018

...2018年のセキュリティ侵害の傾向を明らかにした「CrowdStrikeサイバーセキュリティ侵害調査報告書2018」、企業の検知能力の低さを警告 攻撃者グループの攻撃手法やテクニックのインサイト、インシデントレスポンスの状況分析およびベストプラクティスをも併せて提供 米国時間2018年12月11日にCrowdStrike, Inc.が発表したプレスリリースの抄訳ですカリフォルニア州サニーベール - 2018年12月11日 - クラ...

2018年12月27日ウェブルートフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

最も危険なマルウェア2018

...ウェブルート「最も危険なマルウェア2018」を発表 ~今年大きな被害をもたらしている攻撃性のある不正コードやマルウェアとは ~ セキュリティソフトをグローバルで展開し、セキュリティ業界をリードするウェブルート株式会社 (本社:東京都港区、 代表取締役社長:伊藤 誉三、以下 ウェブルート)は、企業団体・一般ユーザーのいずれにも有害となるマルウェアや攻撃性のある不正コードを紹介する最新版レポート 「最も危険なマルウェア2018」を発表いたします。脅威は常に進化しており、サイバーセキュリティ...

2018年12月27日キャリコネフィードバック数:0キャリアとスキル

コンサルタントの残業が少ない企業ランキング

...バイザリーのチームは案件に左右されるため、忙しさは人によって異なる。ただ、うちの法人は上流が中心で、ものづくりを直接しないため、激務になることはほとんどないと思う」(コンサルタント/30代後半男性/年収1000万円/2015年度)2位:EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング(残業43.3時間/月)――「自動車・運輸」「銀行・証券」など業種別の専門家と「保険数理」「サイバーセキュリティ」など課題別の専門家が連携してチームを組み、コンサルティングを行う「基本的にクライアント先常駐のため、クラ...

2018年のサイバー脅威の振り返りと2019年の予測

...した情報だけでは本人確認が成功しないようにしましょう。 文字列パスワード以外の認証方式が普及することにより、攻撃者にとっては認証を悪用する難易度があがり、別の攻撃手法に移らなければならないようになります。日本以上に厳格な規制と罰則を持つEU一般データ保護規則(GDPR)や中国のサイバーセキュリティ法など、今後も多くの国や地域で個人情報保護規則が施行される可能性があります。企業は、文字列パスワード以外の認証方式を追加提供し、収集する個人情報の利用方法を規約で明文化し、必要かつ最低限の情報に限定して収集を行い、こう...

2018年12月25日フォーティネットフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ホリデーシーズンが近づくにつれてモバイルマルウェア攻撃が増加

...デーシーズンが近づくにつれてモバイルマルウェア攻撃が増加 フォーティネットの脅威レポートで、4分の1以上の組織がモバイルマルウェア攻撃を経験したことが明らかに統合型かつ自動型の広範にわたるサイバーセキュリティソリューションの世界的リーダーである、フォーティネット(Fortinet®、NASDAQ:FTNT)は本日、最新のグローバル脅威レポートの研究結果を発表しました。この調査では、脅威が増大しているだけでなくより高度に進化していることが明らかになっています。脅威の亜種やファミリーが新たに登場する一方で、組織へのボットネットの感染も続いています。エク...

2018年12月20日ビズリーチフィードバック数:0キャリアとスキル

求人検索エンジン『スタンバイ』 急増求人ワード2018

...タル化コンサルティング」「ITコンサルタント」「IoT推進」「AI導入」「サイバーセキュリティコンサルタント」などが多く見られます。■建設業界、物流業界が人手不足「誘導」(パート・アルバイト5位)からは交通誘導員、「施工」(正社員14位)からは施工関連の求人が多いことがわかり、建設業界の人手不足が、「検品」(パート・アルバイト7位)、「梱包」(パート・アルバイト12位)、「ドライバー」(パート・アルバイト18位)という単語からは物流業界の人手不足がうかがえます。■正社員、パート・アル...

2018年12月17日CompTIAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2018年サイバーセキュリティの動向調査

...CompTIA、2018年サイバーセキュリティの動向調査を実... CompTIA、2018年サイバーセキュリティの動向調査を実施アメリカ企業における最新のセキュリティトレンドを発表 ~最新トレンドは社内外での効果的な セキュリティチームの構築すること~ワールドワイドで100ヵ国以上の国と地域で取得されている認定資格を提供するCompTIAは2018年サイバーセキュリティの動向調査を実施し、アメリカ企業における最新のセキュリティトレンドを発表いたしました。(米国は9月発表)全文は、こち...

2018年ビルのエネルギー効率に関する調査結果

...は極めて高いと答えた日本の組織の割合は56%で、今後10年以内にオフグリッドで操業できる施設を1件以上持つ可能性が非常に高い、または極めて高いと答えた日本の組織の割合は45%で20ヵ国中15位に留まりました。調査では、これらのエネルギー効率化を実現する技術として、IoT(90%)、データ分析/機械学習(90%)、サイバーセキュリティ(88%)の活用が調査国において高い注目を集めていることがわかりましたが、これらのエネルギー効率化投資を阻む最大要因には「プロジェクトを評価、実施するための技術的な専門知識の不足」が挙...

2018年12月10日ウェブルートフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ウェブルート脅威レポート中間アップデート

...増加しました。2018年上半期は、フィッシング攻撃の際の偽装企業としてGoogleに代わってDropboxがトップになりました。フィッシングメールの17%を占めています。企業のDropboxにアクセスされると、銀行などの口座や個人情報、企業の知的財産といった消費者やビジネスの機密データが暴露されるだけでなく、暗号キーもさらされ、ミッションクリティカルで機密性の高いデータが大量に漏洩する危険性があります。 企業がセキュリティ意識を高めるプログラムの必要性を理解し始めている2018年のサイバーセキュリティ...

2018年11月7日NTTデータフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

サイバーセキュリティに関するグローバル動向四半期レポート(2018年7月~9月)

...サイバーセキュリティに関するグローバル動向四半期レポート(2018年7月~9月)を公開 株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、2018年7月から9月のサイバーセキュリティに関するグローバル動向について調査を実施し、セキュリティ被害の抑止を目的に調査結果を公開します。 NTTデータでは、お客さまやNTTデータグループ内でのセキュリティ被害抑止を目的に、ニュースリリースやWeb、新聞、雑誌等の公開情報を収集し、セキュリティに関するグローバル動向を調査しています。このレポートは、サイバーセキュリティ...

2018年11月1日マカフィーフィードバック数:0マーケティング

2018年版「インターネット検索で最もリスクの高い有名人」

...トやマルウェア感染のリスクが最も高い有名人が明らかに•クリスティン・カヴァラーリからアンバー・ハードまで、トップ10には、スーパーヒーロー、リアリティ番組出演者、そして『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』の出演者など、多方面にわたる有名人がランクイン デバイスからクラウドまでを保護するサイバーセキュリティ企業である米国マカフィー(McAfee LLC、本社:米国カリフォルニア州)は、2018年版「インターネット検索で最もリスクの高い有名人(McAfee Most Dangerous Celebrities™)」の結果を発表しました。今年は、昨年1位で...

2018年10月31日KPMGフィードバック数:0企業情報システム

Harvey Nash/KPMG 2018年度CIO調査

...組織が事業戦略を進める上でデジタルの活用はどの程度効果を挙げているかを尋ねたところ、22%が「非常にまたは極めて効果的」との回答に対し、36%が「やや効果的または効果的ではない」と回答。専任または兼任のCDOを設置している組織は、「デジタルの活用を目的とした業務プロセスの再構築」と「デジタルによるビジネス変革ビジョンの推進」の両方において、デジタルをより効果的に活用できている。回答者の68%が、サイバーセキュリティ戦略において経営陣から十分なサポートを得ていると回答。5人に1人以上(22%)が、サイバー攻撃を検知し、対応する体制について、「あらゆる既知のリスクを網羅している」と確...

デジタル活用の先行企業では、 経営陣がCIOに求めるビジネス課題に変化

...組織が事業戦略を進める上でデジタルの活用はどの程度効果を挙げているかを尋ねたところ、22%が「非常にまたは極めて効果的」との回答に対し、36%が「やや効果的または効果的ではない」と回答。■専任または兼任のCDOを設置している組織は、「デジタルの活用を目的とした業務プロセスの再構築」と「デジタルによるビジネス変革ビジョンの推進」の両方において、デジタルをより効果的に活用できている。■回答者の68%が、サイバーセキュリティ戦略において経営陣から十分なサポートを得ていると回答。■5人に1人以上(22%)が、サイバー攻撃を検知し、対応する体制について、「あら...

2021年までに企業間のプライベート接続は インターネットの10倍のペースで増加

...: Worldwide IT Industry 2018」、IDC(※3) 「DX レポート」、経済産業省、2018年(※4) 「Society 5.0」、内閣府、2018年●サイバーセキュリティリスク:デジタル化の進展に伴い増加する脅威を避けるため、インターネットを介さずにプライベートなデータ交換を行う企業が増加し、インターコネクションの利用が拡大します。大規模なサイバーセキュリティ侵害は、今日の世界が直面する最も深刻なリスクの1つであり、脅威の規模は大幅に拡大しています。2021年には、サイ...

2018年9月7日NTTデータフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

サイバーセキュリティに関するグローバル動向四半期レポート

...サイバーセキュリティに関するグローバル動向四半期レポート(2018年4月~6月)を公開 株式会社NTTデータ(以下:NTTデータ)は、2018年4月から6月のサイバーセキュリティに関するグローバル動向について調査を実施し、セキュリティ被害の抑止を目的に調査結果を公開します。 【レポート概要】NTTデータでは、お客さまやNTTデータグループ内でのセキュリティ被害抑止を目的に、ニュースリリースやWeb、新聞、雑誌等の公開情報を収集し、セキュリティに関するグローバル動向を調査しています。この...

企業のサイバーセキュリティ戦略が頻繁に見直される国、日本‐一方で日本企業の経営陣はサイバーリスクへの備えに自信がない

...PwC Japanグループ、「グローバル情報セキュリティ調査2018(日本版)」を発表 ‐企業のサイバーセキュリティ戦略が頻繁に見直される国、日本‐一方で日本企業の経営陣はサイバーリスクへの備えに自信がない2018年6月15日PwCコンサルティング合同会社PwCサイバーサービス合同会社PwCあらた有限責任監査法人PwCコンサルティング合同会社(東京都千代田区、代表執行役CEO:足立 晋)、PwCサイバーサービス合同会社(同、代表執行役:足立 晋)、PwCあらた有限責任監査法人(同、代表...

2018年6月1日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

デジタル技術の活用が化学プラントの収益向上と新規設備投資を促進する要因になることが判明

...Skip to main content Skip to Footer アクセンチュア株式会社2018年5月16日アクセンチュア最新調査――デジタル技術の活用が化学プラントの収益向上と新規設備投資を促進する要因になることが判明一方、”つながる工場”の実現はサイバーセキュリティのリスクを伴うおそれもアクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、化学プラントの操業におけるデジタル技術の活用はいまだ初期段階にあるものの、業務管理や財務面でのメリットに対する理解が広がる中、導入...

2018年5月30日KPMG★フィードバック数:0ビジネス

KPMGグローバルCEO調査2018

...識と現実の行動や準備状況に乖離があることがわかる。サイバーセキュリティへの脅威が増大サイバーセキュリティへの脅威が常に存在するリスクはより注目されており、将来的な成長を阻害するリスクは何かという設問において、今年はその順位が5位から2位へと上昇しました。半数以上(55%)のCEOが、強固なサイバー戦略が主要なステークホルダーとの信頼関係を構築する上で重要だとしていますが、サイバー攻撃に対する準備がきちんと整っていると回答したのは半数(51%)程度しかいませんでした。日本企業CEOの調...

製造業のデジタルトランスフォーメーションが、2021 年までにアジア太平洋地域の GDP を 3,870 億ドル(約 42.5 兆円)増加

...いビジネスモデルを創成するデジタルトランスフォーメーションの可能性を最大化できる可能性も高まっています」とハンターは述べています。今年度は、製造系企業はクラウドとビッグデータ分析、次いで、AI、コグニティブコンピューティング、ロボット、IoT への投資を強化する予定です。実際、IDC は2019 年までに、(日本を除く)アジア太平洋地域において、デジタルトランスフォーメーションの取り組みの 40 パーセントが、新しい業務と収益化モデルのための重要な洞察を生み出す AI とコグニティブコンピューティングにより支援されると予測しています[2]。 製造系企業はスキル、組織文化、サイバーセキュリティ...

2018年5月11日マカフィー★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

サイバーセキュリティ人材の不足が深刻化するなか、ゲーマーの採用が解決策に

...目標おすすめのソリューションポートフォリオを見る セキュリティの成果 業種 製品製品 おすすめのソリューションポートフォリオを見る MVISION 製品サービスとトレーニング 脅威脅威情報・調査研究機関 脅威状況ダッシュボードツール お問い合わせ リソースリソース ライブラリダウンロード 製品ヘルプお問い合わせ 検索 McAfee が選ばれる理由 参加する McAfee ニュースルームサイバーセキュリティに関する最新のニュースをご覧ください。 年頭のご挨拶多様化する利用環境に適応するサイバーセキュリティ...

2018年5月11日アクセンチュア★★フィードバック数:0マーケティング

5つの最新テクノロジートレンド

...ゆる企業が直面する課題になっていきます。様々な業界でデータ主導の自律的な意思決定が増えるにつれて、不良データがもたらす潜在的な危険性は、企業の存続を脅かすレベルにまで高まります。データの正確さのために必要となるスキルやツールは、既に目の前にあります。既存のデータサイエンスやサイバーセキュリティを活用し、企業は新たな「データ・インテリジェンス」を構築することができます。データの正確性が高まれば、企業は自社のインサイトやアプリケーションを信頼できるようになり、その他の潜在的脅威に備えることができます。あらゆる企業にとって、真偽を見極め、競争...

グローバル投資家意識調査2018

...する懸念が「サイバー脅威」を上回っています。投資家は、企業が顧客との信頼関係を改善するために、企業がサイバーセキュリティに関する投資の優先度を高めるべきであると考えています(投資家の64%:CEOの47%)。投資家が考える企業の成長に対する脅威の懸念のトップ5は、「サイバー脅威」に続き、「地政学的な不確実性」(39%が非常に懸念していると回答)、「技術変化のスピード」(同37%)、「ポピュリズム」(同33%)、「保護主義」(同32%)が挙げられています。世界経済の成長見通しについては、投資家の54%(2017...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ