調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:動画マーケティング

データがいっぱい:動画マーケティング

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。「動画マーケティング」については、関連調査データもぐっと増えています。

2020年9月9日マイナビフィードバック数:0キャリアとスキル

「転職活動における行動特性調査(2020年)」を発表

...活動において動画の有効性が高まっています。転職サイトや企業ホームページ内の動画視聴は浸透してきていますが、ポイントは動画の構成です。動画の冒頭で視聴者を惹きつけつつ、企業が伝えたい内容を盛り込むことが重要です。『マイナビ転職』編集長 荻田 泰夫【図1】転職活動理由(n=1,600)※全体上位20項目​【図2】転職サイトに掲載の「副業可能」という言葉の印象(n=1,414)【図3】転職サイト掲載の福利厚生等に関する言葉への印象(n=1,414)【図4】転職サイト内動画の有無による応募のしやすさ(n=1,414)【図5】企業...

2020年9月8日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

動物動画は、4人に1人が「毎回、最後まで視聴」

...概要調査名:『動画&動画広告 月次定点調査 (2020年7月度)』調査期間:2020年7月13日(月)~2020年7月17日(金)調査対象:17歳~69歳の男女1,100名今回調査した設問項目・動画コンテンツの視聴状況を教えてください。・1日あたりの平均的な動画視聴時間を教えてください。・動画コンテンツを視聴するデバイスを教えてください。・動画コンテンツを視聴するプラットフォームを教えてください。(YouTube/LINE/Facebook/Instagram/Twitter/MixChannel...

2020年9月8日マイナビフィードバック数:0キャリアとスキル

「転職活動における行動特性調査(2020年)」を発表

...活動において動画の有効性が高まっています。転職サイトや企業ホームページ内の動画視聴は浸透してきていますが、ポイントは動画の構成です。動画の冒頭で視聴者を惹きつけつつ、企業が伝えたい内容を盛り込むことが重要です。『マイナビ転職』編集長 荻田 泰夫【図1】転職活動理由(n=1,600)※全体上位20項目​【図2】転職サイトに掲載の「副業可能」という言葉の印象(n=1,414)【図3】転職サイト掲載の福利厚生等に関する言葉への印象(n=1,414)【図4】転職サイト内動画の有無による応募のしやすさ(n=1,414)【図5】企業...

2020年7月31日ニフティフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

コロナ禍で約半数がインターネット利用増|8割以上が安定したネット回線の重要性を実感

...にインターネット利用が増えた時間帯は、73%の人が平日日中と回答しており、普段は会社や学校に行っている時間帯でのインターネット利用が増えたという結果になりました。これはNTT東日本が発表しているインターネットのトラフィック増ともリンクする結果となります。参考記事:テレワークや外出自粛で平日日中のインターネット通信量が6割増加テレワークやオンライン授業は今後も増えていくという結果にQ.新型コロナウイルスの影響下、ご自宅でインターネットを利用したもの(同居されているご家族様含め)を教えてください。インターネットの利用方法として一番多かったのが動画視聴...

2020年7月28日レバレジーズフィードバック数:0キャリアとスキル要登録

就職活動におけるスマートフォンの活用と採用動画視聴に関するアンケート調査

就職活動におけるスマートフォンの活用と採用動画視聴に関するアンケート調査

...2020.07.27PRESS RELEASE約5割の学生が「You tube」で採用動画を視聴、就活時の採用動画視聴で7割が志望度アップ PDFはこちらから オンライン主流の就職活動、採用動画が志望度に影響を与えるレバレジーズ株式会社が運営する新卒向け就職エージェント「career ticket (キャリアチケット)」は、動画マーケティングのコンサルティングを行う株式会社プルークス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:松浦寛之、以下プルークス)と合同で、就職活動生を対象に「就職活動におけるスマートフォンの活用と採用動画視聴...

2020年6月30日ベーシック★フィードバック数:0マーケティング

新型コロナウイルスの感染拡大によるWebマーケティング活動の変化に関する調査

...ようなツールやサービスを取り入れたか、検討しているか」については、「Web接客ツール・チャットボット」(32.8%)「MAツール」(15.8%)「CRMツール」(12.8%)という回答になりました。 今後強化していきたい施策として「コンテンツマーケティング全般」(45.6%)「動画制作、動画広告配信」(40.0%)、「Webサイトコンテンツの拡充」(38.4%)の順の回答となりました。 ■分析コメント(株式会社ベーシック SaaS事業部 マーケティング部長 川鍋裕輔)今回全世界を襲った新型コロナウイルスの感染拡大によって、我々...

2020年6月25日Brightcove★★フィードバック数:0マーケティング

ブライトコーブ・グローバル・ビデオ・インデックス 2020年第1四半期レポート

...2020年1月~3月、コロナ渦によるテレワーク移行の影響で企業の動画利用がほぼ倍増 ~ブライトコーブ、コロナ渦のメディア視聴動向を示す2020年第1四半期の動画視聴レポートを発行~当該リリースは、2020年6月8日ボストン発配信リリースの抄訳です。2020年6月8日、ボストン発 - 動画配信クラウドサービスの大手プロバイダーであるBrightcove Inc.(NASDAQ:BCOV、以下、米国ブライトコーブ)は、同日、2020年第1四半期のBrightcove Global Video...

2020年6月25日サイカ★フィードバック数:0マーケティング

企業の広告宣伝担当者213人に聞いた Withコロナにおける広告戦略に関する調査

...投資を増やしたい広告媒体は「動画広告」、 マス広告全体への投資意欲が弱まる中、「テレビCM」のみ投資意欲が強まる 株式会社サイカ(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:平尾 喜昭、以下サイカ)は、独自の広告調査・研究レポートの第19弾として、「企業の広告宣伝担当者213人に聞いた Withコロナにおける広告戦略に関する調査」を実施いたしましたので結果を発表いたします。 昨今、新型コロナウイルスの感染拡大を契機として、外出機会の減少、コミュニケーション手段の変化、購買行動の変化など、消費...

2020年6月22日GumGum Japan★フィードバック数:0マーケティング

独自調査レポート: 脳科学が証明する、コンテキスト(文脈)と広告効果の因果関係

...フラウド)の除外、自由度の高いリッチなクリエイティブを提供しています。現在、北米・欧州・豪州をはじめ、世界各国で「Fortune 100」企業の広告活動を行っており、日本国内でも既に150社以上の企業の広告キャンペーンを実施しています。【Spark Neuroについて】SPARK Neuro(スパークニューロ)は脳科学と人工知能を融合し、動画広告やエンターテイメント領域におけるクリエイティブの効果を解析する、米国ニューヨーク発の脳科学マーケティング企業です。5年間の研究開発期間を経て、1秒間に6,000のデ...

2020年6月10日サイカ★フィードバック数:0マーケティング

企業の広告宣伝担当者207人に聞いた 動画広告の活用実態調査2020年版

...2年連続で7割以上が動画広告の投資対効果の高さを実感 投資強化意向は昨年より弱まるも、全体の拡大傾向は継続 株式会社サイカ(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:平尾 喜昭、以下サイカ)は、独自の広告調査・研究レポートの第18弾として、「企業の広告宣伝担当者207人に聞いた 動画広告の活用実態調査2020年版」を実施いたしましたので結果を発表いたします。これは、昨年実施した同調査の結果との比較により、企業における動画広告の活用実態の推移についてまとめたレポートです。 ●投資...

2020年6月4日GMOインターネット★★フィードバック数:0マーケティング

「マーケティング担当者に聞いた動画活用に関する意識調査」を実施

...するインターネットリサーチを共同で実施いたしました。本調査の結果を受けGMOプレイアドは、企業でマーケティングを担当する方々の課題を解決するべく、動画視聴者の印象や理解度を可視化することができる動画検証ツール「PlayAds byGMO(以下、PlayAds)」を活用したウェビナーを定期開催することといたしました。1回目として、2020年6月8日(月)に「【ゲーム業界編】動画は検証してから作る時代に」を開催いたします。【背景と概要】 近年、広告市場では、デジタルデバイスの普及とそれに伴う動画メディアの閲覧の一般化を受け、各媒...

2020年6月2日トレンダーズフィードバック数:0キャリアとスキル

新型コロナ×女性の働き方の変化を5職種で比較調査

...の取得などのビジネススキル向上について聞きました。在宅時間が増えたことで「スキルアップにかける時間が増えた」人は約3人に1人(32%)。また、「スキルアップに興味がわいた」という人も4割に上ります(40%)。職種別では、「営業職」(49%)、「技術職」(49%)と、リモートワーク・在宅勤務実施率の高い職種からの人気が高いことがわかります。そこで、「スキルアップにかける時間が増えた人」に対し、2020年のゴールデンウィーク中に行ったスキルアップ方法について聞くと、「関連する分野の読書」(30%)、「資格取得のための勉強」(28%)、「オンライン動画視聴...

2020年6月2日GEM Partnersフィードバック数:0エンタテインメント

エンタテイメントへの自粛意識と飢餓感 ~新型コロナウイルスの流行を受けて~

...クは過ぎつつある状態。ただし、「海外旅行」「キャバクラ」「パチンコ」は引き続き強い自粛意識が見られる。 【調査データ詳細】 【1】外出を伴う活動は、新型コロナウイルス流行前と比べて費やす時間が大幅に減少。費やす時間が減ったぶん、飢餓感が増している。各カテゴリの1年以内実施者に対し、コロナ流行前と比べた費やす時間の増減を聞いたところ、「無料動画視聴(YouTubeなど)」「動画配信サービスでの映画視聴」「スマホゲームのプレイ」などの自宅でできるものは増加傾向となった。対して、外出を伴う「1泊以上の国内旅行」「日帰...

2020年6月1日パイルアップフィードバック数:0ライフスタイル

自宅での過ごし方に関する意識調査

...きます。『コロナ離婚』という言葉も生まれていますが、2人でいる時間が増加することでストレスを感じている、困っているという方が多いことが調査から判明しました。また、性別で比較をするとTOP3は女性が多く回答しています。『Stay Home』期間で女性はストレスを感じているのかもしれません。Q4. あなたの現在のストレス発散方法をお答えください。(複数回答)【n=1335】 ストレスを感じていると回答した方に対し、ストレスの発散方法をお聞きしました。ストレス発散方法は「動画視聴(配信)・音楽鑑賞(配信)」が最...

2020年5月29日ビープライスフィードバック数:0ライフスタイル

自粛時の増えた・減った行動調査結果

...うど衣替えの時期だった(30代女性)」と、時期的な需要も重なったようです。■増えた行動2位は「料理(48.1%)」動画視聴やオンラインでの買い物を抑え2位になったのは、意外にも料理でした。「暇だから、気持ちに余裕ができ、料理も時間をかけてするようになった。(40代女性)」「料理は自炊が増え、凝ったものを作ってみようと思うことが増えた。(20代女性)」「手間暇かかる料理を作る時間ができた。(30代女性)」料理の時間が増えただけではなく、作る料理の質も上がっているとみられる意見が複数あがっていました。■増えた行動3位は「動画...

2020年5月29日ジャストシステムフィードバック数:0エンタテインメント

Twitterユーザーの半数以上に、「Twitter漫画」を読んだ経験

...車アプリの利用者のうち... 調査結果サマリー 男性の3割は、「年会費を払ってでも、送料無料などの特典を受けたい」 年会費を支払うこと... 調査結果サマリー 「LINEショッピング」の認知者は、4人に1人 SNSを入り口とし... 調査結果サマリー 世帯年収1000万円以上の“ワーママ”のうち約4割が家事代行の利用経験あり... 目次: 動画広告の夏が来た 動画広告とは 動画広告はYouT... 目次: キャッシュレス手段が増えている そもそもキャッシュレスとは? キャッ... 【記事要約】 Facebook、いろ...

2020年5月28日サイカ★★フィードバック数:0マーケティング

企業の広告宣伝担当者212名に聞いた 広告の効果測定方法に関するアンケート調査 2020年版

...ティング広告、動画広告、メール広告、SNS広告などが含まれます。*2: オフライン広告とは、インターネットを介さない広告のことで、テレビCM、ラジオ、新聞、雑誌、チラシなどが含まれます。 1. 広告効果測定に用いる分析手法 広告効果測定でデータ分析を実施している広告宣伝担当者に対し、広告効果測定に用いる分析手法について調査し、以下の結果を得ました。現在用いている分析手法としては、「過去の出稿額データに基づく前年度ベースでの判断(58.8%)」が最多となる一方で、今後用いたい分析手法としては統計モデル・AI・機械...

2020年5月14日Grill★フィードバック数:0マーケティング

企業のマーケティング・広告・広報担当者へ広告宣伝活動に関する緊急調査

...した方へ)5月以降の広告宣伝に関する方針を教えてください費用対効果の高い新しい動画広告サービス「グッテレ」本調査より、新型コロナウイルスの影響を受けて、多くの企業の広告担当者が費用対効果の高い、新しい広告手法の必要性を感じていることがわかりました。そこで、費用対効果が高い動画広告で、ニュース番組の観点で動画制作を行う新しい広告手法である、Grillの「グッテレ」をご紹介します。【特徴】 ① 完全リモートにも対応!ニュース番組のような取材動画を「グノシー」取材...

2020年5月12日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

ネットスーパー利用者の約6割が、「直近3カ月で、利用頻度が増えた」

...う言葉を認知し... 調査結果サマリー Instagramの広告閲覧者のうち、2割が「動画広告からアプリをダウンロード」 In... 調査結果サマリー もはや生活習慣となった「食べながら」などの“ながらスマホ” セルフ型ネットリサーチ「F... 調査結果サマリー 購入商品のクチコミ発信手段で最も多いのは「口頭(電話、対面)」。「SNSなどのツール」で... 【記事要約】 日本と海外ではSNSの使われ方も違うみたいですね。特にTwitterって日本独自の文化が育っ... 目次: 食×テクノロジー=フードテック フー...

2020年5月8日プラコレフィードバック数:0ライフスタイル

外出自粛で6割の女性が「夫やパートナーとの時間が増えた」と回答

...各地で外出自粛要請が強化。外出自粛することにより、夫やパートナーとの時間が増えたと回答した女性は59%、変わらない・減ったと回答した女性は41%という結果に。回答者からのコメントを一部抜粋・2人とも在宅勤務になったため、平日も含め時間が増えた^^・休日はほぼずっと一緒にいます!・新居引越し前だった為、落ち着くまでなかなか会えない><・在宅勤務ができる仕事ではないため。夫婦生活を充実させる #おうち時間 をランキングを公開1位:YouTube、Netflixなど動画視聴...

2020年4月28日AJA★★フィードバック数:0マーケティング

おうち時間の広がりで動画配信サービスの利用増加と視聴デバイスの多様化が加速、全国2万人にアンケート調査を実施

...コロナウイルス感染拡大の防止策である臨時休校やテレワーク推奨による在宅時間の増加を受け、この度自宅にインターネット回線のある全国2万人、10代から60代を対象に動画配信サービスの利用状況に関するアンケート調査を行いました。なお、一部の調査結果については2019年12月に行った同様の調査結果と比較しております。また同時に、本調査によるテレビデバイスによる動画視聴の需要拡大を受け、広告主向けのマーケティングソリューションとして、コネクテッドテレビ(*)向けの動画広告メニュー「INHOUSE VISION」の提供を開始したことをお知らせいたします。「INHOUSE VISION」は、広告主向けに提供するコネクテッドテレビに特化した動画広告...

2020年4月27日マイボイスコムフィードバック数:0ビジネス

インターネット広告に関するアンケート調査(第3回)

...インターネット広告に関するアンケート調査(第3回) ■直近1年間に表示されたインターネット広告は、「バナー広告」が8割強、「動画広告」が6割弱、「コンテンツや記事間の広告」「動画サイトの、スキップできる動画広告」が各4~5割。■直近1年間に広告表示された人のうち、内容を読む人は4割弱。■直近1年間にインターネット広告が表示された人のうち、「広告を閉じた」「広告を間違えてクリックした」「広告をクリックした(意図的に)」が3~4割。■インターネット広告について「気になるものや興味がある・面白...

【アンケート結果】コロナ休校困ったことランキング発表!385名のママのリアルな声を集計

...テル総研を知るきっかけになったお子さん一人についての回答。学習障害が少なく、わからないと答えた人も14.5%いることから、発達障害の分類について理解しているママは少ないと予測できます。Q.3 一斉休校中に最も困ったことを3つ選んでください1位 テレビ・ゲーム・動画視聴時間が長い 66%叱ることが増えた、きょうだい喧嘩、親子バトルになるような問題行動が増えたといったイライラに関するもの、仕事があって休ませてあげられない、子どもだけで一日過ごさせることの罪悪感など仕事に関するもの、卒業式に参列できなかった、登園自粛で、仲良...

2020年4月23日サイカ★★フィードバック数:0マーケティング

企業の広告宣伝担当者200人に聞いた テレワークによる広告出稿業務への影響実態調査

...分野において急成長を続けているITプロダクト開発企業です。創業当時より「分析のプロ」ではなく「現場のプロ」であるビジネスパーソンをユーザー対象としており、その独自戦略のもとに鍛え上げられた、プロダクトの操作性と直観性が高く評価されてきました。インターネット広告(リスティング広告、動画広告など)、テレビCM、交通広告など多種多様な広告の効果を統合的に分析し、広告予算の最適な配分案を算出することで、企業の全体最適なマーケティング活動を支援する広告効果分析ツール。国内No.1のMMMツールとしてテレビCMを出...

2020年4月20日ジャストシステムフィードバック数:0ライフスタイル

動画&動画広告月次定点調査 2019年総集編

...動画配信サービス利用率首位は、「Amazonプライム・ビデオ」が2年連続 動画&動画広告月次定点調査 2019年総集編【トレンドトピック版】動画配信サービス利用率首位は、「Amazonプライム・ビデオ」が2年連続10代、20代の「Instagram」ユーザーの約6割に、「ストーリーズ」投稿経験調査結果サマリー 2019 年 11 月度調査において、月額制動画配信サービスを利用している人は 24.1 %でした。 現在、利用している月額制動画配信サービスを...

2020年4月9日東北新社★フィードバック数:0ライフスタイル

家庭のYouTube視聴実態

...待機のお子さんがオンライン学習のためにYouTubeを視聴する機会が少なかったということが推測される結果となりました。今や小さな子どももYouTubeを当たり前に視聴する時代。各家庭でルールを設けながら、子どもたちが動画視聴のメリットを最大限かつ安心安全に得られるようにしてあげることが大切ですね。【調査概要】・調査目的 :お子様がいる家庭のYouTubeに対する意識や視聴実態を把握する・調査対象 :1,030名 (20~59歳の父親・母親)・調査地域 :1都6県(東京都、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県)・調査方法 :イン...

2020年3月31日Bytedanceフィードバック数:0マーケティング

<TikTok Ads初のクリエイティブリサーチ> TikTokで高い広告効果を生む、4つの法則を発見

...完了率のいずれも高くなることが確認されました。3秒再生率に至っては30%を超えています。これからもTikTok Adsは、さまざまな角度から調査、分析を行い、より効果的かつ効率的な広告メニューとクリエイティブの提供に取り組んでまいります。※1:「Top View+縦型全画面動画無償編集」パッケージプランTikTokアプリ起動画面をジャックする音声付き全画面動画広告「Top View」の広告枠に、縦型全画面動画への無償編集サービスをプラスしたパッケージプランです。(2020年6月末までの期間限定)<ブランドリフト調査(自社調査)概要>調査...

2020年3月31日ライフイズテックフィードバック数:0社会/政治

新型コロナウィルス感染拡大防止に伴う臨時休校期間中のオンライン学習についてのアンケート調査

...った学習をしてみたいと思った(54%)」という意識変化を実感■オンライン学習をやってみてよかった点は「自分の都合の良い時間で学習できる(82%)」のほか、「普段学校で学べないことが学べる(61%)」「自分の興味あることを選んで学べる(60%)」など興味を広げる学びに繋がったという結果も見られた■ 一方で、オンライン学習をしてみて感じた学校の良さは「先生や友人との交流ができる(68%)」「やる気が維持しやすい(36%)」という結果に(コンテンツ事例)Youtubeなどのオンライン動画視聴/スマ...

around20のスマホの中身調査2020

...はじめに 女子高生・女子大生の『ダウンロード必須アプリ』9選!アプリの配置にもこだわりあり! アプリ使用の参考は「友達の口コミ」、課金形態は「サブスク課金」と「ちょい足し課金」 寝落ちするまでスマホは手放さない!?最もスマホを使用するのは「寝る前」写真や動画の撮影や動画視聴、SNSのチェックなど、around20すべての行動において、今やスマホなしには考えられません。 今回はaround20のス...

2020年3月12日ジャストシステムフィードバック数:0ビジネス

Eコマース&アプリコマース月次定点調査 2019年総集編 【トレンドトピック版】

...ースやアプリコマース関連分野におけるトレンドは下記のとおりです。■10代、20代の5割以上に、「サブスクリプション型EC」の利用経験■ライブコマースの動画視聴経験者の半数に、商品の購入経験■10代と20代の約5割が、「ネットスーパーを利用したことがある」■4割以上に、EC利用時、「商品を探し疲れて、購入を諦めた」経験■10代、20代、30代の4割以上が、商品購入時に「中古品としての売却を意識」■スマートフォンでECを利用する人の約6割に、サイトやアプリの「応答速度が遅くて離脱」した経験■ECの翌日配送が必要な人は約4割。送料値上げを許容できる人は約7割■約半...

2020年3月11日電通★★フィードバック数:0マーケティング

「2019年 日本の広告費」

...に続きブランドセーフティを意識する広告主からのニーズが高かった。また、コンテンツ配信などソーシャルメディア事業社との協業もみられ、新しい試みが始まっている。新聞コンテンツのサブスクリプションモデル拡充など、デジタル事業の変革も進行中。 ・雑誌デジタル 405億円 (同120.2%) デジタル領域での事業拡大に伴い伸長。特に良質なコンテンツを背景に、タイアップ広告、動画広告などが大きく拡大。また出版社は、デジタル起点の新事業(インフルエンサーの育成、コンテンツスタジオ設立、スタートアップ企業との協業など)も積極的に進めている。 ・ラジオデジタル 10億円 (同...

2020年2月17日ByteDance★★フィードバック数:0マーケティング

TikTok Adsオフィシャルユーザー白書 第2弾 発表

...位に立つという変化が起こっています。「いいね欲しさではなく、自分が楽しいからシェアする。」といった動機の純粋さが発信に対する信頼感を形成しています。このように純粋な動機から生まれた投稿は購買意向の形成にも寄与することがわかりました。さらには、自分でも動画を投稿するようになると、動画視聴後の態度変容が活発になっています。Real HUMANITY:盛って飾るだけじゃない。ダサい、かっこ悪さも含めて“等身大”の人間味を楽しみたい一瞬を切り取り、おしゃれに演出して見せることが主流の静止画と違い、動画は、動きや声など、キャ...

2020年2月13日Brightcoveフィードバック数:0マーケティング

2019 Q3 ブライトコーブ GLOBAL VIDEO INDEX

...2020 Q1 ブライトコーブ Global Video Indexは、COVID-19が動画視聴トレンドに対して与えた影響に関する知見のほか、小売業者による動画、ニュース動画、および企業が提供している動画に焦点を当て、地域ごとのデータも提供しています。動画に関するデータをお探しであれば、Global Video Indexは必読のレポートと言えます。下記よりレポートをダウンロードいただき、最新の動画視聴トレンドをご確認ください。本ページに掲載されている動画(英語)にて、当該...

2020年1月28日ジャストシステム★フィードバック数:0マーケティング

YouTube「バンパー広告」視聴経験者の25.2%に、その「商品の検索」経験

...YouTube「バンパー広告」視聴経験者の25.2%に、その「商品の検索」経験 動画&動画広告 月次定点調査(2019年12月度)YouTube「バンパー広告」視聴経験者の25.2%に、その「商品の検索」経験年末年始、動画視聴のデバイスとして「テレビ」「スマートフォン」がほぼ同率調査結果サマリー YouTube で、スキップできない、6 秒以下の短い動画広告(バンパー広告)を視聴したことがある人のうち、バンパー広告の視聴後、「その商品・サービスを検索したことがある」人は25.2 %、「広告...

2019年12月27日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

最も使われている月額制動画配信サービスは「Amazonプライム・ビデオ」

...最も使われている月額制動画配信サービスは「Amazonプライム・ビデオ」 『動画&動画広告 月次定点調査(2019年11月度)』 ~月額制動画配信サービス利用者の4割が、有料サービスを複数利用~株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『動画&動画広告 月次定点調査(2019年11月度)』の結果を発表します。本調...

テレビ・動画配信(OTT)視聴に関する調査2019

...用して動画を見るときに使用している機器を聞いたところ、平成世代では「スマートフォン」(80.9%)、バブル世代と団塊世代では「パソコン」(バブル世代60.9%、団塊世代77.8%)が最も高くなりました。動画配信サービスやYouTubeを利用して動画視聴をする際、スマートフォンを活用するのは平成世代、パソコンを活用するのはバブル世代と団塊世代ということがわかりました。▼動画配信サービスの動画をテレビで見たいと思うサービス利用者は3世代とも8割以上▼動画配信サービスの動画をテレビで見たい理由 3世代とも1位は「大きな画面で見たいから」動画...

2019年12月13日サイカ★フィードバック数:0マーケティング

テレビCMを出稿する企業の広告宣伝担当者100人に聞いた  テレビCMに対する価値評価 2019年版

...テレビCMを出稿する企業の広告宣伝担当者100人に聞いた テ... テレビCMを出稿する企業の広告宣伝担当者100人に聞いたテレビCMに対する価値評価 2019年版50%以上がテレビCM投資増、動画広告と比較し期待効果に乖離が生じる結果に株式会社サイカ(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:平尾 喜昭、以下 サイカ)は、独自の広告調査・研究レポートの第14弾として、「テレビCMを出稿する企業の広告宣伝担当者100人に聞いた テレビCMに対する価値評価 2019年版」を実...

2019年12月5日Brightcoveフィードバック数:0マーケティング

ブライトコーブ、グローバル・ビデオ・インデックスレポートを公開

...日本・韓国における動画視聴の約8割がモバイルデバイスから:ブライトコーブ、グローバル・ビデオ・インデックスレポートを公開 成長するOTT基盤における視聴者行動を解き明かす四半期レポート 動画用クラウドサービスの大手プロバイダーであるブライトコーブ株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長兼本社シニアバイスプレジデント:川延 浩彰、以下 ブライトコーブ)は、日本を含むグローバルの視聴者が、どのように動画を視聴しているか、どのようなデバイスで視聴しているか、そし...

2019年11月28日サイカ★★フィードバック数:0マーケティング

企業の広告宣伝担当者100人に聞いた Cookie等を用いたユーザー行動分析の利用実態調査 2019年版

...独自戦略のもとに鍛え上げられた、プロダクトの操作性と直観性が高く評価されてきました。インターネット広告(リスティング広告、動画広告など)、テレビCM、交通広告など多種多様な広告の効果を統合的に分析し、広告予算の最適な配分案を算出することで、企業の全体最適なマーケティング活動を支援します。2016年9月の提供開始以来、テレビCMを出稿する国内大手企業を中心に100社以上の企業に導入され、国内の広告宣伝費トップ100企業(*5)の10%の企業で広告分析にマゼランが利用されるなど、高い評価を得ています。1 インターネット広告とは、イン...

2019年11月22日Macbee Planet★★フィードバック数:0マーケティング

最も購入動機となるSNSは「YouTube」で3割 10~20代は「Instagram」が6割と最多

...商品自体が実際どんなものなのか」がわかるかどうかが考慮されていました。当社が以前実施したWeb広告への意識調査では、Web広告に対してネガティブな意識を持つ人は約9割に上り、その中でも動画広告に対して不快感を感じる人が大半を占めました。その一方で他の投稿と同じように表示されるSNSのインフィード広告へ不快感を表す人はその他選択肢4つのうち最も少ないという結果になりました。今回の調査結果と前回の調査結果を踏まえると、動画広告は煙たがられるものの、SNSの投稿は不快感を生みにくい上、自ら望んで見るSNSの投...

2019年11月5日アドビ システムズ★★フィードバック数:0ライフスタイル

アドビ、今年のホリデーシーズンに米国オンライン売上高の総額が1430億ドルになると予測

...月に表示された32億件を超えるデスクトップ向け動画広告のインプレッションをAdobe Advertising Cloudで分析し、広告に関するインサイトを生成しています。付属の調査は、2019年10月に1,000人を超える米国の消費者を対象にした調査に基づいています。関連リンクAdobe Analyticsの2019 Holiday Shopping Predictions full report(2019年ホリデーシーズンショッピング予測)全レポート(英語):https...

2019年10月23日テスティーラボフィードバック数:0マーケティング

YouTuberに関する調査【中高生・大学生対象】

...に、YouTubeの利用者を対象にYouTubeの視聴頻度を調査したところ、「毎日」と回答した人は中高生は男性で76.7%、女性で58.4%、大学生は男性で68.5%、女性で54.5%となり、女性に比べ男性の方が視聴頻度が高く、さらに年齢層が下がれば下がるほど視聴頻度が高くなる様子が伺えました。続いて、YouTubeで動画を視聴すると回答した人を対象に、YouTubeで動画を視聴するタイミングを聞いたところ、男女ともに第1位は「休憩中」、第2位は「就寝前」という結果になりました。身体を休めリラックスしながら動画視聴...

2019年10月18日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

約8割が「5G」を認知。この1年で、認知度が大幅向上

...ブ動画が視聴しやすくなる」(42.4%)でした。「動画が視聴しやすくなる」と答えた人の割合を年代別に見てみると、10代(80.5%)、20代(47.1%)、30代(51.1%)、40代(75.0%)、50代(59.0%)、60代(67.5%)でした。10代の8割以上が「5G」に快適な動画視聴環境の実現を期待していました※。※複数回答あり。■すでに、約8割が「eスポーツ」を認知「eスポーツ」について、「知っており、他の人に説明できる」と答えた人は13.7%、「知っているが、他の人に説明できるほどではない」人は29.8%、「聞い...

2019年10月16日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

自分に合う動画広告が配信されるのは、「Instagram」

...自分に合う動画広告が配信されるのは、「Instagram」 『動画&動画広告 月次定点調査(2019年9月度)』~動画広告の配信頻度が高いと感じるメディアは、「YouTube」~株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『動画&動画広告 月次定点調査(2019年9月度)』の結果を発表します。本調査は、17歳~69歳の...

2019年9月27日Macbee Planet★★フィードバック数:0マーケティング

Web広告を「あまり表示してほしくない」が9割! 大半が苦手意識も「興味があればクリックする」も4割 

...り表示してほしくない:89%あなたが表示されて嫌だ、クリックしたくないと感じるWeb広告はどれですか?1位 動画広告 2位 バナー広告 3位 リスティング広告 4位 SNSのインフィード広告◆各Web広告に対する声(一部抜粋)<動画広告>・邪魔されている気分になる・別に見たくないのに通信量だけ負担させられる・読みこみが遅くなる。<バナー広告>・記事が読めないように表示されるものもあって不快・間違えてクリックしてしまうので邪魔・誤タップの意図を感じるから腹立たしい<リスティング広告>・本来...

2019年8月27日博報堂★★フィードバック数:0マーケティング

hakuhodo.movie 「動画生活者統合調査2019」を実施

...査では「テレビ視聴」「ネット視聴」といった2つ視聴行動に着目、視聴に費やす時間の異なるグループにおける視聴実態の違い、情報や消費に対する意識差等を分析いたしました。以下、調査の主なポイントをご紹介します。●ネットでの動画視聴は1日に1時間~1時間半がボリュームゾーン。  テレビ視聴に掛ける時間は1日あたり「2時間半~3時間」がボリュームゾーン、一方ネット視聴では「1時間~1時間半」がボリュームゾーン。 ネット視聴のピークタイムは「21~23時」。一方、テレビ視聴のピークタイムは「19~21時」で、続く...

ECサイトにおける決済手段の利用実態調査

...トにおける決済手段の利用実態調査結果を公開 ~自社ECサイトの購入率向上には必要な決済手段の見極めが重要~ソフトバンク株式会社の子会社であるSBペイメントサービス株式会社は、ECサイト(物販、デジタルコンテンツ)における決済手段の利用実態に関するアンケート調査を実施しました。実施した調査結果の一部を抜粋してお知らせします。※ 物販サイト:洋服、靴などの身に付けるアクセサリー、化粧品、本、食料品、医薬品などを販売するECサイトデジタルコンテンツサイト:電子書籍、動画視聴サービス、オンラインゲーム利用料、イベント参加費、会員費などを販売するEC...

2019年8月7日ネオマーケティング★★フィードバック数:0マーケティング

日常に溢れている広告の影響力に関する調査

...弊社が独自で調査した市場調査レポートやリサーチに役立つホワイトペーパーを紹介いたします。 立教大学 経営学部の学生が気になることを大調査!! 一都三県の通勤・通学で二路線以上使用している男女に聞いた 日常に溢れている広告の影響力に関する調査日々の通勤や通学であふれている広告、どのように思われている? 電車内の動画広告は効果的なのか!? 立教大学の「eビジネス&マーケティング」(担当:大嶋淳俊先生)を受講した学生と総合マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティング(所在地:東京...

2019年8月1日インプレス★フィードバック数:0エンタテインメント

電子書籍ビジネス調査報告書2019

...のマンガアプリ広告市場規模は167億円になりました。動画リワード広告と読了後に表示する静止画・動画広告が主流で、特に動画リワード広告が急拡大しています。2019年度は1.5倍の250億円程度に達すると予測しています。【図表3. マンガアプリ広告市場規模】■有料電子書籍利用率は19.8%、昨年比+2.1ポイントと大きく拡大モバイル(スマートフォン・タブレット)ユーザーに対して、電子書籍の利用率を調査したところ、有料の電子書籍利用率は19.8%となり、昨年から2.1ポイントと大きく増加しました。「無料...

2019年7月30日ジャストシステムフィードバック数:0ライフスタイル

電動歯ブラシの利用に関する実態調査 最も使われている電動歯ブラシは、「ブラウン」

...記事は、これから「マーケティング・リサーチ」に取り組もうとされている方を対象に、「マーケティング・リサー... 【記事要約】 すっかり定着しつつあるSNS起点での商品購入。MRCでもたびたび切り口を変えて「定量調査」を... 【記事要約】 2017年も気がつけばもうすぐ3月。春はすぐそこです。そして4月のマーケティングネタといえば... 目次: プレスリリースとは プレスリリースの主な目的 掲載の可能性をあげるための3つのポイント 参考事例-調査デ... 目次: 動画広告の夏が来た 動画広告...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
 

お知らせ