調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:日本企業のデジタル化

データがいっぱい:日本企業のデジタル化

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。「日本企業のデジタル化」については、関連調査データもぐっと増えています。

オプトホールディング、「企業のデジタルシフトに関する調査」を実施

...施いたしました。企業の経営課題として、デジタルシフトが注目される中で、企業における取り組み状況と、経営者と会社員それぞれのデジタルシフトに対する理解度を測ることが本調査の目的です。ーーーーーーーーーーーーーーーーー※デジタルシフト:デジタル化が進むグローバル社会において、あらゆる企業活動(経営、マーケティング、人材採用・教育、生産活動、財務活動など。およびビジネスモデルそのもの)において本質的なデジタル対応をすること。 <主な調査結果> 「デジタルシフト」という言葉の意味を知らない人、57.0%経営...

2019年9月5日アンダーワークス★★フィードバック数:0マーケティング

マーケティングテクノロジーカオスマップJAPAN2019年度版を公表

...ケティングテクノロジーとは、セールス・マーケティング領域における様々なテクノロジーを指します。(テクノロジーを活用したツール、メディア、データ、デバイス、サービスなどを含む)近年、生活者や企業のデジタルシフトによって、顧客接点のデジタル化が益々進んでいます。それに伴い、マーケティングデータの活用やオートメーションを支援するマーケティングテクノロジーが爆発的に増えてきています。全世界のマーケティングテクノロジーは、chiefmartec.com においてスコットブリンカー氏によって取りまとめられた「Marketing...

『デジタルコンテンツ白書2019』9月1日発刊

...トワークが放送を超えた事象は、ネットワークメディアがマスメディアへとシフトする主役交代へのカウントダウンであり、国内におけるコンテンツビジネスの変革の幕開けと考えられる。2018年のデジタルコンテンツ産業の市場規模市場規模は8兆9,666億円静止画・テキスト区分のデジタル化率が初めて10%を超えた2018年のデジタルコンテンツの市場規模は、8兆9,666億円(前年比103.0%)と引き続き順調に拡大し、コンテンツ市場全体に占める割合は70.8%と7割を超えた。ネット化率は28.5%(前年26.0%)を突...

2019年7月31日アドビ システムズフィードバック数:0ビジネス

アドビ、「消費税増税に伴う業務に関する実態調査」の結果を発表

...でも小売業における消費税増税対応の遅れが目立っています。契約書や請求書といった書類はもちろん、印刷物やWebコンテンツなど、増税対応に必要な業務は業種によってさまざまです。書類をデジタル化することでコスト削減と業務効率を向上するDocument Cloudをはじめ、アドビの多岐にわたるソリューションで、あらゆる業種のニーズにこたえるべく今後も努めてまいります。」※5月28日 経済産業省 世耕弘成大臣の記者会見より(参考:軽減税率対策補助金制度)消費税増税に伴う業務に関する実態調査 概要調査方法:インターネット調査実施対象:全9業種、1,023人業...

日本版MaaSの可能性についてまとめたレポート「MaaSがもたらすモビリティ革命」を発行

...レーション変革に関する豊富なコンサルティング経験を有する。 戦略立案から変革の実現まで一貫したサービスを提供すると共に、CEOやCIOに対するアドバイザリーサービ... さらに見る 三宅 佐衣子/Saeko Miyakeデロイト トーマツ コンサルティング 執行役員 小売・流通、鉄道・航空・旅行・ホスピタリティ・サービスを中心としたコンシューマービジネスを担当。企業のビジネス戦略立案から変革の推進支援まで、豊富なコンサルティング実績を有する。特に、デジタル化に伴う顧客戦略や構想策定、構想の具現化に向けたオペレーション改革、シス...

2019 アジア太平洋地域版 Identity and Fraud レポート

... in collaboration with third-party agencies on alternative data sources, and is open to work with fintech companies. 2019 Global Identity & Fraud レポート 全国版(EMEA・ 米国 ・APAC地域)〔日本語訳〕デジタル化の急速な普及と、それに伴い急成長を遂げているデジタルエコシステムは、アジア太平洋地域の企業と消費者の関係に大きな変化をもたらしています。企業では、デジタル化...

2019年6月3日Zendesk★★フィードバック数:0マーケティング

Zendeskカスタマーエクスペリエンス傾向分析レポート2019年版

...プンで柔軟なプラットフォームへの投資世界経済フォーラムは2019年初頭に、世界がデジタル化するにつれて、経済的に実行可能となるビジネスモデルは全体の10%に満たなくなると述べました。Amazon、Apple、AlibabaならびにMicrosoftなどの世界の最も価値の高い企業としてトップ10にランクインする企業のうちおよそ70%が、そしてDidiやAirbnbなどの10億ドル超規模のユニコーン企業の約70%がデジタルプラットフォームのビジネスモデルを運営する一方で、その他の企業ではその割合は2%を下回ります。顧客の約70%は、同一の企業...

2019年5月28日Marketing-Robotics★★フィードバック数:0マーケティング

【調査】インサイドセールス導入13.2%、マーケティングオートメーション導入では、わずか4.9%の結果に

...は足で稼ぐもの」「営業は対面訪問すべき」などといった意見が多く、デジタル営業自体の認知がされていないことが判明しました。時代は急激なデジタル化が進む中、営業においてもデジタルを取り入れた新しいスタイルに興味を持つ方と、今までやってこられた実績により、既存の営業スタイルを採用し続けている企業が二極化した結果となりました。Q.マーケティングオートメーションはご存知ですか?次に、マーケティング活動をテクノロジーによって自動化するツール「マーケティングオートメーションはご存知ですか?」と質問したところ、「いいえ」と答...

2019年5月15日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

ビッグデータ/ビジネスアナリティクスソリューションの支出額は今年1,891億ドルに達し、2022年まで年間2桁の成長率が続く見通し

...って得られる非常に優れた知見が、決定打と言うべきビジネス上のメリットとなり、BDAの採用を加速させています」と、米国IDC Customer Insights & Analysis バイスプレジデントのジェシカ・ゴエプファートは述べています。また、「クラウドによるBDAのビジネス機会のトレンドに注目すると、採用が最も活発な業界は、専門サービス、パーソナル/消費者向けサービス、そしてメディア業界の3つです。これら3つの業界では、ディスラプションが多発しており、高度なデジタル化の可能性を示しています。加えて、これらの分野には、規模は小さいが革新的な企業...

2018年Chief Digital Officer調査

...PwC Strategy& 日本における「2018年Chief Digital Officer調査」の結果を発表04/17/19 PwCの戦略コンサルティングサービスを担うStrategy&は4月17日、「日本企業のデジタル化の成功に向けて:2018年Chief Digital Officer(チーフ・デジタル・オフィサー:最高デジタル責任者、以下CDO)調査」を発行しました。日本国内のCDOに関し、企業に属する3,781名に対しスクリーニング調査を実施し、そのうち「自社はデジタル化...

2019年3月8日Genesys★フィードバック数:0企業情報システム

ジェネシス、アジア太平洋地域のSMB企業の顧客サービスのトレンドを調査

...客満足度とロイヤリティよりも顧客生涯価値を優先しており、市場の成熟度が高いことを示しています。顧客生涯価値に次いで注力しているのは、従業員エンゲージメントと満足度という結果でした。デジタル・シフトが大きな話題になる一方で、60%の調査対象者が充実したカスタマーサービス戦略が必須であると認識しているにもかかわらず、アジア太平洋地域のSMB企業はデジタル化に対して慎重であることがわかりました。回答者の52.3%は、デジタル化によって発生する業界再編や企業淘汰の顧客エンゲージメント戦略に対する影響は最小限であると考えていました。これはオーストラリア、ニュ...

グローバル組織文化調査 2018

...らのレポートの英語版は、『Global Culture Survey: Managing culture change in Japanese organizations』をご覧ください。*グローバルサイト(英語)に移動します。 Related Strategy& thought leadership7回目となる本調査は、自動車業界のデジタル化に関する最新トレンドと、自動車メーカーにおける戦略の再構築の方向性を詳細に解説しています。 ©PwC. All rights reserved. PwC refers...

アジア9ヵ国の給与水準調査

...の給与水準調査では、アジア各国では世界的なデジタル化の動きによりIT系の職種を中心に年収が大きく上昇し、インドやタイなどの一部の国では日系製造業の日本語ネイティブ人材の年収が大きく上昇しました。現地の消費市場の拡大を背景に、コンシューマーグッズやサービスの分野でも給与の上昇が目立っています。●アジア各国ではIT系職種の給与上昇が目立つ一方、消費財などでも上昇●タイやインドなど、一部のアジアの国々では日本語ネイティブ人材の給与上昇も見られた●しばらく年収の変動がなかった日本では、広範囲の職種で年収が上昇【アジア】 給与...

「広告取引に関する広告主実態調査」の発表

...が「何かしらの取り組みが必要」とマーケティング取引における透明性に課題を感じている一方で、広告・メディアの取引に関する社内ルールやガイドラインを設定している企業は半数にしか満たないことがわかりました。■主な調査結果1.広告主における広告活動重視項目と課題広告戦略上の重要項目について質問したところ、74.3%の企業が回答した「ブランド価値の向上」が最重要であることがわかりました。また50%を超える企業が、「デジタル媒体の利用拡大」および「ブランド評判の確立」を回答し、半数以上の企業が媒体のデジタル化...

世界モバイル利用動向調査2018

...マツ コンサルティング 執行役員 通信事業、ハイテク製造業を中心として、事業戦略、新規事業企画、デジタル化戦略、グローバル業務改革、M&A支援などのコンサルティングに数多く従事。特にデジタル時代における競争戦略や、日本本社と海外拠点を連動させた、現場を動かす経営改革主導に実績がある。主な著書に『ハイリターン・マネジャー』(共著:東洋経済新報社) 関連サービス ・ テクノロジー・メディア・通信(ナレッジ・サービス一覧はこちら) >>... さらに見る © 2019. 詳細...

2019年1月7日MasterCardフィードバック数:0大型消費/投資

2018年度世界渡航先ランキング

...ネスまたはレジャー目的で都市を訪れる渡航者向けに、Mastercard は、旅行業者、都市設計家、 銀行、店舗など、幅広いパートナーと協力し、以下事項に取り組んでいます。デジタル化および経済開発における都市の課題の特定と解決:Mastercard は連携を通じて共通の 課題を解決する都市、研究機関、民間組織向けのグローバル・プラットフォームである City Possible を開始。公共交通機関など、主要な都市サービスへのアクセスの簡素化:旅行者と現地住民は、電車やバ スに乗るために持ち歩いている非接触型の Mastercard カードを 100 以上...

2018年12月20日ランスタッドフィードバック数:0ビジネス

年末年始の挨拶まわりに関する調査

...削減による効率化の促進や、デジタル化の恩恵により、一年の節目であっても、直接会って挨拶をすることは不要であると感じるビジネスパーソンが多いようです。そこには業務効率化を求められる今だからこその理由が?!②実際に挨拶まわりをする頻度が高い20代や営業職は、挨拶まわりを必要と感じる割合が高い?!⇒実際に挨拶まわりに行く頻度は、20代男性が24.4%と最も多く、全体の8.4%と比べると圧倒的な結果となりました。また、「挨拶まわりは必要」と答えた割合も20代男性が27.8%と、20代女性と並び最も高い割合でした。また、職種...

2018年12月20日ビズリーチフィードバック数:0キャリアとスキル

求人検索エンジン『スタンバイ』 急増求人ワード2018

...店の人材不足が浮き彫りに正社員、パート・アルバイトともに「飲食」(正社員1位)、「料理」(正社員2位)、「厨房」(パート・アルバイト1位)が上位を占め、飲食店の人材不足の深刻化が浮き彫りになりました。■デジタル化に関するコンサルティング需要が牽引正社員求人においては、「コンサルタント」(正社員6位)、「コンサルティング」(正社員16位)がランクインしました。企業のデジタル化に関わるコンサルティング需要が牽引し、求人ニーズが高まっていると思われます。スタンバイの「コンサルタント」「コンサルティング」求人においては、「デジタル化...

2018年12月13日デル★フィードバック数:0ビジネス

Z世代のテクノロジーと就職に対するグローバルな意識調査

...デル、Z世代のテクノロジーと就職に対するグローバルな意識調査結果を発表 日本のZ世代は教育を通じた就職に対する準備、職場で求められるテクノロジー スキルを不安視していることが判明 ニュースの概要・Z世代がデジタル化を推進:Z世代はテクノロジー ファーストの考えとともに、テクノロジーと、テクノロジーが働き方や生活を変革し得る事を理解し、企業のデジタル化を推進する可能性がある・5つの世代が職場で共存:企業は従業員が共通点を見出せるよう支援する必要がある・Z世代は57%が教...

2018年を総括!ユーザビリティランキング最新版

...ートフォンの利用や、アプリ、SNSの利用が人々のリアルな生活の一部として浸透し、生活のインフラとしての"デジタル化"が進むにつれ、企業における生活者とのコミュニケーションのあり方も大きな転換期を迎えているといえるでしょう。昨年、企業サイトは信頼できる企業情報の情報源として初めて新聞を上回り、最もユーザーが信頼できるメディアと位置付けられました(トライベック・ブランド戦略研究所「企業情報サイト調査2017」)。この結果から、デジタル上に情報が氾濫し情報疲労に陥るユーザーとのコミュニケーションにおいて、企業...

2018年11月21日Unipos★★フィードバック数:0キャリアとスキル

感謝と仕事に関する調査

...からのフィードバックに満足している人」の79.5%は目標達成し、低い人に比べ16.8ポイント高い■時代背景と対策 デジタル化により、コミュニケーションが減り、感謝も減っている元々、日本人は賞賛ベタで、フィードバックベタ。それらがモチベーションやパフォーマンスに関わっていると言われています。また、多くの方が、学生のときは、勉強などにより競争・賞賛などが当たり前に行われていましたが、成人になるにつれ、褒められる機会、感謝される機会は減少傾向にあります。さらに、ミレニアル世代と呼ばれる現在の20代以下の若者は、その競争自体が減り、学生...

2018年10月30日アドビ システムズ★★フィードバック数:0マーケティング

企業のデジタル化におけるマーケティング課題のトップは「デジタル化に対応した組織の整備」

...デジタル化を統括する組織の設置率は26.3%、約6%の企業がデジタル専任役員を設置【2018年10月30日】アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:ジェームズ マクリディ、以下 アドビ)は本日、年間売上高200億円以上のBtoC(企業対消費者間取引)の日本企業を対象に実施したAdobe Digital Survey 2018 デジタル変革実態調査「企業におけるデジタル活用の現状と課題」のレポートを発表しました。本調査は2018年5月に郵送調査で実施され、レポートでは企業...

2021年までに企業間のプライベート接続は インターネットの10倍のペースで増加

...上の帯域の成長が予測されることが明らかになりました。東京そして世界において、さらなる経済発展と新たなイノベーションをもたらすデジタルトランスフォーメーション、そしてそれを実現するインフラであるインターコネクションへの社会的なニーズが、かつてないほど高まっていることを実感しています。この革新は私たちに新しいビジネスやライフスタイルの進化をもたらすでしょう。エクイニクスは自身のインターコネクションーファースト戦略に基づくインターコネクションの提供を通じて、日本企業のデジタル化とさらなる発展に引き続き貢献してまいります」■「グローバル・イン...

2018年10月9日Sansan★★フィードバック数:0ビジネス

日本企業において約61%の人脈が活用されずに「冬眠」している、「冬眠人脈」による 1企業当たりの 経済損失規模は約120億円と推計

...った要素もありますが、「人脈」も重要なリソースの一つです。投資を呼び込みたい、プロダクトを買ってほしい、情報を提供してほしいと思ったときに、その相談を持ちかける建設的で深いつながりがないと、まったく前に進みません。これが人脈です。名刺を「交換しただけ」で満足してしまう日本人は名刺を上手に活用できているとは言えません。海外では名刺をデジタル化し共有するのは当たり前ですが、日本では一度交換した名刺を自分の引き出しにしまって、そのままというケースが多くあります。手に入れた名刺をデジタルで共有しておけば、チー...

フレキシブルな働き方に関する意識調査

...を獲得するためにどのように役立つかです。 フレキシブルワーキングは、その中心となる議題なのです 」リージャス・グループ(IWG)についてリージャス・グループ(IWG)は、ワークスペース革命をリードしています。グループ企業全体でプロフェッショナルなビジネスを支援し、生産性の向上に寄与しています。コラボレーションを実現する、プロフェッショナルで創造的なワークスペース、コミュニティ、サービスを豊富に提供しています。デジタル化や新しいテクノロジーによって、仕事のスタイルは変容しつつあります。働く人々は、生活...

2018年8月16日ガートナーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

サイバーセキュリティの専門家を有する企業はわずか65%

...バーセキュリティに対する見解を発表豪州シドニー発 - 2018年7月17日 - CIOの95%が今後3年間にサイバー攻撃による脅威が増加すると考えているにもかかわらず、現在社内にサイバーセキュリティの専門家がいると回答したCIOは65%にすぎない ―― ガートナーは本日、サーベイの結果を発表しました。このサーベイでは、デジタル化を進めている企業にとってスキルの確保が引き続き課題であり、デジタル・セキュリティの人材不足がイノベーション (革新) にとって最大の阻害要因になっていることも明らかになりました。 2018年のガートナーCIOアジェンダ・サー...

社内教育の傾向に関する意識調査

...研修は座学とオンラインの組み合わせにシフトしています。(参考リリース:社内教育も効率重視!6割以上が、今後は「座学とオンラインを組み合わせた研修」を実施予定)https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000021.000025337.html)社内研修のデジタル化にあたり、様々なスタイルが試みられる中、今、世界では「マイクロラーニング」に注目が集まっています。社内教育の新潮流「マイクロラーニング」とはマイクロラーニングとは、5分程度の短時間でまとめられたオンライン映像教材を個人の都合に合わせて、スマ...

フレキシブルな働き方に関する意識調査

...性の向上に寄与しています。コラボレーションを実現する、プロフェッショナルで創造的なワークスペース、コミュニティ、サービスを豊富に提供しています。デジタル化や新しいテクノロジーによって、仕事のスタイルは変容しつつあります。働く人々は、生活と仕事のスタイルや場所を自由に選んで、個人としての生産性を高めたいと考えています。また、企業は、財務/戦略上のメリットを求めています。お客様もスタートアップ企業から中小企業、大規模な多国籍企業までさまざまですが、それぞれ独自のビジネス目標を掲げ、社員...

2018年7月10日EY Japanフィードバック数:0ビジネス

地政学的な不確実性はあるが日本企業のM&A取引への意欲は高い水準を維持

...、今後12ヵ月間はM&Aの案件獲得競争が激しくなると予想しており、その内の58%が最も強力な競争相手としてプライベートエクイティ(以下、PE)を挙げています。 EYトランザクション・アドバイザリー・サービス株式会社 代表取締役会長のヴィンセント・スミスは次のように述べています。「景況感の改善と急速に進展しつつあるデジタル化への対応のため、M&Aの候補案件は顕著に増加し、M&Aへの取引意欲も高まっています。私たちは、この状態が当面続くものと見ています。2017年にはPEによるM&Aが活...

2018年6月1日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

デジタル技術の活用が化学プラントの収益向上と新規設備投資を促進する要因になることが判明

...に向けた取り組み自体は増加傾向にあることが判明しました。アクセンチュアが、世界12カ国の化学企業の経営幹部360人を対象に実施した「化学プラント操業におけるデジタル技術に関する調査」によると、回答者の80%が、「すでに自社の化学プラントのデジタル化に大規模な投資を行っている」と回答したほか、85%が「今後3年間で全社的なデジタル化に向けた設備投資を増加させる」と予測しています。さらに、「デジタル化によるメリットに満足している」とした回答者は全体の92%に達しており、具体的なメリットとしては「効果的な操業管理」、「製品品質の向上」が上...

2018年5月8日ServiceNow Japanフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

情報セキュリティに関する国際調査 日本企業の半数以上がセキュリティレスポンスの自動化の採用や強化を検討

...組織を横断する形でワークフロー化することができます。独自の業務アプリケーションを簡易に開発することも可能なので、企業のデジタル化、業務最適化を推進し、従業員、ユーザー、お客さまに高いエクスペリエンスを提供する企業変革の基盤となります。###ServiceNow、ServiceNowのロゴ、その他のServiceNowのマークは、ServiceNow, Inc.の米国およびその他の国における商標または登録商標です。その他の会社名および製品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。 このプレスリリースには、メデ...

2018年5月7日ServiceNow Japanフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ServiceNow:情報セキュリティに関する国際調査 日本企業の半数以上がセキュリティレスポンスの自動化の採用や強化を検討

...組織を横断する形でワークフロー化することができます。独自の業務アプリケーションを簡易に開発することも可能なので、企業のデジタル化、業務最適化を推進し、従業員、ユーザー、お客さまに高いエクスペリエンスを提供する企業変革の基盤となります。###ServiceNow、ServiceNowのロゴ、その他のServiceNowのマークは、ServiceNow, Inc.の米国およびその他の国における商標または登録商標です。その他の会社名および製品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。 このプレスリリースには、メデ...

2018年5月3日フォーサイトフィードバック数:0社会/政治

1,442名を対象にした「10年後のAI、現在のAI」に関するアンケート

...大学・高木教授プロフィール 高木友博 (明治大学 理工学部 情報科学科 教授) 計算型人工知能の一種であるファジィ理論の、世界でも屈指の権威であると同時に、マーケティング理論に精通。マーケティング全体の高度デジタル化に関する先端的研究開発を行いつつ、産業界での戦略企画、プロダクト開発にも携わっている。 カリフルニア大学バークレー校客員研究員、松下電器産業、日本学術振興会プログラムオフィサーなどを経て現任。工学博士。 「AIを活用した学習指導システム」などをフォーサイトと共同開発中。■AIに関...

2018年5月1日フォーサイトフィードバック数:0社会/政治

1,442名を対象にした「10年後のAI、現在のAI」に関するアンケート

...大学・高木教授プロフィール 高木友博 (明治大学 理工学部 情報科学科 教授) 計算型人工知能の一種であるファジィ理論の、世界でも屈指の権威であると同時に、マーケティング理論に精通。マーケティング全体の高度デジタル化に関する先端的研究開発を行いつつ、産業界での戦略企画、プロダクト開発にも携わっている。 カリフルニア大学バークレー校客員研究員、松下電器産業、日本学術振興会プログラムオフィサーなどを経て現任。工学博士。 「AIを活用した学習指導システム」などをフォーサイトと共同開発中。■AIに関...

2018年4月26日ガートナー★フィードバック数:0企業情報システム

テクノロジ人材のスキルに関する調査結果

...パン リサーチ&アドバイザリ部門 バイス プレジデント 兼 最上級アナリストである亦賀 忠明は、今回の結果について次のように述べています。「デジタル化の進展やテクノロジの高度化に伴い、グローバル・レベルでテクノロジを駆使できる企業とそうでない企業に分かれていきます。これからの10年、企業はそうした新しい競争に確実にさらされるでしょう。新しい競争の中、一部の企業には、新しいテクノロジを駆使する競合企業に自社のビジネスそのものを破壊されるリスクがあります。そのようなリスクに備えるため、企業は、将来...

2018年4月12日ワコムフィードバック数:0ライフスタイル

引越し時のインテリア配置 約7割が事前シミュレーションが大事と回答 

...のデジタルライフ両方の利便性を融合したデジタル文具です。ワコム独自のEMR®(Electro Magnetic Resonance:電磁誘導方式)テクノロジとデジタルインク「WILL™」の両技術を搭載したスマートパッドは、ボタン1つでお気に入りの紙に書いたメモやスケッチをデジタル化し、「Wacom Inkspaceアプリ」に保存することができ、紙のノートでは難しい編集や共有が可能になります。JPEG、PNG、PDF、WordまたはWILL形式でエクスポートして、ノートアプリ「Bamboo Paper」やクラウドサービス「Inkspace...

2018年3月29日フォーティネットフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業あたりの攻撃数が82%増加していることが明らかに、IoTを標的とするスウォーム攻撃が急増

...ローバルリサーチチームが先日発表した、2018年に自己学習型のハイブネットやスウォームボットが増加するという予測を裏付けるものでした。今後数年間も攻撃対象の拡大が続き、それと並行して今日のインフラストラクチャに対する可視性や制御が低下することになるでしょう。攻撃の高速化や大規模化に伴うこれらの問題に対処するには、自動化と統合に基づく戦略を採用する必要があります。セキュリティ対策においては、デジタル化された環境のスピードを考慮してレスポンスを自動化し、イン...

2018年2月26日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

アクセンチュア最新調査―人工知能で企業の競争力を高めるには、従業員による活用を後押しすることが肝要

...ネスとテクノロジーを高度に融合させることでビジネス価値を創造する戦略パートナーです。ビジネス、テクノロジー、オペレーション、ファンクションの各戦略における高い専門性を組み合わせ、各業界に特化した戦略の立案と実行を通してお客様の変革を支援します。デジタル化時代における創造的破壊への対応や競争力強化、グローバル・オペレーティング・モデル構築、人材力強化、リーダーシップ育成などの経営課題に注力し、効率性向上だけではなく、成長の実現に貢献します。アクセンチュア 戦略コンサルティング本部については、Twitter @AccentureStrat(英文)、またはwww.accenture...

2018年1月24日アクセンチュア★フィードバック数:0ビジネス

新しいエネルギー消費者 アジャイルな経営に向けた新たな道

...び自らの顧客をターゲットとした異業種からの参入などに直面しているのに加え、新たな課題としてデジタル上の接点やパーソナライズされた顧客体験に対する消費者からの期待に十分に応えられていないことが判明しました。デジタル化社会の進展により消費者の期待がますます高まる中、電力会社は金融などの他業界が進めるデジタル化に乗り遅れないようにすることが課題となっています。デジタルな顧客体験は必要不可欠なものとなっているものの、消費者の3分の1は電力会社が提供するウェブサイトやモバイルアプリケーションなどのデジタルチャネルに対し、「自分の要求をオンライン上で処理できず、担当...

2018年1月13日JETROフィードバック数:0企業情報システム

欧州企業のIoT活用事例調査(2017年12月)

...ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最新のビジネスニュース・レポートなどをお届けしています。 各国・地域の基礎情報や制度をご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 欧州では、ドイツのインダストリー4.0に代表される産業デジタル化...

PwC スポーツ産業調査2017

...PwCコンサルティング、「PwC スポーツ産業調査2017」を発表 ミレニアル世代の行動変化やデジタル化の進展により、スポーツ業界は大変革の時代に2017年12月26日PwCコンサルティング合同会社PwCコンサルティング合同会社(東京都千代田区、代表執行役CEO:足立 晋)は12月26日、「PwC スポ―ツ産業調査2017 ‐破壊的変化の大波にさらされるスポーツ産業‐」を発表しました。PwC スイスが世界のスポーツ産業を調査したレポートに、ここ数年内にスポーツのビッグイベントを控えている日本...

2017年12月21日電通デジタル★★フィードバック数:0マーケティング

企業のデジタルトランスフォーメーションに関する実態調査

...企業の68%が自社のデジタル変革を重要と認識するも約半数が未着手 ―電通デジタル、企業のデジタルトランスフォーメーションに関する 実態調査を発表―2017年12月21日株式会社電通デジタル 株式会社電通デジタル(本社:東京都港区、代表取締役CEO:榑谷典洋)は、Forrester Consultingに委託し、日本における企業のデジタル化の進展状況について実態を把握することを目的に約350社を対象とした調査「日本...

日本を含むアジア5か国でパブリックセーフティのモバイルブロードバンド化の将来性を調査

...の課題とベストプラクティスを提案アジア市場のデジタル社会実現を加速させるパブリックセーフティLTE通信のメリットと各国の状況が明らかに 日本・東京 – ノキアは本日、モバイルブロードバンドの導入は急速に進んでいるものの、日本をはじめとするアジア各国には技術活用の余地がまだ残されており、特にミッションクリティカルなサービス分野への展開に大きな可能性がある、との調査結果を発表しました。この共同調査は、日本、ベトナム、インドネシア、バングラデシュ、タイの各国におけるモバイルブロードバンドを活用したパブリックセーフティの将来性や、種類別のソリューション導入の動向等を評価しています。また、ブロードバンド導入とデジタル化...

2017年11月16日アクセンチュアフィードバック数:0ビジネス

B2BCX―企業間取引における顧客体験調査2017(B2B Customer Experience 2017)

...トナーを自社ビジネスの延長として捉え、顧客理解に関する示唆やコーチング、サポートを提供することで、販売エコシステムの組織化を図る必要があります。それにより、エコシステム全体としての成長の可能性を十分に引き出すことができるのです」デジタル化による創造的破壊、消費主義の拡大、新サービスの登場により、B2B顧客へのアプローチがより困難に今回の調査によると、顧客の多くが法人販売担当者に接触する前にすでに購入プロセスの57%を済ませていることや、顧客の90%が売り込み営業に応じることはないと回答していること、さらにB2B取引の61%がオ...

2017年11月15日ガートナーフィードバック数:0ビジネス

2018年のCIOアジェンダ

...ェンダを分析 米国フロリダ州オーランド発 - 2017年10月2日 - デジタル化および技術革新によって、CIOの職務は本質的に変化しつつあります。先進企業がデジタル・ビジネスを急速に拡大している中、後れを取りたくないと考えているCIOにとって、今年の残りと2018年はその後を決定付ける重要な期間になります。ガートナーが世界のCIOを対象に毎年実施しているサーベイの結果から、CIOの役割がIT部門のエグゼクティブからビジネス・エグゼクティブへ、コストとエンジニアリング・プロ...

リバーベッド、ネットワークの未来に関する調査

...社のクラウド戦略が効果を最大限に発揮するには次世代ネットワークが不可欠であると回答し、98%がビジネスニーズとエンドユーザーのニーズを満たすためには次世代ネットワークが不可欠であると回答しました。また、日本国内においても調査を実施しており、他国の調査結果と同様、ネットワークのデジタル化が急速に進む中においてSD-WAN導入の必要性が浮き彫りとなりました。主な結果については下記グローバルとの対比をご参照ください。本調査では、クラウド化とデジタル・トランスフォーメーションを加速させるSD-WANのような次世代テクノロジーの導入状況において、現段...

2017年11月6日アクセンチュア★★フィードバック数:0マーケティング

アクセンチュア最新調査――B2B企業の成長には顧客体験のコントロールがカギ

...トナーを自社ビジネスの延長として捉え、顧客理解に関する示唆やコーチング、サポートを提供することで、販売エコシステムの組織化を図る必要があります。それにより、エコシステム全体としての成長の可能性を十分に引き出すことができるのです」デジタル化による創造的破壊、消費主義の拡大、新サービスの登場により、B2B顧客へのアプローチがより困難に今回の調査によると、顧客の多くが法人販売担当者に接触する前にすでに購入プロセスの57%を済ませていることや、顧客の90%が売り込み営業に応じることはないと回答していること、さらにB2B取引の61%がオ...

2017年10月30日ガートナー★★フィードバック数:0ビジネス

世界のCIO 3,000人以上のサーベイ

...ェンダを分析 米国フロリダ州オーランド発 - 2017年10月2日 - デジタル化および技術革新によって、CIOの職務は本質的に変化しつつあります。先進企業がデジタル・ビジネスを急速に拡大している中、後れを取りたくないと考えているCIOにとって、今年の残りと2018年はその後を決定付ける重要な期間になります。ガートナーが世界のCIOを対象に毎年実施しているサーベイの結果から、CIOの役割がIT部門のエグゼクティブからビジネス・エグゼクティブへ、コストとエンジニアリング・プロ...

2017年10月29日VISAフィードバック数:0大型消費/投資

世界各国の主要都市においてデジタル決済利用増加が与える経済的影響

...ートフォンやウェアラブル端末から人工知能や自動運転車といったデジタル・テクノロジーの普及により、都市における購買、旅行、生活の仕方は急速に変貌しています。今回の当社の調査は、電子決済の確固とした基盤が構築されない限り、各都市はデジタル化した将来の社会に完全に対応することができないということを物語っています。」「キャッシュレスシティ:デジタル決済がもたらす恩恵の実現」には、デジタル決済の利用拡大により都市における効率性を向上させるための、政策立案者に対する61のアドバイスが含まれています。これらのアドバイスには、非銀行利用者に銀行の利用を促すための金融リテラシー・プロ...

アジアにおける金融機関の 81% が、ビジネス成功のカギはデジタル化であると回答

...このサイトでは、分析、カスタマイズされたコンテンツ、および広告に Cookie を使用します。このサイトを引き続き閲覧すると、Cookie の使用に同意するものと見なされます。 詳細情報 アジアにおける金融機関の 81% が、ビジネス成功のカギはデジタル化であると回答 [2017年10月12日]Posted by: コーポレートコミュニケーション本部「お客様のデジタルトランスフォーメーション推進」がマイクロソフトにおける最重要の取り組みであり、これは日本においても同様です。これ...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
 

お知らせ