調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:シニアのライフスタイル

データがいっぱい:シニアのライフスタイル

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。「シニアのライフスタイル」については、関連調査データもぐっと増えています。

2019年9月11日IDCフィードバック数:0企業情報システム

IT投資動向に関する国内CIO調査結果を発表

...も拡大していることを背景に、同様の課題が業務部門でも発生している可能性があると考えられます。「国内サービスベンダーには、企業のIT部門と業務部門の双方をテクノロジーによってサポートし、その負担を軽減させつつ、企業のDXジャーニーを包括的に支援する役割が求められる」と、IDC Japan ITサービスのシニアマーケットアナリストである吉井 誠一郎 は述べています。今回の発表はIDCが発行した2019 年 国内 CIO 調査: IT サービス/アウトソーシング利用実態 にその詳細が報告されています。本レポートでは、国内...

2019年9月11日IDCフィードバック数:0モバイル

2019年第2四半期 国内携帯電話・スマートフォン市場実績値を発表

...出荷の富士通(同8.6%)、5位は56.9万台出荷の京セラ(同8.0%)となりました。スマートフォンについては、2019年第2四半期の出荷台数は693.3万台(前年同期比1.8%減)となりました。「4Gスマートフォンは成熟の段階にあり、特にAndroid系はハイエンドとミドルレンジに市場が分化する動きがここ数年続いているが、2019年に入ってからは『分離プラン』導入の影響を見定めようという動きが市場全体で強く、ハイエンドの出荷は伸び悩んでいる」とIDC Japan PC, 携帯端末&クライアントソリューションのシニア...

2019年9月5日ソニー生命保険★フィードバック数:0ライフスタイル

シニアの生活意識調査2019

...保険をお考えのお客さまWebからのお問い合わせお電話でのお問い合わせ営業時間 平日9:00-21:00/土・日・祝 9:00-17:30 ※ゴールデンウィーク、年末年始を除く ご契約者さま 法人のお客さまWebからのお問い合わせお電話でのお問い合わせ営業時間 9:00-17:30 ※ゴールデンウィーク、年末年始を除く ソニー生命について ニュースリリース(2019年度)シニアの生活意識調査20192019年9月4日このたび、ソニー生命保険株式会社(代表取締役社長 萩本 友男)は...

2019年9月4日マイナビフィードバック数:0キャリアとスキル

ミドルシニア/シニア層の非正規就労者実態調査

...ご覧になりたい「カテゴリー」と「年別ニュース」を選択すると、ソート表示することができます。カテゴリを選択年度を選択 「ミドルシニアシニア層の非正規就労者実態調査」を発表~正規雇用を希望する割合は15.5%で、現職場の勤務継続意向が高い結果に~株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、現在非正規雇用(パート・アルバイト/派遣社員/契約社員)の就労者を対象とした、「ミドルシニアシニア層の非正規就労者実態調査」を発表しました。調査結果の概要(一部抜粋)は以...

2019年9月2日矢野経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

トイレタリー市場に関する調査を実施(2018年)

...剤など従来女性向けであった商材全般の男性専用カテゴリー形成が進んでいる他、安全・防衛意識の高まりを背景として、ウイルス・細菌感染防止・食中毒予防、害虫対策等の除菌・殺菌、防虫剤等の需要も安定している。2.注目トピック人口動態の変化:人口ボリュームに支えられた需要拡大トイレタリー市場の成長因子として、中高年層および高齢者層を中心とした需要拡大という観点から、現在は以下の4つの事象が注目される。一つ目は高齢者人口増加と在宅介護進行による大人用紙おむつ需要の拡大、次に中高年層、アクティブシニアを主な対象とした男女軽度失禁用品販売の拡大、三つ...

2019年9月2日矢野経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

国内デビットカード市場に関する調査を実施(2018年)

...要因として、ブランドデビットの拡大があげられる。ブランドデビットは、国際ブランドや発行元(イシュア)によるテレビCMなど販促施策が功を奏したことに加え、新規参入事業者による取扱いの増加などを背景に、若年層やシニア層、主婦層などを中心に幅広いユーザーへの普及が進み、堅調に拡大している。一方、J-Debitは、事業者間(BtoB)取引や小売店、特に家電量販店での大型家電の購入が減少した影響を受け、取扱高が減少している。また、銀行Payについては、取引金額は僅かであるものの、加盟店開拓を進めており、徐々...

2019年8月29日野村総合研究所★★フィードバック数:0社会/政治

シニア世代の就業や生活行動は65歳を境に大きく転換

...シニア世代の就業や生活行動は65歳を境に大きく転換 ニュースリリースシニア世代の就業や生活行動は65歳を境に大きく転換~就業中のシニア世代は、70歳までの就業が当面の目標~ 株式会社野村総合研究所 NRI社会情報システム株式会社 株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:此本 臣吾)のグループ会社であるNRI社会情報システム株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:小松 隆)は、全国の55~79歳の2,000人を対象としたインターネット・アン...

パーソル総合研究所、日本の「はたらく意識」の特徴を国際比較調査で明らかに

...の人間関係・休みやすさ重視の日本 仕事選びで重要視する点について、日本は、1位=希望する年収が得られること、2位=職場の人間関係が良いこと、3位=休みやすいこと。「年収」は他国も1位ないし上位だが、「職場の人間関係」や「休みやすさ」は日本のみベスト3に入っており、独自の傾向が見られる。(2)ダイバーシティに関する日本の特徴日本は、ダイバーシティ受容度が非常に低いことが明らかとなった。シニア雇用については、日本ではシニア本人は長く就業したい気持ちがある。① ダイバーシティ受容度が低い日本 日本は「女性...

2019年8月28日avanade★★フィードバック数:0社会/政治

人工知能やロボティクス、その関連技術の倫理問題について、自社組織の対応力に不安を抱くビジネス・リーダーが大多数:アバナード最新調査

...答しました。アバナードのエマージング・テクノロジー担当シニア・ディレクターで、本レポートの一執筆者であるAaron Reich(アーロン・ライヒ)は次のように述べています。「最近では、取締役会の議題として、セキュリティよりも、デジタル倫理が頻繁に取り上げられるようになっています。顧客や従業員、その他のステークホルダーと長期にわたる信頼関係を構築するために、デジタル倫理の強力なフレームワークで、中心的な役割を強化したいという、ビジネス・クリティカルな議論を持ちかけてくるクライアントが増えてきています。」今日...

2019年 親の財産管理と金融リテラシーに関するシニア世代の意識と実態

...2019年 親の財産管理と金融リテラシーに関するシニア世代の意識と実態 株式会社明治安田総合研究所(社長 永田 康弘)は、2019年3月に現在配偶者がいる全国の男女5,225人を対象として、「財産管理に関する実態調査」を実施しました。令和の時代、高齢社会の最前線を走る日本において、加齢による認知・判断能力の低下、心身の機能の衰えに伴って、高齢の親自身が財産管理を十分に行なえなくなった場合の対応が課題提起されています。本リリースでは、シニア...

2019年8月26日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

アクセンチュア最新調査――製造業における先進企業は、PoCの半数以上を本格化し、20%超の投資収益率を達成

...組織的課題を克服する手法が、デジタルイノベーションを拡大する手法と、密接に関連していることが分かりました。また、課題対応力とRODIの相関関係を実証する計量経済学モデルを用いることで、これら6つの課題を克服した際のRODIの増加率を計測しました。アクセンチュアで素材・エネルギー業界の成長戦略業務を統括するシニア・マネジング・ディレクターのデイブ・アブード(Dave Abood)は次のように述べています。「今回の調査により、組織のマネジメント方法によってイノベーション拡大の成否が分かれることが明らかになりました。例えば、上級...

2019年8月9日楽天★フィードバック数:0モバイル

フリマアプリ「ラクマ」、シニア女性誌「ハルメク」とシニア世代の“片付け“と“フリマアプリ“に関する意識を共同調査

...フリマアプリ「ラクマ」、シニア女性誌「ハルメク」とシニア世代の“片付け“と“フリマアプリ“に関する意識を共同調査 フリマアプリ利用者 シニア女性は、毎月約6千円をお小遣い稼ぎしながらお片付け楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)が運営するフリマアプリ「ラクマ」は、シニア女性誌部数 No.1(※)の「ハルメク」と共同で、「シニア世代の片付けとフリマアプリに関する意識調査」を行いました。(※)一般社団法人 日本 ABC 協会・ABC レポート 21...

2019年8月6日ソニー生命保険★フィードバック数:0キャリアとスキル

中高生が思い描く将来についての意識調査2019

...ノミストのコメント(ソニーフィナンシャルホールディングス株式会社 金融市場調査部 シニアエコノミスト 渡辺 浩志)今回は全国の中高生に対して、将来の夢や希望を調査しています。ただ、一括りに中高生と言っても、中学生と高校生ではだいぶ考え方が異なるようです。気になったのは、自分の将来(10年後)を明るいと答えた中学生が57.0%であったのに対して高校生は45.1%にとどまったことです(図1)。また、いまの「大人」は楽しくなさそうと答えたのは中学生で57.5%でしたが、高校生では68.5%にも上りました(図5、図6)。高校...

2019年8月2日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内IoT市場 データエコシステム事業者調査結果を発表

...ンドセットを切り替えることが、データエコシステム市場のさらなる成長に向け必須になると見込まれます。IDC Japan コミュニケーションズ シニアマーケットアナリストである鳥巣 悠太 は「ベンダーは用途/シナリオ特化型IoTソリューションの提供や、企業との共創活動を、データエコシステム形成を前提として進めるべき」としており、また「ベンダーはIoTに取り組む企業の経営層のビジョンやマインドセットを見極め、啓蒙活動やコンサルティングを通じ、データエコシステムの世界に引き上げる努力を進めるべきである」と述べています。今回...

2019年7月31日矢野経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

国内アイウエア小売市場に関する調査を実施(2018年)

...自体は常に活発なマーケットである。直近ではアイウエアを必要とする45歳以上のミドルシニア世代の増加を背景として、ブルーライトやUVカット、花粉対策などの機能性アイウエアや、日本の素材や技術にこだわったメイドインジャパン製品、キャラクターブランドやアパレルブランド、デザイナーとのコラボ商品、眼鏡型ウェアラブル端末、グローバル市場への展開、オムニチャネル展開などで、新しいビジネスとしての広がりがみられる。2.注目トピック機能性アイウエアの開発競争が激化 ブルーライトカットをはじめ、UV、花粉...

最新の消費者調査の結果により、消費者の3分の2はより優れたサービスを提供するブランドに移行する可能性が常にあることが判明

...のビジネスや顧客ロイヤルティの展望に厳しい現実を示しています」とベリントのグローバルマーケティング担当シニアバイスプレジデント兼ベリントカスタマーエクスペリエンスプログラムの管理主催者であるRyan Hollenbeckは述べています。調査によれば、消費者の44%だけが3年以上同じサービスプロバイダーと提携していると回答しています(2015年から39%減)。これは顧客ロイヤルティと顧客維持率が世界的に低下し続けていることを意味します。新鮮ではない基準に見えるかもしれませんが、この調査によりブランドに対するロイヤルティを促進するための1つの...

2019年7月19日IDC★★フィードバック数:0企業情報システム

国内ビッグデータ/アナリティクスソフトウェア市場予測を発表

...では予測しています。「AIを活用したアプリケーション開発による顧客の業務プロセスの自動化への貢献はもちろん、BDAのプロセスにおける自動化テクノロジーの積極的な活用を行うことが生産性への貢献をより大きくするために重要になる」とIDC Japanソフトウェア&セキュリティ シニアマーケットアナリストである草地 慎太郎 は分析しています。今回の発表は市場規模および予測については国内 BDA ソフトウェア市場予測、 2019 年~ 2023 年 にその詳細が報告されています。<参考資料>国内BDAソフ...

2019年7月19日IDCフィードバック数:0企業情報システム

2019年 国内クライアント仮想化市場 ユーザー動向分析調査結果を発表

...比較して増加しています。また、その効果を「わからない」と回答したIT管理者は、2018年と比べて、大きく減少、20%台になっています。デジタルワークスペースの「ビジネス課題に対する効果的な使い方」が浸透してきたとIDCではみています。「ITサプライヤーとユーザー企業が、先進関連テクノロジーをベースに、デジタルワークスペースを構想し十分に使いこなすことによって、投資対効果、ビジネス課題への適用、事業へのIT活用が向上している。それが満足度向上につながる」とIDC Japan PC,携帯端末&クライアントソリューション シニア...

2019年7月18日ガートナー★フィードバック数:0ビジネス

ガートナー、CDOサーベイの結果を発表

...熟度に関する自己評価が相対的に低い結果になりました。一方、DAチームに対するビジネス上の期待事項について、3つまでの複数回答で尋ねたところ、「データの品質、信頼性、アクセス性の改善」が55%で最多となり、「分析に基づく意思決定の促進」、「ビジネス変革または製品変革の推進」がこれに続く結果となりました。 図1. データとアナリティクスのチームに対するビジネス上の期待事項 (1~3位を集計して抜粋) ガートナーのアナリストでシニア プリンシパルの一志 達也は次のように述べています。「日本においても、企業情報管理やBI/アナリティクスと比べて、MDMの成...

2019年7月17日ガートナーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

日本におけるセキュリティ (インフラストラクチャ、 リスク・マネジメント) のハイプ・サイクル:2019年

...かつ高度なソリューションを導入しさえすればよいというわけではありません。サプライチェーンを含めてビジネスを俯瞰した上でリスクの所在を明確にし、適性のある製品/サービスでマネジメントする必要性がより高まっています。ガートナーのアナリストでシニア プリンシパルの木村 陽二は次のように述べています。「本ハイプ・サイクルでは、企業における利用が増え続けるクラウド・サービスのセキュリティ・コントロール、防御が困難な外部脅威の検知/対応とその運用に関わるキーワードを取り上げています。インフラストラクチャ・セキュリティおよびリスク・マネ...

2019年7月17日エアトリフィードバック数:0社会/政治

「夫婦関係」に関するアンケート

...対象に「夫婦関係」に関する調査を実施しました。■調査背景 「老後は公的年金の他に2,000万円必要」との金融庁の報告書が出されたり、定年の延長・公的年金受け取り年齢の引き上げ等、何かと話題のシニアの生活。夫婦間での協力体制がますます重要になっている一方で、「熟年離婚」という言葉もメジャーになりつつあります。そこで、夫婦が仲良くやっていく秘訣について調べました。■調査結果概要調査1:【結婚年数別】現在、夫婦の仲は良いですか?山場は結婚「15年~35年」と「50年以降」!?―「やや悪い」「とても悪い」と回...

2019年7月12日楽天フィードバック数:0ライフスタイル

フリマアプリ「ラクマ」、「参考にするファッション」に関するアンケート調査の結果を発表

...フリマアプリ「ラクマ」、「参考にするファッション」に関するアンケート調査の結果を発表 10代女性の70%以上が「韓国ファッション」を参考に ~初調査のシニア層は、フランス・イタリアを高く支持~楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)が運営するフリマアプリ「ラクマ」は、4年連続の実施となる、「ラクマ」ユーザーを対象にした「参考にするファッション」に関するアンケート調査の結果をお知らせします。 <ポイント>10~20代は韓国、30~50代は...

2019年7月10日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

動画&動画広告 月次定点調査(2019年5月度) 休日、10~20代は「動画配信サービス」、50~60代は「テレビ」で過ごす

...知能に奪われるかもしれない仕事」というテーマについて、そのテクノロジーや事例などを振り返り... さくっと手軽に情報を集められるニュースアプリ。ニュースアプリはたくさんあるけれど、皆はどんなアプリを使って、そのアプリにはど... 目次: 2019年はビッグイベントが続々! マーケ担当者に聞くコンテンツマーケテ... 【記事要約】 今回の記事では、最近注目の「人工知能(AI)」について、消費者視点の独自調査結果から、市場の... 【記事要約】 この記事ではシニアマーケティングについて、その市場規模や事例をおさらいしながら、真の...

2019年7月10日ジャストシステムフィードバック数:0ライフスタイル

Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2019年5月度) 

...テキストに関するリテラシーは高まっている 消費者心理を上手く利用したWEBマーケティング。脳科学の立場から消... 【記事要約】 この記事ではシニアマーケティングについて、その市場規模や事例をおさらいしながら、真の「UX(ユーザー体験)」... (※この記事は2017年4月25日に更新されています。) 【記事要約】 スマホの普及に伴... セルフ型アンケートサービス高品質なネットリサーチを圧倒的なスピードと次元の異なる低コストで。無料トライアル実施中。...

2019年7月10日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内ハイパーコンバージドシステム市場予測を発表

... Rate)を18.1%と予測しています。ハイパーコンバージドシステムは、短期的には仮想化環境の課題を解決するインフラストラクチャとして普及が進むとIDCはみています。中長期的には、デジタルトランスフォーメーション(DX)によって創出される次世代ワークロードへの対応や、DXに対応するITインフラとして、俊敏性や柔軟性を向上し、マルチクラウド環境でのITインフラ管理を統合するハイブリッドクラウドを実現するソリューションとしても普及が拡大する見込みです。IDC Japan エンタープライズインフラストラクチャのシニア...

2019年7月8日マイナビフィードバック数:0キャリアとスキル

シニア採用に関する業種別企業調査

...ご覧になりたい「カテゴリー」と「年別ニュース」を選択すると、ソート表示することができます。カテゴリを選択年度を選択 『シニア採用に関する業種別企業調査』を発表~非正規雇用でシニア採用を実施している企業は6割以上、主な理由は「人手不足の解消」や「経験の豊富さ、専門性の高さ」~株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、非正規雇用(アルバイト/派遣/契約社員)の採用業務担当者を対象に、『シニア(※)採用に関する業種別企業調査』を発表しました。調査結果の概要(一部抜粋)は以...

2019年7月2日リクルートフィードバック数:0ライフスタイル

外食市場調査2019年5月度

...市場規模は上回ったが、2013年~2016年の市場規模は下回っている状況。市場規模の構成要因では、外食実施率・頻度が前年を上回ったが、外食単価は前年割れ。2019年5月はGW10連休の影響で前年に比べて祝日が2日多く、有利に働いたことも考えられるが、本調査では居住圏域外の旅行先での飲食は各圏域の市場規模に集計されないため、実際の外食消費はさらに大きかった可能性もある。性年代別では、60代男女でのみ、外食実施率と外食単価が共に前年比プラスとなっており、他ではそろって上回っている年代はない。シニア層で「令和」お祝...

2019年6月28日朝日新聞社★フィードバック数:0大型消費/投資

シニアは「キャッシュレスを使わない」は誤解? 「キャッシュレス決済」に関するアンケート

...シニアは「キャッシュレスを使わない」は誤解? 女性に強い「使い分け」傾向 ~7/4(木)14時より企業交流会を開催。「シニア層とキャッシュレス決済」の利用動向について情報交換~ 報道関係のみなさま シニアは「キャッシュレスを使わない」は誤解? 女性に強い「使い分け」傾向 朝日新聞Reライフプロジェクトが50代以上にリサーチ実施クレジットカードに大きな信頼を寄せて現金と使い分ける一方、「スマートフォン決済」などの新しい手段を使うかどうかは過去の消費体験次第で対応が分れる――。株式...

2019年6月21日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内クライアント仮想化関連市場予測

...まで拡大するとIDCではみています。一方、パブリッククラウドDesktop as a Service市場の年間平均成長率は最も高く、25.8%で推移するとみています。「2019年は、デジタルワークスペースがさらに進化し、インテリジェントワークスペースへ発展するであろう。セキュリティ/認証系のクラウドサービス、ストレージサービスなどの新技術を見極めながら自社エンドポイント環境に融合させることが求められている」とIDC Japan PC、携帯端末&クライアントソリューション シニアマーケットアナリストである渋谷 寛...

2019年6月13日IDCフィードバック数:0ビジネス

国内サテライトオフィス市場予測を発表

...タルオフィスやコワーキングスペースの特徴やメリットを認知している企業とそうでない企業との意識が乖離している可能性が高いとIDCではみています。「サテライトオフィスの利用は、レンタルオフィスやコワーキングスペースの特徴やメリットを理解している企業で進んでいるが、全体では施設利用型テレワークの導入比率は低い。2020年の東京オリンピック開催期間中の通勤緩和に備えテレワークの導入が順次進んでゆくと考えられ、各企業では各部署や従業員の働き方に合わせたテレワーク形態を自宅型のみならず、他の形態についても早急に検討する必要がある」とIDC Japan PC,携帯端末&クライアントソリューション シニア...

2019年6月11日エアトリフィードバック数:0社会/政治

「公的年金」に関するアンケート

...と共に受給して余暇を楽しみたいという意見が多く見受けられました。一方、「70代以降」を選んだ人は年金をあてにしていない若年層か、現在も働いていて収入があるシニア層がメインとなっています。●「60代」での受給を選んだ理由・自分の寿命がわからないので、金額よりも開始時期を重視したい。(60代・男性)・体がつらくならない年齢でもらう。健康のうちに旅行したい。(60代・男性)・体力的とか社会状況で就職するのが難しく働けなくなるのがこの年齢のような気がするので。(60代・女性)●「70代以降」での受給を選んだ理由・個人的に年金をあてにしていないから。(30代・男性...

働く主婦、SDGs「知っている」上向き19.3% 4人に1人が生涯働きたい

...が持続的に働くことができる環境づくりにおいて政府や企業に求めることを尋ねると、「シニア世代も働ける環境や受け入れる社会体制(代)」や、「シニアと呼ばれる世代に、働く場、求人情報を(代)」といった、高齢者の就労拡大の声が挙がりました。他にも、「育児や、介護のために急に休んだり早退したりしてもそれを認めてくれる職場であれば、働き続けられると思う(代)」や、「会社に行かなくて出来る仕事と、会社で出来る仕事と分けて、生活状況に合わせた、働き方を自由に選べると働きやすい(代)」など、子育てや介護など、様々な事情に合わせて選んで働くことができる環境づくりを望む声がありました。ソフ...

2019年6月3日IDCフィードバック数:0モバイル

2019年第1四半期 国内携帯電話・スマートフォン市場実績値を発表

...比べると2018年段階でスマートフォンの一括購入価格はiPhone、Androidともに25%上昇している」とIDC Japan PC, 携帯端末&クライアントソリューションのシニアマーケットアナリストである菅原 啓 はコメントしています。これに続けて、「5G通信規格の立ち上がりに伴い、ハイエンド機種を中心にスマートフォンの価格はさらに上昇する可能性がある中で、今後各大手キャリアより開始される『端末と契約の分離』料金プランについては、同プ...

2019年5月27日ガートナー★★フィードバック数:0企業情報システム

ガートナー、企業におけるデータ活用に関する調査結果を発表

...証するために、ビジネス成果を判断する定量的な指標の有無も尋ねました。その結果、データを利活用している企業やビジネス上の成果を得ている企業ほど、定量的な指標を定めていることが明らかになりました。今回の調査結果について、ガートナーのアナリストでシニア プリンシパルの一志 達也は次のように述べています。「データの利活用からビジネス上の成果は得られているのか - それを確かめるためにも、現状を把握したり改善を実感したりするにも、指標が必要です。定量的な指標を定め、データの利活用を全社的に根付かせるのは、決し...

2019年5月20日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

アクセンチュア最新調査――拡張現実が急速に普及する中、没入型技術の責任あるデザインと展開が急務に

...の分裂を増幅させかねないというリスクも示しています。アクセンチュア・ラボのシニア・マネジング・ディレクターで、アクセンチュアのXRグループのグローバル統括を務めるマーク・カレル-ビラード(Marc Carrel-Billiard)は次のように述べています。「私たちはポストデジタル時代の入り口にいます。XRのような先進技術はイノベーションをさらに発展させる原動力になるでしょう。XRは、こうしたチャンスを実現する上で中核となるテクノロジーですが、XRを正しく活用するためには、リスクを適切に対処し、責任を持ってXRツー...

2019年5月16日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内クライアント仮想化市場シェアを発表

...イアントソリューション シニアマーケットアナリストである渋谷 寛 は述べています。今回の発表はIDCが発行した国内クライアント仮想化市場シェア、 2018 年:インテリジェントワークスペース実現へのロードマップ にその詳細が報告されています。本調査レポートでは、国内クライアント仮想化市場のベンダー競合状況について、分析しまとめています。<参考資料>国内シンクライアント専用端末市場 ベンダー別 出荷台数シェア、2018年Source: IDC Japan, 5/2019Coverage...

2019年5月16日Splunk★フィードバック数:0企業情報システム

ダークデータに関する調査 - 多くの企業が業績向上やキャリアアップに対する安定志向が強いことが明らかに

...クデータの把握と活用に取り組む意欲のある企業を応援します。」キャリアアップや昇進よりも現状維持を望む傾向が強い回答者は、ダークデータの価値は理解しているものの、それを活用するために必要なツール、専門知識、人材が不足していることを認めています。また、多くのシニアリーダーが、退職までの期間を考えると新たにデータスキルを習得する意欲がわかないと答えています。今後、仕事の上でデータ活用は必須になりますが、それを深刻に受け止めている人は少ないようです。回答者は、答えは1つではないにしても、可能性のある主な解決策として、デー...

2019年5月15日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内ハイパーコンバージドインフラストラクチャ利用動向調査結果を発表

...ITインフラの多様な機能が統合されつつあることから、より広範囲に渡る統合が実現可能かも選定基準として重要になっているとみられます。HCIの今後の機能強化に期待する内容では、パフォーマンス向上、ハイブリッドクラウドへの対応、PaaS(Platform as a Service)機能の充実への期待が高い結果となりました。IDC Japan エンタープライズインフラストラクチャ シニアマーケットアナリストである宝出 幸久 は「HCIは国内市場で急成長しており、もは...

2019年5月15日IDCフィードバック数:0企業情報システム

国内ハイブリッドクラウドインフラストラクチャ利用動向調査結果を発表

...パブリッククラウドサービスからオンプレミスITインフラに移行する予定がある回答者は8割弱となりました。オンプレミスITインフラの利用を増やす条件としては、セキュリティの向上、容易な導入、PaaS(Platform as a Service)機能の統合提供、運用管理負担の軽減などが挙げられており、オンプレミスITインフラにおいてもパブリッククラウドサービスに近い使い勝手や機能が求められる結果となりました。IDC Japan エンタープライズインフラストラクチャ シニアマーケットアナリストである宝出 幸久 は「複数...

2019年5月13日アリババ★フィードバック数:0マーケティング

GW期間における、中国人観光客のアリペイ消費統計データを発表

...ッシュレス決済の普及を背景に、日本ではより多くの店舗でアリペイを利用できるようになり、中国人観光客の利便性を高めました。日本における一人あたり平均消費額は前年比%増で、最も成長の著しい国・地域の一つです。■2019年の中国ゴールデンウィークの特徴中国の若者世代とシニア世代のユーザーが積極的にアリペイを利用し始めました。中国国外でアリペイを利用した年代生まれのユーザー数は昨年の倍、年代、年代生まれのシニア世代のユーザー数は昨年の倍となり、シニア世代の一人あたり平均消費額は年代生まれと同程度まで伸長しました。また、地方...

2019年5月8日SAS Institute★フィードバック数:0企業情報システム

SAS、GARP調査:リスク管理者の81%が既にAIの価値を実感

...もその状態が続くと確信していますが、AI活用に対するスキルギャップにも言及しています。半数以上 (52%) の回答者が、少なくともある程度は、自社のAIの実装と維持に必要なスキルが不足している可能性を懸念しています。また、回答者は、さらなるAIの活用に向け多くの課題を挙げています。回答者の大多数は、最大の障壁として「データの入手可能性と品質」(59%)、「主要なステークホルダーのAIに対する理解の欠如」(54%)、「モデルの説明性」(47%) を挙げています。SASのシニア・バイス・プレジデント・リス...

2019年4月24日IDCフィードバック数:0ビジネス

国内BPOサービス市場予測/2018年の国内BPOサービス市場規模は前年比4.7%増の7,691億円

...年以降も同市場は比較的高い成長率を維持するとIDCではみています。間接部門を中心に企業や団体の人材不足はますます深刻化し、テクノロジーの導入もそれを背景とした効率化、省力化という側面が強くなっています。「国内BPOサービス事業者は、人材不足に悩む大企業の事務集中センター/シェアードサービス会社や地方公共団体の取り込みを狙うと共に、ITシステムを活用して可能な限りサービスのプラットフォーム化を推進すべきである」と、IDC Japan ITサービス シニアマーケットアナリストである吉井 誠一郎 は述...

2019年4月23日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

セキュリティソリューションに対する世界の支出額は2019年には1,031億ドルに到達する

...の攻撃に備えるために必要な予測型脅威インテリジェンスの他、検知と解析に関する高度な専門性を備えています」と、米国IDC Infrastructure Services シニアリサーチアナリストのマーサ・バスケスは述べています。地域別に見ると、セキュリティソリューションの最大の市場は米国であり、2019年の支出額は447億ドルに達すると予測されます。組み立て製造業と連邦政府の2つが、米国における総支出額の20%近くを占める見通しです。2番目に大きい市場は、中国と予測されています。省/地方政府、通信、中央政府の3つが、中国における総支出額の45%を占...

2019年4月19日IDC★フィードバック数:0デジタル家電

スマートホームデバイス市場は2桁成長と予測

...なデバイスとの組み合わせ販売によって、AmazonとGoogleの両者が勝ち抜けました」と、米国IDC Mobile Device Tracker シニアリサーチアナリストのジテシュ・ウブラニは述べています。また「ただし、2019年には、さまざまなデバイスを結合し、ユーザーの要望に適合させたエクスペリエンスを生み出すこと、また、それ以上に音声以外の他のサービスと連携を深めることが重要になります」と述べています。スマートホーム市場は、AmazonとGoogleの2社の寡占状態となりますが、Appleも今後、勢いを増すと予想されます。iOSおよ...

2019年4月18日ドゥ・ハウスフィードバック数:0ライフスタイル

「若年/盛年層・中年層・シニア層の購買行動」に関する調査結果を発表

...2019.04.18「若年/盛年層・中年層・シニア層の購買行動」に関する調査結果スーパーでは老若男女様々な人が買い物をしていますが、年代や世帯構成によって、購買行動に差はあるのでしょうか?今回の調査では20代の若者から70代以上のシニアを対象に購買行動に関する調査を行いました。ここではシニアの購買行動を中心に記載しています。調査サマリシニア女性のスーパーでの買い物スタイルは、『まとめ買い派』3割、『こまめに買い物派』7割。子どもと同居している女性も買い物頻度が高く、『こまめに買い物派』が6割を超えるシニア...

JIPDECとITRが「企業IT利活用動向調査2019」の速報結果を発表

...び総務省の見解です。企業においては、こうしたパスワード認証の問題点に対する理解と、他の認証方式との組み合わせ(多要素認証など)の採用が望まれます。図5.総務省のパスワード変更不要の見解への対応-----------------------------------------------------調査結果を受けて、ITRのシニア・アナリスト 藤 俊満は、「今回の調査において、情報セキュリティ・インシデントが、従来のマルウェア感染やPC・スマートフォンなどの情報機器の紛失・盗難に加えて、ビジ...

2019年4月2日IDCフィードバック数:0企業情報システム

人工知能システムに対する世界の支出額は2019年に約358億ドルに拡大

...、HSBCなどの銀行が、来店者数の増加、収益拡大、コスト削減、より快適でパーソナライズされたカスタマージャーニーなど、AIの効果をすでに体験しています。プロセスの自動化に関連する業界固有のユースケースが主流となっており、その焦点はパーソナライゼーションや予測の目的というAIの次世代型使用に移行し始めています」とIDCヨーロッパ Customer Insight & Analysis シニアリサーチアナリストのアンドレア・ミニョンヌは述べています。Worldwide Semiannual...

職場におけるジェネレーションギャップと無意識の偏見に関する調査

...職場の半数以上、ジェネレーションギャップは「業務を進める上でマイナス」サイコム・ブレインズ社会人調査 国内外で企業の人材育成を支援するサイコム・ブレインズ株式会社 (東京都千代田区、代表取締役社長 西田忠康) はこの度、職場におけるジェネレーションギャップと無意識の偏見に関する調査を実施しました。調査は定年の延長など、働く世代が多様化する一方で、職場での若手、中堅、シニア層の摩擦が増えているという声を受けたもので、社会人167人が回答しています。 職場...

“ペットの飼育と支出”に関するアンケート調査

...査レポートの百分率表示は小数点第1位で四捨五入の丸め計算を行っているため、合計しても100%にならない場合があります。【会社概要】会社名: SBIいきいき少額短期保険株式会社会社紹介 : 当社は、東証一部上場「SBI ホールディングス(株)」のグループ会社です。「シンプルでわかりやすく」「保険料は手ごろに」という、お客様の声をもとに開発した死亡保険、医療保険で、シニア層を中心に幅広い支持を得ています。2017年9月より新たに発売したペット保険も好調です。所在地: 東京都港区六本木1-6-1設立年月日: 2007年7月3日資...

2019年3月22日リクルートフィードバック数:0キャリアとスキル

40歳以上のミドル・シニアに聞いた、転職の不安とは

...プレスリリース記事詳細~40歳以上のミドル・シニアに聞いた、転職の不安とは?~「年齢によって選考の際不利になる」が8割を超える リクナビNEXT登録者アンケート集計結果株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林 大三)は、転職情報サイト『リクナビNEXT』の登録者を対象にアンケートを行いました。今回は回答者の中から、40歳以上を対象に結果をまとめましたので、その一部を、ご報告いたします。調査結果トピックス転職活動の不安は、「年齢によって選考の際不利になる」が8割を...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
 

お知らせ