調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:ふるさと納税

データがいっぱい:ふるさと納税

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。「ふるさと納税」については、関連調査データもぐっと増えています。

2020年5月11日くらしにくふうフィードバック数:0ライフスタイル

くらし情報メディア「ヨムーノ」、「巣ごもり」に関するアンケートを実施

...なオンラインサービスの活用で美味しいものや映画、ゲームを楽しむ人が増えている模様です。一方で、「昔流行った遊び」にも注目が集まっています。家の片隅で眠っていた、懐かしいゲームやダイエット器具を引っ張りだし、家族の団らんとして復活している様子が多くみられました。<回答結果の例>①オンラインサービス・宅配サービス・オンライン飲み会(ビデオ会議サービス「Zoom」など)・動画配信サービス(Amazonプライム・ビデオ、Netflixなど)・宅配サービス(Uber Eats、ふるさと納税など)②ゲームNintendo Switch(中で...

2020年4月2日トラストバンクフィードバック数:0デジタル家電

ふるさとチョイス、ふるさと納税に関する自治体向けアンケート結果を発表

...ふるさとチョイス、ふるさと納税に関する自治体向けアンケート結果を発表 ◇法改正に対し7割が肯定的◇法改正後、寄付が増加した自治体は6割 ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」を企画・運営する株式会社トラストバンク(本社:東京都目黒区、代表取締役:川村憲一、以下「トラストバンク」)は、ふるさと納税に関するアンケートを実施しました。 【調査結果の概要】◆2019年は、約6割の自治体が前年より寄付額を伸ばした。◆法改正後の6月~12月でも、約6割の自治体が前年同期より寄付額が増えた。◆約7割の...

2020年3月5日さとふるフィードバック数:0社会/政治

さとふる、ふるさと納税の利用実態に関するアンケート調査を実施

...さとふる、ふるさと納税の利用実態に関するアンケート調査を実施 ~約5人に1人が被災地への寄付にふるさと納税を活用~ ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」(https://www.satofull.jp/)を運営する株式会社さとふる(本社:東京都中央区、代表取締役社長:藤井 宏明)は、ふるさと納税で寄付をしたことがある男女計8,871人を対象に、ふるさと納税の利用実態に関するアンケート調査を実施しました。 調査結果の概要は以下のとおりです。1. 回答者の3割が2019年の法改正(お礼...

「応援消費」に関する意識・実態を調査

...調査を行いました。 人や企業・地域などを応援する目的の「応援消費」を調査昨今の消費活動の流れとして、人や企業・地域などを応援するためにお金を使う「応援消費」をする人が増えているようです。元々は被災地支援のための消費を指す言葉でしたが、最近では「ふるさと納税」、「クラウドファンディング」、「推しているアイドルへの消費」など、自分以外の誰かのためにお金を使う人が増え、それらを含めて「応援消費」という言葉が使われることが多くなっています。倫理的で正しいと思えるものにお金を使う「エシカル消費」への...

消費税増税による家計の見直し・節約に関する調査2019

...向が高いようです。“スッキリ型節約”では、「通信費(パソコン・携帯電話)」(29.1%)が高い割合となり、「保険」(13.1%)との回答も一定数みられました。また、全回答者(1,000名)に、今後、家計の見直し・節約として行いたいものを聞いたところ、「格安スマホへの乗り換え」(11.1%)が最も高く、次いで「ふるさと納税の利用」(10.5%)、「電力会社の乗り換え」(7.7%)、「保険の乗り換え」(7.5%)、「フリマアプリの利用」(7.0%)となりました。通信...

2019年12月25日ONE COMPATHフィードバック数:0ライフスタイル

電子チラシサービス「Shufoo!」、主婦の年末年始意識調査

...パーマーケット」(70.1%)と回答しています。重箱詰めおせちのセットが主流ですが、伊達巻や栗きんとん、数の子など食べたいものを単品購入するニーズも増えているため、気軽に購入できるスーパーマーケットが重宝されていると思われます。次いで「百貨店・デパート」(18.0%)、「インターネット販売」(12.6%)となりました。また、「その他(自由回答)」の中には「ふるさと納税」と回答した方も少数おり、この時期だけの返礼品として注目されているようです。■帰省中は何かと気遣いばかり・・・夫の実家へ帰省、6割以上が「スト...

2019年12月19日さとふるフィードバック数:0社会/政治

さとふる、ふるさと納税制度見直しに関する自治体・事業者アンケート調査結果を公開

...さとふる、ふるさと納税制度見直しに関する自治体・事業者アンケート調査結果を公開 ~6割以上の自治体が寄付額増加、「ふるさと納税制度の見直し」が影響~ 株式会社さとふる(本社:東京都中央区、代表取締役社長:藤井 宏明)は、ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」(https://www.satofull.jp/)で取り扱う自治体および事業者に対し、ふるさと納税制度見直しに関するアンケートを実施しました。 調査結果の概要は以下のとおりです。1. 回答自治体のうち、5割以...

2019年12月18日インサイトテックフィードバック数:0社会/政治

「ふるさと納税」に関する実態調査

...「ふるさと納税」に関する実態調査ふるさと納税を利用した理由トップ3は、「欲しい返礼品があるから」「税金控除があるから」「得だと思ったから」 このブログについて メディアで話題の不満収集プラットフォーム「不満買取センター」を運営する AIベンチャーInsight Tech(インサイトテック)が送るメディア 「Insight Tech Lab (インサイトテックラボ)」データとAIが教えてくれる毎日のヒントを不定期に発信しています。 執筆...

2019年12月9日医師のともフィードバック数:0社会/政治

医師200名に聞いた ふるさと納税に関する意識調査

...2019.11.28更新何割の医師がふるさと納税経験あり?年間の寄附金額は?年末になり、1年の中で需要が最も高まる「ふるさと納税」。医師のともでは、登録医師200名のご協力のもと、「医師が考えるふるさと納税」一般的に高収入だといわれている医師の方たちは、ふるさと納税について どのように考えられているのか、回答結果を発表します。<目次>前段:アンケート対象医師属性①8割弱がふるさと納税の利用経験あり②年間の寄附金額は30万円~50万円が最多③ふるさと納税以外の節税対策では「確定拠出年金」が人...

2019年11月22日Sansan★フィードバック数:0ビジネス

名刺交換から地域のビジネス関係人口を測定する

...Sansan、NPO法人ETIC.と共同でビジネスにおける関係人口を推算 ビジネス関係人口が多い地方自治体を発表Sansan株式会社は、NPO法人ETIC.と共同でビジネスにおける関係人口「ビジネス関係人口」推算し、本研究について11月8日(金)に開催された「ローカルベンチャーサミット2019」で発表しました。■関係人口とは関係人口は、その地域に住んでいる「定住人口」と、観光などで一時的に立ち寄ったり宿泊したりする「交流人口」の中間にある概念として位置付けられており、副業や兼業、ふるさと納税...

2019年6月24日さとふるフィードバック数:0社会/政治

ふるさと納税制度見直しに関する自治体アンケート調査結果

...さとふる、ふるさと納税制度見直しに関する自治体アンケート調査結果を公開 ~約63%の自治体が制度見直し後の寄付額に「影響はない」「増加すると思う」と回答~ ソフトバンクグループの株式会社さとふる(本社:東京都中央区、代表取締役社長:藤井 宏明)は、ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」(https://www.satofull.jp/)で取り扱う自治体に対し、ふるさと納税の活用状況や制度見直しに関するアンケートを実施しました。 調査結果の概要は以下のとおりです。1. 回答自治体のうち、約95...

自治体における共同利用型RPAの実証実験結果の報告

... on Callで行い、自治体業務の変革につなげる取り組みと位置づけました。 対象業務(シナリオ) シナリオ1.単価契約の変更契約業務 燃料等の市場価格変動によって生じる契約変更に必要となる、決裁関係書類一式を作成 シナリオ2.ワンストップ特例申請の省力化 寄付者のふるさと納税のワンストップ特例申請書から、寄付元自治体へ通知するeLTax用データを作成 シナリオ3.給与支払報告書の入力支援 事業所等から送られてくる給与支払報告書を基幹システムへ取込むため、取込フォーマットに成形 シナリオ4.要介...

2019年3月12日さとふるフィードバック数:0社会/政治

ふるさと納税の利用実態に関するアンケート調査

...2019年 ふるさと納税利用実態アンケート結果発表2019年 ふるさと納税利用実態アンケート結果発表調査概要実施期間:2019年1月25日~2019年2月1日手法:インターネット調査実施機関:株式会社さとふる対象:「さとふる」・さとふる公式SNS・メールマガジン閲覧者20歳以上の男女計1,214人※※ふるさと納税制度を活用して寄付をしたことがある人が1,179人、したことがない人が35人※「さとふる」を利用したことがない人を含む回答者の出身地と現住所(上位5自治体)トピック1 2018年利...

2019年3月7日ジャストシステムフィードバック数:0社会/政治

2018年、「ふるさと納税」をした人は2割弱

...Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2019年1月度)2018年、「ふるさと納税」をした人は2割弱「ふるさと納税」利用者の約半数が「ワンストップ特例制度」を活用調査結果サマリー2018年、「ふるさと納税」をした人は2割弱。前年より増加 2018年にふるさと納税をした人は16.1%で、2017年12月度調査(13.4%)より2.7ポイント増加しました。年代別で見ると10代(12.0%)、20代(21.0%)、30代(18.0%)、40代(13.5%)、50代(18.5%)、60代(11.5...

2019年2月19日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

情報収集は、「テレビ」よりも「スマートフォン」

...舗に確かめに行っていない」 マッ... 調査結果サマリー 今年、EC担当者が注目したキーワードは、1位「AI」、2位「ブラックフライデー」、3位「... 調査結果サマリー 「被災地の支援になる」という情報がきっかけで、約2割が「ふるさと納税」を認知 ふるさと... 調査結果サマリー 話題の“エフェメラルSNS”利用率1位は「SNOW」で、「Snapchat」を抜く 前... 調査結果サマリー 10~30代女性の「LINE」利用率は、「YouTube」を上回る ... 調査結果サマリー 既婚女性のスマホユーザーのうち、3割が...

2018年12月25日楽天フィードバック数:0マーケティング

2018年鍋ギフトランキング速報

...若杉牛もつ鍋セット 2~3人前 (もつ鍋・水炊き 博多若杉) https://item.rakuten.co.jp/wakasugi/motusyou-2_3/【5位】特大2Lサイズ 広島県産 牡蠣 約1kg (食の達人森源商店) https://item.rakuten.co.jp/morigen/kaki-01/【6位】本場博多もつ鍋セット 2人前 (博多もつ鍋二十四 楽天市場店) https://item.rakuten.co.jp/motsu24/motsu_set13【7位】【ふるさと納税】土佐...

2018年12月6日楽天フィードバック数:0ライフスタイル

おせちに関する意識調査

...に入りの重箱に盛り付け」。Point7:知る人ぞ知る?「ふるさと納税おせち」*の認知度は 25.8 % * 様々な自治体に寄付できる制度「ふるさと納税」の返礼品として貰える「おせち」のこと 2019年のお正月に向け、楽天市場は、10月1日(月)より特設ページ「楽天市場のおせち特集2019」を公開中です。人気の高い重箱詰め「冷凍おせち」のほか、キッチンアイテムと組み合わせて楽しむのにぴったりの単品おせち、フレンチや中華のおせち、1人用おせち、愛犬用おせちまで、ユーザーの多様な需要に合わせた、バラ...

2018年12月3日大和ネクスト銀行★★フィードバック数:0社会/政治

平成時代の思い出とポスト平成に関する調査2018

...位「貯蓄」2位「仕事」3位「恋愛・結婚」20代女性の8割半が「平成時代にお金を使いすぎたと思う」と回答平成時代に良いお金の使い方ができたと思うこと 1位「レジャー・旅行」2位「住宅」3位「子どもの教育」■ 平成時代の出来事と思い出 ■平成時代に40代・50代・60代がハマったブーム 「パソコン」「若貴」「カラオケ」「塩麹」平成時代に自身の生活を大きく変えた制度・取り組み 1位「消費税」、20代では「ゆとり教育」が3割開始されて良かった制度・取り組み 3位「ふるさと納税」2位「クール・ビズ」、1...

2018年11月26日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

お一人様消費とSNS投稿に関する実態調査

...ホカメラの自動設定機能がほしい」 ... 調査結果サマリー 4人に1人が、商品やサービス名に「AIが付いていると、購入してみたい」 ... 調査結果サマリー 2018年、「ふるさと納税」をした人は2割弱。前年より増加 2018年にふるさと納... 調査結果サマリー 20代の住まい探しは「PCとスマートフォンの併用」が約4割 インターネットの賃貸情報サ... 調査結果サマリー 3人に1人が「情報銀行」を認知。利用率は7.2% 消費者が自身の行動履歴や... 調査結果サマリー QR・バーコード決済、約4割が「大型イベント時」に的...

2018年11月15日楽天フィードバック数:0大型消費/投資

都道府県別『ふるさと納税』返礼品嗜好性ランキング

...“堅実な県”1位は「高知県」!? 楽天ふるさと納税が「都道府県別『ふるさと納税』返礼品嗜好性ランキング」を発表! 「ふるさと納税」返礼品に何をもらっているかから県民性がまるわかり!楽天株式会社が運営するふるさと納税ポータルサイト「楽天ふるさと納税」は、10月11日(木)に、「都道府県別『ふるさと納税』返礼品嗜好性ランキング」を発表しましたのでお知らします。  「都道府県別『ふるさと納税』返礼品嗜好性ランキング」は、「楽天ふるさと納税」における、2018年1月1日から9月30日ま...

2018年11月14日さとふるフィードバック数:0ライフスタイル

秋・冬の寒い季節に特に好まれる、鍋料理に関するアンケート調査

...地域によって違う、寄せ鍋の特徴を徹底調査!ふるさと納税 地域によって違う、寄せ鍋の特徴を徹底調査! 肌寒い季節が近づいてくると食べたくなるのが「鍋料理」。簡単にパパッと作れるのにおいしくて、日本人が大好きな料理のひとつです。石狩鍋、きりたんぽ鍋、芋煮鍋、のっぺい汁、水炊きなど、地域によって「ご当地鍋」も数多くあることから、家庭の味にも具材や味覚の差があるのではないでしょうか。そこで今回は、地域を選ばず食べられている「寄せ鍋」料理について聞いてみました。海に囲まれた日本は、それ...

2018年10月25日さとふるフィードバック数:0ライフスタイル

カニに関するアンケート調査

...さとふる、カニに関するアンケート調査結果を公開 さとふる、カニに関するアンケート調査結果を公開~北海道では8割の人がカニをゆでて食べると回答。 近畿地方では「鍋」「焼く」の食べ方が人気~ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」()を運営するソフトバンクグループの株式会社さとふる(本社:東京都中央区、代表取締役社長:藤井 宏明)は、ふるさと納税のお礼品として人気が高い※1カニに関するアンケート調査結果を公開しました。調査結果の概要は以下のとおりです。1. カニをゆでて食べる人の割合が5割を...

2018年8月9日マージェリックフィードバック数:0社会/政治

【20代女性の田舎に関する意識調査】「田舎に魅力を感じる」のは7割以上、約6割が毎年田舎を訪問

...スタグラムやtwitterなどのSNSでの発信が有効であることがわかりました。<調査概要> 調査対象20〜40代女性 調査期間2018年7月18〜25日 調査方法インターネットリサーチ 有効回答数 432名 (20代:223名、30代:104名、40代:105名)■『日本ゲンキプロジェクト』について2008年からスタートしたふるさと納税は、多彩な返礼品やポータルサイトの登場による手続きの簡略化、控除上限額の引き上げなどにより、ここ数年で寄付総額が急増しています。一方で、ふるさと納税 実施自治体間での税...

2018年2月18日マクロミルフィードバック数:0大型消費/投資

確定申告シーズンが到来。普段からのお金の管理について調査!

...書類をどのように提出するのでしょうか。「税務署に行って紙の書類で提出」は%、「郵送で提出」が%で、合計%が“紙”で提出をすることが分かりました。また、窓口の混雑緩和対策にもなるとされているインターネット経由での申請()での提出は、%に止まっています。家計簿は、紙派?アプリ派?EXCEL派? 最多は、昔ながらの「紙の家計簿」27%。 一方、「何も使っていない」人が42%、家計管理は“頭の中でなんとなく”が多数?医療費が年間万円を超えた場合の「医療費控除」や、ふるさと納税などの寄付をした場合の「寄付金控除」など、普段からの“家計管理”が重...

2018年2月1日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

ビットコインの認知度は、男性が約6割、女性が約4割

...、ビットコインを所持していない人のうち、今後ビットコインを利用してみたいと回答した人の割合は、10代が35.6%、20代が25.7%、30代が17.1%、40代が12.0%、50代が7.7%、60代が3.0%で、若年層ほど利用意欲が高いことがわかりました。※「ぜひ利用してみたい」「どちらかというと利用してみたい」の合計。昨年末のECセールで、最も認知されていたのは「楽天スーパーSALE」「ライブコマース」の認知度は約3割ふるさと納税ポータルの利用率は、1位「ふるさとチョイス」、2位「さとふる」、3位...

2018年1月29日LINEフィードバック数:0ライフスタイル

【LINEショッピング】掲載アイテム数が3,000万点を突破 利用ユーザーは25歳から34歳が最も多く、7割以上が女性

...層だけでなく幅広い世代にご利用いただいており、ユーザーの広がりに乗じてファッションブランド・ショッピングモール・ふるさと納税ポータルサイトなど、利用しているショップも多種多様となっております。今後は、ユーザーが楽しんでお買い物ができる独自のキャンペーンも強化していくとともに、オンラインだけでなくオフラインとの連携強化も視野に入れ、よりシームレスにショッピングを楽しんでいただける価値を提供していく予定です。「LINEショッピング」では、2018年度は流通総額1,000億円を目標に掲げ、新たな店舗の追加やサービスの機能改善・コン...

「ポイントカード」に関するアンケート

...ントカード活用術を教えてください。ポイント○○倍デーにまとめ買いをする、ポイントでふるさと納税をする、など、今回もいろいろな回答が集まりました! ●グラフ数値について●スペースの関係上、数値が表示されていない場合もございます。気になるデータがあればお気軽にお問合せください。 ●お問合せ先●調査結果の引用について、クロス集計データ・生データ購入など、 お気軽にお問合せください。インターワイヤード株式会社DIMSDRIVE事務局(ディムスドライブ事務局)mail: timely@dims.ne.jp...

2018年1月24日トラストバンクフィードバック数:0大型消費/投資

2017年下半期ふるさと納税の人気ランキング

...トラストバンク、2017年下半期ふるさと納税の人気ランキングを発表 お礼の品数などで日本最大のふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」における寄附金の使い道と地元産品のお礼の品に関するランキング ふるさと納税総合サイト『ふるさとチョイス』(https://www.furusato-tax.jp/)を企画・運営する、株式会社トラストバンク(本社:東京都目黒区、代表取締役:須永珠代、以下「トラストバンク」)は、2017年7月1日から12月15日までの約6カ月間を対象にした2017年下...

2017年12月28日楽天フィードバック数:0ライフスタイル

人気ご当地鍋ランキング速報

...上*の鍋関連商品を扱っています。その中で最も人気の高いご当地鍋は、すき焼きという結果になりました。「楽天市場」では全国各地のブランド牛肉を取り揃えており、ふるさと納税の返礼品としても人気があります。好みに合わせたお肉をお取り寄せできることが、すき焼きの人気に繋がっているようです。*2017年10月31日時点<すき焼き>人気NO.1商品店舗名:吉祥吉商品名:特上クラシタ肩ロースすき焼き用100gURL:https://item.rakuten.co.jp/kobegyukisshokiti/suki...

2017年12月22日トラストバンクフィードバック数:0社会/政治

ふるさと納税に関する調査

...2017/12/26トラストバンク、地域通貨に関する産官学共同事業を立ち上げ2017/12/06トラストバンク、ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」を通じた 「ふるさと起業家創出プロジェクト」を発表2017/12/01トラストバンク、今年最後のふるさと納税イベント「ふるさと納税感謝祭 in 有楽町駅前広場」を開催!2017/12/01トラストバンク、ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」の広告イメージキャラクターにキャイ~ンを起用2017/11/30トラストバンク、「ふる...

2017年11月27日トラストバンクフィードバック数:0社会/政治

ふるさと納税に関する調査

...TOP > トラストバンク、「ふるさと納税に関する調査」を発表~ふるさと納税を知っているが、制度の趣旨を知らない人の割合「3割以上」/20代の約二人に1人が制度利用の理由を「お礼の品」だけでなく「災害支援」「ふるさとへの貢献」と回答/ガバメントクラウドファンディング、7割以上が知らない一方で約5割が利用意向〜 プレスリリーストラストバンク、「ふるさと納税に関する調査」を発表 〜ふるさと納税を知っているが、制度の趣旨を知らない人の割合「3割以上」/20代の約二人に1人が制度利用の理由を「お礼...

2017年11月16日楽天フィードバック数:0ライフスタイル

ふるさと納税に関する意識調査

...<育児中のママ・パパ1,000人を対象にふるさと納税事情を調査>ふるさと納税をしたことのない30代ママ・パパの約7割が「興味あり」やらない理由「1位 手続きが面倒くさそう」「2位 仕組みがわからない」 ~「楽天ふるさと納税」なら、買い物感覚で納税&ポイントも使えて貯まる!~ 子育て中のママとパパを応援する楽天の会員プログラム「楽天ママ割」は、育児中の30-40代男女1,000人を対象に、ふるさと納税に関する意識調査を実施しました。 ◆ふるさと納税の満足度96.2%!実施理由は「返礼品」と「税金...

2017年11月15日楽天フィードバック数:0ライフスタイル

楽天市場 ヒット番付 2017 速報

...具キッチン用品・食器・調理器具ダイエット・健康医薬品・コンタクト・介護花・ガーデン・DIYペットフード・ペット用品スポーツ・アウトドアゴルフおもちゃ・ホビー・ゲームCD・DVD・楽器本・雑誌・コミック車用品・バイク用品学び・サービスこの商品を買った人は、こんな商品も買っています 関連特集【ふるさと納税】2018年間ランキング 人気温泉地1位は!?TOP20を大発表! 電子書籍年間ランキング2018 ディズニー クリスマスギフト スター・ウォーズ クリスマスギフト マーベル クリスマスギフト ご縁の国 しま...

2017年10月22日ジャストシステムフィードバック数:0企業情報システム

人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2017年8月度)

...も私たちの生活のいたるところで「AI」の存在を感じるようになるんでしょうか。今月は公務員や芸能関係の仕事について、「AIに置きかわるかどうか」を聞いています。その他、AIによる創作物やAI家電などについても聞いています。ぜひ参考にしてください。 調査結果サマリー 「被災地の支援になる」という情報がきっかけで、約2割が「ふるさと納税」を認知 ふるさと... 調査結果サマリー スマートフォンでよく使う機能を集約するなら、1位「Yahoo!」、2位「LINE」、3位「楽天市場」... 調査結果サマリー 男性の4人に1人が、ファ...

2017年10月14日国税庁フィードバック数:0社会/政治

平成28年度における国税電子申告・納税システム(e-Tax)の利用に関するアンケート

...ナンバーカードに標準的に搭載される電子証明書の活用などにより、個人納税者の方の e-Tax 利用を簡便化するためのシステム修正を進めており、平成 31 年 1 月からご利用いただける予定です。詳しくは、e-Taxホームページ(【平成 31 年1月開始】e-Tax 利用の簡素化に向けて準備を進めています)をご確認ください。2 操作について<ご要望>操作をより簡単、簡潔にしてほしい。<回 答>国税庁では、e-Taxをより簡単に操作できるよう努めており、例えば、国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」では、ふるさと納税に係る寄附金控除の入力について、自治...

2017年10月4日トラストバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

シニア世代の働く意欲に関する意識調査 トラストバンク

...トラストバンク、「シニア世代の働く意欲に関する意識調査」を発表 ◇60歳以上の3割近くが、希望退職年齢を「70歳」と回答、一方で約6割が60歳以下で仕事を辞めている実情が明らかに ◇10人に1人が80歳以上も「働きたい」と回答 国内最大級のふるさと納税総合サイト『ふるさとチョイス』(https//www.furusato-tax.jp/)を企画・運営する、株式会社トラストバンク(本社:東京都目黒区、代表取締役:須永珠代、以下「トラストバンク」)は、働いた経験のある60代以上の男女1,111名を...

2017年9月19日トラストバンクフィードバック数:0社会/政治

「ふるさと納税の寄附金の使い道」ランキング

...トラストバンク、「ふるさと納税の寄附金の使い道」ランキングを発表 〜ふるさと納税の寄附金の使い道に対する関心分野は「災害支援」が最も多く、次いで「子育て・教育」。年齢が高くなるにつれ「高齢者支援」の関心高まる〜 日本最大級のふるさと納税総合サイト『ふるさとチョイス』( https://www.furusato-tax.jp/ )を企画・運営する、株式会社トラストバンク(本社:東京都目黒区、代表取締役:須永珠代、以下「トラストバンク」)は、 20代以上の男女1,111名を対象に「ふるさと納税...

2017年9月18日トラストバンクフィードバック数:0社会/政治

災害支援に関する意識調査

...トラストバンク、「災害支援に関する意識調査」 ◇ふるさと納税を活用して災害支援ができることを「知っている」人は2人に1人◇7割超がふるさと納税に限らず「災害支援」の経験あり◇20代男性の5人に1人が「被災地での支援」経験ありと回答 国内最大級のふるさと納税総合サイト『ふるさとチョイス』(https//www.furusato-tax.jp/)を企画・運営する、株式会社トラストバンク(本社:東京都目黒区、代表取締役:須永珠代、以下「トラストバンク」)は、20代以上の男女1,111名を対象に「災害...

2017年8月24日トラストバンクフィードバック数:0大型消費/投資

地方移住に関する意識調査

...トラストバンク、東京在住者の「地方移住に関する意識調査」結果を発表 〜2人に1人が「地方移住」に関心あり/「地方移住」に関心がある20代の2割が「今後1年以内に地方移住をしたい」と回答/移住希望先は、1位が「沖縄県」次いで「北海道」、「長野県」がランクイン〜 ふるさと納税総合サイト『ふるさとチョイス』( https://www.furusato-tax.jp/ )を企画・運営する、株式会社トラストバンク(本社:東京都目黒区、代表取締役:須永珠代、以下「トラストバンク」)は、東京...

2017年8月20日インテージフィードバック数:0社会/政治

全国ふるさと名物5000産品 1万人の知名度調査

...銘菓事典』株式会社東京堂出版、『事典日本の地域ブランド・名産品』日外アソシエーツ株式会社、『ふるさと納税ハンドブック』日本経済新聞出版社などから抽出調査結果の詳細 各都道府県内と全国の知名度の差が最も大きいのは2年連続で秋田県「金萬」各都道府県内における知名度と全国知名度のギャップに関しては、秋田県「金萬」が2年連続で最も大きいという結果になりました。福井県「越のルビー」、徳島県「金長まんじゅう」にも80pt以上の大きな知名度ギャップがあります。図表1に挙がっている産品のほかにも、31都道府県の104産品...

2017年8月18日トラストバンクフィードバック数:0大型消費/投資

地方移住に関する意識調査

...トラストバンク、東京在住者の「地方移住に関する意識調査」結果を発表 ◇2人に1人が「地方移住」に関心あり◇「地方移住」に関心がある20代の2割が「今後1年以内に地方移住をしたい」と回答◇移住希望先は、1位が「沖縄県」次いで「北海道」、「長野県」がランクイン ふるさと納税総合サイト『ふるさとチョイス』(https//www.furusato-tax.jp/)を企画・運営する、株式会社トラストバンク(本社:東京都目黒区、代表取締役:須永珠代、以下「トラストバンク」)は、東京在住者を対象に「地方...

2017年8月3日トラストバンクフィードバック数:0大型消費/投資

「ふるさとチョイス」における寄附金の使い道とお礼の品に関するランキング

...トラストバンク、2017年上半期ふるさと納税の人気ランキングを発表 ~日本最大級のふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」における寄附金の使い道とお礼の品に関するランキング ~ 日本最大級のふるさと納税総合サイト『ふるさとチョイス』(https://www.furusato-tax.jp/)を企画・運営する、株式会社トラストバンク(本社:東京都目黒区、代表取締役:須永珠代、以下「トラストバンク」)は、2017年1月1日から6月30日までの6カ月間を対象にした2017年上...

2017年7月13日総務省フィードバック数:0社会/政治

平成29年度ふるさと納税に関する現況調査

...(2017年07月04日) ふるさと納税の直近の実績について、全都道府県、市区町村を対象に調査を行い、以下のとおり調査結果を取りまとめましたので公表します。(実績は平成28年度決算見込の状況)...

2017年7月12日さとふるフィードバック数:0社会/政治

ふるさと納税の寄付金使途についてアンケート調査

...ホーム>お知らせ一覧> [プレスリリース] ふるさと納税の寄付金使途についてアンケート調査を実施 ~約9割の人が「共感できる寄付金の使途があれば、ふるさと納税をしたい」と回答~お知らせ [プレスリリース] ふるさと納税の寄付金使途についてアンケート調査を実施 ~約9割の人が「共感できる寄付金の使途があれば、ふるさと納税をしたい」と回答~報道関係各位2017年7月3日 株式会社さとふるふるさと納税の寄付金使途についてアンケート調査を実施~約9割の人が「共感できる寄付金の使途があれば、ふるさと納税...

2017年7月9日VOYAGE GROUP★フィードバック数:0社会/政治

一般消費者の確定拠出年金に対する実態調査

...,500万円以上8.2%) 用語の認知度について(複数選択可) 「ふるさと納税」の認知度は最も高く77.1%、次いで「NISA」59.8%、確定拠出年金は、「個人型」「企業型」ともに5割に満たず、「企業型」は「個人型」より若干高い認知度でした。確定拠出年金の別名「日本版401K」「iDeCo」「DC」は、いずれも2割に満たず、表記方法によって大きな差が見られました。 確定拠出年金の加入率(1つ選択) 確定拠出年金の加入率は、「企業型」「個人型」を合わせて21%となっており、認知度同様「企業型」が「個人...

2017年6月29日VOYAGE GROUPフィードバック数:0大型消費/投資

一般消費者のお金に関する実態調査

...た。現在行っていないが今後行ってみたいものとしては「ふるさと納税」が最も関心が高く28.4%、「先物取引」が最も関心が低く5.9%でした。 資産運用・形成の相談に関する対象者(それぞれ1つずつ選択) 全体的に相談することに抵抗はない割合は、抵抗がある割合に比べ高いものの、「相談する機会がない」や「該当者する人がいない」が高く、資産運用・形成において、気軽に相談できる機会の少なさが課題の一つと考えられます。 相談することに抵抗がない対象者としては、「配偶者」が最も多く49.7%、次いで「配偶...

2017年4月25日ジーコムフィードバック数:0社会/政治

「福岡県居住者のふるさと納税の利用」調査

...独自調査「福岡県居住者のふるさと納税の利用」調査結果レポート公開2017/04/11株式会社ジーコムふるさと納税の名称認知度は97.8%。実施経験率は15.8%で、40代や子育て層で高い。今年のふるさと納税の実施意向層の割合は52.7%、実施経験層では90.9%に及ぶ。女性や20代・40代、子育て層で高くなっている。 調査方法:インターネット調査調査規模:558サンプル調査対象:福岡県在住の20歳の以上男女実施日:2017年2月15日~2月20日...

2017年4月20日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

ECサイトの配送に関する意識調査

...率がFacebookと並ぶ スマート... 調査結果サマリー 朝起きてから夜眠るまで、最も利用されているアプリは「LINE」 スマートフォンユーザー... 調査結果サマリー 今後、家を持ちたい男性の5人に1人が、「中古のリノベーション物件」を希望 ... 調査結果サマリー 「読み放題型」利用で、約半数が「電子書籍リーダー購入」に前向きに 「月額制の読み放題型... 調査結果サマリー 2018年、「ふるさと納税」をした人は2割弱。前年より増加 2018年にふるさと納... 調査結果サマリー マン...

2017年3月30日ドゥ・ハウス★フィードバック数:0社会/政治

「ふるさと納税」に関する調査

...2017.03.23「ふるさと納税」に関する調査結果「ふるさと納税」をすると税金が控除されたり、寄付して地域を応援できたり、好きなお礼品を選べる制度は、最近はTVやCMで頻繁に見かけるようになりましたが、2008年にスタートしたものだそうです。本調査では、「ふるさと納税」のサイトを閲覧して寄付をしたことがある人に焦点をあてて、寄付している都道府県やお礼品などの実態を探っています。調査サマリふるさと納税で最も利用するサイトは「ふるさとチョイス」 直近で寄付した都道府県トップ3は、1位「北海...

2017年3月17日生活ガイド.comフィードバック数:0大型消費/投資

全国住みたい街ランキングベスト100 2016年版

...「オリジナリティあふれる✨ふるさと納税返礼品ランキング」投票受付中 2019年版 横浜市は今回も不動の1位をキープしました。 前回2016年版より躍進したのはいま映画でも話題のさいたま市(41位⇒6位)と西日本で憧れの街常連の西宮市(22位⇒10位)で、さらに世田谷区、港区、福岡市、神戸市がランクアップ。京都市(2位⇒11位)と那覇市(10位⇒13位)が残念ながらトップ10落ちしてしまいました。 生活ガイド.comに掲載のある行政データのランキングとの比較も行ってみました。転入...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
 

お知らせ