調査のチカラ TOP > 特集一覧 > データがいっぱい:キャッシュレス決済

データがいっぱい:キャッシュレス決済

世間の注目が集まる分野には調査データが増加します。「キャッシュレス決済」については、関連調査データもぐっと増えています。

キャッシュレス決済の利用状況に関する調査

...ナポイント事業で人気の決済手段も公開ソフトバンク株式会社の子会社であるSBペイメントサービス株式会社は、キャッシュレス決済の利用状況について、消費者に対して3回にわたりアンケート調査を実施しました。実施した調査結果の一部を抜粋してお知らせします。<調査背景>2019年10月から政府による「キャッシュレス・ポイント還元事業」が実施され、日本国内においても消費者のキャッシュレス決済の利用意欲が高まっています。そこで、今急激にユーザー数を拡大しているQRコード決済の利用状況や、新たに2020年9月から始まる政府の「マイナポイント事業」の利用意向について、消費...

2020年8月21日三井住友カードフィードバック数:0ライフスタイル

中高生とキャッシュレスの実態

...キャッシュレス決済の基礎知識・最新情報をお届けします。 Have a good Cashless.基礎知識高校生は2人に1人がキャッシュレス決済利用者。令和の中高生のキャッシュレス事情は?高校生は2人に1人がキャッシュレス決済利用者。令和の中高生のキャッシュレス事情は? クレジットカードをはじめ電子マネーやスマートフォンのQRコード決済など、多くのキャッシュレス決済が揃う今日このごろ。今回は中高生を子に持つ親500名とその子どもたちに、キャッシュレス決済...

2020年8月14日キュービックフィードバック数:0ビジネス

【コロナ禍のキャッシュレス事情調査】事業者の9割がキャッシュレスの消費者還元事業に効果を感じず

...に伴うコストに対して利用が少ないだろうと感じていることがわかります。キャッシュレス決済の代表格であるクレジットカードや電子マネー決済の利用には加盟店手数料が約3%かかる場合があり、店舗にとって大きな負担だということは想像に難くありません。一方で、QRコード決済サービスでは、低負担で導入できるキャンペーンなどが展開されています。低負担で利用できるサービスがあるにもかかわらず導入コストを負担に感じている店舗が意外に多い結果となりました。キャッシュレスといえば従来のクレジットカードなどであるという前提で回答している店舗もあるのかもしれません。また、この調査は2020年6...

2020年7月28日インフキュリオンフィードバック数:0マーケティング要登録

QRコード決済の利用率は48%。外出自粛期間の影響で、約30%が消費行動に変化

...QRコード決済の利用率は48%。 外出自粛期間の影響で、約30%が消費行動に変化インフキュリオン、「決済動向2020年6月調査」を発表 株式会社インフキュリオン(本社:東京都千代田区、代表取締役:丸山 弘毅)は、新型コロナウイルス感染拡大や2020年6月に終了した「キャッシュレス・消費者還元事業(※)」に伴う、キャッシュレス決済利用の変化を調査しました。調査では、全体の半数の方がQRコード決済を利用していることが分かりました。また、キャッシュレス決済...

顧客ロイヤルティの高い推奨者はクレジットカードの月額利用金額が高い

...%は両サービスを併用。利用率1位はPayPayクレジットカード以外のキャッシュレス決済として、電子マネーおよびQRコード決済の利用有無を調査したところ、43.0%は両サービスを併用、34.1%が電子マネーのみを利用、9.8%がQRコード決済のみを利用しており、全体の86.9%がいずれかまたは両方のサービスを利用している結果となりました。利用者のうち、電子マネーおよびQRコード決済の中で最も利用率が高かったのは、QRコード決済のPayPay(41.6%)となり、2位以降は、Suica(38.2...

2020年7月17日NEXERフィードバック数:0ライフスタイル

【キャッシュレス】まったく現金を使わない人は4.0%

...について、アンケートを実施しました。「キャッシュレス決済に関するアンケート」調査概要インターネットでのアンケート※自社運営のアンケートサイト「ボイスノート」を始め複数の調査サービスを利用して調査を実施 質問1:キャッシュレス決済(クレジットカード決済・QRコード決済・ICカード決済など、現金を使用しない決済方法)を利用していますか?質問2:どのような種類のキャッシュレス決済を利用していますか?[複数回答可]質問3:最近の生活の中で、現金はどのくらいの頻度で使用していますか?質問4:財布の中に、現金...

2020年7月16日楽天インサイトフィードバック数:0大型消費/投資

キャッシュレス決済に関する調査

...した決済方法を最も利用する理由【「現金」選択者】(n=291:最も利用する決済手段を「現金」と回答した人)複数選択 単位:% キャッシュレス決済を最も利用する人の理由は、「ポイントが貯まり、使えるから」や「スムーズに支払いできるから」、「『ポイント還元制度』の対象になるから」最も利用する決済手段として「現金」以外(「クレジットカード」、「カード型電子マネー」、「QRコード決済」、SuicaやPASMO、QUICPayなどの「スマホ非接触決済」、「プリペイドカード」、「デビットカード」)を選択した人の理由は、「ポイントが貯まり、使え...

2020年7月10日ぐるなびフィードバック数:0ライフスタイル

キャッシュレスに関する調査レポート

...が週1回以上キャッシュレス決済を利用②91.4%が「今後もキャッシュレス決済利用を利用したい」と回答③コロナ前後で、現金に触れることに対して衛生上の抵抗が27.2ポイント増加キャッシュレス決済の利用頻度 ・「クレジットカード」、「電子マネー/QRコード決済」ともに全体の60%以上が週1回以上利用。・「クレジットカード」は年代があがるにつれて利用頻度が高い傾向にあり、中でも50代男性では67.0%、60代女性では73.3%が週1回以上利用しています。・「電子マネー/QRコード決済」の利...

2020年4月1日ジェーシービーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

キャッシュレスに関する調査

...日本全国、決済手段を選ぶ上で最も重視するのは「安全・安心」最も安全だと思うキャッシュレス決済第1位は「クレジットカード」安全・安心の正体は「盗難時の補償」「不正検知システム」「本人認証サービス」と判明 ~“安心”重視の「滋賀県」「埼玉県」「徳島県」、“おトク”重視の「福島県」「愛知県」「沖縄県」など、決済手段選びには地域差が存在~ 株式会社ジェーシービー (本社:東京都港区、代表取締役会長兼執行役員社長:浜川 一郎、以下:JCB)は、決済手段の「安全・安心」に関して、全国47都道府県の20...

20代・30代・40代の金銭感覚についての意識調査2020

...や後輩におごっている40代は15% 40代がおごっている金額の平均は7,680円/月 ≫ 無理せず買える範囲で良いものを選ぶ人は年代が上がるほど高い傾向≫ キャッシュレス派が増加 増加は20代で目立つも積極利用は30代・40代≫ 「消費税増税後に、キャッシュレス決済をする機会が増えた」20代54% 30代56% 40代54%≫ QRコード決済アプリの利用者急増、30代・40代の使用率は30ポイント前後上昇≫ 消費の矛先で世代差 “友人とのつながり”や“SNS映え”にお金をかけたい人は若い年代ほど高い傾向≫ 20代の...

2020年3月13日NTTドコモ★フィードバック数:0モバイル

中高生のスマートフォン事情

...スタッフへの相談実際にトラブルに遭われた場合や不安を感じた際には、インターネットトラブルに精通した専門スタッフに電話で相談できます。また、必要に応じて、消費生活アドバイザーなども対応します。(3)キャッシュレス決済の不正利用を補償(付帯保険)各事業者が提供するQRコード決済やクレジットカード決済などにおいて、不正利用の被害に遭われた場合に補償する「不正決済補償」(最大100万円)を付帯します。▼「ネットトラブルあんしんサポート」 https://nettrouble.docomo.ne.jp/ このプレスリリースには、メデ...

2020年2月4日三井住友VISAカード★フィードバック数:0ライフスタイル

【ヒトトキ調査】くらべてみました!キャッシュレス派VS現金派では家計管理に差がある?!

...・現金それぞれの決済方法が家計管理に及ぼす影響を徹底レポートします。 キャッシュレス?現金?その決済方法を選ぶ理由とは今回の調査ではキャッシュレス派250人と現金派250人にアンケートを実施。まず決済の内容ですが、現金派が使う決済方法はもちろん100%現金であるのに対して、 キャッシュレス派が使う決済方法には多様性があります。最も多かったのはクレジットカードで56.4%、Suicaなどの電子マネー決済が18.4%、PayPayなどのQRコード決済が14.8%と続きます。ひとくちに「キャッシュレス決済...

2020年1月23日MMDLaboフィードバック数:0ライフスタイル

【第1弾】 2020年キャッシュレス・消費者還元事業における利用者実態調査

...テレビ■ 「キャッシュレス・消費者還元事業」でキャッシュレス決済での支払いは変化があったのか? ⇒ 「キャッシュレス決済の支払いが増えた」が約4割■ 「キャッシュレス・消費者還元事業」が始まる前後(10月1日以前と以降)で支払い方法の種類に変化は? ⇒ クレジットカードが9割近い利用率を維持、スマホ決済(QR・非接触)が増加■ 最も利用している「キャッシュレス決済」は? ⇒ 最も利用するキャッシュレスは「クレジットカード」が52.0%、次いで「カード型電子マネー」が19.2%、「QRコード決済」が18.2...

2020年1月20日ジェーシービーフィードバック数:0ビジネス

キャッシュレス・消費者還元事業に関する調査2019

...81.1%、女性65.9%で、男性のほうが15.2ポイント高くなりました。・キャッシュレス・消費者還元事業で利用しているキャッシュレス決済新規利用層と継続利用層のどちらも1位は「クレジットカード決済」全回答者(1,000名)に、キャッシュレス・消費者還元事業で利用しているキャッシュレス決済を聞いたところ、「クレジットカード決済」(79.4%)が最も高く、次いで、「電子マネー決済」(52.5%)、「QRコード決済・バーコード決済」(46.7%)となりました。消費者還元を受けるためのキャッシュレス決済...

2019年12月30日ジェーシービーフィードバック数:0ビジネス

JCB、「キャッシュレス・消費者還元事業に関する調査 2019」を発表

...81.1%、女性65.9%で、男性のほうが15.2ポイント高くなりました。・キャッシュレス・消費者還元事業で利用しているキャッシュレス決済新規利用層と継続利用層のどちらも1位は「クレジットカード決済」全回答者(1,000名)に、キャッシュレス・消費者還元事業で利用しているキャッシュレス決済を聞いたところ、「クレジットカード決済」(79.4%)が最も高く、次いで、「電子マネー決済」(52.5%)、「QRコード決済・バーコード決済」(46.7%)となりました。消費者還元を受けるためのキャッシュレス決済...

2019年12月25日博報堂★★フィードバック数:0ライフスタイル

消費増税にともなうキャッシュレス決済状況に関する生活者調査

...を対象に意識や利用実態、今後の期待・展望について聴取しました。<キャッシュレスに関する生活者調査のポイント>【キャッシュレス決済サービスの利用実態】 モバイル決済利用者は約36%と2019年3月の調査から約16ポイント増加。最も利用した決済手段において、現金が減少し、モバイル決済が増加1ヶ月以内にいずれかのモバイル決済サービスを「利用した」と答えた生活者は35.9%で、2019年3月に行った2019年3月の調査から15.9ポイントの大幅増加となりました。その中でもQRコード決済利用者は18.6ポイント増加し、モバ...

2019年12月18日Emotion Techフィードバック数:0ビジネス

Emotion Tech×GMOリサーチによる共同調査 主要コード決済サービスのカスタマー・エクスペリエンスを比較

...舗(2019年12月1日時点)に達しています(※1)。本事業はキャッシュレス決済の利用場所の拡大と利用者の増加を強力に推進するもので、これを受けてスマートフォンを使ったコード決済サービスに注目が集まっています。そこでGMOリサーチとEmotion Techは、各コード決済サービスの利用者が、サービスの認知から、会員登録、支払い、ポイント等の特典の受領までの一連のコード決済サービスに関連する体験(カスタマー・エクスペリエンス)に着目し、主要なコード決済サービスに対して利用者がどの程度満足・愛着...

2019年11月15日マネーフォワードフィードバック数:0大型消費/投資

キャッシュレス決済利用実態調査

...10月は月平均29回で、5回増加していました。『マネーフォワード ME』ユーザーは、現在平均で1日に1回程度、キャッシュレス決済を利用していることが分かりました。昨年より、「PayPay」や「LINE Pay」「メルペイ」などの新たなQRコード決済サービスが大規模なキャンペーンを実施し、「キャッシュレス決済」の普及が拡大したことが推察できます。(2)キャッシュレス決済利用回数・決済額の変化(2019年9月/2019年10月比較)2019年9月と10月の個人のキャッシュレス利用回数は29回と...

2019年11月7日ロコガイドフィードバック数:0マーケティング

消費増税後の実態調査 第2弾(生活者編)

...前から利用していた」生活者と合わせると、すでに8割弱と非常に多くの生活者がキャッシュレス決済を利用している結果となりました。「利用検討」と答えた生活者も1割程度いるため、今後も利用率が上がることが推測されます。4)食材や日用品を購入する際に、利用しているキャッシュレス決済方法はどれですか?(複数回答可)利用しているキャッシュレス決済方法を聞くと、「クレジットカード」と「電子マネー」がほぼ同数で共に6割以上の利用率でした。最近目にすることが多くなった「QRコード決済」については半数に届かない結果ではあったものの、以前...

2019年11月6日博報堂★★フィードバック数:0ライフスタイル

博報堂生活総合研究所、生活者が選ぶ “2020年 ヒット予想” &“2019年 ヒット商品”ランキングを発表

...目が集まりました。◆次世代通信による【変化本番】 来年の実装が予定されている次世代通信「5G(ファイブ・ジー)」(7位)と、それによる「IoT(Internet of Things)」(23位)、「eスポーツ」(19位)の進化に期待が集まっています。◆キャッシュレス化による【変化本番】 「消費増税」(10位)に伴いポイント還元が実施される「キャッシュレス決済」(3位)、「QRコード決済」(5位)が上位となりました。◆働き方改革による【変化本番】 「働き方改革」(23位)を受けて「副業」(19位)がラ...

2019年11月6日ナイルフィードバック数:0大型消費/投資

キャッシュレス決済の利用に関するアンケート調査

...の利用に関するアンケート調査を実施いたしました。 ■アンケート調査結果Applivはアンケート調査サービスを通して無作為に選出された20代から70代までの男女1,075人を対象に、2019年10月11日から10月18日の期間でキャッシュレス決済の利用に関するアンケート調査を実施いたしました。一部設問については2019年4月に実施したQRコード・バーコード決済に関するアンケート結果との比較もおこなっております。 https://mag.app-liv.jp/archive/125154/普段の支払い方法に「現金」を使用するのは全体の約半数増税を機にキャッシュレス決済...

2019年9月30日MM総研フィードバック数:0マーケティング

フリマやシェアリング等のコンシューマーアプリの利用実態調査

...化推進役となった政府の働きかけが大きく影響。2020年の東京オリンピックまでに主要施設では「100%のキャッシュレス決済対応」が実現できるよう、決済端末の設置を急いでいる。PayPayなどの大型キャッシュバックキャンペーンも相次ぎ、事業者間のユーザー獲得も激しい。利用意向を聞いた回答項目では「QRコード決済」が1位になった。【図1】利用しているサービス/今後利用したいサービスフリマアプリ利用者の88.8%が「メルカリ」利用率1位の「フリマアプリ」について利用のパターンを質問したところ、フリマアプリ利用者の70.5%が「出品...

2019年9月19日LINEフィードバック数:0社会/政治

LINEリサーチで消費税増税に関するアンケート調査を実施

...教育の学費軽減(男性/10代)奨学金の利子の軽減(女性/20代)保険、年金や医療についてだけではなく、各年代において様々な要望が見られました。今回、増税にともなう対策にも含まれている「キャッシュレス決済ポイント付与」。これに伴い、キャッシュレス決済(クレジットカード、電子マネー、QRコード決済など)について意識や行動はどのように変化しているでしょうか?男性30~60代まで3割弱がすでにキャッシュレス決済を増税に向けて始めており男女20代、女性40~60代の1割ほどがこれから導入する意向があるようです。認知...

2019年8月23日ヴァリューズ★フィードバック数:0ライフスタイル

キャッシュレス決済利用動向調査

...マナミナトップリサーチ消費増税に向けユーザー囲い込みにしのぎを削るキャッシュレス決済業界を調査~QRコード決済利用者は4人に1人にまで拡大 消費増税に向けユーザー囲い込みにしのぎを削るキャッシュレス決済業界を調査~QRコード決済利用者は4人に1人にまで拡大 2018年12月のPayPay「100億円あげちゃうキャンペーン」を端緒に、一気に盛りあがるキャッシュレス決済。10月の消費増税時の還元キャンペーンという商機を勝ち抜くため、交通/流通系、決済サービス、金融...

2019年7月11日矢野経済研究所★★フィードバック数:0マーケティング

国内キャッシュレス決済市場に関する調査を実施(2019年)

...コストの低さや手数料率の低さを訴求し、導入企業の拡大に取組んでいる。また、QRコードはマーケティング施策との連携のしやすさにも特徴があり、スマートフォンアプリに組み込む形で導入されるケースも増えている。​こうしたなか、従来の決済サービス提供事業者ではなく、異業種からの参入が相次いでおり、従来では提供できないような大型キャンペーンを実施するなど、キャッシュレス決済市場に大きなインパクトを与えている。QRコード決済は、今後のキャッシュレス社会の進展に寄与することが期待されている。3.将来展望2023年度の国内キャッシュレス決済...

2019年7月3日ジーフロンティアフィードバック数:0社会/政治

東京オリンピックの当選率は3割!?五輪チケットの申し込み状況を緊急アンケート

...ープレスは今後も「キャッシュレスの促進に役立つ情報をおもしろく、わかりやすく伝える」ために、クレジットカード・バーコード決済(QRコード決済)で役立つ情報提供を行ってまいります。【アンケート概要】調査期間:2019年6月24日(月)〜2019年6月25日(火)調査方法:インターネット調査調査エリア:全国回答者数:300人​ ■ 「マネープレス」とはマネープレスは「キャッシュレスの促進に役立つ情報をおもしろく、わかりやすく伝える」ことを目指し2014年から運営を続けてまいりました。2018年のキャッシュレス...

2019年6月28日朝日新聞社★フィードバック数:0大型消費/投資

シニアは「キャッシュレスを使わない」は誤解? 「キャッシュレス決済」に関するアンケート

...クレジットカードだけ」という50代後半女性も「QRコード決済はセキュリティが怖い。でも、高い還元率やポイントは魅力。クレジットカードとひもづけられるなら安心」、70代女性も「還元率が高いから、スマホ決済を使ってみたくなった」と利用に前向きな姿勢を見せました。一方、スマホのQR決済もクレジットカードも使いこなす「ヘビーユーザー」層では、女性メンバーが、キャンペーン内容を調べて還元率の高い店で買い物をすることに意欲的で、多くの決済手段を使い分けている様子が浮かびました。こうした調査結果を紹介し、「シニア層とキャッシュレス決済...

2019年5月20日ナイルフィードバック数:0ビジネス

スマホ決済のキャンペーンについてアンケートを実施! 49.3%がキャンペーン終了後も「利用する」と回答

...ント還元などのキャンペーンがなくても、Q2で回答したQRコード(バーコード)決済サービスを利用し続けますか?」という質問では、最も多い49.3%の方が「継続して利用する」と回答。そのほか、「キャンペーンを実施している他のサービスに移行する」が23.7%、「別のキャッシュレス決済を利用する(クレジットカード、電子マネーなど)」が13.8%、「現金で支払う」が5.4%、「わからない」が7.9%という結果になりました。■アンケート回収者内訳<性別・年代>性別男性:680人(51.7%)女性:635人(48.3%)合計:1,315人年代15歳...

キャッシュレス決済に関する意識調査

...《働く主婦》話題のQRコード決済。 利用経験有・利用してみたいサービスはPayPayが1位利用経験有・利用してみたいサービスはPayPayが1位~キャッシュレス決済に関する意識調査~[調査のまとめ ・店頭における現金以外で支払いをする頻度は、3年前と比較すると、約6割以上の方が「増加している」と回答。 ・今後店頭で利用を増やしたい支払方法は、「クレジットカード」が%、「電子マネー」が%、「コード決済」が%と続く。「現金」はわずか%となり、働く主婦の間でも、現金派からキャッシュレス...

2019年1月25日矢野経済研究所★★フィードバック数:0ビジネス

クレジットカード市場に関する調査を実施(2018年)

...の普及および利用拡大により、クレジットカードの使用も進むことから、市場は拡大基調で推移するとみる。​なお、QRコード決済に関しては、今までクレジットカード決済が進まなかった中小零細企業での導入が進むことに加えて、ハウスマネー領域における顧客の維持獲得のためのマーケティング施策と連動したQRコード活用が進むことから、徐々に拡大していくと考える。3.将来展望2023年度のクレジットカード市場規模(クレジットカードショッピング取扱高ベース)は約100兆円を超えると予測する。市場が拡大する要因としては、政府主導によるキャッシュレス...

2019年1月23日Lier Factoryフィードバック数:0大型消費/投資

【2018年1月/利用調査】キャッシュレスに関するアンケート。コード決済の利用率・認知度の調査結果

...を利用したことがない、と答えている理由については、5つ目の設問にヒントがあります。5つ目の設問で詳しく見てみましょう。設問4:(コード決済のポイント還元)キャンペーンを利用しましたか?PayPayをはじめとし、多くのキャッシュレス決済サービスがお得なキャンペーンを展開してきました。「現金で支払うよりもお得になるなら」とキャッシュレス決済サービスを利用してきた方も少なくないのではないでしょうか。そんな多岐にわたるお得なキャンペーン、どれほどの人が利用したのでしょうか。結果は以下のようになりました。設問4:(コード決済...

2018年12月18日マクロミル★フィードバック数:0大型消費/投資

キャッシュレス決済に関する調査

...ナッツ海・山からネオン街まで守備範囲が広め。年中健康的な焼け肌をキープしているが、季節感はない。 RJ気まぐれではあるけれど、穏和で愛想が良いと自分では思ってるオジサン。趣味は妄想。 art新しいコトが大好き。が、人の心を見つめつづける時代遅れの男になりたい若造。 マル子野鳥をこよなく愛するナチュラル系女子(自称) 丁寧な暮らしに憧れているがいつもドタバタしている。 トリピー趣味は美術館めぐり。職業自由人。気づいたら海外にいることもある弾丸トラベラー。そのため、常に金欠。 キャッシュレス決済...

2018年11月15日Lier Factoryフィードバック数:0大型消費/投資

消費傾向と節約方法についての調査

...他の理由で現金払いやクレカ払いをやめない 13人(6.5%) 結果は以上のようになりました。すでに利用している人は3%にとどまりましたが、60%を超える人がライフスタイルにキャッシュレス決済を導入することに前向きであることがわかりました。41%の人々が「現金やクレジットカードよりも10%お得になるようになれば」、23%の人が「使える店舗が増えたり、いつも使っている店舗がキャッシュレス決済サービスを導入することになれば」、QRコード決済を利用すると回答しています。10%お得になるということは、単純に1,000円のものを買えば100円引...

QRコード決済・モバイル決済の利用実態と今後の利用意向に関する調査

...やカードを持たなくてよい」(76%)、「店頭での支払いの簡単さ、スピーディさ」(53%)に魅力、キャッシュレス決済手段として大きな普及可能性を秘める 2017年12月21日 有限責任監査法人トーマツ(東京都港区、包括代表 觀恒平)は、10~30代のスマートフォン保有者かつスマートフォンアプリ利用経験者1,800名を対象とした「QRコード決済・モバイル決済の利用実態と今後の利用意向に関する調査」について、本日発表します。調査の結果、QRコード決済利用経験者のうち9割以上がその決済手段に満足しており、非利...

20代の金銭感覚についての意識調査2017

...ビンカン、20代の年収、年収、子育て、財布の中身、金銭感覚‗ビンカンステーション、20代の金銭感覚についての意識調査2017 |ビンカンステーション貯蓄額は増えたけど、財布の紐はより固く?“勝負財布の中身”は直近4年で最少額に 1万円札はもう不要?1万円以上の買い物では「キャッシュレス決済」が多数派に 結婚はまだまだ先?「年収400万円あれば結婚したい」が4割切る!結婚へのハードルが上がる傾向SMBCコンシューマーファイナンス株式会社は、2017年10月2日~5日の4日間、20歳~29歳の...

2016年8月16日ヴァリューズフィードバック数:0モバイル

「スマートフォンアプリ」インストール数 ランキング(2016年6月~2016年7月)

...利用しているアプリを調査しました。 キャッシュレス決済急伸の立役者として注目されるQRコード決済。ユーザーは何をきっかけに、どのようなQRコード決済アプリを利用しているのでしょうか。アンケートとネット行動ログから調査しました。 2018年12月のPayPay「100億円あげちゃうキャンペーン」を端緒に、一気に盛りあがるキャッシュレス決済。10月の消費増税時の還元キャンペーンという商機を勝ち抜くため、交通/流通系、決済サービス、金融各社がユーザー獲得そして囲い込みにしのぎを削っています。アー...

2015年12月2日自由国民社★★フィードバック数:0マーケティング

2015 ユーキャン新語流行語大賞

...恵美子厚生労働副大臣は「女性のハイヒール着用は強制されるべきではない」と述べ、性別間の不平等に対する認識の差が露わになった。性差別解消への訴えが広がることは、誰にとっても生きやすい社会への一歩となるのではないか。 登壇者:中山 一郎 さん(PayPay株式会社 代表取締役社長 執行役員 CEO)◯◯ペイ現金を使わないキャッシュレス決済はクレジットカードや非接触ICカード、QRコード決済など様々だが、消費税増税を機に、スマートフォンを使うQRコード決済と電子マネーの覇権競争が激化している。電子...

2013年12月3日自由国民社★フィードバック数:0マーケティング

大賞4つです。

2013年ユーキャン新語流行語大賞

...恵美子厚生労働副大臣は「女性のハイヒール着用は強制されるべきではない」と述べ、性別間の不平等に対する認識の差が露わになった。性差別解消への訴えが広がることは、誰にとっても生きやすい社会への一歩となるのではないか。 登壇者:中山 一郎 さん(PayPay株式会社 代表取締役社長 執行役員 CEO)◯◯ペイ現金を使わないキャッシュレス決済はクレジットカードや非接触ICカード、QRコード決済など様々だが、消費税増税を機に、スマートフォンを使うQRコード決済と電子マネーの覇権競争が激化している。電子...

2013年11月20日自由国民社★フィードバック数:0マーケティング

ノミネートが発表されました。

2013年ユーキャン新語・流行語大賞の候補語50語

...恵美子厚生労働副大臣は「女性のハイヒール着用は強制されるべきではない」と述べ、性別間の不平等に対する認識の差が露わになった。性差別解消への訴えが広がることは、誰にとっても生きやすい社会への一歩となるのではないか。 登壇者:中山 一郎 さん(PayPay株式会社 代表取締役社長 執行役員 CEO)◯◯ペイ現金を使わないキャッシュレス決済はクレジットカードや非接触ICカード、QRコード決済など様々だが、消費税増税を機に、スマートフォンを使うQRコード決済と電子マネーの覇権競争が激化している。電子...

2012年12月4日自由国民社★フィードバック数:3262マーケティング

恒例の大賞です。

2012 ユーキャン新語流行語大賞

...恵美子厚生労働副大臣は「女性のハイヒール着用は強制されるべきではない」と述べ、性別間の不平等に対する認識の差が露わになった。性差別解消への訴えが広がることは、誰にとっても生きやすい社会への一歩となるのではないか。 登壇者:中山 一郎 さん(PayPay株式会社 代表取締役社長 執行役員 CEO)◯◯ペイ現金を使わないキャッシュレス決済はクレジットカードや非接触ICカード、QRコード決済など様々だが、消費税増税を機に、スマートフォンを使うQRコード決済と電子マネーの覇権競争が激化している。電子...

2010年8月31日MMDLaboフィードバック数:0エンタテインメント

「旦那」or「嫁」にしたいアニメ・漫画・ゲームキャラ

...MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 2020/2/122019年はキャッシュレス決済の歴史に残る年となりました。前半は新サービス誕生や各事業者の大型キャンペーン、後半は増税に伴う消費者還元事業と各サービスの提携など非常に変化の激しい1年になり、市場も大きく変わっています。MMD研究所では「2019年のモバイルペイメント市場」をテーマに、最新...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
 

お知らせ