調査のチカラ TOP > タグ一覧 > かんぽ生命

「かんぽ生命」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2019年8月14日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

生命保険の加入実態に関するアンケート調査(第9回)

生命保険の加入実態に関するアンケート調査(第9回) ■生命保険申込み方法は「知り合いや紹介を受けた営業職員、保険外交員」が加入者の3割強、「自宅や勤務先に訪問してくる営業職員、保険外交員」「勤務先」が各1~2割。オリックス生命主加入者では営業職員経由よりも「ファイナンシャルプランナーなどの専門家を通じて」の比率が高い。■生命保険加入時に候補として検討した生命保険会社がある人は、生命保険加入者の4割強。■生保関連の情報入手経路は「テレビ番組、CM」が3割、「営業職員、保険外交員から」「家族や

2017年5月31日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム 個人年金(8)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ【 個人年金 】に関するアンケート調査(第8回)個人年金保険の加入者は3割弱で減少傾向。老後の資金作りを目的とした貯蓄・投資をしている人は6割弱 マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、8回目となる『個人年金』に関するインターネット調査を2017年3月1日〜5日に実施し、11,182件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。【調査結果】 ■個人年金保険の加入者は3割弱、過去調査時より減少

2017年5月11日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム 個人年金(8)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ【 個人年金 】に関するアンケート調査(第8回)個人年金保険の加入者は3割弱で減少傾向。老後の資金作りを目的とした貯蓄・投資をしている人は6割弱 マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、8回目となる『個人年金』に関するインターネット調査を2017年3月1日〜5日に実施し、11,182件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。【調査結果】 ■個人年金保険の加入者は3割弱、過去調査時より減少

2015年7月27日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム 生命保険の加入実態(6)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ生命保険会社の認知率上位は「アメリカンファミリー生命」「かんぽ生命」「第一生命」「日本生命」「住友生命」など 生命保険申込み方法は「知り合いや紹介を受けた営業職員、保険外交員を通じて」が最も多く、「自宅や勤務先に訪問してくる営業職員、保険外交員を通じて」「勤務先を通じて」が続く。オリックス生命主加入者では「ファイナンシャルプランナーなどの専門家を通じて」「インターネットで資料請求し、申込書を郵送」が上位2位 生保関連の情報入手経路は「テレビ

2014年7月30日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム 生命保険の加入実態(5)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ生命保険会社の認知率上位は「アメリカンファミリー生命」(アフラック)「かんぽ生命」「第一生命」「日本生命」「住友生命」などで、各6〜7割。 「NKSJひまわり生命」は過去調査より認知率が増加傾向 生命保険申込み方法は「知り合いや紹介を受けた営業職員、保険外交員を通じて」が最も多く、「自宅や勤務先に訪問してくる営業職員、保険外交員を通じて」「勤務先を通じて」が続く。オリックス生命主加入者では「ファイナンシャルプランナーなどの専門家を通じて」「

2013年11月13日ジャストシステムフィードバック数:0大型消費/投資要登録

保険に関する調査

自ら調べて生命保険を選んだ人のうち、39.2%はその保険を他人に勧めたい 保険加入者が人に勧めたい生命保険会社の 1 位は「日本生命」、 2 位は「かんぽ生命」自ら調べて生命保険を選んだ人のうち、39.2%はその保険を他人に勧めたい20代の 6 割は WEB の使い勝手で保険会社の印象を決める調査結果サマリー自ら調べて生命保険を選んだ人のうち、39.2%はその保険を他人に勧めたい人に勧めたい生命保険会社の1位は「日本生命」、2位は「かんぽ生命」人に勧めたい生命保険会社の1位は「日本生命」(14.

2013年11月2日生命保険協会★★★フィードバック数:0大型消費/投資

生命保険についてのまとめです。

生命保険の動向(2013年版)

[ ここから本文です ]生命保険事業の各分野における業績の中から主なものを抽出し、簡潔に判り易くまとめております。引用・転載・複製を行う場合は、出所を明記してください。最新版の公表時期は、毎年、9月下旬~10月を予定しております。なお、2011年度より冊子の作成は行っておりませんのでご了承ください。平成30年11月に一部文言を訂正しています <訂正内容>P.26 「3.貸付金」の10行目(リスク管理債権額の誤り) 令和元年5月に一部数値を訂正しています <訂正内容>P.6【図表7 個人年金保険の

2013年7月24日マイボイスコムフィードバック数:0大型消費/投資

マイボイスコム 生命保険の加入実態(4)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ生命保険会社の認知率上位は「アフラック」「かんぽ生命」「住友生命」「日本生命」「第一生命」などで、各7割前後。「ライフネット生命」は過去調査より認知率が増加傾向 生命保険申込み方法は「知り合いや紹介を受けた営業職員、保険外交員を通じて」が最も多く、続く「自宅や勤務先に訪問してくる営業職員、保険外交員を通じて」は、男性高年代層で多い。オリックス生命主加入者では「ファイナンシャルプランナーなどの専門家を通じて」が1位 生保関連の情報入手経路は「

2012年7月26日マイボイスコムフィードバック数:8大型消費/投資

マイボイスコム 生命保険の加入実態(3)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ生命保険会社の認知率はアフラック、かんぽ生命、第一生命、日本生命、住友生命、JA共済などが上位。メットライフアリコは前回調査から増加、ライフネット生命は年々増加傾向 生命保険商品全般の不満では、保険料の他、商品内容や違いがわかりにくいという不満が多い 生保関連の情報入手経路は「テレビ番組、CM」の他、「保険商品のパンフレット、説明資料」「営業職員、保険外交員から」などが多い。NKSJひまわり生命主加入者、オリックス生命主加入者では「ファイナ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ