「たるみ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年12月15日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

スキンケアに関するアンケート調査(第5回)

スキンケアに関するアンケート調査(第5回) ■スキンケア関心層は全体の5割強、女性8割弱、男性3割強、男性10・20代約55%。悩み事は「シミ・そばかす」「乾燥」「しわ」「たるみ」が各3~4割。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、スキンケアを積極的に行うようになった人の比率は、女性や若年層で高い。■肌のためにしていることは「スキンケア用品を使用」が4割強で1位。「紫外線対策」「規則正しい生活」「睡眠を十分とる」などが各20%台。女性では「肌の保湿」「肌に負担のかからない化粧品を使用」なども

2019年3月26日NEXERフィードバック数:0ライフスタイル

肌の乾燥・たるみに関するアンケート

検索【自分の肌の乾燥を感じている女性は約7割】肌の乾燥・たるみに関するアンケート インターネットリサーチを手掛ける株式会社NEXER(所在地:東京都豊島区、代表取締役:宮田 裕也)は、美容・健康・スポーツ機器製造販売及び輸出入などを行う「株式会社クラルス」(代表:樫本 学)と共同で「肌の乾燥・たるみに関するアンケート」を下記の通り実施しましたので、その結果を公開します。 肌の乾燥・たるみに関するアンケート結果を公開インターネットリサーチを手掛ける株式会社NEXER(所在地:東京都豊島区、代表取締

2019年1月7日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

スキンケアに関するアンケート調査(第4回)

スキンケアに関するアンケート調査(第4回) ■スキンケアに対して関心がある人は全体の6割弱、男性3割強、女性8割強。「シミ・そばかす」「乾燥」「しわ」が各3~4割、「たるみ」「毛穴が目立つ」「くすみ」「ハリがない」などが各2割。「にきび」「脂っぽい」「乾燥」「肌荒れ」などは女性や若年層、「しわ」「くすみ」「ハリがない」「たるみ」などは女性高年代層での比率が高い傾向。■肌のためにしていることは「スキンケア用品を使用する」が4割、「紫外線対策」「規則正しい生活」「睡眠を十分とる、夜更かししない

「なくす」より「対処」が大事。ストレスに強い体とは?

アンケート結果×お客立ち情報を お届けするリサーチマガジン 話題のニュースや気になる情報をインターネットリサーチを使ってみんなの声と共に紹介 インターネットリサーチを通じて あなたの欲しいモノ・サービスを見つけるお手伝い 美容業界のなかで世界的に注目されているレチノール。 いわゆるビタミンA誘導体のことで、毛穴の引き締め効果やニキビや小ジワを減らす働きがあると言われています。 美肌を目指す人にとって、魔法のような美容成 ... ふと自分の顔を見てみると気になってしまう「たるみ

「なくす」より「対処」が大事。ストレスに強い体とは?

アンケート結果×お客立ち情報を お届けするリサーチマガジン 話題のニュースや気になる情報をインターネットリサーチを使ってみんなの声と共に紹介 インターネットリサーチを通じて あなたの欲しいモノ・サービスを見つけるお手伝い 美容業界のなかで世界的に注目されているレチノール。 いわゆるビタミンA誘導体のことで、毛穴の引き締め効果やニキビや小ジワを減らす働きがあると言われています。 美肌を目指す人にとって、魔法のような美容成 ... ふと自分の顔を見てみると気になってしまう「たるみ

合コンの二次会はカラオケ?それともバー?デートや合コンで女性と「もう一軒」行くコツ

アンケート結果×お客立ち情報を お届けするリサーチマガジン 話題のニュースや気になる情報をインターネットリサーチを使ってみんなの声と共に紹介 インターネットリサーチを通じて あなたの欲しいモノ・サービスを見つけるお手伝い 美容業界のなかで世界的に注目されているレチノール。 いわゆるビタミンA誘導体のことで、毛穴の引き締め効果やニキビや小ジワを減らす働きがあると言われています。 美肌を目指す人にとって、魔法のような美容成 ... ふと自分の顔を見てみると気になってしまう「たるみ

【2017年度・春夏】10代~50代女性世代別『肌の悩み』アンケート調査

◆【2017年度・春夏】10代~50代女性世代別『肌の悩み』アンケート調査結果/【加齢に伴い肌悩みは変化】10代・20代は「肌トラブル」の悩み、30代以降は「肌老化」へ 『Instagram(インスタグラム)』、通称「インスタ」の人気に伴い、ソーシャルメディア世代が“フォトジェニック(インスタジェニック)”や“インスタ映え”を意識したこだわりの写真をSNS投稿することに注目が集まる昨今。これから年末にかけてハロウィンやクリスマス、忘年会ほか多くのイベント行事が目白押しの中、投稿を見込んだイベント

「日焼け」に関するアンケート

●日焼け・・・焼かない派 76.8%●紫外線を1年中意識している人は4人に1人。最も意識するのは5月。インターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチのDIMSDRIVEでは、「日焼け」についてアンケートを行い、紫外線を意識する時期や、日焼け対策などをまとめました。調査は2017年4月12日〜4月28日にかけて実施し、DIMSDRIVEモニター3,838人から回答を得ています。Tweet ●日焼け・・・焼かない派 76.8%●紫外線を1年中意識している人は4人に1人。最も意識するのは5月。●「

年代別・男女別「肌の悩み」のアンケート調査

[ゴリラクリニック(医療法人社団十二会)] ,美肌 肌 シミ ニキビ たるみ しみ しわ クマ スキンケア ニキビ跡

2015年12月3日マイボイスコムフィードバック数:0社会/政治

マイボイスコム スキンケア(3)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへスキンケアに対して関心がある人は全体の6割弱、男性3割強、女性8割強。肌のトラブル・悩み事は「シミ・そばかす」「乾燥」「しわ」「たるみ」「毛穴が目立つ」「くすみ」「ハリがない」などが上位 肌のためにしていることは「スキンケア用品を使用する」が最も多く、「紫外線対策」「睡眠を十分とる、夜更かししない」「規則正しい生活」「食生活に気を使う」などが上位 スキンケア用品使用者は全体の7割、男性の5割弱、女性の9割超。「洗顔料・メイク落とし」「化粧水

2015年6月26日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

マイボイスコム アンチエイジング(2)

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ年をとる事に抵抗を感じる人は5割強。実年齢に対して、「相応に見られたい」は2割、「若くみられたい」は6割弱 加齢によって気になることの上位は、「髪の毛」の他、「視力の低下・老眼」「顔のしわ」「顔のたるみ」「おなかまわり・ウエスト」「記憶力の低下」「顔のしみ」「基礎体力の低下」など アンチエイジングに関心がある人は6割弱。男性4割強、女性7割弱。実際にアンチエイジングを行っている人は4割で、「髪の毛」「顔のしわ」「顔のしみ」「顔のたるみ」など

今年の漢字は「税」!?2014年ボイスノート会員が大予想!

アンケート結果×お客立ち情報を お届けするリサーチマガジン 話題のニュースや気になる情報をインターネットリサーチを使ってみんなの声と共に紹介 インターネットリサーチを通じて あなたの欲しいモノ・サービスを見つけるお手伝い 年齢とともに気になり始める白髪ですが、毎回美容室に行くのがめんどくさいと感じる方は多いのではないでしょうか。 そこで、普段のシャンプーを白髪染めシャンプーに変えるだけで、わざわざカラーリングをしに美容 ... 「経年劣化の影響で雨漏りが発生した」 「雨漏りし

2014年12月5日アイアールフィードバック数:0ライフスタイル

アイケアについてのアンケート

Vol.106 目元のケアしていますか?アイケアについてのアンケート(2014.12.3) 自分の目元で気になることは、「クマ」という回答が一番多く21%、続いて「たるみ」が17%、「目尻のシワ」が14%という結果となりました。目元で気になることがない方は全体の6%で、ほとんどの方が何かしら目元で気になることがあるという回答でしたが、目元に特別なケアをしていない方は39%と多い回答でした。目元のケアの方法がわからないというコメントが目立ち、ケアをしたいけれどわからない方が多いようでした。(回答

2014年10月22日ドクターシーラボフィードバック数:0ライフスタイル

「見た目年齢」についてのアンケート

[] (30代~60代男女600名を対象にしたWEBアンケート:2014年10月1日~10月3日実施) ■ 女性の84%が「若く見られた」経験アリ・・・ 4人に1人は10歳も若く見られていると回答全体平均マイナス5.5歳若く見られている女性・・・その理由は「元々の顔立ち」?「実際の年齢より年下に見られたことはありますか?」というアンケートを行ったところ、全体の84.2%が「ある」と回答し、ほとんどの女性が「若く見られた経験」があることが分かりました。そして、「実際の年齢より何歳年下に見られました

2014年9月30日ドクターシーラボフィードバック数:0ライフスタイル

肌老化と遺伝子の関係性についてWEBアンケート調査

[] 毎日毎日顔のたるみケアはちゃんとしているのにいまいち結果がみられない。同年代で、同じような生活をしているはずなのにあの人は何故美しい肌を保っているんだろう…。誰もが一度はこんな気持ちを感じた事があるのではないでしょうか。 あなたのそのたるみ(肌悩み)の原因は、もしかしたら”遺伝子レベル”で問題があるからかもしれません。そこで今月の顔のたるみ研究所の特集では「肌老化と遺伝子の関係性」に関して取り上げています。(調査概要:WEBアンケート調査/女性360名/調査期間:2014年9月10日(水)

2014年9月16日ドクターシーラボフィードバック数:0モバイル

スマートフォンの使用に関するアンケート

[] ■ 3人に2人がスマホを見た後、目や体の不調を感じている「スマートフォンの画面を見た後に、目の不調や体の不調を感じたことはありますか?」という質問では62.7%が「かなり感じる」「感じる」「部分的に感じる」と回答しました。次に、具体的な不調を尋ねたところ、88%が「目が疲れる」と回答。以下、「肩がこる(39.3%)」「首がこる(34.5%)」「目が乾燥する(25%)」と続き、スマホを見る「目」、頭を支える「首」「肩」に大きな負担がかかっていることが分かります。また、少数派の回答では「ほうれ

2014年8月26日ドクターシーラボフィードバック数:0ライフスタイル

「顔のたるみ」と「炭酸コスメ」の関係性についてWEBアンケート調査

[] いま話題になっている「炭酸コスメ」。炭酸パックや炭酸洗顔料など様々な種類の商品が続々と発売されていたり、雑誌でもよく特集が組まれています。 しかし、何故“炭酸”は注目されているのでしょうか。そこで今月の顔のたるみ研究所の特集では「炭酸コスメ」と「たるみ」の関係性について、肌にどのような効果をもたらしてくれるものなのかを取り上げています。(調査概要:WEBアンケート調査/女性301名/調査期間:2014年8月11日(月)~12日(火)) ◎アンケート調査結果■2人に1人は夏の肌ダメージを感じ

2014年5月28日ドクターシーラボフィードバック数:0ライフスタイル

各エリア別の紫外線対策の違い

[] 紫外線量は、地域や高度、日照時間などの違いで異なり、南のエリア程、紫外線量が多くなるというのはご存じですよね。・・・ということは、全国のエリア別に、“しみ・くすみ”、“たるみ” という肌悩みや紫外線の対策方法は異なるのでしょうか?「各エリア別の紫外線対策の違い」に関して調査すべく、アンケートを取りましたので結果をご報告いたします。(調査概要:WEBアンケート調査/北海道女性240名、東北女性240名、関東女性241名、中部女性240名、近畿女性242名、中国女性240名、 四国女性240名

2014年4月22日ドクターシーラボフィードバック数:0ライフスタイル

「紫外線対策」に関する調査

[] 紫外線は一年中降り注いでいますが、その量は季節によって変化します。4月から徐々に増え始め、5月~8月が一年の中でもピーク!旅行やレジャーで屋外で過ごすゴールデンウィークは、冬という乾燥季節を乗り越えて、さらに紫外線にさらされるという、肌にとってはとってもコワ~イ時期なのです。対策を怠って一気に紫外線を浴びてしまうと、想像以上のダメージを受けるかも!?そこでドクターシーラボでは、20~60代の女性300名への紫外線対策に関する調査から実態を把握し、後悔しないゴールデンウィークの紫外線対策をご

メンズ美容の意識調査

[医療法人社団喜美会 自由が丘クリニック] ,メンズ 男性 意識調査 たるみ しみ しわ スキンケア 美容 ボトックス 自由が丘クリニック

年代・男女別 「肌の悩み」アンケート調査

[ゴリラクリニック(医療法人社団十二会)] ,美肌 シミ ニキビ たるみ 毛穴 しわ クマ くすみ 肌の悩み ニキビ跡

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お知らせ