調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ふるさと納税

「ふるさと納税」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年12月3日楽天インサイトフィードバック数:0ライフスタイル

ふるさと納税に関する調査

『今年度、返礼品を受け取ることができるふるさと納税に「寄付した(またはする予定の)」人は3割半ば。今年受け取った、または受け取る予定の返礼品トップ3は「精肉・肉加工品」、「魚介類・水産加工品」、「フルーツ・果物」』ふるさと納税に関する調査 2021年11月30日楽天インサイト株式会社は、「ふるさと納税に関する調査」をインターネットで実施しました。今回の調査は、2021年10月28日(木)から11月1日(月)の5日間、楽天インサイトに登録しているモニター(約220万人)の中から、全国の20~69歳

2021年2月17日トラストバンクフィードバック数:0社会/政治

「ふるさと納税の災害支援に関する意識調査」結果を発表

トラストバンク、「ふるさと納税の災害支援に関する意識調査」結果を発表◇約6割が「知っている」、うち5人に1人が「寄付したことがある」 ~ 広がる災害支援、2011年東日本大震災で初めて寄付した人が最多の2割 ~ ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」を運営する株式会社トラストバンク(本社:東京都渋谷区、代表取締役:川村憲一)は2月5日、全国20代以上の1,153人から回答を得た「ふるさと納税の災害支援に関する意識調査」の結果を発表しました。 ふるさと納税で被災自治体に災害支援の寄付ができる

2021年1月22日カジナビフィードバック数:0キャリアとスキル

2021年みんなの目標発表!資格・副業・旅行…成し遂げたいことを聞いてみた!

2021年みんなの目標発表!資格・副業・旅行…成し遂げたいことを聞いてみた!カジナビ編集部では世の中の気になる疑問に関するアンケート調査を実施!世の中の人の考えを発信していきます!今回のテーマは「」2020年はコロナの影響で我慢した事やできなかった事たくさんあった人も多いはず。2021年こそは!と思っている野望を全国1053人に聞いてみました!カジ子は2021年こそはダイエット成功する!(8回目の決意) 成し遂げたいことがある人も思い浮かばない人も、皆の回答を参考に2021年をどんな年にしたいか

2020年9月28日アスマークフィードバック数:0大型消費/投資

お金の収支サービスに関する利用実態調査 東西比較

お金の収支サービスに関する利用実態調査 東西比較 お金の収支サービスに関する利用実態調査 東西比較お金の収支サービスに関する利用実態調査 東西比較東西ともに世帯年収が高い層が収支サービスを うまく利用している“ふるさと納税”や“●●pay”などの支出を抑えるサービスに対し、“投資”や“公営ギャンブル”といった収入を増やすサービスが存在します。一般的に「関西人はケチだ」というイメージがありますが、収入と支出の意識について関東とギャップがあるのでしょうか?世帯年収別に利用実態を調べてみました。<

2020年6月30日トラストバンクフィードバック数:0ライフスタイル

地方暮らしに関するアンケート結果を発表

トラストバンク、地方暮らしに関するアンケート結果を発表 東京都内の20代以上男女1000名に調査 56%が「関心あり」 ~ 新型コロナで地方暮らしに関心が高まった人は46% /人気の地方トップ3は北海道、長野、静岡 ワーケーションのお礼の品も登場 ~ ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」( https://www.furusato-tax.jp )を運営する株式会社トラストバンク(本社:東京都目黒区、代表取締役:川村憲一)は6月23日、東京都内に住む20代以上の男女1,078名に実施し

2020年4月2日トラストバンクフィードバック数:0デジタル家電

ふるさとチョイス、ふるさと納税に関する自治体向けアンケート結果を発表

ふるさとチョイス、ふるさと納税に関する自治体向けアンケート結果を発表 ◇法改正に対し7割が肯定的◇法改正後、寄付が増加した自治体は6割 ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」を企画・運営する株式会社トラストバンク(本社:東京都目黒区、代表取締役:川村憲一、以下「トラストバンク」)は、ふるさと納税に関するアンケートを実施しました。 【調査結果の概要】◆2019年は、約6割の自治体が前年より寄付額を伸ばした。◆法改正後の6月~12月でも、約6割の自治体が前年同期より寄付額が増えた。◆約7割の自治

2019年3月7日ジャストシステムフィードバック数:0社会/政治

2018年、「ふるさと納税」をした人は2割弱

Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2019年1月度)2018年、「ふるさと納税」をした人は2割弱「ふるさと納税」利用者の約半数が「ワンストップ特例制度」を活用調査結果サマリー2018年、「ふるさと納税」をした人は2割弱。前年より増加 2018年にふるさと納税をした人は16.1%で、2017年12月度調査(13.4%)より2.7ポイント増加しました。年代別で見ると10代(12.0%)、20代(21.0%)、30代(18.0%)、40代(13.3%)、50代(18.7%)、60代(11.5%)

2018年12月6日楽天フィードバック数:0ライフスタイル

おせちに関する意識調査

<楽天市場調べ・30代~60代の女性400名に聞いた「おせち」に関する意識調査>おせちを食べる人のうち、4人に3人はおせちを「購入」 2019年のお正月、おせちを食べる人は7割近く、 30代女性の23%は「おせちをSNSに投稿したい」 楽天市場では、30代~60代の女性400名を対象に「2019年のお正月用おせち」に関する意識調査を実施しました。その結果、お正月気分を盛り上げるものとして、季節行事を彩る伝統食「おせち」を楽しむ予定の人は7割近くいることが分かりました。調査からは、おせちの買い方や

2018年10月25日さとふるフィードバック数:0ライフスタイル

カニに関するアンケート調査

さとふる、カニに関するアンケート調査結果を公開 さとふる、カニに関するアンケート調査結果を公開~北海道では8割の人がカニをゆでて食べると回答。 近畿地方では「鍋」「焼く」の食べ方が人気~ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」()を運営するソフトバンクグループの株式会社さとふる(本社:東京都中央区、代表取締役社長:藤井 宏明)は、ふるさと納税のお礼品として人気が高い※1カニに関するアンケート調査結果を公開しました。調査結果の概要は以下のとおりです。1. カニをゆでて食べる人の割合が5割を超え

2018年8月9日マージェリックフィードバック数:0社会/政治

【20代女性の田舎に関する意識調査】「田舎に魅力を感じる」のは7割以上、約6割が毎年田舎を訪問

Press Release報道関係各位2018.8.6(月)株式会社マージェリック【20代女性の田舎に関する意識調査】 「田舎に魅力を感じる」のは7割以上、約6割が毎年田舎を訪問 あえて田舎を選ぶ理由は「SNS映え」や「有名人・友人のSNS投稿」からの影響も大 〜自治体の情報発信に7割以上が「不十分」と回答、SNS発信や現地の生の情報を求める声も〜自治体の地域活性マーケティングを支援する『日本ゲンキプロジェクト』を手がける株式会社マージェリック(東京都千代田区、代表取締役CEO:嶋泰宣、以下マー

2017年12月22日トラストバンクフィードバック数:0社会/政治

ふるさと納税に関する調査

自立した持続可能な 地域をつくるMake the region independent and sustainable. Message トラストバンクは、地域が自立し持続可能になるための活動を通し、地域とともに未来を創り上げていきます 日本は経済大国として豊かな国と言われていました。多様な食資源、文化や観光地があり、お金を払えば大概のものは手に入れることができます。しかし、それを支えているのは誰か。お金で手に入る食は誰が支えているでしょうか。望めば好きなものを食べることができる日常は、誰のお

2017年10月4日トラストバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

シニア世代の働く意欲に関する意識調査 トラストバンク

トラストバンク、「シニア世代の働く意欲に関する意識調査」を発表 ◇60歳以上の3割近くが、希望退職年齢を「70歳」と回答、一方で約6割が60歳以下で仕事を辞めている実情が明らかに ◇10人に1人が80歳以上も「働きたい」と回答 国内最大級のふるさと納税総合サイト『ふるさとチョイス』(https//www.furusato-tax.jp/)を企画・運営する、株式会社トラストバンク(本社:東京都目黒区、代表取締役:須永珠代、以下「トラストバンク」)は、働いた経験のある60代以上の男女1,111名を対

2017年9月18日トラストバンクフィードバック数:0社会/政治

災害支援に関する意識調査

トラストバンク、「災害支援に関する意識調査」 ◇ふるさと納税を活用して災害支援ができることを「知っている」人は2人に1人◇7割超がふるさと納税に限らず「災害支援」の経験あり◇20代男性の5人に1人が「被災地での支援」経験ありと回答 国内最大級のふるさと納税総合サイト『ふるさとチョイス』(https//www.furusato-tax.jp/)を企画・運営する、株式会社トラストバンク(本社:東京都目黒区、代表取締役:須永珠代、以下「トラストバンク」)は、20代以上の男女1,111名を対象に「災害支

2017年4月25日ジーコムフィードバック数:0社会/政治

「福岡県居住者のふるさと納税の利用」調査

独自調査「福岡県居住者のふるさと納税の利用」調査結果レポート公開2017/04/11株式会社ジーコムふるさと納税の名称認知度は97.8%。実施経験率は15.8%で、40代や子育て層で高い。今年のふるさと納税の実施意向層の割合は52.7%、実施経験層では90.9%に及ぶ。女性や20代・40代、子育て層で高くなっている。 調査方法:インターネット調査調査規模:558サンプル調査対象:福岡県在住の20歳の以上男女実施日:2017年2月15日~2月20日

2017年2月19日トラストバンク★フィードバック数:0社会/政治

ふるさと納税2016意識調査

【ふるさと納税2016意識調査実施】約7割が「使い道」を意識... 【ふるさと納税2016意識調査実施】 約7割が「使い道」を意識、災害支援の選択肢として浸透~「ふるさと納税」によりコミュニケーションが活発に~ ふるさと納税総合サイト『ふるさとチョイス』( https://www.furusato-tax.jp/ )を企画・運営する、株式会社トラストバンク(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:須永 珠代)は、当社サイト会員に向け、「ふるさと納税」に関する意識調査を実施しました。 2016年

2016年10月4日マクロミルフィードバック数:0ライフスタイル

「お取り寄せグルメ」と「ふるさと納税」を比較してみると・・・?

HoNote(ホノテ)とは、消費者のHonto(本当)やHonne(ホンネ)がわかるNote(ノート)です。 市場調査レポートや、調査ノウハウ、マーケティングに役立つポイントなどを掲載。 これから調査を始めたいと考えている方や、マーケティングリサーチの初心者をはじめ、 マーケターや商品開発担当者など、消費者の声や行動をビジネスに役立てる方に向け情報をご紹介しています。運営元 : 株式会社マクロミル運営元の株式会社マクロミルは、ネットリサーチのリーディングカンパニーとして、 これまで6,500社を

2016年9月18日マネーフォワード★フィードバック数:0社会/政治

ふるさと納税に関するアンケート

HOMEプレスリリースマネーフォワード、ふるさと納税に関するアンケートを実施~新たなお金の使い道として、定期預金と共にふるさと納税の利用が拡大。地方創生につなげるには「利用用途のさらなる可視化」という意見が多数~マネーフォワード、ふるさと納税に関するアンケートを実施~新たなお金の使い道として、定期預金と共にふるさと納税の利用が拡大。地方創生につなげるには「利用用途のさらなる可視化」という意見が多数~ お金のプラットフォームを提供する株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO

2016年7月5日インテージフィードバック数:0社会/政治

全国ふるさと名物5,000産品「1万人」の知名度調査

市場調査、マーケティングリサーチならインテージリサーチ ふるさと名物に関する知名度調査‐第2弾~全国 No.1 は 2 年連続、北海道の「白い恋人」~株式会社インテージリサーチは、昨年に引き続き、『ふるさと名物に関する知名度調査』を実施しました。本調査は2016年3月28~30日、全国の20歳以上の男女1万人を対象にインターネットで実施。昨年調査したふるさと名物3,300産品に、全国の各自治体がふるさと納税の返礼品に用いている産品を追加し、今年は約5,000産品※の知名度を調査、分析しました。

2015年冬:夫のボーナス実態調査

ソフトブレーン・フィールドは営業効果を高めたい企業と全国規模で店舗売場を店頭調査する消費者モニターとを結ぶ企業パートナーです。 ホーム > 新着情報 > 【プレスリリース】「夫のボーナス平均額は63万9,668円!ただし、4人に1人はボーナスの支給無し〜2015年冬:夫のボーナス実態調査〜」 法人企業のお客さまへ 働きたい主婦の皆さまへ 【プレスリリース】「夫のボーナス平均額は63万9,668円!ただし、4人に1人はボーナスの支給無し〜2015年冬:夫のボーナス実態調査〜」2015年12月1

2015年8月7日パイプドビッツフィードバック数:0ライフスタイル

『ふるさと納税』に関する有権者意識調査

第30回政治山調査「高級牛肉から人間ドックまで―ふるさと納税で税と地方に関心を」 | 政治・選挙プラットフォーム【政治山】 第30回政治山調査「高級牛肉から人間ドックまで―ふるさと納税で税と地方に関心を」 2008年に始まり、今年4月の税制改革による利用の拡大が見込まれている「ふるさと納税」。高級牛肉や人間ドック、ハイグレードパソコンなどのユニークな「お礼」が話題となっていますが、実際にはどのような人が、何に期待をして、どの程度利用しているのでしょうか。政治山では、全国の20歳以上の男女を対象

ふるさと納税についての調査です。

【女性】ふるさと納税についてのアンケート(2015年/全国)

リビング新聞グループの女性マーケティングポータルサイトTOPスペシャルコンテンツ自主調査レポート【女性】ふるさと納税についてのアンケート (2015年/全国) 自主調査レポート【女性】ふるさと納税についてのアンケート (2015年/全国)【質問内容】Q1.「ふるさと納税」をしたことがありますか?Q2.「ふるさと納税」をしたことがある方にお聞きします。 一番最近「ふるさと納税」をした金額を教えてください。Q3.「ふるさと納税」をしたことがある方にお聞きします。 納税する自治体を選んだ理由をすべて

2013年9月13日総務省★フィードバック数:0社会/政治

ふるさと納税の受付側の調査です。

ふるさと納税に関する調査

報道資料ふるさと納税に関する調査結果「ふるさと寄附金制度」(いわゆる「ふるさと納税」)の創設から5年が経過したこと等を踏まえ、ふるさと納税に関する調査を全都道府県、市区町村を対象に実施し、以下のとおり調査結果を取りまとめましたので公表します。 なお、本調査結果を踏まえ、本日付で事務連絡を発出し、各都道府県、市区町村に対して、以下のような取組がふるさと納税のより一層積極的な活用のために効果的である旨、周知したところです。 ・ 寄附金の収納方法の多様化を図ること ・ 必要な申告手続きを説明した

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

お知らせ