「ほうじ茶」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2021年2月9日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

冬に飲むものに関するアンケート調査(第3回)

冬に飲むものに関するアンケート調査(第3回) ■冬によく飲む飲み物は「コーヒー」が約76%、「緑茶、ほうじ茶、玄米茶など」が6割強、「紅茶」が3割強、「牛乳」「水、ミネラルウォーター」「ビール類」などが各3割弱。■冬に温かい状態で飲むものは「コーヒー」が7割強、「緑茶、ほうじ茶、玄米茶など」が約57%、「紅茶」「ココア」などが各20%台。冬に冷たい状態で飲むものは「ビール類」が3割強、「水、ミネラルウォーター」が約26%、「牛乳」「炭酸飲料」などが各2割弱。■冬に飲む飲み物を選ぶ際の重視点

2018年1月14日ぐるなびフィードバック数:0ライフスタイル

2017年「今年の一皿」

「今年の一皿®」2017年は「鶏むね肉料理」に決定!日本の食文化を後世に残す「今年の一皿®」2017年は「鶏むね肉料理」に決定!  食を主要テーマにさまざまな調査・研究を行い、その成果や提言を広く発信する株式会社ぐるなび総研(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:滝久雄 以下、ぐるなび総研)は、今年の日本の世相を反映し象徴する食として、2017年「今年の一皿」に「鶏むね肉料理」が決定されたことを発表しました。■ 2017年「今年の一皿」 「鶏むね肉料理」【選定理由】 ・日本では一般的に「もも肉」

2013年7月20日アサヒビールフィードバック数:0ライフスタイル

あなたの好きなお茶の種類は?(2006/09)

【第153回】アンケート結果:2006年9月20日〜9月26日 調査対象:全国の20歳以上の男女 (有効回答数)2,052人 この10年で、私たちとお茶との付き合い方は大きく変化しました。ひと昔前までは、毎食時ごとに急須で淹れた煎茶や、ほうじ茶を飲むのが当然のことでしたが、ここ最近では缶やペットボトルに入ったお茶飲料がむしろメインとなりつつあります。同時に煎茶、番茶、ほうじ茶に加え、半発酵したウーロン茶や、茶葉以外のそば茶、ハトムギ茶やプーアル茶など、お茶の種類も次々に増え多様化していま

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お知らせ