「アイドル」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2019年5月20日楽天★フィードバック数:0マーケティング

フリマアプリ「ラクマ」、急成長するカテゴリーの要因をひも解くため、女子高校生の意識調査を実施

フリマアプリ「ラクマ」、急成長するカテゴリーの要因をひも解くため、女子高校生の意識調査を実施 - 「ラクマ」、15~18歳による「アイドルグッズ」取引数が昨年比で5倍に拡大 -楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷浩史、以下「楽天」)が運営するフリマアプリ「ラクマ」では、「アイドルグッズ」の取引数が急拡大しています。取引を牽引しているのはとくに15~18歳女性の利用者層で、2017年と2018年の取引数を比較すると5倍の規模に成長しています。「ラクマ」では、成長の背景を

2017年1月8日トゥギャッターフィードバック数:0エンタテインメント

2016年の傑作まとめ

埼玉の政財界人によるあまりにも豪華な歌謡祭!新年早々、埼玉の本気がきらめきます。 窓を割って野生の鷹が入り込んできた!試される大地・北海道の読むとホッコリする話。 2年間オスだと思って飼っていたうさぎが実は…メス!?飼い主さんの動揺と慟哭が見事です。 絶対に笑ってはいけない伊賀越え24時!特に秀逸な真田丸感想まとめです。 父から娘に「実は父さんゲイビデオに出たことあるんだ」と突然の告白。そして衝撃の結末へ。 ライブのチケットを家に忘れて遠征してしまった星野源ファンがツイッターの力を借りて

2013年6月21日オウチーノフィードバック数:0大型消費/投資

イマドキの若者の「地元愛」調査

イマドキの若者の「地元愛」調査ご当地ゆるキャラやB級グルメ、ご当地アイドルなど、ご当地モノが話題に挙がることが多い昨今。その一方で、若者の流出に頭を悩ませる地方自治体が多いのも事実だ。毎年多くの若者が進学や就職を期に上京しているが、果たして地元(=生まれ育った地)を離れて暮らす若者たちは、どれくらい郷里に愛着をもっているのだろうか。

2013年2月19日NTTレゾナントフィードバック数:9エンタテインメント

好きだったアイドルから心が離れるきっかけになったことランキング

新着ランキングランキングカテゴリ一覧ランキングタグ一覧 ランキングに参加しよう! 佐野遊穂(ハンバートハンバート):1976年10月28日 お問い合わせ 本サイトはAmazon.co.jpアソシエイトに参加しています。

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

特集データ

お知らせ