調査のチカラ TOP > タグ一覧 > アクティブシニア

「アクティブシニア」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2019年12月13日矢野経済研究所フィードバック数:0マーケティング

シニア関連市場に関する調査を実施(2018年)

レポートについてのご意見やご要望を受け付けています 消費の主役として注目、拡大するシニア関連市場 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、2017年のシニア関連市場を調査し、業界別の動向と企業戦略を明らかにした。1.市場概況今回算出した2017年のシニア関連主要マーケットの総市場は、50兆5,673億円と前年比2.0%の増加となっている。大分類によるカテゴリー別にみると、介護・リハビリ市場が前年比1.1%増、住宅市場が同7.3%増、宅配市場が同3.2%増、各種支援サービス市場が

未来のアクティブシニアへのアンケート調査

未来のアクティブシニアへのアンケート調査 “食事の摂り方”と“幸福度”は密接な関係に!「毎日朝食を摂ることは幸せを感じる傾向がある」「複数で食事を摂る人は幸福度が高い」回答多数。また、“介護”をきっかけに自身の健康のために栄養成分を気にする傾向も。 アクティブシニア「食と栄養」研究会では、健康意識の高い未来のアクティブシニア(45~64歳の男女)を対象に、食と栄養を中心とした現在の生活状況と意識を把握するため、アンケート調査を実施いたしました。年齢で朝食への“意識”が変わる!?本アンケートにより

2016年10月31日朝日新聞★フィードバック数:0ライフスタイル

アクティブシニアの美容意識を調査

アクティブシニアの美容意識を調査

シニアの食と栄養に関するオピニオンリーダーによる アンケート調査

<シニアの食と栄養に関するオピニオンリーダーによるアンケート... <シニアの食と栄養に関するオピニオンリーダーによる アンケート調査結果> 食と栄養のプロが考える シニアの不足成分は“タンパク質”、 栄養摂取に必要なのは“調理の工夫”~シニアの健康・ロコモ・サルコペニア対策へ~ アクティブシニア「食と栄養」研究会(所在地:東京都中央区、運営委員長:鈴木 隆雄)では、同研究会のプロシューマ会員※を対象とし、シニアの健康維持のための日々の活動や考え方の把握を目的に、アンケート調査を実施しまし

2015年9月15日オレンジページフィードバック数:0ライフスタイル

子世代から見る「親世代の健康意識・親への贈り物」調査

60代の親は「週1回以上運動」と52%が回答「体重計」「血圧... 60代の親は「週1回以上運動」と52%が回答 「体重計」「血圧計」「歩数計」など 健康サポート機器の所持率が高い 敬老の日の贈り物として「活動量計」に注目! 「オレンジページくらし予報」では9月21日の敬老の日を前に、60代の親を持つ女性対象に、子世代から見る「親世代の健康意識・親への贈り物」調査を実施しました。82%が「自分の親は健康に気を使っている」と回答。親の52%が「週1回以上」運動をしており、実施している運動TO

2015年4月30日オウチーノフィードバック数:0大型消費/投資

サ高住に「住みたくない」25.1%。サ高住は「老後の住まい」の受け皿になり得るのか?

サ高住に「住みたくない」25.1%。サ高住は「老後の住まい」の受け皿になり得るのか? 4人に1人が65歳以上の超高齢社会を迎えた日本では高齢世帯も年々増加。一方で高齢者が安心して暮らせる住まいが不足している状況を踏まえ、2011年に創設されたのがサービス付高齢者向け住宅(サ高住)です。便利で快適な暮らしを形成するための取り組みである一方、実際はまだ課題も多いのではないか――。そこで、サ高住のターゲットである60代以上のアクティブシニアにアンケートを実施。その結果から現状と課題が見えてきました。「

シニアの幸福についての調査です。

最も “幸せ” を感じて生きているのは60代女性

[株式会社アサツー ディ・ケイ] ,シニア 生活者 幸福度 アクティブシニア 幸せ 60代 アラダン

2013年9月3日ポーラフィードバック数:0ライフスタイル

60代アクティブシニアの生活スタイルと肌の関係性

60代アクティブシニアの生活スタイルと肌の関係性

アクティブシニア層のインターネット利用動向--もっとも接触するメディアは「テレビ」と「ネット」

アクティブシニア層のインターネット利用動向--もっとも接触するメディアは「テレビ」と「ネット」  Webマーケティングガイドでは、インターネット調査会社のメディアインタラクティブと共同で、インターネットの利用に対してアクティブに活動するシニア層の実態を探った。 今回の調査は、総務省が発表した「平成19年通信利用動向調査の結果」をもとにして、特にアクティブにインターネットを利用するシニア層の接触メディアや連絡手段について調査し、今後のアクティブシニア層の動向を探った。 今回の調査対象は、50歳か

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ

お知らせ