調査のチカラ TOP > タグ一覧 > アクティブユーザー

「アクティブユーザー」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2020年9月18日リスキーブランドフィードバック数:0マーケティング

ステイホームの影響か?LINE、YouTube、Twitter、Instagramが大幅伸張/ SNSユーザーの動向と価値観。

ステイホームの影響か?LINE、YouTube、Twitter、Instagramが大幅伸張/ SNSユーザーの動向と価値観。 株式会社リスキーブランド(本社:東京都渋谷区、代表:田崎和照)は、同社が実施する生活意識調査「MINDVOICE®」データを使い、SNSユーザーの動向と価値観についての分析結果をご報告します。 Source: RISKYBRAND MINDVOICE® 2020分析対象:15-74歳(一部15-64歳)一般生活者男女個人標本数:N=4,400(2020年)*時系列データ

2018年12月4日リスキーブランドフィードバック数:0マーケティング

SNSユーザー動向

主要SNSアクティブユーザーの推移(2011-2018)とユーザー特性を分析 連絡用途のポジションを築いたLINE、シニシズム/冷笑主義の社会トレンドをつかんだTwitter、Instagramが伸長。Facebookは若者からの支持を失い失速。 リスキーブランドが実施する生活意識調査MINDVOICE®2011-2018年のデータを分析した「SNSユーザー動向」について報告いたします。サマリーLINE、Twitter、Instagramは伸長。Facebookは失速。Facebookは若者離れ

2018年4月16日アイレップ★★フィードバック数:0マーケティング

2018ソーシャルメディア利用実態調査

ホーム ニュースアイレップ、「2018ソーシャルメディア利用実態調査」を実施~ソーシャルメディアアクティブユーザー(1日1回以上)の6割以上が、 商品・サービス購入の際に、ソーシャルメディアの影響を受けている実態が判明~アイレップ、「2018ソーシャルメディア利用実態調査」を実施 ~ソーシャルメディアアクティブユーザー(1日1回以上)の6割以上が、商品・サービス購入の際に、ソーシャルメディアの影響を受けている実態が判明~ プレスリリース平成30年4月3日 株式会社アイレップ株式会社アイレップ(本

2017年4月29日LINEフィードバック数:0マーケティング

LINEアプリ内の「ニュースタブ」新設により月間アクティブユーザー数が5,900万人を突破

【LINE NEWS】LINEアプリ内の「ニュースタブ」新設により月間アクティブユーザー数が5,900万人を突破2017.04.20LINE 特に30-50代男性におけるMAU増加率が高く、ユーザー数・ユーザー層共に拡大海外で展開している「LINE TODAY」を含んだ合計MAUは1億5,000万人以上を記録LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、同社が運営する「LINE NEWS」(「LINEアカウントメディア プラットフォーム」を含む)の月間アクティブユーザー数(

2017年2月14日LINEフィードバック数:0モバイル

カメラアプリ「B612」、全世界累計ダウンロード数が3億件を突破 月間アクティブユーザーは1億人に到達

【B612】カメラアプリ「B612」、全世界累計ダウンロード数が3億件を突破 月間アクティブユーザーは1億人に到達2017.02.02ALL 中国・インドネシア・ベトナムなどのアジア地域や中南米で利用が拡大いつもの夜景や風景が幻想的な空間に変身する新機能「ARフィルター」も好調LINE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:出澤 剛)は、カメラアプリ「B612」(iPhone・Android・Windows Phone対応/無料)において、全世界累計ダウンロード数が3億件を突破いたしました

2016年7月31日LINE★★フィードバック数:0デジタル家電

【LINE NEWS】月間アクティブユーザー数が4,100万人を突破

【LINE NEWS】月間アクティブユーザー数が4,100万人を突破2016.07.20メディア関連サービス 「スマートフォンで利用するニュースサービス」として、「LINE」が10代では1位、20代では「Yahoo!」に肩を並べるLINE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:出澤 剛)は、同社が運営する「LINE NEWS」(「LINEアカウントメディア プラットフォーム」を含む)の月間アクティブユーザー数(MAU)*1が2016年6月時点で4,100万人を突破いたしましたので、お知らせ

シェア情報です。

ソーシャルメディアシェア早わかり~2015更新版

躍進したのはInstagram、日本ではLINEが急増ソーシャルメディアシェア早わかり~2015更新版2015年03月09日 09時00分更新文● 高橋暁子 編集●ASCII.jp 『そういえば、あの業界のシェアは結局どこが一番多いんだっけ……?』そんな疑問を抱いたことがあるすべてのビジネスマンに捧ぐ連載。仕事でも利用できる業界ランキングや業界地図を私、高橋暁子が手っ取り早く紹介します。<連載目次>日本ではLINE>Twitter>Facebook 気付けば当連載も2年目に突入してしばらく経つ。

これまでPCでやっていたことが少しずつ携帯にシフトしている部分もあるようです。

携帯ユーザーのパソコン利用スタイル調査

プレスリリース携帯ユーザーのパソコン利用スタイル調査■ 2008年7月3日 モバイルマーケティング・携帯ユーザー自主調査: 携帯ユーザーのパソコン利用スタイル調査~携帯アクティブユーザーの約5割はケータイのみでインターネットを利用~携帯マーケティング調査・コンサルティングを展開する株式会社MobileMarketing.JP()(東京都港区、代表取締役:江尻尚平、以下モバイルマーケティング.JP)では、「携帯ユーザーのパソコン利用スタイル」に関する自主調査をモバイルリサーチ(携帯電話によるインタ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お知らせ