調査のチカラ TOP > タグ一覧 > アジア地域

「アジア地域」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2018年4月5日日本マイクロソフトフィードバック数:0企業情報システム

アジアが次のAI技術開発のフロンティアに

[2018年3月28日]ラルフ ハウプター () Microsoft Asia プレジデント(本記事は 掲載されたものです)わずか数年間で、人工知能(AI)が大きな脚光を浴びることになり、現実離れした SF 小説の題材のような存在から、アジア中のお客様、パートナー、業界リーダーとの対話に頻繁に登場する話題となりました。AI が今日のような状況に至るまでの道筋はおよそ 70 年の長きにわたるものでした。しかし、ここ数年の間に、ビッグデータ、強力なクラウドコンピューティングの普及、そして、ソフトウェ

2017年3月7日日本マイクロソフトフィードバック数:0企業情報システム

日本における「デジタルトランスフォーメーション」推進の重要性について

日本における「デジタルトランスフォーメーション」推進の重要性について [2017年3月1日]マイクロソフトによるアジア地域における調査から、他地域との傾向の違いが明確にPosted by: 岡部 一志コーポレートコミュニケーション本部 本部長マイクロソフトは、この度、アジアの 13 か国・地域※のビジネスリーダーを対象に、最新テクノロジの活用とビジネス変革について調査した「Microsoft Asia Digital Transformation Study」(回答者数:日本の 115 人を含む

2016年12月15日外務省フィードバック数:0社会/政治

2015年(平成27年)海外邦人援護統計

1 本5日,外務省は,2015年(平成27年)海外邦人援護統計を外務省ホームページ及び海外安全ホームページに掲載しました。この海外邦人援護統計は,2015年1月1日から12月31日までの間,我が国在外公館及び公益財団法人交流協会が海外において事故・災害,犯罪加害及び犯罪被害等で何らかのトラブルに遭遇した邦人に対し行った援護の件数及び人数を暦年ごとにとりまとめたものです。2 平成27年の総援護件数は,1万8,013件(対前年比0.61%減)で過去10年において三番目に多く,総援護人数は,2万387

2016年9月21日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

イギリスのEU離脱に関する企業への影響調査

2016/9/14イギリスのEU離脱に関する企業への影響調査企業の51.3%が日本経済に「マイナス」〜 イギリスへの直接進出企業、移転先にアジアや北米・中南米も候補に 〜はじめに2016年6月24日(日本時間)、イギリスは国民投票で欧州連合(EU)からの離脱(Brexit)を選択した。Brexitの影響は、イギリスやEU域内に進出している企業にとどまらないとみられている。また、現在交渉が進む「日EU経済連携協定」についても、EUの混乱にともなう合意の遅れは避けられず、対EU貿易やEU市場参入など

アジア10カ国の親日度調査

インバウンド・アウトバウンドに強いグローバルコンサルティング企業 アジア10カ国の親日度調査~中国の親日度上昇は継続、しかし台湾・香港で下降?~  アジア8拠点で、マーケティング(SEM(検索エンジンマーケティング)サービス、インターネット広告など)、アセットなどのグローバルコンサルティングを展開するアウンコンサルティング株式会社(東証マザーズ:2459、本社:東京都文京区、代表取締役:信太明、以下アウンコンサルティング)は、このたび、アジア10カ国を対象に、親日度とそれに関連するデータを調査

2015年6月1日A.T. カーニー★フィードバック数:0ビジネス

A.T. カーニーのレポートです。

2015年新興国小売市場の参入魅力度ランキング

[] 「2015年グローバル・リテール・デベロップメント指数(以下GRDI: Global Retail Development Index)」調査は2001年より毎年実施。小売企業がグローバル市場での成長戦略を定め、参入市場の選定や優先順位付けを行う際の材料となるべく、新興市場の参入魅力度を測るもの。マクロ経済および小売業独自の25の変数をもとに、「市場魅力度」「カントリーリスク」「市場飽和度」「参入緊急度」という4つの観点から評価、数値化し、上位30か国をランキングしている。 2015年 

2015年4月30日A.T. カーニーフィードバック数:0ビジネス

2015年海外直接投資信頼度ランキング

[] 今回で15回目の発行となる「海外直接投資信頼度指数(FDICI)」の最新の調査によれば、回答者の3の2が2016年までに海外直接投資の規模を、世界金融危機前のレベルに戻す予定であるとし、調査対象である世界の大手企業経営層が成長の機会を前向きにとらえていることがわかった。本調査の創始者でA.T. カーニーグローバル・ビジネス・ポリシー・カウンシルの会長、ポール・ラウディシナは、こう述べている。「投資家は先の金融危機を必死に過去のものにしたいと考え、すでに新しい投資先に目をむけている。マーケッ

2015年4月17日日経BP★フィードバック数:0マーケティング

アジアでのブランド調査です。

ブランド・アジア2015

レポート/ケーススタディレポート/ケーススタディ当社運営の CCL.が、コーポレート・コミュニケーションの仕事に役立つ情報を発信します。 ソリューションソリューション当社が企業・団体へご提供するコミュニケーション施策は、ブランド、デジタル、コンテンツの3つの切り口で皆様の事業目的に貢献します。 企業情報企業情報日経BPコンサルティングは日経BPの100%子会社です。 最新情報最新情報ブランド調査の最新結果はニュースリリースをご覧ください。 お問い合わせ 日本ブランドはSONY、H

やはりGoogleが圧倒的です。

世界40の国と地域の検索エンジンシェアと推移【2014年6月版】

インバウンド・アウトバウンドに強いグローバルコンサルティング企業 世界40の国と地域の検索エンジンシェアと推移【2014年6月版】全世界的にGoogleが安定したシェア Bingは地域によって増減に幅  東京、沖縄、台湾、香港、タイ、シンガポール、韓国のアジア7拠点で、SEO、PPC(リスティング広告)、ソーシャルメディア、リサーチ、翻訳などのグローバルマーケティングを展開するアウンコンサルティング株式会社(東証マザーズ:2459、本社:東京都文京区、代表取締役:信太明、以下アウンコンサルティ

2014年6月1日アジア太平洋研究所フィードバック数:0ビジネス

2013年度の報告書 - 日本企業のアジア立地とサプライチェーン -

2013年度の報告書 - 日本企業のアジア立地とサプライチェーン - が完成しました。2014-05-28 本研究は、国際産業立地といった地理的・空間的な側面から、日本企業のアジア進出や国際分業進展について検討することで、アジア地域の発展と並立しうる日本企業の真のグローバル化の道を探ることを目的としています。繊維・アパレル、電機、自動車、外食など産業別の分析に、中国、タイ、ベトナム、インドネシアなど市場(地域)の視点を絡め、企業の実践的な海外展開戦略立案に資する研究を行いたいと考えております。

2014年3月28日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

2014年1月の「日本・アジア/米国間のコンテナ荷動き動向」速報値

アジア米国間・その他航路のコンテナ荷動き 速報 2014年1月の荷動きのポイント アジア米国間・その他航路のコンテナ荷動き 速報 2014年1月の荷動きのポイント【往 航】1月の往航荷動き量は126.5万TEUで対前年比7.0%増。1月の往航荷動き量は、前年比8ヶ月連続の増加となる7.0%増の126.5万TEU。国・地域別でみると、日本積(前年比0.3%減)、韓国積(同2.6%減)などが前年比減少となったものの、中国積(同9.6%増)、ASEAN地域(同3.7%増)、南アジア地域(同10.2%増

2013年12月4日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

【2014年アジア経済の見通し】前年を上回る成長率となる2014年のアジア

【2014年アジア経済の見通し】前年を上回る成長率となる2014年のアジア 2014年は内外需の持ち直しにより、多くの国・地域で13年をやや上回る成長になるものと予想される。中国は13年と同じ7.7%、インドは13年度を上回るものの、4.9%にとどまるであろう。1.2013年のアジア経済 全体として景気が持ち直しているが、輸出回復の遅れや一次産品価格の下落、景気対策効果の剥落などにより回復ペースが一部で鈍化している。中国では7%台半ばの成長が続いている。 (1)内需の勢いの差が表れた近年の各国成

2013年11月15日日本総研フィードバック数:0ビジネス海外

ミャンマー開発で強まるアジア地域連携

ミャンマー開発で強まるアジア地域連携

2013年10月11日大和総研フィードバック数:0ライフスタイル海外

アセアン諸国のコメ生産と、ポストハーベスト・ロス対策への期待

トップレポート・コラムアジアレポートアジアンインサイトアセアン諸国のコメ生産と、ポストハーベスト・ロス対策への期待 ここから本文ですアセアン諸国のコメ生産と、ポストハーベスト・ロス対策への期待経営コンサルティング第一部 シニアコンサルタント 横山 幹郎 トウモロコシ、小麦と並び世界の三大穀物と呼ばれるコメは、アジア地域が世界最大の消費地であり、同時に、国の社会的基盤である農村・農民・農業において、伝統的・文化的価値を支える農作物である。アジア諸国の農村部に訪れれば、季節は異なれ水田に育つ稲を見か

2013年7月25日日本総研フィードバック数:0社会/政治海外

【アジア圏フロンティアシリーズ No. 1】ミャンマー開発で強まるアジア地域連携-ダウェイ開発が進むかが焦点

【アジア圏フロンティアシリーズ No. 1】ミャンマー開発で強まるアジア地域連携-ダウェイ開発が進むかが焦点

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ