調査のチカラ TOP > タグ一覧 > アドビ システムズ

「アドビ システムズ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2014年9月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済アップデート(2014.9)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ・ユーロ圏 GDP・英国 GDP・ユーロ圏 生産・英国 生産・ユーロ圏 消費・英国 消費・ユーロ圏 雇用・所得・英国 雇用・所得・ユーロ圏 物価・英国 物価・ユーロ圏 国際収支・英国 国際収支 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要となります。お持ちでな

2014年9月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年9月日銀短観予測

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 9月日銀短観予測製造業、非製造業とも業況判断は悪化を見込む 2014年9月18日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 久後 翔太郎◆10月1日に公表予定の2014年9月日銀短観において、大企業製造業の業況判断DI(最近)は10%pt(前回調査からの変化幅:▲2pt)、大企業非製造業の業況判断DI(最近)は16%pt(同:▲3pt)を予想する。製造業、非製造業ともに消費税率引き上げの影響

2014年9月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

FOMC 利上げ開始時期は示唆されず

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 FOMC 利上げ開始時期は示唆されず声明文の変更はわずかでQE3の縮小完了が10月と明示された 2014年9月18日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆9月開催のFOMC(連邦公開市場委員会)では、いわゆるQE3(量的緩和第3弾)に伴う資産買い入れ規模が月150億ドルに縮小された。声明文に、次回、10月のFOMC会合で資産買い入れ額をゼロにする決定が行われることが明示された。

2014年9月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:わが国の輸出は持ち直すのか?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本経済見通し:わが国の輸出は持ち直すのか?メインシナリオでは、日本経済は緩やかな回復軌道を辿る見通し ◆経済見通しを改訂:2014年4-6月期GDP二次速報を受け、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2014年度が前年度比+0.7%(前回:同+0.7%)、2015年度が同+1.5%(同:同+1.5%)である(→詳細は、熊谷亮丸他「第182回 日本経済予測(改訂版)」(2014年9月8日)参

2014年9月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年8月貿易統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年9月18日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 長内 智◆2014年8月の貿易統計は、輸出が伸び悩み、先行きの貿易収支の改善に対しても楽観視できない内容となった。輸出金額は前年比▲1.3%と市場コンセンサス(同▲2.6%)を上回ったものの、2ヶ月ぶりのマイナス。これは輸出価格が同+1.6%と2ヶ月連続のプラスとなった一方で、輸出数量が同▲2.9%と前年を大きく下回ったことによ

2014年9月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 均せば安定成長

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国経済見通し 均せば安定成長金融政策の先行きはまだわからない 2014年9月18日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆9月のFOMC(連邦公開市場委員会)では、いわゆるQE3(量的緩和第3弾)に伴う資産買い入れ規模が縮小され、10月の会合で買い入れ停止を決定することが明示された。利上げ開始時期は示唆されず、経済指標次第で2015年中に始まる可能性が高いことが確認されたにとど

2014年9月17日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国のアジアインフラ投資銀行構想の光と影

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 中国のアジアインフラ投資銀行構想の光と影 ◆中国は、アジアインフラ投資銀行(AIIB)の設立に注力している。2014年11月に北京で開催されるAPEC首脳会議に向けて、中国は関係諸国と「アジアインフラ投資銀行創設準備に関する政府間枠組覚書」(MOU)を締結する意向である。◆AIIB構想はインフラ整備資金の調達の観点からみれば、アジア地域全体にメリットがある。インフラを整備したい国にとって、その整備資金

2014年9月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2014年9月号)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 アメリカ経済グラフポケット(2014年9月号)2014年9月8日発表分までの主要経済指標 ・実質GDPの推移・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要となります。お持ちでない方

2014年9月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年7月機械受注

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 7月機械受注力強さには欠くが、持ち直しの兆し 2014年9月10日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆2014年7月の機械受注統計によると、国内設備投資の先行指標である民需(船舶・電力を除く)は、前月比+3.5%となり、市場コンセンサス(同+4.0%)から若干下振れする結果となった。4月(同▲9.1%)、5月(同▲19.5%)の大幅な減少に照らすとやや力強さに欠くものの、

2014年9月8日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル海外

米雇用者数の増加幅の鈍化は一時的だろう

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米雇用者数の増加幅の鈍化は一時的だろう2014年8月の米雇用統計:質的には限定的な改善 2014年9月8日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆8月の非農業部門雇用者数は前月から14.2万人増加し、失業率は前月から0.1%ポイント低下して6.1%となった。雇用者数の増加ペースは事前の市場予想を下回り、失業率は市場予想と一致した。◆雇用は、業種別では主に企業向けサービスと教育・医

2014年9月8日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年4-6月期GDP二次速報

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年4-6月期GDP二次速報設備投資下方修正、在庫投資上方修正 2014年9月8日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆2014年4-6月期の実質GDP成長率(二次速報)は前期比年率▲7.1%(前期比▲1.8%)と、一次速報(前期比年率▲6.8%、前期比▲1.7%)から下方修正されたが、概ね市場コンセンサス(前期比年率▲7.0%、前期比▲1.8%)通りの結果となった。

2014年9月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

ドラギ・マジック再び?

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ドラギ・マジック再び?追加利下げとABS、カバード・ボンドの買取計画を発表したECB ◆9月4日のECB金融政策理事会は追加利下げを決め、政策金利は0.15%から0.05%へ引き下げられた。8月末の米ジャクソンホールでのスピーチで、ドラギECB総裁がインフレ期待の低下に懸念を表明して以来、追加緩和策への期待が高まっていたが、利下げは予想外の決定であった。これに加えて、ABS(資産担保証券)とカバード・

2014年9月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

月初の消費点検(1/4)~消費税増税の判断を控えて~

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 月初の消費点検(1/4)~消費税増税の判断を控えて~引き続き消費の一部に弱さが残る ◆過去の制度要因による反動減からの回復状況と比較すると、足下の乗用車販売の推移は、前回のエコカー補助金終了後より弱く、前回増税時とほぼ同程度である。乗用車販売の動向については、今まで以上に慎重に見極めていく必要があるだろう。◆百貨店大手4社の月次速報の結果を基に推計すると、8月の百貨店売上高(全国)は既存店ベースで前年

2014年9月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

法人税率引き下げと日本経済

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 法人税率引き下げと日本経済~税率引き下げの効果を期待できる政策体系が重要~『大和総研調査季報』 2014年夏季号(Vol.15)掲載 日本の法人実効税率は諸外国と比べて高い状況にある。法人税率の引き下げは企業の立地選択や国内設備投資に好影響を与えよう。本稿の分析によると、日本の法人実効税率が1%pt引き下げられた場合、対外直接投資が2.9%抑制され、対内直接投資は3.5%拡大する。また、法人税率を10

2014年9月1日大和総研★フィードバック数:0キャリアとスキル

労働市場や人手不足についてのレポートです。

日本の労働市場の課題

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本の労働市場の課題~成長戦略を妨げる人手・人材不足~『大和総研調査季報』 2014年夏季号(Vol.15)掲載 足元の日本の雇用環境は、新卒市場をはじめとして広範囲に改善傾向が見られ、1990年代初めのバブル期以来の高水準というものも散見される。ただ、過去10年間を振り返ってみると、男性の失業率は下方バイアスが働いているにもかかわらず、一貫して女性を上回っており、男性を取り巻く環境は見た目以上に厳し

2014年9月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

成長持続に向けた財政投融資の活用

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 成長持続に向けた財政投融資の活用~官民連携強化を促進する財投へ~『大和総研調査季報』 2014年夏季号(Vol.15)掲載 2007年~12年頃までの時期は、様々な危機対応に追われた感もあるが、その間もわが国が長期の低迷から脱するための模索は続けられた。歴代の内閣において成長戦略が策定され、インフラ・システム輸出、新規起業促進、医療や農業などの成長産業化などが掲げられ、金融面から促進する手法として、財

2014年9月1日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

水素社会への期待と課題

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 水素社会への期待と課題『大和総研調査季報』 2014年夏季号(Vol.15)掲載 2013年9月に発表されたIPCCの報告書では、気候システムの温暖化について疑う余地のないことが示された。原因の一つとされる化石燃料に代わるエネルギー源として、水素の有効活用がある。日本では、2009年から世界に先駆けて家庭用燃料電池の普及が始まった。海外では日本に次ぐとされるドイツでも、実証事業による数百台の導入にとど

2014年9月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年4-6月期法人企業統計と二次QE予測

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 4-6月期法人企業統計と二次QE予測製造業を中心に増益幅縮小/二次QEはわずかに上昇修正と予測 2014年9月1日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆2014年4-6月期の全産業(金融業、保険業除く)の経常利益は前年比+4.5%と、10四半期連続の増益となったが、増益幅は前四半期(同+20.2%)を下回った。売上高は同+1.1%と4四半期連続の増収となったものの、増収幅が

2014年8月29日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年7月全国消費者物価

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 7月全国消費者物価物価は底堅く推移、今後は頭打ち 2014年8月29日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 長内 智◆2014年7月の全国CPI(除く生鮮食品、以下コアCPI)は前年比+3.3%と、市場コンセンサス(同+3.3%)通りの結果となった。消費税を除くベース(大和総研による試算値、以下同様)でみると、前年比+1.4%と前月(同+1.3%)から上昇幅が小幅に拡大。季節調整値の推

2014年8月29日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

2014年7月雇用統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 7月雇用統計失業率は2ヶ月連続の上昇、雇用環境は改善一服 2014年8月29日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆労働力調査によると、2014年7月の完全失業率(季節調整値)は、前月から0.1%pt上昇し、3.8%となった。失業率の上昇は2ヶ月連続であり、雇用環境の改善傾向が一服した格好である。就業者数は前月差▲6万人と、3ヶ月ぶりに減少した。ただし、雇用者数は前月差+1

2014年8月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済アップデート(2014.8)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ・ユーロ圏 GDP・英国 GDP・ユーロ圏 生産・英国 生産・ユーロ圏 消費・英国 消費・ユーロ圏 雇用・所得・英国 雇用・所得・ユーロ圏 物価・英国 物価・ユーロ圏 国際収支・英国 国際収支 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要となります。お持ちでな

2014年8月22日大和総研フィードバック数:0社会/政治

円安で輸出が伸び悩む一つの背景

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 円相場の大幅な減価にもかかわらず、日本の輸出は伸び悩んでいる。もちろん円高が是正されていなければ輸出はもっと低迷していただろう。輸出が伸び悩む理由の一つは、世界経済が力強さを欠く貿易環境にある。新興国は全般に成長率を鈍化させ、欧州では牽引役のドイツが地政学的リスクの影響もあり失速気味となっている。もう一つの理由は、日本企業の海外現地生産の拡大にあり、これはアジア諸国の関税制度とも関係している。日本の基

2014年8月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年7月貿易統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 7月貿易統計貿易赤字はわずかに縮小、輸出数量は依然伸び悩み 2014年8月20日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆2014年7月の貿易統計によると、輸出金額は前年比+3.9%と3ヶ月ぶりに前年を上回り、概ね市場コンセンサス(同+3.8%)に沿った結果となった。輸出金額を季節調整値で見ると、前月比+1.5%と2ヶ月連続で増加した。輸出価格の低下を主因に2013年末以降、輸

2014年8月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

第182回日本経済予測

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 第182回日本経済予測人手不足が日本経済に与える影響を検証する~①消費税増税、②人手不足、③輸出動向、④猛暑効果等を考察~ :2014年4-6月期GDP一次速報を受け、経済見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2014年度が前年度比+0.7%(前回:同+1.1%)、2015年度が同+1.5%(同:同+1.5%)である。日本経済は、2014年4-6月期に消費税増税の影響で一時的に低迷したものの、7-

2014年8月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 労働資源の活用が進む兆候

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国経済見通し 労働資源の活用が進む兆候緩やかでもしっかりとした回復ペースへ 2014年8月20日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕◆4-6月期の実質GDP成長率は1-3月期のマイナス成長からの反動で予想を上回り、1-3月期の統計も上方修正された。今後の見通しに変更はないが、上半期の成長ペースが上方修正されたことに伴い、2014暦年の成長率見通しを引き上げた。◆7月開催のFO

2014年8月14日大和総研フィードバック数:0社会/政治

今後10年の日本経済を読む10の勘所

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 今後10年の日本経済を読む10の勘所日本経済中期予測(2014年8月)1章 ◆大和総研では日本経済中期予測を半年ぶりに改訂し、今後10年の日本の経済成長率は平均で実質1.5%、名目2.3%と予想する。前後半に分けると、消費増税の影響で個人消費が下押しされる前半の実質1.3%成長から後半は1.6%成長に加速しよう。◆労働需給のタイト化は賃金の伸びを支えるだろうが、国際競争の進展で構造的に賃金上昇が抑制さ

2014年8月14日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年4-6月期のGDPギャップ

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年4-6月期のGDPギャップマイナス幅が拡大して、デフレ脱却宣言が一歩後退 2014年8月13日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 長内 智◆2014年4-6月期GDP(一次速報)の結果を反映して大和総研が試算した同四半期のGDPギャップは▲2.3%となり、1-3月期の▲0.5%からマイナス幅が1.8%pt拡大した。今回の下落幅は2%pt弱という大きなものとなったが、これは消

2014年8月14日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本の成長力はどうなるか

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本の成長力はどうなるか日本経済中期予測(2014年8月)2章、3章 ◆安倍政権が今年6月に発表した新成長戦略に対する評価はB+と、一年前から上方修正した。ただ、大きな前進が見られる分野がある一方、雇用面では課題が残る。日本の成長力を伸ばすには、雇用・人材面でさらに一歩進んだ成長戦略が必要である。◆新成長戦略では、新たな担い手として、女性の活躍推進や外国人材の活用に期待が集まっている。女性のM字カーブ

2014年8月13日大和総研フィードバック数:0社会/政治

統合型リゾート(IR)構想と検討課題(2)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 コンサルティング重点テーマレポート 地域活性化・地方創生 統合型リゾート(IR)構想と検討課題(2) 2014年8月13日コンサルティング・ソリューション第一部 主任コンサルタント 原田 英始◆カジノ開設の経済効果は大きい。具体的には、地域経済の振興、関連産業の活性化、インバウンド旅行者の増加、税収の増加が挙げられる。◆一方、カジノ開設のデメリットも指摘されている。カジノ周辺地域の治安悪化、青少年へ

2014年8月13日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年4-6月期GDP一次速報

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年4-6月期GDP一次速報個人消費の反動減で大幅マイナス成長 2014年8月13日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆2014年4-6月期の実質GDP成長率は前期比年率▲6.8%(前期比▲1.7%)と2四半期ぶりのマイナス成長となったものの、概ね市場コンセンサス(前期比年率▲7.0%、前期比▲1.8%)に沿った内容となった。実質GDPが大幅なマイナスとなった主因は

2014年8月13日大和総研フィードバック数:0キャリアとスキル

産後の女性の就労継続を阻むもの

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 産後の女性の就労継続を阻むもの男女間の賃金格差是正と柔軟な労働環境の整備が求められる ◆少子高齢化が急速に進むわが国では、労働力不足が懸念されており、労働力人口減少の対応策としてのみならず、潜在成長率の底上げを目指すための重要課題として女性の活躍推進が掲げられているが、課題は多い。1985年に男女雇用機会均等法が制定されてから30年近くが経過し、就業者全体に占める女性の割合が上昇しているものの、出産・

2014年8月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済中期予測(2014年8月)解説資料

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本経済中期予測(2014年8月)解説資料日本の成長力と新たに直面する課題 今後10年の世界経済と日本経済 p.2(近藤・小林・溝端)  今後10年の世界経済 今後10年の日本経済を読む勘所 日本の成長力はどうなるか p.23(溝端・近藤)  新成長戦略の概要 労働力の動向が成長を左右 まとめ p.34(近藤) この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレ

2014年8月5日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済中期予測(2014年8月)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本経済中期予測(2014年8月)日本の成長力と新たに直面する課題 ◆大和総研では日本経済中期予測を半年ぶりに改訂し、今後10年の日本の経済成長率は平均で実質1.5%、名目2.3%と予想する。前後半に分けると、消費増税の影響で個人消費が下押しされる前半の実質1.3%成長から後半は1.6%成長に加速しよう。◆労働需給のタイト化は賃金の伸びを支えるだろうが、国際競争の進展で構造的に賃金上昇が抑制される可能

2014年8月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

ウクライナとロシアからは大幅な資金流出

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ウクライナとロシアからは大幅な資金流出BIS報告銀行による国際与信残高統計 ◆2014年3月末の国際与信残高は26兆1,151億ドルと前期差+9,076億ドル(前期比+3.6%)で2四半期ぶりの増加となった。◆与信側(銀行側)から見ると、前期と比べて欧州の銀行、米銀、邦銀共に与信残高を増加させた。欧州の銀行、米銀の現時点の貸出基準は、歴史的に見て緩和された状態にある。◆与信受入側では、懸念されるウクラ

2014年7月29日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日米株式市場の相違点

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日米株式市場の相違点株式市場構造と取引手法 2014年7月28日金融調査部 兼 パブリック・ポリシー・チーム 研究員 太田 珠美◆日本株式市場は米国の制度を参考にしながらも、独自の発展を遂げており、現在は市場構造や取引手法について相違点が多くみられる。日本では制度改正等の際に米国を参考にすることが少なくないが、その際、両国間にどのような相違があるのか理解しておくことが、議論を効率的に進めるにあたって重

2014年7月29日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年6月消費統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 6月消費統計増加幅は小幅ながらも反動減の影響は徐々に緩和 2014年7月29日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 久後 翔太郎◆2014年6月の家計調査によると、実質消費支出は季節調整済み前月比+1.5%と増加した。振れの大きい住居や自動車などを除いた実質消費支出(除く住居等)で見ても、同+0.4%の増加であった。実質消費支出は4月、5月の減少を踏まえると、増加幅は小さい印象である。

2014年7月25日内閣府★★フィードバック数:0社会/政治

白書的資料です。

平成26年度年次経済財政報告(平成26年7月25日)

平成26年度 年次経済財政報告平成26年度 年次経済財政報告―よみがえる日本経済、広がる可能性― PDFファイルを閲覧・印刷いただく場合、Adobe® Reader® プラグインが必要となります。お持ちでない場合は、下記のアイコンをクリックし、アドビシステムズ社のダウンロードページよりインストールしてください。アドビ システムズ社から提供されているAdobe® Reader® プラグインのダウンロードページ 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2

2014年7月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年6月貿易統計

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 6月貿易統計輸入の持ち直しにより貿易収支の赤字幅拡大 2014年7月24日エコノミック・インテリジェンス・チーム エコノミスト 橋本 政彦◆2014年6月の貿易統計によると、輸出金額は前年比▲2.0%と2ヶ月連続の前年割れとなり、市場コンセンサス(同+1.0%)を下回った。輸出数量が同▲1.7%と2ヶ月連続で前年を下回ったことに加えて、輸出価格も同▲0.3%と2011年5月以来の低下となったことが輸出

2014年7月24日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

EUの移民政策と英国への影響

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 EUの移民政策と英国への影響欧州の移民政策は日本の成長戦略の参考になるのか 2014年7月24日ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト 菅野 泰夫◆5月22日から25日に行われた欧州議会選挙では、反EUを公約に掲げる各国の極右勢力が躍進した。彼らは若年層失業率の上昇や、社会保障費の増大等を理由に移民排斥を主張し、現行のEUの移民政策の廃止を訴えている。◆英国では労働党政権下(1997年~2010

2014年7月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済アップデート(2014.7)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 ・ユーロ圏 GDP・英国 GDP・ユーロ圏 生産・英国 生産・ユーロ圏 消費・英国 消費・ユーロ圏 雇用・所得・英国 雇用・所得・ユーロ圏 物価・英国 物価・ユーロ圏 国際収支・英国 国際収支 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要となります。お持ちでな

2014年7月23日大和総研フィードバック数:0社会/政治

農業政策変革の動きと農業政策金融

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 農業政策変革の動きと農業政策金融農業の復権に向けた金融の役割② ◆2014年6月24日に閣議決定された「『日本再興戦略』改訂2014」、「規制改革実施計画」に明記されているように、農業を成長産業とするために農業政策を変革していく動きが始まっている。◆農業政策変革に向けた動きとしては、いわゆる岩盤規制の改革の実現が期待される。また、農業金融との関連では、農業の6次産業化推進に向けて、A-FIVEの積極的

2014年7月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済見通し 台頭する不透明感

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国経済見通し 台頭する不透明感明らかになったQE3終了時期と中間選挙 2014年7月18日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕 笠原 滝平◆イエレン議長の議会証言において、QE3に伴う資産買い入れ規模の縮小は、10月のFOMCで完了し、QE3を終了させる方向性が示された。11月の中間選挙と同時期であり、2015年の財政関連リスクの見通しがたつにつれ、利上げ開始時期の議論も深化

2014年7月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治

日本経済見通し:順調な回復軌道へ

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 日本経済見通し:順調な回復軌道へ中国の「シャドーバンキング」問題などには、引き続き要注意 2014年7月18日エコノミック・インテリジェンス・チーム 執行役員 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸◆:日本経済は順調な回復軌道を辿っている。当社の実質GDP予想は2014年度が前年度比+1.1%、2015年度が同+1.5%である(→詳細は、熊谷亮丸他「第181回 日本経済予測(改訂版)」(2014年6月9日)参

2014年7月15日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

欧州ガス市場の自由化と日本への示唆(2)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州ガス市場の自由化と日本への示唆②競争原理の導入と最終需要者の便益の向上(3ヵ国編) ◆今回の調査では、自由化のステージが異なっているイギリス、フランス、イタリアを対象にした。◆EU編において記述してきた通り、欧州各国では、ガス市場の自由化の進展とは裏腹に、近年、ガス料金は上昇してきた。自由化のステージが異なる上記3ヵ国においても、自由化に対する議論の進展が異なっている。◆イギリスでは、自由化の流れ

2014年7月15日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

欧州ガス市場の自由化と日本への示唆(1)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州ガス市場の自由化と日本への示唆①競争原理の導入と最終需要者の便益の向上(EU編) ◆欧州のエネルギー市場自由化の中長期の目的は、規制されてきたエネルギー産業における競争原理の導入による最終需要者の便益の向上である。この場合の便益の向上とは料金の低下、サービスの質の向上、安定供給の確保等を指す。◆今回の調査では、エネルギー・システム改革の進展と最終需要者の便益の向上について議論が活発化しており、各国

2014年7月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アメリカ経済グラフポケット(2014年7月号)

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 アメリカ経済グラフポケット(2014年7月号)2014年7月8日発表分までの主要経済指標 ・実質GDPの推移・雇用環境・個人消費・住宅市場・企業動向・物価動向・輸出入・経常収支・金融・財政 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必要となります。お持ちでない方

2014年7月9日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

アジア新興国の低格付け債券等に流入するマネー

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 アジア新興国の低格付け債券等に流入するマネー中国不動産セクターの債務返済能力への懸念 ◆アジア新興国・地域でドル建て債券の発行が過去最高のペースで進んでいる。このような中で、低格付け、もしくは格付けの付されていない債券の発行割合が上昇している。◆債券発行のうち、大きな割合を占めるのは中国の金融、不動産セクターである。不動産セクターは、以前は調達した資金を設備投資など将来への投資に使用する割合が高かった

2014年6月9日内閣府★フィードバック数:0社会/政治

内閣府のレポートです。

世界経済の潮流 2014 I

世界経済の潮流 2014年 I世界経済の潮流 2014年 I新興国経済のリスクと可能性 PDFファイルを閲覧・印刷いただく場合、Adobe® Reader® プラグインが必要となります。お持ちでない場合は、下記のアイコンをクリックし、アドビシステムズ社のダウンロードページよりインストールしてください。アドビ システムズ社から提供されているAdobe® Reader® プラグインのダウンロードページ 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大

2014年1月31日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年10-12月期GDP予測 ~前期比年率+2.8%を予測

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2013年10-12月期GDP予測 ~前期比年率+2.8%を予測内需の加速が成長を後押し ◆2013年10-12月期のGDP一次速報(2014年2月17日公表予定)では、実質GDPが前期比+0.7%(前期比年率+2.8%)と、5四半期連続のプラス成長を予測する。2014年4月の消費税増税を前に、駆け込み需要により、個人消費や住宅投資が大幅に増加した。さらに、企業収益の改善を背景に設備投資も堅調に増加し

2012年12月25日内閣府★フィードバック数:0社会/政治

日本経済についての白書レベルのレポートです。

日本経済2012-2013

日本経済2012-2013PDFファイルを閲覧・印刷いただく場合、Adobe® Reader® プラグインが必要となります。お持ちでない場合は、下記のアイコンをクリックし、アドビシステムズ社のダウンロードページよりインストールしてください。アドビ システムズ社から提供されているAdobe® Reader® プラグインのダウンロードページ 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)内閣府法人番号 2000012010019© Cabine

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お知らせ