調査のチカラ TOP > タグ一覧 > アナリティクス

「アナリティクス」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2020年1月29日アクセンチュアフィードバック数:0社会/政治

アクセンチュア最新調査――金融機関は破壊的技術のリスク評価に苦戦

新型コロナウイルス(COVID-19)不確実性を契機として:今すぐ、そして次にやるべきこと専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応をご紹介します。業界への影響(英語)組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスをご提供します。 アクセンチュア最新調査――金融機関は破壊的技術のリスク評価に苦戦 アクセンチュア最新調査――金融機関は破壊的技術のリスク評価に苦戦2020/01/29リスク管理部門の管理職は、AIやブロックチェーン、RPAの導

2019年8月6日SAS Institute★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

SAS、ACFE調査:不正検知におけるAIの利用が2021年までに3倍に

SAS、ACFE調査:不正検知におけるAIの利用が2021年までに3倍にAssociation of Certified Fraud ExaminersがSASとのパートナーシップにより実施した調査で、アドバンスド・アナリティクスと生体認証が不正対策プログラムの中心になることが明らかに アナリティクスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc. (以下 SAS) とAssociation of Certified Fraud Examiners(ACFE)が実施した多

2019年7月18日ガートナー★フィードバック数:0ビジネス

ガートナー、CDOサーベイの結果を発表

当社サイトでは、最適なエクスペリエンスを提供するために cookie を使用しています。詳細は Privacy Policyをご参照ください。.このサイトを継続して利用する、またはこのボックスを閉じることにより、cookie の使用に同意したことになります。 自社の情報やデータ資産の価値を財務的に測定している組織は全体の10%以下であることが明らかに ガートナージャパン株式会社 (本社:東京都港区、以下 ガートナー) は、世界中の最高データ責任者 (CDO) や最高アナリティクス責任者 (C

2019年5月8日SAS Institute★フィードバック数:0企業情報システム

SAS、GARP調査:リスク管理者の81%が既にAIの価値を実感

SAS、GARP調査:リスク管理者の81%が既にAIの価値を実感調査対象の金融サービス企業の半数以上が、AIの実装または維持管理に必要なスキルの不足を懸念*2019年2月26日に米国SAS Institute Inc.より発表されたプレスリリースの抄訳です。 人工知能(AI)は今、金融業界を含め、あらゆる業界を変革しつつあります。アナリティクスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc. (以下 SAS) とGlobal Association of Risk Pro

2018年11月7日日本テラデータ★★フィードバック数:0企業情報システム

データとアナリティクスに関する企業調査結果

テラデータ、データとアナリティクスに関する企業調査結果を発表「インサイト獲得の障壁は複雑性、データ不足、そして人材不足」 74%がアナリティクスが複雑すぎる、79%が必要なデータにアクセスできないと回答 米国カリフォルニア州サンディエゴ発 - ただ単にアナリティクスへの投資をし続けることをやめ、将来的に企業価値を高める価値あるインテリジェンスを得るための投資を積極的に進める企業が増えています。そうした中、ビジネス部門とIT部門の意思決定者たちは現在のエンタープライズ・アナリティクスの複雑性、ボト

2018年5月30日Teradata★★フィードバック数:0マーケティング

アナリティクスのクラウド移行に関する企業調査

東京発 - Teradata Universe Japan 2018 – 2018年5月23日 - 世界の大企業の大部分(83%)は、クラウドがアナリティクスの実行に最適な場所であると認識しています。これは、クラウドベースのデータとアナリティクスのリーディング・カンパニーであるテラデータ・コーポレーション(NYSE: TDC、以下テラデータ)からの依頼を受けてリサーチ会社Vanson Bourneが実施した最新の調査の結果です。多くの企業は、今後5年間で、2023年までにアナリティクスを全面的に

2018年5月26日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

大半のメーカーがAIを導入している一方、大規模な活用に至っている割合はわずかだと判明

新型コロナウイルス(COVID-19)不確実性を契機として:今すぐ、そして次にやるべきこと専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応をご紹介します。業界への影響(英語)組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスをご提供します。 アクセンチュア最新調査――大半のメーカーがAIを導入している一方、大規模な活用に至っている割合はわずかだと判明 アクセンチュア最新調査――大半のメーカーがAIを導入している一方、大規模な活用に至っている割合はわ

2017年10月15日WACUL★フィードバック数:0マーケティング

Webサイト制作・運営の現場調査「第2回Googleアナリティクスの目標設定」

Webサイト制作・運営の現場調査「第2回Googleアナリティクスの目標設定」を実施株式会社WACULは、「AIアナリスト」利用企業さまへの独自アンケートと登録データの抽出を行い「Webサイト制作・運営の現場調査」を実施、Webサイトにまつわる様々なデータを定点報告しています。第2回は、アクセス解析ツールGoogleアナリティクス上での目標設定の有無について調査を行いました。約4割がGoogleアナリティクスで目標未設定との結果に本調査では1万サイトを越えるWebサイトを対象に、Googleアナ

2017年10月12日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

Emerging Technologies in Public Service(行政機関におけるデジタル技術導入)

新型コロナウイルス(COVID-19)不確実性を契機として:今すぐ、そして次にやるべきこと専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応をご紹介します。業界への影響(英語)組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスをご提供します。 アクセンチュア最新調査――生体認証と高度なアナリティクスが行政機関のデータ・セキュリティやプライバシー保護に変革をもたらす アクセンチュア最新調査――生体認証と高度なアナリティクスが行政機関のデータ・セキュリテ

2017年7月4日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

Emerging Technologies in Public Service(行政機関におけるデジタル技術導入)

新型コロナウイルス(COVID-19)不確実性を契機として:今すぐ、そして次にやるべきこと専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応をご紹介します。業界への影響(英語)組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスをご提供します。 アクセンチュア最新調査――行政機関のデジタル投資と行政課題のギャップを埋めるには、民間企業や市民との連携が効果的 アクセンチュア最新調査――行政機関のデジタル投資と行政課題のギャップを埋めるには、民間企業や市民

Tech Trends 2017

記事タイトル既にブックマークされています デロイトによるTech Trendsレポートの発行は今年で8回目となる。とてつもないスピードで物事が変化する環境に対峙していく中で、広範囲にわたるテクノロジーの発展動向を長期間トラッキングしてきた経緯から、重要かつ連続性のあるいくつかのテーマを認識できることが、本レポートの魅力である。このTech Trends最新版を読み解くことで、どのような変化が目前に迫っているのかをより明確に理解する一助としていただきたい。ゲームのルールが今まさに変化している

2017年3月1日アクセンチュア★★フィードバック数:0企業情報システム

Emerging Technologies in Public Service(行政機関におけるデジタル技術導入)

新型コロナウイルス(COVID-19)不確実性を契機として:今すぐ、そして次にやるべきこと専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応をご紹介します。業界への影響(英語)組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスをご提供します。 アクセンチュア最新調査――機械学習や人工知能(AI)など デジタル技術の導入は、行政機関の人材獲得に不可欠 アクセンチュア最新調査――機械学習や人工知能(AI)などデジタル技術の導入は、行政機関の人材獲得に不可

2016年12月23日アクセンチュアフィードバック数:0企業情報システム

Emerging Technologies in Public Service

新型コロナウイルス(COVID-19)不確実性を契機として:今すぐ、そして次にやるべきこと専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応をご紹介します。業界への影響(英語)組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスをご提供します。 アクセンチュア最新調査――高度なアナリティクス、 機械学習やIoTなどのデジタル技術が 公共サービス機関の変革に貢献 アクセンチュア最新調査――高度なアナリティクス、機械学習やIoTなどのデジタル技術が公共サー

2016年12月15日Twitterフィードバック数:0マーケティング

2016年振り返りツイート(国内編)

2016年もTwitterをご利用いただき、まことにありがとうございます。 今年もTwitterの上にはさまざまなことが起こりました。今年の日本のTwitterについてをこちらに簡単にまとめました。一緒に今年を振り返っていただけますように。1: 日本のTwitterがもっとも盛り上がったのはこちらのタイミングでした。2: Twitter上でもっとも使われたハッシュタグはこちらでした。3: 今年もっともリツイートされた日本のツイートはこちらです。トップ15のツイートはこちらでご覧いただけます。4:

2015年12月14日Twitter★★フィードバック数:0マーケティング

2015年 振り返りツイート (トップ10)

2015年も残すところあと3週間ほどになりました。皆さんにとって今年はどんな1年でいらっしゃいましたでしょうか?Twitterの上では今年もいろいろなツイートがありました。こちらに今年の日本のTwitterを振り返ってみました。まず、もっともリツイートされた日本語アカウントのツイートはこちらでした。 海外からの日本語ツイートにはこんなものもありました。こちらのリツイート数にも注目です。2015年の振り返りは次に続きます! Twitterのサービスをご利用になると、Cookieの使用

2015年12月14日Twitterフィードバック数:0マーケティング

2015年 振り返りツイート (ハッシュタグ&おまけ)

2015年 振り返りツイート (ハッシュタグ&おまけ) Twitterのサービスをご利用になると、Cookieの使用に同意したものとみなされます。Cookieはアナリティクス、カスタマイズ、広告などに使われます。

2015年3月12日アクセンチュア★フィードバック数:0ビジネス

アクセンチュアのレポートです。

デジタルビジネスを成長させる:アクセンチュア・モビリティ・リサーチ2015

新型コロナウイルス(COVID-19)不確実性を契機として:今すぐ、そして次にやるべきこと専門的視点を集約し、知見と同時に企業が実践すべき今後の対応をご紹介します。業界への影響(英語)組織のリーダーが検討すべき今後の取り組みに関する業界固有のアドバイスをご提供します。 アクセンチュア最新調査――デジタル技術を全面導入することでビジネス変革の可能性がさらに拡大することが明らかに アクセンチュア最新調査――デジタル技術を全面導入することでビジネス変革の可能性がさらに拡大することが

2014年2月14日Twitterフィードバック数:0大型消費/投資

ぼっちのバレンタイン on Twitter

今日14日はバレンタインデー。ロマンティックな雪ふる町にもタイムラインにも、赤やピンクのハートが溢れて、ハッピーの押し売り状態。この日だけは、街を歩くのもTwitterを見るのも辛い、という方も少なくないでしょう。でも大丈夫。 #バレンタイン とか早く終わればいいのに、と苦々しく思っている人は世の中にたくさんいるのです。今回は「バレンタイン」という単語と一緒にツイートされることが多い、切ないキーワードをまとめてみました。 Twitterのサービスをご利用になると、Cookieの使用

2013年4月4日SASフィードバック数:1企業情報システム

From Value to Vision: Reimagining the Possible with Data Analytics

好奇心こそが私たちの行動の根底にあります。SASのアナリティクス・ソリューションは、データをインテリジェンスに変換し、世界中のお客様の大胆な新しい発見を通じた進歩を実現します。SASが「The Power to Know®(知る力)」をお届けします。 このページを友人や同僚と共有しましょう。

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

新着データ

お知らせ