調査のチカラ TOP > タグ一覧 > アフターマーケット

「アフターマーケット」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2019年9月3日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

自動車アフターマーケット市場に関する調査を実施(2019年)

2018年の自動車アフターマーケット市場規模は前年比微増の19兆6,490億円 ~微増の中古車・部品・整備市場、シェアリングエコノミーを追い風に成長加速する賃貸市場~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、2018年の自動車アフターマーケット市場を調査し、製品セグメント別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。1.市場概況2018年の自動車アフターマーケット市場規模は、19兆6,490億円と推計する。自動車流通の起点となる新車販売市場は、軽自動車を中心に引き続き需要が好調

2017年8月9日フロスト&サリバン★フィードバック数:0大型消費/投資

eリテール、テレマティクスが促進する2017年の自動車アフターマーケットサービス

eリテール、テレマティクスが促進する2017年の自動車アフターマーケットサービス 中国・インドなどの新興市場をはじめ世界的に大きな成長へプレスリリース 2017年8月1日フロスト&サリバンは自動車アフターマーケットの2017年のグローバル市場トレンドをまとめ、テクノロジーの進化と活用に伴い、今後大きな成長が見込まれるとの見通しを発表しました。eリテール(電子小売業)やテレマティクス、複数のサービスを集約するテクノロジーにより、自動車アフターマーケットサービスのビジネスモデルはデジタル化やコネクテ

ASEAN自動車市場の急成長で、アフターマーケット市場が拡大

[] フロスト&サリバンは新たな調査分析「アセアン地域における自動車アフターマーケットの戦略分析」において、2018年までにASEAN(東南アジア諸国連合)の自動車アフターマーケット市場の高い成長が予測されるという分析を発表した。フロスト&サリバンの分析によると、ASEAN域内における3大自動車市場であるインドネシア、タイ、マレーシアの3カ国における自動車アフターマーケット部品*市場は、2010年から2018年にかけて年平均成長率(CAGR)12.9%で成長する予測となっている。 *ワイパー、ク

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ