調査のチカラ TOP > タグ一覧 > アルコール度数

「アルコール度数」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

お酒の飲み方に関する調査(2021年)

無料調査レポート クロス・マーケティングで実施した調査レポートを無料で提供しております。 ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。 カテゴリやタグから調査のテーマや内容別に検索することも可能です。 お酒の飲み方に関する調査(2021年) 2021 / 10 / 06全国20歳~69歳の男女を対象に「お酒の飲み方に関する調査(2021年)」を実施しました。緊急事態宣言およびまん延防止等重点措置が全都道府県で解除され、

2020年7月20日マイボイスコムフィードバック数:0ライフスタイル

缶チューハイの飲用に関するアンケート調査(第16回)

缶チューハイの飲用に関するアンケート調査(第16回) ■缶チューハイ飲用率は全体の5割弱。アルコール飲用者に占める比率は約65%で、女性や若年層の比率が高い傾向。週1~2日以上飲用者は全体の2割弱、缶チューハイ飲用者の4割弱。■缶チューハイ飲用シーンは「食事中」が飲用者の5割強、「自宅でくつろいでいるとき」「食事のあと」「入浴後」などが各2割前後。■缶チューハイに期待することは「好みのフレーバー」「果汁感を楽しめる」「スッキリ」「甘くない・甘さ控えめ」「価格が安い」「炭酸を楽しめる」などが

2020年3月17日サントリーフィードバック数:0ライフスタイル

RTDに関する消費者飲用実態調査 サントリーRTDレポート2020

RTDに関する消費者飲用実態調査 サントリーRTDレポート2020― 2019年RTD市場は対前年112%、2年連続2桁成長 ― ― お酒の中で高アルコールRTDをメインに飲用する人が増加 ― ― 外飲みユーザーが、自宅でレモンフレーバーのRTDを飲む機会が大幅増加 ―  RTD市場は、2019年まで12年連続で伸長し、2020年も引き続き拡大すると見込まれます。こうした中、サントリースピリッツ(株)は、RTDに関する消費者飲用実態調査を実施しました。〈本レポートのトピックス〉 I.2019年R

2018年4月6日サントリーフィードバック数:0ライフスタイル

RTDに関する消費者飲用実態調査

RTDに関する消費者飲用実態調査 サントリーRTDレポート2018― 自宅で飲む機会が最も増えたお酒はRTD ― ― ビールとRTDを併飲する人は、高アルRTDを選ぶ傾向 ― ― “プレミアムRTD”へのニーズ高まる ―  RTD市場は、2017年まで10年連続で伸長し、2018年も前年を上回ると見込まれます。こうした中、サントリースピリッツ(株)は、RTDに関する消費者飲用実態調査を実施しました。〈本レポートのトピック〉 I.RTD市場について II.消費者飲用実態調査 (1)自宅で飲む機会が

2016年8月11日湘南貿易フィードバック数:0ライフスタイル

『白ワインを使ったカクテル』の人気ランキング

『白ワインを使ったカクテル』の人気ランキング!白ワインと言えばそのまま飲む方が多いのではないでしょうか。一般的にワインと言えば赤ワインですが、白ワインは赤ワインに比べてクセが少ないのが特徴です。白ワイン使ったカクテルはすっきりとした飲み口が多く、白ワインは色がほとんどついていないため割るものの色が強く出るため見た目も美しくなることが多いです。そこで今回は白ワインを使ったどのカクテルが支持されているかについて調査を行いました。質問回答数白サングリア:39キール:23スプリッツァー:19ローマ・ホリ

2016年8月9日湘南貿易フィードバック数:0大型消費/投資

勝利に華を添える!勝利の美酒といえば何?

勝利に華を添える!勝利の美酒といえば何?勝利の美酒と言えば何かに勝って飲むお酒ですが、スポーツの世界でも優勝した時にはお酒が付きものですよね。普通に生活していれば勝利の美酒はあまり味わうことができないかもしれませんが、勝利の美酒を味わうことがあれば普段飲んでいるお酒にくらべて格段においしく感じるのではないでしょうか。そこで今回は、勝利の美酒と言えばどんなお酒かアンケートを取ってみました。質問「勝利の美酒」として相応しいお酒はどれですか?回答数ビール:39スパークリングワイン:26ワイン:9日本酒

2016年8月8日湘南貿易フィードバック数:0ライフスタイル

『赤ワインを使ったカクテル』の人気ランキング

『赤ワインを使ったカクテル』の人気ランキング!友人との食事や職場の歓送迎会など、アルコールを飲む機会はけっこうありますよね。そのときは、目的に合わせたお酒を選ぶことはもちろんですが、料理メニューに合わせることも大切ではないでしょうか。お酒へのこだわりは人それぞれですが、カクテルとしても楽しめる「ワイン」が注目されています。その一つ「赤ワイン」には抗酸化物質ポリフェノールが多いため、美容や健康を意識して飲む人もいるようです。また、赤ワインを使ったカクテルもありますが、どんなタイプが人気なのか気にな

2016年7月30日湘南貿易フィードバック数:0大型消費/投資

『結婚記念日』のお祝いにピッタリのお酒は?夫婦で一緒に飲みたいのはコレ!

『結婚記念日』のお祝いにピッタリのお酒は?夫婦で一緒に飲みたいのはコレ!一年に一度の結婚記念日は夫婦にとって特別な一日ですね。せっかくならば美味しいお酒でお祝いしたいものです。とはいうものの、特別な日にふさわしいお酒とはどのようなものなのでしょうか。まわりのご夫婦たちはどんなお酒でお祝いしているのか気になるところですよね。そこで結婚記念日に飲みたいお酒の種類は何かというアンケートをとってみました。【質問】【回答数】スパークリングワイン:44赤ワイン:24白ワイン:11ビール:6日本酒:4焼酎:2

2016年4月20日湘南貿易フィードバック数:0ライフスタイル

不眠症の対策として試してみたいのは何ですか?ワインが不眠症に効果的!?

不眠症の対策として試してみたいのは何ですか?ワインが不眠症に効果的!?眠りたいのに眠れない、そんな夜が何日も続く不眠症。疲れも十分にとれず、精神的にも辛いものです。しかしできることなら薬には頼りたくない、と思っている人も多いのではないでしょうか。薬を使わずにスムーズに入眠しぐっすり眠る、そんな方法があったらぜひ試してみたいですよね。そこで皆さんはどんな不眠症対策に興味を持っているのか、アンケートをとって調べてみました。質問回答数寝る前にTVやスマホを見ない:36ラベンダーの香りを焚く:26日中に

2016年1月25日湘南貿易フィードバック数:0ライフスタイル

オシャレな女子会のマストアイテム!ワインカクテルの一番人気は?

オシャレな女子会のマストアイテム!ワインカクテルの一番人気は?ビールで乾杯!もいいけれど、オシャレでちょっと大人な女子会にはワインカクテルが合いますよね。いまや女子会には欠かせないワインカクテル。お気に入りの組み合わせがある人や、いつも注文する定番のカクテルが決まっている人なども多いのではないでしょうか。そこで、どのワインカクテルが一番人気なのかを調査してみました。質問回答数サングリア:42キティ・アメリカンレモネード:15ホットワイン:13ミモザ:8ワインクーラー:7キール:6その他:3キール

2016年1月22日湘南貿易フィードバック数:0ライフスタイル

そこが知りたい!美容効果が期待できそうなお酒の種類とは?

そこが知りたい!美容効果が期待できそうなお酒の種類とは?お酒は「百薬の長」とも言われており、適度な摂取を心掛けることによって健康を保つことが期待できるようです。また、美容効果も期待できるかもしれませんね。ただし、どのような種類のお酒を飲むのかも関係するかもしれません。お酒には、日本酒やビールをはじめ、ワイン、焼酎など、いろいろな種類があるからです。せっかく飲むのなら、美容に役立つお酒の種類を知っておきたいですね。そこで、美容効果が期待できそうなお酒の種類について、全国の男女100人を対象にアンケ

2015年12月25日マクロミル★フィードバック数:0ライフスタイル

お酒に関する実態調査

~忘年会シーズン真っ只中!~「若者のアルコール離れ」って本当? 1万人のアンケー党に聞いてミル 2015年12月18日 忘年会シーズン真っ只中!そんな中、「若者のお酒離れ」というキーワードがよく報道されています。要因として、景気や人付き合いの変化、孤食の増加、ノンアルコール飲料の登場などが挙げられています。お酒を飲む人は本当に減っているの?お酒との付き合い方・考え方に変化は?マクロミルモニタ1万人を対象に、今ドキのお酒事情を調査しました。 【1】 この半年にお酒を飲んだ割合、20代は69%で他年

2015年12月11日湘南貿易フィードバック数:0ライフスタイル

お酒のようでお酒じゃないノンアルコールワインを飲みたくなるシーンとは?

お酒のようでお酒じゃないノンアルコールワインを飲みたくなるシーンとは?「お酒」というと、夜に飲み会で、家で1人で・・・と、飲む場面が限られている印象です。ですが日常の場面で、ちょっとお酒の気分を味わいたい・・・なんてこと、ありますよね。そんな時にもってこいなのが“ノンアルコール飲料”!ノンアルコール飲料なら、普通のソフトドリンクと違い、お酒の雰囲気だけ楽しむことができます。特に最近はノンアルコールワインまで発売され、本格的なお酒に近い雰囲気を味わえるものも見られます。そこで、皆さんどんな場面でノ

2015年2月6日サントリー★フィードバック数:0ライフスタイル

缶チューハイ等の低アルコール飲料についての調査です。

RTDに関する消費者飲用実態調査 サントリーRTDレポート2015

No.12278 (2015.2.5)サントリーRTDレポート2015― RTDは20−30代で“最も選ばれるお酒”に。食中酒としての存在感も高まる甘くないRTDを選ぶ人の中に、「スッキリ派」と「味わい・コク派」が顕在化 ― I.RTD市場について2014年のRTD※1市場は、7年連続で前年を超え、過去最大の市場規模に成長しました。今後も引き続き拡大していくものと推定されます。 II.消費者飲用実態調査 (1)拡大するRTD需要、食事シーンにもますます浸透 最近自宅で飲んだお酒:20代に加え、

2014年7月1日酒文化研究所フィードバック数:0ライフスタイル

酒飲みのミカタ6月~「ストロングチューハイの人気の背景」

プレスリリース/ニュースリリース配信の共同通信PRWire 酒飲みのミカタ6月~「ストロングチューハイの人気の背景」  酒飲み1000人に聞く“酒飲みのミカタ”。今回のテーマは、チューハイです。現在の缶入りチューハイはアルコール度数が4~7度のものがスタンダードですが、ビール類よりもアルコールの低いソフトタイプ、逆に8度以上もあるストロングタイプとアルコール度数に着目すると商品ジャンルは3タイプに分かれてきました。特に好調なアルコール度数の高いストロングタイプについて支持される背景を探りました

2014年2月7日サントリー★フィードバック数:0ライフスタイル

缶チューハイ/カクテル等のライトなお酒についての調査です。

RTDに関する消費者飲用実態調査 サントリーRTDレポート2014

No.11967 (2014.2.6) RTDに関する消費者飲用実態調査 サントリーRTDレポート2014 ― 世代を超えてますます浸透。40−50代の食中酒としても拡大傾向 ―― 性・年代による「甘さ」「アルコール度数」の選択傾向が顕著に ― I.RTD市場について2013年のRTD※1市場は、1億2,910万ケース※2(対前年105%)と伸長し、6年連続で前年を超え、過去最大の市場規模に成長しました。今後も引き続き好調に推移し、2014年は1億3,260万ケース(対前年103%)に拡大するも

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お知らせ