調査のチカラ TOP > タグ一覧 > アレルギー

「アレルギー」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

ダニ対策に関する調査

<エレクトロラックス ダニ対策ラボ『ダニ対策に関する調査』>... <エレクトロラックス ダニ対策ラボ『ダニ対策に関する調査』> 家で、“ダニが気になる場所”と “実際に予防・対策している場所”は異なる!? ダニから身を守ってくれそうな芸能人 第1位は「松岡修造」 エレクトロラックス ダニ対策ラボは、この度、「梅雨から夏季のダニ対策」をテーマに、全国の20代~40代の既婚女性300名を対象とした「ダニ対策」に関する意識調査を実施しました。『ダニ対策に関する調査』は、梅雨から夏季の時期に増加

花粉症/花粉アレルギー調査 Part2:花粉症/花粉アレルギーの人の調査結果編

花粉症/花粉アレルギー調査Part2:花粉症/花粉アレルギーの人の調査結果編  日本リサーチセンター(本社:東京都中央区、代表取締役社長:鈴木稲博)は、1960年に設立された民間の調査研究機関であり、民間企業および官公庁、大学をはじめとする学術機関などの依頼を受け、各種の調査研究を行なっています。また、世界各国に調査拠点を置く「WIN/ギャラップ・インターナショナル・アソシエーション」の日本で唯一のメンバーとしてグローバルネットワークに参加し、海外調査にも豊富な経験を有しています。 このたび、当

花粉症/花粉アレルギー調査 Part1:全体編

日本リサーチセンター(本社:東京都中央区、代表取締役社長:鈴木稲博)は、1960年に設立された民間の調査研究機関であり、民間企業および官公庁、大学をはじめとする学術機関などの依頼を受け、各種の調査研究を行なっています。また、世界各国に調査拠点を置く「WIN/ギャラップ・インターナショナル・アソシエーション」の日本で唯一のメンバーとしてグローバルネットワークに参加し、海外調査にも豊富な経験を有しています。 このたび、当社の自主調査として、「花粉症/花粉アレルギー調査」を企画・実施いたしました。この

2017年5月8日トウキョウアイトフィードバック数:0ライフスタイル

離乳食NG食材に関する認知度調査

目次▼満1歳未満に「はちみつ」を与えてもよい? ▼果物にアレルギーの心配はある? ▼塩分・油分の多い食材を与えても良い? ▼離乳食の注意点に関する情報入手手段は? ▼まとめ 満1歳未満に「はちみつ」を与えてもよい?ほぼすべての人が与えてはいけないと認知まず、今般、問題になった「はちみつ」について調査を実施。その結果、99.6%の方が満1歳未満の赤ちゃんには「はちみつ」を「与えてはいけない」、と回答されました。満1歳未満の赤ちゃんにとって「はちみつ」は、乳児ボツリヌス症を発症することがある食材です

2017年1月27日インテージフィードバック数:0ライフスタイル

2017 花粉症 みんなの対策

花粉症みんなの対策―効果実感アイテムは?注目の治療法は? ※この記事は2017年1月のリリース記事を再構成したものです花粉症は、国民病ともいわれるほど多くの人が悩まされているアレルギー症状。 インテージが2016年末に実施した1都6県(東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、栃木、群馬)を対象にしたネットリサーチによると、47%もの人が「自分は花粉症」と回答。そのうちスギ花粉が多くなる2~5月に発症する人が95%。 東京都が10年ごとに実施している「花粉症患者実態調査報告書」(東京都福祉保健局)によれば

2歳児のママ800名に乳幼児期間の体調不良について徹底調査 雪印ビーンスターク

[雪印ビーンスターク] ,子ども アトピー性皮膚炎 アレルギー 赤ちゃん 乾燥 肌荒れ スキンケア 皮膚 肌トラブル 体調不良

花粉症/花粉アレルギー調査 Part2:花粉症/花粉アレルギーの症状がある人

花粉症/花粉アレルギー調査【Part2:花粉症/花粉アレルギーの症状がある人】  日本リサーチセンター(本社:東京都中央区、代表取締役社長:鈴木稲博)は、1960年に設立された民間の調査研究機関であり、民間企業および官公庁、大学をはじめとする学術機関などの依頼を受け、各種の調査研究を行なっています。また、世界各国に調査拠点を置く「WIN/ギャラップ・インターナショナル・アソシエーション」の日本で唯一のメンバーとしてグローバルネットワークに参加し、海外調査にも豊富な経験を有しています。 このたび、

2016年5月19日オレンジページフィードバック数:0キャリアとスキル

「健康・体調管理」について調査 オレンジページ

女性の5大不調は「こり・目の疲れ・冷え・疲れ・アレルギー」「... 女性の5大不調は「こり・目の疲れ・冷え・疲れ・アレルギー」 「季節の変わり目に不調を感じる」31.7% 「不調は自然のもので治したい」80.8% 「オレンジページくらし予報」はこの3月、20代から70代の女性に対し、「健康・体調管理」について調査しました。健康を気づかうことは、ブームを超えて常識となった感のあるこのごろですが、自分を「健康だ」と答えた人は57.4%でした。さらに「不調は自然のもので治したい」と答えた人は80

花粉症/花粉アレルギー調査 Part1:全体編

花粉症/花粉アレルギー調査【Part1:全体編】  日本リサーチセンター(本社:東京都中央区、代表取締役社長:鈴木稲博)は、1960年に設立された民間の調査研究機関であり、民間企業および官公庁、大学をはじめとする学術機関などの依頼を受け、各種の調査研究を行なっています。また、世界各国に調査拠点を置く「WIN/ギャラップ・インターナショナル・アソシエーション」の日本で唯一のメンバーとしてグローバルネットワークに参加し、海外調査にも豊富な経験を有しています。 このたび、当社の自主調査として、花粉症/

アレルギーに関する意識調査

[雪印ビーンスターク] ,予防 意識調査 季節 対策 アレルギー 乳酸菌 免疫 乳幼児 TGF-β 母乳調査

育児用粉ミルク 人気ランキング

妊娠・出産・育児に関する総合情報サイト【ベビカム】 >>> 赤ちゃんのからだをつくる栄養になる、大切な粉ミルク。多くのママに選ばれているのは?2015年9月2日~9月8日実施、有効回答数771 総合ランキング 各指標を総合して、「もっともよい」と答えた方が多かったのは?使用率高!キューブタイプも便利キューブタイプの物が外出時に使いやすかったので。(29歳女性、お子さん0歳)老舗のメーカーなので、信頼しています。(36歳女性、お子さん0歳、2歳)母乳と変わらず飲んでくれる。(31歳女性、お子さん

2015年6月5日東北大学フィードバック数:0ライフスタイル

三世代コホート調査の中間結果報告‐宮城の妊婦及びその家族で喫煙状況、アレルギーなどの現状‐

三世代コホート調査の中間結果報告‐宮城の妊婦及びその家族で喫煙状況、アレルギーなどの現状‐  東北大学東北メディカル・メガバンク機構は平成25年7月より宮城県内に在住する妊婦さんとそのご家族を対象に「三世代コホート調査」を実施し、平成27年5月18日までに10,817人の妊婦さんとそのご家族、累計で26,769人にご協力いただいています。本調査は宮城県全県でおこなった初の大規模調査です。妊娠初期にご回答いただいたアンケート調査の結果から、妊娠前の体格・身体活動の状況や、妊娠がわかってからの喫煙状

花粉症についての調査です。

「花粉症/花粉アレルギー」についての調査

「花粉症/花粉アレルギー」についての調査 日本リサーチセンター(本社:東京都中央区、社長:鈴木稲博)は、昭和35年に設立された民間の調査研究機関です。民間企業および官公庁、大学をはじめとする学術機関などの依頼を受け、各種の調査研究を行なっています。当社では、全国15~79歳男女1,200人を対象に、訪問留置のオムニバス調査(NOS)を、毎月定期的に実施しております。このたび「花粉症/花粉アレルギーについての調査」について、オムニバス調査(NOS:日本リサーチセンター・オムニバス・サーベイ)により

2013年10月16日QLifeフィードバック数:0ライフスタイル

【13年9月版】「お薬探しの“切り口”」の最新動向

【13年9月版】「お薬探しの“切り口”」の最新動向を発表2013年10月16日 [水] 9月の検索数トップは「ロキソニン」。「ディオバン」の検索数が大きく下落長引く暑さが影響し、“秋花粉”ターゲットの抗アレルギー薬の検索が伸び悩み9月に最も多く検索されたお薬は【ロキソニン】で、次いで【ムコスタ】【ムコダイン】となり、ランキング上位に特に大きな変動は見られなかった。【ディオバン】のランキングが16ランクダウンと大きく下落し、一連の報道を受けての患者の検索急増は先月で収まりつつあるように見える。ただ

第619回 ペットを飼っていますか? 2013.09.05~2013.09.11

ペットと育児のことならハッピー・ノート.com! ●分析お子さまがいる家庭でペットを飼うことは、命あるものを慈しんだり、死と向かい合ったりと、情操教育に良いといわれています。ただ、アレルギーが気になる、世話をするのが大変などの理由で、飼えない・飼わないという声も。そこで、今回は、皆さんにペットについてご質問しました。 Q1.ペットを飼っていますか?今回のリサーチでは、現在ペットを「飼ってる」とお答えの方は36.2%、「飼っていない」とお答えの方は63.8%でした。 Q2.「飼っている」方にお伺

2013年9月10日QLifeフィードバック数:0ライフスタイル

【13年8月版】「お薬探しの“切り口”」の最新動向

【13年8月版】「お薬探しの“切り口”」の最新動向を発表2013年9月10日 [火] 認知症治療薬「アリセプト」、抗アレルギー薬「タリオン」のランキングが大きく上昇「ディオバン」の代替薬も、じわじわ増加傾向最も多く検索されたお薬は【ロキソニン】で、次いで【ムコスタ】【ムコダイン】となり、ランキング上位に特に大きな変動は見られなかった。ほかでは、6月末にドライシロップが発売され、処方の選択肢が増えた認知症治療薬【アリセプト】が10ランクアップし、抗アレルギー薬の【タリオン】が26ランクアップと大き

花粉症についてのまとまった調査です。

「花粉症/花粉アレルギー」についての調査(2013年3月調査)

「花粉症/花粉アレルギー」についての調査 日本リサーチセンター(本社:東京都中央区、社長:鈴木稲博)は、昭和35年に設立された民間の調査研究機関です。民間企業および官公庁、大学をはじめとする学術機関などの依頼を受け、各種の調査研究を行なっています。当社では、全国15~79歳男女1,200人を対象に、訪問留置のオムニバス調査(NOS)を、毎月定期的に実施しております。このたび「花粉症/花粉アレルギー」について、オムニバス調査(NOS:日本リサーチセンター・オムニバス・サーベイ)により自主調査を企画

2013年5月15日QLifeフィードバック数:0ライフスタイル

【13年4月版】「お薬探しの“切り口”」

【13年4月版】「お薬探しの“切り口”」の最新動向を発表2013年5月10日 [金] 最も多くの人が調べたお薬は「ロキソニン」2013年の花粉症シーズンは「薬剤選択」に患者側の敏感度が増した徴候も3月のランキングで上位をにぎわせていた、花粉症治療のための抗アレルギー薬の検索が軒並み減少。4月に最も多く検索されたお薬は【ロキソニン】で、次いで【ムコスタ】【ムコダイン】となった。その他、上位ランキングで4月に検索数が大きく上昇したのは、循環器官用薬の【バイアスピリン】(10ランクアップ)、消化器官用

2013年5月3日アニコム損害保険フィードバック数:0ライフスタイル

耳の疾患にかかりやすい犬種NO.1は・・・?

ペット保険の加入は「アニコム損害保険株式会社」 プレスリリース≪報道関係者各位≫ 2009年3月2日アニコム損害保険株式会社 3月3日は耳の日 耳の疾患にかかりやすい犬種NO.1は・・・?  アニコム損害保険株式会社(代表取締役社長: 小森伸昭)では、アニコムクラブの「どうぶつ健康保障共済制度」の給付金請求データを基に、耳の疾患の発症割合について犬種別の集計を行いました。その結果、犬全体の平均は16.3%で、最も高い値を示したのが「パグ」の32.0%で、次いで「フレンチ・ブルドッグ」の28.1%

2013年4月9日QLifeフィードバック数:0ライフスタイル

【13年3月版】「お薬探しの“切り口”」の最新動向

【13年3月版】「お薬探しの“切り口”」の最新動向を発表2013年4月09日 [火] スギ花粉飛散のピークを迎え、抗アレルギー薬の検索が軒並み増加最も検索されたお薬は「アレグラ」。昨シーズン比較で「ザイザル」の検索数が急増スギ花粉の飛散が全国的にピークとなった3月。最も多く検索されたお薬は【アレグラ】となったほか抗アレルギー薬の検索数が軒並み増加。【アレロック】が7ランクアップして3位、【タリオン】が16ランクアップして6位など、ベスト10に抗アレルギー薬が5薬剤ランクインしている。抗アレルギー

2013年2月7日QLifeフィードバック数:0ライフスタイル

【13年1月版】「お薬探しの“切り口”」の最新動向

【13年1月版】「お薬探しの“切り口”」の最新動向を発表2013年2月06日 [水] スイッチOTC医薬品の発売や花粉飛散予測の発表を受けて早くも花粉症対策が本格化か 抗アレルギー剤の検索数が軒並み増加 ©QLife, Inc.

2012年9月10日QLifeフィードバック数:1ライフスタイル

【12年8月版】「お薬探しの“切り口”」の最新動向

【12年8月版】「お薬探しの“切り口”」の最新動向を発表2012年9月07日 [金] 2012年8月に最も検索されたお薬は「ロキソニン」秋の花粉症シーズンを前に抗アレルギー薬の検索も増加 ©QLife, Inc.

2012年4月9日QLifeフィードバック数:1ライフスタイル

【12年3月版】「お薬探しの“切り口”」の最新動向

【12年3月版】「お薬探しの“切り口”」の最新動向を発表2012年4月06日 [金] 花粉症の本格シーズンだったことを反映して、抗アレルギー剤の検索数が軒並み急増当社が検索薬剤名上位50の発表を開始した2011年12月以来、4か月にわたってトップ4を独占していた【ロキソニン】【ムコダイン】【ムコスタ】【カロナール】に割って入る形で2位になったのが、抗アレルギー剤の【アレグラ】だ。その他にも、花粉症シーズンの本格化を反映する形で、多くの抗アレルギー剤の検索数が増加。順位がもっとも上がったのが、点眼

2011年11月10日アイシェアフィードバック数:7ライフスタイル

現代人のアレルギーに関する意識調査

rTYPEは2017年12月14日を持ちまして閉鎖致しました。

2011年3月4日QLifeフィードバック数:0ライフスタイル

【11年2月版】「お薬探しの“切り口”」の最新動向

【11年2月版】「お薬探しの“切り口”」の最新動向2011年3月04日 [金] 2月は、増加数1-6位をアレルギー系のキーワードが独占。絶対数では【錠剤】が初の3位。 ©QLife, Inc.

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

新着データ

お知らせ