調査のチカラ TOP > タグ一覧 > インバウンド需要

「インバウンド需要」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2019年9月18日矢野経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

ユニフォーム市場に関する調査を実施(2019年)

2018年度の国内ユニフォーム市場規模は前年度比101.7%の5,254億円と拡大 ~ワーキングユニフォームが市場全体を底上げ~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内のユニフォーム市場を調査し、セグメント別の市場動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。1.市場概況2018年度の国内ユニフォーム市場規模はメーカー出荷金額ベースで、前年度比101.7%の5,254億円であった。なかでもワーキングユニフォームは東京オリンピック・パラリンピック開催にともなう建設・インフラの整

2017年11月27日矢野経済研究所★フィードバック数:0ライフスタイル

トイレタリー市場に関する調査を実施

トイレタリー市場に関する調査を実施(2017年) 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のトイレタリー市場の調査を実施した。1.調査期間:2017年9月~10月2.調査対象:トイレタリーメーカー、その他関連企業等3.調査方法:当社専門研究員による参入企業分析、ヒアリング、ならびに文献調査併用<トイレタリー市場とは>本調査におけるトイレタリー市場とは、主として日用雑貨ルートを通じて販売される製品を指し、「衣料関連(衣料用合成洗剤、柔軟仕上剤等7品目)」「ホームケア関連(台所用洗剤、

2017年10月19日矢野経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

国内インポートブランド市場に関する調査を実施(2017年)

国内インポートブランド市場に関する調査を実施(2017年) ~2016年はインバウンド需要の失速により市場規模は縮小するも、17年は回復傾向~ 調査要綱矢野経済研究所では次の調査要綱にて国内のインポートブランド市場の調査を実施した。1. 調査期間:2017年4月~7月2. 調査対象:欧州、米国の衣料品・服飾雑貨、ウォッチ、ジュエリー、クリスタル製品・陶磁器、アイウェア、筆記具ブランドを輸入販売する商社、メーカー、小売業者、また各インポートブランドの日本法人等3. 調査方法:当社専門研究員によ

2017年7月19日■■■富士経済フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

一般用医薬品の国内市場を調査

ドリンク剤、美容関連用薬、女性関連など9カテゴリー35品目を調査 一般用医薬品の国内市場を調査−2017年見込(2016年比)− 皮膚治療薬186億円(6.9%増)、排卵日検査薬19億円(90.0%増) 総合マーケティングビジネスの株式会社富士経済(東京都中央区日本橋 清口正夫 代表取締役)は、一般用医薬品17カテゴリー74品目の市場を調査している。第一回目は、ドリンク剤・ミニドリンク剤、疲労対策、女性関連、フットケア、美容関連用薬、肩こり・関節痛関連、小児用薬、その他外用薬、環境衛生用薬の9カ

2017年3月24日矢野経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

国内鞄・袋物市場に関する調査を実施(2016年)

国内鞄・袋物市場に関する調査を実施(2016年) 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の鞄・袋物小売市場の調査を実施した。1. 調査期間:2016年12月~2017年2月2. 調査対象:鞄・袋物及び服装用ベルト業界に携わるメーカー、卸、小売業ならびに、周辺関連業者(皮革・布帛・合皮等素材供給メーカー、卸ならびに副資材業者等)、輸出入業者3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、郵送アンケート、及び官公庁及び業界団体等の各種統計データによる文献調査を併用<鞄・袋物とは>本調査

2017年3月15日矢野経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

宝飾品(ジュエリー)市場に関する調査を実施(2017年)

宝飾品(ジュエリー)市場に関する調査を実施(2017年) ~2016年末には一時的に需要が回復したが、通年ではマイナス成長~ 調査要綱矢野経済研究所では、国内宝飾品(ジュエリー)市場について調査を実施し、2016年の市場規模(実績値)、および2020年まで予測値を公表する。1.調査期間:2016年1月~12月2.調査対象:宝石専門店チェーン、百貨店や時計宝石店および呉服などの異業種宝飾参入企業、インポートジュエリーブランド企業等3.調査方法:当社専門研究員による電話及び直接面接によるヒアリン

2017年1月13日矢野経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

ドクターズコスメ市場に関する調査を実施(2016年)

ドクターズコスメ市場に関する調査を実施(2016年) ~2015年度の市場は機能の再評価とインバウンド需要によって拡大~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内ドクターズコスメ市場の調査を実施した。1.調査期間:2016年10月~11月2.調査対象:化粧品ブランドメーカー、化粧品原材料メーカー・商社、流通業者等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話によるヒアリング、郵送アンケート、文献調査併用<ドクターズコスメとは>本調査におけるドクターズコスメとは、医師が開発・研究に参

2016年7月9日矢野経済研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

化粧品受託製造市場に関する調査を実施(2016年)

化粧品受託製造市場に関する調査を実施(2016年) 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内における化粧品受託製造市場の調査を実施した。1.調査期間:2016年4月~6月2.調査対象:化粧品受託製造企業、化粧品ブランドメーカー等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談調査、電話等による間接調査、ならびに文献調査併用<化粧品受託製造市場とは>本調査における化粧品受託製造市場とは、化粧品ブランドメーカーや異業種企業、小売事業者等から委託され、スキンケアやメイクアップ、ヘアケア、その他

2016年6月13日矢野経済研究所★フィードバック数:0ライフスタイル

健康食品市場に関する調査を実施(2016年)

健康食品市場に関する調査を実施(2016年) ~機能性表示食品の本格展開で注目される健康食品市場~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の健康食品市場の調査を実施した。1.調査期間:2015年12月~2016年4月2.調査対象:健康食品受託製造企業、健康食品販売会社(健康食品メーカー・一般食品メーカー・製薬メーカー等)、健康食品関連団体、管轄官庁等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・FAXによるヒアリング、郵送・メールによるアンケート調査、文献調査併用<健康食品とは

2016年1月18日矢野経済研究所フィードバック数:0マーケティング

国内時計市場に関する調査結果 2015

国内時計市場に関する調査結果 2015 ~国内ウォッチは富裕層とインバウンド需要により拡大~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内時計市場の調査を実施した。1. 調査期間:2015年10月~12月2. 調査対象:時計業界に携わるメーカー・卸、海外企業現地法人、輸出入業者ならびに小売業等3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、及び郵送アンケート、文献調査を併用<国内時計市場とは>本調査における国内時計市場とは、「ウォッチ(腕時計)」、「クロック(置時計・掛時計・目覚まし時計)

2015年8月31日農林水産省★フィードバック数:0大型消費/投資

海外日本食レストラン数の調査

海外日本食レストラン数の調査結果の公表及び日本食・食文化の普及検討委員会の設置等について農林水産省は、外務省の協力の下、海外の日本食レストラン数の調査を実施し、約8万9千店(平成27年7月時点)と前回調査(平成25年1月時点)の1.6倍相当に拡大していることがわかりました。 この結果を踏まえて、輸出拡大をより強力に推進していくための「日本食・食文化の普及検討委員会」を開始します。 また、日本食への関心の高まりを踏まえた食と農によるインバウンド対策を検討するため、「食と農の景勝地(仮称)」の検討委

2015年7月30日矢野経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

東アジア化粧品市場に関する調査結果 2015

調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて東アジア4ヶ国・地域(韓国、台湾、中国、香港)の化粧品市場の調査を実施した。1.調査期間:2015年2月~6月2.調査対象:化粧品メーカー、小売店、政府関連部門等3.調査方法:当社専門研究員による直接面接調査、電話および店頭調査資料調査結果サマリー◆2014年の東アジア化粧品市場は前年比106.2%の4兆126億3,000万円東アジア4ヶ国・地域(韓国、台湾、中国、香港)の化粧品市場は、経済成長による個人消費の拡大や人口増加などの要因によって順調に成

Kansai Economic Insight Monthly Vol.26

・ 4月の鉱工業生産指数は2カ月ぶりに前月から低下。一方、5月の実質輸出は2カ月連続で同減少していることから、5月の生産はマイナスの伸びが予想される。・ 5月の貿易は、輸出は27カ月連続で前年比増加。輸入は3カ月連続で減少。結果、貿易収支は3カ月連続の黒字。・ 5月の消費者態度指数、景気ウォッチャー現状判断DIはともに悪化。先行きも悪化しており、円安による物価上昇や原材料コスト増加、電気料金値上げに対する懸念が大きい。・ 2月の関西2府4県の現金給与総額の伸びは前月から減速。3月の関西コアの伸び

Kansai Economic Insight Monthly Vol.25

3月の鉱工業生産指数は2カ月ぶりに上昇した。結果、2014年度は前年比+6.2%と2年連続の増産であり、前年(同+1.3%)から加速した。4月の貿易は、輸出は26カ月連続で前年比増加し、単月過去最高額を更新。輸入は2カ月連続で減少。結果、貿易収支は2カ月連続の黒字。4月の消費者態度指数は5カ月ぶりに悪化。一方で、景気ウォッチャー現状判断DI、先行き判断ともに改善しており、先行きは不透明。2月の現金給与総額(関西コア)の伸びは横ばい。プラスの伸びを維持したものの、賃金上昇は一服している。3

APIR Commentary No. 43 <AIIBの実態は中国の国内銀行 日本が果たせる役割は限定的>

APIR Commentary No. 43 <AIIBの実態は中国の国内銀行 日本が果たせる役割は限定的>2015-04-15 中国が主導して設立を予定しているアジアインフラ投資銀行(AIIB)に日本が参加するか否かの議論が盛んに行われている。欧州を始めとして50カ国以上からの参加表明がされる中、4月7日に政府はAIIBへの対処方針を発表し、引き続き日本側が求める公正で透明な組織運営の確約、国際基準の確保を求めていくこととして参加を見送った。しかし、大手メディアや一部識者、野党からは未だに「

2015年3月28日日本総研★フィードバック数:0大型消費/投資

インバウンドについてのレポートです。

わが国のインバウンド需要の先行きと課題-需要拡大が見込まれる一方、継続的な政策面の後押しが不可欠

わが国のインバウンド需要の先行きと課題-需要拡大が見込まれる一方、継続的な政策面の後押しが不可欠

2015年3月1日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

関西経済月次分析(2015年1月-2月)

<要旨>12月の鉱工業生産指数は前月比+0.3%と2カ月ぶりの上昇。結果、10-12月期は前期比+0.1%と2期ぶりに小幅増産となった。1月関西の貿易は、輸出は23カ月連続で増加、輸入は2カ月ぶりに減少。結果、貿易収支は2カ月ぶりの赤字となるも、前年同月から-83.6%縮小した。1月の景気ウォッチャー現状判断DIは小幅ながら2カ月連続の改善。訪日外国人の消費の拡大が改善に寄与。先行き判断DIは原油安や賃上げ期待もあり2カ月連続の大幅改善。消費者心理に下げ止まりの動きがみられる。10、11月の現金

2015年3月1日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

Kansai Economic Insight Quarterly No.25 <緩やかな回復基調にある関西 さらなる力強い成長には好循環の持続が不可欠>

Kansai Economic Insight Quarterly No.25 <緩やかな回復基調にある関西 さらなる力強い成長には好循環の持続が不可欠>2015-02-27 <要旨>1. 2014年10-12月期の実質GDP成長率は前期比年率+2.2%で、3四半期ぶりのプラス成長となった。成長率の内訳は、内需が+1.4%ポイント、純輸出が+0.9%ポイントであった。内需の増加に寄与したのは民間最終消費支出と民間在庫品増加で、これら以外の内需項目は成長に対する貢献がほとんどなく、自律的な力強い

関西経済月次分析(2014年11-12月)

<要旨>10月の鉱工業生産指数は前月比+0.9%と2カ月連続の上昇。関西の生産は在庫調整局面にあり、今後引き続き注意が必要。11月関西の貿易は、輸出は21カ月連続で増加した。輸入は3カ月ぶりに減少した。結果、貿易収支は2カ月ぶりの赤字となるも、前年同月から改善。11月の景気ウォッチャー現状判断DIは2カ月連続の悪化。先行き判断DIは3カ月連続の悪化。同月の消費者態度指数は4カ月連続の前月比悪化で、消費増税直前のボトムと並んだ。消費者心理の停滞感が増してきた。9月の現金給与総額の伸びは関西2府4県

APIR Commentary No.35<アベノミクスのプラス面を評価せよ>

APIR Commentary No.35<アベノミクスのプラス面を評価せよ>2014-12-05 概要第47 回衆議院議員総選挙が12 月2 日に公示され、14 日の投開票に向けた選挙戦がスタートした。安倍総理は2015 年10 月に予定されていた消費税率再引き上げを2017 年4 月へ先送りするとともに、この判断の是非について国民の信を問うためとして解散を行った。アベノミクスを継続するか転換するかどうか。党首討論でも繰り返し議論されているように、雇用は重要な判断指標の一つである。本稿では、

関西経済月次分析(2014年10-11月)

<要 旨>9月の鉱工業生産指数は前月比+4.8%と2カ月ぶりの上昇も、7-9月期の生産は3期ぶりの前期比マイナス。今後の生産動向には注意が必要。10月関西の貿易は、輸出は20カ月連続で増加し伸びは2桁となった。輸入は2カ月連続で増加し、単月過去最高額を記録。結果、貿易収支は2カ月ぶりの黒字となり、前年同月から改善。10月の景気ウォッチャー現状判断DIは前月比2カ月ぶりのマイナス。外国人観光客による消費の増加が落ち込みを軽減したようである。先行き判断は同2カ月連続の悪化。10月の消費者態度指数は3

関西経済月次分析(8-9月)

<要 旨>・7月の鉱工業生産指は2カ月ぶりの前月比上昇。生産は緩やかな回復軌道にある。・8月は輸出額の伸びは小幅プラス。一方、輸入は3カ月ぶりのマイナス。結果、貿易収支は6カ月ぶりの黒字。・8月の景気ウォッチャー現状判断DIは4カ月ぶりに悪化。同月の消費者態度指数も5カ月ぶりの悪化。これまで続いていた消費者心理改善の動きが停滞してきた。・6月の現金給与総額は関西2府4県、関西コアのいずれも4カ月連続のプラスとなった。7月の全国の現金給与総額(確報値)は所定外給与や特別給与の上昇により、5カ月連続

ベトナムへの進出ブーム:課題と提案

関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.73 – 景気は足下悪化、先行きも悪化の兆しか – [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords ・3月の生産は2カ月ぶりの前月比マイナス。結果、1-3月期は前期比-3.1%下落し、2四半期ぶりのマイナス。なお、近経局は生産の基調判断を「足踏みをしている」と前月から据え置いた。 ・4月の貿易収支は3カ月連続の黒字だが、前年比縮小した。米中貿易摩擦の影響を受け、対中貿易収支が10カ月

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ