「インフラ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

【ITエンジニア志望の大学生101名へ調査】希望する新卒職種

【ITエンジニア志望の大学生101名へ調査】希望する新卒職種、第1位は「Webエンジニア」で46.5%、「インフラエンジニア」は約3割に留まる 〜「インフラエンジニア」の認知度に課題あり〜株式会社ブレイバンステクノロジーズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:山田和則)は、現在、四年制大学に通っており、新卒としてITエンジニアの職種を志望している東京在住の方101名を対象に、「インフラエンジニア」に関する認知度調査を行いましたので、お知らせいたします。 調査概要:「インフラエンジニア」に関する

2015年2月11日大和総研フィードバック数:0社会/政治

財政再建に必要な地方創生・歳出抑制策とは

トップレポート・コラム経済分析経済予測財政再建に必要な地方創生・歳出抑制策とは ここから本文です財政再建に必要な地方創生・歳出抑制策とは日本経済中期予測(2015年2月)3章サマリー◆財政再建には歳出削減は不可欠であり、特に社会保障の膨張の抑制が必要である。◆医療・介護では、まずは自己負担のあり方や保険給付の適用範囲の見直しなどを進めるべきだろう。子育て支援の充実化を行うには、利用者の選択肢を拡大させるような競争環境の整備が考えられよう。◆インフラ関連費用は公共インフラの民営化とガバナンスの強化

2014年5月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治

成長資金獲得に向けたアジアの金融協力

トップレポート・コラム経済分析新興国成長資金獲得に向けたアジアの金融協力 ここから本文です成長資金獲得に向けたアジアの金融協力「守り」から「攻め」の姿勢へサマリー◆アジア通貨危機の反省から生まれたアジア金融協力は、従来、危機の再来を防ぐという「守り」の姿勢が重視されてきた。しかし、最近ではアジア各国の経済成長を念頭に置いた「攻め」に主眼を置いた取組みが徐々に増えてきたようにみえる。◆背景にはアジア各国が外貨準備の積み上げ等で危機への耐性を強化させてきたことや域内への外国投資の促進という意図がある

英国から学ぶこと ー原子力と再生可能エネルギーの共存には国の支援が必要ー

英国から学ぶこと ー原子力と再生可能エネルギーの共存には国の支援が必要ー 研究プロジェクト研究プロジェクト » 2014年度 » その他調査研究 AUTHORリサーチリーダーアジア太平洋研究所 副所長 澤 昭裕常葉大学 教授山本 隆三研究目的東日本大震災は多くの教訓を残したが、その一つは防災に強い国土建設の必要性であった。特に、電気、ガス、石油のエネルギー関係のインフラを強靭にすることと、同時に他地域での震災に備えバックアップ機能を持たせることの重要性は広く認識された。関西地区での、エネルギーイ

2013年11月20日ワークポートフィードバック数:0キャリアとスキル

2013年10月インフラエンジニア職採用動向

[] <要旨> 先月に続きインフラ構築のニーズが高く、求人数は増加傾向を維持しています。これに伴い、面接回数が通常2回の企業でも1回で済ませ、原石となり得る人材を早めに抱え込もうという動きが活発化しました。売り手市場なので、全くの未経験の方は別として「ある程度ネットワークに関する実務経験がある」という方であれば十分チャンスがあるでしょう。なお、自社の教育体制を充実させて入社後の育成に力を注ぐ企業が増えているため、運用・保守の経験しかない方でも「下流から上流へ」「スキルアップしたい」といった希望を

2013年9月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

中国:インフラ増強など一連の政策発表の真意

トップレポート・コラム経済分析中国中国:インフラ増強など一連の政策発表の真意 ここから本文です中国:インフラ増強など一連の政策発表の真意サマリー◆国務院は2013年7月以降、バラック地域の住宅補修、省エネ環境保護、情報消費、鉄道、大気汚染防止、高齢者向けサービス、都市インフラなどに関する政策を矢継ぎ早に発表している。しかし、これを以て、中国が投資を牽引役とする力強い景気拡大路線に舵切りを行ったと判断するのは早計である。◆この時期に政策が矢継ぎ早に発表されたのは、中国政府が景気下振れリスク軽減に配

2013年6月26日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

静かに広がる水のリスク 第7回(最終回)

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門静かに広がる水のリスク静かに広がる水のリスク 第7回(最終回) ここから本文です静かに広がる水のリスク 第7回(最終回)水のこれからサマリー水道の蛇口から清浄な水を潤沢に得られる地域が多い現在の日本では、日常生活で水や水関連のインフラについてのリスクを感じる機会は少ないかもしれない。しかし、高度成長期を中心に、急速に整備が進められた水関連のインフラは、次第に老朽化が進む時期に差しかかり、維持・更新に多額の費用を要する可能性がある。また、地球温暖化などが降

重要インフラ分野におけるIT依存度に関する調査

重要インフラ分野におけるIT依存度に関する調査

2013年6月3日大和総研フィードバック数:1社会/政治

国土強靭化の焦点

トップレポート・コラム政策分析地方創生・地方経済国土強靭化の焦点 ここから本文です国土強靭化の焦点~大規模な更新投資が必要なインフラ群~『大和総研調査季報』 2013年春季号(Vol.10)掲載サマリー自公政権による予算編成では公共投資の増額が注目されている。その基礎理念ともいえる自民党の「国土強靭化」、公明党の「防災・減災ニューディール」は、共に公共投資を志向したものと捉えられるが、単なる新規投資ではなく、維持補修や更新投資を視野に入れた考え方である。足元の予算においては、維持補修や更新投資が

2013年5月15日大和総研フィードバック数:0社会/政治

静かに広がる水のリスク 第6回

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門静かに広がる水のリスク静かに広がる水のリスク 第6回 ここから本文です静かに広がる水のリスク 第6回水への取り組みサマリー水道の蛇口から清浄な水を潤沢に得られる地域が多い現在の日本では、日常生活で水や水関連のインフラについてのリスクを感じる機会は少ないかもしれない。しかし、高度成長期を中心に、急速に整備が進められた水関連のインフラは、次第に老朽化が進む時期に差しかかり、維持・更新に多額の費用を要する可能性がある。また、地球温暖化などが降水量や蒸発散量、融

2013年4月12日大和総研★フィードバック数:0社会/政治

水を取り巻く状況の変化についてのレポートです。

静かに広がる水のリスク 第5回 水と時の流れ

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門静かに広がる水のリスク静かに広がる水のリスク 第5回 ここから本文です静かに広がる水のリスク 第5回水と時の流れサマリー水道の蛇口から清浄な水を潤沢に得られる地域が多い現在の日本では、日常生活で水や水関連のインフラについてのリスクを感じる機会は少ないかもしれない。しかし、高度成長期を中心に、急速に整備が進められた水関連のインフラは、次第に老朽化が進む時期に差しかかり、維持・更新に多額の費用を要する可能性がある。また、地球温暖化などが降水量や蒸発散量、融雪

2013年3月13日大和総研フィードバック数:3社会/政治

静かに広がる水のリスク 第4回 水の力とふるまい

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門静かに広がる水のリスク静かに広がる水のリスク 第4回 ここから本文です静かに広がる水のリスク 第4回水の力とふるまいサマリー水道の蛇口から清浄な水を潤沢に得られる地域が多い現在の日本では、日常生活で水や水関連のインフラについてのリスクを感じる機会は少ないかもしれない。しかし、高度成長期を中心に、急速に整備が進められた水関連のインフラは、次第に老朽化が進む時期に差しかかり、維持・更新に多額の費用を要する可能性がある。また、地球温暖化などが降水量や蒸発散量、

2013年2月6日みずほ総合研究所フィードバック数:2社会/政治

堅調続く日本の対ベトナム投資~インフラが整い現実的な投資先としての魅力高まる~

堅調続く日本の対ベトナム投資~インフラが整い現実的な投資先としての魅力高まる~

2012年5月14日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(日銀レビュー)決済インフラを巡る国際的な潮流とわが国への含意

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。 決済インフラを巡る国際的な潮流とわが国への含意2012年5月11日決済機構局 武田憲久、武井愛、二宮拓人要旨世界各国では、金融市場のグローバル化と金融危機の教訓を踏まえながら、決済インフラの強化・拡充が進んでいる。米国では、金融危機の経験を踏まえ、レポ取引の決済インフラの改善が進められている。欧州では、域内の金融市場統合と決済の安全性向上の観点から、証券決済インフラのITプラットフォームの統合が進められている。アジアで

2012年2月22日アイティメディア★フィードバック数:21企業情報システム

TechTargetがクラウドについての調査結果を発表しました。

クラウドインフラの導入に関するアンケート調査

昨今、日本におけるクラウドインフラが目覚ましい発展を遂げている。外資系クラウド事業者による東京リージョンの開設、国産クラウド事業者による相次ぐ郊外型データセンターの設立、仮想化ベンダーやハードウェアベンダー、SIerによるプライベートクラウドやクラウド連携サービスの提供などが挙げられる。 クラウドインフラが技術的に整いつつある中、ユーザー企業は徐々にクラウドの導入を検討し始めるのではないか。 このような仮説の下、TechTargetジャパンでは2012年1月24日から2月9日にかけて、プライベー

2008年7月22日日経BPフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

インフラ系の認知,「SaaS」と「データセンター」はNTTデータがトップ

インフラ系の認知,「SaaS」と「データセンター」はNTTデータがトップ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ