調査のチカラ TOP > タグ一覧 > インフレ目標

「インフレ目標」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2015年4月29日経済産業研究所フィードバック数:0社会/政治

アベノミクスはどの程度包括的か

アベノミクスはどの程度包括的か過去2年間、日本はデフレ脱却と経済再生を目指し、野心的ないわゆるアベノミクスに取り組んでいる。一方、世界中の政策立案者や研究者は格差について議論している。本稿では、成長と所得分配双方を考慮した指標を用いて、アベノミクスが包括的な成長に与える影響について評価する研究を紹介したい。我々の分析の主要な政策的含意は、日本において成長を促進し格差を縮小するためには、構造改革の本格的な実施が必要であるということである。 日本も、先進国で近年拡大しつつある格差と無縁ではない。事例

米国経済(週次)予測(2014年5月2日)<2%インフレ目標の達成に固執する連銀、これが経済へのリスクに!>

米国経済(週次)予測(2014年5月2日)<2%インフレ目標の達成に固執する連銀、これが経済へのリスクに!> 〒530-0011大阪市北区大深町3番1号グランフロント大阪ナレッジキャピタル タワーC 7階

2013年11月8日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

インフレ目標の理論的実現可能性 ~既存の経済構造下では、日本の適正インフレ率は1%台半ば~

HOME分野別レポート種類別経済分析レポート日本、米国、欧州、アジア、新興国経済に関する様々な分析レポート 経済指標レポート世界各国の経済指標に関するタイムリーな情報、解説レポート 経済見通しレポート日本、米国、欧州、アジア経済に関する今後の見通しレポート 金融市場レポート株価・金利・為替マーケットおよび金融政策に関するレポート ライフデザインレポート主に生活に関連した研究レポート、調査結果のプレスリリース 第一生命経済研レポート経済・金融市場に加え,様々な話題を取り上げた月次レポート ビジネス

2013年6月3日大和総研フィードバック数:1社会/政治

大胆さと慎重さが求められる日銀

トップレポート・コラム経済分析日本大胆さと慎重さが求められる日銀 ここから本文です大胆さと慎重さが求められる日銀~政府にも求められる「次元の違う政策」~『大和総研調査季報』 2013年春季号(Vol.10)掲載サマリー日銀はインフレ・ターゲットを導入したものの、金融政策の枠組み自体が変わったわけではない。物価目標の設定はゴールではなく、政府と日銀がその実現のためにどう行動するかが問題である。デフレの構造的な要因を長期的に物価の趨勢を決める単位労働コストの背景から整理すると、デフレ脱却には金融緩和

2013年3月11日大和総研フィードバック数:5社会/政治

第176回日本経済予測(改訂版)

トップレポート・コラム経済分析経済予測第176回日本経済予測(改訂版) ここから本文です第176回日本経済予測(改訂版)「アベノミクス」で日本経済は再生するか?リサーチ本部 副理事長 兼 専務取締役 リサーチ本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 齋藤 勉 サマリー:2012年10-12月期GDP二次速報を受け、2012-14年度の成長率見通しを改訂した。改訂後の実質GDP予想は2012年度が前年度比+1.0%(前回:同+0.9%)、2013年度が同+2.7%(同:同+2.7%)、2014年度が

2013年2月20日大和総研★フィードバック数:2社会/政治

アベノミクスのリスクを検証しています。

日本経済見通し:「アベノミクス」に対する4つの懸念を検証する

トップレポート・コラム経済分析経済予測日本経済見通し:「アベノミクス」に対する4つの懸念を検証する ここから本文です日本経済見通し:「アベノミクス」に対する4つの懸念を検証する「財政規律の維持」と「成長戦略の強化」がカギリサーチ本部 副理事長 兼 専務取締役 リサーチ本部長 チーフエコノミスト 熊谷 亮丸 サマリー◆:2012年10-12月期GDP一次速報を受け、2012-14年度の成長率見通しを改訂した。当社は、1月18日に安倍政権成立の影響を勘案し経済見通しを暫定的に上方修正している。今回の

2013年2月5日大和総研フィードバック数:4社会/政治

転換点を迎えた金融政策と円安が物価に与える影響

トップレポート・コラム経済分析日本転換点を迎えた金融政策と円安が物価に与える影響 ここから本文です転換点を迎えた金融政策と円安が物価に与える影響円安だけでインフレ目標を達成することは困難サマリー◆日銀は「物価安定の目標」を導入したが、金融政策の枠組み自体が変わったわけではない。とはいえ、政府との共同声明が発表され、「当面は1%」という目途が明示されなくなったという点で一つの転換点であることも事実である。◆実物経済と金融が表裏一体であることを考えれば、政府にも同等の責任があり、政府がデフレ問題の責

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

特集データ

新着データ

お知らせ