調査のチカラ TOP > タグ一覧 > ウェアラブル端末

「ウェアラブル端末」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2017年のウェアラブル端末購入動向

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング調査結果 2017年のウェアラブル端末購入動向ウェアラブル端末の購入動向を継続調査。2017年の傾向は、• 購入製品は、Apple Watch2の購入率がTOP→ 経年変化をみるとウォッチ製品が主流• 購入場所は、Amazonの利用率が急増→ 全体としてネットでの購入率が増加• 利用したい機能は、GPS、家・車のカギ機能→ 日常生活で役に立つ機能へのニーズ高まる 市場調査・コンサルティング会社の株式会社シード・プランニング(本社:東京都文京区 梅田

2016年3月8日GfKフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2015年の電動工具販売動向

【携帯電話・スマートフォン市場動向調査】 携帯電話・スマートフォンの使用状況、購入状況、購入意向からMVNOの状況までの幅広い項目を網羅した消費者調査レポートです。地域、年代、性別など属性別に動向を把握することができます。 - 調査内容: ① 利用状況(使用率、ブランドスイッチ状況、属性等)、②購入状況、③次回購入意向、④MVNO- 調査方法:インターネット調査- 属性項目:居住都道府県、年代、性別、世帯構成、職業◇2015年 第1回- 調査時期:2015年1月29日~2月8日 計11日間- サ

ウェアラブル端末の今後1年以内の購入意向率は8%。購入したいタイプは「腕時計型」が人気

ウェアラブル端末の今後1年以内の購入意向率は8%。購入したいタイプは「腕時計型」が人気。 インターネット利用状況を調査している株式会社ビデオリサーチインタラクティブ(本社:東京都千代田区、社長:遠藤 敏之)は、スマートフォンユーザーおよびタブレットユーザーにおけるアプリや専用サイトなどのコンテンツの利用状況を把握する調査レポート「スマコン(SmartDevice Contents Report)vol.09」を2015年10月中旬にリリースするにあたり、スマートデバイスユ

2015年7月16日博報堂★フィードバック数:0ライフスタイル

マイビッグデータに関する意識調査

NEWS博報堂生活総研、“マイビッグデータ”に関する 意識調査を実施 2015年07月16日博報堂生活総合研究所(所長:石寺修三)は自分自身の身体に関する大量の情報「マイビッグデータ(※)」に関する意識調査を実施いたしました。本調査は、ウェアラブル端末や遺伝子検査など、デバイスや解析技術の発展・浸透によって飛躍的に増加が見込まれる、これまで知ることができなかった自分自身の情報、マイビッグデータに対する生活者の意識について調査・分析をしています。マイビッグデータは、多くの生活者からは「自分が気づか

2015年5月29日GfK★フィードバック数:0モバイル

市場データです。

ウェアラブル端末の販売動向および購入意向調査

Cookieの使用について: 本ウェブサイトでは、アクセスした方がどのようにサイトを利用しているのかを把握し、サイトの品質や利便性を向上するためCookieを使用しています。Cookieの利用に同意いただける場合は、このまま当サイトをご利用ください。 詳細

2015年2月25日MMDLabo★フィードバック数:0モバイル

ウェアラブル機器についての調査です。

2015年ウェアラブル端末に関する調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 認知度が一番高いウェアラブル端末は「Google Glass」で70.6%、「Apple Watch」は57.6% 認知度が一番高いウェアラブル端末は「Google Glass」で70.6%、「Apple Watch」は57.6% MMD研究所は、2015年2月13日~2月15日にかけて15歳以上の男女2,203人を対象に「2015年ウェ

2015年2月5日MM総研フィードバック数:0モバイル

日米におけるウェアラブル端末の市場展望

日米におけるウェアラブル端末の市場展望――日米消費者調査の結果から 2015年02月05日■ 日本の市場規模は2015年度134万台、2020年度に573万台に拡大すると予想 ■ ウェアラブル端末の知名度は日本48.9%、米国94.2% ■ 期待する企業は日米ともにグーグル、アップル。日本ではソニーも上位に ■ 日米ともに情報漏えい・プライバシー侵害が課題に  MM総研(東京都港区、所長・中島 洋)は2月5日、身に着けるコンピュータ「ウェアラブル端末」について、消費者調査や企業へのインタビュー

2014年6月24日MMDLabo★フィードバック数:0モバイル

ウェアラブル端末についての調査です。

ウェアラブル端末に関する調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > ウェアラブル端末「知らない」が60.2%、「利用したいと思う」が1割にとどまる ウェアラブル端末「知らない」が60.2%、「利用したいと思う」が1割にとどまる MMD研究所は、2014年6月10日~6月14日にかけて、18歳以上の男女2,017人にウェアラブル端末に関する調査を実施いたしました。【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】■ ウェ

2013年情報通信業界の十大ニュース

2013年情報通信業界の十大ニュース(株)情報通信総合研究所 グローバル研究グループ 清水 憲人 2013年も残りあとわずか。いつものように、個人的に印象に残った情報通信業界の出来事を振り返りつつ、年末を締めくくりたい。第10位 ドコモがiPhone発売。そして中国移動も毎年のように「もうじき出るぞ」と噂されつつ、なかなか実現しなかったドコモのiPhone(5S及び5C)が、今年9月についに発売された。どのような販売条件が課されたのかは不明だが、ユーザー獲得競争においてソフトバンクとauに押

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ

お知らせ