調査のチカラ TOP > タグ一覧 > エシカル消費

「エシカル消費」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2021年2月10日楽天インサイト★フィードバック数:0社会/政治

「SDGs」の認知度は約50%。「エシカル消費」の経験は7割以上、最も多かったのは「地産地消」

『「SDGs」の認知度は約50%。「エシカル消費」の経験は7割以上、最も多かったのは「地産地消」』SDGsに関する調査 2021年1月28日楽天インサイト株式会社は、「SDGsに関する調査」(注1)をインターネットで実施しました。今回の調査は、2020年12月22日(火)と12月23日(水)の2日間、楽天インサイトに登録しているモニター(約220万人)の中から、全国の20~69歳の男女1,000人を対象に行いました。昨今注目を集めている「SDGs」に関連するキーワードの認知度や「SDGs」につな

「サーキュラーエコノミーに関する調査」生活者の消費行動や、環境に対する意識・取組みを徹底調査!

「サーキュラーエコノミーに関する調査」生活者の消費行動や、環境に対する意識・取組みを徹底調査! エシカル商品の製造販売や企業のSDGs活動への取り組みについて、7割以上※は「好印象」と回答!※好印象・やや好印象計 生活者起点のリサーチ&マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティング(所在地:東京都渋谷区)では、世の中の動向をいち早く把握するために、独自で調査を行なっております。今回2020年11月6日(金)~2020年11月9日(月)の4日間、20歳~69歳の男女1000人を対象に「サーキ

2020年10月23日トレンダーズ★★フィードバック数:0社会/政治

「エシカル消費」に関する意識・実態調査

「エシカル消費」に関する意識・実態調査を…「エシカル消費」に関する意識・実態調査を実施 若い世代ほど「エシカル」の認知度は高い傾向 「エシカル」に積極的な企業は「良い印象」が9割以上 マーケティング事業を展開するトレンダーズ株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:黒川涼子、東証マザーズ上場:証券コード 6069)は、20~40代の男女を対象に「エシカル消費」に関する意識・実態調査をおこないました。==============================================

「応援消費」に関する意識・実態を調査

2020年2月27日各位株式会社ジャパンネット銀行令和の新消費スタイル 注目キーワードは「応援」と「共感」 「モノ」より「コト」消費を重視したい人が半数以上 約60%が「共感」できるものにお金を使いたいと回答 3人に1人が「応援消費」経験者 200万円以上使った人は8%株式会社ジャパンネット銀行(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:田鎖智人、以下ジャパンネット銀行)では、20〜60代の男女各500名、計1,000名を対象に、「応援消費」に関する意識・実態調査を行いました。 人や企業・地域などを

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

  2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

お知らせ