調査のチカラ TOP > タグ一覧 > エネルギー

「エネルギー」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2019年6月21日キャップジェミニフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

エネルギー&ユーティリティにおけるインテリジェントオートメーション

キャップジェミニの調査レポート:エネルギー&ユーティリティにおけるインテリジェントオートメーション インテリジェントオートメーションは、グローバルなエネルギー&ユーティリティ企業の事業効率を高め、売上を増加し、顧客エンゲージメントを強化している エネルギー&ユーティリティセクターは、予測、生産歩留まり最適化、クレーム管理などのコア機能でクイックウィンにフォーカスする必要があります。 【2019年5月28日:パリ発】世界のエネルギー&ユーティリティ事業部門では、2017年以降の人工知能(AI)の使

2018年4月16日電通フィードバック数:0社会/政治

第6回エネルギー自由化に関する生活者意識調査

グローバルネットワーク電通の国内外のネットワークをご紹介します。 ニュース株式会社電通が発信する最新のニュースリリースやインフォメーションなどをご覧いただけます。 IR情報株式会社電通グループのIR情報はこちらからご覧ください。 電通、「第6回エネルギー自由化に関する生活者意識調査」を実施2018年3月26日株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博)のエネルギー関連のプロフェッショナルを集めたグループ横断組織、チーム「DEMS(ディームス)」は、本年4月の電力小売り全面自由

【石油・エネルギー】特許資産規模ランキング、トップ3は中国電力、出光興産、JXTGエネルギー

【石油・エネルギー】特許資産規模ランキング トップ3は中国電力、出光興産、JXTGエネルギー 弊社はこのほど、独自に分類した「石油・エネルギー」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「石油・エネルギー業界 特許資産規模ランキング」をまとめました。2016年4月1日から2017年3月末までの1年間に登録された特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」を用いた評価を行い、企業ごとに総合得点を集計しました。 その結果、1位 中国電力、2位 出光興産、

2017年8月27日電通★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

第5回エネルギー自由化に関する生活者意識調査

グローバルネットワーク電通の国内外のネットワークをご紹介します。 ニュース株式会社電通が発信する最新のニュースリリースやインフォメーションなどをご覧いただけます。 IR情報株式会社電通グループのIR情報はこちらからご覧ください。 電通、「第5回エネルギー自由化に関する生活者意識調査」を実施2017年8月18日・家庭用電力小売り自由化の認知は9割を超え安定も、内容理解は3割未満と前回調査と同じ水準にとどまる。 ・家庭用ガス小売り自由化の認知は8割、内容理解についても2割弱と昨年11月

2017年7月25日北海道フィードバック数:0社会/政治

平成29年度広報紙「ほっかいどう」アンケート

広報紙「ほっかいどう」アンケート結果(平成29年度)広報紙「ほっかいどう」アンケート結果(平成29年度)平成29年度広報紙「ほっかいどう」アンケート結果平成29年度広報紙「ほっかいどう」プレゼントコーナーへの応募総数とアンケート結果をお知らせします。 3月号の中で興味を持ったのは、どの記事ですか。特集:みんなでつくる、北海道150年事業 48.3%全道くまなく載っているので楽しみです。2018年は命名150年楽しい事が待っていそうですね。遠くにも足を運んで記念行事見てみたいです(50代・女性)

2017年5月30日リンナイフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

「省エネ」に関する意識調査

ホームニュースリリース【熱と暮らし通信】 意識調査:省エネを意識し実際に行動している人は約7割 一方で省エネを正しく理解している“省エネ暮らし優等生”はたった2割 消費生活アドバイザー 和田先生監修「省エネ対策4つのポイント」を紹介!【熱と暮らし通信】 意識調査:省エネを意識し実際に... ニュースリリース【熱と暮らし通信】「省エネ」に関する意識調査 2017年05月22日 ~ 6月は環境月間!「省エネ」に関する意識調査を実施 ~省エネを意識し実際に行動している人は約7割と多数省エネを正しく理解

2017年2月11日電通フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

第4回エネルギー自由化に関する生活者意識調査

グローバルネットワーク電通の国内外のネットワークをご紹介します。 ニュース株式会社電通が発信する最新のニュースリリースやインフォメーションなどをご覧いただけます。 IR情報株式会社電通グループのIR情報はこちらからご覧ください。 電通、「第4回エネルギー自由化に関する生活者意識調査」を実施2017年1月31日・昨年11月の時点で電気の購入先、または料金プランを変更した人は14% ・家庭用ガス小売り自由化の「認知」は4割強と昨年6月の前回調査から増加。家庭用電力小売り自由化の「内容認

2016年8月8日電通フィードバック数:0ライフスタイル

第3回エネルギー自由化に関する生活者意識調査

グローバルネットワーク電通の国内外のネットワークをご紹介します。 ニュース株式会社電通が発信する最新のニュースリリースやインフォメーションなどをご覧いただけます。 IR情報株式会社電通グループのIR情報はこちらからご覧ください。 電通、「第3回エネルギー自由化に関する生活者意識調査」を実施2016年8月1日●電力自由化の「認知」は8割まで到達したが、「変更意向」は前回(2015年11月)から低下しており、生活者は様子見な様相 ●「変更者」の半数は月額1,000円、「非変更者」の半数

2016年1月26日電通★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

エネルギー自由化に関する生活者意識調査

グローバルネットワーク電通の国内外のネットワークをご紹介します。 ニュース株式会社電通が発信する最新のニュースリリースやインフォメーションなどをご覧いただけます。 IR情報株式会社電通グループのIR情報はこちらからご覧ください。 電通、「エネルギー自由化に関する生活者意識調査」を実施2016年1月22日●電力自由化、「認知」は進むも「理解」はこれから●今後起こってほしいこと、起こると思うことは、「各家庭の電気料金が下がる」こと株式会社電通(本社:東京都港区、社長:石井 直)は、20

2015年6月26日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年5月全国消費者物価

トップレポート・コラム経済分析日本5月全国消費者物価 ここから本文です5月全国消費者物価コアCPIは前年比ゼロ近傍での推移が続くサマリー◆2015年5月の全国コアCPI(除く生鮮食品)は前年比+0.1%と、市場コンセンサス(同+0.0%)を小幅に上回った。総じて見ると、エネルギー価格の下押し圧力が続く中で、コアCPIの前年比はここしばらくの間ゼロ近傍での推移が続いている。◆2015年6月の東京コアCPI(中旬速報値)は、前年比+0.1%と前月(同+0.2%)からプラス幅が縮小した。財・サービス別

日米の物価上昇率逆転をどうみるか

日米の物価上昇率逆転をどうみるか | ニッセイ基礎研究所 日米の物価上昇率逆転をどうみるか 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 消費者物価上昇率は、1990年代後半からデフレが続いてきた日本が米国を下回ることが常態化していたが、このところ両者の関係が逆転している(図1)。言うまでもなく2014年4月に日本の消費税率が引き上げられ

2015年6月14日JX日鉱日石リサーチフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

日本の温室効果ガス削減目標の課題と意義

ページ内移動用のリンクです国内外のエネルギー、環境技術等の分野を中心に、質の高い調査サービスをご提供し、専門スタッフがお客さまのニーズに応じたコンサルティングを行います。 エネルギーに関する案件について、スムーズな業務遂行あるいは技術的な課題解決を支援します。 エネルギー関連技術や管理技術の教育・研修、海外研修生受入、品質管理教育・研修、ISO認証取得・維持支援等を行います。

2015年6月4日科学技術振興機構★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

科学技術振興機構のまとめです。

研究開発の俯瞰報告書2015年 環境・エネルギー分野

研究開発の俯瞰報告書2015年 環境・エネルギー分野

2015年5月29日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年4月全国消費者物価

トップレポート・コラム経済分析日本4月全国消費者物価 ここから本文です4月全国消費者物価コアCPI(除く消費税)は2年でマイナス圏入りサマリー◆2015年4月の全国コアCPI(除く生鮮食品、以下コアCPI)は前年比+0.3%と、市場コンセンサス(同+0.2%)を小幅に上回った。消費税を除くベース(大和総研による試算値)でみると、エネルギーのマイナス寄与が拡大し、サービスのプラス寄与が縮小したことで、前年比▲0.1%と2013年4月以来2年ぶりのマイナスとなった。従来から当社は、コアCPIが早けれ

2015年5月13日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度経済連携促進のための産業高度化事業(インドにおける高効率LED照明機器の導入・普及を通じた環境/エネルギー協力に関する調査事業)

平成26年度経済連携促進のための産業高度化事業(インドにおける高効率LED照明機器の導入・普及を通じた環境/エネルギー協力に関する調査事業)

2015年2月27日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2015年1月全国消費者物価

トップレポート・コラム経済分析日本1月全国消費者物価 ここから本文です1月全国消費者物価コアCPIの前年比ゼロが視界入りサマリー◆2015年1月の全国コアCPI(除く生鮮食品、以下コアCPI)は前年比+2.2%と、市場コンセンサス(同+2.3%)を小幅に下回った。消費税を除くベース(大和総研による試算値、以下同様)でみると、エネルギーのプラス寄与縮小が続いたことで、前年比+0.2%と前月(同+0.5%)から上昇幅が縮小した。コアCPIの水準は引き続き概ね横ばいで推移していると評価できる一方で、前

消費者物価(全国15年1月)~コアCPIのマイナス転化近づく

消費者物価(全国15年1月)~コアCPIのマイナス転化近づく | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国15年1月)~コアCPIのマイナス転化近づく 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPI上昇率(消費税の影響を除く)は0.2%まで低下・エネルギーの下落幅は15年度入り後さらに拡大・コアCPI上昇率は15年度入り後にはいっ

円安ドル高エネルギーは再び回復へ~マーケット・カルテ3月号

円安ドル高エネルギーは再び回復へ~マーケット・カルテ3月号 | ニッセイ基礎研究所 円安ドル高エネルギーは再び回復へ~マーケット・カルテ3月号 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日銀追加緩和期待の後退やギリシャ不安等に伴うリスク回避によって、ドル円は上値の重い展開が継続。好調な米雇用統計などから2月中旬に一時120円台を

2015年2月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治

原油安、円安下での物価実感

トップレポート・コラムコラム原油安、円安下での物価実感 ここから本文です原油安、円安下での物価実感国際原油市況は2014年半ばから急落し、直近のピークをつけた2014年6月に比べて半値を下回る水準まで低下している。原油価格の下落は、産油国から原油純輸入国への所得移転であるため、原油の大半を輸入に頼る日本経済にとっても大きなメリットになるとみられる。とりわけ、物価下落による購買力の向上が、増税後低迷してきた個人消費を刺激する効果に対する期待が高まっている。実際、2014年5月時点で前年比+3.7%

消費者物価(全国14年12月)~コアCPI上昇率は15年度入り後にいったんマイナスへ

消費者物価(全国14年12月)~コアCPI上昇率は15年度入り後にいったんマイナスへ | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国14年12月)~コアCPI上昇率は15年度入り後にいったんマイナスへ 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPI上昇率(消費税の影響を除く)は0.5%まで低下・ガソリン、灯油の下落率が前年比で二桁の

2015年1月30日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年12月全国消費者物価

トップレポート・コラム経済分析日本12月全国消費者物価 ここから本文です12月全国消費者物価CPI前年比はマイナスへのカウントダウン?サマリー◆2014年12月の全国コアCPI(除く生鮮食品、以下コアCPI)は前年比+2.5%と、市場コンセンサス(同+2.6%)を小幅に下回った。消費税を除くベース(大和総研による試算値、以下同様)でみると、エネルギーのプラス寄与縮小が続いたことで、前年比+0.6%と前月(同+0.7%)から上昇幅が縮小した。季節調整値の推移も併せて評価すると、コアCPIは引き続き

原油安の影響などを受けたハイイールド債~今後の投資家心理の改善が鍵に

楽しく、楽に読めるマーケットで話題のトピック(不定期) 2014年12月17日原油安の影響などを受けたハイイールド債~今後の投資家心理の改善が鍵に 11月下旬以降、急速な原油安の影響などから、新興国を中心にハイイールド債は大きく下落しています。その背景に、新興国や米国のハイイールド債市場で、原油価格が今後も現在の水準で推移すると、エネルギー関連企業のハイイールド債のデフォルト率上昇につながるとの懸念が高まったことなどがあると見られます。加えて、ロシアなどのエネルギー輸出国の通貨が下落しているこ

2014年11月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年10月全国消費者物価

トップレポート・コラム経済分析日本10月全国消費者物価 ここから本文です10月全国消費者物価消費税除くベースで1%割れ、デフレ脱却の動きが足踏みサマリー◆2014年10月の全国CPI(除く生鮮食品、以下コアCPI)は前年比+2.9%と、市場コンセンサス(同+2.9%)通りの結果となった。消費税を除くベース(大和総研による試算値、以下同様)でみると、前年比+0.9%と前月(同+1.0%)から上昇幅が縮小しており、エネルギーのプラス寄与縮小が全体を押し下げた格好だ。コアCPIの前年比(消費税を除くベ

2014年11月19日大和総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

水素社会の兆し サマリー版

トップレポート・コラム入門コーナー経済入門水素社会の兆し水素社会の兆し サマリー版 ここから本文です水素社会の兆し サマリー版水素社会の幕開け 大澤 秀一経営コンサルティング第一部 主任コンサルタント 平田 裕子 サマリー◆化石燃料を中心とした世界のエネルギー消費量は増加を続けており、その安定的な確保や気候変動への対応が喫緊の課題となっている。水素を本格的に利活用する「水素社会」は、エネルギー供給におけるS+3Eを実現する取組みの一つとして、各国で進められている。日本でも、水素社会の実現に向けた

2014年11月18日資源エネルギー庁★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

資源エネルギー庁のパンフレットです。

日本のエネルギー2014

日本のエネルギー2014

2014年6月27日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年5月全国消費者物価

トップレポート・コラム経済分析日本5月全国消費者物価 ここから本文です5月全国消費者物価物価上昇率は概ね横ばいでの推移サマリー◆2014年5月の全国CPI(除く生鮮食品、以下コアCPI)は前年比+3.4%と、市場コンセンサス(同+3.4%)通りの内容となった。5月に関しては、消費税率引き上げがコアCPIを2.0%pt押し上げた模様である。5月全国コアCPIの消費税を除くベースの数値を試算すると、前年比+1.4%と前月(同+1.5%)から上昇幅が縮小した。これは携帯電話機や電気代などで前年の裏が出

2014年5月30日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年4月全国消費者物価

トップレポート・コラム経済分析日本4月全国消費者物価 ここから本文です4月全国消費者物価消費税率引き上げ分以上に物価が上昇サマリー◆2014年4月の全国CPI(除く生鮮食品、以下コアCPI)は前年比+3.2%と、消費税率引き上げを受けて大幅な上昇となり、市場コンセンサス(同+3.1%)を上回った。4月全国コアCPIの消費税を除くベースの数値を試算すると、前年比+1.4%と前月(同+1.3%)から上昇幅が拡大しており、消費税率引き上げ分以上に、4月のコアCPIは上昇した計算になる。◆5月東京コアC

2014年4月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年4月東京消費者物価、3月全国消費者物価

トップレポート・コラム経済分析日本4月東京消費者物価、3月全国消費者物価 ここから本文です4月東京消費者物価、3月全国消費者物価税率引き上げ分は順調に転嫁が進むサマリー◆2014年4月の東京都区部(除く生鮮食品、以下コアCPI)(中旬速報値)は前年比+2.7%と、消費税率引き上げを反映して大幅な上昇となった。ただし、3月の東京のコアCPIが同+1.0%であったこと、消費税率引き上げによる価格上昇分がそのまま転嫁された場合、約+1.7%ptコアCPIが上振れする計算となることを考慮すると、今回の数

2014年4月27日経済産業省★フィードバック数:0社会/政治

北海道の産業についてのまとめです。

目で見る北海道産業(平成25年度版)

「目で見る北海道産業(平成25年度版)」について平成26年4月25日 経済産業省北海道経済産業局 経済産業省北海道経済産業局では、この度「目で見る北海道産業(平成25年度版)」を取りまとめました。本資料は、北海道の経済・産業の現状を視覚的にわかりやすくとらえることを目的として、北海道の産業構造・動向、経済指標、エネルギー動向等に関する数値・データを図表化したものです。北海道の現状を把握・分析するための基礎資料としてお役立てください。なお、本資料については製本化しておりませんので、以下からダウンロ

2014年4月16日科学技術振興機構フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

研究開発の俯瞰報告書 環境・エネルギー分野(2013年)第2版

研究開発の俯瞰報告書 環境・エネルギー分野(2013年)第2版

2014年2月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2014年1月消費者物価

トップレポート・コラム経済分析日本1月消費者物価 ここから本文です1月消費者物価前年比+1.3%と1%台前半の推移が続く。耐久財では白物家電も上昇サマリー◆2014年1月の全国CPI(除く生鮮食品、以下コアCPI)は前年比+1.3%と、市場コンセンサス(同+1.3%)通りの結果となり、上昇幅も前月と変わらなかった。市況要因を除いた物価動向を表すCPI(食料(除く酒類)及びエネルギーを除く総合、以下コアコアCPI)は前年比+0.7%と、こちらも前月と同じ上昇幅であった。◆2014年2月の東京都区部

2014年1月31日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年12月消費者物価

トップレポート・コラム経済分析日本12月消費者物価 ここから本文です12月消費者物価コアCPIは前年比+1.3%と上昇幅が拡大、食料品価格上昇の影響が大きいサマリー◆2013年12月の全国CPI(除く生鮮食品、以下コアCPI)は前年比+1.3%と、市場コンセンサス(同+1.2%)を上回り、上昇幅は前月から拡大した。市況要因を除いた物価動向を表すCPI(食料(除く酒類)及びエネルギーを除く総合、以下コアコアCPI)は前年比+0.7%と、こちらも上昇幅が前月から拡大している。加工食品や調味料類の価格

2013年12月28日アイティメディアフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2013年を振り返る、電力・エネルギーの記事ベスト20

第1位:「太陽光発電:変換効率よりも出力1W当たりの単価に注目」第2位:「太陽光発電の導入コストが低下、買取価格を42円から引き下げへ」第3位:「日本海でもメタンハイドレートの調査開始、海底の浅い部分にある表層型」 2013年に最も多く読まれた記事の上位3本のうち、2本は太陽光発電のコストに関するものだった。もう1本は国産の天然ガスとして期待がかかるメタンハイドレートの動向だ。第4位:「経産省が対策に乗り出す怪現象、地熱発電の出力が下がってしまう」第5位:「初期費用0円の家庭用蓄電池、月額290

2013年12月27日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年11月消費者物価

トップレポート・コラム経済分析日本11月消費者物価 ここから本文です11月消費者物価コアCPIは前年比+1.2%、今後も前年比+1%を上回る推移が続く見込みサマリー◆2013年11月の全国CPI(除く生鮮食品、以下コアCPI)は前年比+1.2%と、市場コンセンサス(同+1.1%)を上回った。市況要因を除いた物価動向を表すCPI(食料(除く酒類)及びエネルギーを除く総合、以下コアコアCPI)が前年比+0.6%と、市場コンセンサス(同+0.5%)を上回ったことが、コアCPIが市場予想から上振れした要

2013年12月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年10月消費者物価

トップレポート・コラム経済分析日本10月消費者物価 ここから本文です10月消費者物価コアコアCPIが前年比+0.3%とプラス転換。耐久財価格の一部も上昇サマリー◆2013年10月の全国CPI(除く生鮮食品、以下コアCPI)は前年比+0.9%と、市場コンセンサス(同+0.9%)通りの結果となった。市況要因を除いた物価動向を表すCPI(食料(除く酒類)及びエネルギーを除く総合、以下コアコアCPI)が前年比+0.3%と、プラス圏へ浮上したことが、コアCPIの上昇幅が前月から拡大した要因である。◆201

2013年10月28日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年9月消費者物価

トップレポート・コラム経済分析日本9月消費者物価 ここから本文です9月消費者物価コアコアCPIは2008年12月以来のマイナス脱却サマリー◆2013年9月の全国CPI(除く生鮮食品)は前年比+0.7%と、市場コンセンサス(同+0.7%)通りの結果となった。上昇幅は前月から縮小したが、これはエネルギーの寄与(コアCPIに対する寄与度、8月:同+0.81%pt→9月:同+0.67%pt)が縮小したことが主な要因。前年の裏の影響で「灯油」、「ガソリン」の上昇幅が前月から縮小した。◆市況要因を除いた物価

ドル高エネルギーが不足 ~マーケット・カルテ2013年11月号

ドル高エネルギーが不足 ~マーケット・カルテ11月号 | ニッセイ基礎研究所 ドル高エネルギーが不足 ~マーケット・カルテ11月号 経済研究部 上席エコノミスト 上野 剛志基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 10月16日、世界を緊迫化させた米財政協議が合意に至った。米政府機関の閉鎖は来年1月半ばまで解除され、債務上限は2月上旬まで実質的に引き上げられた。結果、米国

2013年9月27日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年8月消費者物価

トップレポート・コラム経済分析日本8月消費者物価 ここから本文です8月消費者物価コアCPIは上昇幅拡大サマリー◆2013年8月の全国CPI(除く生鮮食品、以下コアCPI)は、前年比+0.8%となり、市場コンセンサス(同+0.7%)を上回った。コアCPIは3ヶ月連続の上昇となり、上昇幅は前月から拡大した。上昇幅拡大の主な要因は、①エネルギーの押上げ寄与が拡大したことと、②耐久財のマイナス幅が縮小したこと。◆他の財・サービスに関して見ると、サービスは3ヶ月連続の上昇、半耐久財は4ヶ月連続の上昇となっ

2013年9月2日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年7月消費者物価

トップレポート・コラム経済分析日本7月消費者物価 ここから本文です7月消費者物価物価上昇に広がりの兆しサマリー◆2013年7月の全国CPI(除く生鮮食品、以下コアCPI)は、前年比+0.7%となり、市場コンセンサス(同+0.6%)を上回った。コアCPIの上昇幅が拡大した主な要因は、エネルギーの押上げ寄与が拡大したこと。これは、エジプトの政情不安を背景に原油価格が上昇したことに加えて、前年の裏の効果もあって「灯油」、「ガソリン」の上昇幅が拡大したため。◆また、他の財・サービスに関して見ても、サービ

2013年7月29日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年6月消費者物価

トップレポート・コラム経済分析日本6月消費者物価 ここから本文です6月消費者物価コアCPIは1年2ヶ月ぶりの上昇サマリー◆2013年6月の全国CPI(除く生鮮食品、以下コアCPI)は、前年比+0.4%となり、市場コンセンサス(同+0.3%)を上回った。コアCPIの上昇は2012年4月以来、1年2ヶ月ぶり。コアCPIがプラスに転じた主な要因は、エネルギーの押上げ寄与が拡大したこと。これは、「灯油」、「ガソリン」が、前月比ではほぼ横ばいとなる中、前年の裏の影響で前年比では大幅に上昇したため。◆他の財

エネルギー・低炭素化関連技術アンケート

トップPolicy(提言・報告書)環境、エネルギーエネルギー・低炭素化関連技術アンケート結果概要 エネルギー・低炭素化関連技術アンケート結果概要(PDF形式、A3版11ページ)(PDF形式、A3版2ページ) Copyright © 1995-2021. Keidanren. All Rights Reserved.

2013年7月1日大和総研フィードバック数:0社会/政治

2013年5月消費者物価

トップレポート・コラム経済分析日本5月消費者物価 ここから本文です5月消費者物価コアCPIは前年比横ばい、6月にはプラス転換見込みサマリー◆2013年5月の全国CPI(除く生鮮食品、以下コアCPI)は、前年比0.0%となり、市場コンセンサス(同0.0%)通りの結果であった。下落幅縮小の主な要因は、エネルギーの寄与が拡大したこと。これは、関西電力、九州電力の値上げを受けて「電気代」が上昇したことに加えて、前年の裏の影響で「灯油」の上昇幅が拡大、「ガソリン」の下落幅が縮小したため。◆2013年6月の

消費者物価(全国13年5月)~コアCPI上昇率は6月以降プラスへ

消費者物価(全国13年5月)~コアCPI上昇率は6月以降プラスへ | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国13年5月)~コアCPI上昇率は6月以降プラスへ 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPIは7ヵ月ぶりにマイナス圏を脱す・物価下落品目数の割合は11ヵ月連続で50%を上回る・コアCPI上昇率は6月以降プラスへ総務省が

消費者物価(全国13年4月)~東京都区部のコアCPIが4年2ヵ月ぶりの上昇

消費者物価(全国13年4月)~東京都区部のコアCPIが4年2ヵ月ぶりの上昇 | ニッセイ基礎研究所 消費者物価(全国13年4月)~東京都区部のコアCPIが4年2ヵ月ぶりの上昇 経済研究部 経済調査部長 斎藤 太郎基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら ・コアCPIのマイナス幅縮小・物価下落品目数の割合は10ヵ月連続で50%を上回る・東京都区部のコアCPIが4年2ヵ月ぶ

2013年4月1日大和総研フィードバック数:1社会/政治

2月消費者物価

トップレポート・コラム経済分析日本2月消費者物価 ここから本文です2月消費者物価特殊要因でマイナス幅拡大サマリー◆2013年2月の全国CPI(除く生鮮食品、以下コアCPI)は、前年比▲0.3%と下落幅が前月(同▲0.2%)から拡大したものの、市場コンセンサス(同▲0.4%)から若干上振れした。下落幅拡大の主な要因は、昨年2月の基本銘柄変更に伴って押し上げ要因となってきた「テレビ」の影響が剥落したこと。特殊要因による押し下げを割り引けば、コアCPIの下落幅は縮小している。◆ただし、エネルギーの上昇

2013年3月14日経済産業研究所フィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

世界を独走する家庭用燃料電池エネファームの最新状況と展望

世界を独走する家庭用燃料電池エネファームの最新状況と展望柴田 恒雄 (トーコ代表(前 パナソニック燃料電池事業化プロジェクトリーダー)) 安藤 晴彦 (RIETIコンサルティングフェロー/一橋大学特任教授・資源エネルギープロジェクトディレクター) 地球温暖化とともにエネルギー問題が我が国の最重要課題となる中で、家庭で発電と給湯ができる家庭用燃料電池「エネファーム」に世界の注目が集まっている。水素を活用する燃料電池は、炭素のサイクルから脱する「水素社会」構築のカギを握る最重要技術であり、次世代自動

2011年10月25日博報堂★フィードバック数:3製造業/エレクトロニクス

博報堂によるスマートグリッドについての意識調査です。

スマートグリッドに関する生活者調査

第2回「スマートグリッドに関する生活者調査」・スマートグリッドの認知率、過半数の51.0%に。昨年11月の認知率36.4%から14.6ポイント増加。・「スマートグリッドの運用費用」は「個人負担で」と考える人が4割以上に。2011年10月25日博報堂スマートグリッドビジネス推進室では、昨年11月の第1回調査に引き続き、2011年8月に全国の20~60代男女1000名を対象に第2回「スマートグリッドに関する生活者調査」を実施いたしました。このたび、速報がまとまりましたので、その結果をご報告いたします

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お知らせ