調査のチカラ TOP > タグ一覧 > オンライン化

「オンライン化」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年6月11日TDKフィードバック数:0キャリアとスキル

2022卒理系学生「コロナ禍でのオンラインの就職活動に関する調査」オンラインでの就職活動、9割超が経験あり。

2022卒理系学生「コロナ禍でのオンラインの就職活動に関する調査」オンラインでの就職活動、9割超が経験あり。 ・初期フェーズではオンライン、中期~後期ではオフラインが高ニーズ。・「選考日程の柔軟化」「オンライン化」「動画活用」に取り組む企業は高評価。・就活予算の全国平均は6万1千円。最高額エリアは中国・四国地方。 TDK株式会社(社長:石黒 成直)は、2022年に卒業予定の理系学生を対象に、「コロナ禍でのオンラインの就職活動に関する調査」を実施し、344名から回答を得ました。結果は以下の通りで

2021年5月25日ブイキューブ★★フィードバック数:0ビジネス

コロナで急拡大したビジネスイベントのオンライン化に関する実態調査

操作方法・トラブルに関するお問い合わせはサポートへ Web会議・テレビ会議(TV会議)のブイキューブHOMEニュース・お知らせプレスリリース【コロナで急拡大したビジネスイベントのオンライン化に関する実態調査】コロナ収束後も「オンラインによるイベント」を希望する人が8割以上【コロナで急拡大したビジネスイベントのオンライン化に関する実態調査】 コロナ収束後も「オンラインによるイベント」を希望する人が8割以上 〜今後への期待は参加者同士の交流、飽きない仕掛けづくりなど双方向性の高いコミュニケーション

2021年3月19日manebiフィードバック数:0キャリアとスキル

今年の新入社員研修をオンライン化する企業は6割

今年の新入社員研修をオンライン化する企業は6割 ~業種別では「情報通信業」と「運送・輸送業」がオンライン研修の実施が高い傾向に~ オンライン採用/研修プラットフォーム「playse.」を運営する株式会社manebi(東京都千代田区 代表取締役CEO:田島 智也 以下、manebi)は、全国の人事担当者に対して「2021年のオンライン新入社員研修」に関してのアンケートを実施しました。 ​人事担当者の6割以上が今年の新入社員研修を「オンライン研修」または「オンライン研修と対面研修を併用」で実施と回答

2021年3月12日ZENKIGENフィードバック数:0キャリアとスキル

【2022年卒 就職活動に関する意識調査】就職活動のオンライン化、80.8%が歓迎

【2022年卒 就職活動に関する意識調査】就職活動のオンライン化、80.8%が歓迎 〜最終面接まではオンライン選考を希望する学生が多い傾向に〜 【2022年卒 就職活動に関する意識調査】就職活動のオンライン化、80.8%が歓迎 〜最終面接まではオンライン選考を希望する学生が多い傾向に〜 ZENKIGENは、2022年卒業予定の大学生・大学院生260名を対象に就職活動に関する意識調査を実施いたしました。■調査結果サマリー・コロナ禍により変化した就職活動への意識・行動、1位「就職活動の開始時期を早

2021年2月8日CCCマーケティングフィードバック数:0ライフスタイル

【生活者意識調査】誰もが初めて迎えた”ニューノーマルの年末年始” その行動はどう変わったのか

ホーム 総研 【生活者意識調査】誰もが初めて迎えた”ニューノーマルの年末年始” その行動はどう変わったのか【生活者意識調査】誰もが初めて迎えた”ニューノーマルの年末年始” その行動はどう変わったのか 感染拡大が年末年始の恒例行事に与えた影響は? オンライン化は進んだ? 2度目の緊急事態宣言が1都3県(その後7府県が追加)に発令されるというニュースから始まった2021年。新型コロナウイルス感染症が拡大する中で迎える初めての年明けということで、例年とは異なる緊張感を感じているという方も多いのでは

2021年1月12日月刊総務フィードバック数:0キャリアとスキル

73.4%が対面研修のオンライン化に着手したが、うち59.0%がオンライン研修を対面に戻したいと回答

総務の今を知り、これからの総務を創るpowered by 月刊総務 アンケート調査:73.4%が対面研修のオンライン化に着手したが、うち59.0%がオンライン研修を対面に戻したいと回答2020-12-22 14:00 『月刊総務』は、全国の総務担当者を対象に社員研修に関する調査を実施し、113名から回答を得ました。【調査結果 概要】・73.4%が対面研修のオンライン化に着手・59.0%がオンライン研修を対面に戻したい・オンライン研修のメリットは「移動時間の削減」「場所による制約がない」「金銭

2020年11月19日ネクストレベルフィードバック数:0大型消費/投資

結婚・婚活のオンライン化に関する独身男女の意識調査

“婚姻届のデジタル化”は65%が賛成!結婚・婚活のオンライン化に関する独身男女の意識調査 株式会社ネクストレベル(本社所在地:神奈川県横浜市、代表取締役:田中大洋)が運営する『マッチングアプリ大学』(https://jsbs2012.jp/)では、政府が押印を廃止する方針を示した”婚姻届のデジタル化”について、実際に結婚を考えている20歳以上の独身男女347人にアンケート調査を実施しました。またコロナにより急速に進んだ“結婚“や“婚活”のオンライン化に関しても、独身男女はどのように捉え活用しよ

2020年11月9日ジェイックフィードバック数:0キャリアとスキル

若手社員の研修方法に関する人事担当者アンケート

若手社員の研修方法に関する人事担当者アンケート若手社員の研修方法に関する人事担当者アンケート報道関係者各位JAIC2020.10.27若手社員の研修方法に関する人事担当者アンケート オンライン化が進む中、研修自体を延期または中止する中小企業も 若年層向けの就職支援事業を展開する株式会社ジェイック(所在地:東京都千代田区、代表取締役:佐藤剛志)は、「若手社員(20代/新卒含まず)の研修方法」に関するアンケート結果を発表します。回答者は220名(2020年8月14日-8月27日)となります。アンケー

テレワークの影響で変化した業務を調査! 「会議やミーティング」は約8割がオンラインで実施

人材派遣・人材紹介のマンパワーグループ企業向けサービス人材サービス最新情報調査データテレワークの影響で変化した業務を調査! 「会議やミーティング」は約8割がオンラインで実施 テレワークの影響で変化した業務を調査! 「会議やミーティング」は約8割がオンラインで実施2020年10月 6日新型コロナウイルスの対策として、厚生労働省が2020年8月にテレワークの促進策を検討する有識者会議を立ち上げるなど、今後も「テレワーク促進」が進む見通しです。そこで、マンパワーグループでは、オフィスワーカーとして働く

2020年7月31日サイカ★フィードバック数:0マーケティング

テレワーク環境下でのセミナー開催に対する意識調査

企業の広告宣伝担当者201人に聞いた テレワーク環境下でのセミナー開催に対する意識調査外出自粛緩和の動きを受け、6割以上が セミナーをオンラインから対面開催に戻す意向 株式会社サイカ(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:平尾 喜昭、以下サイカ)は、独自の広告調査・研究レポートの第20弾として、「企業の広告宣伝担当者201人に聞いた、テレワーク環境下でのセミナー開催に対する意識調査」を実施いたしましたので結果を発表いたします。 昨今、新型コロナウイルスの感染拡大への対応としてテレワークを取り

2020年7月30日ソニー生命保険★フィードバック数:0ライフスタイル

コミュニケーションに関する意識調査2020

ニュースリリース(2020年度)コミュニケーションに関する意識調査20202020年7月21日このたび、ソニー生命保険株式会社(代表取締役社長 萩本 友男)は、2020年6月17日~6月19日の3日間、15歳~69歳の男女に対し、「コミュニケーションに関する意識調査」をインターネットリサーチで実施し、1,000名の有効サンプルの集計結果を公開しました。(調査協力会社:ネットエイジア株式会社)調査結果 概要【コミュニケーションの際に実践していること】 コミュニケーションの際に気をつけていることTO

2020年7月22日ロコタビフィードバック数:0ライフスタイル

海外在住者が見た新型コロナによる、町の変化と新しい生活様式

【世界10都市】海外在住者が見た新型コロナによる、町の変化と新しい生活様式【海外調査】 イタリアでは国民に健康的な生活を推奨するため「自転車ボーナス」が発案 株式会社ロコタビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:椎谷豊、以下 当社)は、当社が提供している「ロコタビ」に登録している海外在住者を対象に、新型コロナウイルス感染拡大によって変化した「5月から6月の町の様子」について調査レポートインフォグラフィックを公開致しました。 海外と関わる人の課題を解決する事を目的に運営する「ロコタビ」が今できる

2020年5月11日ビズリーチフィードバック数:0キャリアとスキル

新型コロナウイルス感染症拡大を受け、企業の採用担当者へアンケート

トッププレスルームプレスリリース(2020)7割以上が「採用活動のオンライン化」に対応/検討中 うち6割以上が、遠方の候補者との接点増など「メリットがある」と回答 ~新型コロナウイルス感染症拡大を受け、企業の採用担当者へアンケート~ 7割「採用活動のオンライン化」に対応/検討中 うち6割以上、遠方の候補者との接点拡大など「メリットがある」と回答 「ハーモスラボ」がオンライン採用のノウハウを共有するイベントを開催|日時:4/23(木)19時、運営:HRMOSユーザー 株式会社ビズリーチ(所在地:東

2017年11月6日名古屋市役所フィードバック数:0社会/政治

平成29年度情報化に関するアンケート

名古屋市役所 〒460-8508 愛知県名古屋市中区三の丸三丁目1番1号 電話番号:052-961-1111(代表)情報化に関するアンケートについて(調査結果) 情報化に関するアンケート本市の情報化の状況と合わせて、電子申請サービスでより拡充すべき機能やオンライン化すべき手続きのニーズについて市民の皆さまに考えやご意見をお聴きするアンケートを実施しました。ご協力ありがとうございました。調査期間令和元年11月12日(火曜日)から令和元年11月27日(水曜日)調査対象市内に居住する満18歳以上の市

2016年4月13日ランサーズ★★フィードバック数:0キャリアとスキル

フリーランス実態調査2016年版

ランサーズ、フリーランス実態調査2016年版を発表一億総活躍、働き方を自ら選ぶ国内フリーランス人口は1,064万人に!~進むオンライン化、7人に1人がオンラインで仕事を獲得~安倍内閣は、今年5月の一億総活躍プラン策定に向け、官民あげての副業規定の改正や介護離職ゼロに向けた議論を加速させています。働き方への価値観が急激に変化している今、ランサーズは、全国の20-69歳男女(3,000人)を対象に「フリーランス実態調査」を実施しました。本調査では、日本における広義のフリーランス数が1,064万人に達

2015年11月26日Asia Plusフィードバック数:0エンタテインメント

ベトナム人20代若者生活調査

Q&Meはベトナムマーケットを正しく理解する為のマーケットリサーチサービスです。多種多様な新興国ベトナムでは、ベトナム消費者を広く、深く理解することが必要です。Q&Meではベトナム市場のトレンドとインサイトに関わる市場調査を提供し御社のベトナム進出をサポートします。Q&Meは定量調査・定性調査の両方をオンラインで提供する事でベトナム消費者に関する高品質な情報を提供します。定量調査でベトナム人の傾向や考えを知り、定量調査でターゲットとなるベトナム消費者の声にしっかり耳を傾ける。自社でパネリストを管

2015年2月13日Asia Plusフィードバック数:0ライフスタイル海外

ベトナム人女性はテトの為に何を準備するのか

----------------------------ベトナム人女性はテトの為に何を準備するのかテトはベトナム人にとって大切な行事です。ベトナム人女性はどのようにテトの準備をしてどれくらい費やすのでしょうか。 Q&Meはベトナムマーケットを正しく理解する為のマーケットリサーチサービスです。多種多様な新興国ベトナムでは、ベトナム消費者を広く、深く理解することが必要です。Q&Meではベトナム市場のトレンドとインサイトに関わる市場調査を提供し御社のベトナム進出をサポートします。Q&Meは定量調

2014年12月23日総務省フィードバック数:0社会/政治

平成25年度における行政手続オンライン化等の状況

報道資料平成25年度における行政手続オンライン化等の状況行政手続等における情報通信の技術の利用に関する法律(平成14年法律第151号)第10条第2項において、総務大臣は、行政機関等が公表した国民や企業がオンライン等で行うことができる行政手続の状況(以下、「オンライン化の状況」という。)を取りまとめ、その概要を毎年度、公表することとされています。今般、平成25年度におけるオンライン化の状況をとりまとめましたので、その概要を公表します。また、報道資料については自由に利用していただきやすいようPDF形

2013年12月25日総務省フィードバック数:0社会/政治

平成24年度における行政手続オンライン化等の状況

報道資料平成24年度における行政手続オンライン化等の状況行政手続等における情報通信の技術の利用に関する法律(平成14年法律第151号)第10条第2項において、総務大臣は、行政機関等が公表した国民や企業がオンライン等で行うことができる行政手続の状況(以下「オンライン化の状況」という。)を取りまとめ、その概要を毎年度、公表することとされています。今般、平成24年度におけるオンライン化の状況を取りまとめましたので、その概要を公表します。また、報道資料については自由に利用していただきやすいようPDF形式

2012年3月23日総務省フィードバック数:3社会/政治

平成22年度における行政手続オンライン化等の状況

報道資料平成22年度における行政手続オンライン化等の状況行政手続等における情報通信の技術の利用に関する法律(平成14年法律第151号)第10条第2項において、総務大臣は、行政機関等が公表した国民や企業がオンライン等で行うことができる行政手続の状況(以下「オンライン化の状況」という。)を取りまとめ、その概要を毎年度、公表することとされています。今般、平成22年度におけるオンライン化の状況を取りまとめましたので、その概要を公表します。報道資料はこちら 連絡先(国、独立行政法人等関係)行政管理局行

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

お知らせ