調査のチカラ TOP > タグ一覧 > オンライン授業

「オンライン授業」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2022年1月14日白潟総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

Withコロナの就活、リアルとオンラインどちらが選ばれるのか

【Withコロナの就活、リアルとオンラインどちらが選ばれるのか】23卒就活生の53.2%が、会社説明会は「オンライン」を希望。一方、69.4%が最終面接は「リアル」を希望 〜23卒の就活生111名対象、「Withコロナの就職活動」に関する実態調査を実施~ 「中小ベンチャー企業の社長を元気にする!」ために人・組織づくりのコンサルティングを提供する白潟総合研究所株式会社(代表取締役社長:白潟 敏朗)は、23卒の就活生111名に対し、「Withコロナの就職活動」に関する実態調査を実施いたしましたので、

2021年5月6日LABOTフィードバック数:0ライフスタイル

コロナ禍の大学生238人に調査。オンライン授業について「不満」57.6%、「学費が高い」73.3%、「孤独を感じた」76.7%と回答

コロナ禍の大学生238人に調査。オンライン授業について「不満」57.6%、「学費が高い」73.3%、「孤独を感じた」76.7%と回答。また経済的な影響があった学生が 83.5%、10人に1人は「困窮」 一度でも休学を考えた事がある学生は、全体の 60.3% に コロナ禍による、オンライン授業・留学のキャンセル、経済的事情による中途退学を余儀なくされた方への支援活動として、学びや進路に影響を及ぼされている大学生・高校生に対し、無償のプログラミング講座を提供する「CODEGYM Academy」(主

2020年10月23日インタースペースフィードバック数:0ライフスタイル

「コロナウイルス蔓延長期化に伴いママがわが子に対して心配していること」の実態調査

「コロナウイルス蔓延長期化に伴いママがわが子に対して心配していること」の実態調査プレスリリース「コロナウイルス蔓延長期化に伴いママがわが子に対して心配していること」の実態調査2020年09月30日 インターネット広告・メディア運営事業の株式会社インタースペース(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:河端伸一郎、証券コード:2122、以下インタースペース)は、運営する『ママスタまなび』(URL:https://manabi.mamastar.jp/)にて「まなびに関する実態調査」を開始したことをご

新型コロナ禍の教育に関する調査

無料調査レポート クロス・マーケティングで実施した調査レポートを無料で提供しております。 ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。 カテゴリやタグから調査のテーマや内容別に検索することも可能です。 新型コロナ禍の教育に関する調査 2020 / 08 / 12全国20歳~69歳の男女を対象に「新型コロナ禍の教育に関する調査」を実施しました。現在、ほぼすべての小中学校、高等学校で学校が再開となり、各学校で新型コロナウイ

2020年7月31日ニフティフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

コロナ禍で約半数がインターネット利用増|8割以上が安定したネット回線の重要性を実感

【調査結果】コロナ禍で約半数がインターネット利用増|8割以上が安定したネット回線の重要性を実感 新型コロナウイルスの影響でインターネット利用が増え、日々の生活におけるインターネットの重要性が再認識されました。インターネット利用者が増加したことで起きた問題や、自粛期間を通してインターネットに対する意識に変化があったのか。今回、20代~60代の男女4,500人を対象に、IT小ネタ帳で独自調査を行いました。コロナ禍では外出自粛という緊急事態を受け、テレワークやオンライン授業といった新しい取り組みを導入

2020年6月11日日本財団フィードバック数:0ライフスタイル

休校で6割が教育格差を感じる 68%が部活の大会開催を求める/日本財団18歳意識調査

休校で6割が教育格差を感じる 68%が部活の大会開催を求める/日本財団18歳意識調査「学校教育と9月入学」 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休校の長期化を受け、5月下旬、日本財団(会長:笹川陽平)は「学校教育と9月入学」をテーマに26回目の18歳意識調査を実施しました。この結果、休校でもっとも困ったことのトップは学業37.4%、続いて友達とのコミュニケーション20.3%、受験や進学・就職17.8%の順でした。 ▼調査結果ポイント・休校でもっとも困ったこと 3人に1人が「学業」と回答・6割近く

大学生の生活実態に関する詳細調査です。

第46回学生生活実態調査の概要報告

第56回学生生活実態調査の概要報告※データの無断転載はお断りいたします。2021年3月8日はじめに 調査概要とサンプル特性について<調査概要>調査実施時期2020年10~11月(1963年より毎年秋に実施 ※未実施年あり)調査対象全国の国公立および私立大学の学部学生回収数11,028(30大学 回収率32.6%)調査方法Web調査(郵送またはメールで調査依頼し、Web上の画面から回答)調査項目の概要収入・支出、奨学金受給、アルバイト、登校日数、オンライン授業状況、サークル所属、就職活動、大学生活

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

お知らせ