調査のチカラ TOP > タグ一覧 > カテゴリー

「カテゴリー」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2022年1月17日アドビ★★フィードバック数:0ビジネス

2021年のホリデーシーズンにおける米国のオンライン消費額が、過去最高の2,040億ドル(約23兆5,348億円)を記録

2021年のホリデーシーズンにおける米国のオンライン消費額が、過去最高の2,040億ドル(約23兆5,348億円)を記録アドビは本日、2021年のホリデーシーズン(11月1日〜12月31日)における米国での最終的なオンライン消費額を発表しました。これはアドビが追跡しているオンライン経済指標であるAdobe Digital Economy Indexの一環であり、オンラインでの消費者の直接取引を分析することで得られた米国のEコマースの現況を包括的に示します。この分析は、米国の小売サイトへの1兆回以

2021年12月27日博報堂フィードバック数:0ライフスタイル

博報堂生活総研[来月の消費予報・2022年1月](消費意欲指数)

博報堂生活総研[来月の消費予報・2022年1月](消費意欲指数)消費意欲指数は1月における過去5年の最高値に。 コロナ禍の影響は限定的で、消費意向は多くのカテゴリーで前年比増株式会社博報堂(本社·東京)のシンクタンク博報堂生活総合研究所は、20~69歳の男女1,500名を対象に「来月の消費意欲」を点数化してもらうなど、消費の先行きに関する調査を毎月実施。その結果を「来月の消費予報」として発表しています。※12月2-6日に調査 2022年1月の消費意欲指数は51.4点。前月比-4.7ptと低下し、

2021年6月30日インテージ★★フィードバック数:0マーケティング

コロナ禍で売れ続けているものは? 2021年上半期の売れたものランキング

コロナ禍で売れ続けているものは? 2021年上半期の売れたものランキング 2020年の日用消費財市場は、コロナで激変「2020年、今年売れたものランキング」でご紹介した通り、新型コロナウィルスの感染拡大の影響を大きく受けました。その後、市場はどのようになっているのでしょうか。この記事では、全国約6,000店舗より収集している小売店販売データ、SRI+®(全国小売店パネル調査)を用いて集計した、2021年度上半期の売れたものランキングを紹介します。売れたものTOP2は健康増進対策カテゴリー図表1は

2020年12月14日インテージ★★フィードバック数:0社会/政治

コロナが影響 「2020年、今年販売苦戦したランキング」

コロナが影響 「2020年、今年販売苦戦したランキング」 口紅、鎮暈剤、総合感冒薬など化粧品、市販薬中心に行動変化が背景 株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:檜垣 歩、以下インテージ)は、全国約4,000店舗より収集している小売店販売データ、SRI®(全国小売店パネル調査)をもとに、コロナで揺れた今年、日用消費財の販売にどのような変化が生じ、苦戦したカテゴリーがあったかを推定販売金額から振り返る「2020年、今年販売苦戦したランキング」を発表しました。(データは10月分ま

2020年12月7日インテージ★★フィードバック数:0ビジネス

コロナで激変「2020年、今年売れたものランキング」

コロナで激変「2020年、今年売れたものランキング」 1年を通して新型コロナウイルスの影響を大きく受けた2020年。日用消費財市場も例外ではありません。何が特に売れたのか、全国約4,000店舗より収集している小売店販売データ、SRI®(全国小売店パネル調査)で振り返ります。2020年、最も売り上げを伸ばした日用消費財カテゴリー 驚異的な前年比とは?図表1は、今年10月までの販売金額の前年比のランキングです。知るGalleryでは、毎年売れたものランキングを発表しています。2018年までは体にいい

2020年2月13日メルカリ★★フィードバック数:0ライフスタイル

フリマアプリ利用による、新品商品の消費喚起効果は年間約484億円

メルカリ、「フリマアプリ利用による新品商品への消費喚起効果」の実態調査を発表フリマアプリ利用による、新品商品の消費喚起効果は年間約484億円〜フリマアプリで最も流通量が多いファッションは年間約288億円の消費喚起効果〜メルカリ総合研究所(運営:株式会社メルカリ)は、国際大学グローバル・コミュニケーション・センター講師の山口真一氏と、全国の15~69歳を対象に「フリマアプリ利用による新品商品への消費喚起効果」の実態に関する共同調査を実施しました。2019年5月に経済産業省がまとめた調査※1によると

2019年12月26日インテージ★フィードバック数:0ライフスタイル

2019年好調カテゴリーランキング

今年何が売れた? 2019年好調カテゴリーランキング この1年、日用消費財の中で、より買われるようになったものは何だったのでしょうか。国内最大規模の消費者パネル、SCI®(全国消費者パネル調査)と、国内最大規模の小売店パネル、SRI®(全国小売店パネル調査)のデータを元に振り返ります。健康志向を上回ったのは、タピオカのパワー購入額の伸び率ランキング(図表1)で栄えある1位に輝いたのは、前年比131%の「デザートドリンク」。その原動力になったのが、このカテゴリー内にあるタピオカドリンクです。全国各

ブランドに対する「熱狂度」「推奨意向度」や 熱狂者の特性を明らかにする『熱狂ブランド調査 2019』を公開

Titleブランドに対する「熱狂度」「推奨意向度」や 熱狂者の特性を明らかにする『熱狂ブランド調査 2019』を公開 Category プレスリリース DateDec 19, 2019 「ソーシャルエコノミーでワクワクした未来を創る。」をミッションに掲げるトライバルメディアハウス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:池田紀行、以下「トライバル」)は、このたび4年連続の実施となる熱狂ブランド調査』の調査レポートを公開いたしました。2019年度は「定額制音楽配信サービス」を新たに含む20カテゴリー

2019年5月24日Adjust★フィードバック数:0マーケティング

Adjust Global App Trends 2019レポート

Adjustがモバイルアプリ市場の動向を調査・分析したAdjust Global App Trends 2019レポートを発表 日本ではミッドコア及びカジュアルゲームに続きEコマースアプリが人気の高いカテゴリー上位にランクイン アプリはインストール後、最初の1週間で79%のユーザーを失うことが明らかに アドフラウドの被害はEコマースやマッチング、モバイルバンキングアプリにおいて大きいことも判明 インドネシア、ブラジル、韓国がアプリ市場において急成長モバイル計測およびアドフラウド防止の業界リーダー

2018年11月26日メルカリフィードバック数:0マーケティング

フリマアプリ「メルカリ」、初となる50・60代の利用動向

フリマアプリ「メルカリ」、初となる50・60代の利用動向を発表出品1位は「レコード」、購入1位は「ゴルフグッズ」という結果にメルカリは、2018年11月7日に「みんなのかくれ資産調査委員会」より発表された、日本の一般家庭に眠る不要品の総量に関する調査から、「60代以上の女性が最も“かくれ資産”(不要品の二次流通想定額)を保有している」という結果をうけ、帰省や大掃除など家庭内の不要品の整理・処分の機運が高まるのを前に、フリマアプリ「メルカリ」を利用する50・60代の利用動向に関する調査を行いました

2018年8月9日ヤフーフィードバック数:0マーケティング

流行語部門は「大迫半端ないって」「そだねー」「まじ卍」が急上昇! 国民が選んだ賞 「Yahoo!検索大賞2018」中間発表

流行語部門は「大迫半端ないって」「そだねー」「まじ卍」が急上昇! 国民が選んだ賞 「Yahoo!検索大賞2018」中間発表 「パーソンカテゴリー(9部門)」「カルチャーカテゴリー(6部門)」「プロダクトカテゴリー(7部門)」を中間発表ヤフー株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 川邊 健太郎、以下 Yahoo! JAPAN)は本日、「Yahoo!検索」のデータをもとに毎年12月に発表している、前年と比べ検索数が最も急上昇した人物、作品、製品などを表彰する「Yahoo!検索大賞」の中間発表を行

2018年4月6日サントリーフィードバック数:0ライフスタイル

RTDに関する消費者飲用実態調査

RTDに関する消費者飲用実態調査 サントリーRTDレポート2018― 自宅で飲む機会が最も増えたお酒はRTD ― ― ビールとRTDを併飲する人は、高アルRTDを選ぶ傾向 ― ― “プレミアムRTD”へのニーズ高まる ―  RTD市場は、2017年まで10年連続で伸長し、2018年も前年を上回ると見込まれます。こうした中、サントリースピリッツ(株)は、RTDに関する消費者飲用実態調査を実施しました。〈本レポートのトピック〉 I.RTD市場について II.消費者飲用実態調査 (1)自宅で飲む機会が

2018年2月16日イノベーションフィードバック数:0企業情報システム

ITトレンド年間ランキング2017

資料請求リストに製品が追加されていません。 2017年、ITトレンドでユーザーから最もお問い合わせが多かった製品を発表する「ITトレンド年間ランキング」。ITトレンドユーザーに最も支持されたIT製品はどの製品か?各カテゴリー毎に紹介します。※ランキング結果は2017年1月1日~11月30日までの期間の資料請求数を基に集計しています。 従業員規模、提供形態は2017年11月30日時点の情報です。 IT製品・サービスの比較・資料請求が無料でできる、ITトレンド。こちらのページでは、2017年

Connected Life(コネクテッド・ライフ)2017

2017.12.08疑い深い日本人!? eコマースへは着実に浸透しているものの、モバイルコマースの利用はまだ低調。/「Connected Life(コネクテッド・ライフ)2017」最新版レポート公開 近年、eコマース市場の動きは非常に大きく、アジア・太平洋地域においても、年々驚くほどの成長を遂げています。ここでは、今後の市場動向を見極める材料として、eコマース市場に関連する「Connected Life(コネクテッド・ライフ)」調査のデータを、一部ご紹介いたします。* 「Connected Li

2018年1月15日インテージフィードバック数:0マーケティング

発表!2017年好調カテゴリーランキング 今年は何が売れた!?

発表!2017年好調カテゴリーランキング 今年は何が売れた!? 2017年、日用消費財の中ではどのようなカテゴリーが好調だったのでしょう。販売データでランキングを振り返るとともに、上位にランクインした「甘酒」「もち麦」について、生活者の飲食頻度やアレンジ方法など、好調の背景を明らかにすべく意識調査(16~59歳の男女2,208人を対象)を実施しました。2017年にヒットしたカテゴリーは?2017年に消費者の平均購入金額が増加したカテゴリーを見てみると、伸び率トップ3には、「甘酒」「トマトジュース

2018年1月5日矢野経済研究所フィードバック数:0社会/政治

飲料市場に関する調査を実施(2017年)

レポートについてのご意見やご要望を受け付けています 飲料市場に関する調査を実施(2017年) ~2016年度は5兆円突破、2017年度は微増予測も懸念材料も散見~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の飲料市場の調査を実施した。1.調査期間:2017年7月~10月2.調査対象:飲料メーカー、販売企業等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話によるヒアリング、ならびに文献調査併用<飲料市場とは>本調査における飲料市場とは、炭酸飲料やコーヒー飲料、ミネラルウォーター、果汁

2017年11月13日日経BP★フィードバック数:0マーケティング

〔PC編〕全国大学サイト・ユーザビリティ調査 2017-2018

レポート/ケーススタディレポート/ケーススタディ当社運営の CCL.が、コーポレート・コミュニケーションの仕事に役立つ情報を発信します。 ソリューションソリューション当社が企業・団体へご提供するコミュニケーション施策は、ブランド、デジタル、コンテンツの3つの切り口で皆様の事業目的に貢献します。 企業情報企業情報日経BPコンサルティングは日経BPの100%子会社です。 最新情報最新情報ブランド調査の最新結果はニュースリリースをご覧ください。 お問い合わせ 〔PC編〕全国大学サイト・

2017年8月10日イノベーション★★フィードバック数:0企業情報システム

IT製品の上半期ランキング

資料請求リストに製品が追加されていません。 2017年上半期、ITトレンドでユーザーから最もお問い合わせが多かった製品を発表する「ITトレンド上半期ランキング」。ITトレンドユーザーに最も支持されたIT製品はどの製品か?各カテゴリー毎に紹介します。※ランキング結果は2017年1月1日~5月31日までの期間の資料請求数をもとに集計しています。 IT製品・サービスの比較・資料請求が無料でできる、ITトレンド。こちらのページでは、2017年上半期(1月~5月)の人気製品ランキングをご紹介してい

2016年12月15日ブックウォーカーフィードバック数:0エンタテインメント

BOOK☆WALKER 2016年間ランキングTOP100

BOOK☆WALKERで販売中の300,000点を超える作品の中から、もっとも読まれているタイトルTOP100を発表!みなさんの愛読書は何位にあるでしょうか? 同時に各カテゴリー別のランキングも20位まで発表します!<集計期間:2015年11月16日~2016年11月15日>

2016年12月6日博報堂フィードバック数:0マーケティング

[来月の消費予報・2016年12月](消費意欲指数)

博報堂生活総研[来月の消費予報・12月](消費意欲指数)2016.11.25消費意欲指数は56.1点。低調が続いた前月までとは一転、 2012年4月の調査開始以来、歴代2位の高スコアとなりました。株式会社博報堂(本社・東京)のシンクタンク博報堂生活総合研究所は、20~69歳の男女1,500名を対象に「来月の消費意欲」を点数化してもらうなど、消費の先行きに関する調査を毎月実施。 その結果を「来月の消費予報」として発表しています。 12月の消費意欲指数は56.1点で、前月比+9.4ポイント、前年同月

2016年11月5日日経BPフィードバック数:0マーケティング

〔PC編〕全国大学サイト・ユーザビリティ調査 2016-2017

レポート/ケーススタディレポート/ケーススタディ当社運営の CCL.が、コーポレート・コミュニケーションの仕事に役立つ情報を発信します。 ソリューションソリューション当社が企業・団体へご提供するコミュニケーション施策は、ブランド、デジタル、コンテンツの3つの切り口で皆様の事業目的に貢献します。 企業情報企業情報日経BPコンサルティングは日経BPの100%子会社です。 最新情報最新情報ブランド調査の最新結果はニュースリリースをご覧ください。 お問い合わせ スマホ対応を進めるとPCサ

2016年10月25日三協立山フィードバック数:0大型消費/投資

玄関空間の“健康度”(満足度)に関する意識調査

〜 玄関空間の「健康度」に関する意識調査 〜玄関空間は「重要な場」だが、現状に「満足」している人は3割のみ。理想は 「明るい」・「広い(スペース・収納)」・「風通しが良い」  三協立山株式会社・三協アルミ社は、新玄関ドア「ファノーバ」の発売(2016年5月)に伴い、2016年8月に、30〜50代の既婚女性を対象にした「玄関空間の“健康度”(※1)に関する意識調査」を実施しました。“健康度”とは、自宅の玄関空間に不満や直したい箇所がなく、満足している状態を「非常に健康である/健康である」、1つ2つ

2015年9月17日矢野経済研究所フィードバック数:0ライフスタイル

飲料市場に関する調査結果 2015

レポートについてのご意見やご要望を受け付けています 飲料市場に関する調査結果 2015 ~2014年度は5年振りに市場縮小、2015年度はプラスに転じると予測~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の飲料市場の調査を実施した。1.調査期間:2015年6月~8月2.調査対象:飲料メーカー、販売企業等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話によるヒアリング、ならびに文献調査併用<飲料市場とは>本調査における飲料市場とは、炭酸飲料やコーヒー飲料、ミネラルウォーター、果汁入

2015年9月3日J.D. Powerフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2015年日本自動車初期品質調査

車両全般の不具合は改善傾向にあるものの、テクノロジー領域の不具合指摘が増加 日本の新車初期品質のセグメント別ランキングではトヨタと日産それぞれが2モデルでセグメント1位ブランドランキングではトヨタが1位 東京:2015年8月27日 ― 前年に比べ車両全体の不具合指摘は減少しているものの、ナビゲーションシステムに加え、音声認識やブルートゥースシステムといったテクノロジー領域の不具合指摘が増える傾向にあることが、J.D. パワー アジア・パシフィック2015年日本自動車初期品質調査SM(Initi

2015年6月18日J.D. Powerフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

2015年米国自動車初期品質調査(IQS)

車両全般の不具合は改善傾向にあるものの、テクノロジー領域の不具合指摘が増加 日本の新車初期品質のセグメント別ランキングではトヨタと日産それぞれが2モデルでセグメント1位ブランドランキングではトヨタが1位 東京:2015年8月27日 ― 前年に比べ車両全体の不具合指摘は減少しているものの、ナビゲーションシステムに加え、音声認識やブルートゥースシステムといったテクノロジー領域の不具合指摘が増える傾向にあることが、J.D. パワー アジア・パシフィック2015年日本自動車初期品質調査SM(Initi

2015年1月12日アスマークフィードバック数:0マーケティング

通信販売に関する調査

「通信販売」に関するアンケート調査通信販売での商品購入、その決定理由の上位は「価格が安かった」「信頼できるメーカー・ブランドだった」店頭に足を運ぶことなく、商品を購入することが出来る「通信販売」。現在では、様々なものが通信販売で購入できるようになった。実際に通信販売利用経験者は、どのような商品をどのような媒体で購入し、どこにメリット・デメリットを感じているのだろうか。そこで今回は、女性375名を対象に「通信販売」に関する調査を行った。今回の調査では、「食品」「飲料(アルコール含む)」「衣料品」「

2014年9月10日協同宣伝★フィードバック数:0マーケティング

シニアの消費への子どもからの影響です。

「60代以上の高齢層」市場の突破口として彼らの「子供」に注目  “娘印の情報”が最大の拠点 ~最強ナビゲーター「娘」を狙え!

≪マーケティングフォーサイト≫ 「60代以上の高齢層」市場の... ≪マーケティングフォーサイト≫「60代以上の高齢層」市場の突破口として彼らの「子供」に注目“娘印の情報”が最大の拠点 ~最強ナビゲーター「娘」を狙え! 株式会社協同宣伝、株式会社精クリエイティブ、株式会社市場開発研究所、アイブリッジ株式会社の4社コラボレーションによる、マーケティングフォーサイト研究会『コレカラボ』は、フォーサイト第2弾として、時代の要請テーマとも言うべき「高齢層(特に「定年」以降で団塊世代も含まれる60代

2013年7月11日東洋経済新報社フィードバック数:136大型消費/投資

部門別「住みよさランキング2013」(上)

「安心度」「利便度」で野々市(石川)が2冠部門別「住みよさランキング2013」(上) 金沢工業大学も立地する野々市市が2部門で首位となった(撮影:尾形文繁) カテゴリー別で見ると、まず「安心度」では昨年5位の野々市市(石川)が1位を獲得。野々市市は金沢市の20%通勤圏に該当し、今回は構成する3指標のうち、「人口当たり病院・一般診療所病床数」で補正を行い金沢市の数値を採用したことから、同指標の順位が昨年の352位から109位に上昇したことが最大の要因だ。同市の人口構成は若い世代の比率が高く「1

2011年12月6日博報堂★フィードバック数:7マーケティング

震災を受けての意識の変化についての調査。興味のある製品ランキングも含まれます。

2011→2012消費動向レポート「幸福分母の改新」

2011→2012消費動向レポート「幸福分母の改新」2011年12月6日 博報堂研究開発局では、生活者が関心を示したと思われるモノやサービスの事例を新聞・雑誌・webなどから収集し、消費行動に潜む意識変化を分析しております。本年のレポートは、2012年以降へ向けて大きな潮流となりそうな生活者欲求の特徴を、【幸福分母の改新】というキイワードでまとめました。今回の分析に併用した【興味度ランキング】【消費に関わる生活者調査】の内容も、あわせてご紹介いたします。 東日本大震災とそれに伴うエネルギー危機は

2011年8月25日comScore★フィードバック数:134マーケティング

ブログサイトへのアクセス状況についてのデータです。

SNS大隆盛時代を迎えても、日本はまだまだ「ブログ大国」!

アーカイブプレスリリースSNS大隆盛時代を迎えても、日本はまだまだ「ブログ大国」!日本のインターネットユーザーはブログ閲覧に割く時間が引き続き世界最長クラス2011年8月24日 - コムスコア・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 西谷大蔵、以下コムスコア)は本日、PC版ネット視聴率調査データベースの「メディア・メトリックス(MMX)」サービスを通じて分析された日本のブログ利用に関するレポートをリリースしました。同レポートによると、2011年6月の1ヶ月間に日本の全インターネット人

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

日付で探す

  2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お知らせ