「キプロス」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

関連タグ

2014年10月3日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

ディストレスファンド化するECB

トップレポート・コラム経済分析欧州ディストレスファンド化するECB ここから本文ですディストレスファンド化するECBギリシャ、キプロスの資産担保証券(ABS)も条件付きで対象にロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト(LDN駐在) 菅野 泰夫 サマリー◆10月2日、欧州中央銀行 (ECB) は定例の理事会を開き、政策金利である主要オペ金利を0.05%に据え置く決定をした。また同様に、上限政策金利である限界貸出金利および下限金利である中央銀行預金金利をそれぞれ0.3%、マイナス0.2%と据え置

落ち着きを取り戻したユーロ圏の市場と財政危機の今後~足元で高まるキプロスを巡る不透明感~

落ち着きを取り戻したユーロ圏の市場と財政危機の今後~足元で高まるキプロスを巡る不透明感~

2013年5月1日大和総研フィードバック数:2社会/政治海外

ユーロ圏危機はいつ、どのように再燃するのか

トップレポート・コラム経済分析欧州ユーロ圏危機はいつ、どのように再燃するのか ここから本文ですユーロ圏危機はいつ、どのように再燃するのかドイツ総選挙が「蓋」を外す?サマリー◆2か月に及んだイタリアの政治空白、キプロスの預金課税騒動などにもかかわらず、欧州金融市場の安定は維持されている。しかし、このことはユーロ圏危機が収束に向かっていることを意味するわけではない。危機は蓋をされているだけである。◆蓋の一つが世界的な金融緩和、第二が米国を核とした景気回復であり、もう一つの大きな蓋が9月に予定されるド

キプロスがユーロ圏に投げかけた波紋~様々な影響拡大の可能性~

キプロスがユーロ圏に投げかけた波紋~様々な影響拡大の可能性~

過剰なマクロ不均衡是正を求められたスペインとスロベニア

過剰なマクロ不均衡是正を求められたスペインとスロベニア | ニッセイ基礎研究所 過剰なマクロ不均衡是正を求められたスペインとスロベニア 経済研究部 研究理事 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら 日銀の異次元の金融政策決定後、多くのユーロ参加国の国債利回りは低下、ユーロ高も進んだが、ユーロ圏では不安材料が次々と表面化、景気の重石となっている。イタリアでは

2013年4月22日大和総研フィードバック数:1社会/政治海外

欧州経済見通し 景況感改善が腰折れ

トップレポート・コラム経済分析欧州欧州経済見通し 景況感改善が腰折れ ここから本文です欧州経済見通し 景況感改善が腰折れユーロ圏周縁国には思いがけない金利低下の恩恵サマリー◆ユーロ圏景気は2012年10-12月期に大きく落ち込んだあと、2013年1、2月は下げ止まりの兆しが見られる。ただし、2月まで改善傾向にあった企業景況感は3月に悪化し、先行きの見通しが晴れたとは言い難い。イタリア総選挙後の政局膠着、キプロス救済問題の混迷というユーロ圏内の攪乱要因に加え、頼みの輸出に関しても景況感を上向かせる

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter

お知らせ