調査のチカラ TOP > タグ一覧 > キャッシュ

「キャッシュ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2021年3月12日矢野経済研究所フィードバック数:0大型消費/投資

クレジットカード市場に関する調査を実施(2020年)

レポートについてのご意見やご要望を受け付けています クレジットカード市場に関する調査を実施(2020年) クレジットカード市場、2025年度には約109兆円に達すると予測 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、クレジットカード市場を調査し、現況、参入企業の動向、および将来展望を明らかにした。1.市場概況2019年度のクレジットカード市場規模(クレジットカードショッピング取扱高ベース)は、約70兆円まで拡大した。消費税率引上げ前の駆け込み需要や政府の推進するキャッシュレス・消

QRコード決済の利用率が初めて50%を突破

QRコード決済の利用率が初めて50%を突破 -インフキュリオン、「決済動向2020年12月調査」を発表 - 株式会社インフキュリオン(本社:東京都千代田区、代表取締役:丸山 弘毅)は、「決済動向2020年12月調査」を実施しました。今回は、全国の16歳〜69歳男女5,000人を対象に、各キャッシュレス決済の利用動向(利用金額や利用回数)やニューノーマルにおけるデジタルシフトに関して調査しました。 2019年10月以降急速に拡大している、QRコード決済の利用率が調査開始以来初めて50%を超え、若年

年末年始の高額出費では、約半数が“お得なキャッシュレス決済”を活用予定 【年末年始の出費事情の実態調査】

× 閉じるおすすめコンテンツ 目的別クレジットカード ナビクレについて/ 年末年始の高額出費では、約半数が“お得なキャッシュレス決済”を活用予定 【年末年始の出費事情の実態調査】 年末年始の高額出費では、約半数が“お得なキャッシュレス決済”を活用予定 【年末年始の出費事情の実態調査】 株式会社エイチームのグループ会社で、お金の不安を解消するための様々な情報やサービスを提供する株式会社エイチームフィナジー(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:林和樹)は、代から代以上の男女名に、「年末年始の出費

2021年1月12日三井住友カードフィードバック数:0ライフスタイル

あなたはどのくらい分かる?世代別キャッシュレス決済の理解度調査!

キャッシュレス決済の基礎知識・最新情報をお届けします。 あなたはどのくらい分かる?世代別キャッシュレス決済の理解度調査! 小銭の受け渡しもなくサッとお会計ができる「キャッシュレス決済」。国をあげて利用を促進しているからか、毎日の暮らしに、かなり根付いてきましたね。しかしひとくちにキャッシュレス決済といっても、多種多様な種類があるのも事実。そこで今回はキャッシュレス決済の「理解度」をクイズ形式で徹底調査!あなたは何問正解できるでしょうか?世代別の正解率と見比べて、ご自身のキャッシュレス決済理解度が

2021年1月11日MMDLaboフィードバック数:0大型消費/投資

キャッシュレス利用者の3割以上がキャッシュレス未対応が理由で来店をやめたことがある キャッシュレス決済、普及の体感は61.3%、期待は60.3%

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > キャッシュレス利用者の3割以上がキャッシュレス未対応が理由で来店をやめたことがある キャッシュレス決済、普及の体感は61.3%、期待は60.3% キャッシュレス利用者の3割以上がキャッシュレス未対応が理由で来店をやめたことがある キャッシュレス決済、普及の体感は61.3%、期待は60.3% MMD研究所は、Square株式会社(以下Squ

2021年1月7日ビッグローブフィードバック数:0ライフスタイル

新型コロナウイルス感染拡大により「節約志向」8割「2020年に関する意識調査」第1弾~2020年は「外食」や「娯楽」にかける費用が大幅に減少~

プレスルーム新型コロナウイルス感染拡大により「節約志向」8割 BIGLOBEが「2020年に関する意識調査」第1弾を発表~2020年は「外食」や「娯楽」にかける費用が大幅に減少~ビッグローブ株式会社BIGLOBEは、「2020年に関する意識調査」を実施しました。本日、調査結果から第1弾として、主に2020年の消費に関する結果を発表します。本調査は、全国の20代~60代の男女1,000人を対象にアンケート形式で実施しました。調査日は2020年11月26日~11月27日、調査方法はインターネット調査

今でも現金払い派の560人の調査から見るキャッシュレスに移行しない理由の調査レポート

今でも現金払い派の560人の調査から見るキャッシュレスに移行しない理由の調査レポートキャッシュレス推進事業からのコロナ渦の影響から、多くの人が現金払いではなく、キャッシュレス決済へと移行しています。キャッシュレス決済へ移行した方は、以前の調査にて85%も増えていることがわかりましたが、一方で未だに現金払いを続けている方も多くいます。そこで、Office Withの運営するカードレビュードットコム(URL:https://review.card-shinsa.com/)では、560人を対象に現金払

2020年12月14日Office Withフィードバック数:0ライフスタイル

コロナ禍だからこそ「病院はキャッシュレスに対応してほしい!」と44%の人が回答

コロナ禍だからこそ「病院はキャッシュレスに対応してほしい!」と44%の人が回答|キャッシュレス調査アンケートで85%の人が前年よりキャッシュレス決済が増加 〜 《44%の人が希望している!》なぜここがキャッシュレス決済にならないのか〜 Office With(所在地:大阪府大阪市、代表:梅本健一)は、キャッシュレス決済人口の調査に加え、利用している決済ツールやキャッシュレス対応になってほしい場所を調査した結果、今こそ病院や調剤薬局がキャッシュレスに対応するべきと44%の人が回答したことが判明しま

2020年12月11日マクロミルフィードバック数:0ライフスタイル

あなたはキャッシュレス社会に賛成?反対?~コロナ禍で進むキャッシュレス志向~

HoNote(ホノテ)とは、消費者のHonto(本当)やHonne(ホンネ)がわかるNote(ノート)です。 市場調査レポートや、調査ノウハウ、マーケティングに役立つポイントなどを掲載。 これから調査を始めたいと考えている方や、マーケティングリサーチの初心者をはじめ、マーケターや商品開発担当者など、消費者の声や行動をビジネスに役立てる方に向け情報をご紹介しています。運営元 : Macromill ジャスミン冷静沈着をこころがけているはずがいつも何かしら抜けている永遠の28歳。実年齢は… トコナ

2020年12月8日三井住友カードフィードバック数:0ライフスタイル

シニア世代の67%がキャッシュレス派!令和シニアのキャッシュレス事情を徹底調査

キャッシュレス決済の基礎知識・最新情報をお届けします。 シニア世代の67%がキャッシュレス派!令和シニアのキャッシュレス事情を徹底調査シニアが最もよく利用する決済方法は、クレジットカードが49%でTOP 「シニア世代では、やはり現金派が一番多いのでは…」そんな予想も抱きつつ、60~70代のシニア世代に決済方法についてのアンケートをとってみました。まず「ふだんの買物で一番多く利用する決済方法は?」という質問をすると、シニア世代が最も多く利用している決済方法は現金ではなく、クレジットカードだというこ

2020年10月8日ジェーシービーフィードバック数:0ライフスタイル

新しい生活様式が定着?おうち時間改革元年の兆しに!1000人に聞いた「令和2年 みんなのおうち時間」

JCB「令和2年みんなのおうち時間」発表会にみちょぱさんが登場 おうち時間は「キャッシュレス利用が増え、母に冷蔵庫を購入した」 コロナ禍での挑戦は最初で最後!?のハート形ハンバーグ調理!~男女1,000人に聞いた新しい生活様式の実態調査のユニークな結果も発表「今の10代は私より美容に厳しい」など鋭い洞察力で意外な回答結果にも的中 ~ 株式会社ジェーシービー2020年9月15日 株式会社ジェーシービー(本社:東京都港区、代表取締役会長兼執行役員社長:浜川一郎、以下:JCB)は、コロナ禍における新し

2020年10月6日アイブリッジ★フィードバック数:0ライフスタイル

新しい生活に関するアンケート。キャッシュレス決済利用が3割増加!

新しい生活に関するアンケート。キャッシュレス決済利用が3割増加!アイブリッジ株式会社が展開するセルフ型アンケートツール“フリージー”では、約450万人のモニター会員を活用し、20~60代男女、会社員を対象に、「新しい生活」に関する調査を実施いたしました。調査名:「新しい生活」に関するアンケート 調査対象:20~60代男女、会社員、合計1,000名 調査期間:2020年9月18日~9月20日はじめに新型コロナウイルス感染拡大により、新型コロナウイルス感染症専門家会議からの提言(5月4日)がなされる

若者のキャッシュレス決済利用実態を調査!

若者のキャッシュレス決済利用実態を調査!株式会社SHIBUYA109エンタテイメント(本社:東京都渋谷区、社長:木村 知郎)が運営する若者マーケティング研究機関『SHIBUYA109 lab.(読み:シブヤイチマルキューラボ)』は、around20(20歳前後)男女を対象に、「若者の決済方法に関する実態」ついて調査を行いました。

キャッシュレス決済に関する調査

無料調査レポート クロス・マーケティングで実施した調査レポートを無料で提供しております。 ダウンロードしたい無料調査レポートの「Download」にチェックをつけて、「ダウンロードに進む」をクリックしてください。 カテゴリやタグから調査のテーマや内容別に検索することも可能です。 キャッシュレス決済に関する調査 2020 / 09 / 14 全国18歳~69歳の男女2000人を対象に「キャッシュレス決済に関する調査」を実施しました。2018年4月に経済産業省より「キャッシュレス・ビジョン」が策定さ

2020年9月10日ビッグローブ★フィードバック数:0ライフスタイル

withコロナにおけるキャッシュレスの利用実態調査

プレスルーム新型コロナウイルスの影響でキャッシュレス利用増が3割 ジー・プランとBIGLOBEが「キャッシュレス利用実態調査」を発表~利用頻度はクレジットカード、交通系、流通系に続きPayPay 高齢層は感染症対策、中年層はポイント還元がきっかけに~ジー・プラン株式会社 ビッグローブ株式会社国内最大級のポイント交換サービス「Gポイント」を運営するジー・プラン株式会社(以下、ジー・プラン)とBIGLOBEは、「withコロナにおけるキャッシュレスの利用実態調査」を実施しました。本調査は、インターネ

2020年9月8日GVフィードバック数:0大型消費/投資

キャッシュレス時代、それでもクレジットカードを持たない理由とは?

キャッシュレス時代、それでもクレジットカードを持たない理由とは?経済産業省が策定する「キャッシュレス・ビジョン」では、2025年に向けてキャッシュレス決済比率目標を40%と掲げ急成長を見せていますが、未だ約20%台にとどまる背景には、現金への高い信頼やキャッシュレスに対するセキュリティ面の不安等、様々な要因があります。一方、キャッシュレス決済の中ではクレジットカードが大半を占めており発行枚数と利用金額ともに増加傾向にあります。まねーぶ調べでは、クレジットカード非保有者643人に意識調査を行い、ク

2020年8月21日三井住友カードフィードバック数:0ライフスタイル

中高生とキャッシュレスの実態

キャッシュレス決済の基礎知識・最新情報をお届けします。 Have a good Cashless.基礎知識高校生は2人に1人がキャッシュレス決済利用者。令和の中高生のキャッシュレス事情は?高校生は2人に1人がキャッシュレス決済利用者。令和の中高生のキャッシュレス事情は? クレジットカードをはじめ電子マネーやスマートフォンのQRコード決済など、多くのキャッシュレス決済が揃う今日このごろ。今回は中高生を子に持つ親500名とその子どもたちに、キャッシュレス決済に関するさまざまな質問をしてみました。「中

2020年8月19日マネーフォワードフィードバック数:0ライフスタイル

「マイナンバーカード・マイナポイントに関する意識調査」を実施

「マイナンバーカード・マイナポイントに関する意識調査」を実施マイナポイントに登録するキャッシュレス決済サービスの選定理由は、7割が「普段の支払いでよく使う決済サービス」と回答、登録した決済サービスの1位は「PayPay」 株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO: 辻庸介、以下「当社」)は、お金の見える化サービス『マネーフォワード ME』の利用者10,000名を対象に、「マイナンバーカード・マイナポイントに関する意識調査」を実施しました。調査の結果、約8割がマイナポイント

2020年8月17日マネーフォワードフィードバック数:0ライフスタイル

「マイナンバーカード・マイナポイントに関する意識調査」を実施

「マイナンバーカード・マイナポイントに関する意識調査」を実施マイナポイントに登録するキャッシュレス決済サービスの選定理由は、7割が「普段の支払いでよく使う決済サービス」と回答、登録した決済サービスの1位は「PayPay」 株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO: 辻庸介、以下「当社」)は、お金の見える化サービス『マネーフォワード ME』の利用者10,000名を対象に、「マイナンバーカード・マイナポイントに関する意識調査」を実施しました。調査の結果、約8割がマイナポイント

2020年8月14日キュービックフィードバック数:0ビジネス

【コロナ禍のキャッシュレス事情調査】事業者の9割がキャッシュレスの消費者還元事業に効果を感じず

2020.08.31 ​​【コロナ禍のキャッシュレス事情調査】キャッシュレス決済未導入の店舗のうち、4割は手数料負担を懸念 2020年8月31日株式会社キュービック 株式会社キュービック(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:世一英仁、以下「キュービック」)が運営しているクレジットカードの総合情報サイト『CREVIEW(クレビュー)』に設けられた研究機関『キャッシュレスラボ』では、キャッシュレスに関するリアルな本音を調査しています。今回は、2020年6月末で終了したキャッシュレス決済による消費者

2020年7月28日インフキュリオンフィードバック数:0マーケティング要登録

QRコード決済の利用率は48%。外出自粛期間の影響で、約30%が消費行動に変化

QRコード決済の利用率は48%。 外出自粛期間の影響で、44%が消費行動に変化インフキュリオン、「決済動向2020年6月調査」を発表 株式会社インフキュリオン(本社:東京都千代田区、代表取締役:丸山 弘毅)は、新型コロナウイルス感染拡大や2020年6月に終了した「キャッシュレス・消費者還元事業(※)」に伴う、キャッシュレス決済利用の変化を調査しました。調査では、全体の半数の方がQRコード決済を利用していることが分かりました。また、キャッシュレス決済はポイント等の特典が有利だからという点に加え利便

2020年7月17日NEXERフィードバック数:0ライフスタイル

【キャッシュレス】まったく現金を使わない人は4.0%

/ / 【キャッシュレス】まったく現金を使わない人は4.0%【キャッシュレス】まったく現金を使わない人は4.0%キャッシュレス決済を利用していますか?2019年10月の増税に伴って始まったキャッシュレス・ポイント還元事業が、2020年6月いっぱいで終了しました。キャッシュレス化の推進などを目的に、一部対象店舗の利用で、利用額の最大5%が還元されるというもので、期間中は意識的にキャッシュレス決済を利用していた方も多いのではないでしょうか。今回は、全国の男女550名ずつを対象にキャッシュレス決済に

2020年7月17日アスマークフィードバック数:0ライフスタイル

新型コロナウイルスによるシニアのライフスタイルの変遷について

新型コロナウイルスによるシニアのライフスタイルの変遷について 新型コロナウイルスによるシニアのライフスタイルの変遷について新型コロナウイルスによるシニアのライフスタイルの変遷について首都圏在住の60代・70代女性はキャッシュレスやインターネット、宅配などのツールを積極的に活用新型コロナウイルスによる影響を受け、地域世代問わず、ライフスタイルにおける未知なる変化が起こりました。今回は60~70代の全国シニア世代の生活変遷へ焦点を当て、コロナ前後の行動や気持ちのコントラストを調査。シニアが自宅でど

2020年7月16日楽天インサイトフィードバック数:0大型消費/投資

キャッシュレス決済に関する調査

『キャッシュレス決済を最も利用する人の理由は「ポイントが貯まり、使えるから」が約8割。「ポイント還元制度」終了後であってもキャッシュレス決済を利用したい人は7割超』キャッシュレス決済に関する調査 2020年7月2日楽天インサイト株式会社は、「キャッシュレスに関する調査」(注)をインターネットで実施しました。今回の調査は、2020年6月8日(月)から6月10日(水)の3日間、楽天インサイトに登録しているモニター(約220万人)の中から、全国の20代から60代の男女1,000人を対象に行いました。(

2020年7月1日GVフィードバック数:0ライフスタイル

消費活性化策「マイナポイント事業」の期待度は50.2%、申込方法に懸念

【消費者意識調査】消費活性化策「マイナポイント事業」の期待度は50.2%、申込方法に懸念今年9月から、消費活性化とマイナンバーカードの普及、キャッシュレス決済基盤の構築を目的とした「マイナポイント事業」が開始されます。(総務省マイナポイント事業より)同事業を利用するにあたってマイナンバーカードを使った事前予約と申込が必要ですが、マイナンバーカードの交付率は全国で16.8%という状況です。(令和2年6月1日現在)株式会社エムズコミュニケイト代表取締役社長 岡田祐子氏監修のもと、全国消費者1,000

2020年4月1日ジェーシービーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

キャッシュレスに関する調査

日本全国、決済手段を選ぶ上で最も重視するのは「安全・安心」最も安全だと思うキャッシュレス決済第1位は「クレジットカード」安全・安心の正体は「盗難時の補償」「不正検知システム」「本人認証サービス」と判明 ~“安心”重視の「滋賀県」「埼玉県」「徳島県」、“おトク”重視の「福島県」「愛知県」「沖縄県」など、決済手段選びには地域差が存在~ 株式会社ジェーシービー (本社:東京都港区、代表取締役会長兼執行役員社長:浜川 一郎、以下:JCB)は、決済手段の「安全・安心」に関して、全国47都道府県の20~60

2020年3月12日メルペイ★フィードバック数:0大型消費/投資

3月12日は「財布の日」!キャッシュレス化とファッショントレンドに相関!?

<メルペイ NEWS LETTER>3月12日は「財布の日」!キャッシュレス化とファッショントレンドに相関!?メルカリ内では2年で「ミニ財布」の出品が約2.5倍に増加! キャッシュレス時代のスマートな「ミニ財布」の新定番もご紹介株式会社メルペイは、本サービスとフリマアプリ「メルカリ」内においてみられた事象をレポート形式にまとめ、キャッシュレスにまつわる様々なトピックをお届けいたします。今回は、3月12日が「財布の日」ということで、キャッシュレスとファッションをテーマにキャッシュレス化にまつわる身

2020年2月19日LINEフィードバック数:0モバイル

【LINEリサーチ】キャッシュレス時代到来か。スマホ・モバイル決済サービスの利用が昨対比2倍に。(2019年12月調査)

【LINEリサーチ】キャッシュレス時代到来か。スマホ・モバイル決済サービスの利用が昨対比2倍に。(2019年12月調査) 今回はスマホ・モバイル決済サービスの認知、利用シーンや普及の状況について調査しました。ふだん使いできる利便性や増税施策である「キャッシュレス還元」の話題性などから、昨年はキャッシュレス化の波が一気に押し寄せてきた印象もあります。早速、調査結果を見ていきましょう。①マネー・決済系サービスの認知は全般的に上昇。スマホ・モバイル決済サービスは10ポイント増え8割弱に 金融関連の

2020年2月4日三井住友VISAカード★フィードバック数:0ライフスタイル

【ヒトトキ調査】くらべてみました!キャッシュレス派VS現金派では家計管理に差がある?!

【ヒトトキ調査】くらべてみました!キャッシュレス派VS現金派では家計管理に差がある?! 2020.01.23 2019年には消費税の増税もあり、キャッシュレス決済への関心がずいぶん高まりました。各種割引やポイント還元制度など、利用する決済手段の多様化に伴いお得な情報もあふれています。そこでヒトトキでは、20代から60代までの男女500人に、決済方法に関する調査を実施。すると家計からお小遣い制でお金をもらっている人のうち60%が現金派であるなど、さまざまな実態が明らかになりました。今回はキャッシ

2020年1月23日MMDLaboフィードバック数:0ライフスタイル

【第1弾】 2020年キャッシュレス・消費者還元事業における利用者実態調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > キャッシュレス還元開始後「キャッシュレス決済で支払うことが増えた」が約4割 主流となるキャッシュレス決済はクレジットカード、スマホ決済(QR・非接触)も増加 約半数が日本国内のキャッシュレス化が進んでいると体感 キャッシュレス還元開始後「キャッシュレス決済で支払うことが増えた」が約4割 主流となるキャッシュレス決済はクレジットカード、スマ

2020年1月20日ジェーシービーフィードバック数:0ビジネス

キャッシュレス・消費者還元事業に関する調査2019

JCB、「キャッシュレス・消費者還元事業に関する調査 2019」を発表株式会社ジェーシービー2019年12月19日キャッシュレス決済の利用頻度が増える背景には“利便性”と“利得性”と“安心感”利用頻度が増えた層は「少額でも気にせず使える」「ポイントがよく貯まる」「周囲に使う人が増えた」を実感 キャッシュレス決済新規利用層の大半が、キャッシュレス決済のメリットを実感!「もっと早く使っておけばよかった」新規利用層の71.9%、男性では81.1%が実感 キャッシュレス・消費者還元事業で利用している

第38回 Ponta消費意識調査

第38回 Ponta消費意識調査 2019年12月発表ポイント還元で、キャッシュレス決済の利用頻度が「増えた」は、50.6%ポイント還元終了した後も 「変わらない」 が約6割以上 共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティ マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:長谷川 剛、以下「LM」)は、消費者の意識とポイントの利用意向を把握するため、「第38回 Ponta消費意識調査」を「Pontaリサーチ」にて2019年11月29日(金)~ 12月5日(木)に

2019年12月30日ジェーシービーフィードバック数:0ビジネス

JCB、「キャッシュレス・消費者還元事業に関する調査 2019」を発表

JCB、「キャッシュレス・消費者還元事業に関する調査 2019」を発表株式会社ジェーシービー2019年12月19日キャッシュレス決済の利用頻度が増える背景には“利便性”と“利得性”と“安心感”利用頻度が増えた層は「少額でも気にせず使える」「ポイントがよく貯まる」「周囲に使う人が増えた」を実感 キャッシュレス決済新規利用層の大半が、キャッシュレス決済のメリットを実感!「もっと早く使っておけばよかった」新規利用層の71.9%、男性では81.1%が実感 キャッシュレス・消費者還元事業で利用している

令和の消費に関するアンケート調査

ホーム > ニュースリリース > 2019年度 > 『令和の消費に関するアンケート調査』「2019年は例年よりお金使った人」が7割、最も高かった買い物 1位「旅行」 2位「車」 3位「パソコン」ニュースリリース『令和の消費に関するアンケート調査』「2019年は例年よりお金使った人」が7割、最も高かった買い物 1位「旅行」 2位「車」 3位「パソコン」 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社2019年12月26日 ~ボーナス上がった人は2割、増税前よりキャッシュレス決済が増えた人は5割~カルチ

2019年12月25日博報堂★★フィードバック数:0ライフスタイル

消費増税にともなうキャッシュレス決済状況に関する生活者調査

HAKUHODO Fintex Base × 博報堂金融マーケティングプロジェクト、消費増税にともなうキャッシュレス決済状況に関する生活者調査を実施10月の消費増税を受け、モバイル決済サービス利用者は約36%と、2019年3月から約16ポイントの大幅増 消費増税に伴うキャッシュレス還元事業の認知は9割超、関心・行動も約7割に株式会社博報堂(東京都港区、代表取締役社長:水島正幸)が9月に発足したFintechサービスに関する生活者の意識・行動の調査研究を行うプロジェクト「HAKUHODO Fint

2019年12月3日マネーツリーフィードバック数:0大型消費/投資

キャッシュレス決済、“利得性”で利用開始、“利便性”で習慣化

キャッシュレス決済、“利得性”で利用開始、“利便性”で習慣化

2019年11月18日Criteo★★フィードバック数:0マーケティング

Criteo、消費増税前後の購買データ分析結果を発表

Criteo、消費増税前後の購買データ分析結果を発表 増税前の駆け込み需要は若い世代に顕著、10,000円以下の消費財に集中 キャッシュレスサービス利用は高所得層から浸透 インターネット上のオープンな広告プラットフォームを提供するCriteo(クリテオ、本社:フランス、日本取締役社長:グレース・フロム、以下Criteo)は、2019年8月1日〜10月25日までの消費増税前後の消費者購買傾向を、2億以上のEC取引実績データの動向から分析し、消費者アンケートと照らし合わせてまとめた調査結果を10

2019年11月15日マネーフォワードフィードバック数:0大型消費/投資

キャッシュレス決済利用実態調査

増税から1ヶ月「キャッシュレス決済利用実態調査」を発表個人のキャッシュレス決済利用回数が、昨年と比較して20%増加 株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO: 辻庸介、以下「当社」)は、お金の見える化サービス『マネーフォワード ME』ユーザーの「キャッシュレス決済利用実態調査」を実施しました。その結果、2019年10月の個人のキャッシュレス決済※1利用回数が、昨年同月と比較して20%増加しているという結果になりました。一方で、2019年の9月と10月の1回あたりのキャッシ

2019年11月7日ロコガイドフィードバック数:0マーケティング

消費増税後の実態調査 第2弾(生活者編)

消費増税後の実態調査 第2弾 (生活者編)増税で混乱!普段の買い物に迷う生活者が半数以上 株式会社ロコガイド(本社:東京都港区、以下ロコガイド)は、チラシ・買い物情報サービス「トクバイ」を利用する全国の生活者1,256名を対象に、増税後の買い物意識調査を行いました。【サマリー】軽減税率制度の理解度は、増税前と比較して2割近く増加。増税後の買い物で、生活者は「軽減税率対象・非対象の区別」「キャッシュレス決済ポイント還元対象店舗かどうか」「どの決済方法がお得なのか」について迷っている。食品や日用品と

2019年11月7日ロコガイドフィードバック数:0マーケティング

消費増税後の実態調査 第1弾(小売業編)

消費増税後の実態調査 第1弾(小売業編)増税開始から1ヶ月、意外な好影響があった企業も 株式会社ロコガイド(本社:東京都港区、以下ロコガイド)は、チラシ・買い物情報サービス「トクバイ」を利用する全国の小売業150社を対象に、増税後の実態調査を行いました。【サマリー】増税前後で最も大変だったことは「従業員への増税関連の教育」(68.7%)増税後、お客様からの問い合わせで多いのは「軽減税率制度」よりも「キャッシュレス決済」7割以上の企業がキャッシュレス決済の利用率上昇を実感 「イートイン脱税」*に該

2019年11月6日博報堂★★フィードバック数:0ライフスタイル

博報堂生活総合研究所、生活者が選ぶ “2020年 ヒット予想” &“2019年 ヒット商品”ランキングを発表

HOMENEWS TOP博報堂生活総合研究所、生活者が選ぶ “2020年 ヒット予想” &“2019年 ヒット商品”ランキングを発表博報堂生活総合研究所、生活者が選ぶ “2020年 ヒット予想” &“2019年 ヒット商品”ランキングを発表“2020年 ヒット予想” 1位「東京2020オリンピック・パラリンピック」 2位「ドライブレコーダー」 3位「キャッシュレス決済」… 生活者が選んだのは、社会の大きな節目と向き合う商品・サービス キーワードは博報堂生活総合研究所は、このたび、生活者が選ぶ“2

2019年11月6日ナイルフィードバック数:0大型消費/投資

キャッシュレス決済の利用に関するアンケート調査

キャッシュレス決済の利用実態を調査 普段の支払いに現金を使用する人は約半数! 前回調査との比較も(アプリ紹介サービス「Appliv」調べ) ~キャッシュレス決済の利用頻度は増加傾向~ ナイル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:高橋飛翔、以下ナイル)が運営するスマートフォンユーザー向けアプリ紹介サービス「Appliv(アプリヴ)」にて、2019年10月11日から10月18日の期間中、無作為に選出された20代から70代までの男女1,075人を対象に、キャッシュレス決済の利用に関するアンケー

事業主と税理士・公認会計士のキャッシュレス推進に関する実態調査

2019年 会計事務所白書[サマリー版] 「事業主と税理士・公認会計士のキャッシュレス推進に関する実態調査」軽減税率についてどの程度ご存じですか 「実務レベルで理解している」「熟知している」が  あなたの事務所では、顧問先に軽減税率対策として補助金の活用についてサポートしましたか 顧問先の軽減税率対策はどの程度進んでいますか? 半分、もしくはほとんどの顧問先が対応できていないと回答した事務所が、 軽減税率対策は会計事務所のサポートありきメディアで話題になっていることもあり、軽減税率そのものの認知

2019年9月19日LINEフィードバック数:0社会/政治

LINEリサーチで消費税増税に関するアンケート調査を実施

【LINEリサーチ】8%から10%に消費税が増税。キャッシュレス決済普及への期待は? 今年の10月、ついに消費税が8%から10%に引き上げられることになっています。今回は全国10~60代の方々に、増税についてのアンケートを実施しました。その調査結果をお伝えします。①増税にはあきらめムード、駆け込み購入には結婚式も! 今年10月に消費税が引き上げられることについては、98%の方々が「知っていた」と回答しました。今回の増税について考えていることについては、「しかたがないこと」との回答がトップとな

2019年8月23日ヴァリューズ★フィードバック数:0ライフスタイル

キャッシュレス決済利用動向調査

マナミナトップリサーチ消費増税に向けユーザー囲い込みにしのぎを削るキャッシュレス決済業界を調査~QRコード決済利用者は4人に1人にまで拡大 消費増税に向けユーザー囲い込みにしのぎを削るキャッシュレス決済業界を調査~QRコード決済利用者は4人に1人にまで拡大 2018年12月のPayPay「100億円あげちゃうキャンペーン」を端緒に、一気に盛りあがるキャッシュレス決済。10月の消費増税時の還元キャンペーンという商機を勝ち抜くため、交通/流通系、決済サービス、金融各社がユーザー獲得そして囲い込みに

2019年7月29日JCB★★フィードバック数:0社会/政治

キャッシュレス決済に関する調査~店舗へのキャッシュレス決済導入が集客UPを後押し!?~

キャッシュレス決済に関する調査~店舗へのキャッシュレス決済導入が集客UPを後押し!?~株式会社ジェーシービー2019年7月18日 株式会社ジェーシービー(以下:JCB)は、2019年10月の消費増税および、キャッシュレス・消費者還元制度の施行に伴い、キャッシュレス決済に関して、全国の20~60代の一般消費者1000名と、20~60代の特定職業従事者(コンビニ/居酒屋のレジ業務担当、タクシー運転手 以下:会計担当者)300名を対象にインターネット調査を行いました。 調査からは、現状のキャッシュレス

2019年7月8日楽天インサイトフィードバック数:0社会/政治

キャッシュレス決済に関する調査

『消費増税に伴う「ポイント還元制度」で、キャッシュレス決済を現状より前向きに捉える人は6割。「キャッシュレス支持派」が4割半超えで「現金支持派」を上回る』キャッシュレス決済に関する調査 2019年6月27日楽天インサイト株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:田村 篤司、以下「楽天インサイト」)は、「キャッシュレス決済に関する調査」(注)をインターネットで実施しました。今回の調査は、2019年5月22日(水)と5月23日(木)の2日間、楽天インサイトに登録しているモニター(約220万人)

2019年6月28日朝日新聞社★フィードバック数:0大型消費/投資

シニアは「キャッシュレスを使わない」は誤解? 「キャッシュレス決済」に関するアンケート

シニアは「キャッシュレスを使わない」は誤解? 女性に強い「使い分け」傾向 ~7/4(木)14時より企業交流会を開催。「シニア層とキャッシュレス決済」の利用動向について情報交換~ 報道関係のみなさま シニアは「キャッシュレスを使わない」は誤解? 女性に強い「使い分け」傾向 朝日新聞Reライフプロジェクトが50代以上にリサーチ実施クレジットカードに大きな信頼を寄せて現金と使い分ける一方、「スマートフォン決済」などの新しい手段を使うかどうかは過去の消費体験次第で対応が分れる――。株式会社朝日新聞社(代

2019年6月20日オウケイウェイヴ★フィードバック数:0社会/政治

「消費税増税前の消費行動の傾向や関心事」に関する調査

Skip to contentコラム&総研レポート一覧Q&Aサイト「OKWAVE」で垣間見える、消費税増税前の消費行動の傾向や関心事2019年6月 総研レポート 消費税増税前の最大関心事は “キャッシュレス決済のポイント還元”等2019年6月14日発行 オウケイウェイヴ総研は、Q&Aサイト「OKWAVE」の投稿データを分析した「消費税増税前の消費行動の傾向や関心事」に関する自主調査を実施しました。その結果、消費税増税にあわせて導入予定のクレジットカードなどのキャッシュレス決済のポイント還元制度

2019年6月18日テスティーラボフィードバック数:0大型消費/投資

【2019年】暗号資産に関する調査

株式会社TesTee(テスティー)が運営する若年層(10代、20代)を調査するアンケートメディア【2019年】暗号資産に関する調査 2019/06/08 2019/06/09Lab」にて、20代男女2,052名(20代男性1,001名、20代女性1,051名)を対象に暗号資産に関する調査を実施しました。暗号資産(*1)の認知度や保有率、普及に関する意識調査を行いました。ホワイトペーパー内では暗号資産の保有ウォレット種類や今後、ブロックチェーン技術で期待される分野などをご覧いただけます。2018年

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

  2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

特集データ

お知らせ