調査のチカラ TOP > タグ一覧 > キャッシュ

「キャッシュ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
タグをGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2019年12月3日マネーツリーフィードバック数:0大型消費/投資

キャッシュレス決済、“利得性”で利用開始、“利便性”で習慣化

キャッシュレス決済、 “利得性”で利用開始、”利便性”で習慣化〜家計簿アプリ利用者の75%は日常的にキャッシュレスを活用〜 マネーツリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:ポール チャップマン、以下「当社」)は2018年8月〜9月、日本クレジットカード協会(以下「JCCA」)の依頼に基づき、当社の個人資産管理アプリ「Moneytree」の利用者(9,049人)に向けキャッシュレス決済に関する調査を行いました。また、同時期にJCCA選定の一般消費者(1,305人)に向け行いました同調査の結果を

2019年11月18日Criteo★★フィードバック数:0マーケティング

Criteo、消費増税前後の購買データ分析結果を発表

Criteo、消費増税前後の購買データ分析結果を発表 増税前の駆け込み需要は若い世代に顕著、10,000円以下の消費財に集中 キャッシュレスサービス利用は高所得層から浸透 インターネット上のオープンな広告プラットフォームを提供するCriteo(クリテオ、本社:フランス、日本取締役社長:グレース・フロム、以下Criteo)は、2019年8月1日〜10月25日までの消費増税前後の消費者購買傾向を、2億以上のEC取引実績データの動向から分析し、消費者アンケートと照らし合わせてまとめた調査結果を10

2019年11月15日マネーフォワードフィードバック数:0大型消費/投資

キャッシュレス決済利用実態調査

増税から1ヶ月「キャッシュレス決済利用実態調査」を発表個人のキャッシュレス決済利用回数が、昨年と比較して20%増加 株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区、代表取締役社長CEO: 辻庸介、以下「当社」)は、お金の見える化サービス『マネーフォワード ME』ユーザーの「キャッシュレス決済利用実態調査」を実施しました。その結果、2019年10月の個人のキャッシュレス決済※1利用回数が、昨年同月と比較して20%増加しているという結果になりました。一方で、2019年の9月と10月の1回あたりのキャッシ

2019年11月7日ロコガイドフィードバック数:0マーケティング

消費増税後の実態調査 第2弾(生活者編)

消費増税後の実態調査 第2弾 (生活者編)増税で混乱!普段の買い物に迷う生活者が半数以上 株式会社ロコガイド(本社:東京都港区、以下ロコガイド)は、チラシ・買い物情報サービス「トクバイ」を利用する全国の生活者1,256名を対象に、増税後の買い物意識調査を行いました。【サマリー】軽減税率制度の理解度は、増税前と比較して2割近く増加。増税後の買い物で、生活者は「軽減税率対象・非対象の区別」「キャッシュレス決済ポイント還元対象店舗かどうか」「どの決済方法がお得なのか」について迷っている。食品や日用品と

2019年11月7日ロコガイドフィードバック数:0マーケティング

消費増税後の実態調査 第1弾(小売業編)

消費増税後の実態調査 第1弾(小売業編)増税開始から1ヶ月、意外な好影響があった企業も 株式会社ロコガイド(本社:東京都港区、以下ロコガイド)は、チラシ・買い物情報サービス「トクバイ」を利用する全国の小売業150社を対象に、増税後の実態調査を行いました。【サマリー】増税前後で最も大変だったことは「従業員への増税関連の教育」(68.7%)増税後、お客様からの問い合わせで多いのは「軽減税率制度」よりも「キャッシュレス決済」7割以上の企業がキャッシュレス決済の利用率上昇を実感 「イートイン脱税」*に該

2019年11月6日博報堂★★フィードバック数:0ライフスタイル

博報堂生活総合研究所、生活者が選ぶ “2020年 ヒット予想” &“2019年 ヒット商品”ランキングを発表

HOMENEWS TOP博報堂生活総合研究所、生活者が選ぶ “2020年 ヒット予想” &“2019年 ヒット商品”ランキングを発表博報堂生活総合研究所、生活者が選ぶ “2020年 ヒット予想” &“2019年 ヒット商品”ランキングを発表“2020年 ヒット予想” 1位「東京2020オリンピック・パラリンピック」 2位「ドライブレコーダー」 3位「キャッシュレス決済」… 生活者が選んだのは、社会の大きな節目と向き合う商品・サービス キーワードは博報堂生活総合研究所は、このたび、生活者が選ぶ“2

2019年11月6日ナイルフィードバック数:0大型消費/投資

キャッシュレス決済の利用に関するアンケート調査

キャッシュレス決済の利用実態を調査 普段の支払いに現金を使用する人は約半数! 前回調査との比較も(アプリ紹介サービス「Appliv」調べ) ~キャッシュレス決済の利用頻度は増加傾向~ ナイル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:高橋飛翔、以下ナイル)が運営するスマートフォンユーザー向けアプリ紹介サービス「Appliv(アプリヴ)」にて、2019年10月11日から10月18日の期間中、無作為に選出された20代から70代までの男女1,075人を対象に、キャッシュレス決済の利用に関するアンケー

事業主と税理士・公認会計士のキャッシュレス推進に関する実態調査

2019年 会計事務所白書[サマリー版] 「事業主と税理士・公認会計士のキャッシュレス推進に関する実態調査」軽減税率についてどの程度ご存じですか 「実務レベルで理解している」「熟知している」が  あなたの事務所では、顧問先に軽減税率対策として補助金の活用についてサポートしましたか 顧問先の軽減税率対策はどの程度進んでいますか? 半分、もしくはほとんどの顧問先が対応できていないと回答した事務所が、 軽減税率対策は会計事務所のサポートありきメディアで話題になっていることもあり、軽減税率そのものの認知

2019年9月19日LINEフィードバック数:0社会/政治

LINEリサーチで消費税増税に関するアンケート調査を実施

【LINEリサーチ】8%から10%に消費税が増税。キャッシュレス決済普及への期待は? 今年の10月、ついに消費税が8%から10%に引き上げられることになっています。今回は全国10~60代の方々に、増税についてのアンケートを実施しました。その調査結果をお伝えします。①増税にはあきらめムード、駆け込み購入には結婚式も! 今年10月に消費税が引き上げられることについては、98%の方々が「知っていた」と回答しました。今回の増税について考えていることについては、「しかたがないこと」との回答がトップとな

2019年8月23日ヴァリューズ★フィードバック数:0ライフスタイル

キャッシュレス決済利用動向調査

マナミナトップリサーチ消費増税に向けユーザー囲い込みにしのぎを削るキャッシュレス決済業界を調査~QRコード決済利用者は4人に1人にまで拡大 消費増税に向けユーザー囲い込みにしのぎを削るキャッシュレス決済業界を調査~QRコード決済利用者は4人に1人にまで拡大 2018年12月のPayPay「100億円あげちゃうキャンペーン」を端緒に、一気に盛りあがるキャッシュレス決済。10月の消費増税時の還元キャンペーンという商機を勝ち抜くため、交通/流通系、決済サービス、金融各社がユーザー獲得そして囲い込みに

2019年7月29日JCB★★フィードバック数:0社会/政治

キャッシュレス決済に関する調査~店舗へのキャッシュレス決済導入が集客UPを後押し!?~

キャッシュレス決済に関する調査~店舗へのキャッシュレス決済導入が集客UPを後押し!?~株式会社ジェーシービー2019年7月18日 株式会社ジェーシービー(以下:JCB)は、2019年10月の消費増税および、キャッシュレス・消費者還元制度の施行に伴い、キャッシュレス決済に関して、全国の20~60代の一般消費者1000名と、20~60代の特定職業従事者(コンビニ/居酒屋のレジ業務担当、タクシー運転手 以下:会計担当者)300名を対象にインターネット調査を行いました。 調査からは、現状のキャッシュレス

2019年7月8日楽天インサイトフィードバック数:0社会/政治

キャッシュレス決済に関する調査

『消費増税に伴う「ポイント還元制度」で、キャッシュレス決済を現状より前向きに捉える人は6割。「キャッシュレス支持派」が4割半超えで「現金支持派」を上回る』キャッシュレス決済に関する調査 2019年6月27日楽天インサイト株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:田村 篤司、以下「楽天インサイト」)は、「キャッシュレス決済に関する調査」(注)をインターネットで実施しました。今回の調査は、2019年5月22日(水)と5月23日(木)の2日間、楽天インサイトに登録しているモニター(約220万人)

2019年6月28日朝日新聞社★フィードバック数:0大型消費/投資

シニアは「キャッシュレスを使わない」は誤解? 「キャッシュレス決済」に関するアンケート

シニアは「キャッシュレスを使わない」は誤解? 女性に強い「使い分け」傾向 ~7/4(木)14時より企業交流会を開催。「シニア層とキャッシュレス決済」の利用動向について情報交換~ 報道関係のみなさま シニアは「キャッシュレスを使わない」は誤解? 女性に強い「使い分け」傾向 朝日新聞Reライフプロジェクトが50代以上にリサーチ実施クレジットカードに大きな信頼を寄せて現金と使い分ける一方、「スマートフォン決済」などの新しい手段を使うかどうかは過去の消費体験次第で対応が分れる――。株式会社朝日新聞社(代

2019年6月20日オウケイウェイヴ★フィードバック数:0社会/政治

「消費税増税前の消費行動の傾向や関心事」に関する調査

Skip to contentコラム&総研レポート一覧Q&Aサイト「OKWAVE」で垣間見える、消費税増税前の消費行動の傾向や関心事2019年6月 総研レポート 消費税増税前の最大関心事は “キャッシュレス決済のポイント還元”等2019年6月14日発行 オウケイウェイヴ総研は、Q&Aサイト「OKWAVE」の投稿データを分析した「消費税増税前の消費行動の傾向や関心事」に関する自主調査を実施しました。その結果、消費税増税にあわせて導入予定のクレジットカードなどのキャッシュレス決済のポイント還元制度

2019年6月18日テスティーラボフィードバック数:0大型消費/投資

【2019年】暗号資産に関する調査

株式会社TesTee(テスティー)が運営する若年層(10代、20代)を調査するアンケートメディア【2019年】暗号資産に関する調査 2019/06/08 2019/06/09Lab」にて、20代男女2,052名(20代男性1,001名、20代女性1,051名)を対象に暗号資産に関する調査を実施しました。暗号資産(*1)の認知度や保有率、普及に関する意識調査を行いました。ホワイトペーパー内では暗号資産の保有ウォレット種類や今後、ブロックチェーン技術で期待される分野などをご覧いただけます。2018年

子どもがいる親世代に聞いた「子どものお小遣いに関するアンケート」

子どもがいる親世代に聞いた「子どものお小遣いに関するアンケート」 お小遣いのキャッシュレス化に興味がある人は約6割いるも、現金派が9割超え! 興味がない理由は、「使い過ぎ」や「お金の使い方が学べるかどうか」への不安e-ラーニングに関するサービスの様々なコンテンツを提供する株式会社イー・ラーニング研究所(代表取締役:吉田智雄、本社:大阪府吹田市 以下、イー・ラーニング研究所)は、放課後の過ごし方や、学童・アフタースクールに対する意識を調査するため、子どもを持つ親を対象に「子どものお小遣いに関するア

2019年6月10日インサイトテック★★フィードバック数:0マーケティング

「キャッシュレス化」意識調査

「キャッシュレス化」意識調査

2019年5月30日MMDLaboフィードバック数:0ビジネス

キャッシュレスウィークとキャッシュレス利用に関する調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > キャッシュレス派の現金利用最多「自動販売機」46.2% 現金派のキャッシュレス利用最多「交通費のカード型交通系電子マネー」55.0%。キャッシュレスウィーク中のキャッシュレス利用場面、キャッシュレス派「ショッピングモール」、現金派「交通機関」 キャッシュレス派の現金利用最多「自動販売機」46.2% 現金派のキャッシュレス利用最多「交通費の

2019年4月16日JCB★フィードバック数:0ライフスタイル

JCB、「キャッシュレスとデビットカード利用意向に関する実態調査2019」を発表

JCB、「キャッシュレスとデビットカード利用意向に関する実態調査2019」を発表株式会社ジェーシービー2019年3月28日 株式会社ジェーシービー(本社:東京都港区、代表取締役兼執行役員社長:浜川 一郎、以下:JCB)は、2019年3月8日(金)から11日(月)の4日間、全国の20歳から69歳の男女を対象に今年で5回目となる「キャッシュレスとデビットカード利用意向に関する実態調査」をインターネットで実施しました。(調査協力会社:ネットエイジア株式会社)調査結果の概要新年度の目標「貯蓄」が5年連続

2019年3月4日GMOメディアフィードバック数:0大型消費/投資

決済手段とキャッシュレス事情に関する調査

「決済手段とキャッシュレス事情に関する調査」 ~10代女子の「キャッシュレス」認知度は約7割、主流は「交通系電子マネー」~「決済手段とキャッシュレス事情に関する調査」 ~10代女子の「キャッシュレス」認知度は約7割、主流は「交通系電子マネー」~ 2019.2.2110代女子の「キャッシュレス」の認知度は7割超意味まで知っている子は2割超昨今、現金を用いないで支払う「キャッシュレス」決済が話題となっていますが、10代女子における「キャッシュレス」の認知度はどの程度なのかを調査しました。その結果、「

キャッシュレス社会の実現に向けた調査

日本クレジットカード協会(Japan Credit Card Association)はクレジットカード社会の健全な発展を目的に、銀行系クレジットカード会社によって設立された協会です トップページ / キャッシュレス社会の実現に向けた調査を実施 キャッシュレス社会の実現に向けた調査を実施〜消費者インサイト調査から紐解く、今後のキャッシュレス推進策〜JCCA、会長:井上 治夫 三菱UFJニコス株式会社 代表取締役社長)は、アクセンチュア株式会社、マネーツリー株式会社の協力のもと、消費者が

キャッシュレス決済に関する意識調査

《働く主婦》話題のQRコード決済。 利用経験有・利用してみたいサービスはPayPayが1位利用経験有・利用してみたいサービスはPayPayが1位~キャッシュレス決済に関する意識調査~[調査のまとめ ・店頭における現金以外で支払いをする頻度は、3年前と比較すると、約6割以上の方が「増加している」と回答。 ・今後店頭で利用を増やしたい支払方法は、「クレジットカード」が%、「電子マネー」が%、「コード決済」が%と続く。「現金」はわずか%となり、働く主婦の間でも、現金派からキャッシュレス派への移行が伺え

2019年2月21日電通★フィードバック数:0社会/政治

10月の消費増税に向けて「全国1万人意識調査」

グローバルネットワーク電通の国内外のネットワークをご紹介します。 ニュース株式会社電通が発信する最新のニュースリリースやトピックスなどをご覧いただけます。 採用情報株式会社電通および電通グループの採用情報のご案内です。 電通、10月の消費増税に向けて「全国1万人意識調査」を実施2019年2月21日7割近くに駆け込み需要。4割が数カ月分のまとめ買い意向 シニアの7割近くがポイント還元の中小小売でキャッシュレス決済意向あり株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博)は、2019年

増税後は7割がキャッシュレス決済に積極的~20代から80代の女性1232人に「消費増税」アンケート~ 節約したいもの1位は「外食費」

サンケイリビング新聞社リビングニュース 2019-02-07増税後は7割がキャッシュレス決済に積極的 〜20代から80代の女性1232人に「消費増税」アンケート〜 節約したいもの1位は「外食費」女性のための生活情報紙「リビング新聞」を発行するサンケイリビング新聞社(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長 田中則昭)では、昨年11月に消費増税」アンケートを実施(※1)。2月9日号のリビング新聞(大阪・兵庫128万6600部発行※2)で、「10月までに考えたい 消費税10%のこと」として特集してい

2019年2月1日エアトリ★フィードバック数:0大型消費/投資

「キャッシュレス」に関する調査

すでに過半数が普段からキャッシュレス決済を選択!海外旅行中は... すでに過半数が普段からキャッシュレス決済を選択! 海外旅行中は6割以上がキャッシュレス決済を利用していることが判明~エアトリが「キャッシュレス」に関する調査を実施~ 総合旅行プラットフォーム「エアトリ」(https://www.airtrip.jp/)を運営する株式会社エアトリ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:吉村 英毅、以下エアトリ)は、20代~70代の男女1061名を対象に「キャッシュレス」に関する調査を実施しまし

2019年1月25日矢野経済研究所★★フィードバック数:0ビジネス

クレジットカード市場に関する調査を実施(2018年)

クレジットカード市場は2017年度58兆円突破、2023年度には100兆円を超える見通し 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、クレジットカード市場を調査し、現況、参入企業の動向、および将来展望を明らかにした。1.市場概況日本政府は経済産業省の「日本復興戦略」をはじめ、様々な場面でキャッシュレス推進の方針を打ち出してきた。2025年頃まで、日本国内で様々な国際イベントが開催される予定であり、インバウンド(訪日外国人客)対応の観点も含め、2027年までに国内におけるキャッシュレス比

2019年1月23日Lier Factoryフィードバック数:0大型消費/投資

【2018年1月/利用調査】キャッシュレスに関するアンケート。コード決済の利用率・認知度の調査結果

ホーム【2019年1月/利用調査】キャッシュレスに関するアンケート。コード決済の利用率・認知度の調査結果 【2019年1月/利用調査】キャッシュレスに関するアンケート。コード決済の利用率・認知度の調査結果キャッシュレスを促進するサービスはどれぐらい普及したのか?キャッシュレス化の促進が叫ばれている現在、気になるのは「実際にどれだけの人がキャッシュレスの支払い方法を利用しているか」です。AI-creditでは、「支払い方法に関する調査」を行いました。2019年10月に行われる増税まで、どれだけ人々

2019年1月17日ジャストシステム★フィードバック数:0大型消費/投資

「QR決済」の利用経験

Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2018年11月度)約2割に、「QR決済」の利用経験あり若者の3人に1人が「D2Cブランド」を認知。1割に購入経験あり調査結果サマリー約2割に、「QR決済」利用経験顧客がスマートフォンに表示したQRコードを店舗側が読み取ることで、もしくは店舗側が表示したQRコードを顧客がスマートフォンで読み取ることで、決済が行われる「QR決済」について、スマートフォン利用者のうち、「頻繁に利用している」人は6.0%、「ときどき利用することがある」人は14.1%でした。一方

2018年12月26日Smart Sound Labフィードバック数:0大型消費/投資

3人に1人が「キャッシュレス社会になって欲しくない」と回答

sound lab : vol. 213人に1人が「キャッシュレス社会になって欲しくない」と回答 その理由の影に3つの「不安」キャッシュレスの動きが加速しています。それを後押しするのは2019年10月からの消費税増税です。消費税が10%に引き上げられ消費が落ち込むことを避けたい政府は、キャシュレス決済の消費に対し、5%のポイント還元することでキャッシュレス化を推し進めたい考えを発表しました。そこで、より快適なスマートフォンライフを創造するために研究調査しているスマートサウンドラボ(以下、SSL)

2018年12月18日マクロミル★フィードバック数:0大型消費/投資

キャッシュレス決済に関する調査

HoNote(ホノテ)とは、消費者のHonto(本当)やHonne(ホンネ)がわかるNote(ノート)です。 市場調査レポートや、調査ノウハウ、マーケティングに役立つポイントなどを掲載。 これから調査を始めたいと考えている方や、マーケティングリサーチの初心者をはじめ、マーケターや商品開発担当者など、消費者の声や行動をビジネスに役立てる方に向け情報をご紹介しています。運営元 : Macromill ジャスミン冷静沈着をこころがけているはずがいつも何かしら抜けている永遠の28歳。実年齢は… トコナ

2018年12月6日エアトリフィードバック数:0社会/政治

「消費税増税」に関する調査

増税後に削減するもの女性1位「衣料品」男性1位「削減予定なし...| 増税後に削減するもの女性1位「衣料品」男性1位「削減予定なし」 7人に1人が増税を聞き増税前の旅行を予定~エアトリが「消費税増税」に関する調査を実施~ 総合旅行プラットフォーム「エアトリ」(https://www.airtrip.jp/)を運営する株式会社エアトリ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:吉村 英毅、以下エアトリ)は、10代~70代の男女1337名を対象に「消費税増税」に関する調査を実施しました。【調査背景】

2018年12月4日アスマークフィードバック数:0大型消費/投資

銀行口座とカードに関するアンケート調査

銀行口座とカードに関するアンケート調査店舗での買い物におけるキャッシュレスの割合は4.2%「キャッシュレス化に賛成」が48.4%、一方で「電子決済は怖い」人は反対派一都三県在住20~59歳男女、有職、*スペシャルパネル(金融パネル)でメガバンクの口座保有者に配信 ■メインバンクがメガバンクの人の62.3%はサブバンクを別の銀行に■メインバンク・サブバンクを選んだ理由は「生活圏内に利用できるATMがあるから」がTOP■店舗での買い物におけるキャッシュレスの割合は4.2%■メガバンクの口座保有者がデ

2018年10月16日NEXERフィードバック数:0大型消費/投資

クレジットカードについてのアンケート

【頻繁に利用するクレカの還元率を知らない人が多数! 】クレジットカードについてのアンケートインターネットリサーチを手掛ける株式会社NEXER(所在地:東京都豊島区、代表取締役:宮田 裕也)は、ウォレットアプリKyash(キャッシュ)を提供する「株式会社Kyash」(代表取締役:鷹取 真一)と共同で「クレジットカードについてのアンケート」を下記の通り実施しましたので、その結果を公開します。クレジットカードについてのアンケート結果を公開インターネットリサーチを手掛ける株式会社NEXER(所在地:東京

2018年9月3日日経リサーチフィードバック数:0大型消費/投資

キャッシュレス派vs現金派、支払い場面で使い分け進む 金融機関のサービスチャネル 女性は男性より店頭利用を希望

トップ > ニュース > ニュースリリース > キャッシュレス派vs現金派、支払い場面で使い分け進む 金融機関のサービスチャネル 女性は男性より店頭利用を希望 日経リサーチ「金融総合定点調査『金融RADAR』特別調査2018」リリースキャッシュレス派vs現金派、支払い場面で使い分け進む 金融機関のサービスチャネル 女性は男性より店頭利用を希望日経リサーチ「金融総合定点調査『金融RADAR』特別調査2018」リリース 2018.07.17  株式会社日経リサーチ(本社:東京都千代田区、代表取締役社

2018年8月2日日経リサーチフィードバック数:0大型消費/投資

キャッシュレス派vs現金派、支払い場面で使い分け進む 金融機関のサービスチャネル 女性は男性より店頭利用を希望

トップ > ニュース > ニュースリリース > キャッシュレス派vs現金派、支払い場面で使い分け進む 金融機関のサービスチャネル 女性は男性より店頭利用を希望 日経リサーチ「金融総合定点調査『金融RADAR』特別調査2018」リリースキャッシュレス派vs現金派、支払い場面で使い分け進む 金融機関のサービスチャネル 女性は男性より店頭利用を希望日経リサーチ「金融総合定点調査『金融RADAR』特別調査2018」リリース 2018.07.17  株式会社日経リサーチ(本社:東京都千代田区、代表取締役社

2018年7月23日楽天★フィードバック数:0ライフスタイル

夫婦のお財布調査2018

〈全国の既婚者400人に聞いた、「楽天市場 夫婦のお財布調査2018」〉“貯まる家庭”と“貯まらぬ家庭” 家計金融資産に最大670万円の差 -「貯まる家計」に見えた、共通ポイント利用傾向とキャッシュレス決済の活用-楽天市場では、配偶者と同居している30-40代の既婚者男女400人を対象に、「家計の管理」に関する意識調査を実施しました。その結果、家計金融資産は、月収の多寡に関わらず、「共通ポイント」の利用と「キャッシュレス決済」の活用によって大きく差がついていることが明らかになりました。 【1】夫

日本と海外における決済に関する調査

日本と海外における決済に関する調査 | リサーチ・市場調査・マーケティング 海外海外調査や国際比較を行った調査結果を掲載 現金以外の手段で決済を行うキャッシュレス化が国際的に進んでいます。クレジットカード、電子マネー、スマートフォン決済など、さまざまな決済手段が存在するなか、各国の生活者は決済に対してどのような意識を持っているのでしょうか。そこで今回は、18~64歳の日本、中国、アメリカ、ドイツそれぞれの都市部在住者を対象として、街なかでの買い物時の決済手段やその変化など、キャッシュレス化に

2018年4月9日JCBフィードバック数:0社会/政治

キャッシュレスとデビットカード利用意向に関する実態調査2018

JCB、「キャッシュレスとデビットカード利用意向に関する実態調査2018」を発表株式会社ジェーシービー2018年3月19日 株式会社ジェーシービー(本社:東京都港区、代表取締役兼執行役員社長:浜川 一郎、以下 JCB)は、2018年2月9日(金)から13日(火)の5日間、全国の20歳から69歳の男女を対象に「キャッシュレスとデビットカード利用意向に関する実態調査2018」をインターネットで実施しました。(調査協力会社:ネットエイジア株式会社)調査結果の概要新年度の目標1位は4年連続で「貯蓄」、2

2018年4月5日KDDIフィードバック数:0社会/政治

「さよなら現金」意識調査2018

60代女性「現金至上主義ではない」が8割。「チャージ不足でもたつくと恥ずかしい」7割。~『「さよなら現金」意識調査2018』を発表~2018年4月4日KDDIは、2018年3月2日から3月5日の4日間、全国の15歳~79歳の男女1,000名を対象に『「さよなら現金」意識調査2018』を実施しました。クレジットカードや電子マネーなど、現金のやり取りを伴わない電子決済の利用が拡大している中、近年はフィンテックにより革新的な技術が生まれ、日常生活でのキャッシュレス化は以前にも増して進んでいるといえます

2018年3月27日NTTドコモフィードバック数:0大型消費/投資

世代・地域で異なる「クレジットカード」事情を調査

~世代・地域で異なる「クレジットカード」事情を調査~ 就職氷河期世代VSバブル世代 「キャッシュレス」感覚の違いとは? 選ぶ際のポイントは、全ての世代で「ステータス」よりも「おトクさ」を重視する傾向に 47都道府県ランキング…日本一の「ゴールドカード県」は兵庫、「キャッシュレス県」は三重!  株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、電子マネー「iD」および「dポイントカード」機能が一体となった、おトク・便利・安全にご利用いただけるクレジットカード「dカード GOLD(R)」を展開しておりますが、

観光立国実現に向けたクレジットカード業界としての取組に関する調査 

観光立国実現に向けたクレジットカード業界としての取組に関する調査 日本クレジットカード協会(略称JCCA、会長 久保 健 三井住友カード株式会社 代表取締役社長兼最高執行役員)は、2014~2016年度にわたって継続的に観光立国実現に向けた取り組みを推進して参りましたが、2017年度は、「民泊」による長期滞在型観光を軸とした地域経済活性化およびキャッシュレス推進に焦点を当てて、「民泊とキャッシュレスを両輪とする地域を巻き込んだ観光立国推進に向けて」という調査報告書を取りまとめました。1.民泊新法

2018年3月5日マクロミルフィードバック数:0マーケティング

生活者に選ばれている電子マネーとは?利用実態を調査

HoNote(ホノテ)とは、消費者のHonto(本当)やHonne(ホンネ)がわかるNote(ノート)です。 市場調査レポートや、調査ノウハウ、マーケティングに役立つポイントなどを掲載。 これから調査を始めたいと考えている方や、マーケティングリサーチの初心者をはじめ、マーケターや商品開発担当者など、消費者の声や行動をビジネスに役立てる方に向け情報をご紹介しています。運営元 : Macromill ジャスミン冷静沈着をこころがけているはずがいつも何かしら抜けている永遠の28歳。実年齢は… トコナ

日本と海外における決済に関する調査

プレスリリース「日本と海外における決済に関する調査」 | リサーチ・市場調査・マーケティング 日本と海外における決済に関する調査 報道関係各位2018年2月20日株式会社クロス・マーケティング アメリカはクレジットカード、中国はスマートフォン決済が主流 -日本と海外における決済に関する調査- 株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、日本、中国、アメリカ、ドイツに在住する18~64歳の男女を対象に「日本と海外における決済に関する調査」を実施しました。

2018年1月24日クレカッティフィードバック数:0大型消費/投資

キャッシュレスに対する国内の意識を徹底調査

キャッシュレスが日本で遅れている3つの原因と今後の課題点キャッシュレスに対する日本の現状を徹底考察!最近、電子マネーやApple Payなど、現金を持ち歩かなくてもお買い物ができるようになってきましたよね。 確かに、以前に比べて電子決済を身近に感じることが多くなったね。 でも、どうしてこんなに急激に電子決済が進んでいるのでしょうか。 じゃあ、今回は日本のキャッシュレスについて解説していくね! 東京オリンピックのある2020年には、キャッシュレス化率を40%へ上げる方針を政府

2018年1月12日博報堂★★フィードバック数:0ライフスタイル

「お金に関する生活者意識調査」

NEWS博報堂生活総合研究所 「お金に関する生活者意識調査」結果を発表 2017年12月15日「キャッシュレス社会」に賛成49%:反対51%。賛否は真っ二つ。 男女で意見は正反対(男性は賛成、女性は反対が多数)。【全体】 賛成49%≒反対51% 【男性】 賛成59%>反対41% 【女性】 賛成39%<反対62%今、お金にまつわる環境は、電子マネーや仮想通貨といった新しいお金の誕生や、個人が直接取引できるサービスの登場などで急速に変化しています。しかし、こうした環境変化に生活者がどう向き合っている

ユーロモニター『世界の観光都市Top100 2017版』を発表 ユーロモニターインターナショナル

ユーロモニター『世界の観光都市Top100 2017版』を発表 世界の旅行市場を牽引するアジアのキートレンドは「キャッシュレス化」 報 道 資 料『Top 100 city destinations ranking 2017版』を発表~世界の旅行市場を牽引するアジアのキートレンドは「キャッシュレス化」~ユーロモニターインターナショナルはこの度、英国ロンドンにて開催されている旅行業界における世界最大級のイベント、World Travel Market London (WTM)にて『Top 100

2017年10月29日VISAフィードバック数:0大型消費/投資

世界各国の主要都市においてデジタル決済利用増加が与える経済的影響

グローバル調査により「キャッシュレスシティ」がもたらす経済的恩恵が浮き彫りに 2017年10月11日、米国カリフォルニア州サンフランシスコ — Visa Inc.(NYSE:V)は本日、Visaが委託し、Roubini ThoughtLab(ルビーニ・ソート・ラボ)が独自に調査した、世界各国の主要都市においてデジタル決済利用増加が与える経済的影響の結果を発表しました。本調査では、調査を実施した100都市において、カードやモバイルといった電子決済の利用拡大により年間で最大4,700億米ドルの純便

2017年3月8日愛知県フィードバック数:0大型消費/投資

キャッシュレス決済等に関するアンケート調査

「キャッシュレス決済等に関するアンケート調査」を実施しました  2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、キャッシュレス決済の環境整備が進むと予想されている一方で、新たなキャッシュレス決済(サーバ型プリペイドカード等)の手段を悪用した消費者トラブルも発生しています。こうした状況を踏まえ、被害の未然防止・拡大防止に向けた消費者の意識、行動などを把握し、今後の施策の参考とするため、キャッシュレス決済に関わる内容を中心としたアンケート調査を実施しましたので、その結果をお知らせします。平

2016年10月13日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査 (2016年9月度)

キャッシュレス化によって、3割が「予定外の購入が増えた」 モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査 (2016年9月度)キャッシュレス化によって、3割が「予定外の購入が増えた」コンビニでの商品購入は、3人に1人が“キャッシュレス派”調査結果サマリーキャッシュレス化によって、3割が「予定外の購入が増えた」コンビニエンスストアやスーパーでは現金以外で支払うことが多いと回答した人のうち、「予定外の商品を衝動買いすることが増えた」人は30.3%でした。また、「ポイントや特典を受ける楽しみが増えた」人は7

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ